Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 龍狼伝 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/龍狼伝

    概要 小説『三国志演義』(以下、『演義』)を題材にした作品であり、中でも漢や匈奴に関する独自のストーリーが描かれている点が本作品の特徴として挙げられる。 2020年9月現在、単行本は60冊発売されている。内訳は、『龍狼伝』全37巻、続編の『龍狼伝 中原繚乱 ...

  2. 孟昶 (東晋) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/孟昶_(東晋)

    孟 昶(もう ちょう、? - 410年 6月22日)は、東晋末期の武将・政治家。 字は彦遠。平昌郡安丘県の出身。 弟に孟顗、子に孟霊休、孫に孟詡がいる。 403年の桓玄の帝位簒奪に際して、翌404年の劉裕らの反桓玄の挙兵に参加し、その後尚書左僕射に昇進した。

  3. 一心向前 (アルバム) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/一心向前
    • 構成
    • 歌唱メンバー
    • 脚注

    通常版、豪華版、普通應援版と全員應援版の計4形態でのリリース、それぞれジャケットや封入特典が異なるが、CD収録曲は4形態共通。CDの収録曲数は10曲。初収録曲は3曲。 特典として、通常版には生写真1枚、握手会参加券1枚とSNH48 1st選抜総選挙投票用シリアルナンバーカード1枚、豪華版には生写真3枚、握手会参加券2枚、写真集一冊とSNH48 1st選抜総選挙投票用シリアルナンバーカード3枚、普通應援版にはSNH48 1st選抜総選挙投票用シリアルナンバーカード8枚、全員應援版にはSNH48 1st選抜総選挙投票用シリアルナンバーカード48枚が付いた。

    「一心向前」(チームNII)

    1. (センター:萬麗娜) 2. 陳嘉瑤、陳佳瑩、董艷蕓、馮薪朶、龔詩淇、黃婷婷、何暁玉、鞠婧禕、羅蘭、林思意、陸婷、李藝彤、孟玥、唐安琪、萬麗娜、徐言雨、易嘉愛、趙粵、曽艷芬

    「遙遠的彼岸」(チームSII)

    1. 陳觀慧、陳思、戴萌、宮澤佐江、蔣芸、孔肖吟、鈴木まりや、李宇琪、莫寒、錢蓓婷、邱欣怡、孫芮、瀋之琳、溫晶婕、呉哲晗、徐晨辰、許佳琪、徐子軒、袁雨楨、趙嘉敏、張語格

    「櫻花書籤」(チームSII)

    1. 陳觀慧、陳思、戴萌、宮澤佐江、蔣芸、孔肖吟、鈴木まりや、李宇琪、莫寒、錢蓓婷、邱欣怡、孫芮、瀋之琳、溫晶婕、呉哲晗、徐晨辰、許佳琪、徐子軒、袁雨楨、趙嘉敏、張語格

    ^ “SNH48总选举投票专辑版本解密 5月10日即将预售” (Chinese). SNH48公式サイト (2014年5月6日). 2014年5月15日閲覧。
  4. 日本の華族一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/日本の華族一覧

    日本の華族一覧(にほんのかぞくいちらん)は日本に1869年から1947年まであった華族制度の叙爵者の一覧である。 ここでは五十音順で表記する。

  5. 詩経 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/詩経
    • 成立
    • 構成
    • 内容
    • 受容
    • 中国外への影響
    • 近年の研究
    • 脚注
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    『詩経』に収められている詩は、西周の初期(紀元前11世紀)から東周の初期(紀元前7世紀)の頃に作られたものであり、特に周の東遷前後のものが多いとされている。原作者は、男・女、農民・貴族・兵士・猟師といった幅広い人々であるとされる。その成立時期はギリシアのホメーロス『イーリアス』『オデュッセイア』と並んで古いものであり、特に個人・集団の叙情詩としては世界最古のものであるといえる。 もとは口承で伝播していたが、春秋時代前期に書きとめられて成書化した。これらの詩は周代から春秋時代にかけて音楽にのせて歌い継がれ、地域を超えて広く伝播していた。詩の引用は『春秋左氏伝』や『論語』『墨子』といった書物にすでに見える。 『詩経』が成書化するに至った経緯には諸説がある。伝統的な説として、『漢書』芸文志には、周のはじめには「采詩の官」という役人がいて、土地土地の歌謡を採取して皇帝に献上し、皇帝はその歌謡を見て各地の風俗や政治の状況を知り、統治に役立てたという節がある。ただ、どれほど事実に即しているのかは定かではない。また『史記』孔子世家には、もともと三千以上存在した詩から、孔子が善きものを選び取って現行の三百五篇に編纂したとする説があり、これを「孔子刪定説」と呼ぶ。この説は『史記』にしか載っていないものであり、古くから異議が唱えられている。 結局のところ『詩経』の詳細な成立過程は不明であるが、『荀子』には風・雅・頌などの名称が出ており、戦国時代には現行本と近い体裁の『詩経』が成立していたことが分かる。

