Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 道瓊指數 相關
    廣告
  1. 道教の歴史 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 道教の歴史

    成立 なにをもって道教の成立とみなすかについては諸説ある。道教による伝説的な説としては、道教は老子によって作られたとする説や、宇宙の創成者である元始天尊によって作られて老子に継承されたとする説 [1]、黄帝が開祖で、老子がその教義を述べたとする説など ...

  2. 瓊州 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 瓊州府
    • 隋代
    • 唐代
    • 宋代以降
    • 脚注

    589年(開皇9年)、隋が南朝陳を滅ぼすと、崖州の属郡は廃止された。607年(大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、崖州は珠崖郡と改称され、下部に4県を管轄した。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

    631年(貞観5年)、唐により瓊州は崖州より分割設置された。はじめ瓊山・臨機・万安・富雲・博遼の5県を管轄した。639年(貞観13年)、臨機・万安・富雲・博遼の4県は崖州に移管され、曾口・顔羅・容瓊の3県は瓊山県より分割設置された。660年(顕慶5年)、楽会県は容瓊県より分割設置された。742年(天宝元年)、瓊州は瓊山郡と改称された。758年(乾元元年)、瓊山郡は瓊州と改称された。789年(貞元5年)、臨高県は瓊州に移管された。瓊州は嶺南道に属し、瓊山・曾口・顔羅・容瓊・楽会・臨高の6県を管轄した。

    宋のとき、瓊州は広南西路に属し、瓊山・舎城・澄邁・臨高・文昌・楽会の6県を管轄した。 1329年(天暦2年)、元により瓊州は乾寧軍民安撫司が置かれた。乾寧軍民安撫司は湖広等処行中書省に属し、瓊山・澄邁・臨高・定安・文昌・会同・楽会の7県を管轄した。 1368年(洪武元年)、明により乾寧軍民安撫司は瓊州府と改められた。瓊州府は広東省に属し、瓊山・澄邁・臨高・定安・文昌・会同・楽会の7県と儋州に属する昌化県と万安州に属する陵水県と崖州に属する感恩県、合わせて3州10県を管轄した。 清のとき、瓊州府は広東省に属し、瓊山・澄邁・臨高・定安・文昌・会同・楽会の7県を管轄した。 1913年、中華民国により瓊州府は廃止された。

    ^ 『旧唐書』地理志四
    ^ 『宋史』地理志六
    ^ 『元史』地理志六
    ^ 『明史』地理志六
  3. ウヒヂニ・スヒヂニ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 泥土煮尊

    神名の「ウ」は泥(古語で「うき」)、「ス」は沙(砂)の意味で、大地が泥や沙によってやや形を表した様子を表現したものとする説がある。. 宇比地邇神「宇比地」は「初泥」(ういひぢ)の音約、「邇」は親愛を表す接尾語と解し、名義は「最初の ...

  4. 丹波道主命 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 丹波道主王
    • 系譜
    • 記録
    • 伝承

