Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 中国の書論 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/中国の書論

    後漢趙壱 非草書 、晋 王右軍 自論書 、(王羲之教子敬筆論)、晋衛夫人 筆陣図 、王右軍 題衛夫人筆陣図後 、宋羊欣 古来能書人名 、伝授筆法人名、南斉王特進答斉太祖論書啓、南斉王僧虔 論書 、宋王愔 文字志目 、梁蕭子雲啓. 宋虞龢 論書表 、梁武帝 観鍾繇書 ...

  2. 梅宮辰夫 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/梅宮辰夫

    梅宮 辰夫 (うめみや たつお、 1938年 〈昭和13年〉 3月11日 - 2019年 〈 令和 元年〉 12月12日 )は、 日本 の 俳優 ・ タレント ・ 司会者 ・ 実業家 。. 身長 174cm、 血液型A型 。. 本名は梅宮 辰雄(読み同じ)。. 所属事務所は株式会社 グッデイ (東京・ ...

    • 梅宮 辰雄(うめみや たつお)
    • 2019年12月12日(81歳没)
  3. 美味しんぼの登場人物 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/美味しんぼの登場人物
    • 山岡夫妻・海原雄山およびその親族
    • 美食倶楽部
    • 山岡夫妻の友人
    • 山岡夫妻の理解者・支援者
    • その他の人々
    • 実在の人物

    山岡士郎と栗田ゆう子一家

    山岡 士郎 1. 声 - 井上和彦 2. 本作の主人公。初登場時27歳。東西新聞社文化部記者。美食倶楽部を主宰する世界的陶芸家海原雄山の一人息子。父子関係の決裂で実家を飛び出してから、母親の姓を名乗り続けている。普段はグータラだが食への造詣が深く、「究極のメニュー」づくりを任される。料理勝負では海原雄山以外の人間に負けたことがない。共に「究極のメニュー」を担当する栗田ゆう子と結婚する。 3. 中川ら美食倶楽部関連の男性陣を呼び捨てにしているが、チヨを除く女性陣のことは「さん」付けで呼ぶ。 4. 劇中で最初は敵方であった人物たち(板山社長など)を味方につけている。 5. 大学は浪人して入学している。 6. 料理の腕も板前なみであり、調理に関係する科学的な知識や食用とされる生物にも詳しい。 7. 料理の腕は中川に徹底的に教え込まれており、実母と乳母代わりのチヨに育てられた。 山岡(栗田) ゆう子 1. 声 - 荘真由美 2. 本作のヒロイン。山岡士郎の妻。初登場時22歳。東西新聞社文化部記者。新入社員として文化部に配属されたが、出勤3日目にしてその味覚を買われ、士郎と共に「究極のメニ...

    海原雄山夫妻および親族

    海原 雄山 1. 声 - 大塚周夫 2. 山岡士郎の父。陶芸を中心に書道・絵画・文筆にも秀でた大芸術家。妥協のない厳しく激しい性格。士郎との確執が全編を貫くストーリーとなっており、存在感が非常に大きいキャラクターである。「食」もまた芸術と考える希代の美食家であり、それが嵩じて会員制料亭「美食倶楽部」を主宰している。初登場は1巻「油の音」。 3. モデルは同じく美食家で、一頃「星岡茶寮」という料亭を経営していた北大路魯山人。作中、雄山の師である人間国宝の唐山陶人が北大路魯山人の弟子という設定になっている。雄山は魯山人を「生涯をかけて乗り越える」ことを目標としている。 4. 外見は、白髪の混じった総髪。登場当初は杖を使用していた。服装はほとんど和服に中羽織。都内での移動はお抱え運転手付きのロールスロイスに乗る。しかしすぐに杖を使わなくなり、移動も中川を伴って徒歩になることが多い。 5. 雅号めいた名前だが、陶人に師事する前の美術大学生時代からそう名乗っている。本名かは不明。 6. 美術大学を日本画と書の勉学のために7年かけて卒業。山岡とし子とは大学入学後に逗留先の福島県の霊山神社で知...

