Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 蔡伯府老婆外遇 相關
    廣告
  1. 蔣介石 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 蒋介石

    蔣介石は上海で知り合った二番目の夫人である姚治誠とフランス租界で潜伏生活を送った。蔣は酒もたばこも嗜まないストイックな人物とされるが [21]、この時期の蔣は地下活動にも似た厳しさから酒色に溺れることもあったという [22]。

  2. 蔣経国 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 蒋経国

    蔣経国は1910年4月27日(旧暦3月18日)、浙江省 奉化県渓口鎮に、蔣介石、毛福梅夫婦の長男として生まれた。父の蔣介石は22歳、母の毛福梅は27歳であった [1]。 蔣経国の一族は代々食料、塩、酒類を商う商人であったが、太平天国の乱に巻き込まれていったん家財を ...

  3. 仲村トオル - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 仲村トオル
    • 来歴
    • エピソード
    • 受賞
    • 出演作品
    • 写真集
    • 外部リンク

    東京都大田区に生まれ、0歳から3歳まで大阪府寝屋川市で育ち、幼稚園に入る前に神奈川県川崎市に転居。小学校3年から千葉県流山市で育つ。 専修大学松戸高等学校、専修大学文学部卒業。 専修大学文学部在学中の1985年に『ヤングマガジン』に連載されていた漫画『ビー・バップ・ハイスクール』の映画化に際し公募された主演オーディションに応募し合格、映画主演デビューでの芸能界入りを果たす。主役キャラクター“中間徹”と本名が似ていたこともオーディション合格の一因となったことが、後に『ヤングマガジン』の編集者によって語られている。決定的となったのは、原作者のきうちかずひろが「自分がおもい描く“中間徹”にイメージがピッタリ」と言ったこと。このオーディションについて本人は、「本物のツッパリの人もたくさん来ていて、僕みたいな普通の大学生みたいなのがいると目線が怖かったですよ、帰りに因縁つけられそうになったり」と後にラジオ番組で語っている。 『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズ、刑事ドラマ『あぶない刑事』と人気となった作品に立て続けに「トオル」役で出演したことで、広い世代に顔と名前が浸透し、人気を得た。 1988年公開の映画『ラブ・ストーリーを君に』では主人公(後藤久美子)の元家庭教師(大学山岳部員)・明を演じた。 以後多数のドラマ・CM・映画に出演。また、日本のODAを紹介する『仲村トオルの地球サポーター』の司会を担当した。

    憧れの俳優は松田優作。松田は仲村の所属事務所だったセントラル・アーツの先輩俳優であり、生前の松田本人も仲村を弟のようにかわいがっていた。松田が癌で他界した際も、仲村は遺体の前で「優作さん、起きてください!早すぎます!」と絶叫しながら泣き崩れたという[注釈 1][注釈 2]。
    『ビー・バップ・ハイスクール』『もっとあぶない刑事』など各シリーズでは喫煙シーンが多数あったが、タバコは苦手で、あくまで役のために吸っていた。
    歌が苦手であることを自認している。1986年には映画『ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌』の挿入歌『ビー・バップ・パラダイス』を歌うビー・バップ・少年少女合唱団のメンバーとしてレコードデビュー。1987年には映画『新宿純愛物語』で共演した一条寺美奈とデュエット曲、同年12月に映画『ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲』の主題歌『It's All Right』でソロデビューして...
    『劔岳 点の記』の撮影時、「クレバスに落ちるシーンを自分でやらせてほしいとスタッフに懇願したというエピソードがある」と、多賀谷治が明かした。
    1987年 - 第10回日本アカデミー賞新人賞(『ビー・バップ・ハイスクール』)
    1987年 - 第41回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞(『ビー・バップ・ハイスクール』)
    1987年 - 第8回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞(『ビー・バップ・ハイスクール』)
    1988年 - エランドール賞新人賞

