Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 納豆 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 納豆

    納豆(なっとう)は、よく蒸した大豆を納豆菌によって発酵させた発酵食品。一般的に「糸引き納豆」を指す [3]。菓子の一種である甘納豆とは異なる。 日本固有と思われがちだが、類似の食品は様々な地域に存在する(「アジア」「アフリカ」参照)。

    • 837 kJ (200 kcal)
    • 12.1 g
    • 0.3 g
    • 6.7 g
  2. 豆 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 豆
    • 概要
    • 歴史
    • 種類
    • 生産
    • 利用
    • 料理と加工食品
    • 表現
    • 関連項目
    • 外部リンク

    マメ科植物の果実は、豆果(英: Legume)であり、雌蕊の子房の心皮が成長して形成された鞘の中に種子がある。種子は胚乳が発達せず、子葉が発達して栄養を蓄える。対して、イネ科の植物は栄養を胚乳に蓄える。鞘を形成する莢果(きょうか)で、果皮が乾燥した乾果である。完熟すると鞘がさける裂開果(れっかいか)や、鞘が種子毎に仕切られ完熟すると仕切り毎に別れる節果(せつか)などがある。 マメ科植物のダイズ、インゲンマメ、ヒヨコ豆、アズキなどは1年草であるが、同科には多年生の草本のアルファルファや、樹高が20m以上になる常緑高木のタマリンド、落葉高木のニセアカシア・ヒロハフサマメノキなど様々な形態の種(しゅ)がある。「豆」の定義はマメ科植物の種子や果実のことであるが、大きさが約2mmのアルファルファの種子はその小ささから「種(たね)」と表現され、果肉を利用するタマリンドは果物(フルーツ)として扱われ、食用にしない種子は豆ではなく「たね」と呼ばれる。 豆は他の植物の種子より大きく栄養豊富であることから、人間を含む多くの動物にとって重要な食料となっている。様々なマメが古代より世界各地で栽培されてきた。他の穀物ほど水を必要としない(→仮想水)為、栽培適応地も広範囲であり、比較的丈夫な皮を持つことから収穫後に乾燥させても粒割れを起こさずカビや昆虫による食害も受け難いなど保存・貯蔵面の利点がある。現在にいたるまで、各国で豆料理や豆の加工食品が利用されている。反面、ほとんどが炭水化物であるコメ、小麦、トウモロコシやイモ類などと比べ、味などの面で癖が強い(味がある)、単位面積あたりの収量が劣る、調理にも長時間かかる事などから、豆を主食とする民族は少ないが、高栄養価でもあり、主食の穀物やイモ類につぐ重要な食材となっている。

    豆は人類の農耕文明において、穀物と同じように、長い期間にわたって作物となってきた歴史がある。現在100ヶ国以上で栽培され食用の豆では最大の生産量のインゲンマメは、メキシコで紀元前4000年頃のものが見つかっており、メソアメリカが原産と考えられている。2012年にゲノム分析からメソアメリカが原産で1万1千年前にメソアメリカの栽培種と南米の栽培種へ分化したとする報告があった。その後、南北アメリカ大陸へ広がり、スペイン人のアメリカ大陸への進出後は「旧大陸」に紹介された。ラッカセイはパラグアイの周辺ボリビア、ブラジル、アルゼンチンに囲まれた地域が原産と考えられており、ペルーの遺跡から約7600年前のラッカセイがみつかっている。ラッカセイはスペイン人到来以前にメソアメリカへ伝わっていた。その後スペインおよびポルトガルにより世界へ広まった。 エンドウ、レンズマメはメソポタミア周辺の西アジアが原産と考えられており、トルコの紀元前5500年頃の遺跡から見つかっているほか、それ以前のトルキスタンの遺跡でも見つかっている。ソラマメは北アフリカかメソポタミアが原産と考えられており、メソポタミアでは紀元前2-3千年ごろには栽培が始まった。ヒヨコマメはヒマラヤ西部から西南アジアにかけての地域が原産と考えられており、これらの豆は古代に陸路で各地へ伝播した。 大豆は中国が原産で、古代より日本を含め東アジア・東南アジアへ伝わったが、世界的な伝播は遅く、ヨーロッパへは18世紀に、アメリカ州へは19世紀に紹介された。現在、米国やブラジル・アルゼンチンは大豆の大生産国であるが、大豆の生産は20世紀に入り飼料作物として栽培され始めたものである。 国連総会によって、2016年が国際マメ年(英:International Year of. Pulses、略称:IYP 2016)に指定され、持続可能な農業生産のために豆類の使用が奨励されることとなった。

