Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 18 項搜尋結果
  1. ja.wikipedia.org › wiki › InstagramInstagram - Wikipedia

    Instagram(インスタグラム、略: インスタ)は、メタ・プラットフォームズが所有するアメリカの写真・動画共有ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)であり、ケビン・サイストロム (英語版) と マイク・クリーガー (英語版) によって作成され、2010年10月にiOSでサービスが開始さ ...

    • 機能
    • 構造
    • サブクラス
    • 診断における役割
    • 参照項目
    • 外部リンク

    抗体は体液性免疫の主要な構成要素である。IgGは、血液や細胞外液に含まれる主な種類の抗体で、体組織への感染を制御することができる。IgGは、ウイルス、細菌、真菌などの多くの種類の病原体と結合することで、体を感染から保護する。 これは、いくつかの機構を通じてなされる。 1. 病原体は、IgGを介した結合によって固定化され、凝集して互いに結合する。 2. 病原体の表面をIgGがコーティングすることで(オプソニン化と呼ぶ)病原体を認識し、食細胞性の免疫細胞に摂取させて病原体自体を除去する。 3. IgGは、補体系の古典的経路(英語版) をすべて活性化させる。これは病原体を排除する免疫タンパク質産生のカスケードである。 4. IgGはまた、毒素にも結合して中和する。これにより病原体や感染性粒子が宿主...

    IgG抗体は、4本のペプチド鎖からなる分子量約150 kDaの大きな球状タンパク質である。これには2つの同一のγ重鎖(ガンマじゅうさ、約50 kDa)と2つの同一の軽鎖(約25 kDa)を含んでおり、4分割の四次構造になる。2本の重鎖は、ジスルフィド結合によって互いに結合し、それぞれ軽鎖と結合している。その結果、四次構造は2つの同じ半分を持ち、それらが一緒になってY字型の形を形成する。フォークの両端には、それぞれ同一の抗原結合部位がある。典型的なIgGのさまざまな領域とドメインを左図に示す。 IgGのFc領域には、重鎖の定常領域のアスパラギン297に高度に保存されたN-グリコシル化部位が存在する。この部位に結合しているN-グリカンは、主に複合型のコア-フコシル化二分岐構造である[訳語疑問点]...

    免疫グロブリンには5つのクラスが知られており5種類に分類されるが、そのうちIgGはさらにサブクラスによって分類される。 ヒトには4種類のIgGサブクラス(IgG1、2、3、4)があり、血清中の含有量が多い順に命名されている(IgG1が最も豊富)。 食細胞上のFc受容体に対するIgGの親和性は、抗体のクラスだけでなく、抗体がどの生物種に由来するかによって異なる。ヒンジ領域(図中でCH1領域とCH2領域に挟まれた領域)の構造は、4つのIgGクラスのそれぞれに固有な生物学的特性に寄与する。それらのFc領域には約95%の類似性があるのに対し、ヒンジ領域の構造は相対的に異なっている。 IgGサブクラスの相反する特性(補体を固定する/固定しない、Fc受容体に結合する/結合しない)や、ほとんどの抗原に対す...

    免疫グロブリンGの測定は、特定の症状を示す場合、自己免疫性肝炎など特定の疾患の診断ツールとなる。臨床的には、IgG抗体の測定値は一般的に、特定の病原体に対する個人の免疫状態を示していると考えられる。この診療の一般的な例は、麻疹(はしか)・流行性耳下腺炎(おたふく風邪)・風疹(MMR)、B型肝炎ウイルス、水痘(水ぼうそう)などに対する血清学的免疫を示すために抗体価を測定することがある。 特異的IgGは食物アレルギーでない人にも存在し、食物アレルギーの診断における有用性は確立されていない。

    • 概要
    • 設立の経緯
    • 社名の由来
    • 制作部・制作課
    • 沿革
    • 関連人物
    • 関連項目
    • 同社スタッフ・Obが独立・起業した会社
    • 参考文献
    • 外部リンク