    テレビドラマ

    1. あぶない刑事シリーズ(1986年 - 1998年、NTV) - 町田透(刑事) 1.1. あぶない刑事(1986年10月5日 - 1987年9月27日) 1.2. もっとあぶない刑事(1988年10月7日 - 1989年3月31日) 1.3. あぶない刑事フォーエヴァー TVスペシャル'98(1998年8月28日) 2. なんて素敵にジャパネスク(1986年12月27日、NTV) - 鷹男の帝 3. あきれた刑事「第1話 悪人志願」(1987年10月21日、NTV) - 本人 役 4. 家光と彦左と一心太助〜天下の一大事〜(1989年1月3日、ANB、新春時代劇スペシャル) - 主演 5. 勝手にしやがれヘイ!ブラザー(1989年10月13日 - 1990年3月23日、NTV) - 北村則規 6. ゴリラ・警視庁捜査第8班第1話 - 第16話(1989年4月2日 - 9月、ANB) - 中田透(神奈川県警刑事) 7. 新吾十番勝負(1990年1月3日、ANB) - むささびの源太 8. 新春大型時代劇 戦国乱世の暴れん坊 斎藤道三 怒濤の天下取り(1991年、ANB) -...

    映画

    1. ビー・バップ・ハイスクールシリーズ(1985年 - 1988年、東映、【W主演:清水宏次朗】) - 主演・中間徹 役※デビュー作 1.1. ビー・バップ・ハイスクール(1985年12月14日公開) 1.2. ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌(1986年8月9日公開) 1.3. ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎行進曲(1987年3月21日公開) 1.4. ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲(1987年12月12日公開) 1.5. ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎音頭(1988年8月6日公開、単独主演) 1.6. ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎完結篇(1988年12月17日公開) 2. 紳士同盟(1986年、東映) - 豊川淳 役 3. シャコタン☆ブギ(1987年、東映) - 白いゴルフの男 役 4. 新宿純愛物語(1987年7月4日公開、東映) - 主演・一条寺文磨 役 5. あぶない刑事シリーズ(1987年 - 2016年、東映) - 町田透刑事 役 5.1. あぶない刑事(1987年12月12日公開) 5.2. またまたあぶない刑...

    オリジナルビデオ

    1. 狙撃 THE SHOOTISTシリーズ(1989年、東映Vシネマ) 2. ニューヨークUコップ(1993年、東映Vシネマ) 3. 神様のい・う・と・お・り(1994年、明治生命オリジナルビデオ) 4. 迅雷 組長の身代金(1996年、東映Vシネマ)

    要注意写真編 トオルがトオル(1986年8月1日、東映株式会社)
    新宿純愛物語(1987年7月20日、講談社・スコラ)
    悲しい色やねん(1988年)
    BLUE SPRING BLUE
    仲村トオル - NHK人物録
    仲村トオル:出演配信番組 - TVer
  4. 爵位 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 爵号

    爵位(しゃくい)、(仏語:titre de noblesse、英語: Royal and noble ranks、Title )とは主に古代から中世にかけての国家や現代における君主制に基づく国家において、貴族の血統による世襲または国家功労者への恩賞に基づき授与される栄誉称号のことである [注 ...

  5. 中国の書家一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 中国の書家一覧
    • 三代
    • 三国
    • 六朝
    • 宋・遼・金
    • 出典・参考文献
    • 関連項目

    1. 史籀(し ちゅう、生没年不詳) 1.1. 一説に、宣王時代の太史官で、また、秦代の人との説もある。史籀の「史」は、史官の意と姓の意と両説ある。字書『史籀篇』15篇を著したとされる。

    西晋

    1. 索靖(さく せい、239年 - 303年) 1.1. 西晋の政治家。字は幼安。敦煌郡龍勒県の人。張芝の姉の孫。草書をよくし、衛瓘と並び称され、特に章草に優れた。その書法は韋誕から出た。書跡には『月儀帖』や『出師頌』(すいししょう)などがある。 2. 衛恒(えい こう、252年 - 291年) 2.1. 字は巨山。衛瓘の子。楷書に飛白の筆意を含む散隷という書を作った。張芝を学び、古文・章草・草書・隷書・楷書をよくし、書論『四体筆勢』を著した。『四体筆勢』には、古文・篆書・隷書・草書の四書体について、その起源などを記している。従妹に衛鑠がいる。

    東晋

    1. 衛鑠(えい しゃく、272年 - 349年) 1.1. 字は茂猗(もい)。通称は衛夫人。衛恒の従妹で、汝陰郡太守李矩の妻。書を鍾繇ないし蔡琰に学び、楷書・行書・篆書・隷書の各体をよくした。王羲之の師と伝えられる。 2. 王珣(おう じゅん、349年? - 400年?) 2.1. 字は元琳。王洽の長男。書名は当時、弟の王珉の方が高く、王珣の本領は学問にあったといわれる。行草に優れ、書に『伯遠帖』がある。