    海原雄山が創立し主宰する会員制の料亭。銀座裏の一等地に大料亭顔負けの建物を構える。雄山の育てた一流の料理人を使い、金に糸目をつけずに誂えたあらゆる料理を食べさせる。会員には政財界のトップレベルに在る貴賓紳士が名を連ね、会員というだけで大変名誉なこととされる。ただし、会費は高額で入会にも厳しい審査があり、雄山に気に入られなければ入会できない。世の多くの和食料理人にとって憧れの場所であり、会員同様、何人もの志望者がいる。 中川 得夫 1. 声 - 仲木隆司 2. 「美食倶楽部」の調理場主任を任される料理人。初登場4巻「板前の条件」。50歳。「美食倶楽部」の設立初期から雄山に付き従っていて最も信頼された公私に渡る付き人でもある。人のよい性格のためか、外で傍若無人に振舞ったり、士郎に対して辛く当たる雄山の後ろで小さくなってついていくことが多い。そのため、士郎と雄山との間で板挟みになることも多い。外出時は縦縞の着物がほとんどだが、一時、背広を着ていることもあった。士郎のことも幼少から知っており、士郎は「中川」と呼び捨て、中川は士郎を「若」「士郎さま(もしくは士郎さん)」と呼んでいる。妻のチヨ共々、最も士郎と雄山の和解を望んでおり、様々な場面で間に立つことが多い。夫婦で質素な木造長屋に住んでおり、子供がいないため、東西新聞の士郎と飛沢周一を実の息子のようにかわいがっている。104巻「食と環境問題」では、美食倶楽部の料理人から「中川支配人」と呼ばれていた。 3. 妻のチヨは士郎の乳母であるが、得夫は士郎が中学生になってから厳しく料理の指導をしており、士郎の養育には妻のチヨとともに関わっている。 4. 美食倶楽部の若手料理人の良三らも息子のようにかわいがっている。 5. 士郎のことは、美食倶楽部を飛び出して母の旧姓の山岡姓に改姓した後でも若(わか)や士郎様と呼び、雄山の息子で美食倶楽部の跡継ぎとして扱っている。 岡星 良三 1. 声 - 関俊彦 2. 「美食倶楽部」の椀方を務める料理人で、岡星精一の弟。初登場4巻「板前の条件」。料理の腕は立ち、美食倶楽部には50倍以上の倍率を突破して採用された。当初は未熟な面が目立ち、料理人でありながら煙草を吸うなど(気持ちが安定させるのが目的だった)たびたび雄山の怒りを買い破門されるが、そのたびごとに山岡たちのお陰で復帰した。その後は雄山の...

    警察関係

    中松警部 1. 声 - 福留功男 2. 山岡の悪友。警視庁銀座中央警察署勤務の警察官、階級は警部。初登場は2巻「そばツユの深味」。下の名前は不明で、自宅では妻である歌子に「警部」と呼ばれている。 3. そば屋の屋台の件で山岡たちと知り合い、それ以降、家族ぐるみで付き合いが続いている。捜査情報を漏らしてしまうこともあった。 4. 昔気質の型破りな性格で、人情に厚い好人物。交友関係は幅広く、場末の情報屋から警察のお偉方まで様々なパイプを持っている。細かい作業が苦手。強面の風貌で、性格と相まってよくヤクザと勘違いされることがある(小泉専務の息子を更生させる際、ヤクザの親分を装ったこともある)。 5. 一方で、短気で思ったことをすぐ口にしてしまう性分で、大石警部に女児が誕生した際には「女の子で大失敗」と発言し、男の子でないことをからかう無神経な一面や、お汁粉の嫌いな大学の同窓生に無理矢理食べさせ笑いものにしようとする子供じみた面も多々あり、それらの悪癖から比較的トラブルを起こしやすい。 6. 剣道および抜刀術の名手であり、師匠針沢朝雲からも「中松に斬られた者は痛みを感じないであろう」と評...