    東京都武蔵野市に本社・スタジオ、東京都府中市に3DCGスタジオ「IGFX」、さらに新潟県新潟市中央区に作画スタジオを構える。かつては東京都府中市に実写撮影スタジオの「Studio iG(旧FIX STUDIO)」を構えていたが、2020年1月に営業を終了し、跡地は同年7月に設立されたプロダクション・プラスエイチのスタジオとなった。 1987年(昭和62年)に「有限会社アイジータツノコ」を東京都武蔵野市に設立。1993年(平成5年)に「有限会社プロダクション・アイジー」に商号変更。設立からしばらくはOVA(オリジナルビデオアニメ)、アニメ映画、ビデオゲーム用アニメなどを制作の中心にしてきたが押井守監督の劇場映画作品を制作し、ヒットさせた事で日本国内だけでなく海外での知名度も高まり企業としての規...

    テレビアニメ『赤い光弾ジリオン』を制作した「竜の子制作分室」に揃ったスタッフを分散させるのを惜しんで、制作プロデューサーとして同分室を率いた石川光久が、同じフロアを間借りしていた後藤隆幸率いる「鐘夢」(チャイム)を合併。京都アニメーションの援助を受けて、「有限会社アイジータツノコ」を1987年(昭和62年)12月15日に設立。出資者は、石川、後藤、八田英明(京都アニメーション代表取締役)、タツノコプロなどである。なお、設立当初は杉山卓及び八田陽子(京都アニメーション専務取締役)の実姉が、大手製薬会社で経理を担当した経験を活かして支援していた。 伊吹眞(西堀ひろみ)、内田哲夫らが設立の中心スタッフである。アニメーターはフリーで参加する形となり、次いでフリーで「銀河帝国」(後に解散。一時期子会社...

    "IG" という社名は、社長の石川と副社長の後藤のイニシャルから命名したものである。 I.Gタツノコ時代、タツノコの名前を入れたのは金融機関の理解を得るためと、分派したことによってタツノコプロと喧嘩したくなかったためだったとされる。石川は「タツノコ」というネーミングにこだわりを感じており、今までお世話になったタツノコプロへの恩返しのつもりで入れたと語っている。タツノコの名前があったことは社会的な信用も得ることにも繋がった。 設立時にタツノコプロから資本金2割の出資を受けていたものの、当時苦境にあったタツノコプロは積極的にI.Gタツノコに仕事を回すだけの余裕がなかった。しかしながらその「タツノコ」と名のついた会社名であるためタツノコプロの関連会社と勘違いする人が増えてきた。そういった勘違いによ...

    制作部は10のスタジオ(第1–2は制作課、第3–10はプロデュース課)とシステム管理・開発課で構成されている(2011年時点)。 各スタジオは2007年から○○課(○○課スタジオ)と呼ばれている、これは『攻殻機動隊』における○○課にちなんだものである。また、社屋移転に伴いコスト管理体制の強化から制作部を2部体制に変更。内訳は制作1部(制作課・プロデュース3、4、10課・システム管理・開発課、6課閉鎖)、制作2部(プロデュース5、7、8、9課)となっている。 これまで担当スタジオは各作品のサイトやブログ等で語られる程度であったが、2011年製作のオリジナルテレビアニメ『ギルティクラウン』では6課が初めてスタジオ名を表記した。6課ではその後一部スタッフが独立しウィットスタジオを設立した。また、8...

