Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 20 項搜尋結果
  1. 透明帆布 相關
    廣告
  1. ja.wikipedia.org › wiki › ネオダダイズムネオダダ - Wikipedia

    ネオダダ (Neo-Dada) は、作品制作の方法論や意図が初期のダダイスムと類似点を持つ、1950年代後半から1960年代のアメリカ合衆国の美術家や美術運動を表すのに使われた用語 [1] である。

  2. ja.wikipedia.org › wiki › ガッシュガッシュ - Wikipedia

    ガッシュ(グヮッシュ、Gouache フランス語発音: [ɡwaʃ] )は、不透明な水彩絵具の一種で、顔料をアラビアガムの水溶液で練ったもの。 イタリア語のGuazzo(水溜り、不透明水彩技法)から来た言葉といわれ、本来は絵具の名前ではなく不透明水彩技法を指した [1] [2]

  3. ja.wikipedia.org › wiki › 印象派印象派 - Wikipedia

    • 印象派の前史
    • 印象派の概要
    • 印象派の形成
    • 印象派絵画の技法
    • 題材と構図
    • 印象派画家の一覧
    • 関連文献(日本語)
    • 関連項目

    フランスでは17世紀以来、新古典派の影響下にあるアカデミーが美術に関する行政・教育を支配し、その公募展(官展)であるサロンが画家の登竜門として確立していた。アカデミーでは、古代ローマの美術を手本にして歴史や神話、聖書を描いた「歴史画」を高く評価し、その他の絵は低俗とされた。筆跡を残さず光沢のある画面に理想美を描く画法がアカデミーの規範となった。しかし19世紀になると、その規範に従わない若い画家たちが次々に現れ始めた。 1. ロマン主義の画家たちは遠いはるかな過去の歴史ではなく、鋭い感受性をもって同時代の出来事に情熱的に感情移入した。テオドール・ジェリコーの『メデューズ号の筏』(1819年)は、この難破事件から受けた大きな衝撃をばねにして描かれた。ウジェーヌ・ドラクロワの『民衆を導く自由の女神...

    初期の印象派の画家たちはその当時の急進派であり、アカデミー絵画のルールを無視した。彼らはウジェーヌ・ドラクロワとJ.M.W.ターナーのような画家たちに影響されて、線や輪郭を描くのでなく、絵筆で自由に絵の具をのせて絵を描いた。また当時の実生活の風景を描き、ときには戸外でも描いた。それまでは静物画や肖像画はもちろん、風景画でさえもアトリエで描かれていた(例外はカナレットであり、彼は屋外でカメラ・オブスクラを使って描いたらしい)。 印象派は戸外で制作することで、瞬間的な日の光だけでなく、それが変化していく様子もとらえられることを見つけた。さらに、細部ではなく全体的な視覚的効果を狙って、(従来のように滑らかさや陰影にこだわらず)混色と原色の絵の具による短い断続的なストロークを並べて、あざやかな色彩を...

    19世紀中頃は、皇帝ナポレオン3世がパリを改造する一方で、戦争に突き進むなど変化の多い時代であったが、フランスの美術界は芸術アカデミーが支配していた。アカデミーは伝統的なフランス絵画のスタンダードを継承していた。 歴史的な題材や宗教的なテーマ、肖像画が価値あるものとされ、風景画や静物画は軽んじられた。アカデミーは、慎重に仕上げられていて間近で見てもリアルな絵画を好んだ。 このような絵画は、アーティストの手描き跡が見えないように、細心にブレンドされた正確なストロークで描かれていた。 色彩は抑えられ、金のワニスを施すことでさらにトーンダウンされた。 これに対して印象派が使った化学絵の具の色彩は、もっと明るく鮮やかであった。 アカデミーには、その審査員が作品を選ぶ展覧会であるサロン・ド・パリがあっ...

