Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 時をかける愛 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 時をかける愛

    『時をかける愛』(原題:想見你 Someday or One Day)は、2019年台湾の中視電視台・衛視電視台製作のテレビドラマ。 アリス・クー(柯佳嬿)、グレッグ・ハン(許光漢)、パトリック・シー(施柏宇)、ヤン・ユーリー(顏毓麟)らが出演。 台湾のテレビ番組賞「 ...

  2. 中国帝王一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 中国の皇帝の一覧

    ここでは中国帝王一覧(ちゅうごくていおういちらん)について述べる。 中国の上古時代の君主の号は「天皇」だった。 中国で「皇帝」の号がはじめて用いられるのは、秦の始皇帝の時である。 この一覧でも、基本的に秦の始皇帝以降は「皇帝」を名乗り、それ以前は、 ...

  3. 周朝諸侯国君主一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 周朝諸侯国君主一覧

    蔡伯荒 荒 蔡宮侯 (名字失傳) 蔡厲侯 (名字失傳) 蔡武侯 (名字失傳) 前863年-前837年 在位26年 蔡夷侯 (名字失傳) 前837年-前809年 在位28年 蔡釐侯 所事 前809年-前761年 在位48年 蔡共侯 興 前761年-前760年 在位2年 蔡戴侯 (名字失傳)

  4. 孤独のグルメ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 井之頭五郎
    • 概要
    • 登場人物
    • 書誌情報
    • 台湾版ウェブドラマ
    • アプリ配信アニメーション
    • 関連商品
    • 関連項目
    • 外部リンク

    個人で輸入雑貨商を営んでいる井之頭五郎(いのがしら ごろう)が、仕事の合間に立ち寄った店で食事をする様を描いたグルメ漫画。料理の薀蓄を述べるのではなく、ひたすらに主人公の中年男が独りで食事を楽しむシーンと心理描写を綴っているのが特徴で、ドラマティックな展開などは少なく、あたかもドキュメンタリーのごとく淡々と物語が進行する。出先での食事がメインのため、主人公が訪れる店は出張など(7話・19話・特別編)を除けば大半が東京を中心とする関東の店となっており、訪れる店も高級料理屋などではなく大衆食堂のような店がほとんどである。 久住のデビュー作『夜行』は夜汽車で男が独り弁当を食べる漫画であるが、これを読んでいた『月刊PANJA』の編集者から「絵柄を変えて大人向きの漫画が描けないか」と持ちかけられたことがきっかけである。その頃のグルメブームに辟易していた久住と編集者は、打ち合わせを行い「孤独にグルメを楽しんでいる漫画」の方向性を得てタイトルも決まった。作画を谷口にすることは、編集者の希望であった。1996年連載終了時までの作品(1話 - 18話)をまとめた単行本が出版されている。当初は3刷で絶版になるなど、けっしてヒット作とは言えなかった。2000年になり文庫版が出版されてから年2回の増刷がかかるようになり、その実績から2008年に新装版が発売されている。2007年の時点で文庫版は21刷、8万8千部とロングセラーで、女性読者が4割を占める。 主人公の井之頭五郎を輸入雑貨商にした理由は、『月刊PANJA』編集者の知り合いに実在していた、時間が自由になる、の2点による。独身であることは、先行するグルメ漫画『美味しんぼ』『クッキングパパ』との差別化のためである。下戸であることは主人公に弱点を設ける意味合いもあるが、連載の8ページに収めるために食事と酒を組み合わせる話題を避けるためであると、久住は語っている。 2014年9月10日の読売新聞夕刊誌上にて「待望の漫画第2弾!『孤独のグルメ2』2014年10月発売予定」と掲載されたが、2014年以内に発売されず、以降順延し、2015年9月27日に発売された。 2016年11月時点でイタリア(Gourmet)、フランス(Le Gourmet solitaire)、スペイン(El Gourmet Solitario)、ブラジル(?)、台湾...