    初代

    1. 1987年 - 竜の子制作分室として竜の子プロダクションから独立。 2. 1987年12月15日 - 有限会社アイジータツノコを設立。 3. 1990年6月5日 - 株式会社イングを設立[注 1]。 4. 1991年5月 - 新潟スタジオ(アイジー新潟)を設置。 5. 1993年9月 - 有限会社プロダクション・アイジーに社名変更。 6. 1995年5月 - 株式会社ジーベック設立。 7. 1995年10月 - 背景美術部門「小倉工房」設置[注 2]。 8. 1997年6月 - ビィートレイン株式会社設立[注 3]。 9. 1998年4月 - 株式会社プロダクション・アイジーに組織変更。

    2代目

    1. 2000年9月1日 - 株式会社イングを名目上の存続会社としてプロダクション・アイジーを合併。商号を変更し、株式会社プロダクション・アイジーとなる。 2. 2000年11月 - 『BLOOD THE LAST VAMPIRE』で初めて原作権を獲得。 3. 2003年10月 - 『キル・ビル』本編に挿入されるアニメーションパート監督。 4. 2005年12月21日 - JASDAQに上場。 5. 2006年2月 - フジテレビとFILM LLPを共同設立。 6. 2006年4月 - トランスコスモスとamimoを共同設立。 7. 2007年1月 - 『攻殻機動隊』の実写化エージェント権を獲得。

    3代目

    1. 2007年11月1日 - 株式会社プロダクション・アイジーの商号を株式会社IGポートに変更し持株会社化。事業分割で、事業会社として株式会社プロダクション・アイジーを設立。 2. 2007年12月1日 - IGポート社がマッグガーデンを経営統合し、グループの傘下にする。 3. 2010年6月2日 - 竜の子プロダクションの発行済み株式11.2パーセント取得を発表[注 4]。 4. 2010年8月20日 - IGポート取締役にオー・エル・エム代表取締役の奥野敏聡が就任、また取締役の下地志直が退任。 5. 2012年6月 - 株式会社ウィットスタジオ設立。 6. 2012年9月 -『キックハート』で日本のアニメとしては初の本格的なクラウドファンディング活用に乗り出す。 7. 2012年10月 - 『009 RE:CYBORG』製作委員会を特定子会社化[注 5]。 8. 2014年10月 - 株式会社シグナル・エムディ設立。 9. 2015年9月 - 『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』でVRコンテンツに参入。 10. 2017年6月 - アニメ視聴...

    制作

    1. 石川光久 2. 石井朋彦 3. 木下哲哉(現ポニーキャニオン所属) 4. 堀川憲司(現ピーエーワークス社長) 5. 和田丈嗣(現ウィットスタジオ社長) 6. 中武哲也(現ウィットスタジオ取締役) 7. 森下勝司(現シグナル・エムディ社長兼務) 8. 大上裕真(現横浜アニメーションラボ社長) 9. 平澤直(現アーチ・グラフィニカ社長、YAMATOWORKS取締役) 10. 小笠原宗紀(現キネマシトラス社長) 11. 松家雄一郎(現3Hz社長) 12. 小石川淳 13. 須貝真也(現サブリメイション社長) 14. 本多史典(現プロダクション・プラスエイチ社長)

    その他

    1. 遠藤誠(退社、現トライスラッシュ取締役) 2. 本広克行 3. 小倉宏昌 4. 平田秀一

    ジーベック - 葦プロダクションのスタッフらが子会社として設立。

    現在

    1. エム・エス・シー- 出身の松井正一が設立。 2. ピーエーワークス- プロデューサーを務めていた堀川憲司がビィートレインで取締役を経て設立。 3. キネマシトラス - 出身の小笠原宗紀と松家雄一郎がそれぞれボンズ、バンダイビジュアルのプロデューサーを経て設立。 4. サブリメイション- 出身の小石川淳と須貝真也が設立。 5. 3Hz- 出身の松家雄一郎がバンダイビジュアルとキネマシトラスのプロデューサーを経て設立。 6. ウィットスタジオ- 和田丈嗣、中武哲也、制作6課のスタッフがIGポートの子会社として設立。 7. 横浜アニメーションラボ- アニメーションプロデューサーを務めていた大上裕真が設立。 8. アーチ - プロデューサーを務めていた平澤直がウルトラスーパーピクチャーズを経て設立。 9. プロダクション・プラスエイチ- 出身の本多史典がシグナル・エムディでプロデューサーを経て設立。