    『詩経』には合計311篇の詩が収められているが、このうち6篇は題名だけで本文は伝わっていない。それぞれの詩のタイトルは、多くの場合は最初の句から数文字(多くは二字)を選んでそのまま題名にしたものであり、内容を要約したものではない。これら311篇の詩は、「風」「雅」「頌」の三つの区分の下に収録されている。 風 1. 「国風」とも。各国の民間で歌われた詩で、国ごとに十五に分けられている。計160篇。周南・召南(二南、周公・召公の封地の詩。場所は諸説ある)、邶風・鄘風・衛風(内容は全て衛風。衛国の詩)、王風(東周の都を中心とする詩)、鄭風(鄭の詩)、斉風、魏風、唐風、秦風、陳風、檜風、曹風、豳風(周の先祖公劉以下の故地の豳)の15に区分される。 雅 1. 中央朝廷の正しい音楽。「小雅」(31篇)と「大雅」(105篇)に分かれる。「大雅」が周王朝の朝廷・宗廟に用いる詩であるのに対し、「小雅」は上下を通じて用いられる詩で、政事の大小・道徳の存否・辞気の厚薄・成立の豊薄に相違があるとされる。小雅・大雅では十篇ごとを一組としてその最初の詩の名前を冠して「〇〇之什」として区分されている。小雅は鹿鳴之什・南有嘉魚之什・鴻鴈之什・節南山之什・谷風之什・甫田之什・魚藻之什、大雅は文王之什・生民之什・蕩之什に分かれる。 頌 1. 宗廟で祖先の功業を褒めたたえるための歌舞をともなう詩のこと。周頌・魯頌・商頌に分かれ、周頌は清廟之什・臣工之什・閔予小子之什の三つに分かれる。

    形式

    『詩経』に収められている詩は、基本的に四字句を取り、単調で素朴なリズムを奏でる。この四字句は基本的には二字+二字の形を取る。 「周頌」を除けば、どれも数章からなっていて、国風で長いものは豳風「七月」の8章(各章11句)、雅で長いものは大雅「桑柔」の16章(合計120句)といった例がある。全体の傾向としては、国風は短めで、3章で各章4句、2章で各章6句といった作例が多い。雅になると長篇も多く、章の句数が前後で変わる者も多い。小雅「正月」は前8章が各8句、後5章が各6句である。また、大雅には「大明」のように6句と8句が交互に入り混じる形、「生民」のように10句と8句が入り混じる形も見られる。

    押韻

    『詩経』の詩には「押韻」が見られるが、『詩経』の段階では押韻の位置が固定化していないため、どの字が押韻しているのか特定することは容易ではない。『詩経』の押韻の一例は以下である。 1. 鄘風・柏舟「汎彼柏舟、在彼中河、髧彼両髦、実維我儀」 - 一句の起首に韻を用いる例。 2. 鄘風・蝃蝀「蝃蝀在東」、小雅・賓之初筵「有壬有林」 - 中間に韻を用いる例。 3. 周南・卷耳「采采卷耳、不盈頃筐。嗟我懐人、寘彼周行。」 - 偶数句末に韻を用いる例。 『詩経』の押韻は後世の規則に比べるとかなり緩やかではあるが、偶数句末の押韻といった後世の押韻法の類型はすでに現れている。特に「国風」の場合、一篇の詩の中で、前の章とほぼ同一の句が脚韻だけを差し替えて繰り返される形(畳詠体)を取るものが多い。 こうした『詩経』の押韻の解明は、清朝考証学の音韻研究によって推し進められた。中国語の音は時代によって変化しており、『詩経』の押韻は上古音に従うため、現代の感覚では想像しがたい押韻の例も多い。以下がその例である。 1. 周南・關雎「參差荇菜、左右采之、窈窕淑女、琴瑟友之」 1.1. この三字は古韻では同じ「...

