Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 蔡邕 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/蔡ヨウ

    蔡 邕(さい よう、132年または133年 - 192年)は、中国後漢末期の政治家・儒者・書家。字は伯喈(はくかい)。兗州陳留郡圉県の人。蔡叔度の子孫。父は蔡棱。娘は蔡琰。従弟は蔡谷。叔父は蔡質。外孫は羊徽瑜(西晋の景献皇后)・羊祜。

  2. 蔡琰 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/蔡エン
    • 生涯
    • その他
    • 脚注

    南朝宋の范曄編纂の『後漢書』列女伝は次のように記す。蔡琰は河東郡の衛仲道の妻となるが、早くに先立たれたため婚家に留まらず実家に帰った。興平年間(194年-195年)、董卓の残党によって乱が起こると、蔡琰は匈奴の騎馬兵に拉致され、南匈奴の劉豹に側室として留め置かれた。匈奴に12年住む間に劉豹の子を2人をもうけた。建安12年(207年)、父と親交のあった曹操は蔡邕の後継ぎがいないことを惜しみ、匈奴に金や宝玉を支払って蔡琰を帰国させた。帰国時に実の子を匈奴に残しており、子との別離に際しの苦痛を詩を述べた。帰国後、曹操の配慮で同郷出身の屯田都尉董祀に嫁いだ。その董祀が法を犯し死罪になるところであったが、蔡琰は曹操を説得して処刑を取り止めさせた。のちに曹操の要求で失われた父の蔵書400編余りを復元した際、誤字脱字は一字もなかった。

    陝西省西安市藍田県三里鎮蔡王村に陵墓がある。省級文物保護単位。1991年には付近に記念館が建てられた。 蔡琰の著作には自らの波乱の人生を綴った『胡笳十八拍』と『悲憤詩』の2首が伝わる。一説に『胡笳十八拍』は後世の詩人が蔡琰に仮託してできた産物だという。なお『胡笳十八拍』の楽曲は現代に伝わり、中国十大古典名曲の一つに数えられる。 蔡琰の人生を題材にした作品には、北京の頤和園の長廊に描かれた『文姫帰漢図』がある。他に蔡琰を主人公とした戯曲が多数作られており、元の金志甫の『蔡琰還漢』や明の陳与郊の『文姫入塞』、曹雪芹の祖父曹寅の『続琵琶』、郭沫若の『蔡文姫』などがある。 金星には彼女の名がついたクレーター(Cai Wenji、蔡文姫) がある。

    ^ 魏丁廙作『蔡伯喈女賦』では婚姻時16歳、明張瑞図編『日記故事大全』巻2では15歳
    ^ 『晋書』劉元海載記に「於扶羅死,弟呼廚泉立,以於扶羅子豹為左賢王,即元海之父也。」とあるが、『三国志』鄧艾伝では劉豹は右賢王と記されている。『後漢書』列女伝では「興平中,天下喪亂,文姬為胡騎所獲,沒於南匈奴左賢王,在胡中十二年,生二子。」と書かれているのみで、この左賢王が必ずしも劉豹を指しているとは限らない。
    ^ 『晋書』巻34羊祜伝には夏侯覇が嘉平元年(249年)に亡命した後、母と羊発が亡くなったと記載
  3. 仲村トオル - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/仲村トオル
    • 来歴
    • エピソード
    • 受賞
    • 出演作品
    • 作品
    • 外部リンク

    東京都大田区に生まれ、0歳から3歳まで大阪府寝屋川市で育ち、幼稚園に入る前に神奈川県川崎市に転居。小学校3年から千葉県流山市で育つ。 専修大学松戸高等学校、専修大学文学部卒業。 専修大学文学部在学中の1985年に『ヤングマガジン』に連載されていた漫画『ビー・バップ・ハイスクール』の映画化に際し公募された主演オーディションに応募し合格、映画主演デビューでの芸能界入りを果たす。主役キャラクター“中間徹”と本名が似ていたこともオーディション合格の一因となったことが、後に『ヤングマガジン』の編集者によって語られている。決定的となったのは、原作者のきうちかずひろが「自分がおもい描く“中間徹”にイメージがピッタリ」と言ったこと。このオーディションについて本人は、「本物のツッパリの人もたくさん来ていて、僕みたいな普通の大学生みたいなのがいると目線が怖かったですよ、帰りに因縁つけられそうになったり」と後にラジオ番組で語っている。 『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズ、刑事ドラマ『あぶない刑事』と人気となった作品に立て続けに「トオル」役で出演したことで、広い世代に顔と名前が浸透し、人気を得た。 1988年公開の映画『ラブ・ストーリーを君に』では主人公(後藤久美子)の元家庭教師(大学山岳部員)・明を演じた。 以後多数のドラマ・CM・映画に出演。また、日本のODAを紹介する『仲村トオルの地球サポーター』の司会を担当した。