    過去

    1. ビィートレイン - プロデューサーを務めていた堀川憲司がタツノコプロで監督を務めた真下耕一と共に子会社として設立。

    ニュータイプ編集『軌跡―Production I.G 1988‐2002』(2002年、角川書店) ISBN 4-04-853517-X
    日経BPムック『プロダクションI.Gマガジン』(2005年、日経BP社) ISBN 4-8222-1715-9
    キネ旬ムック『『千と千尋の神隠し』を読む40の目』(2001年、キネマ旬報社) ISBN 4-87376-574-9 - アニメ制作会社スタジオジブリの鈴木敏夫との対談。
    梶山寿子『雑草魂―石川光久 アニメビジネスを変えた男』(2006年、日経BP) ISBN 4-8222-2064-8
    Production I.G (@ProductionIG) - Twitter
    I.Gストア 公式 (@IGSTORE_JP) - Twitter
    • 成立
    • 敵性
    • 電力
    • レース報告
    • 解体
    • 清算
    • 参考文献

    1904年、バーデン・アニリン・ウント・ソーダ工業 (BASF)、フリードリッヒ・バイエル染料会社(バイエル)、アニリンファブリカツィオン(アグファ)の三社は三社同盟を結成し、同盟関係を形成した。この三社は第一次世界大戦において毒ガスの製造を請け負っていた。また第一次世界大戦中にドイツ国内で火薬が不足したため、戦中の1916年にドイツ帝国の資金援助を受けてバーデン社によりロイナヴェルケ(ロイナ工場)が建設され、1917年にはハーバー・ボッシュ法によるアンモニアの出荷が開始された。ハーバー・ボッシュ法の出現以前は、チリ硝石を輸入し、コークス炉ガスの副生アンモニアを利用して、肥料や火薬の原料が調達されていた。しかしハーバー・ボッシュ法では周辺の安い褐炭を利用してアンモニアを生産することが可能であ...

    化学閨閥の歴史は、国際紛争の火種として現代まで燻りつづけている。化学閨閥とは、スイスの個人銀行家エドゥアルト・グロイテルト (Eduard Greutert) やヘルマン・シュミッツ (Hermann Schmitz) のそれである。グロイテルトは1928年6月IGファルベンがIGケミーを設立するときの共同企画者であり、シュミッツはIGファルベンの共同設立者として母体のファルベンだけでなくIGケミーやドイツ・レンダーバンク(Deutsche Länderbank, 現ドイツ連邦銀行)でも要職にあった。翌1929年4月、IGファルベンがデラウェア州にアメリカンIGを設立し、アグファ・アンスコやジェネラル・アニリン (General Aniline Works) を傘下に収めた。1929年にはI...

    開戦当初、まだフランス(パリバ)がノルスク・ハイドロの過半数を握っていた。1939年から1940年ごろ、IGファルベンの子会社メルゼブルク (Ammoniakwerk Merseburg GmbH) とIGケミーがそれぞれノルスク・ハイドロの12.5%を保有していた。ノルスク・ハイドロもIGケミー株を保有していた。すなわちノルスクとケミーは互いに配当請求権を持っていた。ノルウェーが一時ドイツに占領されると、相手は中立国スイスのケミーであるので、配当の請求が難しくなった。1941年3月22日、IGファルベン中央財務管理部がノルスクに水面下で指示を出した。ノルウェー銀行で一方的に清算することを明言せよというのである。1939 - 1940年度分において、ノルスクはケミーに配当金60万スイスフラン...