    『日本書紀』垂仁天皇条によれば、丹波道主命は第9代開化天皇皇孫である。父は開化天皇皇子の彦坐王(ひこいますのみこ)とするが、開化天皇の別皇子である彦湯産隅命(ひこゆむすみのみこと)を父とする別伝も掲げている。 『古事記』開化天皇段では、父は日子坐王(彦坐王)、母は天之御影神の女(実態は御影神7世孫の国忍富命の娘)の息長水依比売娘(おきながのみずよりひめ)であるという。また同母弟妹として、水之穂真若王(近淡海安直の祖)、神大根王(八瓜入日子王:三野国の本巣国造で、長幡部連の祖)、水穂五百依比売、御井津比売の記載が見える。うち神大根王は、『先代旧事本紀』[原 1]では三野前国造の祖であるという。 妻子に関しては、『日本書紀』では妻の記載はなく、子に日葉酢媛・渟葉田瓊入媛・真砥野媛・薊瓊入媛・竹野媛がいるという。『古事記』では、開化天皇段では妻を丹波之河上之摩須郎女(たんばのかわかみのますのいらつめ)として子を比婆須比売命・真砥野比売命・弟比売命・朝廷別王とする記載が見えるほか、垂仁天皇序段では子として氷羽州比売命・沼羽田之入毘売命・阿邪美能伊理毘売命、後段では子として比婆須比売命・弟比売命・歌凝比売命・円野比売命の記載が見える。 1. 妃:丹波之河上之摩須郎女(日本書紀なし) 1.1. 日葉酢媛命(日本書紀。古事記:比婆須比売命/氷羽州比売命) - 第11代垂仁天皇皇后で、第12代景行天皇や倭姫命等の母。 1.2. 真砥野媛(日本書紀。古事記:真砥野比売命/円野比売命) - 丹波之河上之摩須郎女の子。垂仁天皇妃。 1.3. 弟比売命(古事記。日本書紀なし) - 丹波之河上之摩須郎女の子。垂仁天皇に召し上げ。 1.4. 朝廷別王(古事記。日本書紀なし) - 丹波之河上之摩須郎女の子。三川穂別の祖。 2. 妃:記載なし 2.1. 渟葉田瓊入媛(日本書紀。古事記:沼羽田之入毘売命) - 垂仁天皇妃。 2.2. 薊瓊入媛(日本書紀。古事記:阿邪美能伊理毘売命) - 垂仁天皇妃。 2.3. 竹野媛(日本書紀。古事記なし) 2.4. 歌凝比売命(古事記。日本書紀なし)

    『日本書紀』崇神天皇10年9月9日条では丹波道主命を丹波に派遣するとあり、同書では北陸に派遣された大彦命、東海に派遣された武渟川別、西道に派遣された吉備津彦命とともに「四道将軍」と総称されている。その後、将軍らは崇神天皇10年10月22日に出発し、崇神天皇11年4月28日に平定を報告した。 また同書垂仁天皇5年10月条によると、皇后の狭穂姫命が兄の狭穂彦王の謀反にあたって自殺する直前、天皇に丹波道主命の女5人を後宮に入れることを進言した。その後5人のうち竹野媛は本国に返されたが、日葉酢媛命は後皇后となり景行天皇や倭姫命らを産んだという。 一方『古事記』では、丹波に派遣されたのは丹波道主命ではなく父の日子坐王(彦坐王)とし、事績に関する記載はない。

    京都府京丹後市の久美浜にある神谷太刀宮神社(式内社)では、丹波道主命が祭神として祀られており、かつて丹波道主命が佩いた宝剣「国見の剣」を祀ったと伝える。また、その剣名から「国見」「久美」となり「くみのみなと」「くみの見谷」「くみの浜」などの地名が生じたとも伝える。

  5. 随州 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 随州

    随州(隨州、隋州、ずいしゅう)は、中国にかつて存在した州。 南北朝時代から民国初年にかけて、現在の湖北省 随州市一帯に設置された。 概要 西魏により置かれた并州を前身とする。 554年(廃帝3年)、并州は随州と改称された [1]。 583年(開皇3年)、隋が郡制 ...

  6. 京兆府 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 京兆府

    京兆府(けいちょうふ)は、中国にかつて存在した府。 唐代から元初にかけて、現在の陝西省 西安市一帯に設置された。 概要 隋の京兆郡や唐初の雍州を前身とする。 713年(開元元年)、唐により雍州は京兆府に昇格した。 742年(天宝元年)、西京とされた。

  7. 崇神天皇 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 十市瓊入媛命
    • 略歴
    • 事績
    • 后妃・皇子女
    • 年譜
    • 陵・霊廟
    • 考証
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    稚日本根子彦大日日天皇(開化天皇)の第二皇子。母は伊香色謎命(いかがしこめのみこと)で後の物部氏の系譜に連なる。異父兄に彦太忍信命(磐之媛の祖)。異母弟に彦坐王(神功皇后の祖)。19歳で皇太子となる。 父帝が崩御した翌年の1月13日に即位。2月16日に従妹の御間城姫を皇后とし、活目命(後の垂仁天皇)や倭彦命らを得た。即位5年から7年にかけて疫病が流行したが、大物主神を祀ることで治めた。即位10年、武埴安彦(たけはにやすびこ、孝元天皇の皇子)の反乱を鎮め、四道将軍を各地に派遣した。即位12年に戸口を調査して初めて課役を科したことで御肇国天皇と称えられている。即位65年、任那から朝貢があった。即位68年、崩御。