    憧れの俳優は松田優作。松田は仲村の所属事務所だったセントラル・アーツの先輩俳優であり、生前の松田本人も仲村を弟のようにかわいがっていた。松田が癌で他界した際も、仲村は遺体の前で「優作さん、起きてください!早すぎます!」と絶叫しながら泣き崩れたという[注釈 1][注釈 2]。
    『ビー・バップ・ハイスクール』『もっとあぶない刑事』など各シリーズでは喫煙シーンが多数あったが、タバコは苦手で、あくまで役のために吸っていた。
    歌が苦手であることを自認している。1986年には映画「ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌」の挿入歌「ビー・バップ・パラダイス」を歌うビー・バップ・少年少女合唱団のメンバーとしてレコードデビュー。1987年には映画「新宿純愛物語」で共演した一条寺美奈とデュエット曲、同年12月に映画「ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲」の主題歌「It's All Right」でソロデビューして...
    『劔岳 点の記』の撮影時、「クレバスに落ちるシーンを自分でやらせてほしいとスタッフに懇願したというエピソードがある」と、多賀谷治が明かした。
    1987年 - 第10回日本アカデミー賞新人賞(『ビー・バップ・ハイスクール』)
    1987年 - 第41回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞(『ビー・バップ・ハイスクール』)
    1987年 - 第8回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞(『ビー・バップ・ハイスクール』)
    1988年 - エランドール賞新人賞

    テレビドラマ

    1. あぶない刑事シリーズ(1986年 - 1998年、NTV) - 町田透(刑事) 1.1. あぶない刑事(1986年10月5日 - 1987年9月27日) 1.2. もっとあぶない刑事(1988年10月7日 - 1989年3月31日) 1.3. あぶない刑事フォーエヴァー TVスペシャル'98(1998年8月28日) 2. なんて素敵にジャパネスク(1986年12月27日、NTV) - 鷹男の帝 3. あきれた刑事「第1話 悪人志願」(1987年10月21日、NTV) - 本人 役 4. 家光と彦左と一心太助〜天下の一大事〜(1989年1月3日、ANB、新春時代劇スペシャル) - 主演 5. 勝手にしやがれヘイ!ブラザー(1989年10月13日 - 1990年3月23日、NTV) - 北村則規 6. ゴリラ・警視庁捜査第8班第1話 - 第16話(1989年4月2日 - 9月、ANB) - 中田透(神奈川県警刑事) 7. 新吾十番勝負(1990年1月3日、ANB) - むささびの源太 8. 新春大型時代劇 戦国乱世の暴れん坊 斎藤道三 怒濤の天下取り(1991年、ANB) -...

    映画

    1. ビー・バップ・ハイスクールシリーズ(1985年 - 1988年、東映、【W主演:清水宏次朗】) - 主演・中間徹 役※デビュー作 1.1. ビー・バップ・ハイスクール(1985年12月14日公開) 1.2. ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌(1986年8月9日公開) 1.3. ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎行進曲(1987年3月21日公開) 1.4. ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲(1987年12月12日公開) 1.5. ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎音頭(1988年8月6日公開、単独主演) 1.6. ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎完結篇(1988年12月17日公開) 2. 紳士同盟(1986年、東映) - 豊川淳 役 3. シャコタン☆ブギ(1987年、東映) - 白いゴルフの男 役 4. 新宿純愛物語(1987年7月4日公開、東映) - 主演・一条寺文磨 役 5. あぶない刑事シリーズ(1987年 - 2016年、東映) - 町田透刑事 役 5.1. あぶない刑事(1987年12月12日公開) 5.2. またまたあぶない刑...