    豆は植物分類学上はマメ科に属する植物の種子の事であり、マメ科には650属、18,000種があるが、ヒトが利用しているのはその極一部である。マメ科の植物は熱帯から亜寒帯、乾燥地帯から湿潤地帯、海抜ゼロメートル地帯から高山までと広い地域に分布している。形態も1年生草本植物から多年生の木本植物まである。 作物の豆は国内外の食料の生産集計などで2つに分類されている。多くの豆は重量の約60%が炭水化物で、タンパク質を約25%含み、脂質の含有率はわずかで、主に食用にされる。これらが「食用豆」である。もう1つの分類は、含油率が高い豆で搾油用の作物であり、「油糧作物」に含まれる。大豆はタンパク質を36%、炭水化物を30%、脂質を20%含んでおり、ラッカセイは50%が脂質、タンパク質が26%、炭水化物は16%で、この2つは油糧作物に分類されている。以降の節では、「食用豆豆類」と「油糧作物」に分類される大豆およびラッカセイは分けて記述する。 インゲンマメ属・インゲンマメ種 1. インゲンマメ(隠元豆)は純食用の豆類の中の最大生産品種で、多くの栽培種があり、大きさも大小、色も単色の白、黒、赤ほか、斑紋入りのものなど様々である。原産地はラテンアメリカであり、スペイン語でFrijol(フリホル)と呼ばれるが、フリホルは現地語起源ではなく、学名になっているラテン語のPhaseolusが起源で、古代西アジア原産の豆を示していた。インゲンマメは英語ではCommon Bean(一般の豆)とも呼ばれ、国際連合食糧農業機関(FAO)の集計では単にBeans, dryと表示されている。 1. キドニー・ビーン(英en:Kidney bean) - 代表的な豆の1つで大粒の腎臓型でアズキ色である。金時豆に似ているが異なる栽培種であり日本では生産されていない。 2. 赤インゲン - 金時豆 3. 白インゲン - 大福豆(おおふくまめ)、手亡(てぼう)、白金時 4. ブラック・ビーン(英: Black bean)、フリホル・ネグロ(西: Frijol Negro) - 黒いんげん豆(英: Black turtle bean)とも、小粒の黒い豆でメキシコや中米でフリホレス、ブラジルでフェジョアーダに使われる。日本の黒豆(黒大豆)に似ているが属も種も異なる。 5. うずら豆(英: pinto bean) -...

    豆は他の作物と比較して、暑さ・寒さに強く、雨など成長に必要な水分を多く必要としない。このためコメや小麦などを栽培することができない乾燥帯や冷帯(亜寒帯)の地域で栽培が盛んである。 マメ科の植物は根に窒素固定を行う根粒菌が共生しているため、マメ科以外の作物を栽培した後に土壌から失われた窒素分を補充する目的で豆を輪作することも多く、化学肥料を用いない有機農業では特に重要である。 豆は球形または球が潰れた形をした種子と、それを複数個を個々に包んだ莢(果皮にあたる)からなり、種類によって種子部分のみを食べる作物と莢ごと食べる作物がある。未熟果のサヤインゲン、サヤエンドウ、グリーンピーなどは、FAOでは野菜として集計しており、以下の生産量の表には含まれていない。 豆は良質な食料資源であり、また水資源をそれほど必要としないことから、穀倉地帯での作付面積も主食穀物や綿など繊維原料と並んで広い傾向がある。 豆はヒトにとって古代より主食である穀類を補完する重要な食料であったが、近年の食の多様化、飽食化により、ほとんどの食材の一人あたりの消費量が増加している中で、ジャガイモ、キャッサバなどの根菜類(イモ類)とともに豆類の消費量は減少傾向にある。国際連合食糧農業機関(FAO)の集計では、1961年から2009年にかけて、植物性食料の1人1日あたりの供給量は1035グラムから1391グラムへと34%増加したが、イモ類は212gから167gへと21%減少、豆類(大豆、ラッカセイを含まない)は26gから18gへと31%減少した。なお油糧作物として集計されている大豆の直食用(大豆油を除く)は4gで変動なし、ラッカセイ(食用油を除く)は2gから4gへ増加した。 豆類の生産は1961年の作付面積6401万ヘクタール、収穫量4078万トンから、2011年には7807万ヘクタール、6784万トンへと増加した。ただしこの間に世界人口は約2.3倍になっており、一人あたりの生産量は減少したことになる。2011年の生産量の多い豆はインゲンマメ属2325万トン、ヒヨコ豆1162万トン、乾燥エンドウ956万トン、ササゲ493万トン、レンズマメ441万トン、キマメ441万トン、ソラマメ403万トンなどであった。 油糧作物である大豆とラッカセイは味噌や醤油などへの加工用を含む直食用の消費もあるが、搾油用途に比べ少...