    疫病と祭祀

    即位3年、三輪山西麓の瑞籬宮(みずかきのみや)に都を移した。即位4年、詔を発して万世一系を謳った。 即位5年、疫病が流行して人口の半ばが失われた。祭祀で疫病を治めようとした天皇は翌年に天照大神と倭大国魂神を宮中の外に出すことにした。天照大神は豊鍬入姫命に託して笠縫邑(現在の檜原神社)に祀らせた[注 2]。倭大国魂神は渟名城入媛命に託し長岡岬[注 3]に祀らせた。しかし渟名城入媛は身体が痩せ細って倭大国魂神を祀ることが出来なかった。 即位7年、「昔皇祖大いに聖業高く国は盛であったのに、朕の世になり災害が多い。その所以を亀卜にて見極めよう。」と詔して、神浅茅原に幸して八百万の神を集めて占った。すると倭迹迹日百襲姫命に大物主神が乗り移って自分を祀るよう託宣した。神の教えのままに祭祀を行ったが霊験がなかった。そこで天皇は沐浴斎戒して宮殿を中を清めて、「願わくば夢に教えて、神恩を示してほしい」と祈った。するとその夜の夢に一人の貴人が現れ自ら大物主神と称して「もし我が子の大田田根子を以って我を祭ればたちどころに平安となる。」と告げた。続いて倭迹速神浅茅原目妙姫・大水口宿禰(穂積臣遠祖)・伊勢...

    四道将軍

    即位9年、天皇は神が夢に現れたと称し大和国の東口に座す墨坂神と西口に座す大坂神を盾と矛をもって祀った。そして即位10年、四道将軍を派遣して全国を教化すると宣言した。大彦命を北陸道に、武渟川別を東海道に、吉備津彦を西道に、丹波道主命を丹波(山陰道)に将軍として遣わし従わないものを討伐させることとなった。しかし北陸へ出発した大彦命は和珥坂(わにのさか、奈良県天理市)で現れた不思議な童女から不吉な歌を聴くことになる。 引き返して報告したところ、倭迹迹日百襲姫命がさらに詳細な予言を行った。その結果、武埴安彦(たけはにやすびこ、孝元天皇の皇子)が謀反を起こそうとしていることがわかった。叛乱が露見した武埴安彦は山背から、妻の吾田媛は大坂からともに都を襲撃しようとした。天皇は五十狭芹彦命(吉備津彦命)を遣わして吾田媛勢を迎え討ち、一方の武埴安彦勢には大彦命と彦国葺(ひこくにぶく、和珥氏の祖)を差し向かわせて打ち破った。叛乱終息後に四道将軍は再出発し、翌年に帰還して戎夷を従わせたことを報告した。また北陸道を進んだ大彦命と東海道を進んだ武渟川別の親子が合流した土地を相津(会津)という。

    御肇国天皇

    即位12年、戸口を調査して初めて課役を課した。この偉業をもって御肇国天皇(はつくにしらすすめらみこと)と称えられている。『古事記』には天下を統一して平和で人民が豊かで幸せに暮らすことが出来るようになり、その御世を称えて初めて国を治めた御真木天皇「所知初国之御真木天皇」と謂う、とある。即位17年、献上品を運び込むための船を作らせた。即位48年、豊城命と活目尊を呼んで夢占いを行い弟の活目尊を皇太子とした。兄の豊城命には東国を治めさせた。即位62年、灌漑事業を行って依網池(よさみのいけ、大阪市住吉区)や軽(奈良県高市郡)の酒折(さかをり)池などを開き大いに農業の便を図ったと伝えられる。即位65年、任那が使者として蘇那曷叱知(そなかしち)を遣わしてきた。素戔嗚尊が新羅に天降ったという異伝を除けば『日本書紀』において初めての朝鮮半島関連の記録である。即位68年、崩御。蘇那曷叱知は活目尊(垂仁天皇)の即位2年に任那へ帰国したが、その際に天皇からの下賜品を新羅に奪われてしまった。『日本書紀』における任那と新羅の抗争はここから始まる。

