Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 830 項搜尋結果

  1. 蔡伯府老婆 相關

    廣告
  2. 過去一個月已有 超過 10 萬 位使用者造訪過 agoda.com

    寧波伯豪華府大酒店優惠低至兩折,快去Agoda搶房!

    • 曼谷

      Agoda專屬特惠價,訂到賺到

      在線管理您的預訂

    • 東京

      Agoda專屬特惠價,訂到賺到

      在線管理您的預訂

  1. ja.wikipedia.org › wiki › 琵琶記琵琶記 - Wikipedia

    成立 作者の高明は永嘉(温州)の人で字を則誠といい、元の至正5年(1345年)の進士だったが、方国珍の乱の鎮圧後に鄞(寧波)に隠棲した [1]。。『琵琶記』のほかに『閔子騫単衣記』という劇を作ったというが [2]、現存しない。 男性主人公の蔡伯喈とは後漢の蔡邕のことであるが、話は史実 ...

  2. ja.wikipedia.org › wiki › 蔡伯貫蔡伯貫 - Wikipedia

    貫(さい はくかん)は、明代中期に四川省で発生した民衆反乱の指導者。 重慶 大足県の出身。 元は白蓮教徒であり山西学芸に学んだ。 1565年(嘉靖44年)末に挙兵、国号を大唐とし、年号を大宝と定めた。 約1カ月の間に大足・合川・銅梁・璧山・栄昌・安居・定遠を占拠させたが ...

    • 蔡伯貫
    • 不詳
  3. ja.wikipedia.org › wiki › 階伯階伯 - Wikipedia

    (かいはく、ケベク、613年 - 660年(義慈王21年)7月9日(旧暦))は、百済末期の将軍である。 660年に新羅・唐(唐・新羅の同盟)の連合軍が侵略してきたときに、5000人の軍を率いて戦い、黄山で5万人の新羅軍を迎え討ち、4回の戦闘を行った結果、壮烈に戦死した。

  4. ja.wikipedia.org › wiki › 文王_(周)文王 (周) - Wikipedia

    • 略歴
    • 評価・影響
    • 妻子

    父は季歴、母は太任。弟に虢仲と虢叔がいる。祖父は古公亶父。伯父は太伯と虞仲。先祖(姫氏)は代々、周の地を統治するとともに、殷(商)を宗主国として臣従し三公の地位を授かっていた。 父の死後、周国を受け継いだ姫昌(文王)は、首都を岐山の麓(現在の陝西省宝鶏市岐山県)から、渭河の支流である灃河西岸の豊邑(現在の陝西省西安市、すなわち後の長安近郊)に移し、仁政を行ってこの地を豊かにしていた。 一方で同時代の殷王は、暴君の代名詞として知られる紂王だった。あるとき、姫昌と同じ三公の地位にある九侯と鄂侯が、紂王の不興を買って酷刑に処される(肉体を切り刻まれて塩漬け肉や干し肉にされる)という事件が起きた。この事件を受けて姫昌は嘆息したが、そのことが崇侯虎に讒言されてしまう。讒言を受けた紂王によって、姫昌は羑...

    儒教においては、東周時代(春秋戦国時代)の儒家が一時代前の西周時代を模範とみなし、周王朝にまつわる書物(五経)を経典としたことから、文王は武王や周公旦と合わせて崇敬され、『論語』や『孟子』以来頻繁に言及されてきた。とりわけ、暴君紂王に対して革命を起こしたという文王・武王の英雄的事績は、同じく暴君である夏の桀王に対して革命を起こした殷の湯王の事績に結び付けられる。一方で、湯王・武王が反逆を実行したこと(湯武放伐)とは対照的に、文王は反逆を実行することなく最期まで臣下であり続けたという点から、儒教の教義である名分論・尊王論・忠義観の根本を問う論題としてしばしば俎上に載せられる。その例として、幽閉中の文王について歌った韓愈の『拘幽操』詩、それに対する江戸時代の朱子学者山崎闇斎と、その門弟の佐藤直方...

