Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 汴州 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 汴州

    汴州(べんしゅう)は、中国にかつて存在した州。 南北朝時代から五代十国時代にかけて、現在の河南省 開封市一帯に設置された。 概要 東魏の天平初年に設置された梁州を前身とする。 梁州は陽夏郡・開封郡・陳留郡の3郡10県を管轄した [1]。 ...

  2. 原州 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 原州
    • 隋代
    • 唐代
    • 宋代
    • 脚注

    隋初には、原州は2郡5県を管轄した。583年(開皇3年)、隋が郡制を廃すると、原州の属郡は廃止された。607年(大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、原州は平涼郡と改称され、下部に5県を管轄した。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

    618年(武徳元年)、唐が薛仁杲を平定すると、平涼郡は原州と改められた。742年(天宝元年)、原州は平涼郡と改称された。758年(乾元元年)、平涼郡は原州の称にもどされた。原州は関内道に属し、平高・平涼・百泉・蕭関の4県を管轄した。808年(元和3年)、吐蕃の侵攻を受けて平高・蕭関の2県を失陥したことから、原州の州治は臨涇県に移された。

    北宋のとき、原州は秦鳳路に属し、臨涇・彭陽の2県と新城・柳泉の2鎮と開辺・西壕・平安・綏寧・靖安の5砦と安羌・新城の2堡を管轄した。 金のとき、原州は慶原路に属し、臨涇・彭陽の2県と柳泉・新城・蕭関の3鎮と綏寧・平安・靖安・開辺・西壕の5寨を管轄した。

    ^ 『魏書』地形志二下
    ^ 『隋書』地理志上
    ^ 『旧唐書』地理志一
    ^ 『新唐書』地理志一
    • 1270年に改編
    • 北魏
    • 高平鎮, 原州
    • 原州, 平涼郡
  3. 随州 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 随州

    随州(隨州、隋州、ずいしゅう)は、中国にかつて存在した州。 南北朝時代から民国初年にかけて、現在の湖北省 随州市一帯に設置された。 概要 西魏により置かれた并州を前身とする。 554年(廃帝3年)、并州は随州と改称された [1]。 583年(開皇3年)、隋が郡制 ...

  4. 黔州 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 黔州

    黔州(けんしゅう)は、中国にかつて存在した州。 南北朝時代から宋代にかけて、現在の重慶市 彭水県および貴州省 務川県・沿河県一帯に設置された。 概要 564年(保定4年)、北周により設置された奉州を前身とする。 574年(建徳3年)、奉州は黔州と改称された。

  5. 洪州 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 洪州
    • 隋代
    • 唐代
    • 元代
    • 脚注

    589年(開皇9年)、隋が南朝陳を滅ぼすと、豫章郡が廃止されて洪州が置かれた。607年(大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、洪州は豫章郡と改称され、下部に4県を管轄した。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

    622年(武徳5年)、唐が林士弘を平定すると、豫章郡は洪州と改められた。742年(天宝元年)、洪州は豫章郡と改称された。758年(乾元元年)、豫章郡は洪州の称にもどされた。洪州は江南西道に属し、鍾陵・豊城・高安・建昌・新呉・武寧・分寧の7県を管轄した。

    1277年(至元14年)、元により隆興府は竜興路と改められた。竜興路は江西等処行中書省に属し、録事司と南昌・新建・進賢・奉新・靖安・武寧の6県と富州・寧州を管轄した。1362年、朱元璋により竜興路が洪都府と改められた。1363年、洪都府は南昌府と改称された。

    ^ 『隋書』地理志下
    ^ 『旧唐書』地理志三
    ^ 『南唐書』元宗本紀
    ^ 『宋史』地理志四
  6. Template:嘉慶四年己未科殿試金榜 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › Template:嘉慶四年己未科殿試

    Template:嘉慶四年己未科殿試金榜. 《嘉慶朝上諭檔》:嘉慶四年四月十二日:覆試新貢士不入等之 薛壂 、 宋潢 、 黃任萬 、 陳中孚 四名遵旨罰停殿試一科, 魏士俊 、 趙子璟 、 康黃中 三名罰停殿試二科。.