    快楽亭ブラック関係

    快楽亭ブラック 1. 声 - 青野武 2. 落語家であり料理研究家のアメリカ人。初登場7巻「大豆とにがり」。本名はヘンリー・ジェームス・ブラック。 3. アメリカ・ロサンゼルスから豆腐料理の研究のため来日。ある豆腐料理屋の豆腐の件で山岡たちと落語家の快楽亭八笑に知り合う。その八笑に落語家として弟子入りし、その後真打ちとなる。漫才コンビ「テルコ・テルエ」のテルエと結婚し一子すず子をもうける。周囲や妻からは姓である「ブラックさん」と呼ばれており、両親と舅であるテルエの父親からはファーストネームの「ヘンリー」で呼ばれている。 4. 一人称は拙(せつ)。料理の腕は一流。国際目玉焼き会議(IFEC)の会員。料理研究家としての著書「THE BOOK OF TOFU」の名義は「STAN BLACK」となっており、初登場時には一度だけ「スタン・ブラック」とペンネームを名乗ったことがある。趣味は囲碁で全米囲碁選手権3位の実績をもつが、その囲碁が原因となり一時落語を辞めさせられそうになったことがある(68巻「噺家の心意気」)。 テルエ 1. 声 - 高山みなみ 2. 快楽亭ブラックの妻。初登場12巻...

    近城勇・まり子夫妻

    近城 勇 1. 声 - 難波圭一 2. 山岡の悪友。プロカメラマンで近城フォトスタジオ主宰。 3. 東西グラフ「世界味めぐり」用写真の撮影依頼をきっかけに、士郎・ゆう子の両名と知り合う。 4. 当初はグルメブームに嫌悪感を抱き、食べ物を撮ることに否定的な立場だったが、ゆう子の説得を受けるうちに彼女自身に惹かれ「世界味めぐり」の仕事を引き受けた。 5. 挑戦精神をモットーとし、鼻っ柱が強くてストイックな人物だったが、徐々に柔和な人格に変わった。早くに父を亡くし、母と弟らと貧しい少年時代を送ってきたため、母親には特別の思いを持っている。千葉県銚子市出身の母親がよく出してくれたカジキが好物。 6. 士郎のことを「山岡の旦那」と呼ぶ。共に素人ラグビーチームで汗を流し、結婚披露宴を合同で行うなど、気が置けない友人であるが、かつてはゆう子を巡るライバルでもあった。まり子と協力し、惚れたゆう子へ積極的にアプローチを掛けるが、既に士郎に惹かれていた彼女にその想いが実ることは無く、最後は自分から身を引いた。その過程で惹かれ合っていたまり子と結婚。士郎とゆう子の結婚、自らとまり子の結婚に伴い四角関係...

    唐山 陶人

    1. 声 - 富田耕生 2. 人間国宝の陶芸家。雄山の陶芸の師匠で、北大路魯山人の弟子。海原雄山も頭が上がらない唯一の人物。初登場3巻「和菓子の創意」。5巻「もてなしの心」で喜寿を迎えている。「究極のメニューVS至高のメニュー」の審査員の一人。士郎を実の孫のように可愛がり、士郎が雄山と対立し始めた高校生の頃から、士郎はほとんど彼の家で過ごすようになった。士郎と雄山の反目ぶりに心を痛めており、なんとか仲直りをさせようとしばしば間に入っていた。一度言い出したら聞かない頑固な性格で、人に頭を下げられない。おだてに乗りやすく、雄山にも丸め込まれてしまう(17巻「エイと鮫」)。警察の上層部に顔が利くらしく、スピード違反などをしたサンダーボルツの面々を釈放させたことがある(5巻「鮮度とスピード」)。最初の妻に死なれ、孫の年ほど離れた鈴村領子と知り合い結婚。領子からは「陶人くん」と呼ばれている。鈴村領子の台詞によると、女性にはかなりモテるらしいが、作中では再婚後ということもあってか、具体的描写はない。唐山陶人一門は弟子が3000人もおり、何人かは作中にも登場したが、気に入った弟子は海原雄山以外...

    唐山 領子

    1. 声 - 藤田淑子 2. 唐山陶人の後妻。初登場5巻「もてなしの心」。旧姓鈴村。美術雑誌の記者として取材に訪れたときに知り合い、本人曰く激しい女の戦いを経て、陶人と結婚した。陶人を「陶人くん」と呼んで人前でも構わずべたべたしている。遠縁にあたる美術商の男が贋作の売買に手を染めたため、一時陶人と雄山の仲が壊れかけたことがあった(48巻「団欒の食卓」)。 3. ウィンナー入り味噌汁など奇抜な料理を作ったり、鯖寿司を作って唐人に食べさせて食あたりを起こさせて緊急入院させるなど、食に関しては斬新な一面もあるがトラブルメーカーでもある。