    オリジナルビデオ

    1. 狙撃 THE SHOOTISTシリーズ(1989年、東映Vシネマ) 2. ニューヨークUコップ(1993年、東映Vシネマ) 3. 神様のい・う・と・お・り(1994年、明治生命オリジナルビデオ) 4. 迅雷 組長の身代金(1996年、東映Vシネマ)

    その他CD

    1. ビー・バップ・パラダイス(ビー・バップ・少年少女合唱団) 2. ビー・バップ・シンドローム(ビー・バップ・少年少女合唱団) 3. ビー・バップ・ハイスクール 〜高校与太郎行進曲〜(CDアルバム、32XL205) 4. ビー・バップ・ハイスクール 〜高校与太郎狂騒曲〜(CDアルバム、33CA2120) 5. RUNNING SHOT 柴田恭兵 feat.T.NAKAMURA,SENRI KAWAGUCHI & SHIGEO NAKA(2015年12月「さらばあぶない刑事オリジナルサウンドトラック」収録、BVCL-689)

    写真集

    1. 要注意写真編 トオルがトオル(1986年8月1日、東映株式会社) 2. 新宿純愛物語(1987年7月20日、講談社・スコラ) 3. 悲しい色やねん(1988年) 4. BLUE SPRING BLUE

  4. 真平王 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/真平王
    • 治世
    • 家族
    • 脚注
    • 参考文献

    真興王以来の領域の拡大に合わせるように、国内統治の精度を高めるために中央官制を整えることに努めた。後代にまで続く主要な官府として、位和府(後の吏部。人事)、船府署(航海)、調府(貢賦)、乗府(王の行幸)、礼部(儀礼教育)、領客府(外交)などが真平王の時代に初めて設置されたものである。また、宮廷内庶務を司る三宮(大宮、梁宮、沙梁宮)を設けてそれぞれに私臣を配置し、後には独りで三宮を統括させるように改めた。三宮を統括する私臣を内省私臣と称したことが、のちの内省(宮廷庶務)の始まりとされる。 官制を整える間にも智明・円光・曇育らの僧を陳や隋に派遣して仏法を修めさせるとともに、また度々の朝貢を行なって隋に接近した。これにより、隋からは594年に<上開府・楽浪郡公・新羅王>に冊封されている。 半島内では防戦状態が続いたが、602年8月の百済との阿莫城(全羅北道南原市)での会戦では百済を大敗させ、603年8月に高句麗が北漢山城(ソウル特別市)に侵入した際には、親征して高句麗を撃退した。しかし608年2月・8月には高句麗の侵入により牛鳴山城(江原道安辺郡瑞谷面)を陥落させられてもいる。この前後で隋から帰国した僧の円光に命じ、隋に高句麗討伐を求める上表文を書かせ、611年に提出したことが伝えられている。『隋書』にはこの上表のことは記されてはいないが、上表の直後の612年には未曾有の大軍による隋の高句麗遠征が引き起こされることとなった。 隋の高句麗遠征が止んだ後は、百済とは椵岑城(忠清北道槐山郡)・母山城(忠清北道鎮川郡)付近で激しく戦って幾つもの城を失い、また城主を戦死させられるなど敗戦が続いた。唐へ働きかけてこうした劣勢を巻き返そうとする努力を続け、624年には唐より<柱国・楽浪郡公・新羅王>に冊封され、625年には高句麗の無道を訴え出た。しかしながら唐からは高句麗との和解を勧められるばかりであって、積極的な支援を得られたわけではなかった。626年には高句麗と百済とが和解してともに新羅に当たる状況となり、三国間での新羅の劣勢はいよいよ深刻なものとなった。629年には高句麗と娘臂城(忠清北道清州市)で戦い、初陣となる副将金庾信(『三国史記』によれば、黄帝の子の少昊金天氏の子孫[註釈 1])の活躍で同城を陥落させる勝利を得て、この後637年までは三国間に大きな戦いはなく過ごされ...

    父:銅輪太子
    母:萬呼太后 金氏
    叔父:真智王第25代国王。父の弟。
    王妃:摩耶夫人 金氏
    ^ ただし、『新唐書』や『資治通鑑』には631年(貞観5年)の死去と伝わる。『三国史記』には、古記により632年の死去とする、との分注が添えられている。
    『三国史記』第1巻 金富軾撰 井上秀雄訳注、平凡社〈東洋文庫372〉、1980 ISBN 4-582-80372-5
    『三国史記』第3巻 金富軾撰 井上秀雄訳注、平凡社〈東洋文庫454〉、1986 ISBN 4-582-80454-3
    『三国遺事』坪井九馬三・日下寛校訂<文科大学史誌叢書>東京、1904(国立国会図書館 近代デジタルライブラリー)
    『朝鮮史』 武田幸男編、山川出版社<新版世界各国史2>、2000 ISBN 4-634-41320-5
  5. 大宝 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/大宝

    大宝 (蔡伯貫):明代に蔡伯貫が使用した元号(1565年)。 地名 大宝 (下妻市) : 茨城県 下妻市(だいほう) - 真壁郡 下妻荘大宝村、茨城県大宝村大宝。大宝沼、大宝城 [1]、大宝八幡宮、大宝駅の所在地。 大字北大宝(もとの北大宝村) 関城・大宝城の戦い ...

