Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. グロリア・アウトレット - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/華泰名品城

    グロリア・アウトレット(英語: GLOLIA OUTLETS )または華泰名品城(かたいめいひんじょう)は、台湾 桃園市 中壢区にある屋外型としては台湾最大のアウトレット モール。開発は台湾の生命保険会社である 国泰人寿 (中国語版) (キャセイライフ)グループが行い ...

    • 国泰人寿保険股份有限公司
    • 320桃園市中壢区春徳路189号
  2. 中国の陶磁器 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/中国の陶磁器
    • 基本用語
    • 中国陶磁史の概観
    • 新石器時代の土器
    • 殷周時代の陶磁
    • 春秋・戦国時代の陶磁
    • 秦漢の陶磁
    • 三国〜南北朝時代の陶磁
    • 隋唐の陶磁
    • 宋の陶磁
    • 元の陶磁

    土器・陶器・磁器

    中国では、やきものは陶器と磁器(現代中国語では「瓷器」)とに二大別され、「土器」という分類呼称を用いないのが一般的である。中国では無釉(釉薬、うわぐすりを掛けない)のやきものは焼成温度の高低にかかわらず「陶器」と呼ばれ、釉の掛かったものでも、低火度焼成のもの(漢時代の緑釉陶など)は「陶器」に分類される。新石器時代の、日本語で「彩文土器」と呼ばれるやきものは、中国語では「彩陶」と呼ばれ、陶器に分類されている。日本語の「磁器」とは、胎土にケイ酸を多く含有し、施釉して高温で焼成し、ガラス化が進んだやきもののことで、陶器と異なって吸水性がなく、叩くと金属製の音を発する。ただし、「磁器」と「陶器」の境界には曖昧な部分があり、「磁器」の定義は中国、日本、欧米で若干ずつ異なっている。中国では、胎土のガラス化の程度にかかわらず、高火度焼成された施釉のやきものを一般に「瓷器」と称している。英語のポースレン(porcelain)は白いやきもののことであり、中国・朝鮮・日本では磁器とみなされている青磁は、英語ではストーンウェア(stoneware)とみなされている。以下、本項ではやきものの種別に関する...

    釉と焼成法

    煎茶器や古代の彩陶など、例外も一部にあるが、中国のやきものの多くは、表面に釉(釉薬、うわぐすり)というケイ酸塩ガラスの被膜がほどこされている。中国陶磁の基礎釉には、植物灰を原料とする高火度焼成釉(摂氏約1,200度以上で焼成)の灰釉(かいゆう)と、溶媒として鉛を含む低火度焼成釉(約800度前後で焼成)の鉛釉(えんゆう)がある。これらは、原料に含まれる金属成分の違いや焼成方法の違いにより、さまざまな色合いに変化する。陶磁器の焼成法には酸素の供給度合によって、酸化炎焼成と還元炎焼成があり、後者は窯内に十分に酸素を供給せずに焼成するものである。酸欠状態で焼成することによって、胎土や釉中の酸素が奪われ、たとえば酸化第二鉄が酸化第一鉄に変化(還元)する。青磁とは、釉の成分の灰に含まれるわずかな鉄分が酸化第二鉄から酸化第一鉄に変化することによって発色するもので、これを酸化気味に焼成すると黄色系に発色する。釉中に鉄分を多く含むと黒釉となり、呈色剤として銅を用いると紅釉、コバルトを用いると瑠璃釉となる。白磁とは、白色の釉をかけたものではなく、白い素地に鉄分含有の少ない透明釉を掛けて焼成したもので...

    青花と五彩

    青花(せいか)とは「青い紋様」の意で、白地に青い紋様を表した磁器である。同様のものを日本語では「染付」という。青花は釉下彩、すなわち素地に直接絵付けしてその上から透明釉を掛けたものである。酸化コバルト顔料で図柄を描いた上に透明釉を掛け、高火度焼成すると、顔料は青く発色する。同様の釉下彩には、鉄絵具を用いた鉄絵や、銅呈色の釉裏紅(ゆうりこう)がある。五彩とは、前述の三彩とは別個の技法で、多色(必ずしも5色とは限らない)の絵具を用いて白磁の釉上に図柄を描いた磁器である。素地に透明釉を掛けて高火度焼成した後、釉上に上絵具で図柄を描き、錦窯(きんがま)という小型の窯で再び低火度焼成する。1つの器に五彩と青花を併用する場合もある。 1. (三彩の例)唐三彩梅花文壺 2. (白磁の例)白磁鳳首瓶 五代 3. (青磁の例)青磁鉄斑文瓶(飛青磁花生) 元 大阪市立東洋陶磁美術館 4. (青花の例)青花唐草文盤 明 ホノルル美術館 5. (五彩の例)五彩竜仙人文尊形瓶 明