    京極 万太郎

    1. 声 - 渡部猛 2. 京都の商人で大富豪。初登場1巻「平凡の非凡」。大正8年7月17日生まれ(ドラマ版では大正13年4月1日)。味覚のみで米の品種や産地を当てるほどの食通で「美食倶楽部」会員であり、「究極のメニューVS至高のメニュー」の審査員の一人。東京にも大邸宅を持っている。山岡に「岡星」で故郷高知県の材料を使った料理を振る舞われたのをきっかけに山岡たちと親しくなり、年の離れた友人ともいうべき関係となっている。山岡が海原家を飛び出す前から顔を合わせていたようで、初登場時、雄山の息子ではないかと問い掛けていた。雄山と士郎の確執に心を痛めていた一人で、二人の和解を目指していた。先立った妻との間に二人の娘がいる。 3. 劇中で山岡の正体(海原雄山と親子喧嘩して逃げだした)を最も早く見抜き、海原雄山に士郎が東西新聞で働いていることを知らせており、雄山が東西新聞社を訪れて東西新聞社全員が山岡の正体を知ることになる。ただし士郎が幼少期の顔しか知らず、大人になった今の顔と雄山の妻であるとし子の旧姓の山岡姓(士郎の母の旧姓)のことを知らなかったせいで、すぐには士郎の正体を見抜けずにいた(...

    警察関係

    針沢 朝雲 1. 声 - 石森達幸 2. 古道居合術朝雲流第7代。初登場7巻「氷菓と恋」。70歳。中松警部の師匠であり歌子の叔父(歌子の父の弟)。妻が亡くなった後、歌子が身の回りの世話をしている。武芸家で剣客としての自負を持ち、稽古が厳しいため弟子が減り現代社会から孤立していた。しかし山岡たちからきま子を引き合わされたことにより、環境が一変。きま子を弟子にし、それをきっかけに若い人たちとの交流が生まれ、新たな生きがいを見つけた。 きま子 1. 金花女子大の家政学の教授。初登場64巻「武芸の道」。苗字不詳。なぎなたと料理の名人でもある。大柱永一の従妹であり女武芸者を自認していたが、針沢朝雲との立ち合いにより一転、朝雲の下で武芸を極めたいとして弟子入り。朝雲と共に女子学生に指導したり、道場で子供たちに武芸を教える傍ら、中川チヨの協力を得て武芸食を作ったりしている。 大石 勝代 1. 大石警部の姉。初登場64巻「競馬で勝負!!」。賭け事専門のイーブン・オット出版社の編集長。周りを圧倒するほどの迫力があり、大石警部は全く頭が上がらない。東西新聞社の藤村とは、競馬予想勝負を通じて恋仲になる。

    演芸界関係

    快楽亭八笑 1. 声 - 丸山詠二 2. 落語界の大御所噺家。初登場7巻「大豆とにがり」。50歳。快楽亭ブラックと二代目福々亭末吉の師匠。親しくしていた荒川精作を通じて山岡たちと知り合う。大噺家「三遊亭円生」と「桂文楽」を尊敬している。得意な話に「黄金餅」があり、日本広しといえど江戸の名所の全てをスラスラと言える噺家は快楽亭八笑以外にはいないと言わしめるほどである。ただし一度しくじって引退を決意したこともあったが、山岡の機転で引退は取り止めた(39巻「温泉湯豆腐」)。啓子(cv:鶴ひろみ)という娘がおり、二代目福々亭末吉と婚約した。さえずりタマコ・タマヨとの間でご飯の炊き方を巡り、子供じみた争いをしたことがある(64巻「ご飯の炊き方大論争!!」)。 二代目福々亭末吉 1. 声 - 林家こぶ平 2. 落語家で、故初代福々亭末吉の息子。初登場9巻「再会の丼」。父親の良きライバルだった快楽亭八笑の弟子であり、ブラックの兄弟子にあたる。旧名を快楽亭吉笑といい、初登場時なぜか山岡と面識があった。子供のころから甘やかされて育ったため一時有頂天になって八笑の下を飛び出してしまった。しかし山岡た...