  6. 蔡氏儀間殿内 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/蔡氏儀間殿内

    蔡氏 儀間殿内(さいうじ ぎまどぅんち)は、蔡崇(さいすう)を元祖とする琉球王国の士族(久米氏族)。 12世・蔡壎より小禄間切(現・那覇市小禄)儀間村の脇地頭職を務めた。 1世・蔡崇は、福建省泉州府南安県の出身。家譜によると、宋の書家として有名な蔡襄の ...

  7. 蔡温 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/蔡温
    • 人物
    • 政策
    • 脚注
    • 参考文献
    • 関連項目

    実学を重んじ、物事を現実的にとらえ、自ら行動する政治家であった。特に山林の保全や河川改修において現地に赴き自ら指揮を執ることが多かった。著作として『客間録』、『家言録』、『一言録』、『簔翁片言』、『図治要伝』、『治家捷径』、『居家必覧』、『醒夢要論』、『実学真秘』、『要務秘編』などがあり『澹園全集』と呼ばれる。他にも『山林真秘』、『御教条』、『家内物語』、『独物語』、『林政八書』、『農務帳』、『自叙伝』などがある。しかしながら多くの書物は沖縄戦によって失われている。 3回の結婚歴があり、初婚は蔡氏渡久地親雲上政包の娘の思戸金(オミトガニ)であったとされる。2回目は泊村相氏上運天筑登之親雲上英章の娘の真如姑樽(マニクダル)であったが死別している。3回目は首里向氏前川親方朝年の娘で蔡温23歳の年に結婚している。好物は魚のカステラ、イチムイ(魚の刺身盛り合わせ)、牛肉などであった。夜中でも思いついたことを書き留められるよう、寝室に行灯と筆記用具を常備していた。

    当時の琉球王国は薩摩藩の支配により停滞状況にあったが、蔡温は薩摩藩に従う利点を説き、現実的に対応するよう指導した。主君である尚敬王に対して「清との付き合いは難しくないが、薩摩藩との付き合いには十分な配慮が必要」と忠言している。内政では羽地朝秀の改革を継承し、のちの琉球王国の方向性を定めた。 農業政策 1. 田と畑の転換を禁じ、また傾斜地の開墾を制限する一方で、農民に耕地の永久耕作権を与えて農地の地力保護をはかったり、農業用水路の整備を進めたりした。村や間切の境界を明確にし土地所有をはっきりさせ、旱魃や暴風に対する食糧備蓄制度を充実させた。また、農民を組合に所属させ納税の連帯責任を負わせることで農民同士の協力を促すとともに相互監視による税収の安定化をはかった。この組合組織は後にユヒ組(ユヒマワル、ユイマール)と呼ばれるようになった。しかしながら蔡温以後に有力な後継者が現れず、これらの政策は十分には浸透しなかった。 林業政策 1. 各島の木材需給状況に鑑み、ある程度の山林を有する島の用材は島内でまかない、山林のない島については沖縄本島中部や北部から供給し、八重山については将来へ向けての予備とする方針を定めた。また、山林と田畑との境界を明確にして管理を強化した。植林を奨励し、海岸部にはアダン、マツ、テリハボクなどからなる潮垣と呼ばれる林、内陸部の要所にはマツなどからなる抱護と呼ばれる林を設けた。さらには森林資源保護のために新しい家や船の建造および薪の利用を制限し、まるまる大木の一本を必要とする「くり舟」(丸木舟)の製造を禁止した。

    伊波普猷、真境名安興 『沖縄史の五人』 pp.133-182、琉球新報、1974年(1916年『琉球の五偉人』の復刻版)
    沖縄歴史研究会編 『蔡温選集』 星印刷出版部、1967年
    真栄田義見 『蔡温・伝記と思想』 月刊沖縄社、1976年
  8. フルーツバスケット (漫画) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/フルーツバスケット_(アニメ)

    撮影監督 - 設楽希(2nd第13話まで) [13] [8] [10] →蔡伯崙(2nd第14話以降) [10] 編集 - 肥田文 [13] [8] [10] 音響監督 - 明田川仁 [13] [8] [10]

  9. 蔡洪 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/蔡洪

    生涯 弁論の才があったという。呉に仕えていたが、呉の滅亡後には西晋に仕え、官は松滋県令に至ったという。著作には『清化経』・『囲棋賦』などがある。 世説新語 呉の滅亡後、西晋は天下に人材を求め、蔡洪はそれに応じて洛陽に赴いた。 。洛陽の人々は、蔡洪に ...

