Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 987 項搜尋結果

  1. 三ッ林 裕巳(みつばやし ひろみ、1955年 9月7日 - )は、日本の政治家、医師。 自由民主党所属の衆議院議員(4期)、衆議院 厚生労働委員長。 元内閣府副大臣、厚生労働大臣政務官。

  2. 選挙区. 愛媛4区. 当選回数. 1回. 在任期間. 2021年 11月2日 [1] - 現職. テンプレートを表示. 長谷川 淳二 (はせがわ じゅんじ、 1968年 〈昭和43年〉 8月5日 - )は、 日本 の 政治家 、元 自治 ・ 総務 官僚 。. 自由民主党 所属の 衆議院議員 (1期)、 総務大臣政務 ...

  3. ja.wikipedia.org › wiki › 藤岡隆雄藤岡隆雄 - Wikipedia

    選挙区. 比例北関東ブロック ( 栃木4区 ). 当選回数. 1回. 在任期間. 2021年 11月5日 [1] - 現職. テンプレートを表示. 藤岡 隆雄 (ふじおか たかお、 1977年 (昭和52年) 3月28日 - )は、 日本 の 政治家 。. 立憲民主党 所属の 衆議院議員 (1期)。.

  4. ja.wikipedia.org › wiki › 辻清人辻清人 - Wikipedia

    • 概要
    • 政策・主張
    • 人物
    • 所属団体・議員連盟
    • 外部リンク

    東京都台東区生まれ。4歳でカナダ・バンクーバーに移住し、17歳まで過ごす。 2003年、京都大学経済学部卒業後、リクルートホールディングス入社。 2007年、コロンビア大学国際公共政策大学院を修了し、同年6月から戦略国際問題研究所で研究員を務める。 2012年12月の第46回衆議院議員総選挙で元通商産業大臣・TOKYO自民党政経塾初代塾長深谷隆司の後継者として東京2区から出馬。民主党の元内閣総理大臣補佐官・中山義活を破り、84662票を得て初当選。 2014年7月、NHKアナウンサーの出田奈々と結婚。 同年12月の第47回衆議院議員総選挙に自民党公認で東京2区から立候補。103,954票を獲得して中山らを破り、再選。 同年12月17日に東京都選挙管理委員会から当選人告示を受けた。 2017年...

    父親が日系カナダ人であり、出生名であるアンドリューを17歳まで名乗っていた。辻は日本人の母親の旧姓である。両親は幼少期に離婚。母子家庭で育つ。
    英語(英検1級取得、TOEIC満点)・フランス語(小学校~大学まで学ぶ。中学時代、スイスに短期留学)・ドイツ語(中学~大学まで第二外国語として学ぶ)など語学を得意とする。
    身長177センチ、体重70キロ、O型。
    シンクタンク研究員時代は、当時同僚の小泉進次郎衆議院議員とともに、外交政策や経済政策の研究活動に従事。
    オイスカ国会議員連盟
    看護問題対策議員連盟
    観光産業振興議員連盟
    行政書士制度推進議員連盟
    辻清人 (kiyototsujitokyo2nd) - Facebook
    辻清人 (@tujikiyoto) - Twitter
    辻清人 (@kiyoto.tsuji) - Instagram
  5. ja.wikipedia.org › wiki › 寺田稔寺田稔 - Wikipedia

    • 来歴
    • 政策・主張
    • 不祥事
    • 人物
    • 所属団体・議員連盟
    • 関連項目

    生い立ちから官僚時代まで

    広島県広島市生まれ。広島大学附属中学校・高等学校、東京大学法学部第2類(公法コース。雄川ゼミ、加藤ゼミ)卒業。1980年、大蔵省へ入省[注 1]。主計局に配属される。 1982年からハーバード大学ケネディ・スクールへ留学し、1984年に公共政策修士号(MPP)を取得。帰国後は、国際金融局国際機構課企画係長や長浜税務署長、在ワシントン日本大使館書記官、大臣官房文書課広報室長、徳島県総務部長、財務省主計局主計官(内閣、司法・警察、財務係担当)、主計局主計官(防衛係担当)、内閣府政策統括官付参事官(経済財政担当)を歴任する。財務省防衛担当主計官時代の2002年に「呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)」の建設に尽力した。

    衆議院議員

    2004年1月28日、妻の義理の叔父にあたる衆議院議員の池田行彦が任期中に病死。財務省を退官し、同年4月25日に行われた広島5区の衆議院議員補欠選挙に自由民主党公認で立候補し、民主党の三谷光男らを破り初当選した。 当選後は、義理の祖父にあたる元内閣総理大臣の池田勇人が設立した宏池会に入会。 2005年の第44回衆議院議員総選挙で、広島5区で再選(三谷も比例復活)。2007年に発足した第1次安倍改造内閣で防衛大臣政務官に任命され、福田康夫内閣で再任。 2009年の第45回衆議院議員総選挙で、広島5区で三谷に敗れ比例復活もならず落選。 2012年の第46回衆議院議員総選挙で、三谷に比例復活も許さず3期目の当選。選挙後に発足した第2次安倍内閣で内閣府副大臣兼復興副大臣に就任する。2013年10月の内閣及び自民党役員人事で党副幹事長に就任する。 2014年6月22日、第186回国会が閉会。同国会において「大臣、副大臣、政務官、補佐官、議長、副議長、委員長、の要職に就かず、質問、議員立法、質問主意書を提出していない」と指摘された。同年10月、自民党国会対策副委員長に就任。 同年12月の第4...