    角界関係

    若吉葉 1. 声 - 大塚芳忠 2. 大相撲の名横綱。初登場10巻「横綱の好物」。相撲部屋「島高部屋」(アニメでは「高山部屋」※アニメ「おせちと花嫁」の回で、相撲部屋の外観が描かれているが、そこでは島高部屋とある)所属。不知火型の土俵入りをする。大原社主と海原雄山が後援会会員。山岡たちが大原社主に連れられて島高部屋を訪れたことにより知り合った。得意手はぶちかましてからの怒涛の寄り身で、幾度も優勝も果たしている。面倒見のいい性格で、弟弟子たちからの信頼も厚い。 3. すみ子とは相思相愛な関係だったが、島高親方が縁談を持ってくるので、なかなかすみ子との関係を口に出せずにいた。しかし山岡たちの助力とおかみさんの後押しにより晴れて夫婦となる(10巻「おせちと花嫁」)。現在は墨田区両国に住んでおり、子供も男の子が一人いる。 すみ子 1. 声 - 潘恵子 2. 若吉葉夫人。初登場10巻「おせちと花嫁」。亡くなった島高部屋付きの呼び出しの娘で、島高部屋のおかみさんの手伝いをしていた。おせち料理で横綱の結婚相手を決めるとき、山岡と精一の指導により黒豆など地味ながらも飾らないおせちを作り、横綱の心...

    大木 一造

    1. 声 - 依田英助 2. 初登場2巻第3話「そばツユの深味」。東京一と評判のそばの名店である浅草雷門「藪蕎麦」店主(この店のモデルは浅草にある並木藪蕎麦。大木のモデルは二代目・堀田平七郎氏)。江戸時代から続く「藪」の伝統をかたくなに守っている。見込みがある人間には協力を惜しまない性分であり、山岡に頼まれて一芝居打ち、そばの屋台をやっていた花川勇作にそばつゆの秘伝を教えた。また夏の端境期にはタスマニア産の新そばを仕入れているというエピソードがあった(23巻第7話「真夏のソバ」)。

    1. 初登場第5巻第6話「牛なべの味」。日本が誇る芸術家で、陶芸家・書道家・美食家などの顔をもつ。 2. 過去の人物のため直接登場することはないものの、魯山人風すきやきなどの料理や陶芸作品などが紹介される。唐山陶人の師であり、海原雄山が目標にしている美食家の一人。山岡も少なからず影響を受けているせいか、魯山人の料理や器に詳しい。

    永田先生

    1. 声 - 秋元羊介 2. 初登場第7巻第1話「大地の赤」。永田農法(緑健農法)の創始者。ビニールハウスでトマトなどの野菜を栽培している。

  4. 陳時中 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/陳時中
    • 経歴
    • 人物
    • 外部リンク

    学歴

    台北市立銘伝国民学校(中国語版)で教育を受けた後、1966年に台北市立大同高級中学の初中部に進学、1968年に卒業した。その後、1971年に台北市立建国高級中学を卒業して、1971年から1977年まで台北医学院(台北医学大学の前身)牙医学系(歯科学部に相当)で学ぶ。

    歯科医師会

    歯科医界では中山医学大学や国立台湾大学などの学閥があり、陳は少数派の「北医派」と目されていた。しかし「北医派」は民進党内での新潮流系(中国語版)に属する重鎮洪奇昌(中国語版)を擁しており、李祖徳(中国語版)が北医大の董事長時代に陳は洪とともに同大の董事(取締役、2004年 - 2017年)となっている。 1994年、中華民国歯科医公会全国聯合会(中: 中華民國牙醫師公會全國聯合會、以下「全聯会」と略す)の6代目理事長に就任した。当時の医師は診療報酬が少なく、また医療保険制度における軍人や公務員、その家族が自己負担ゼロであり、官民格差があった。この官民格差と医師の低収入を解消する施策として総額制の皆保険制度が導入されるとき、陳は歯科医療への適用を推進すべく医師会を説得、これにより歯科医療は保険医療科目適用第1号となった。総額制は医療費の無限膨張と財政悪化を抑止したため、その後中国医学と西洋医学に属する他の科目にも普及し、制度における陳時中の貢献は大きなものとして評価されている。その後も全聯会では常務理事(1999年 - 2005年)、顧問(1999年 - 2005年、2009年 -...

