Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 蔡邕 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 蔡ヨウ

    蔡 邕(さい よう、132年または133年 - 192年)は、中国後漢末期の政治家・儒者・書家。字は伯喈(はくかい)。兗州陳留郡圉県の人。蔡叔度の子孫。父は蔡棱。娘は蔡琰。従弟は蔡谷。叔父は蔡質。外孫は羊徽瑜(西晋の景献皇后)・羊祜。

  2. 大宝 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 大宝

    大宝 (蔡伯貫):明代に蔡伯貫が使用した元号(1565年)。 地名 大宝 (下妻市) : 茨城県 下妻市(だいほう) - 真壁郡 下妻荘大宝村、茨城県大宝村大宝。大宝沼、大宝城 [1]、大宝八幡宮、大宝駅の所在地。 大字北大宝(もとの北大宝村) 関城・大宝城の戦い ...

  3. 蔡琰 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 蔡文姫
    • 生涯
    • その他
    • 脚注

    南朝宋の范曄編纂の『後漢書』列女伝は次のように記す。蔡琰は河東郡の衛仲道の妻となるが、早くに先立たれたため婚家に留まらず実家に帰った。興平年間(194年-195年)、董卓の残党によって乱が起こると、蔡琰は匈奴の騎馬兵に拉致され、南匈奴の劉豹に側室として留め置かれた。匈奴に12年住む間に劉豹の子を2人をもうけた。建安12年(207年)、父と親交のあった曹操は蔡邕の後継ぎがいないことを惜しみ、匈奴に金や宝玉を支払って蔡琰を帰国させた。帰国時に実の子を匈奴に残しており、子との別離に際しの苦痛を詩を述べた。帰国後、曹操の配慮で同郷出身の屯田都尉董祀に嫁いだ。その董祀が法を犯し死罪になるところであったが、蔡琰は曹操を説得して処刑を取り止めさせた。のちに曹操の要求で失われた父の蔵書400編余りを復元した際、誤字脱字は一字もなかった。

    陝西省西安市藍田県三里鎮蔡王村に陵墓がある。省級文物保護単位。1991年には付近に記念館が建てられた。 蔡琰の著作には自らの波乱の人生を綴った『胡笳十八拍』と『悲憤詩』の2首が伝わる。一説に『胡笳十八拍』は後世の詩人が蔡琰に仮託してできた産物だという。なお『胡笳十八拍』の楽曲は現代に伝わり、中国十大古典名曲の一つに数えられる。 蔡琰の人生を題材にした作品には、北京の頤和園の長廊に描かれた『文姫帰漢図』がある。他に蔡琰を主人公とした戯曲が多数作られており、元の金志甫の『蔡琰還漢』や明の陳与郊の『文姫入塞』、曹雪芹の祖父曹寅の『続琵琶』、郭沫若の『蔡文姫』などがある。 金星には彼女の名がついたクレーター(Cai Wenji、蔡文姫) がある。

    ^ 魏丁廙作『蔡伯喈女賦』では婚姻時16歳、明張瑞図編『日記故事大全』巻2では15歳
    ^ 『晋書』劉元海載記に「於扶羅死,弟呼廚泉立,以於扶羅子豹為左賢王,即元海之父也。」とあるが、『三国志』鄧艾伝では劉豹は右賢王と記されている。『後漢書』列女伝では「興平中,天下喪亂,文姬為胡騎所獲,沒於南匈奴左賢王,在胡中十二年,生二子。」と書かれているのみで、この左賢王が必ずしも劉豹を指しているとは限らない。
    ^ 『晋書』巻34羊祜伝には夏侯覇が嘉平元年(249年)に亡命した後、母と羊発が亡くなったと記載
  4. 蔡氏儀間殿内 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 蔡氏儀間殿内

    蔡氏 儀間殿内(さいうじ ぎまどぅんち)は、蔡崇(さいすう)を元祖とする琉球王国の士族(久米氏族)。 12世・蔡壎より小禄間切(現・那覇市小禄)儀間村の脇地頭職を務めた。 1世・蔡崇は、福建省泉州府南安県の出身。家譜によると、宋の書家として有名な蔡襄の ...