    井之頭 五郎(いのがしら ごろう)

    1. 演 - 松重豊(テレビドラマ版) 2. 声 - 堀内賢雄(アプリ配信アニメ版) / 小山力也(ドラマCD) 3. 本作の主人公。輸入雑貨の貿易商を個人で営んでいる。孤高で自由な生き方をモットーとし[註 1]、結婚や店を構えることについては「守るものが増えて人生が重たくなる」として敬遠している。 4. テレビドラマ版では、Season1・第3話で今の事務所が手狭になったため豊島区の池袋で物件を探していたが、空腹になり止めている。その後、Season2・第9話で江東区の砂町銀座商店街近辺に新しい事務所を構えていることが示唆されているほか、Season4・第10話で江東区枝川に在庫品の保管のための倉庫を借りていることが明らかにされている。 5. 現在、特定の恋人はいない。回想では「小雪(さゆき)」という名の女優を始め、数人の女性と交際経験がある。 6. 父親はすでに他界[註 2]、母親については記述無し。その他の詳しい家族構成は不明だが、離婚して出戻った姉がおり、その姉の子・太(ふとし)は高校球児(エースで4番)。 7. 普段はやや人見知りで消極的。初めての店に入るのをためらうこ...

    原作・久住昌之、作画・谷口ジロー 『孤独のグルメ』 扶桑社、既刊2巻。累計発行部数は2015年1月時点で40万部。
    (1997年10月発売) ISBN 4-5940-2137-9
    (2015年9月27日発売) ISBN 978-4-5940-7337-4

    キャスト

    1. 伍郎(ウーラン、自営業者)/ 伍郎の父 - 趙文瑄(ウィンストン・チャオ)、幼年期 - 余彦宸(ユー・イェンチェン)、若年期 - 阿本(中国語版)(アーベン)(二役)

    スマートフォン向け配信アプリケーション「タテアニメ」で2017年11月29日からアニメーションを配信する。2017年10月13日、11月15日、22日に監督インタビューの特番を配信した。内容は原作に沿っているが、一部のシーンがカットされ、料理の詳細な説明が省かれている。 監督は黄瀬和哉、井之頭五郎役の声優は堀内賢雄が担当。プロデューサーは、大塚裕司。劇中音楽は、原作者の久住昌之が、TVシリーズのイメージに合わせて、新たにアレンジ、演奏したオリジナル。

    ドラマCD

    2009年9月26日、キャラアニからドラマCDが発売された。井之頭役は小山力也が演じている。第1話、第4話、第5話、第16話、第3話、第12話(公式通販サイトでの「収録内容」掲載順)に加え、ボーナス・トラックとして小山が自身の当たり役であるジャック・バウアーのノリで第1話を演じる「スペシャル・アレンジ・ヴァージョン」(公式通販サイトより)も収録されている。加えて音楽は原作者である久住がオリジナルの楽曲を製作・演奏し、ジャケットは谷口による描き下ろしである。 2010年3月27日、ドラマCDのvol.2が発売された。井之頭役はvol.1同様小山力也である。第11話、第18話、第10話、第15話、第2話、第8話、第2話スペシャル・アレンジ・ヴァージョン、および久住によるテーマソングと一人芝居が収録されている。

    アプリケーション

    孤独のカメラ 1. BookLiveより2013年8月30日からiOS端末用のアプリケーションを利用開始した。無料のアプリである。漫画「孤独のグルメ」のキャラクターや名台詞をデコレーション用フレームとして収録していて写真に合成できる。原作漫画モチーフの撮影用フレームを14種類収録。撮影時にフレームを反映させたり、撮影済みの写真にフレームを追加適用することができる。作成した写真は、カメラロールに保存したり、Facebook、Twitter、LINEへの投稿が可能。