    入閣以前の政界における経歴

    議員歴はないが、長年民主進歩党のシンクタンクに所属し、蔡英文の医療政策草案でライターを務めた。2000年中華民国総統選挙に際して、中華民国牙医師公会全国聯合会(全聯会)顧問だった陳は200人の会員医師とともに民進党に入党した。 2004年、行政院衛生署(衛生福利部の前身)副署長に指名され、翌年以降謝長廷および蘇貞昌、張俊雄内閣で副署長を務める。2008年の馬英九政権発足に伴い退任。 2011年末から2012年初にかけての2012年中華民国総統選挙では蔡英文の後援会幹事。 2016年末より中華民国総統府国策顧問(中国語版)。 2017年2月8日より衛生福利部部長として林全内閣閣僚に就任した。

    在宅介護者を支援するNGOのチャリティーソング『愛不孤單』MVに出演、彭佳慧(中国語版)(ジュリア・パン、金曲奨受賞の女性歌手)、蕭煌奇(中国語版)(リッキー・シャオ、金曲奨受賞の男性歌手)、江宏傑(男子卓球選手)らと共演している。 2020年1月24日、衛生福利部はコロナ対策を指揮する中央流行疫情指揮中心を立ち上げたが、部内の疾病管制署(CDC)署長が指揮官になるという慣例に従わず、上位の部長が直々に就任する異例の人事だった。 2020年2月、武漢からの台湾市民帰還に際しては、チャーター機に陸配(配偶者が中国大陸籍の台湾人)の子女を搭乗させるかを巡り、行政院大陸委員会は当初は認める方針だったものの、世論の反対を受けて政府は撤回した。このときの会見で陳は「陸配子女は国籍を選べる立場であり[注 4]、台湾籍を選ばなかったことはその当人の責任を伴うものである」と説明したが、こうした考えは厳格な法学者だった父の影響とされている。(#家族の節も参照) 2月4日、武漢に滞在する台湾市民をチャーター機で帰国させたものの、搭乗者の新型コロナ感染が発覚した際の会見では涙を拭う姿が共感と支持を集めたため一夜にして時の人となった。Googleトレンドでも陳時中の検索数が最高潮に達した。その様子を伝えたタイ王国の記者も陳をフルネームではなく「阿中(アーヂョン)」と台湾でポピュラーな愛称をそのまま用いて紹介し、動画は数百万回再生された。 2020年3月17日、新型コロナ対策での会見時に「台湾で感染者数の増加ペースが緩やかなのは検査人数を絞っているからではないか?」と『假象(実態のない偽り)』という単語を用いて質問した中国時報の記者に対しては声を荒げて「防疫スタッフを冒涜するアンフェアな質問」と反論する一幕があり、これを視聴していた台湾児童感染症医学会の理事も記者を「無知で愚鈍」と批判している。 また、ネット上では陳の語録と音声を用いた「手洗い唄」や、ペーパークラフトが作成され、差し入れが相次ぐなど社会現象となっている。衛生福利部も時中のイラストを使ったLINEスタンプをリリースした。 2020年4月の清明節に伴う連休を控え、万が一の際は事前予告のうえで封城(ロックダウン)を実施すると表明、事前に行楽地などでの『保持社交距離』(屋外1メートル、屋内1.5メートルのソーシャルディスタンス...

  5. 林恩宇 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/リン・オンユ
    • 経歴
    • 選手としての特徴・人物
    • 詳細情報
    • 関連項目
    • 外部リンク

    誠泰時代

    2005年、誠泰コブラズに入団。新人王、最優秀選手(MVP)、最優秀防御率に輝く。 2006年、最多勝(17)、最多奪三振(209)、最優秀防御率(1.73)、最優秀選手(MVP)を獲得。投手三冠王(最多勝・奪三振・防御率)は台湾プロ野球界で二人目となる快挙。また、同年3月に開催された第1回WBCチャイニーズタイペイ代表に選出される。 2006年12月6日、東北楽天ゴールデンイーグルスへの入団が決定。契約金5000万円、年俸4000万円(契約金7000万円、年俸2000万円との報道もあり)の2年契約。