  5. 蔡洪 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 蔡洪

    生涯 弁論の才があったという。呉に仕えていたが、呉の滅亡後には西晋に仕え、官は松滋県令に至ったという。著作には『清化経』・『囲棋賦』などがある。 世説新語 呉の滅亡後、西晋は天下に人材を求め、蔡洪はそれに応じて洛陽に赴いた。 。洛陽の人々は、蔡洪に ...

  6. アンバイ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › アンバイ

    アンバイ( Ambai、?は、大元ウルスに仕えたタングート人将軍の一人。『元史』などの漢文 史料では暗伯(ànbǎi)、『集史』などのペルシア語史料ではタングートのアンバイ(Ambāī az tangqūt/امبای از تنگقوت)と記される。 概要 アンバイの祖父は僧吉陀という人物で、 ...

  7. 楊堅 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 楊堅
    • 生涯
    • 后妃
    • 子女
    • 脚注

    出生

    楊堅は、北周の大将軍の楊忠と呂苦桃のあいだに生まれた。楊氏は漢民族で後漢の楊震の末裔を称し、弘農郡華陰県(現在の陝西省渭南市)を本貫とした。しかし、漢族出身ではなく北方異民族の普六茹氏の子孫という説がある。 『隋書』の「本紀」には、楊堅の誕生に関して以下の話を載せている。楊堅が生まれたのは、541年(大統7年)6月13日、生まれた場所は、馮翊(陝西省大茘県)の般若寺という仏寺であり、幼名は金剛力士をあらわす那羅延であったという。この時代、熱心な仏教信者でなくとも、名前に仏教語を使用するのは一般的なことではあったが、楊堅の場合は乳母役を引き受けて養育したのが智仙という尼僧であったという。このようなことから、楊堅は幼少の頃から仏教に親しみを持っていたものと考えられる。 また、初唐の護法僧法琳の『弁正論』によると、その般若寺は北周武帝の廃仏によって廃毀されたが、楊堅は即位後の585年に出生地を懐かしみ、父母への追善供養の意味も込めて、その場所に後の日本の国分寺に相当する大興国寺を建立し、華麗な荘厳を施された堂塔伽藍を建立したと記している。

    実力をつける楊堅

    楊堅は、14歳のとき、京兆尹の薛善に召されて功曹となった。15歳で父の功績により散騎常侍・車騎大将軍・儀同三司となり、成紀県公に封じられた。16歳で驃騎大将軍に転じ、開府儀同三司の位を受けた。北周の明帝が即位すると、右小宮伯となり、大興郡公に進んだ。武帝が即位すると、左小宮伯に転じ、隋州刺史として出向し、位は大将軍に進んだ。父の楊忠の死後、隋国公の爵位を嗣いだ。 北斉の平定にも戦功を挙げ、位は柱国に進み、定州総管に任ぜられた。のちに亳州総管に転じた。 578年、楊堅は長女の楊麗華を北周の宣帝の皇后として立てさせ、自身は上柱国・大司馬となって権力を振るった。579年、大後丞・右司武となり、大前疑に転じた。580年5月、揚州総管となるが、宣帝が死去したため、楊堅は静帝の下で左大丞相となり、北周の実権を掌握した。6月以降、尉遅迥・司馬消難・王謙らに反乱を起こされたが、楊堅はこれを武力で鎮圧した。9月には大丞相となり、12月には相国・総百揆・都督内外諸軍事・隋王に上った。翌581年2月、静帝から禅譲させて皇帝に即位し、隋王朝を開いた。後には静帝を初めとする北周の皇族の宇文氏一門を皆殺しにした。