    印象派絵画の大きな特徴は、光の動き、変化の質感をいかに絵画で表現するかに重きを置いていることである。時にはある瞬間の変化を強調して表現することもあった。それまでの絵画と比べて絵全体が明るく、色彩に富んでいる。また当時主流だった写実主義などの細かいタッチと異なり、荒々しい筆致が多く、絵画中に明確な線が見られないことも大きな特徴である。また、それまでの画家たちが主にアトリエの中で絵を描いていたのとは対照的に、好んで屋外に出かけて絵を描いた。 印象派への道を準備したフランスの画家には、ロマン主義の色彩主義者ウジェーヌ・ドラクロワ、写実主義の指導者ギュスターヴ・クールベ、バルビゾン派のテオドール・ルソーがいる。 さらに印象派は、印象派と似たスタイルで自然を学び、年若の画家に先輩として助言したジャン=...

    ヤン・ステーンのような17世紀のオランダの画家に顕著であるが、印象派以前の画家たちも日常生活的な題材に力を入れていた。しかし、彼らの構図は旧来のもので、メインの題材(主題)に鑑賞者の注意が集まるように構図をアレンジした。印象派は主題と背景の境目を緩やかにしたので、しばしば印象派の絵には、大きな現実の一部を偶然に切りとったかのようなスナップショットに似た効果がある。写真が広がり始め、カメラが携帯可能になった。写真は気取りのない率直な態度で、ありのままの現実をとらえるようになった。写真に影響されて、印象派の画家たちは風景の光の中だけでなく、人々の日常生活の瞬間の動きを表現するようになった。 写真は現実を写し取るための画家のスキルの価値を低下させた。印象派の発展は、写真が突きつけた難題に対する画家...

    以下の表は主な印象派の画家の一覧である。印象派展出品回の項目が空白になっているのは、その画家が一度も印象派展に出品しなかったことを示す。文献によって印象派の画家の分類が異なっているため、印象派と時期が前後している写実主義、バルビゾン派、ポスト印象派、新印象派の項目も参照されたい。また、印象派の名称は人口に膾炙しているため、現代でもギィ・デサップなど印象派の名を冠される画家が存在する。

    画集 1. 池上忠治編『印象派時代 世界美術大全集西洋編 22』小学館、1993年。高階秀爾ほか監修 2. 池上忠治編『後期印象派時代 世界美術大全集西洋編 23』小学館、1993年。高階秀爾ほか監修 3. 島田紀夫『西洋絵画の巨匠 1 モネ』小学館、2006年 4. 圀府寺司『西洋絵画の巨匠 2 ゴッホ』小学館、2006年 5. 賀川恭子『西洋絵画の巨匠 4 ルノワール』小学館、2006年 6. 坂上桂子『西洋絵画の巨匠 6 モリゾ』小学館、2006年 7. 島田紀夫監修『印象派美術館』小学館、2004年 8. ジャン・クレイ『印象派』高階秀爾監訳、中央公論社、1987年 9. フランソワーズ・カシャンほか『バーンズ・コレクション 印象派の宝庫』天野知香ほか訳、講談社、1993年 10. ...

    • 建築とランドスケープ
    • 絵画
    • 哲学・思想
    • アフリカとアジアのモダニズム
    • 出典
    • 外部リンク

    建築においては、過去の装飾を用いた様式建築を否定するウィーン分離派、デ・スティル、バウハウスなどの動向から、やがて合理的、機能的な建築を理想と考える近代建築運動が起こった。ル・コルビュジエ、ミース・ファン・デル・ローエ、フランク・ロイド・ライトが世界近代建築の3巨匠とされ、日本では前川國男やその弟子である丹下健三らが代表的な建築家として挙げられる(モダニズム建築)。 一方でランドスケープの近代は、ゆっくりと姿を現しつつ出現する。その要因こそ、ランドスケープが植物という生物相手の造形領域であることと深くかかわっている。第一に植物は成長に時間を要し、第二に植栽は設計よりもその維持管理で形態を決めるからである。まさにランドスケープの歴史は、いつの時代も植物の歴史そのものである。 20世紀を通じて世...