    食用となる豆に限らずマメ科種子一般に言えることではあるが、一般に有毒タンパク質を含む。このため食用種であっても生で食べることはできない。利用するにあたっては十分に加熱することで有毒タンパク質を失活させる毒抜き処理が求められる。より毒性が強い種やタンパク質以外の毒が含まれる種では水に長期間晒すという毒抜きも行われる。不適切な毒抜き処理・調理ではハウチワマメ中毒(en:Lupin poisoning)や、平成18年にテレビ番組で新ダイエット法として紹介されて起きた「白いんげん豆食中毒事件」のような食中毒を起こす場合もある。 またソラマメではソラマメ中毒と呼ばれるものがあるが、これは調理の有無に依存せず、遺伝的体質(グルコース-6-リン酸脱水素酵素欠損症)によるものと考えられている。 豆類は、トウモロコシや米・麦やイモ類のような主食の位置には置かれていなが、主食で不足する栄養素をよく補給する為重要な食材であり、豆料理も多岐に渡る。利用(調理)し難い食材ではあるが、発芽・発酵させるなどの加工も行なわれている。 経済的な理由から動物性蛋白質を得ることが難しい人々や、菜食主義など信条的に動物性蛋白の摂取を避けている人々にとっては、非常に重要な蛋白源である。インドのようにヒンズー教の教義から菜食の国では高栄養価の豆は貴重である。豆由来の蛋白質は低コレステロールで必須アミノ酸をバランス良く含んでいるため、健康上の理由などで高蛋白・低コレステロール食を求める向きには健康食品の範疇で豆を原料としたものも多く出回っている。この中にはヴェジーバーガー・トーファーキーや台湾素食のように、食べ応えにも配慮された加工食品もみられる。 なおタンパク質の供給源は、食肉・乳製品・卵などの動物性食料が思い浮かばれるが、2009年の世界平均では、1人1日あたり79.3グラムのタンパク質の供給があり、61%は植物性食料からであった。もちろん国毎に様々で、中国は93.8グラムの61%が植物性食料から、インドは56.6グラムの80%、米国は112.9グラムの36%、日本は89.6グラムの44%が植物性食料からの供給であった。これらの数値は供給ベースであり、動物性食料は生鮮食品であり、その保存性の悪さから流通加工段階において食用豆より損失や廃棄率が高く、消費(摂取)ベースでは、タンパク質の供給源としての植物...

    豆の調理法

    食用の豆であっても一般に有毒タンパク質を含み、生食では中毒する。加熱して有毒タンパク質を変性・失活させることは豆を食べるうえで必須である。

    豆を使った料理

    インゲンマメ 1. 消費量が最大の食用豆であり、最も多くの国で消費されている。 2. フリホレス - ラテンアメリカの料理。 3. フェジョアーダ(ライマメ、ササゲも) - ブラジルなどポルトガル語圏の料理。 4. チリコンカーン - テクス・メクス料理。 5. ファバーダ - スペイン料理の1つ。 6. カスレ - フランス料理の1つ。 7. ベイクドビーンズ - イギリス料理・アメリカ料理、甘めの味付けであるが、日本の煮豆の豆1カップと砂糖0.83カップほど甘くはなく、豆1カップと砂糖1/8カップ、塩茶さじ1杯の甘辛い味付けである。 8. アトーレ((西)Atole) - メキシコから中米にかけてのトウモロコシや豆から作られた汁粉のような甘い飲み物。 ヒヨコマメ 1. 2番目に消費量の多い豆であるが、消費地域は南から西アジアにかけて多い。 2. ファラフェル(ソラマメも) - 西アジアの料理。 3. フムス- 西アジアから東地中海沿岸の料理。 4. パコラ - インド料理の1つ。 大豆 1. 大豆は世界レベルでは油糧作物であるが、東アジアにおいては重要な食用豆でもある。未熟果...

