Yahoo奇摩 網頁搜尋

搜尋結果

  1. 我が国の急速進行性腎炎の患者さんの60~70%はANCA (anti-neutrophil cytoplasmic antibody:抗好中球細胞質抗体)という自己抗体を持っています。. ANCAは中~小型の血管に炎症を起こし、腎臓の糸球体と呼ばれる「血管の塊」にも激しい炎症を起こし、血尿・蛋白尿が認め ...

  2. 膀胱がんの新規発症メカニズムの解明. 〜抗炎症作用を有する薬剤を用いた新規治療法開発に期待〜 【 ポイント】 ・膀胱がんではKDM6Aという遺伝子の変異が多いことが知られている。我々は膀胱尿路上皮における. KDM6A の機能欠失は、がん抑制遺伝子p53の変異と協調して悪性度の高い膀胱がん発症に関与するこ. と、またタバコ由来の発がん物質により筋層浸潤がんに進展することを見いだした。 ・KDM6A 機能欠損は膀胱における炎症を誘発し、加えてp53変異は細胞の増殖を誘導することで膀胱が. 症するこ. 出した。 KDM6A 欠失膀胱がんに対して、 最も発現が上昇した炎症性分子2種類に対す�. と、炎症が抑えられると共にがんの成長が抑制されることを明らかにした。

  3. 透析療法とは. 腎不全が進行し自覚症状が出現すると、透析療法が必要となります。 透析療法には血液透析と腹膜透析の2種類の方法があります。 それぞれの治療法には特徴があるので、ご自身のライフスタイルに合わせて治療法の選択ができます。 1.血液透析導入基準. 腎機能が正常の10-15%以下になると、透析や移植などの腎代替療法(腎臓の機能を代行する治療)が必要です。 日本では、「どのような状態になったら透析を始めたほうがいいか」を判定するための「透析導入の基準」(厚生労働省)があります。 症状・所見と腎機能・日常生活レベルとの組み合わせで導入時期を考えます。 腎機能が正常の15%以上あっても、尿毒症の症状や高カリウム血症、心不全などがあり、適切な治療によって改善しない場合は透析が必要と判断します。

  4. 概要. 生化学は分子を基盤として生命現象および病態を解明する学問領域です。. 医学部教育では、まず生体物質の基本的な構造と機能、物質の変化と代謝について学び、ついでそれらの分子や現象がどのように生体の生理機能や病態と結びつくのかを学んで ...

  5. 担当医. パーキンソン病やジストニアをはじめとする不随意運動疾患に対して、様々な治療を提供いたします。. 内科的な治療で十分な効果がられない場合、標的となる神経核に対して定位的脳手術(ステレオタクティックサージャリー)による外科的治療 ...

  6. 補助人工心臓による治療. 世界的に多く使用されてきた植込み型補助人工心臓は、ノバコア(ワールドハート社)とハートメイト(ソラテック社)の2機種で、いずれも2つの生体弁とポリウレタンの血液サックを持つ拍動型ポンプです。 米国においてハートメイトを用いた心臓移植へのブリッジを前提としない最終治療手段としての治験の結果、植込み後1年時において、生存率は25%(薬物治療群)から52%へと大幅に改善しました ※ [2]。 この成果を基に本治療法は米国食品医薬品局(FDA)の承認及び保険適応を受け、重症心不全治療は新時代を迎えました。 しかしこの治験において装置の限界も明らかになりました。

  7. 教育内容. 卒前教育では、医学部の第1学年から第4学年までの縦断科目である「AI・データサイエンスと医療」において、生物統計、疫学、EBMの講義・演習を担当しています。. そのほか医学部4年(セグメント8)の基幹科目「環境と健康・疾病・障害」「社会 ...

  1. 其他人也搜尋了