    木村卜堂 『日本と中国の書史』(日本書作家協会、1971年)
    鈴木翠軒・伊東参州 『新説和漢書道史』(日本習字普及協会、1996年11月)ISBN 978-4-8195-0145-3
    玉村霽山 『中国書道史年表』(二玄社、1998年6月)ISBN 4-544-01241-4
    「中国書道史」(『書道藝術』別巻第3 中央公論社、1977年2月)
    中国の書道史 - 中国の書論 - 集帖
    日本の書家一覧 - 日本の漢字書家一覧 - 日本のかな書家一覧
  6. 楊堅 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 楊堅
    • 生涯
    • 后妃
    • 子女
    • 脚注

    出生

    楊堅は、北周の大将軍の楊忠と呂苦桃のあいだに生まれた。楊氏は漢民族で後漢の楊震の末裔を称し、弘農郡華陰県(現在の陝西省渭南市)を本貫とした。しかし、漢族出身ではなく北方異民族の普六茹氏の子孫という説がある。 『隋書』の「本紀」には、楊堅の誕生に関して以下の話を載せている。楊堅が生まれたのは、541年(大統7年)6月13日、生まれた場所は、馮翊(陝西省大茘県)の般若寺という仏寺であり、幼名は金剛力士をあらわす那羅延であったという。この時代、熱心な仏教信者でなくとも、名前に仏教語を使用するのは一般的なことではあったが、楊堅の場合は乳母役を引き受けて養育したのが智仙という尼僧であったという。このようなことから、楊堅は幼少の頃から仏教に親しみを持っていたものと考えられる。 また、初唐の護法僧法琳の『弁正論』によると、その般若寺は北周武帝の廃仏によって廃毀されたが、楊堅は即位後の585年に出生地を懐かしみ、父母への追善供養の意味も込めて、その場所に後の日本の国分寺に相当する大興国寺を建立し、華麗な荘厳を施された堂塔伽藍を建立したと記している。

    実力をつける楊堅

    楊堅は、14歳のとき、京兆尹の薛善に召されて功曹となった。15歳で父の功績により散騎常侍・車騎大将軍・儀同三司となり、成紀県公に封じられた。16歳で驃騎大将軍に転じ、開府儀同三司の位を受けた。北周の明帝が即位すると、右小宮伯となり、大興郡公に進んだ。武帝が即位すると、左小宮伯に転じ、隋州刺史として出向し、位は大将軍に進んだ。父の楊忠の死後、隋国公の爵位を嗣いだ。 北斉の平定にも戦功を挙げ、位は柱国に進み、定州総管に任ぜられた。のちに亳州総管に転じた。 578年、楊堅は長女の楊麗華を北周の宣帝の皇后として立てさせ、自身は上柱国・大司馬となって権力を振るった。579年、大後丞・右司武となり、大前疑に転じた。580年5月、揚州総管となるが、宣帝が死去したため、楊堅は静帝の下で左大丞相となり、北周の実権を掌握した。6月以降、尉遅迥・司馬消難・王謙らに反乱を起こされたが、楊堅はこれを武力で鎮圧した。9月には大丞相となり、12月には相国・総百揆・都督内外諸軍事・隋王に上った。翌581年2月、静帝から禅譲させて皇帝に即位し、隋王朝を開いた。後には静帝を初めとする北周の皇族の宇文氏一門を皆殺しにした。

    皇帝として

    楊堅は大興城(後に長安)を都として定めた。そして587年には後梁を、589年には陳を滅ぼして、西晋滅亡以来約300年にわたり乱れ続けてきた中国全土を統一することに成功した。598年には高句麗に対し第1次高句麗遠征を行った。 楊堅は内政にも力を注いだ。まず、開皇律令を公布、中央官制を三省六部に整え、さらに地方に対しては郡を廃して州・県を設置した。また、官僚の登用においても九品中正法を廃止し、新たに科挙制度を設けた。さらに貨幣の統一、府兵制や均田制などの新制度を設けるなど、中央集権体制を磐石なものとした。また、仏教の興隆にも尽力し、その仏教を重視した政策は、仏教治国策とまで称せられた。

