Yahoo奇摩 網頁搜尋

搜尋結果

  1. Yayoi Yoshioka. In 1900, I founded Tokyo Women’s Medical School, the predecessor of Tokyo Women’s Medical University, with the purpose of improving the social position of women, who had very little status at that time. For women to improve their status, they needed to attain financial independence. As a doctor myself, it was my belief that ...

  2. 日時:令和6年3 月2日(土) 9時40 分~17 時10分場所:彌生記念講堂 および zoomウェビナー 等 開催. 各退任教授のセッション毎に、次のURLまた はQRコードより令和6 年 2 月 17 日 (土) までに 予約が必要です。. 弥生記念講堂においては新型コロナウイルス感染症対策に ...

  3. 東京女子医科大学病院 〒162-8666 東京都 新宿区 河田町 8-1 tel : 03-3353-8111(大代表) 診療時間 休診日 交通案内 お問い合わせ

    • A.術中mriを核とした情報誘導手術
    • 表2.東京女子医科大学神経膠腫摘出術における術中mriの使用率と摘出率
    • B.標準的な放射線化学療法
    • 初発神経膠腫に対する治療
    • 再発時治療
    • 4.新規治療法の開発と臨床試験

    従来の手術は外科医の経験と技術によって判断施行されていました。我々は手術の成功確率を上げるために、客観的で再現性のある情報に基づいた手術-情報誘導手術-を提唱してきました。現在、それを提供する場が東京女子医科大学インテリジェント手術室であり、腫瘍の位置情報(解剖学的情報:術中MRIとナビゲーション)、どこに重要な脳の働きをする場所があるかの情報(機能的情報:覚醒下手術や運動神経モニタリング)、摘出したものが腫瘍であるかどうかの情報(組織学的情報:術中迅速診断や5ALA)を提供しながら、手術を遂行しています(24)。この3種類の情報を駆使して摘出する部位を決定するのが情報誘導手術で、情報誘導手術を実行する場所がインテリジェント手術室です。本システムは国際的な医学雑誌lancet oncolog...

    *緊急性を優先し、術中MRIが使用できない場合もあるので使用率100%ではありません。 機能的情報としては、運動神経が傷ついていないかをみる運動誘発電位を全症例でモニタリングしており、半身不随(麻痺)の出現を防ぎながら手術を進めます。また、言葉の神経(言語野や言語神経)に近いところの腫瘍を摘出する際には、患者さんが起きた状態で会話をしながら腫瘍摘出を行う覚醒下手術を行い、言語障害(失語症)を最小限に抑えます(21)(22)(24)。運動神経に近い腫瘍では、上記の運動誘発電位モニタリングに加え、覚醒下手術で運動機能を細かくチェックしながら手術を行う場合もあります。 覚醒下手術は2000年以降、約500例に施行しています。 組織学的情報の基本は、手術中に小さな腫瘍組織を採取してインスタントで病理...

    手術後にどのような補助療法を行なうかは主治医により意見が分かれるところです。しかし最近では欧米を中心に、複数の施設による大規模で多数の患者に対して信頼性の高い試験が行われております。我々はそれらの最新結果を基にして十分な説明を行い、同意を得た上で補助療法を決定しております。また、日本国内でも同様の試験が行われており、その中心となる組織である日本臨床腫瘍グループ(Japan Clinical Oncology Group: JCOG)の脳腫瘍グループ に参加している施設の一つです。現在の補助療法を下記に挙げますが、これらは一般治療方針であり、患者さん毎に異なる場合や新たな試験結果で変更する場合があることをご了解ください。

    <グレード2:境界が明瞭な腫瘍の場合> 機能の温存を図りつつ最大限の摘出を目指します。特に術前の予測診断に応じて全摘出を目指すか、9割以上の摘出を目指すのかを判断します。 手術後の治療 9割以上の摘出が達成された場合、遺伝子検査にて特徴的な異常がなければ、まずは経過観察を行います。 <グレード2:境界が不明瞭な腫瘍の場合> 手術は組織の部分採取を目的とし、診断に準じて放射線治療、化学療法が選...
    <グレード3> グレード2と同じく、機能温存を図りつつの最大限の摘出を目指します。ただし、脳機能の障害の可能性と摘出割合を考慮しながら、最適な手術を目指します。腫瘍の位置やサイズに応じて積極的に覚醒下摘出術を選択する傾向にあります。 手術後の治療 手術の後、放射線治療と化学療法を併用します。我々の基本方針は化学療法としてACNU(ニドラン)を用います。再発した時にTMZ(テモゾロミド)による...
    <グレード4> もっとも治療の難しい腫瘍です。術中MRI、脳機能モニタリングのほか、レザフリンを用いた術中光線力学療法など、摘出率の向上と術中に可能な補助療法を組み合わせた手術を行います。 特に、かつて手術は不可能と思われていた島回、視床、言語領域、運動領域への手術にも積極的に取り組んでいます。 脳腫瘍のサイズや位置、症状、患者さんの年齢や職業、環境など複数の要素を検討した上で、治療方針を決...
    <グレード2> 可能な限り再手術にて腫瘍の最大限摘出を行います。MRI T2強調画像で90%以上の摘出ができ、かつ再手術の病理診断がグレード2の場合は、上記初発時の治療方針に従います。 MRI T2強調画像で90%未満の摘出の場合 → 化学療法(テモゾロマイド、初期治療で化学療法を行わなかった場合はACNU)+放射線治療(初期治療で行っていない場合)
    <グレード3,4> 再手術が可能な場合は、手術による最大限摘出を行い、術中光線力学的療法(PDT)を併用します(適応のある症例は限られます)。術後の後療法に関しては、患者さんの再発前の治療内容をふまえ、化学療法(テモゾロミド、ACNU)や分子標的治療(ベバシズマブ)、免疫療法(自家腫瘍ワクチン)や定位放射線治療など様々な治療を行います。 * 自家腫瘍ワクチン・光線力学的療法ともに治療の対象と...

    集学的治療によりグリオーマの成績は改善しています。しかし悪性度の高いグレード4での長期生存は得られておりません。またグレード2や3であっても悪性化を伴って再発した場合は治療の選択肢が限られます。これらを少しでも改善するために、新規治療方法に積極的に取り組んでいます。当科では新しい術中放射線治療装置、ナチュラルキラー細胞(免疫細胞)による局所免疫療法、テモゾロマイドを用いた国内臨床治験等、多数の神経膠腫に対する新規治療開拓を行っています。 現在、当施設で施行している臨床試験は以下に紹介します。なお詳細な内容はUMIN試験IDを用いてUMINホームページからも検索可能です。

  4. 東京女子医科大学 総合診療・総合内科学分野、東京女子医科大学病院 総合診療科のスタッフ紹介 当教室・当科のご案内 東京女子医科大学 総合診療・総合内科学分野、東京女子医科大学病院 総合診療科についてのご紹介です

  5. 医学部からのお知らせ 2024年03月29日 本学関係者の皆様へ 2024年01月29日 学校推薦型選抜「至誠と愛」推薦の変更について 2024年01月11日 令和6年能登半島地震により被災された受験生の皆様へ 2023年12月01日 令和6年度学校推薦型選抜(一般推薦、「至誠と愛」推薦)における出題ミスについて

  6. 概要. 総合内科(循環器内科、消化器科、神経内科、呼吸器科、腎臓内科、膠原病内科、糖尿病科、血液内科、心療内科、老年病内科等の各科専門医を含みます). 各専門医がそろった総合内科形式であり、専門領域を超えて単一の科で診療を行っているため ...