  7. 張文翰 (清) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 張文翰_(清)

    張文翰(ちょう ぶんかん)は、清朝の進士、官人。出身は山東省青州府安丘県。 光緒16年(1890年)の殿試にて、進士三甲141名で合格した。同年5月、吏部によって、省の知県に任命された[1]。

  8. 合州 (重慶市) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 合州_(重慶市)
    • 隋代
    • 唐代
    • 脚注

    隋初には、合州は2郡2県を管轄した。開皇末年に合州は涪州と改称された。607年(大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、涪州は涪陵郡と改称され、下部に3県を管轄した。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

    618年(武徳元年)、唐により涪陵郡は合州と改められた。742年(天宝元年)、合州は巴川郡と改称された。758年(乾元元年)、巴川郡は合州の称にもどされた。合州は山南西道に属し、石鏡・新明・漢初・赤水・巴川・銅梁の5県を管轄した。

    ^ 『隋書』地理志上
    ^ 『旧唐書』地理志二
    ^ 『宋史』地理志五
    ^ 『元史』世祖紀七
  9. 台中市立台中第一高級中等学校 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 台中市立台中第一高級中等
    • 校史
    • 歴代校長
    • 校歌
    • 建築
    • 著名出身者
    • 姉妹校
    • 外部リンク
    • 出典

    「吾台人初無中学、有則自本校始(台湾人の中学を始める)」を掲げ、1915年に創立された。当初は「台湾公立台中中学校」と称し、台湾籍の優秀な子弟を集め教育を行い、後に「台湾公立台中高等普通学校」と改称した。 1. 1921年 「台中州立台中第一中等學校」と改称し5年制とした。台湾籍子弟を対象にしていた。 2. 1927年「炊事事件」が発生し自治を求める学生と学校側が衝突。授業の集団ボイコットなどが発生し、強制および自主退学者が100名を超えた。 3. 1945年 終戦に伴い「台湾省立台中第一中学」と改称 4. 1947年 二二八事件が発生。生徒に依る学校及び教師の保護が行なわれる。国軍21師により生徒の逮捕が企図されるが、金樹栄校長の保護により逮捕は完遂されず。 5. 1954年 政府の防空対策により、豊原翁子地区に分校を設置 6. 1968年 義務教育9年制の施行により、分校が独立し現在の豊原高中の前身が誕生。 7. 1970年 初中部を廃し。「台湾省立台中第一高級中学」と改称。 8. 1987年理数系コースを設置。 9. 1996年美術コースを設置し初めて女子生徒の募集を開始する 10. 2000年 国立に改編され「国立台中第一高級中学」と改称 11. 2003年文系コースを設置し、女子生徒の募集を開始したが、のちは男子生徒のみが募集対象となる。 12. 2015年 5月1日、開校100年の記念式典。また、同日、1937年(昭和12年)建設された旧講堂も、同校の歴史を伝える「校史館」として再オープンした。同建物は、2004年に市の歴史的建造物に指定されていたが、地震や水漏れなどで老朽化が進み、近年ではほとんど利用されていなかった。同校の卒業生である台達(デルタ)電子創業者、鄭崇華名誉董事長(会長)からおよそ7000万台湾元(約2億7000万円)の寄付を受け、2012年から修復工事されていたもの。 13. 2017年 1月1日、台中市立に改編され、「台中市立台中第一高級中等学校」と改称

    日本統治時

    1. 田川辰一(1915年2月3日-1919年3月) 2. 小豆澤英男(1919年6月-1924年11月) 3. 下村虎六郎 (下村湖人)(1925年6月-1928年9月) 4. 楠基道(1928年10月-1931年7月) 5. 吉川祐戒(1931年8月-1933年3月) 6. 広松良臣(1933年4月-1940年7月) 7. 田中惠一(1940年8月-1945年10月)

