Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 478,000,000 項搜尋結果

  1. 王宗堯:グレゴリー・ウォン(俳優) 温昇豪:ウェン・シェンハオ(俳優) 王祖賢:ジョイ・ウォン(女優) 光良:マイケル・ウォン(歌手)※中華民国永久居留権のみ所持 歐定興:エドワード・オウ(俳優) 王韋文:おう いぶん(競泳選手)

  2. ja.wikipedia.org › wiki › 蘇軾蘇軾 - Wikipedia

    八娘 (1035年—1052年)、蘇軾の三番目の姉で、16歳で母の兄の程濬の子 程之才 に嫁ぐ。 二年後に夫の実家の虐待を受けて死亡している [28] [29] 。 清朝 の 袁枚 の『 隨園詩話 ( 中国語版 ) 』には誤って蘇軾の妹としている [30] 。 蘇轍 、蘇軾の弟で、 唐宋八大家 の一人である。 伝説では、蘇軾に 小妹 という妹がおり、成年後 秦少游 に嫁いだとされる [注釈 2] 、また、虚構の人物として蘇軾より一切年長の八娘がおり、蘇軾の弟である蘇轍は、自己を最も若いとしたという [31] 。 また、秦少游の之妻は徐文美であり、秦氏の 家譜 である『秦譜』には、秦少游が氏の娘を娶ったという記述はない。 妻妾: 王弗 、蘇軾の妻で、16歳の時に19歳の蘇軾と結婚した。

    • Su¹ Shih⁴
    • 苏轼
    • Sū Shì
    • 蘇軾
  3. 水戸黄門 第1 - 13部 ジャンル 時代劇 原作 葉村彰子(原案) 脚本 各項目を参照 監督 各項目を参照 出演者 東野英治郎 杉良太郎(第2部まで) 里見浩太朗(第3部より、第17部まで) 横内正(第8部まで) 大和田伸也(第9部より) 中谷一郎(第27部まで [1] ) 高橋元太郎(第2部より、第28部まで)

  4. 早稲田大学の人物一覧(わせだだいがくのじんぶついちらん)は、早稲田大学に関係する人物の一覧記事。. (※数多くの卒業生・関係者が存在するためウィキペディア日本語版内に既に記事が存在する人物のみを記載する(創立者・役員・名誉教授・公職者等は除く)). 歴代の校長・学長・総長[編集] 括弧内は就任した年. 東京専門学校の校長. 代. 氏名. 在任期間 ...

  5. ja.wikipedia.org › wiki › 達磨達磨 - Wikipedia

    • 生涯
    • 二入四行論について
    • 影響
    • 関連文献

    菩提達磨についての伝説は多いが、その歴史的真実性には多く疑いも持たれている。南天竺[注 1]国王の第三王子として生まれ、般若多羅の法を得て仏教の第二十八祖菩提達磨になったということになっている。しかしそれよりも古い菩提達磨への言及は魏撫軍府司馬楊衒之撰『洛陽伽藍記』卷一 永寧寺の条(547年)にあり、全ての達磨伝説はここに始まるともいわれている。 弟子の曇林が伝えるところによると、菩提達磨は西域南天竺国において国王の第三王子として生まれ、中国で活躍した仏教の僧侶。5世紀後半から6世紀前半の人で、道宣の伝えるところによれば南北朝の宋の時代(遅くとも479年の斉の成立以前)に宋境南越にやって来たとされている。 北宋時代の景徳年間(1004 - 1007年)に宣慈禅師道原によって編纂され禅宗所依の...

    彼の事績、言行を記録した語録とされるものに『二入四行論』がある。柳田聖山によれば『二入四行論』が達磨に関する最も古い語録で達磨伝説の原型であるとともに達磨の思想を伝えるとされている。敦煌文書を基にした復元された『達摩二入四行論[注 5]』に登場する三蔵法師が、菩提達摩その人だと信じられている。これは、いくつかの既存の禅宗の文献を部分として含む重要な文献だとされている。しかし伊吹敦は『二入四行論』の内容を精査分析し、これが菩提達磨の教説ではなく中国人にしか書けないものであると報告している。さらに伊吹敦は『二入四行論』の作者は誰かという問題に挑み、慧可であろうと推定している。

    達磨により中国に禅宗が伝えられ、それは六祖慧能にまで伝わったことになっている。さらに臨済宗・曹洞宗などの禅宗五家に分かれる。日本の宗教にも大きな影響を及ぼした。 禅宗では達磨を重要視し、「祖師」の言葉で達磨を表すこともある。禅宗で「祖師西来意」(そしせいらいい:達磨大師が西から来た理由)と言えば、「仏法の根本の意味」ということである。 達磨が面壁九年の座禅によって手足が腐ってしまったという伝説が起こり、玩具としてのだるまができた。これは『福だるま』と呼ばれ縁起物として現在も親しまれている。

    『禅の語録1 達磨の語録 二入四行論』、柳田聖山著、1969年 筑摩書房 (復刊)1996年 ちくま学芸文庫、ISBN 4-480-08309-X 。第2版 2016年 筑摩書房 ISBN 978-4-480-32301-9
    『人類の知的遺産16 ダルマ』、柳田聖山著、1981年 講談社 (復刊)『ダルマ』1998年 講談社学術文庫、ISBN 978-4061593138
    『達磨からだるま ものしり大辞典』中村浩訳・著、社会評論社刊(2011年7月)、ISBN 978-4-7845-1903-3
  6. 十七条憲法 (十七条の憲法)(じゅうしちじょう(の)けんぽう)とは、推古天皇12年(ユリウス暦 (西暦)604年)に厩戸皇子(聖徳太子)によって作られて施行された日本初の憲法で、17条からなる法文。 憲法十七条、十七条の憲法(じゅうしちじょうのいつくしきのり)とも言われる。

  7. 五味相生の譬(ごみそうしょうのたとえ)とは、仏教における大乗の涅槃経に出てくる譬えである。 五味の譬え、あるいは醍醐の譬えなどともいう。 釈迦が衆生の機根(性格や教えを受け入れられる器)を見極め、順序だてて教えを段階的に説いたことを表し、涅槃経こそが最後にして最高で ...

  1. 其他人也搜尋了