    伝統的・保守的な画壇に反抗した未来派、キュビズム、シュルレアリスム、ポップアート等の様々な運動が起こった。20世紀美術を参照。 絵画におけるモダニズムの始まりについては諸説ある。もっとも早くには1863年フランスの落選者展(芸術アカデミーのサロンに落選した後の印象派の画家などが出展)をアバンギャルド(前衛芸術)の出発点とする。しかし、モダニズムを大きく支えたのは1929年に開館したニューヨーク近代美術館 (MoMA) と、1939年に論文『アヴァンギャルドとキッチュ』を発表した米国の美術評論家クレメント・グリーンバーグであった。 これらの運動自体もやがて閉塞し、1970年代後半頃からモダニズムの終焉が叫ばれた(ポストモダン参照)。

    哲学や政治思想の分野では、古典的な君主制や神政政治や封建主義などの権威主義的な思想や体制に対し、啓蒙主義以降の人間の理性中心の思想や体制を指す。 また「近代」(モダン)は、ポストモダニズムの立場から、その人間中心、進歩主義、産業中心、画一化などを批判されることがある。

    サンティニケタン:文脈的モダニズムの形成(「Santiniketan: The Making of a Contextual Modernism」と「阪神間モダニズム」も参照)。 Peter Kallineyは、「モダニストの概念、特に美的自治は、英語圏のアフリカにおける脱植民地化の文学にとって基本的なものであった」と示唆しているが 彼の意見では、Rajat Neogy、Christopher Okigbo、およびウォーレ・ショインカ、らは「植民地の束縛からの自由、人種差別の体系から、さらには新しい植民地時代からの自由を宣言するために近代主義的な美学的自治を再目的とした」作家の一人だった。 学者のWilliam J. Tylerによると、「modernism」と「modernist」という用...

    脚注

    1. ジョンバース (1979) 補充の文学、後で金曜日の本(1984)に再発行。 2. Eco、Umberto (1990) 解釈の限界における連載の解釈、pp。 83-100、抜粋。 3. Everdell、ウィリアムR. (1997) 最初の現代:20世紀の思想の起源のプロフィール(シカゴ:シカゴ大学の出版物)。 4. Gerald Graff (1973) ポストモダン 派の進歩 の神話、TriQuarterly、26(Winter、1973)383–417; 小説今日の rept :現代小説の現代の作家Malcolm Bradbury、ed。(London:Fontana、1977); Proza Nowa Amerykanska編、Szice Krytyczne(ワルシャワ、ポーランド、1984)に再版。『アメリカ文学のポストモダン』の批判的アンソロジー、マンフレッド・プッツとピーター・フリーゼ編。(Darmstadt:Thesen Verlag、1984)、58–81。 5. Gerald Graff (1975) アビスでのバビット:ポストモダンの社会的背景。 ア...

    モダニズムについての バラード、JG。
    デンゼル、アンソニーS.、博士、モダニズムの修士。
    Hoppé、EO、写真家、Edwardian Modernists。
  4. 西洋美術史(せいようびじゅつし)では、西洋における美術の歴史について概説する。 旧石器時代後期に入った頃より、実生活において有用に機能するとは考えにくい遺物・遺構が見られるようになり、これらを総称して一般的に原始美術/先史美術などと呼称し、西洋美術史においては洞窟 ...

  5. ja.wikipedia.org › wiki › 絵具絵具 - Wikipedia

    絵具の自作. 現在一般的なチューブ入り絵具は、 19世紀 になってから開発された。. それ以前は、画家の弟子などが顔料と乾性油などを練り上げて絵具を作っていた。. 一般の人で絵具を作る人は少ないが、絵具メーカーは顔料メーカーが製造する顔料を ...

  6. ja.wikipedia.org › wiki › 美術商美術商 - Wikipedia

    美術商(ギャラリスト)は、美術家の マネジャー のような存在である。. ギャラリストは美術家を育成・指導し、彼ら彼女らがより大きな発表機会に恵まれるよう美術館や キュレーター に紹介して回り、また作品を購入してくれそうな顧客を回り、売上げ ...

  1. 透明帆布 相關
    廣告
  1. 其他人也搜尋了