    皇后 独孤伽羅
    宣華夫人陳氏(陳の後主の妹)
    弘政夫人陳氏(陳の後主の妹)
    容華夫人蔡氏

    男子

    1. 廃太子 楊勇(房陵王) 2. 晋王 楊広(煬帝) 3. 秦王 楊俊 4. 蜀王 楊秀(庶民に落とされた) 5. 漢王 楊諒(庶民に落とされた)

    女子

    1. 楽平公主 楊麗華(北周の宣帝の皇后) 2. 襄国公主(李綸の子の李長雅の妻) 3. 広平公主(宇文慶の子の宇文静礼の妻) 4. 蘭陵公主 楊阿五(柳述の妻)

    ^ アーサー・F・ライト『隋代史』法律文化社、1982年11月、64頁。「隋朝の創業者である楊堅は、黄河平原の西端近く(弘農郡華陰県=陝西省渭南地区華陰県)に本貫のある古い名族に生まれた。その祖先は六代のあいだ、北朝の非漢族諸王朝のもとで官人となり、支配階級であるテュルク・モンゴル(鮮卑)エリートの一族との通婚によってその権力と地位を維持してきた。楊堅の父である楊忠は、最初、北魏に仕えていた...
    ^ 姚薇元『北朝胡姓考(修訂本)』(中華書局、2007年)P72-73は、楊氏(普六茹氏)は雁門茹氏、つまりは茹茹(蠕蠕、柔然)の後裔とみる。
    ^ 『文藝春秋SPECIAL』2016年7月号、文藝春秋社、p205楊海英「たとえば、六世紀の終わり、三百年ぶりにシナ地域を統一した隋は北方遊牧民のひとつ、鮮卑系の王朝だった。それが漢人編纂の後の史書では、後漢の名臣、楊震の子孫であると漢化されて伝えられてきたのである」
    ^ 『文藝春秋SPECIAL』2016年7月号、文藝春秋社、p67岡田英弘「この隋も鮮卑族の国ですから、シナは完全にアルタイ化してしまうわけです」「隋、唐ともの鮮卑人のつくった王朝です」
  7. 粛慎 (中国) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 粛慎氏

    粛慎(しゅくしん、拼音:Sùshèn)は、満州(中国東北地方及び外満州)に住んでいたとされる狩猟民族。また、後にこの民族が住んでいた地域の名称ともなった。粛慎という呼び名は中国の周代・春秋戦国時代の華北を中心とする東アジア都市文化圏の人々(後に漢民族 ...

  8. 中国の書論 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 碑学

    中国の書論(ちゅうごくのしょろん)では、中国における書論の概要と歴史を記す。 概説 書論の範囲はかなり広く、書について論じたものすべてを含むが、書体論・書法論・書学論・書品論の4つが主たる部門とされる。また、文字論・書評論・書人伝・書史などの部門も ...

  9. セウニデイ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › セウニデイ
    • 概要
    • タンマチ「五部将」
    • 参考文献

    セウニデイがどのような経緯を経てモンゴル帝国に仕えるようになったかは不明であるが、忠義・武勇を以てチンギス・カンに取り立てられるようになったという。1206年にモンゴル帝国が建国されると、チンギス・カンは麾下の遊牧民を全てミンガン(千人隊)に再編成し、右翼軍をアルラト部のボオルチュに、左翼軍をジャライル部のムカリに統轄させていた。ある時、チンギス・カンはセウニデイに「汝はボオルチュとムカリ、どちらの麾下に属して我が為に力を尽くしたいと願うか?」と尋ねたところ、セウニデイは「願わくばムカリの左翼軍に属さん」と答えたため、セウニデイはムカリ軍に配属されたという。 第一次金朝遠征においてチンギス・カンは金朝領の各地で金軍を破り、掠奪をはたらき、モンゴル帝国に有利な形で講和を結んで一度引き上げたが、金朝方面に駐屯するモンゴル軍の指揮権は「四駿」の一人ムカリに委ねられた。ムカリの配下にはコンギラト部・イキレス部・マングト部・ウルウト部ら帝国左翼の有力部族と漢人・契丹人・女真人ら現地徴発兵が集められ、この軍勢の「先鋒/前鋒」として抜擢されたのがココ・ブカ、ボロト、セウニデイ、ブルガイ・バートル、アルチャルら「五部将」であった。 1225年(乙酉/正大2年)、一度モンゴルに投降した金朝の武将武仙が史天倪を殺害して真定で叛乱を起こすという事件が起こり、武仙討伐のため援軍を要請した史天倪の弟史天沢の下に派遣されたのがセウニデイであった。史天沢と合流したセウニデイは武仙の派遣した武将・葛鉄槍を撃退し、武仙の支配下にあった中山府を攻略したため、武仙は一度真定を放棄して逃れた。しかし、武仙は真定の民と密かに連絡を取って奇襲をかけ、内応者の手によって南門が開かれた真定は再び武仙軍の支配下に落ち、セウニデイと史天沢は一旦逃れたが、その後再び軍勢を結集してもう真定を再攻略した。真定の再攻略後、モンゴル兵は真定住民の裏切りに怒り皆殺しにしようとしたが、セウニデイは「ここで住民を皆殺しにすれば、他の城市の攻略を困難にしてしまうだろう」と述べてこれを止めたという。 真定の戦いの後、セウニデイは逃亡中の武仙の弟を紫荊関で捕縛して斬首とし、その妻子を捕虜とした。その後、太原・大名を転戦したセウニデイは東平の攻略に加わり、安撫王立剛率いる軍勢を破り東平の攻略に大きく貢献した。 チンギス・カンの死後、オ...

