Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 苗栗縣疫情 相關
    廣告
  1. 陳建仁 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/陳建仁
    • 略歴
    • 人物
    • 外部リンク

    1948年、台湾高雄県旗山鎮(現・高雄市旗山区)生まれ。国立台湾大学動物学科卒業後、医学部の大学院「公共衛生研究所」で修士号を取得し、国立台湾大学での教員となる。その後渡米し、米国のジョンズ・ホプキンス大学公共衛生学部流行病および人類遺伝学の大学院で博士号を取得。大学教員時にはB型肝炎や小児麻痺、肺癌、鼻咽頭癌などの研究に力を注いだ。同時にヒ素中毒研究の国際的な第一人者であり、嘉南平原で発生していた烏脚病(中国語版)の調査隊に参加している。 2003年5月18日から2005年2月16日まで、行政院衛生署(衛生福利部の前身)で署長を務め、重症急性呼吸器症候群 (SARS) 流行の際にはトップダウン方式の明確な対応と強いリーダーシップで感染拡大防止に尽力した。 2006年1月25日から2008年5月19日まで、行政院国家科学委員会主任委員(委員会は科技部の前身、主任委員はその長)を務め、2011年10月19日から2015年11月23日まで、中央研究院副院長を務めた。 2015年11月16日、2016年中華民国総統選挙候補者の蔡英文(民主進歩党)から副総統候補に指名された。 2016年1月16日、総統選の結果、蔡英文とペアで当選した。 2016年5月20日、中華民国副総統に就任した。 2019年11月17日、蔡英文が2020年中華民国総統選挙の副総統候補に頼清徳を選んだため、中華民国副総統の退任が決まる。 退任を控えた2020年5月18日、蔡英文から史上4人目となる中山勲章を授与された。規定上は副総統退任後も恩給の受給や送迎車などの待遇が得られることになっているが、本人はこうした待遇を辞退し、引き続き中央研究院での研究に従事することを公表した。副総統待遇を辞退した例は過去になく、陳が初となる。 2020年6月6日に国立中山大学から名誉博士号を授与された。

    父は高雄県長を務めた経験がある。 大聖グレゴリウス勲章とエルサレム聖墳墓騎士団(英語版)の「騎士」の称号を持っている熱心なカトリック信者であるとされるが、2015年10月24日にカトリック教会が世界代表司教会議で同性婚は認めないと強調した翌月の11月18日にインタビューで同性婚の問題を問われ、「個人はそれぞれ幸福な生活を追求する権利があり、同性愛者も例外ではない。彼等も私たちと同じ様で、同じでない性的傾向があるだけ」、「同性愛者も生命の理念、生活の自由を追求する権利があるが、同性婚について語るならば社会的なコンセンサスが必要かもしれない」と語った。 教授時代の教え子だった陳其邁(台大で公衆衛生修士)とは、SARS時に衛生署署長と立法委員という間柄で、防疫政策での予算や法案審議で立法院と行政院間の協調を図ったが、2020年の新型コロナウイルスでも副総統と行政院副院長という立場で再度師弟が共闘することになった。

  2. 其他人也搜尋了
  1. 苗栗縣疫情 相關
    廣告