Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. サンゴ礁 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/珊瑚環礁

    分類 サンゴ礁はその形態により、大まかに裾礁、堡礁、環礁の3つに分けることができる。 海岸部に接して発達したサンゴ礁を裾礁(きょしょう)という。外礁(サンゴ礁の縁)に囲まれた礁の内部は浅い礁池(しょうち)となり、上空から見ると水色に見える。現在の日 ...

  2. 藻原荘 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/藻原荘

    藻原荘(もばらのしょう)は、奈良時代に成立した日本の初期荘園のひとつ。 上総国 埴生郡、現在の千葉県 茂原市を中心とする一宮川流域に存在したと推定される [1]。 『朝野群載』所収の、寛平2年8月5日付藤原菅根等連署施入帳にみえ、興福寺領であった [2] [1]。 ...

  3. 渦鞭毛藻 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/渦鞭毛植物門

    特に強毒性の渦鞭毛藻として、アメリカのノースカロライナ州で発見されたフィエステリア (Pfiesteria piscicida) がいる。フィエステリアはその複雑な生活環の中で鞭毛虫やシスト、アメーバ型など多彩な形態をとり、他の原生生物から魚に至るまでの生物を捕食して ...

  4. 褐虫藻 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/褐虫藻

    褐虫藻(かっちゅうそう)、英語で"zooxanthellae"(ゾーザンテラ)とは、海産無脊椎動物と細胞内共生する渦鞭毛藻類の単細胞藻類の総称である。 具体的な属としてはSymbiodinium spp.やAmphidinium spp.,Gymnodinium spp.などが知られている。 熱帯、亜 ...

  5. 紅藻 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/紅色植物

    紅藻 (こうそう) (英:red algae) は、紅色植物門 (または紅藻植物門) (学名: Rhodophyta) のこと、またはこれに属する藻類のこと。 その名の通り赤い色をしているものが多いが、これは赤い光合成 色素 タンパク質であるフィコエリスリンを多くもつためである (フ ...

  6. シガテラ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/シガテラ

    シガテラ(ciguatera)とは、熱帯の海洋に生息するプランクトンが産生する毒素に汚染された魚介類を摂取することで発生する食中毒。 Gambierdiscus toxicus などの有毒渦鞭毛藻が原因であることが多い。 「シガテラ」の呼称は、キューバに移住したスペイン人が、この ...

  7. アオサ藻綱 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/アオサ藻

    アオサ藻綱 (アオサそうこう) (学名: Ulvophyceae) は、緑藻植物門に属する綱の1つ。 2020年現在2,000種ほどが知られ、アオサ、シオグサ、カサノリ、イワヅタ (イワズタ [2] [3] [4]) など海藻として知られる緑藻のほとんどはアオサ藻綱に属する。多くは多細胞性 ...

  8. サンゴ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ソフトコーラル

    生態・形態 サンゴは、ポリプと呼ばれる構造をもつ。このポリプが単体で生活するものを「単体サンゴ」、有性生殖によって生じた一つのポリプが分裂や出芽を繰り返して生じたクローンが、分離することなく集まって生活するものを「群体サンゴ」と呼ぶ。

  9. 碓氷郡 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/碓氷郡

    慶応4年6月17日(1868年 8月5日) - 新政府が岩鼻陣屋に岩鼻県を設置。 幕府領・旗本領を管轄。 明治2年12月26日(1870年 1月27日) - 吉井藩が廃藩。 管轄区域が岩鼻県の管轄となる。 明治初年 松井田村、坂本村、安中宿がそれぞれ松井田駅、坂本駅、安中駅に改称。

  10. ハネモ目 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/イワズタ目

    ハネモ目 (ハネモもく) (学名: Bryopsidales) は、緑藻植物門のアオサ藻綱に属する目の1つ。 多くは肉眼視できる大きさになる大型藻であるが、基本的に藻体の中には隔壁がないため、巨大な単細胞といえる体をもつ (多核嚢状性)。ほとんどは沿岸域に生育し、特に熱 ...

  11. 其他人也搜尋了