    アクションフィギュア

    マックスファクトリーから2015年8月にアクションフィギュア「figma井之頭五郎」が発売された。 通常版の「並盛りver.」と、第1話に出てきた「ぶた肉いため」、「とん汁」、「机」、「パイプいす」といった付属物を追加した豪華版の「大盛りver.」の2種類が同時発売される。 2018年6月にドラマ版の松重豊による五郎を元に立体化した「figma 井之頭五郎 松重豊Ver.」も発売されており、表情パーツは実際に松重の顔を撮影して制作されている。スーツ姿で鞄と「メンチカツ」が付属する通常版のほか、グッドスマイルカンパニーオンラインショップ限定の、腕まくりしたワイシャツ姿で「ロースター」や「ご飯」、「焼肉かめや」のペーパークラフトなど一人焼肉用のジオラマキットが付属する「ワイシャツ一人焼肉エディション」、テレ東本舗。WEB限定の、通常版同様のスーツ姿で「携帯電話」や「サングラス」、一人焼肉用のジオラマキットなどが付属する「ハードボイルドGOROエディション」の3種類が同時発売される。

  5. Template:嘉慶四年己未科殿試金榜 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › Template:嘉慶四年己未科殿試

    Template:嘉慶四年己未科殿試金榜. 《嘉慶朝上諭檔》:嘉慶四年四月十二日:覆試新貢士不入等之 薛壂 、 宋潢 、 黃任萬 、 陳中孚 四名遵旨罰停殿試一科, 魏士俊 、 趙子璟 、 康黃中 三名罰停殿試二科。.

  6. 台湾の人物一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 台湾の人物一覧
    • あ行
    • か行
    • さ行
    • た行
    • な行
    • は行
    • ま行
    • や行
    • ら行
    • わ行
  7. 厳修 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 厳修

    厳修 プロフィール 出生: 1860年 4月2日 (清 咸豊10年3月12日) 死去: 1929年(民国18年)3月15日 中華民国 (国民政府) 天津市 出身地: 清 直隷省 順天府 三河県 職業: 教育家 各種表記 繁体字: 嚴修 簡体字: 严修 拼音: Yán Xīu 和名表記: げん しゅう 発音

  8. 南史 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 南史倭国伝

    『南史』(なんし)は、中国の南朝について書かれた歴史書。李大師により編纂が開始され、その子の李延寿によって完成された。 二十四史の一つ。 全80巻で、本紀10巻・列伝70巻の構成となっている。南北朝時代(439年 - 589年)の南朝にあたる国家、宋・斉・梁・陳 ...

  9. 申 (春秋) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 申_(春秋)

    申(しん)は、周朝の諸侯国。爵位は伯爵あるいは侯爵。国君は姜姓[3]。申国は謝の故地に建国されたため、謝とも言う。西周を滅ぼした申侯の乱を主導した。春秋時代初期に楚の文王により呑併された。その地に楚の県が置かれた。

  10. 晋書 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 晋書
    • 成立までの経緯と構成
    • 評価
    • 参考文献
    • 外部リンク

    玄武門の変により兄で皇太子の李建成を排除して帝位を簒奪した太宗・李世民は、房玄齢を総監として未編纂の史書を作ることを命じ、『北斉書』・『梁書』・『陳書』・『隋書』・『周書』と『晋書』が編纂された。太宗は代表作である「蘭亭序」を陪葬することを命じるほど王羲之に傾倒しており、『晋書』「王羲之伝」は自ら執筆している。既存の正史である『史記』『漢書』『三国志』などはいずれも個人が編纂したものを後に正史と定めたものであったが、太宗の欽定史書として『晋書』が編纂されて以降は史書編纂は国家事業となり、滅亡した王朝の史書を編纂することが正統王朝としての義務となった。 『晋書』成立以前にも、数多くの史家によって晋の歴史書が作られており、それらのうち代表的な18種類の書物が「十八家晋史」と呼ばれていた。『晋書』は、「十八家晋史」の内の一つである、臧栄緒の『晋書』をはじめとした晋の約数十種類の歴史書や、崔鴻の『十六国春秋』などの五胡十六国の歴史について述べられた書物などを参考にして編纂された。 本紀に記載されるのは晋の実質上の始祖である司馬懿から東晋最後の恭帝・司馬徳文までであるが、載記では東晋滅亡の年より後に死去した赫連勃勃なども入っている。 西晋では、武帝・恵帝の時代に、将来の『晋書』編纂に当たって、どの時代から扱うかが議論された。荀勗は司馬懿が魏の実権を握った正始年間を、王瓚は司馬師が曹芳を廃立した嘉平年間を始期にすべきと主張したが、結論は出なかった。のちに賈謐が、武帝が皇帝に即位した泰始年間を始期にするよう主張した。正始期を支持する荀畯・荀藩・華混、嘉平期を支持する荀熙・刁協はなおも自説を主張したが、王戎・張華・王衍・楽広らの支持を得た賈謐の主張が通った。 正史『晋書』は、王朝の事実上の始祖として本紀を立てた司馬懿・司馬師・司馬昭や、竹林の七賢など一部例外はあるが、基本的に西晋での方針に従い、武帝の即位(265年)以前に死去した人物の伝記は立てていない。すなわち、実質的に晋臣として活動した人物であっても、武帝即位以前に死去した人物は原則立伝されなかった。

