Yahoo奇摩 網頁搜尋

搜尋結果

  1. その症状は、男性更年期が原因かもしれません。 簡単な男性ホルモンの測定と体の筋肉量や骨量の計測で診断することができます。 きちんと診断できれば、食事や運動療法、お薬で治療が可能です。 いつまでも悩み続けるのは止めて、一度外来を受診してみましょう。 血管若返り外来. 木曜午後(担当:森本准教授) 高血圧、高脂血症、予備軍を含めた糖尿病などの生活習慣病患者さん、種々のホルモン異常患者さん、そして頭痛患者さんが、ピンピンコロリ(死の直前まで元気で生活すること)となることを目標に診療する外来です。 生涯にわたり脳卒中や心筋梗塞を起こさず人工腎臓のお世話にもならないために、実際に全身の血管の柔らかさを測ることによって、患者さんが動脈硬化にならないよう一人一人に合わせた治療法を提案します。

  2. 2024年06月06日 看護学部・大学院看護学研究科 オープンキャンパス・個別相談会 お申し込み開始! 2024年06月04日 女子高生のための医学部体験ツアーを開催します! 2024年01月11日 令和6年能登半島地震により被災された受験生の皆様へ 2023年11月02日 医学部・看護学部 出願開始!

  3. 概要. 内分泌内科学分野では、どのような内分泌疾患に対しても診療を行うことができることを第一に考え、そのための症例分析、臨床研究、基礎研究を行うことのできるPhysician Scientistを育成することを教育方針とします。

  4. フリガナマサムネ ケン氏名正宗 賢所属東京女子医科大学大学院 医学研究科 先端生命医科学系専攻 先端工学外科学分野職名教授所属職名専門分野医用生体工学/手術支援機器学位博士(工学)経歴1993年 東京大学工学部精密機械工学科 卒業1995...

  5. 使用方法は? 1. 経口ステロイド療法. 「プレドニゾロン(PSL)」という薬が使われることが多く、初期投与量PSL20~60mg/日程度で開始し、2~4週ごとに5~10mgずつ減量していきます。 PSL20mg以下では、さらにゆっくり減量していきます。 連日内服と隔日(1日おき)内服があり、後者のほうが副作用は少ないといわれています。 2. ステロイドパルス療法. メチル・プレドニゾロン500~1000mgの点滴注射を3日間行います。 服用中に注意することは? 1. 急に内服を中止しないこと. ステロイドホルモンはPSL換算で2.5~5mg程度が生理的に分泌されていますが、それ以上の量のPSLを長期に内服した場合、副腎皮質からのステロイドホルモンが分泌されなくなります。

  6. www.twmu.ac.jp › TYMC › topicsTOPICS

    TOPICS ... CLOSE

  7. 2012年12月1日 · 動脈硬化とは動脈の壁が厚くなり、弾力性が低下して血管の内腔が狭くなることを言います。. その中には3種類の分類がありますが、その代表的なものがアテローム性動脈硬化です。. 粥腫(プラーク)と呼ばれるものが血管の壁に作られることを ...