    皇后:御間城姫(みまきひめ、御真津比売命) - 大彦命(孝元天皇の皇子)女
    妃:遠津年魚眼眼妙媛(とおつあゆめまぐわしひめ) - 紀伊国荒河戸畔女
    妃:尾張大海媛(おわりのおおあまひめ、意富阿麻比売・葛木高名姫命) - 建宇那比命女(『先代旧事本紀』天孫本紀)

    『日本書紀』の伝えるところによれば、以下のとおりである。機械的に西暦に置き換えた年代については「上古天皇の在位年と西暦対照表の一覧」を参照。 1. 開化天皇9年または10年 1.1. 誕生。 2. 開化天皇28年 2.1. 1月、19歳で皇太子に立てられる。 3. 崇神天皇元年 3.1. 1月、即位。 4. 崇神天皇3年 4.1. 9月、磯城瑞籬宮(みずかきのみや)に遷都。 5. 崇神天皇5年 5.1. 疫病が流行り、多くの人民が死に絶えた。 6. 崇神天皇6年 6.1. 疫病を鎮めるべく、従来宮中に祀られていた天照大神と倭大国魂神(大和大国魂神)を皇居の外に移した。 7. 崇神天皇7年 7.1. 2月、大物主神が倭迹迹日百襲姫命に託宣。 7.2. 8月、倭迹速神浅茅原目妙姫・大水口宿禰(穂積臣遠祖)・伊勢麻績君の3人がともに同じ託宣を受ける。 7.3. 11月、夢の通りに大田田根子を大物主神の神主とし、市磯長尾市(いちしのながおち)を倭大国魂神の神主としたところ、疫病は終息し五穀豊穣となる。 8. 崇神天皇8年 8.1. 4月、高橋邑の活日を大神の掌酒にした。 8.2. 12月、大物主の祭祀を事視して神酒を捧げる。 9. 崇神天皇9年 9.1. 4月、墨坂神と大坂神を祀る。 10. 崇神天皇10年 10.1. 9月、四道将軍派遣、武埴安彦の叛乱 10.2. 10月、畿内は平穏となり、四道将軍が再び出発。 11. 崇神天皇11年 11.1. 4月、四道将軍が戎夷を従わせて帰参、その様を奏上した。 12. 崇神天皇12年 12.1. 9月、戸口を調査し、課役を科す。天下平穏となり、天皇は御肇国天皇と称えられる。 13. 崇神天皇17年 13.1. 10月、献上品を運ばせるための船を作った。 14. 崇神天皇48年 14.1. 4月、活目命を皇太子とした。 15. 崇神天皇60年 15.1. 7月、飯入根(いいいりね)が出雲の神宝を献上。兄の出雲振根が飯入根を謀殺するが皇軍に誅殺される。 16. 崇神天皇62年 16.1. 10月、依網池を造成。 16.2. 11月、苅坂池と反折池を造成。 17. 崇神天皇65年 17.1. 7月、任那国が蘇那曷叱知(そなかしち)を遣わして朝貢した。 18. 崇神天皇68年 18.1. 12月、崩御。享年120歳(『古事記』では戊...

    陵(みささぎ)の名は山邊道勾岡上陵(山辺道勾岡上陵:やまのべのみちのまがりのおかのえのみささぎ)。宮内庁により奈良県天理市柳本町にある遺跡名「行燈山古墳」に治定されている。墳丘長242メートルの前方後円墳である。宮内庁上の形式は前方後円。 『古事記』に「山邊道勾(まがり)之岡上」。『延喜式』諸陵寮では「山邊道上陵」として兆域は東西2町・南北2町、守戸1烟で遠陵としている。行燈山古墳は、形状が帆立貝形古墳(初期の前方後円墳。前方部が小さく造られている)のようになっているが、これは江戸時代の改修工事によるものとも言われている。なお行燈山古墳より少し前に造られた西殿塚古墳(前方後円墳、全長220m)を真陵とする考え方もある。また江戸時代には渋谷向山古墳(現・景行陵)が陵墓とされていた。 また皇居では、皇霊殿(宮中三殿の1つ)において他の歴代天皇・皇族とともに天皇の霊が祀られている。