    『中国陶瓷史』(中国珪酸塩学会編、1982)の序文は、中国陶磁の精細な製作技術と悠久の歴史伝統は世界でも類まれなもので、中国古代文化の主要な一部を構成し、人類物質文化史上の重要な研究対象であると述べている。意匠や器形に西アジアなどの外国の影響を受けつつも、中国陶磁は常に独自の歩みを続けてきた。中国の長い歴史の中ではたびたび王朝が交替したが、漢民族以外の民族による征服王朝の時代においても、中国陶磁の伝統は守られ、一貫した陶磁史を形成している。 中国陶磁の歴史は新石器時代に始まった。中国における最初期の土器が、いつ、どこで作り始められたかは明確ではないが、出土品の放射性炭素年代測定結果によれば、1万年前頃には原始的な土器が焼造されている(後述のように、最初期の土器は2万年前にさかのぼるとの報告もある)。中国陶磁の特色の一つは、早くも新石器文化期に窯の使用を開始していることである。野焼きによる土器焼成から一歩進んで、窯を使用することによって、高火度焼成が可能となり、より硬質のやきものが生産されるようになった。また、胎土の選択、焼成温度や窯内に送る酸素量の調節などの工夫によって、灰陶、黒陶、白陶などの変化に富んだやきものが作られるようになった。さらに、ロクロの使用によって精緻な形態の、器壁が薄く均一なやきものを作り上げることができるようになった。今一つの特色は施釉陶の開発である。世界の陶磁史のなかで、外国からの技術導入ではなく、自発的に施釉陶を開発したのは西アジア・エジプト地域と中国とであった。中国ではすでに殷中期、紀元前1500年頃には灰釉を人為的に掛けた施釉陶が生産されている。この時期の施釉陶を「磁器」とみなすかどうかについては意見が分かれるが、それから千数百年を経た後漢時代(2世紀)には「古越磁」と呼ばれる本格的な青磁器が焼成されている。唐時代の陶磁工芸を代表するものとして唐三彩があるが、これは磁器ではなく、釉に鉛を用い、低火度で焼成した鉛釉陶器である。唐三彩は墳墓の副葬品や建築材料として作られたものであり、日常生活用品ではなかった。 宋時代には官窯が設置され、定窯の白磁、汝窯(じょよう)の青磁などに代表される、器形、釉調ともに最高度の技術を駆使した作品が生み出された。同時に、華北・華南の各地に磁州窯、耀州窯、龍泉窯、建窯、吉州窯などの個性的な窯が栄えたが、中で...

    土器の種類

    新石器時代に焼造された土器には、大別して紅陶、灰陶、黒陶、白陶、彩文土器(彩陶)がある。前述のとおり、中国の研究者は「土器」という分類概念を用いず、新石器時代のやきものもすべて「陶」と呼ばれる。器表が赤褐色を呈するものが紅陶、器表が灰色、黒、白を呈するものがそれぞれ灰陶、黒陶、白陶であり、表面に筆で文様や図柄を描いたものが彩陶(日本でいう彩文土器)である。白陶はカオリン(ケイ酸アルミニウム)質の胎土を精製し、高火度で焼き締めたもの。灰陶・黒陶は高火度の還元炎焼成で器面に炭素が吸着したものである。白陶・灰陶・黒陶は、いずれも胎土の精製と、窯を用いた高火度・長時間焼成という条件がなければ作れない、高度な技術段階に達した土器である。なお、出土品の中には、以上のいずれにも分類しがたい粗製の土器もあり、それらは粗陶と称される。

    新石器時代土器の概要

    中国における新石器時代の土器の存在が確認されたのは、20世紀になってからである。1921年、スウェーデンの地質学者J.G.アンダーソンは、河南省澠池県仰韶村(べんちけん ぎょうしょうそん、現・三門峡市)で彩文土器を発見した。このことから、新石器時代の彩文土器をかつては「仰韶土器」「アンダーソン土器」と呼んだ。中国の新石器時代は、彩文土器を代表的遺物とする「仰韶文化」と、これに続き、黒陶を代表的遺物とする「龍山文化」に分けられると考えられていた。しかし、その後、特に中華人民共和国成立後の中国各地における発掘調査の進展や研究の進歩により、「仰韶土器」という呼称は実情に合わないものとなっている。彩文土器は中国西部の甘粛省方面からも出土していることから、アンダーソンら欧米の研究者は、中国の彩文土器は西アジアに起源があり、西アジアから甘粛方面を経て黄河中・上流域へ伝播したものと考えた。これに対し、中国の研究者は、中国の土器文化は中国で固有に発生したものであると主張した。放射性炭素による遺物の年代測定の結果などから、中国の土器は中国で独自に発生・進化したものであるとする見解が、今日では一般に...

    最初期の土器

    中国の先史時代の土器については未解明の部分が多く、今後の発掘調査の結果によって歴史が大きく書き換えられる可能性もある。2012年6月29日付の米国科学誌『サイエンス』に北京大学らの研究チームが発表したところによれば、江西省上饒市万年県仙人洞遺跡から出土した土器片の一部は、放射性炭素年代測定により、約2万年前のものと判明したという。仙人洞のほか、初期の土器を出土した遺跡として、華南では広西壮族自治区桂林市甑皮岩遺跡、華北では河北省保定市徐水区南荘頭遺跡などが知られる。これらの遺跡出土の土器は、放射線炭素年代測定や熱ルミネセンス法により、いずれも約1万年前の製作とされている。仙人洞遺跡出土の土器片は、復元すると丸底の壺形土器で、器表には縄文が施され、胎土には石英粒などを含んだ粗製の土器である。この時期の土器をどのようにして焼いたかは正確には不明であるが、雲南省やタイ王国などに残る民俗事例から類推して、「覆い焼き」という方法が行われたと推定されている。「覆い焼き」とは、成形・乾燥させた土器の周囲を稲わらで覆い、その上を粘土で密封してから点火するものである。 完器に復元された土器が出土し...