    『晋書』の志の部分は、晋のみならず後漢や三国時代についても記しており、志をもたない『三国志』を補う重要な資料となっている。 また、晋だけでなく五胡十六国の歴史を載記という形で載せているのも貴重である。 いっぽう『晋書』の正確性については、批判的な評価が多い。 『史通』「採撰篇」で劉知幾は、『晋書』が『語林』『世説新語』『幽明録』『捜神記』といった書物に記載された怪しげな話を採用していることを指摘した。「分量さえ多ければいい、資料収集が広ければいいという態度だ。小人は喜ばせられるだろうが、君子のあざ笑うところである。」と手厳しく非難している。また、『旧唐書』の著者劉昫は、「房玄齢伝」の評語で、「以臧栄緒晋書為主、参考諸家、甚為詳洽。然史官多是文詠之士、好採詭謬砕事、以広異聞、又所評論、競為綺艶、不求篤実、由是頗為学者所譏。」と、筆を極めて酷評している。つまり、「『晋書』は諸書を参考に詳しく書かれている。ところが、編纂に当たった史官は文士・歌詠みが多く、デマや誤報、くだらないゴシップを喜んで書いているような程度の低い連中で、広く異聞を集め、所々で評論家ぶって美文を書こうとしているが、真実を追求していないので学者はひどくバカにしている」というのである。すなわち、正史であるにもかかわらず後世からあたかもイエロージャーナリズムのような評価しか受けなかった史書、それが晋書であった。この評価は後世も概ね踏襲されており、清朝の考証学者である趙翼なども、晋書はデマや誤報、くだらないゴシップを信じ過ぎると低い評価を行なっている。 また、現代日本において晋書の部分日本語訳を行った越智重明は「晋書には多くの誤りがあり、敦煌文書に含まれる干宝の『晋紀』や、『世説新語』などで校正しなければならない」「占田制・課田制のような重大な歴史学の問題でも、晋書には誤りがあるので鵜呑みにしてはいけない」と批判している。宮川寅雄も「おおかたは逸話や伝承のたぐいで埋められており、枝葉なことがらを洗いおとしてゆくと、家譜や歴任の官職の大まかな推移になってしまう」と述べている。 既存の史書と比較すると、それまで個人が執筆・編纂していたものに対して、複数の編者が存在することで前後矛盾する内容となっている箇所もあり、内藤湖南から批判された。例示すれば「李重伝」の中に「見百官志」(百官志に見える)と記述されるにも...

    『晋書』中華書局、1974年。
    越智重明『中国古典新書 晋書』明徳出版社、1970年。
    竹内康浩『「正史」はいかに書かれてきたか 中国の歴史書を読み解く』大修館書店、2002年。
    内藤湖南『支那史学史1』平凡社〈東洋文庫〉、1992年。
  11. 其他人也搜尋了