    総務大臣に就任

    2022年8月10日、第2次岸田改造内閣で総務大臣に就任。 同年10月5日、週刊文春の電子版が、寺田の政治団体「自由民主党広島県第五選挙区支部」と「寺田稔呉後援会」にまつわる身内への資金の還流と、源泉徴収の関連書類の未提出による脱税の疑惑をスクープ。以後、連日にわたり、不適切な政治資金収支報告書の提出などに絡む「政治とカネ」に関する不祥事の報道がなされた(後述)。同年11月18日、寺田は記者会見を開き、自民党内から法務大臣辞任を求める声が上がっていることを聞かれると、「辞任を求める声は直接、耳にしていない。何人かの自民党関係者からは激励を受けている」と述べた。また、「(選挙区の)皆さんから非常に激励をいただき、『よくああやって正直に説明して感心しました』という声しか私は聞いていない」と述べ、辞任の考えはないことを示した。 同年11月20日、寺田は総務大臣の辞表を岸田文雄首相に提出し、受理された。事実上の更迭と見られ、同内閣では山際大志郎経済再生担当大臣、葉梨康弘法務大臣に続く更迭となる。11月21日に正式に辞任。11月29日、自由民主党広島県連会長を辞任。

    憲法

    1. 憲法改正について、2021年のアンケートで「賛成」と回答。 1. 憲法9条への自衛隊の明記について、2021年のアンケートで回答しなかった。 1. 憲法を改正し緊急事態条項を設けることについて、2021年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答。

    外交・安全保障

    1. 「他国からの攻撃が予想される場合には敵基地攻撃もためらうべきではない」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答。 1. 「北朝鮮に対しては対話よりも圧力を優先すべきだ」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答。 1. 普天間基地の辺野古移設について、2021年のアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答。

    ジェンダー

    1. 選択的夫婦別姓制度の導入について、2014年の朝日新聞社のアンケートで「どちらかといえば反対」と回答。2021年の朝日新聞社のアンケートで「どちらとも言えない」と回答。同年のNHKのアンケートで「どちらかといえば反対」と回答。 1. 同性婚を可能とする法改正について、2021年の朝日新聞社のアンケートで「どちらとも言えない」と回答。同年のNHKのアンケートで「反対」と回答。 1. 「LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答。 1. クオータ制の導入について、2021年のアンケートで「どちらかといえば反対」と回答。

    2009年から2020年にかけて、寺田が支部長を務める「自由民主党広島県第五選挙区支部」と「寺田稔呉後援会」は、事務所を置く広島県呉市本通4丁目の呉YSビルを寺田と共に区分所有する妻に対し、計3255万円の賃料を支払っていた。登記簿によると、ビルは地上5階、地下1階で、寺田が7分の2を、妻が残りを所有している。2022年10月5日、週刊文春の電子版がこの件をスクープで報じ、身内への資金の還流...

    統一教会との関係

    1. 2018年10月25日、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関連団体「国際勝共連合」が創立50周年記念大会をザ・キャピトルホテル 東急で開催。寺田が代表を務める資金管理団体「みのる会」は、式典会費として2万円を支出した。寺田は式典自体は欠席したという。 2. 2022年7月から8月にかけて、共同通信社は、全国会議員712人を対象に、統一教会との関わりを尋ねるアンケートを実施。8月31日に各議員の回答の全文を公表した。岸田文雄首相は8月8日の自民党臨時役員会で、統一教会をめぐり「政治家の責任で関係をそれぞれ点検し、適正に見直してもらいたい」と述べ、党所属国会議員全員に通達するよう指示しながらも、自身はアンケートに答えることを拒否した。寺田もアンケートに答えることを拒否した。

    その他

    1. テニス、ウォーキング、読書、カラオケ、スポーツ観戦を趣味とし、サンフレッチェ広島、広島東洋カープ両チームのファンを公言している。 2. 日中国会議員書画展へ書画を提供している。 3. 総務副大臣在任中の2020年9月に、NTT側に費用負担させて会食を行っていたことが、2021年3月10日に週刊文春で報道された。 4. 大宏池会構想論者であり、2013年から2014年の一時期は宏池会に加えて為公会にも参加していたが2014年7月ごろに退会し、宏池会のみの所属となった[要出典]。

  6. 元衆議院議員、参議院議員の上田哲(日本社会党)は田原が高校在学中英語の非常勤講師として勤務をしていた。田原のクラスは受け持ってはいないが面識ができる。上田の追悼本に立川談志・鈴木邦男・木村三浩・十勝花子などと寄稿をしている。

  7. 札幌病院長自殺事件(さっぽろびょういんちょうじさつじけん)は、国家賠償責任と日本国憲法第51条の国会議員の発言の免責特権に関して争われた裁判 [1]。1985年に国会で議員が病院院長の破廉恥行為等を取り上げたところ、翌日当該医師が自殺し、妻が国と議員に対し損害賠償を求めて訴え ...

  1. 其他人也搜尋了