    接頭語的な用法としては、主に規模が小さく小型であるさま(豆電球、豆台風、豆機関車、豆戦車など)や、子供であること(豆剣士や豆記者など)の意を表す。昆虫などの和名(マメクワガタなど)にもしばしば用いられる。 また、気が小さいことや、繊細などの性格を現すこともある。ただし「まめ」と書くと勤勉であるとか根気強いなどの意味があり、「豆」という語で表されるものとはやや異なる。 ラッカセイを寒梅粉の生地で包み焼いた豆菓子は、中年の男性からは「豆」と呼ばれることが多い。 肉刺も「マメ」と読むが、大きさや形状的に豆に似ている。また豆は比較的ありふれた食材であることから、一般的なサイズ比較や形状の形容詞にもつかわれる。例えば軟膏の使用適量を表す際に「アズキ大」(アズキだい)と表現したり、腎臓の形状を指してソラマメ型などという。英語には直訳すると「腎臓豆」となる「Kidney Bean」と呼ばれる豆がある。光学部品の「レンズ」の名称は「レンズマメ」に形が似ていることに由来している。

  3. 兵長 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 兵長
    • 日本陸軍
    • 日本海軍
    • 各国の呼称

    日本陸軍の兵長は、「陸軍兵等級表ニ関スル件」(昭和15年勅令第581号)に基づき、1940年(昭和15年)9月に新設されたものである。 二等兵は内地等で教育中のことが多いので、戦地にある兵卒はそれまで上等兵と一等兵のみであるのが原則であった。ところが、1937年に始まった日中戦争の長期化に伴い、現役満期(通常の陸軍徴兵は当時2年)即日再召集される場合が増加し、古参一等兵や古参上等兵が増加し、人事運用上の不都合が生じるようになっていった。そこで、上等兵の上に兵長を設けた。 これに伴い、下士官の不足を補うために設けられていた伍長勤務上等兵の制度は廃止。また、除隊時に下士官適任証を受けた予備役等にある上等兵(現役にあった時に伍長勤務上等兵であった者を含む)は自動的に兵長に進級した。 もっとも、下士官の不足は継続したので、のちに伍長勤務上等兵に相当する下士官勤務兵長が置かれた。

    大日本帝国海軍では、1942年の改正で従来の一等水兵を水兵長に改めた。略称は水長。術科学校を終え、選抜試験に受かると、下士官である二等兵曹に昇任した。 なお、善行章が付与される前に水兵長(旧一等水兵)に進級した者をオチョーチンと呼称した。

    兵長に相当する階級に次のものがあるが、大半は上等兵と同様の待遇、階級である。 1. アメリカ合衆国 1.1. 空軍:Senior Airmen 1.1. 1967年までは、Airman First Classだった。 2. イギリス 2.1. 海軍:Leading Rate 3. フランス 3.1. 陸軍、空軍:Caporal chef 3.2. 海軍:Quartier maître (de 1èreclasse) 3.3. 国家憲兵:Brigadier-chef 4. スペイン 4.1. 陸軍、海軍、空軍:Cabo primero 5. イタリア 5.1. 陸軍:Caporale maggiore 5.2. 海軍:Sottocapo 5.3. 空軍:Primo aviere 5.4. 国家憲兵:Carabiniere 6. ポルトガル 6.1. 陸軍、空軍:Cabo-Adjunto 6.2. 海軍:Cabo 7. シンガポール 7.1. 陸軍:Corporal 8. 韓国 8.1. 陸軍、海軍、空軍、海兵隊:병장(漢字:兵長)

  4. コーヒー豆 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › コーヒー豆
    • コーヒー豆の生産
    • コーヒー豆の流通
    • 品質
    • 保管方法
    • 関連項目