    殷(商、17世紀BC - 11世紀BC)、西周(11世紀BC - 771BC)の陶磁について概説する。陶磁史のうえで殷(商)代の特筆すべき出来事としては、人為的に施釉した陶器である灰釉陶器の出現がある。窯の中のやきものに燃料の薪の灰が降り掛かると、高火度焼成の場合は胎土中のケイ酸を溶かす作用をし、器表にガラス状の膜を生じる。これが「自然釉」と呼ばれるものである。朝鮮半島や日本のやきものは、窯内で灰が降り掛かったことによる自然釉の段階を経て施釉陶に移行しているのに対し、中国では自然釉の段階をほとんど経ずに、人為的に施釉し高火度(約1,200度以上)で長時間焼成した陶器が出現している。 前述のとおり、中国・日本・欧米では、それぞれ「磁器」の概念が異なり、中国では釉を掛けて高火度焼成されたやきものを総じて磁器(瓷器)と言っている。殷代の施釉陶についても、中国では「原始磁器」(中国語表記は「原始瓷器」)と呼称しているが、同じものを日本語では一般に「灰釉陶器」と称している。 灰釉陶器の成立は殷代中期、紀元前1500年頃のことであった。伴出する青銅器の様式から、殷代中期までさかのぼることが確実な灰釉陶器としては、河南省鄭州市銘功路の殷墓から出土した灰釉大口尊がある(「尊」はもともと青銅器の器種で、神に捧げる酒を入れる広口の容器)。この尊は、黄灰色の胎土に印文(スタンプ文)を施し、灰釉を掛けたもので、釉は黄緑色を呈している。このほか、河北省の藁城台西遺跡、江西省の呉城遺跡などから殷代の灰釉陶器が出土している。灰釉陶器の生み出された経緯は明らかでないが、新石器時代後期から華南で焼かれていた印文硬陶との関連が説かれている。印文硬陶とは、器表に印文(スタンプ文)を施して高火度で焼き締めた陶器で、印文、胎土、高火度焼成などの点に灰釉陶器とのつながりが指摘されている。前述の呉城遺跡では後世の龍窯(斜面を利用した登り窯の一種)の祖形とみなされる窯が検出されており、そこからは灰釉陶器片が出土し、印文陶器と共伴していた。殷代の遺跡から出土する陶片のうち、灰釉陶器はごく一部であり、大量に生産されたものではなかった。殷代の灰釉陶器の器形は同時代の青銅器の器形とは共通性が少なく、主な器種は壺、豆(とう、高坏)、尊などである。 殷代の陶磁としては他に印文白陶が著名であるが、遺品は稀少である。これは...

    概要

    春秋時代・戦国時代(770BC - 221BC)の陶磁について略説する。春秋時代になると、江蘇省、浙江省などの華南の遺跡からは大量の灰釉陶器が出土する一方で、華北からはこの時代の灰釉陶器の出土はほとんど知られていない。華南の浙江省湖州市徳清県には春秋期の灰釉陶器を焼いた窯址が40か所ほど知られる。同県にある皇墳堆(円墳)からは27点の灰釉陶器が出土したが、青銅器は1点も出土しなかった。これらのことから、春秋期においては、華北で青銅器が製作される一方で、華南ではそれに代わるものとして灰釉陶器が製作されていたとみられる。現に、華南の灰釉陶器の中には同時代の青銅器を模したものがあり、たとえば、浙江省嘉興市海塩県の土墩墓からは13点一組の編鐘など、灰釉陶器製の楽器が45点出土している。これらの器形は青銅器そのものである。江蘇省、浙江省などの江南地域は南朝から唐代の越州窯青磁を生産した土地であり、春秋戦国期の灰釉陶器が後の青磁の源流になったとみられる。 戦国時代にも華南では引き続き灰釉陶器が焼成された。器形は青銅器写しのものと、日常生活容器の両方がある。窯址は浙江省杭州市蕭山区進化鎮と同省...

    黒陶と鉛釉陶

    戦国時代の特色ある陶器としては、中山国王墓から出土した黒陶群がある。河北省石家荘市平山県の中山王墓群から出土した一連の黒陶器は、青銅器または漆器を模した器形で、器表は漆黒を呈し、念入りに研磨され、形態、質感ともに金属器を思わせるものである。器表には磨光文と呼ばれる特殊な技法による文様が施される。磨光文は、彩色されたものではなく、成形後に器面を竹製か木製の道具でこすることによって文様を表したもので、光の当たり具合によって、黒い器の表面に黒い文様が浮かび上がる。 低火度焼成の色鮮やかな陶器である鉛釉陶器は、漢代以降盛んに作られ、唐時代には唐三彩を生むが、戦国時代にさかのぼる鉛釉陶器の例として、米国カンザスシティのネルソン・アトキンス美術館所蔵の緑釉蟠螭文壺(りょくゆうばんちもんこ)がある。この壺は、器形、文様などから戦国時代製とみられるもので、洛陽金村韓君墓の出土と伝えられる。ただし、戦国期の鉛釉陶器については。この緑釉壺が現在知られるほとんど唯一の作品であり、詳しいことは不明である。