    萩原淳平「木華黎王国下の探馬赤軍について」『東洋史研究』36号、1977年
    松田孝一「宋元軍制史上の探馬赤(タンマチ)問題 」『宋元時代史の基本問題』汲古書院、1996年
    宮紀子『モンゴル時代の「知」の東西』名古屋大学出版会、2018年
    『元史』巻120列伝7
  10. 巫蠱の禍 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 巫蠱の乱
    • 経過
    • 結果
    • 後日
    • 参考文献

    征和元年(紀元前92年)夏、武帝が建章宮にいた際、一人の男が帯剣して中竜華門に入るのを見た。武帝は男を異人ではないかと疑ってこれを捕えるよう命じたが、男は剣を捨てて逃げ、捕えることができなかった。武帝は怒って門候(城門の役人)を処刑した。冬11月、三輔の騎士を動員して上林苑を捜索した。捜索のために長安の城門も閉じられ、11日後にようやく解かれた。この頃、巫蠱の禍が始まった。 公孫賀は夫人が皇后・衛子夫の姉であったために重用され、太僕を経て丞相に引き立てられていた。子の公孫敬声は父に代わって太僕となったが、皇后の甥であることを笠に着て驕奢の振る舞いが多く、北軍の軍費を横領したことが発覚して投獄された。公孫賀は、陽陵の大侠客として知られた朱安世という者を捕え、それと引き換えに公孫敬声の罪を除こうとした。ところが捕えられた朱安世は「丞相の災いは皇族にまで及ぶぞ。南山の竹を全て使っても俺の自白を書き留めるのに足らず、斜谷の木を全て使っても俺の手かせ足かせを作るのに足らないだろうよ」と笑った。そして獄中から、公孫敬声が陽石公主(武帝の娘)と密通していること、甘泉宮(離宮)への道に偶人を埋めて武帝を呪っていることを告発したのである。 征和2年春正月、公孫賀も投獄されて公孫敬声とともに獄死、一族はみな誅せられた。代わって中山靖王の子で涿郡太守の劉屈氂が丞相を拝命した。夏閏4月には武帝の娘である諸邑公主と陽石公主、衛皇后の甥で衛青の子である長平侯衛伉が誅せられた。その頃、武帝は甘泉宮へ行幸した。武帝が甘泉宮で病床に臥せっていることを知った江充は、衛皇后や衛皇后の子・劉拠(衛太子)に憎まれていたことから老齢の武帝が崩御した後に誅せられるのを恐れ、皇帝の病は巫蠱によるものと奏上し、巫蠱の摘発を命ぜられる。江充は胡巫を率い、地面を掘り返して偶人を捜索し、呪い師の類いを捕えては証拠をでっちあげ、拷問にかけて自白させた。人々はお互いに巫蠱の罪で誣告しあい、連座して死ぬ者は数万人に及んだという。 年老いた武帝は左右の臣下がみな巫蠱により自分を呪っているのではないかと疑い、その事実の有無にかかわらずあえて冤罪を訴えようとする者もいなかった。江充はこれに付け入り、宮中の蠱気を除かねば武帝の快癒はないと胡巫の檀何という者に言上させ、按道侯韓説、御史の章贛、黄門侍郎の蘇文らとともに宮中を捜索した...