    1. 太姒 2. 十一男以降の母

    1. 長男 伯邑考 2. 次男 武王 3. 三男 管叔鮮 4. 四男 周公旦 5. 五男 蔡叔度 6. 六男 曹叔振鐸 7. 七男 成叔武 8. 八男 霍叔処 9. 九男 康叔封 10. 十男 冉季載 11. 十一男 郜叔 12. 十二男 雍伯 13. 十三男 毛叔鄭 14. 十四男 滕叔繡 15. 十五男 畢公高 16. 十六男 原伯 17. 十七男 酆侯 18. 十八男 郇侯葡 19. 十九男 頼叔穎

    • 三代
    • 三国
    • 六朝
    • 宋・遼・金
    • 出典・参考文献
    • 関連項目

    1. 史籀(し ちゅう、生没年不詳) 1.1. 一説に、宣王時代の太史官で、また、秦代の人との説もある。史籀の「史」は、史官の意と姓の意と両説ある。字書『史籀篇』15篇を著したとされる。

    西晋

    1. 索靖(さく せい、239年 - 303年) 1.1. 西晋の政治家。字は幼安。敦煌郡龍勒県の人。張芝の姉の孫。草書をよくし、衛瓘と並び称され、特に章草に優れた。その書法は韋誕から出た。書跡には『月儀帖』や『出師頌』(すいししょう)などがある。 2. 衛恒(えい こう、252年 - 291年) 2.1. 字は巨山。衛瓘の子。楷書に飛白の筆意を含む散隷という書を作った。張芝を学び、古文・章草・草書・隷書・楷書をよくし、書論『四体筆勢』を著した。『四体筆勢』には、古文・篆書・隷書・草書の四書体について、その起源などを記している。従妹に衛鑠がいる。

    東晋

    1. 衛鑠(えい しゃく、272年 - 349年) 1.1. 字は茂猗(もい)。通称は衛夫人。衛恒の従妹で、汝陰郡太守李矩の妻。書を鍾繇ないし蔡琰に学び、楷書・行書・篆書・隷書の各体をよくした。王羲之の師と伝えられる。 2. 王珣(おう じゅん、349年? - 400年?) 2.1. 字は元琳。王洽の長男。書名は当時、弟の王珉の方が高く、王珣の本領は学問にあったといわれる。行草に優れ、書に『伯遠帖』がある。

    木村卜堂 『日本と中国の書史』(日本書作家協会、1971年)
    鈴木翠軒・伊東参州 『新説和漢書道史』(日本習字普及協会、1996年11月)ISBN 978-4-8195-0145-3
    玉村霽山 『中国書道史年表』(二玄社、1998年6月)ISBN 4-544-01241-4
    「中国書道史」(『書道藝術』別巻第3 中央公論社、1977年2月)
    中国の書道史 - 中国の書論 - 集帖
    日本の書家一覧 - 日本の漢字書家一覧 - 日本のかな書家一覧
  5. ja.wikipedia.org › wiki › 公孫瓚公孫瓚 - Wikipedia

    公孫 瓚(こうそん さん、拼音: Gōngsūn Zàn、?- 建安4年3月(199年 4月))は、中国 後漢末期の武将。字は圭 [1]、または珪。 幽州 遼西郡 令支県(現在の河北省 遷安市)の出身。 従弟は公孫範・公孫越。子は公孫続ら。 『三国志』魏志、および『後漢書』に伝がある。

  6. ja.wikipedia.org › wiki › 満寵満寵 - Wikipedia

    満 寵(まん ちょう、? - 242年)は、中国後漢末期から三国時代の魏の武将・政治家。字は寧。兗州山陽郡昌邑県の人。子は満偉・満炳。娘は司馬榦の妻。孫は満長武・満奮。『三国志』魏志「満田牽郭伝」に伝がある。

  1. 蔡伯府老婆 相關
    廣告
  1. 其他人也搜尋了