Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 1,750 項搜尋結果

  1. この項は著名な台湾の人物一覧である。 台湾人とは台湾で生まれ育った人、もしくは中華民国へ帰化した人の事を指す。 現在中華民国の国籍を持っていない人は現在の国籍について可能な限り注記する。 ここでは実在の人物のみを挙げる。

  2. 唐宋八大家(とうそうはちたいか/とうそうはちだいか)は、中国 唐から北宋にかけての八人の文人を指す名数。 唐の韓愈・柳宗元、北宋の欧陽脩・洵・蘇軾・蘇轍・曾鞏・王安石の八人を指し、特に洵・蘇軾・蘇轍は親子(父、長男・次男)で、三とも称されている。

  3. ja.wikipedia.org › wiki › 蘇則蘇則 - Wikipedia

    則(そ そく、? ~ 223年)は、中国 後漢末期から三国時代にかけての政治家。 字は文師。司隷 扶風郡 武功県の人。 子は蘇怡愉(字は休豫)。孫は紹(字は世嗣)・慎。『三国志』魏志に伝がある。 経歴 若い頃に学問と品行によって名を知られた。

  4. ja.wikipedia.org › wiki › 織部流織部流 - Wikipedia

    • 特徴
    • 歴史
    • 織部流門人
    • 参考文献
    • 外部リンク

    古田織部は、師の千利休没後、茶の湯を25年にわたって発展させた。将軍・大名・公家などの茶法を制定し、また現在の茶事の形式も確立させている。織部流(淵冲系)では、織部好みの竹筒のような茶入、ゆがんだ沓茶碗などを使用するが、その点前は茶会記のほか茶書「宗湛日記」「織部百ヶ条」「茶道長問織答抄」「古織伝」「数寄道次第」「草人木」「古田織部正殿聞書」「茶譜」などに詳しく記され、その所作は、織部流温知会・故新会で復元がなされ、一部は遠州流や上田宗箇流にも受け継がれている。一方、秋元瑞阿弥創案の「式正織部流」は真の点前(式正茶法)を標榜するため茶碗は必ず天目である。茶碗は原則、天目のみしか使用できず、「へうけもの」(ひょうげ物)といわれた織部茶碗は、淵冲系の「温知会」の織部流(草庵茶法)でしか使用してい...

    古田織部の茶の湯を伝えた弟子には小堀遠州(遠州流)、佐久間将監(宗可流)、毛利秀元(周防流)、上田宗箇(上田宗箇流)、金森宗和(宗和流)、本阿弥光悦などがいた。また諸藩には織部流の茶頭が数多くいた。江戸時代中期に古田淵黙(中川広計)という豊後岡藩老職がおり、これは織部の女婿・古田重続(中川秀政の老職)の子孫であった。淵黙は、初め江戸千家の茶を学んでいたが、天明8年(1788年)に家臣・古田正友(代助)を派遣し、福岡藩の織部流茶道(頭)・槙宗空(玄蕃)より茶法を学ばせ自らがそれを修得、織部流「十一世」を称した。淵黙は、長府藩の同流の茶道(頭)・飯田淵恕(茂的)からも茶法を授けられた。淵黙の茶法は曾孫の古田宗関(重名)にいたるまで伝えられた。宗関は、明治の初めに大分(豊後)から東京へ移り、織部流...

    安土桃山時代から江戸時代初期

    1. 高弟 1.1. 金森可重、小堀遠州、佐久間将監、桑山元晴、桑山貞晴、毛利秀元、上田宗箇、石川貞通、上田覚甫、服部道巴 2. 武士 2.1. 徳川秀忠、伊達政宗、佐竹義宣、浅野幸長、島津義弘、小早川秀包、小早川秀秋、大久保忠隣、船越景直、大久保長安、大久保藤十郎、大野治長、大野治房、猪子一時、有馬豊氏、森忠政、加藤嘉明、竹中重利、石川康長、石川康勝、石河宗林、津田信成、小笠原秀政、古田重勝、井上高清、北条氏盛、小川祐滋、松平正綱、板倉重宗、南部利直、本多正信、本多正純、本多正勝、土井利勝、毛利秀就、蒲生秀行、榊原康勝、内藤政長、松平定綱、石川忠総、井上正就、丹羽長重、藤堂高虎、田中康政、花井吉成、松平康安、青山幸成、保科正光、水野忠元、仙石秀久、秋田実季、九鬼守隆、村上頼勝、阿部正次、佐野信吉、土方雄氏、松下重綱、鈴木元信(仙台藩)、妻木頼忠、永井尚政、佐久間勝之、佐久間政実、岡部宣勝、船越永景、土屋宗俊、鈴木左馬助(娘婿)、郡宗保、岡村百々之介(大坂衆)、伏屋一盛(大坂衆)、城昌茂 3. 武士(茶道役) 3.1. 木村宗喜(古田家)、中野笑雲(幕府)、原田宗馭(幕府)、山本...