    秦(221BC - 206BC)、漢(202BC -220AD)の陶磁について概説する。短命王朝であった秦代の陶磁として特筆すべきものは始皇帝陵の兵馬俑である。西安郊外にある始皇帝の驪山陵(りざんりょう)の東方に位置する3つの兵馬俑坑からは陶製の戦車100余台、陶馬約600体、武士俑約8,000体が東向きに整然と列をなした形で出土した。これらは加彩灰陶である。武士俑は高さ180センチ前後の等身大で、現状は灰色を呈しているが、元は各像に赤、白、黒などの彩色が施されていた。着衣や冑、顔貌から沓に至るまで写実的に作られ、顔貌は一体一体異なっている。 漢代には中国陶磁史上初めて、本格的な青磁が登場したほか、灰釉陶器、加彩灰陶、黒陶、鉛釉陶器などが作られた。殷周から春秋戦国にかけて、青銅器文化が栄える一方で、陶磁器の発展はゆるやかであったが、漢代に至って、青磁の焼造という大きな技術的進歩があり、技法も形態も多様な陶磁器が作られるようになった。 灰釉陶器は、漢代にも作られているが、前述のように紀元前3世紀頃には一時期灰釉陶器の生産が途絶えていたようで、時代的に断絶がある。また、漢代の灰釉陶器は戦国時代のものに比べて技術的にはむしろ後退していることが指摘されている。漢代の灰釉陶器の典型的な作品は、壺などの上半部のみに釉が掛かり、下半分は赤黒く焼き締まった胎土が露出するもので、この種の作品はおおむね前漢時代後半から後漢時代前半の作とみられる。前漢前期に属するものとしては、湖南省長沙の馬王堆一号墓出土品があるが、これは印文硬陶の系統を引くもので、前述の胎土が赤黒く焼けたタイプとは異なる。 漢代において陶磁史上特記すべきことは、この時代に本格的な青磁の焼造が始まったことである。中国における施釉陶(中国でいう原始磁器)の焼造は殷代の紀元前1500年頃に始まったが、青磁と称するにふさわしいやきものが登場するのは後漢時代、紀元2世紀のことである。初期の青磁を焼いた窯は浙江省上虞窯、寧波窯などで見出されている。この時代の青磁器は、よく溶けた灰緑色の釉が器全面に掛かったもので、胎土、釉、焼成温度などの点で前漢までの灰釉陶器とは一線を画している。青磁とは、釉の成分の灰に少量含まれる鉄分が還元炎焼成によって青く発色したもので、青磁釉は成分の点では灰釉と根本的な違いはないが、焼成技術と窯構造の進...

    三国(222 - 265年)、西晋・東晋(265 - 420年)、五胡十六国(304 - 439年)、南北朝(420 - 589年)の陶磁について概説する。漢代に発生した青磁は、この時代にも引き続き製作された。華南の浙江省を中心とした地域の墳墓からは三国時代の呉から西晋、東晋に至る時期の青磁が出土する。これらの青磁を、古越磁、古越州と呼びならわしているが、この「古」は、後代(唐後期〜北宋)の越州窯青磁と区別した呼称である。この時代の青磁の現存するものは、ほとんどが墳墓に副葬された明器であり、日常用の器がどのようなものであったかは明確でない。器種としては、壺、盤のような一般的なもののほか、神亭壺と呼ばれる特殊な壺、獅子、虎、羊などの動物をかたどった容器、鶏舎や猪圏(豚小屋)をかたどったものなど、明器特有の器種もある。神亭壺は、壺の上に楼閣形を乗せ、人物や動物の小像で飾り立てたもので、この時期特有の器種である。以上のような明器特有の器種は呉から西晋にかけて盛んに作られるが、東晋代にはこの種の作例は減り、実用的な器種が増えていく。この時代特有の器種としては他に、鶏頭形の注口をもつ天鶏壺がある。天鶏壺は把手を有するものと有しないものがあり、東晋以降、南朝時代に至っても製作されている。なお、鶏頭形の注口は外観だけで、内部に孔が貫通していない例が多い。壺の口縁の部分を盤(皿)形とした盤口壺もこの時期に盛んに作られた。南北朝時代の南朝においても青磁は焼造されているが、呉・西晋時代に作られたような明器用の特異な器種は姿を消し、盤、壺、瓶といった実用的な器種のものがもっぱら作られるようになった。浙江省北部の徳清窯など、各地の窯の個性も次第に明確になってくるが、その詳細の解明は今後の課題となっている。華南では東晋時代を中心に黒釉磁も生産された。 一方、この時代の華北においては、6世紀初め頃までは陶磁史のうえで目立った展開は確認できず、漢の滅亡から魏、西晋を経て五胡十六国時代までは取り上げるべき遺品に乏しい。6世紀に至り、北魏では厚葬の風習に伴い、明器(副葬品)としての鉛釉陶(緑釉、褐釉)が再び登場し、加彩灰陶の人物、動物などの俑も作られた。北魏の東西分裂後の東魏では黒磁、青磁も作られた。短命に終わった東魏の後を継いだ北斉では初めて白磁が焼造されたが、西魏とその後を継いだ北周では目...

    概論

    隋(581 - 618年)、唐(618 - 907年)、五代(907 - 960年)の陶磁について概説する。隋・唐代には前代に引き続き青磁、白磁、黒釉磁および鉛釉陶が各地で製作された。中国で陶磁器が一般の人々にも使用されるようになったのが唐時代の8世紀末 - 9世紀頃からであった。また、同じ頃から陶磁器が海外貿易の商品となった。唐の青磁や白磁の器は東南アジアや西アジア各地の遺跡から出土している。このように、唐時代は、中国の陶磁器が国内外に広く販路を広げ、国際性を高めていった時代であった。唐代の陶磁器としては、国際性豊かで華麗な三彩陶器(唐三彩)が広く知られているが、低火度焼成陶器である三彩は明器(墳墓の副葬品)として地下で保存されてきたものであり、日常使用される陶器ではなかった。 南北朝の分裂に終止符を打った隋は短命に終わったため、隋代特有の陶磁の様式を見出すのは困難である。この時代の基準遺跡としては河南省安陽市にある張盛墓(595年葬)と、同じく安陽にある卜仁墓(603年葬)出土の陶磁がある。両墓からは北方系の青磁が出土しており、張盛墓からは白磁の武人俑が出土している。