    実在性

    初代神武天皇とそれに次ぐ欠史八代の天皇達の実在性が一般に希薄であることされることから、この崇神天皇をヤマト王権の初の天皇と考える説が存在し、また記紀に記された事績の類似と諡号の共通性(後述)から、神武天皇と同一人物とする説もある。井上光貞は御名に後世的な作為が窺えず、欠史八代と違って旧辞も備わっていることから、崇神を実在の可能性のある最初の天皇としている。 ただし、井上は崇神に次ぐ系譜と15代応神天皇以降の系譜との繋がりには懐疑的であり、直木孝次郎も同様の理由から応神以前に大和地方に存在した別王朝の首長と考えており、このように後代の天皇達との連続性を疑う「王朝交替説」も存在する。一方で神武と欠史八代の実在を支持する立場からは、『日本書紀』の記述では神武の即位後しばらくは畿内周辺の狭い領域の記述しか出てこず崇神の代になって初めて他地方にまで渡る記述が出てくること(四道将軍の派遣など)から、神武から9代開化天皇までは畿内にしか力の及ばなかったヤマト王権が、崇神の代になって初めて全国規模の政権になったと考える説もある。 『古事記』は崇神の没年を干支により戊寅年と記載しているので(崩年干...

    称号

    崇神天皇は奈良盆地南東の三輪山麓を根拠地として宗教的・軍事的方法によって国内の統一を進めており、後世これを「はつくにしらす」と追称しているのは彼が原初的な小国家を統一してヤマト王権を確立したことを示すものと考えられる。また『日本書紀』における神武天皇の称号『始馭天下之天皇』と崇神天皇の称号である『御肇國天皇』はどちらも「はつくにしらすすめらみこと」と読める。「初めて国を治めた天皇」と解釈するならば、初めて国を治めた天皇が二人存在することになる。これについては、神武の称号にみえる「天下」という抽象的な語は崇神の称号の「国」という具体的な語より形而上的な概念であるため、本来は崇神が初代天皇であったが後代になって神武とそれに続く八代の系譜が付け加えられたと考える説がある(『常陸風土記』にも「初國所知美麻貴天皇」とある)。安本美典は上述の神武と崇神の称号に関する訓み方は鎌倉・室町時代(あるいは平安末期)の訓み方であり、『書紀』編纂時のものとは異なっていた可能性があると主張している。どちらも同じ意味であるならばわざわざ漢字の綴りを変える理由が解らず、また「高天原」などの用語と照応するならば...

    高句麗の建国との関連

    『日本書紀』は天智天皇7年(668年)の高句麗滅亡の記事で、この滅亡は仲牟王(東明聖王)が高句麗を建国してからちょうど700年目であったと記している[注 4]。建国の年は崇神天皇66年(機械的に換算すると西暦紀元前32年)となり、『三国史記』東明聖王本紀が記す紀元前37年と5年の差があるが、上述の蘇那曷叱知、都怒我阿羅斯等、及び天日槍(アメノヒボコ)の記事との関連が推測される。

    井上光貞『日本の歴史1 神話から歴史へ』中央公論社〈中公文庫〉、1973年10月。ISBN 4-12-200041-6。
    直木孝次郎『日本神話と古代国家』講談社〈講談社学術文庫〉、1990年6月。ISBN 4-06-158928-8。
    肥後和男「崇神天皇」『日本歴史大辞典第6巻 す-ち』日本歴史大辞典編集委員会、河出書房新社、1979年11月。
    安本美典『大和朝廷の起源』勉誠出版、2005年7月。ISBN 978-4-585-05324-8。
  8. 大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 大阪教育大学附属天王寺
    • 概要
    • 他の附属学校との関係
    • 沿革
    • 著名な出身者
    • 関連項目

    自治会行事に見られるように、教員だけでなく生徒が立案・企画し、高めあっていくことを重視する学校である。[要出典]学校の課程は教育基本法および学校教育法に基づき、基礎を確実に理解した上で、充実、発展へと学力を高めていく授業が行われている。[要出典]全ての人が教養を身につけていかなければならないという理念の下、2年生終わりまでは文・理によるクラス分けはなく全員が同じ授業を受ける。[要出典] 学校設定科目として「高2地学実習」(秋)、希望者を対象に土曜講座「スーパーサタデー」などが開講され、継続的な取り組みが行われている。[要出典] SSHに2009-2013年度、2015-2019年度指定され、プログラム「科学のもり」により魅力のある科学者の育成が行われている。[要出典] 2008年に ビオトープ「天王寺学びのもり」と「道草館」が校内に建設され(2006年の附高創立50周年、附中創立60周年記念事業)、地域の防災だけでなく屋外での読書のあり方というユニークな取り組みが行われている。[要出典]