    江戸時代

    1. 武士 1.1. 多賀常長(左近)、朽木稙昌、加賀爪直澄、喜多見重勝、神尾元珍、古田淵黙、青木当候、青木義氏、大久保忠寅 2. 武士(茶道役) 2.1. 兼席徳庵(萩藩)、名嶋玄竹(岩国藩)、小河内芦庵(岩国藩) 3. 公家 3.1. 常修院宮慈胤法親王、近衛家熙、坊城俊将 4. 僧侶 4.1. 経海 5. 町衆 5.1. 金森宗和、本阿弥光甫、灰屋紹益、古筆了祐、山田玄瑞、古田斎宮、伊達道作、清水宗真、清水道茂 ※ ( )は活動期。

    市野千鶴子校訂「織部茶会記」『古田織部茶書二』(思文閣出版)
    宮帯出版社編集部「茶道家元系譜」『茶湯手帳』(宮帯出版社)
    古田織部四百年遠忌追善茶会実行委員会編 『古田織部四百年忌図録』(宮帯出版社)
    宮下玄覇『古田宗関』『岡崎淵冲』(宮帯出版社)
  5. ja.wikipedia.org › wiki › 白隠慧鶴白隠慧鶴 - Wikipedia

    • 生涯
    • 略歴
    • 思想
    • 禅画と墨蹟
    • 主な弟子門下たち
    • 主要な著作
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    駿河国原宿(現・静岡県沼津市原)にあった商家の長沢家の三男として生まれた白隠の幼名は岩次郎。岩次郎は、15歳で松蔭寺の単嶺和尚のもとで得度し、慧鶴と名付けられた。16歳で沼津大聖寺の息道和尚につかえていたある日、『法華経』を読んでいて、こんなたとえ話の多いお経に功徳があるのかと思った。その後、諸国を行脚して修行を重ね、24歳の時に鐘の音を聞いて見性体験するも増長して、信濃(長野県)飯山の正受老人(道鏡慧端)にあなぐら禅坊主と厳しく指弾され、その指導を受けて修行を続け、老婆に箒で叩き回されて次の階梯の悟りを得る。のちに禅修行のやり過ぎで禅病となるも、白幽子という仙人より「内観の秘法」を授かって回復した。その白幽子の机上には只『中庸』『老子』『金剛般若経』のみが置かれていたという。更に修行を進め...

    1686年 駿河の原宿で生誕。幼名岩次郎。
    1700年 地元の松蔭寺の単嶺祖伝のもとで出家する。沼津の大聖寺息道に師事する。
    1703年 清水の禅叢寺の僧堂に掛錫するが、禅に失望し詩文に耽る。雲棲祩宏の『禅関策進』によって修行に開眼、諸国を遊方する。美濃(岐阜県)の瑞雲寺で修行。
    1708年 越後(新潟県)高田の英巌寺性徹のもとで「趙州無字」の公案によって開悟。その後、信州(長野県)飯山の道鏡慧端(正受老人)のもとで大悟、嗣法となる。

    彼は初めて悟りの後の修行(悟後の修行)の重要性を説き、生涯に三六回の悟りを開いたと自称した。その飽くなき求道精神は「大悟十八度、小悟数知らず」という言葉に表象され、現代に伝わっている。また、これまでの語録を再編して公案を洗練させ、体系化した。中でも自ら考案した「隻手音声」と最初の見性体験をした「趙州無字」の問いを、公案の最初の入り口に置き、以後の修行者に必ず参究するようにさせた。 また、菩提心(四弘誓願)の大切さを説いた。菩提心の無き修行者は「魔道に落ちる」と、自身の著作に綴っている。彼は生涯において、この四弘誓願を貫き通し、民衆の教化および弟子を育てた。