    越州窯青磁

    浙江省慈渓市(旧余姚)の余姚窯やその周辺の窯で焼成された青磁を越州窯青磁という。陸羽の『茶経』という書物には、唐代の窯として、越州、鼎州、婺州(ぶしゅう)、岳州、寿州、洪州、邢州(けいしゅう)の7つが挙げられている。これは、「美味しく茶が飲めるのはどの窯の器か」という趣旨の記述の中に登場するものであるが、唐時代に実在した窯とその作風を具体的に伝える史料として貴重なものである。前述の7つの窯のうち、鼎州窯は窯址が不明だが、他の6つについては窯址が確認され調査されている。6つのうち、邢州窯は華北の白磁窯で、北朝から五代まで存続した。残りの5窯はいずれも華南地方にあり、青磁を主に焼いた窯である。越州窯は前述のとおり浙江省慈渓市に窯址があり、以下、婺州窯は浙江省東陽市、岳州窯は湖南省岳陽市湘陰県、寿州窯は安徽省淮南市(わいなんし)、洪州窯は江西省豊城市曲江鎮に窯址が確認されている。婺州、岳州、寿州、洪州の各窯は新中国成立後の調査で確認されたもので、婺州窯が北宋まで存続するが、他は唐末から五代頃には姿を消している。 越州窯の青磁は前述の『茶経』でも第一とされ、晩唐の詩人陸亀蒙は「秘色越器」...

    その他の主要窯

    唐代には「南青北白」と称されるように、華南の多くの窯で青磁が焼かれるとともに、華北では主に白磁が製作されていた。白磁は、北朝時代から続く邢州窯(河北省邢台市臨城県・内丘県)のほか、河北省保定市曲陽県の定窯、河南省鞏義市(きょうぎし)の鞏県窯(きょうけんよう)でも焼造されていた。定窯は後の北宋時代に最盛期を迎える白磁の名窯である。 唐時代の重要な窯として、他に長沙窯がある。長沙窯は湖南省長沙市望城区銅官鎮に位置し、瓦渣坪(がさへい)窯とも呼ばれる。この窯は前述の『茶経』に言及される岳州窯の後継の窯と目され、国外輸出用の陶器を大量生産した窯として知られる。この窯の典型的作品は黄釉陶で、灰白色の胎土に白化粧をし、灰釉を掛けている。釉は青磁の釉と基本的には同じものであるが、酸化炎焼成のため黄色に発色している。器形は各種あるなかで水注が多い。技法面で注目されるのは釉下彩で文様を表していることである。後代の五彩(色絵)は、透明釉を掛けて高火度焼成した器の釉上に絵付けをして再度焼成するものであるのに対し、素焼きした胎土上に絵付けし、その上から透明釉を掛ける場合を釉下彩という。釉下彩の代表的なも...

    概論

    北宋(960 - 1127年)、遼(907 - 1125年)金(1115 - 1234年)、南宋(1127 - 1279年)の陶磁について略説する。宋時代は中国陶磁の黄金時代といわれ、青磁、白磁の名品が生み出された。青磁は前代に引き続き華南に越州窯、華北に耀州窯がある。越州窯青磁の窯は浙江省北部にあったが、北宋中期頃から青磁生産の中心は浙江省南部に移り、これを龍泉窯という。汝窯(じょよう)や南宋官窯も青磁の名窯として知られる。白磁では華北の定窯、華南の景徳鎮窯が著名である。定窯では酸化炎焼成によるクリーム色の白磁が焼かれた。景徳鎮は五代に始まり、元時代以降、中国陶磁の中心的産地となる窯場であるが、宋時代には青みを帯びた白磁(青白磁と称する)が主製品である。このほか、河南省を中心とする華北一帯には、陶質の胎土に白化粧をした倣白磁を焼く一連の窯があり、これらを総称して磁州窯という。磁州窯では、掻き落とし、象嵌、鉄絵などのさまざまな手法で加飾した、民窯ならではの創意に富んだ陶器が生産された。南宋時代には福建省の建窯、江西省の吉州窯で黒釉の喫茶用の碗、いわゆる天目が製作された。これらの碗...

    汝窯と官窯

    青磁の名窯とされる汝窯の器は稀少で、現存するものは70数点とされている。現存する汝窯青磁の大部分は北京の故宮博物院と台北の故宮博物院にあり、その他、上海博物館、英国・デイヴィッド財団、大英博物館、大阪市立東洋陶磁美術館などに所蔵されている。南宋の周輝の『清波雑志』に、「汝窯は宮中の禁焼なり 内に瑪瑙末(めのうまつ)有りて油となす ただ御に供し揀(えら)び退けまさに出売を許す 近ごろ尤(もっと)も得難し」とある。大意は「汝窯は宮廷の磁器で、釉には瑪瑙の粉が含まれている。もっぱら宮廷用の磁器であり、宮廷用に選ばれなかったものだけが販売を許されたが、近年は入手が困難である」ということである。このことから、南宋時代にはすでに汝窯青磁器が稀少になっていたとみられる。北宋時代の文献で汝窯に言及しているのは、徐兢の『宣和奉使高麗図経』が唯一の例とされている。同書は、徐兢が1123年、宋の使節として高麗に滞在した時の見聞記である。ここで徐兢は高麗青磁について「汝州の新窯器に似た色だと高麗人は称している」と記録している。ただし、この「汝州の新窯器」が現在汝窯青磁と呼ばれている作品を指しているのかど...