    東北時代

    2007年、開幕一軍を果たし先発ローテーションの一人として挙げられるものの、3月25日の練習後に人差し指のマメが潰れている事が判明し出遅れる。4月13日、対日本ハム戦(札幌ドーム)で、来日初先発登板。6回81球を投げ、被安打2の無失点の内容で来日初勝利を挙げる。 しかしその後は台湾との気候の違いから調整が上手くいかず投球が不安定なり、更に文化の違いに馴染めずホームシックに陥ったため、5月半ばにファーム降格となる。9月18日に一軍復帰し、その日の日本ハム戦で2番手として登板、復調の兆しを見せた。最終的に8試合に登板し1勝3敗防御率3.63。また同年12月開催のプレ五輪の台湾代表に選出され、第一戦の対韓国戦で先発した。 2008年は一軍戦登板なし。第2回WBCチャイニーズタイペイ代表を辞退。 2009年も一軍での登板はなく、11月2日に戦力外通告を受ける。その後、12球団合同トライアウトに参加したが、獲得球団はなく、12月30日に行われた中華職棒年度ドラフト会議で、兄弟エレファンツにドラフト1位指名され入団。

    中信時代

    2010年は、2試合の登板に留まり、防御率6.52と目立った成績は残せなかった。 2013年は球団からコーチ職を兼務するように要請されたが固辞(代役としてブラッド・トーマスがコーチ兼任となった)。

    最速151km/hの速球に加え、 変化球はスライダーとフォークを得意としている。球種は他にカーブとチェンジアップを持つ。 2006年シーズンに楽天に入団した左腕・林英傑(リン・インチェ)とは誠泰時代のチームメイトで同い年。左右のエースとして「雙林(ダブル・リン)」と呼ばれた。 愛称は「小鶏(シャオチー)」。大学時代に林と顔が似ている先輩が「大鶏」と呼ばれていたことから名付けられた。スタンドで掲げるボードには「小鶏加油」(小鶏 がんばれ、の意)と書いてほしいと語る(2007年楽天イーグルスオフィシャルガイドブックより)。 背番号29は「2と9を足せば台湾時代の背番号11になる」という理由から。自身は背番号11を希望していたが、楽天の背番号11は既に一場靖弘が付けており、その代替案として29となった。なお、一場は2009年3月に東京ヤクルトスワローズに移籍。それ以降、空き番となったが結局、林が背番号11を付けることはなかった。 「恩宇」の発音は日本人には困難で、入団会見以前は報道機関によってふられる読み仮名が異なっていたが、現在はほぼ「オンユ」で統一されている。しかし、どちらかと言えば「エンユウ」の発音が近い。ローマ字での表記も「En-Yu」である。 入団会見の席で掲げた目標は「先発で7勝以上、防御率3点以内」。 試合で使用するグラブの親指部分に、母国・中華民国の国旗である青天白日満地紅が刺繍されている。 特技はUFOキャッチャー。 座右の銘は「簡単に自分を許さない(自分に妥協しない)」。

    年度別投手成績

    1. 2014年度シーズン終了時 2. 各年度の赤太字はリーグ歴代最高、太字はリーグ最高

    タイトル

    CPBL 1. 最多勝利:1回(2006年) 2. 最多奪三振:1回(2006年) 3. 最優秀防御率:2回(2005年、2006年)

    表彰

    CPBL 1. 新人王:1回(2005年) 2. 最優秀選手:2回(2005年、2006年) 3. ベストナイン:2回(2005年、2006年) 4. ゴールデングラブ賞(金手套奨):1回(2005年)

  6. 炎立つ (NHK大河ドラマ) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/炎立つ_(NHK大河ドラマ)

    江刺の清衡館を焼き討ちにし、人質に取った清衡の妻子を殺害。 金沢の柵に本陣を移すが、清衡と源義家の連合軍から兵糧攻めにあい敗北する。 臆病で自分勝手な性格で、篭城時も自分だけ山盛りの飯を食べていた。

  7. 文在寅 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/文在寅

    夫人・金正淑との間に1男1女をもうけた。 2019年1月末、野党・ 自由韓国党 の 郭尚道 議員は、長女が2018年4月ごろに夫からマンションの贈与を受け、3か月後の7月ごろにこのマンションを売却し、夫と息子とともに 東南アジア に移住したことを明らかにした [343] ...