    白隠はまた、広く民衆への布教に務め、その過程で禅の教えを表した絵を数多く描いている。その総数は定かではないが、1万点かそれ以上とも言われる。絵の製作年がわかる最も早い作は享保4年(1719年)の「達磨図」(個人蔵)で、縦220cm以上の大作「達磨図」は寛延4年(1751年)の作である(豊橋市正宗寺)。代表作の一つ「大燈国師像」(永青文庫蔵)では、紙面には下書きや描き直しの跡が残り、このような拙によって巧を超えていった技法は、「後の曾我蕭白などに強い感銘を与えた」と想像されている。書家の石川九楊は、白隠の墨蹟について「書法の失調」を捉え、「『書でなくなることによって書である』という逆説によって成り立っている書ならざる書」と評している。白隠の書画の代表的コレクターに、細川護立と山本発次郎がおり、...

    東嶺円慈(1721-1792) 誰もが認める白隠の一番弟子。三島の龍沢寺を開創。
    遂翁元盧(1717-1789) 東嶺と双璧の白隠の弟子。白隠から松蔭寺を受け継いだ。お酒を好んだと言われる。
    峨山慈棹(1727-1797) 多くの弟子を育て、白隠禅の法系を現在まで伝えた。隠山惟琰も卓洲胡僊も峨山の弟子である。
    斯経慧梁(1722-1789) 専門僧堂として妙心寺派の円福僧堂を京都の八幡に開単した。

    漢文で書かれた禅の専門書

    1. 『槐安国語』(かいあんこくご) 五巻 2. 『荊叢毒蘂』(けいそうどくずい) 九巻 3. 『寒山詩闡提記聞』(かんざんしせんだいきもん) 三巻 4. 『息耕録開筵普説』(そくこうろくかいえんふせつ) 5. 『宝鑑貽照』(ほうかんいしょう) 6. 『毒語心経』(どくごしんきょう) 7. 『寒林貽宝』(かんりんたいほう)

    漢文口調の文語体のもの

    1. 『夜船閑話』(やせんかんな) 二巻 2. 『遠羅天釜』(おらてがま) 五篇 3. 『壁生草』(いつまでぐさ) 二巻 4. 『八重葎』(やえむぐら) 二巻 5. 『藪柑子』(やぶこうじ) 6. 『辺鄙以知吾』(へびいちご) 7. 『於仁安佐美』(おにあざみ)

    仮名文字や、歌物語風の法話・小唄

    1. 『坐禅和讃』(ざぜんわさん) 2. 『子守唄』 3. 『おたふ女郎粉引歌』 4. 『大道ちょぼくれ』 5. 『草取歌』 6. 『御代の腹鼓』(みよのはらつづみ) 7. 『謎謎』

    秋月龍珉『白隠禅師』河出書房新社、2013年。
    佐藤康宏「江戸美術の畸人たち」、『美術史論叢』東京大学大学院人文社会系研究科・文学部美術史研究室、24号、2008年。
    石川九楊『日本書史』名古屋大学出版会、2001年。
    直木公彦『白隠禅師――健康法と逸話』日本教文社、1975年。
  6. ja.wikipedia.org › wiki › 曾我蕭白曾我蕭白 - Wikipedia

    蕭白の特徴は、部分の細密で精確な描写能力と対象の動性の的確かつ大胆な把握にある。. 構図における大胆な空間把握、顔料の性質を熟知した上になりたつさまざまな独創に支えられた鮮やかな彩色は、相共に強烈な不安定さを生み出し、見るものを魅了 ...

  7. ja.wikipedia.org › wiki › 二十四孝二十四孝 - Wikipedia

    『二十四孝』(にじゅうしこう)は、中国において後世の範として、孝行が特に優れた人物24人を取り上げた書物である。 元代の郭居敬が編纂した [1]。ここに紹介された中には、四字熟語や、関連する物品の名前として一般化した物もある。日本にも伝来し、仏閣等の建築物に人物図などが ...

  1. 其他人也搜尋了