    皇帝として

    楊堅は大興城(後に長安)を都として定めた。そして587年には後梁を、589年には陳を滅ぼして、西晋滅亡以来約300年にわたり乱れ続けてきた中国全土を統一することに成功した。598年には高句麗に対し第1次高句麗遠征を行った。 楊堅は内政にも力を注いだ。まず、開皇律令を公布、中央官制を三省六部に整え、さらに地方に対しては郡を廃して州・県を設置した。また、官僚の登用においても九品中正法を廃止し、新たに科挙制度を設けた。さらに貨幣の統一、府兵制や均田制などの新制度を設けるなど、中央集権体制を磐石なものとした。また、仏教の興隆にも尽力し、その仏教を重視した政策は、仏教治国策とまで称せられた。

    皇后 独孤伽羅
    宣華夫人陳氏(陳の後主の妹)
    弘政夫人陳氏(陳の後主の妹)
    容華夫人蔡氏

    男子

    1. 廃太子 楊勇(房陵王) 2. 晋王 楊広(煬帝) 3. 秦王 楊俊 4. 蜀王 楊秀(庶民に落とされた) 5. 漢王 楊諒(庶民に落とされた)

    女子

    1. 楽平公主 楊麗華(北周の宣帝の皇后) 2. 襄国公主(李綸の子の李長雅の妻) 3. 広平公主(宇文慶の子の宇文静礼の妻) 4. 蘭陵公主 楊阿五(柳述の妻)

    ^ アーサー・F・ライト『隋代史』法律文化社、1982年11月、64頁。「隋朝の創業者である楊堅は、黄河平原の西端近く(弘農郡華陰県=陝西省渭南地区華陰県)に本貫のある古い名族に生まれた。その祖先は六代のあいだ、北朝の非漢族諸王朝のもとで官人となり、支配階級であるテュルク・モンゴル(鮮卑)エリートの一族との通婚によってその権力と地位を維持してきた。楊堅の父である楊忠は、最初、北魏に仕えていた...
    ^ 姚薇元『北朝胡姓考(修訂本)』(中華書局、2007年)P72-73は、楊氏(普六茹氏)は雁門茹氏、つまりは茹茹(蠕蠕、柔然)の後裔とみる。
    ^ 『文藝春秋SPECIAL』2016年7月号、文藝春秋社、p205楊海英「たとえば、六世紀の終わり、三百年ぶりにシナ地域を統一した隋は北方遊牧民のひとつ、鮮卑系の王朝だった。それが漢人編纂の後の史書では、後漢の名臣、楊震の子孫であると漢化されて伝えられてきたのである」
    ^ 『文藝春秋SPECIAL』2016年7月号、文藝春秋社、p67岡田英弘「この隋も鮮卑族の国ですから、シナは完全にアルタイ化してしまうわけです」「隋、唐ともの鮮卑人のつくった王朝です」
  8. 中国の書家一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 中国の書家一覧
    • 三代
    • 三国
    • 六朝
    • 宋・遼・金
    • 出典・参考文献
    • 関連項目

    1. 史籀(し ちゅう、生没年不詳) 1.1. 一説に、宣王時代の太史官で、また、秦代の人との説もある。史籀の「史」は、史官の意と姓の意と両説ある。字書『史籀篇』15篇を著したとされる。

    西晋

    1. 索靖(さく せい、239年 - 303年) 1.1. 西晋の政治家。字は幼安。敦煌郡龍勒県の人。張芝の姉の孫。草書をよくし、衛瓘と並び称され、特に章草に優れた。その書法は韋誕から出た。書跡には『月儀帖』や『出師頌』(すいししょう)などがある。 2. 衛恒(えい こう、252年 - 291年) 2.1. 字は巨山。衛瓘の子。楷書に飛白の筆意を含む散隷という書を作った。張芝を学び、古文・章草・草書・隷書・楷書をよくし、書論『四体筆勢』を著した。『四体筆勢』には、古文・篆書・隷書・草書の四書体について、その起源などを記している。従妹に衛鑠がいる。