    主要生産国の大規模コーヒー農園を中心に、全世界で1000万ヘクタールの土地で150億本のコーヒーノキが栽培されていると概算され、主要産地は北緯25~南緯25度までの熱帯と亜熱帯に集中し「コーヒーベルト」と呼ばれる。 なるべく多く生産するためには(1ヘクタール当たり熟した実で16トン、あるいは1エーカー当たり15,000ポンド)、農園は大量の水および肥料を必要とする。 国際市場での生産国は60ヶ国ほどで、生産量はブラジルが3分の1を占め、ベトナムが15%で2位となっている。1999年まで世界2位だったコロンビアは近年生産量が減少し、2008年にインドネシアに抜かれ4位となっている。5位は年によってインド、エチオピア、メキシコが入れ替わっている。 生産国によってはコーヒーの木とそのコーヒー豆生産品種が偏っていて、アラビカ種中心がコロンビア、グアテマラなどの中南米諸国、パプアニューギニア、エチオピア、ケニアなど。ロブスタ種中心がベトナム、タイ、コートジボワール、ザンビアなど。ブラジル、インドネシア、インド、メキシコ、タンザニアなどでは両種が生産されている。 日本でも小笠原諸島や沖縄で明治時代から生産が試みられ、現在も小規模ながら生産・販売が行われている。

    コーヒー豆の流通は、世界の大手4社(クラフト、ネスレ、P&G、サラ・リー)による寡占状態で、さらに複雑な流通経路からかなりコスト高となっている。かつて世界の一次産品貿易品目のうち、貿易高で石油に次ぐとされた時期もあったが、国際コーヒー協定の輸出割当制度が停止(その後削除)された1989年以降、輸出価格が大幅に下落したにもかかわらず、消費者価格はさほど変わっていないのが現状である。 コーヒー豆の輸出入は一部の国を除いて麻袋で行われている。焙煎前の生豆の状態で麻袋(またい)単位で取引され、1袋当りの重量は60kgが基本となっている(ブラジル産、アメリカ農務省や世界コーヒー機関の統計データ)が、実際には産地によって異なり、コロンビアの70kg、中南米の150ポンド=68kg、ハワイの100ポンド=45.4kg などがある。なお、コーヒーの輸入国では麻袋が大量に排出されるためリサイクルも行われている。

    コーヒー豆はその品質によって等級付けされる。この等級付けは、豆の大きさや、質の劣る豆(欠点豆)の混入している割合などによって行われるものであり、コーヒーの香味そのものとは必ずしも一致しない。また等級付けの方法や規準は産地によって異なる。

    生豆は水分含量が高くなりすぎないように気をつけて保管すれば、少なくとも数年は長期にわたる保存が可能である。 焙煎豆については、常温で密封保存した場合の賞味期限は豆の場合で2週間程度、粉砕した後では2日程度と言われる。ただし人によって評価が分かれており、もっと短く捉える人もいれば長く捉える人もいる。 この賞味期限の短さは、コーヒーの香味が時間によって劣化するためである。コーヒー豆を焙煎した直後から焙煎豆に含まれる成分の酸化や揮散が進行しはじめ、時間とともにコーヒーに抽出したときの香味が損なわれる。この香味の劣化は特に粉砕した後で早く進行するが、これは豆から粉へ表面積が増加するためだと考えられている。 一方で焙煎直後の豆についても問題がある。約2日間、焙煎豆から大量の二酸化炭素が発生する。このため、焙煎直後の豆を気密性の高い袋に密封すると破裂する場合があるので注意が必要である。また、この期間中はコーヒーに抽出した場合の味が安定しにくいと言われる。このため、豆を焙煎した1~2日後から2週間程度までの期間を賞味期間だと考える人が見られる。 商業規模では焙煎豆を長期間保存するために保管方法や包装技術が開発されており、真空包装や低温での保管も行われている。家庭では短期間に使い切る場合には室温保存でも問題ないが、長期保存するためには冷蔵や冷凍を行う。ただし粉にした後で保管する場合には低温から室温に戻したときに吸湿するため、密封容器にいれることが望ましいと言われている。

  5. ノック (野球) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ノック_(野球)

    ノック(和製英語 : knock、英語 : fungo)とは、野球やソフトボールで守備練習(捕球練習)のために、自らトスしたボールを打つこと、あるいはその守備練習のことである。 他の球技においても、同様に打球を処理する練習のために打つことをノックと呼ぶことがある。

  6. となりのトトロ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › となりのトトロ

    となりのトトロ』(英題:My Neighbor Totoro)は、スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画。宮崎駿監督作品。 昭和30年代前半の日本を舞台にしたファンタジー。田舎へ引っ越してきた草壁一家のサツキ・メイ姉妹と、子どもの時にしか会えないと言われる不思 ...

  7. 其他人也搜尋了