    1942年スイス手形交換所がケミーを調べてスイス企業らしいと結論した。しかしこれは1945 - 1946年の「レース報告」によって広範に反駁された。この報告はスイス政府により直ちに極秘指定され、内容が大幅に切り詰められ、粉飾された要約版だけが関係役所に配布された。1945年秋、交換所のアルベルト・レース (Albert Rees) が包括監査チームの責任者となった。10月初めまでにマックス・プチピエール (Max Petitpierre) がレースの調査をケミーへ予告していた。シュトゥルツェンエッガーも対象に14週間の調査がスタートした。終戦後の1945年12月、ケミーはインターハンデル (Interhandel) に改称した。インターハンデルの経営陣は警察と組んで調査を妨害した。レース調査...

    1947年、連合国軍によってIGファルベンの役職員23人が戦争犯罪の嫌疑で起訴され、翌1948年、クラウホをはじめとする13人に有罪判決が下された(IGファルベン裁判)。最高刑は懲役8年であり、死刑となったものは存在せず、全員が刑期満了前に釈放された。これはドイツ産業界を攻撃するのは国益を損なうという合衆国の判断によるものであった。 連合軍軍政期にあって、IGファルベン国内工場の処遇は英米仏ソ各管轄に委ねられた。この点、アメリカのモーゲンソー財務長官らはIGファルベンの完全な解体を主張したが、ドイツの産業を復興させようとする国務省と国防省によって反対された。結果、IGファルベン自体は解体されるものの、その解体はドイツ人の専門委員会によって、経済的な規範によって行われるという方針がとられること...

    IGファルベンの清算は1952年に始まったが、その前後でGAF資産をめぐる駆け引きが展開された。 1948年10月21日、インターハンデルがGAF資産の返還を求めてアメリカの裁判所に訴えたが、証拠は提出しなかった。スイス連邦評議会はシュトゥルツェンエッガー銀行にある最重要書類の引渡しを禁止していた。1949年には、評議会が同行にある証拠書類を差し押さえた。GAF問題は在米スイス資産の返還要求について双務的に規定したワシントン協定 (Washington Agreement of 1946) の対象外であった。インターハンデルはシュミッツ家も動員してGAF資産を確保しようとした。1949年3月4日と12月21日、アメリカの検事長が所得税等(1929-1933年分)を求めて反訴した。両国は対立、...

    経済企画庁調査局「化学工業-IGファルベンの解体と問題点」、『海外経済月報』。1953年。
    田村光彰「ドイツ企業の戦後反省 : ダイムラー・ベンツとIG-ファルベンの場合」『金沢大学大学教育開放センター紀要』、金沢大学、1997年、 53-61頁、 NAID 110004826906。
    八木正三 抄訳『ナチス・ドイツ、IGファルベン、そしてスイス銀行』創土社、2010年 (Volker Koop, Das Schmutzige Vermögen. Das Dritte Reich, die IG Farben und die Schweiz., Siedler Verlag, München 2005, ISBN 3-88680-811-4)
  2. 免疫グロブリンD( Immunoglobulin D、IgD)は、免疫グロブリンMとともに未成熟のB細胞表面に存在するタンパク質の約1%を占める、抗体タンパク質の一つである。 血清中の分泌タンパク質としても極微量存在する。分泌IgDは、δクラスの2つの重鎖と2つのIg軽鎖からなる単量体である。

  3. 免疫グロブリンフォールド(Immunoglobulin fold)は、All-β型のタンパク質構造の1つで、7つ以下の逆平行βシートが2つのβシートによって挟み込まれた構造をしている。 基本骨格は、2つのβシート層の間を行き来する構造で、N末端側-シート1のβヘアピン-シート2のβヘアピン-シート1のβストランド ...

  4. 免疫グロブリンM(めんえきグロブリンM、Immunoglobulin M、IgM)は、B細胞に存在する抗体のクラス(アイソタイプ)の一つである。 赤血球のABO式血液型の由来となるA抗原、B抗原に対する主な抗体もこれに属するものである。 またヒトの持つ中では最もサイズが大きな抗体でもある。

  1. 其他人也搜尋了