    定窯

    青磁の汝窯と並び、宋代の白磁の名窯として知られるのが河北省の定窯である。窯址は河北省保定市曲陽県澗磁村にある。定窯は唐代に始まり、五代、北宋を経て金代まで活動したが、唐〜五代の遺品は少ない。北宋の定窯白磁は、わずかに黄色みを帯びたクリーム色の釉色が特色である。この釉色は焼成の燃料が薪から石炭に変わり、酸化炎焼成になったことで得られたものとされている。器種は瓶、壺、水注、鉢、盤などの一般的なもので、刻花や印花で文様を表すものが多い。鉢、盤などは、伏せ焼きにしたため、口縁部が無釉となっており、無釉部分に金属の覆輪を施すものがしばしばみられる。白磁の他に黒釉や柿釉の碗、これらの釉上に金箔を焼き付けた碗(「金花定碗」と称する)などがある。柿釉は黒釉と同じ鉄呈色の釉であるが、鉄分の含有率が多いことにより、釉の表面に柿色の皮膜を生じたものである。

    概論

    元(1271 - 1368年)の陶磁について概説する。モンゴル人による征服王朝である元の時代にも、中国陶磁は停滞することなく発展を続けた。かつて元時代は中国陶磁の暗黒時代と言われ、この時代の中国陶磁器には見るべき発展はなかったとされていた。元代の陶磁については同時代の記録が乏しい上に、製作年代が判明する在銘の作品もきわめて少ないため、長らくその実態が不明であった。このため、元時代の作品はその前の宋時代か、後の明時代の作とされてしまっていた。しかし、20世紀以降、おもに欧米の研究者により元代陶磁の様式研究と作品の抽出が進み、その実態が明らかになってきた。

    青花

    元代の陶磁史において特筆すべきことは、青花、すなわち白地に青の文様を表した磁器の隆盛である。青花は「青い文様」の意で、英語では「ブルー・アンド・ホワイト」、日本語では「染付」と称される。青花は釉下彩の一種であり、成形した器をいったん素焼きしてから、酸化コバルトを含む顔料で器面に絵や文様を描く。その上から透明釉を掛けて高火度で還元焼成すると、顔料は青色に発色する。元代には西アジアから輸入されたコバルト顔料が使用されたことが分析結果から判明しており、この顔料を中国では「回青」または「回回青」(「イスラム圏の青」の意)、日本語では呉須という。釉下彩の技法は、すでに唐時代の長沙窯に先例があるが、宋時代には中国陶磁の主要な技法とはなっていなかった。釉下彩磁が盛んになるのは元時代の景徳鎮窯からである。 元の国号が定められたのは1271年であるが、陶磁器の作風に関しては、しばらくは大きな変化がなく、南宋ならびに金の陶磁の延長であった。元時代特有の陶磁が現れるのは14世紀、1300年代に入ってからである。年代の押さえられる初期作品としては、延祐5年(1318年)の無名氏墓(江西省九江市)から出土...

    龍泉窯

    元時代には、景徳鎮の青花が発達した一方で、宋時代以前に栄えた白磁の定窯、青磁の耀州窯などは振るわなくなり、姿を消している。そうした中で、伝統的に青磁の産地であった浙江省では、宋代に引き続き龍泉窯の青磁は活況で、海外にも多くの製品を輸出していた。そのことを如実に示すのが、1975年に韓国全羅南道新安郡沖で発見された沈没船(新安沈船)の積荷の貿易陶磁である。この船は積荷の中に至治3年(1323年)の年号や「東福寺」の文字を記した木簡があり、その頃に中国の寧波の港を出て、日本へ向かう途中で沈没したことがわかる。積荷の陶磁は龍泉窯青磁がもっとも多く、建窯や吉州窯の天目、江南産の白磁、青白磁なども含まれていたが、青花は含まれていなかった。南宋時代の龍泉窯青磁は、白胎に失透性の青磁釉が厚く掛かった、日本で砧青磁と称される作品群に代表される。砧青磁の釉色は青系で、刻花(彫文様)や貼花(貼り付け文様)はほとんどないのに対して、元時代には釉が緑系に発色し、器表に刻花や貼花の装飾を施した壺、鉢などの青磁器が作られた。この手の作品は日本に多く舶載され、日本では天龍寺青磁と称されている。天龍寺青磁の名称...

  3. 虹口区 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/虹口

    地理 虹口区は上海市中心城区北部に位置し、東は楊浦区、西は静安区、南は黄浦区、北は宝山区と接している。 歴史 清代までは宝山県と上海県に分割されていた。 第二次世界大戦中は日本の租界で、「小東京」と呼ばれた。 西本願寺、魯迅公園などがある。

  4. 一卡通 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/高雄一カー通
    • 概要
    • 主な種類
    • 購入
    • チャージ
    • 電子マネーでの利用
    • 関連項目
    • 外部リンク

    2007年12月に高雄捷運公司が発行開始、2008年4月7日に高雄捷運紅線開通とともに正式に運用開始した。台湾での他の電子マネー(IC乗車カード)と同じく、センサーはRFID技術(NXPセミコンダクターズ社によるMifare技術)を使用している。2014年2月13日に一卡通公司が発足後、高雄捷運公司からカード業務を引き継ぎ、交通機関以外での小額決済や、南部を中心とした自治体での市民カード、学生証、図書館での貸出証にも役割を拡大している。現存する台湾の4大電子マネー(IC乗車カード)のうち、発行枚数は3番手であるが、近年急速に勢力を伸ばし、2016年8月に1,000万枚を突破している。台湾のバス、旗津-鼓山間などの連絡船でも使用できる。購入およびチャージ(入金)は、高雄捷運各駅窓口や台湾の統一超商(セブン-イレブン)・全家便利商店(ファミリーマート)・OK超商・萊爾富便利商店で可能、また各駅構内設置の乗車券販売機でも、チャージは可能である。使用期限は基本的に10年位に設定されている。そのため、最終チャージ日より10年以内に一度はチャージを行うように呼びかけている。