  10. 三国志 Three Kingdoms - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/三国志_Three_Kingdoms
    • スタッフ
    • 主題歌
    • 各話タイトルとあらすじ
    • コラボレーション
    • DVD
    • Blu-ray Disc
    • CD
    • 書籍
    • 外部リンク
    原作:羅貫中
    総監督:高希希(中国語版)
    総顧問:陳家林(中国語版)
    シリーズ構成:朱蘇進

    オープニングテーマ「還我一個太平天下」

    1. 作詞 - 易茗 / 作曲 - 趙季平 / 編曲 - 趙麟 / 歌 - 廖昌永(中国語版)

    エンディングテーマ1「英雄往来天地間」

    1. 作詞 - 易茗 / 作曲 - 趙季平 / 編曲 - 趙麟 / 歌 - 譚晶(中国語版)

    エンディングテーマ2「天地莽蒼蒼」

    1. 作詞 - 易茗 / 作曲 - 趙季平 / 編曲 - 趙麟 / 歌 - 湯燦

    第1部:群雄割拠

    後漢末期、相国として幼い皇帝を操り、暴政を敷く董卓に不満を募らせる侍従。司徒の王允は、若き曹操に七星の剣を託し暗殺を企てるも、あえなく失敗し、曹操は逃亡するところから物語はスタートする。やがて反董卓勢力が結集され、そこには曹操・劉備・孫堅、そして幼き孫権と後の三国時代の英傑が集う。反董卓連合軍はやがて瓦解するも、王允は呂布を計略に嵌め、董卓は惨殺される。しかし王允も漢室の復興はできず、董卓臣下の反撃により死亡。朝廷の権威は完全に失墜し、群雄が乱立する状態となる。曹操は中原制覇を目論み、徐州を攻撃。そこに徐州の援軍として駆けつけたのは劉備であった。曹操を追い払った劉備は徐州を与えられるが、曹操、さらには董卓暗殺後に軍師陳宮を得て放浪する呂布と三つ巴の争いとなる。そんな中、曹操は窮地の皇帝を救うことで皇帝を手中に収める。結局、劉備は曹操と結び、呂布を倒す。呂布・陳宮は処刑される。 1. 第1話「曹操、刀を献ず」 2. 第2話「曹操、亡命す」 3. 第3話「曹操、善人を誤殺す」 4. 第4話「関羽、華雄を斬る」 5. 第5話「三英傑、呂布と戦う」 6. 第6話「孫堅、玉璽を得る」 7....

    第2部:中原逐鹿

    曹操と結んだ劉備は皇帝に謁見し、皇帝の真意は曹操の排除にあることを知る。皇帝から血でしたためられた詔を受けた劉備は、曹操を倒すことを決意し、これと争う。しかし曹操の優れた軍略の前に敗北し、義兄弟関羽・張飛とも離散する。関羽は劉備の家族を守るために曹操の配下に入り、敵将を多く討ち取る。やがて劉備の生存を知った関羽は曹操の同意を得、劉備の元へ向かう。この頃、中原の最大勢力であった袁紹は、曹操を倒すために70万の大軍をもって曹操を攻める。初めは劣勢であった曹操は、優れた軍略と粘り強さで立場を逆転させ、ついに袁紹を破り、中原の覇者となる。劉備は袁紹を助けるも破れ、放浪し同族劉表の治める荊州にたどり着く。そこで軍師徐庶を得て、その軍略をもって曹操軍を打ち破るも、徐庶は曹操の元に去ることとなる。去り際に、諸葛亮の存在を知らせ、これを得ることを薦める。 1. 第19話「曹操・劉備の暗闘」 2. 第20話「劉備、命を受ける」 3. 第21話「吉平、毒を盛る」 4. 第22話「三兄弟離散す」 5. 第23話「関羽、三事を約す」 6. 第24話「白馬の戦い」 7. 第25話「単騎、千里を走る」 8....