    戦後

    1. 金樹栄(1945年11月-1954年8月) 2. 宋新民(1954年8月-1960年2月) 3. 黄金鰲(1960年2月-1967年9月) 4. 周封岐(1967年9月-1969年8月) 5. 段茂廷(1969年8月-1981年12月) 6. 湯孝彬(1981年12月-1987年8月) 7. 陳継統(1987年8月-1995年8月) 8. 陳時宗(1995年8月-1999年8月) 9. 蔡瑞栄(1999年8月-2000年7月) 10. 蔡炳坤(2000年8月-2008年7月) 11. 郭伯嘉(2008年8月-2012年7月) 12. 陳木柱(2012年8月-2020年7月) 13. 林隆諺(2020年8月-現職)

    現代の校歌

    雲霞燦爛 絃歌鏗鏘 済済多士聚首一堂 励爾学 敦爾品 景前賢而思斉 合群力 集群智 光吾校而輝煌 鵬程万里兮乗風飛揚 育才為楽兮大道是彰 実現三民主義発揮民主精神 青天白日無彊

    日本統治時代の校歌

    南の柱 1. 1. 光は下(くだ)りぬ 生命(いのち)の光 2. み鏡 み剣 み璽(たま)の光 3. 輝(かが)よひ下りぬ 我等が島に 4. 若(わか)やぐ命を 足る日に享けて 5. 歌ふや われら 南の男(を)の子 2. 1. み空(そら)に声あり 久遠(くおん)のひびき 2. 「南を守れ」と 照る日の御宣(みのり) 3. 尊き使命に 今こそ眼ざめ 4. 大和田五百重(おほわだいほえ)の 潮のごとく 5. きほふや われら 南の男の子 3. 1. われらの学び舎 南の柱 2. 常世(とこよ)にゆるがぬ 南の柱 3. 真夏を彩(いろど)る 椰子の葉かざし 4. あふるる力に 大地をふみて 5. 進むや われら 南の男の子

    入徳之門(前庭銅像、創立80週年の際に同窓会より寄贈)
    荘敬楼
    敬業楼
    麗沢楼

    学術

    1. 陳維昭:新竹生医園区準備主任、台大医学部部長、国立台湾大学学長 2. 羅銅壁:台大教授、教務長、中央研究院院士、中央研究院副院長 3. 廖一久:台湾草蝦養殖の先駆者、中央研究院院士 水産試験所所長 4. 陳楷模:国泰総合医院院長、国科会優等研究賞受賞 5. 牟宗燦:世新大学学長、国立東華大学前学長、立法委員 6. 傅勝利:義守大学学長 7. 蔡煒東:台北市医師公会顧問 台北市防癌協会創始者、中華民国防癌篩検中心創始者 8. 謝献臣:行政院衛生署顧問 高雄医学院院長 9. 呉澄敏:華米協会代表、僑委会諮詢委員 10. 呉煜宗:世新大学教授(くれ よそう、憲法学者)

    芸術文化

    1. 林懐民:雲門舞集創始者、国家文芸賞受賞、 2. 趙少康:ジャーナリスト 3. 呂泉生:私立栄星児童合唱団 4. 陳千武:詩人、台湾現代詩人賞、国家文芸賞翻訳賞及び貢献賞受賞 5. 廖徳政:画家 第一回全省美展特選賞、第六回全省美展特選金賞受賞 6. 陳慧坤:画家 國家文分賞、二等景星勲章、文建会文馨賞受賞 7. 巫永福:詩人 小説家 8. 陳亭卿: 9. 黄舒駿:作曲者、歌手