    普通卡:外国人旅行者も入手・使用できる無記名式と学生専用の記名式もある。
    通勤卡:高雄捷運のほか、中南部のバス事業者が発行している。通常のIC割引よりもさらに割引率が高い
    認同卡:30日間有効の記名式学生IC定期券の通学版と無記名式も可能な通勤版がある。「高雄捷運#運賃」も参照
    聯名卡:金融機関発行のクレジットカード紐付けタイプで記名式。
    高雄捷運各駅
    台北捷運各駅
    桃園捷運各駅
    各コンビニエンスストア
    台鉄各駅窓口(紙幣のみ、即ち100元単位)
    台北捷運各駅(紙幣、硬貨とも)
    高雄捷運各駅(紙幣、硬貨とも)
    桃園捷運各駅(紙幣、硬貨とも)

    通信

    1. 中華電信の公衆電話

    コンビニエンスストア

    いわゆる四大超商にて利用可能。 1. 統一超商(セブン-イレブン) 2. 全家便利商店(ファミリーマート):100元未満の硬貨のみでのチャージも可能。 3. OK超商 4. 萊爾富便利商店

    娯楽

    1. 喜満客夢時代影城 2. オスカー・デジタル・シネマ(奧斯卡3D數位影城) 3. MLD Cinema 4. 鈴鹿サーキットパーク(大魯閣草衙道内) 5. in89駁二電影院(駁二芸術特区内) 6. 義大世界(中国語版) 7. 瑞豊夜市(中国語版)一部飲食店

    魔法少女小帕(魔法少女iPASS) - 一卡通の公式イメージキャラクターで、同じく希萌創意で生まれたことや公司同士が親子関係であることから、高雄捷運公司運営路線での啓発用ポスターやプロモーション・ビデオで高捷少女とも共演している。
    台中e卡通

    繁体字中国語(Big5フォントが必要) 1. iPASS 一卡通官方網站 1. 1.1. IPass一卡通 - Facebook 1. 魔法少女iPASS 1. 1.1. 魔法少女iPASS - Facebook 1. 残高・履歴照会用アプリ 1. 1.1. iPASS一卡通 - Google Play(繁体字中国語) 1.2. iPASS一卡通 - App Store(繁体字中国語) 1. 高雄捷運公司 2. 高雄市公車

  5. 南開区 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/南開区

    地理 南開区は天津市区南西部に位置し、旧天津城南部に位置したことにより南開と命名された。北高南低の平坦な地勢となっている。 歴史 元代、大都への三岔口を経由した食糧の輸送拠点として発展し、明代になると製塩業や商業が発展、人口が増加し明清代の天津の政 ...

  6. 華安県 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/華安県
    • 地理
    • 交通
    • 特産品
    • 観光
    • 参考文献

    華安県は九竜江の中流域に在り、北緯24度38分から25度12分、東経117度16分から117度42分の間に在る。県の70%が森林地帯。華豊鎮に県政府がある。最高峰は同県西部、南靖県との県境にある金面山で1,343m。2番目に高い標高は同県東部、安渓県との県境にある高頂山の1,180m。

    華安汽車站 - 漳州中心汽車站よりバス運行。豊山鎮の一部へは漳州市の浦林行き4路バスも利用可能。
    漳華沿江公路
    農産品 - 文旦、筍、茶
    鉱物 - 華安玉、花崗岩、石英石
    二宜楼 - 仙都鎮。1740年から約30年の建設期間を経て完成。4階は外壁と部屋との間に隠し通路があり一周可能な構造で堅牢。
    南陽楼、東陽楼 - 二宜楼に隣接しており、これら土楼は大地土楼群(華安土楼)と呼ばれている。
    斉雲楼 - 沙建鎮上坪村岱内。現存最古の円楼で1590年建築。2度破壊されたが基底部の石組みは当時のものである。
    仙字潭 - 沙建鎮。九龍江の支流である汰内渓沿いにあり、別称・仙字潭摩崖石刻ともいう。
    株式会社ダイヤモンド 『地球の歩き方 広州 アモイ 桂林』、2018年。
    中国地図出版社 (2015), 福建省地図冊
  7. 中国の自動車産業 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/中国の自動車産業
    • 概要
    • メーカー・ブランドのリスト
    • 過去に存在したメーカー・ブランドのリスト
    • 自動車開発会社
    • エンジン生産会社

    2013年現在、中国は世界最大の自動車市場を形成している。1990年代以降、中国経済の発展に伴い自動車産業は急速に発展してきた。そして2009年には自動車生産台数世界一であった日本を抜いた。この背景には国内市場の需要の拡大がある。2009年には中国国内の登録車数は6200万台であったが、2020年までに2億台を超えると予測されている。 2013年時点で中国には100社以上の自動車メーカーが乱立しており、中国政府は、自動車メーカー乱立による生産性の低さや過剰生産などの問題を克服するために業界再編を進めている。 2020年10月、中国政府は新たなロードマップを発表し、2035年を目処に従来のガソリン車を廃止し、新車で販売するすべての自動車をHV、PHV、EV等の環境適応車とする方針を示した。電気自動車やコネクテッドカーの分野は、中国政府が補助金を投じて支援しており、習近平政権が掲げる産業政策「中国製造2025」の重点分野に位置付けられている。中国のテクノロジー企業アリババ、テンセント、バイドゥは、豊富な資本力を活かし自動運転技術などで国内メーカーと協業を進めている。