  8. 元寇 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/蒙古襲来

    「門を出ずるに妻子は寒衣を贈りたり、我に問う西に行き幾日にして帰ると、来たる時もし黄金の印を佩びたれば、蘇秦(中国戦国時代の弁論家)を見て機を下らざるなかりしを」 [241]

  9. 尾張藩 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/尾張藩
    • 藩史
    • 藩校
    • 家臣団
    • 幕末の領地
    • 脚注
    • 関連項目

    関ヶ原の戦いの戦功(先陣)により徳川家康の四男・松平忠吉が入封(清洲藩、52万石)する。慶長11年(1606年)、家康の直轄領であった知多郡(知多半島)も忠吉に加増される。しかし慶長12年(1607年)に忠吉に嗣子がなく死去して天領となった。 代わって甲斐甲府藩から同じく家康の九男で忠吉の弟である徳川義直が47万2344石で入封し、清洲城から新たに築かれた名古屋城に移って(清洲越し)、ここに尾張藩が成立した。 藩領は随時加増されてゆき、元和5年(1619年)5月16日に56万3206石となった。さらに、寛文11年(1671年)紀伊徳川家との格差をつけて御三家筆頭の家格を示すため、給人領(渡辺半蔵はじめ16家1党に将軍の朱印状をもって与えられた知行地)5万石を加増され61万9500石の知行高が確定した。領域は尾張のほぼ一国のほか、美濃・三河・信濃(木曽郡のヒノキ御用林)・近江・摂津と広範囲に跨って飛地が存在した。中でも木曽の御用林から得られる木材資源は藩財政の安定に寄与する重要なものであった。また、表高こそ62万石弱であったが、新田開発を推し進めた結果、実高は100万石近くに達したといわれる。財政には比較的余裕があったことから、領民には四公六民の低い税率が課されたという。三河(加茂郡)や近江(蒲生郡)、摂津(川辺郡)にあったのは、すべて給人領である。尾張藩は、一般的に、江戸時代を通じて一揆がなかった藩とされている。 勝海舟は、氷川清話(明治31年、1898年)の中で「日本国中で、古来民政のよく行き届いたところは、まず甲州と尾州と小田原との三ヶ所」であるとし、尾張(尾州)については、「租税を軽うし、民力を養った」織田信長の遺徳がいまだ「人民に慕われている」、「当時の善政良法が、今なお歴々として残っている」としている。 義直は着任当初まだ幼少であったため、初期の藩政は家康の老臣たちによって行なわれたが、成長してからは義直自ら米の増産を目的とした用水整備・新田開発・年貢制度の確立などに務めて藩政を確立している。 第2代藩主・徳川光友は寺社政策に尽力したが、寺社再建を行いすぎて藩財政が苦しくなり、藩札発行するも失敗して藩財政が苦しくなった。このため、光友以後の藩主は倹約令や上米などの財政改革を行なって藩財政を黒字にさせたりもしたが、天災なども相次いで藩財政は結局は悪化し...

    明倫堂 - 寛延2年(1749年)創立、現・愛知県立明和高等学校
    洋学校 - 明治3年(1870年)創立、現・愛知県立旭丘高等学校

    江戸下屋敷尾張藩の家臣団は、幕府より附属された者、甚太郎衆や忍新参衆などの松平忠吉の遺臣、甲斐時代に義直に仕えた者、尾張藩成立後に取り立てられた者、平岩親吉の遺臣らで構成された。幕下御附属衆の6氏(成瀬、竹腰、渡辺、石河、山村、千村)は将軍徳川家康または将軍徳川秀忠の命によって尾張藩に附属され、代々将軍に拝謁する資格を所持した家柄だった。御附属列衆も幕臣から尾張藩に附属された者であるが、こちらは将軍への拝謁資格はなかった。

    ^ 尾張藩『角川日本地名大辞典(旧地名編)』
    ^ ただし明治維新後に、稲葉騒動が起きている
  10. 台湾の人物一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/台湾の人物一覧
    • あ行
    • か行
    • さ行
    • た行
    • な行
    • は行
    • ま行
    • や行
    • ら行
    • わ行
  11. 其他人也搜尋了