    第3部:赤壁大戦

    劉備は三顧の礼をもって、軍師諸葛亮を得、天下三分の計を説かれる。この7年前、江東では孫策が死に、若き孫権が後を継ぐ。諸葛亮の智謀をもって曹操を一度は退くも、圧倒的な力の前に劉備は江南に逃れることとなる。曹操軍に追われ絶体絶命の危機に陥るも、趙雲・張飛の活躍により無事に逃れることができる。諸葛亮は曹操に対抗するために孫権と劉備の連盟が必要であると考え、その締結に奔走する。孫劉連盟の締結後、呉の周瑜は諸葛亮の才覚を恐れ、これを殺害しようと企てるも、ことごとく諸葛亮が切り抜ける。そして前半のクライマックスである、赤壁の戦いに突入する。 1. 第33話「三顧の礼」 2. 第34話「孫策、孤を託す」 3. 第35話「諸葛亮の緒戦」 4. 第36話「長坂坡の戦い」 5. 第37話「儒者たちとの舌戦」 6. 第38話「周瑜を怒らせる」 7. 第39話「蔣幹、手紙を盗む」 8. 第40話「草船で矢を借りる」 9. 第41話「苦肉の策」 10. 第42話「赤壁の戦い」

    オンラインゲーム『真・三國無双Online』では本ドラマのDVD-BOXとのコラボレーションキャンペーンが開催された。
    ゲーム『三國志13』に漫画『横山光輝 三国志』と共に各作品に登場した武将の画像を配信している。
    雑誌『隔週刊 三国志DVD&データファイル』はドラマDVDに三国志学会全面協力による解説と本格派データファイルを収録した隔週刊の雑誌。

    発売元:エスピーオー、ワコー、フジテレビ/ 販売元:エスピーオー 1. 三国志 Three Kingdoms 前篇 DVD-BOX(1 - 42話収録、2010年12月10日発売) 2. 三国志 Three Kingdoms 後篇 DVD-BOX(43 - 95話収録、2011年3月30日発売) 前篇後篇購入キャンペーンで諏訪原寛幸 画7枚、抽選で359名に七星剣、原寸大レプリカ。 レンタルDVD特別編集 全8巻

    発売元:エスピーオー、ワコー、フジテレビ / 販売元:エスピーオー 1. 三国志 Three Kingdoms 第1部 -董卓専横-(1 - 10話収録、2012年4月4日発売) 2. 三国志 Three Kingdoms 第2部 -徐州争奪-(11 - 20話収録、2012年4月4日発売) 3. 三国志 Three Kingdoms 第3部 -覇者曹操-(21 - 32話収録、2012年4月25日発売) 4. 三国志 Three Kingdoms 第4部 -赤壁大戦-(33 - 42話収録、2012年4月25日発売) 5. 三国志 Three Kingdoms 第5部 -智争荊州-(43 - 52話収録、2012年5月25日発売) 6. 三国志 Three Kingdoms 第6部 -周瑜絶命-(53 - 63話収録、2012年5月25日発売) 7. 三国志 Three Kingdoms 第7部 -漢朝落日-(64 - 73話収録、2012年6月27日発売) 8. 三国志 Three Kingdoms 第8部 -天下三分-(74 - 83話収録、2012年6月27日発売) 9. 三国志 Three Kingdoms 第9部 -危急存亡-(84 - 95話収録、2012年6月27日発売)

    発売元:「三国志TK公式朗読CD」製作委員会 / 販売元:エスピーオー 1. 三国志 Three Kingdoms 公式朗読CD シリーズ “虚空に降る涙”/荀彧篇:櫻井孝宏(2012年2月3日発売) 2. 三国志 Three Kingdoms 公式朗読CD シリーズ “虎の咆哮”/馬超篇:杉田智和(2012年2月24日発売) 3. 三国志 Three Kingdoms 公式朗読CD シリーズ “夷陵に燃ゆ”/趙雲篇:KENN(2012年3月2日発売) 4. 三国志 Three Kingdoms 公式朗読CD シリーズ “月下美人”/周瑜篇:置鮎龍太郎(2012年3月23日発売) 5. 三国志 Three Kingdoms 公式朗読CD シリーズ “鈴の音来たりて”/甘寧篇:羽多野渉(2012年4月4日発売)

    歴史群像編集部『三国志 Three Kingdoms 公式ガイドブック 上巻』、2011年4月26日、学研プラス - ISBN 978-4-05-606306-6
    歴史群像編集部『三国志 Three Kingdoms 公式ガイドブック 下巻』、2011年5月31日、学研プラス - ISBN 978-4-05-606324-0