    政官

    1. 李敖:立法委員。 2. 林柏榕:文山社大学校長、立人高中校長、台中前市長 3. 許世楷:台湾駐日代表。 4. 李應元:行政院労委会主委 前駐米副代表、行政院秘書長 5. 呉澧培:総統府資政 台米公民協会創始者、南カルフォルニア台湾会館基金会理事 6. 陳孟鈴:監察院副前院長、台中県長、内政部次長 7. 房金炎:駐カナダ元代表、外交部政務次長 8. 施啓揚:総統府資政、司法部部長、行政院副院長、国安会秘書長司法院長 9. 張光錦:立法委員、総統府侍衛長、軍団副司令、陸軍副総司令 10. 劉泰英:国民党財務委員会主委 経済学者 11. 李光雄:考試委員 省人事処処長、銓敘部次長 12. 林尊賢:駐韓代表 13. 張啓仲:総統府国策顧問、台中市議長、台中市市長、台湾省体育会理事長 14. 呉敦義:立法委員、南投県長、高雄市長、行政院長(首相) 15. 趙守博:中広公司董事長、省新聞処長、社会処長、労委会主委、行政院政務委員 16. 江青釗:国立台湾師範大学附属高級中学教師

    定期交換留学生派遣

    1. フランスLycée Malherbe 2. アメリカ合衆国St. John's Preparatory School

    定期相互訪問

    1. 日本筑波大学附属駒場中学校・高等学校 2. 日本早稲田大学本庄高等学院 3. 日本神戸市立葺合高等学校 4. 日本大阪府立港南造形高等学校

    定期ビデオ学術交流

    1. イギリスHoly Cross School

    ^ a b c フォーカス台湾(2015年5月2日)
    ^ 台中一中改隸市立新校名揭牌 林市長允投入更多資源協助發展[繁体字中国語] , 臺中市政府全球資訊網,(2017年1月1日)
  10. 中国の書家一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 中国の書家一覧
    • 三代
    • 三国
    • 六朝
    • 宋・遼・金
    • 出典・参考文献
    • 関連項目

    1. 史籀(し ちゅう、生没年不詳) 1.1. 一説に、宣王時代の太史官で、また、秦代の人との説もある。史籀の「史」は、史官の意と姓の意と両説ある。字書『史籀篇』15篇を著したとされる。

    西晋

    1. 索靖(さく せい、239年 - 303年) 1.1. 西晋の政治家。字は幼安。敦煌郡龍勒県の人。張芝の姉の孫。草書をよくし、衛瓘と並び称され、特に章草に優れた。その書法は韋誕から出た。書跡には『月儀帖』や『出師頌』(すいししょう)などがある。 2. 衛恒(えい こう、252年 - 291年) 2.1. 字は巨山。衛瓘の子。楷書に飛白の筆意を含む散隷という書を作った。張芝を学び、古文・章草・草書・隷書・楷書をよくし、書論『四体筆勢』を著した。『四体筆勢』には、古文・篆書・隷書・草書の四書体について、その起源などを記している。従妹に衛鑠がいる。

    東晋

    1. 衛鑠(えい しゃく、272年 - 349年) 1.1. 字は茂猗(もい)。通称は衛夫人。衛恒の従妹で、汝陰郡太守李矩の妻。書を鍾繇ないし蔡琰に学び、楷書・行書・篆書・隷書の各体をよくした。王羲之の師と伝えられる。 2. 王珣(おう じゅん、349年? - 400年?) 2.1. 字は元琳。王洽の長男。書名は当時、弟の王珉の方が高く、王珣の本領は学問にあったといわれる。行草に優れ、書に『伯遠帖』がある。

    木村卜堂 『日本と中国の書史』(日本書作家協会、1971年)
    鈴木翠軒・伊東参州 『新説和漢書道史』(日本習字普及協会、1996年11月)ISBN 978-4-8195-0145-3
    玉村霽山 『中国書道史年表』(二玄社、1998年6月)ISBN 4-544-01241-4
    「中国書道史」(『書道藝術』別巻第3 中央公論社、1977年2月)
    中国の書道史 - 中国の書論 - 集帖
    日本の書家一覧 - 日本の漢字書家一覧 - 日本のかな書家一覧
  11. 其他人也搜尋了