    中国の自動車メーカーの特徴として、海外メーカーとの合弁企業が多い事が挙げられる。これは、中国では輸入車に高い関税が課せられるため、中国で販売を伸ばすには現地生産が最も有効な手段なのだが、現地生産を行うには、中国政府の方針により、中国の自動車メーカーとの間で出資比率50:50の合弁企業を設立することが義務付けられるからである。 例外として、電気自動車などの新エネルギー車を生産する場合に限り、一部地域で単独出資による会社設立が認められている。この措置により、米テスラは外資系企業として初めて、単独出資による工場を上海に設立した。 2018年4月、中国政府は外資系企業による出資制限を2022年までに撤廃することを発表した。

  8. 長泰区 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/長泰

    歴史 876年(乾符3年)に唐により南安県内に武徳場が設置され、885年(光啓元年)に武勝場と改称された。 955年(保大13年)に南唐により長泰県が設置された。 2021年2月2日に市轄区の長泰区に改編され現在に至る。 行政区画 下部に4鎮、1郷を管轄する

  9. 中国黄金集団 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/中国黄金集団

    中国黄金集団公司(ちゅうごくおうごんしゅうだんこうし)は、中華人民共和国の国有企業で、120社ある「中央企業」の一つである。 1979年、中国黄金総公司が設立され、2003年 1月14日、中国黄金集団公司として登録された。国内最大の金生産企業である。

  10. 韋孝寛 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/韋孝寛
    • 経歴
    • 妻子
    • 伝記資料

    北魏の南豳州刺史の韋旭の子として生まれた。弱冠にして蕭宝寅に属した。527年(孝昌3年)、蕭宝寅が関右で反乱を起こすと、孝寛は朝廷側について、軍の先鋒に志願し、統軍に任じられた。長孫稚の西征に従い、戦功を挙げて、国子博士・行華山郡事となった。楊侃が大都督として潼関に駐屯すると、孝寛はその下で司馬として召し出された。楊侃にその才能を認められて、その娘を妻に迎えた。永安年間、宣威将軍・給事中に任じられた。まもなく山北県男の爵位を受けた。普泰年間、荊州刺史源子恭の下で都督となり、襄城に駐屯した。功績により、析陽郡太守に任じられた。この頃、新野郡太守であった独孤信と友情を結び、荊州において「連璧」と称された。 534年(永熙3年)、宇文泰が原州から雍州に向かうと、孝寛はその下で従軍した。535年(大統元年)、潼関で東魏軍を破り、弘農郡太守に任じられた。537年(大統3年)、竇泰を破り、左丞を兼ね、宜陽の軍事を統制した。洛陽を占領すると、孝寛は独孤信とともに洛陽城に入った。東魏の潁州長史の賀若統らが西魏に降ると、孝寛は宇文貴や怡峯らとともに応接にあたり、攻撃をかけてきた東魏の任祥・堯雄らの軍を潁川で撃退した。孝寛は平楽口に進み、東魏の豫州を下し、刺史の馮邕を捕らえた。 538年(大統4年)、河橋・邙山の戦いに従軍した。西魏が洛陽を失陥すると、孝寛は大将軍・行宜陽郡事となり、秩序の回復を図った。まもなく南兗州刺史に転じた。 この年、東魏の段琛・堯傑が再び宜陽を占拠し、東魏の陽州刺史の牛道恒が国境地帯の住民を扇動していた。そこで孝寛は諜者を派遣して牛道恒の筆跡を入手し、牛道恒と孝寛が書状をやりとりしていたように偽作して、段琛の手に渡るよう手筈した。このため段琛は牛道恒を疑うようになり、離間策の効果を見た孝寛は奇襲をかけて、牛道恒と段琛を捕らえた。 539年(大統5年)、爵位を侯に進めた。542年(大統8年)、晋州刺史に転じた。まもなく玉壁に移鎮し、摂南汾州事を兼ねた。西魏の統治に反抗していた山胡の帰順を図り、大都督に進んだ。 546年(大統12年)、東魏の高歓が西征の軍を発し、玉壁を攻撃した。玉壁の包囲は50日間に及んだが、孝寛の防戦の功は目覚ましく、高歓の軍を撤退に追いこんだ(玉壁の戦い)。孝寛は驃騎大将軍・開府儀同三司の位を受け、爵位を建忠郡公に進めた。553年(廃帝2...

    1. 弘農楊氏(楊侃の娘) 2. 鄭毗羅(滎陽鄭氏の出身、賀蘭氏に改姓) 3. 元幼娥(拓跋氏に改姓)

    1. 韋那羅(早逝) 2. 韋諶(字は奉忠、儀同大将軍・陵蓬二州刺史、穣県開国公) 3. 韋総(字は善会、開府・京兆尹、河南郡開国公) 4. 韋寿(字は世齢、開府儀同大将軍・京兆尹、滑国公) 5. 韋霽(字は開雲、開府儀同大将軍、安邑県開国伯) 6. 韋津(字は悉達、儀同大将軍、武陽郡開国公) 7. 韋無漏(永安県開国公)

    1. 韋長英(普安郡公主、解斯恢にとついだ) 2. 韋氏(湖州刺史皇甫道にとついだ)

    『周書』巻31 列伝第23
    『北史』巻64 列伝第52
    大周使持節太傅上柱国雍州牧鄖襄公之墓誌(韋孝寛墓誌)
  11. 其他人也搜尋了