    東晋

    1. 衛鑠(えい しゃく、272年 - 349年) 1.1. 字は茂猗(もい)。通称は衛夫人。衛恒の従妹で、汝陰郡太守李矩の妻。書を鍾繇ないし蔡琰に学び、楷書・行書・篆書・隷書の各体をよくした。王羲之の師と伝えられる。 2. 王珣(おう じゅん、349年? - 400年?) 2.1. 字は元琳。王洽の長男。書名は当時、弟の王珉の方が高く、王珣の本領は学問にあったといわれる。行草に優れ、書に『伯遠帖』がある。

    木村卜堂 『日本と中国の書史』(日本書作家協会、1971年)
    鈴木翠軒・伊東参州 『新説和漢書道史』(日本習字普及協会、1996年11月)ISBN 978-4-8195-0145-3
    玉村霽山 『中国書道史年表』(二玄社、1998年6月)ISBN 4-544-01241-4
    「中国書道史」(『書道藝術』別巻第3 中央公論社、1977年2月)
    中国の書道史 - 中国の書論 - 集帖
    日本の書家一覧 - 日本の漢字書家一覧 - 日本のかな書家一覧
  9. 三国志演義の人物の一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 三国志登場人物一覧

    三国志演義の人物の一覧は、歴史小説『三国志演義』に登場する人物を列挙した一覧である。 実在の人物を元にしている場合、架空の人物である場合に関係なく挙げる。 『三国志演義』の人物は総計で1192人。そのうち武将437人、文官451人、漢・三国・晋の皇帝・皇族 ...

  10. 譲寧大君 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 譲寧大君
    • 生涯
    • 人物
    • 家族関係

    1394年、漢城府で誕生する。1402年(太宗2年)3月8日、本名の褆を与えられ、同年4月18日に元子に冊封される。 1404年に王世子に冊封された。1407年には金漢老の娘と婚姻し、世子嬪を迎えた。 しかし、奔放な行動と女性関係で問題を起こし、父・太宗の頭を悩ませることとなる。太宗は彼に品行を改めるように再三に渡り忠告したが、品行を改めることは無かった。臣下達の上訴によりとうとう1417年に世子を廃位、譲寧大君に封ぜられた。廃位を反対する者は黄喜を初めごく少数であったと言う。代わりに実弟の忠寧大君(世宗)が王世子に封ぜられた。世宗よりも長生きをし、世宗の没後は、王族の長老として数々の陰謀で暗躍する。 甥の7代国王・世祖の在位中の1462年、漢城府で死去。享年67歳(数え年69歳)。諡号は剛靖。 なお、大韓民国初代大統領・李承晩は彼の末裔(16代孫)である。

    素行不良により廃世子となったが、一説には弟・忠寧大君の優れた資質を認め、弟が即位できるようにわざと暗愚を装った、ともされる。
    女性関係が派手で、気に入った妓女を妾にし宮中に連れ込んだ。しかし太宗からの怒りを買い、妓女を処刑された。また、伯父の定宗の寵愛を受けた楚宮粧(チョグンジャン)、重臣郭旋の愛妾の於里(オリ)とスキャンダルを起こした。楚宮粧は太宗の命で宮廷から追放され、於里は譲寧大君の子を身籠ったという。更に、奴婢の女性とも関係があった。また、息子瑞山君の愛妾にも手を出した。それが原因で瑞山君は心の病にかかって...
    廃位後も行動が問題視された。しかしその度に世宗は庇い、処罰を受けることは無かった。廃世子とはいえ、王の実兄として立場を重んじられた。
    政治に関心が無く、書道や絵画、詩作などの芸術に関心を持った。風流に生き、自由奔放な一生を過ごした。
    父:太宗
    母:元敬王后閔氏
    弟:世宗
    弟:孝寧大君他
  11. 其他人也搜尋了