    劉拠が敗退した後、衛皇后のもとへ宗正の劉長楽と執金吾の劉敢が遣わされ、衛皇后は自殺した。遺体は小さな棺に納めて長安の南の桐柏に葬られた。衛氏もまたことごとく誅せられた。劉拠には3男1女があったが、この事件でみな死んだ。太子良娣(妃に次ぐ地位にある妻)の史氏は衛皇后とともに桐柏に葬られた。劉拠と史氏の子・劉進(史皇孫)はその夫人王氏や娘とともに広明に葬られ、劉進の弟2人は劉拠とともに湖県に葬られた。劉進と王氏の子である劉病已(後の宣帝)のみは生後間もなかったため殺されずに済んだ。 賓客として太子宮に出入りしていた者は誅せられ、劉拠とともに戦った者は族誅、劉拠に心ならずも従った者は敦煌郡に移された。劉屈氂は太子を見逃した田仁を処刑しようとしたが、御史大夫の暴勝之は武帝の裁可を得ないうちに田仁を処刑することへ反対した。武帝はこれを知って「田仁は司直でありながら謀反人を見逃したのだから、丞相がこれを斬ろうとするのは法に則っている。なぜ御史大夫は勝手に止めたのか」と激怒し、暴勝之は恐れて自殺した。田仁、そして劉拠の節を拝受しながら動かなかったため二心を抱くものとされた任安は、ともに腰斬となった。馬通が如侯を捕えた功により重合侯に、景建が石徳を捕えた功により徳侯に、商丘成が張光を捕えた功により秺侯にそれぞれ列侯された。また、劉拠を追捕した功により李寿が邘侯に、張富昌が題侯に列侯された。

    巫蠱の密告を調べてみるとその多くは冤罪であったので、武帝は劉拠に謀反の意志がなかったことを悟った。征和3年(紀元前90年)秋頃、たまたま高寝郎(高祖劉邦の廟を管理する役)の田千秋という者が上書して劉拠の冤罪を訴えた。これに改めて心を動かされた武帝は召し出した田千秋を直ちに大鴻臚へ任命、数か月後には丞相へ昇格させた。江充の一族は誅せられ、蘇文は横門の橋上で焼き殺された。また、泉鳩里で劉拠に刃を向けた者も北地郡の太守となっていたが、一族みな誅せられた。武帝は無実の劉拠のために湖県に思子宮という宮殿を建て、帰来望思の台を設けた。人々はこれを聞いて涙した。 鎮定に功のあった者たちもほとんどが後元元年(紀元前88年)までになんらかの理由で地位を失った。征和3年には夫人が巫蠱を行ったとして丞相劉屈氂が腰斬、劉屈氂の事件を受けて弐師将軍李広利は匈奴へ降伏し、李広利と関係があった邘侯李寿も誅殺された。後元元年には重合侯馬通がその兄の馬何羅とともに謀反して腰斬となり、徳侯景建も馬通に連座して腰斬、秺侯商丘成は不敬があって自殺、題侯張富昌は何者かに殺害された。 後元2年(紀元前87年)春2月、武帝は病床に臥し、末子である劉弗陵が立太子された。武帝はまもなく病死し、劉弗陵が即位して昭帝となる。昭帝の在世中である始元5年(紀元前82年)、長安に劉拠を自称する男が現れた。男が今は亡き劉拠にあまりにも似ているため群臣は何も言い出せなかったが、京兆尹の雋不疑はすぐさま男を捕えさせた。調べてみると実際には夏陽県に生まれて湖県で占い師をしている張延年あるいは成方遂という者であり、男は腰斬となった。 その後曲折を経て、劉進の子つまり劉拠の孫である劉病已が即位して宣帝となったのは、実に巫蠱の禍から20年近くを経た元平元年(紀元前74年)のことである。宣帝は即位後、自らの祖父母や父母の汚名を雪ぎ、劉拠には戾、劉進には悼を諡して、みな改葬した。

    司馬遷『史記』
    班固『漢書』
    司馬光『資治通鑑』
    藤田忠 (2003), “巫蠱の事件について──「前漢の巫者」の補訂──”, 国士舘大学文学部人文学会紀要 (国士舘大学文学部人文学会) 36: 27-40, http://id.nii.ac.jp/1410/00006681/ 2019年8月21日閲覧。
  1. 蔡伯府老婆外遇 相關
    廣告