    同敷地内に附属天王寺中学校が所在するが、附属天王寺小学校は数百メートル離れた阿倍野区松崎町に所在する。附属天王寺中学校からはほぼ全員が連絡進学している。 同じ大阪教育大学附属高等学校で他校舎の平野校舎・池田校舎とは生徒間の交流は特になく、それぞれ独自の教育方針を掲げて教育に励んでいる(ただし、教官が転勤という形で行き来したり、非常勤として2校ないし3校で授業を受け持つことはある。[要出典]また、同大学附属高等学校各「校舎」ごとの実質的な最高責任者である校長代行を大阪教育大学では「校舎主任」と呼び、大阪教育大学教授から選考された系列下の附属中学校長―天王寺・池田・平野―の各中学校長が同校舎主任を併任して、同校舎の教頭以下全教官・事務官の業務を実質的な校長として統括する)。[要出典] 略称は、「附属天王寺」、「附天」。在校生、卒業生は「附高」と称することが多い。[要出典]また、「附属」の「附」は正式にはこちらを用いる。(附属学校#「附属」と「付属」の違い 参照)

    1967年 - 大学の名称変更に伴い、大阪教育大学教育学部附属高等学校天王寺校舎に校名を変更。
    2004年 - 大学の国立大学法人化に伴い、大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎に校名を変更。
    2009年 - 文部科学省より、スーパーサイエンスハイスクールの指定を受ける。

    政治

    1. 世耕弘成 - 自由民主党(自民党)の参議院議員、内閣官房副長官・経済産業大臣。ノーベル生理学・医学賞受賞者の山中伸弥は同級生 2. 柳本卓治- 自民党の参議院議員 3. 山田賢司- 自民党の衆議院議員 4. 上西小百合 - 政治家(元衆議院議員)。附属天王寺小、附属天王寺中卒 5. 西村眞悟 - 政治家(元衆議院議員)、弁護士。附属天王寺中卒

    行政

    1. 大江博 - 外交官、駐イタリア大使 2. 大野雅人 - 明治大学専任教授。元財務省大臣官房参事官兼国税庁長官官房 3. 岡村善文 - 外交官、経済協力開発機構日本政府代表部大使 4. 鈴木正規 - 元環境事務次官。イオン銀行会長 5. 田中俊恵 - 内閣官房内閣審議官 6. 槌道明宏 - 防衛省防衛審議官 7. 百嶋計 - 元造幣局理事長。追手門学院大学教授 8. 中江元哉 - 元財務省関税局長。元首相秘書官 9. 松山建士 - 元内閣府事務次官 10. 美並義人 - 国税庁東京国税局長 11. 安森智司 - 元警察庁九州管区警察局長 12. 米谷光司 - 外交官、駐ジブチ大使

    財界

    1. 岡田公伸 - 毎日放送(MBS)制作担当取締役 2. 住野公一 - オートバックスセブン社長 3. 髙尾正樹 - 日本環境設計代表取締役社長 4. 中山讓治 - 製薬会社第一三共代表取締役会長兼CEO 5. 藤本昌信 - 水間鉄道社長、元大阪市交通局長、元京福電気鉄道副社長 6. 吉田昌郎 - 東京電力執行役員、元福島第一原子力発電所所長 7. 和田千弘 - インターブランドジャパン代表取締役社長CEO[要出典]

  9. 渝州 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 渝州

    渝州(ゆしゅう)は、中国にかつて存在した州。 隋代から北宋にかけて、現在の重慶市中西部に設置された。 魏晋南北朝時代 南朝梁の蕭紀(皇位僭称552年-553年)により設置された楚州を前身とする。 隋代 581年(開皇元年)、隋により楚州は渝州と改められ、3郡3県 ...

  10. 其他人也搜尋了
  1. 道瓊指數 相關
    廣告