    表現技法

    『詩経』に用いられる表現技法としては、古来「賦」「比」「興」の三種が強調されてきた。 1. 賦 - 直叙法。 2. 比 - 直喩法。 3. 興 - 初めにあることを述べ、その連想で次に来る主題を引き出す表現法。隠喩の一種ともされる。 「賦・比・興」の三種の表現技法と、先述した「風・雅・頌」の三つのスタイルは、『周礼』や『毛詩』大序などでは合わせて「詩の六義」と呼ばれている。 『詩経』の詩では、音声や容貌、状況を形容するときに二音の重ね型で示すことが多い。同じ音を二つ重ねる「重言」、最初の発声を同じくする字を二つ重ねる「双声」、尾音が同じ字を二つ重ねる「畳韻」の三種類がある。 1. 重言 - 「関関雎鳩」「交交桑扈」「鼓鍾将将」「楚楚者茨」「戦戦兢兢」など 2. 双声 - 「参差荇菜」「黽勉同心」など。 3. 畳韻 - 「陟彼崔嵬」「我馬虺隤」など。 加えて、『詩経』の詩は「対句」の形式を用いることも多く、これも後世に大きな影響を与えた。以下はその例である。 1. 王風・大車「穀則異室、死則同穴。」 2. 小雅・南山有台「南山有台、北山有萊。」 3. 大雅・既醉「既醉以酒、既飽以德。」

    魏晋南北朝時代 - 唐代

    魏晋時代に王粛も『詩経』の注釈を作り、南北朝時代には北朝では「鄭箋」をもとに『詩経』が読まれ、南朝では「王粛注」をもとに『詩経』が読まれる傾向にあった。唐代に入ると、統治政策上から経書の解釈の統一が必要となり、『五経正義』が作られた。その一つである『毛詩正義』では、「毛伝」と「鄭箋」に沿って解釈が施され、欽定の解釈として大きな地位を占めた。これ以後、科挙を受けるものはこの解釈に拠ることが要求され、その解釈は絶対的なものとして受容されるようになった

    宋代

    従来の解釈はいずれも「毛伝」と「鄭箋」、特に「詩序」(大序・小序)に依拠したものであったが、徐々に「詩序」の解釈に対して疑問が持たれるようになった。その端緒を開いたのは欧陽脩『詩本義』で、詩序に対して批判的な態度を示した。この発想は、鄭樵・王質などを経て、南宋の朱熹『詩集伝』に至って大成した。 朱熹は、詩序は後漢の衛宏によって作られたもので、詩の本来の意味を歪曲していると考えた。そこで朱熹は、詩序が詩と人物や歴史的事件と結び付けて理解することを批判し、それぞれの詩の作成時期は本来特定しがたいものであるとした。また、詩序が道徳的な毀誉褒貶を読み込むことにも反対し、詩は作者の感情がそのまま現れたものであり、その読者の側がその善なるものには従い、不善なるものは反面教師とすることを求めた。そして朱熹は、自身の『詩経』解釈を記した『詩集伝』において、詩序を一切捨てた新たな解釈を施した。結果として朱熹の解釈は、男女の情を憚らずに歌った淫奔の詩を認めるなど、従来の「詩序」の解釈を破り、より素直な人間の感情の発露、自然の情を認めることが増えた。ただし、朱熹の解釈も儒教的価値観の外側に出るものでは...

    日本

    『詩経』が日本に伝播したのは奈良時代を下らず、すでに『懐風藻』には『詩経』の影響が見られる。また、『古今和歌集』の序文である真名序と仮名序には、「和歌有六義」あるいは「そもそも歌のさま六つなり、唐のうたにもかくぞあるべき」と『毛詩』大序の「六義」を用いる部分がある。国文学者の小沢正夫は、このうち「真名序」はより『毛詩』大序に近く、これに『文選』序や『毛詩正義』の解釈を加えながら成立したと指摘する一方、「仮名序」では六義の日本化、または六義に対する和歌の実例の当てはめが試みられたと述べている。小沢は合わせて、真名序・仮名序においては「六義」の意味合いに変化が生まれており、従来の政教主義的な文学観が薄められていることを指摘した。 室町時代末期の清原宣賢は、平安中期から明経道の博士を世襲した清原家の一族にあり、経書の研究を家学としていた。彼の学生に対する講義録である『毛詩抄』は、毛伝・鄭箋を解釈するために『毛詩正義』を利用しつつ、朱熹説や劉瑾『詩傳通釈』、また『五経大全』を用いている。 江戸時代に入ると、『詩経』の研究が盛んになり、中村惕斎・中井履軒・皆川淇園・東條一堂・仁井田好古・亀...

    西洋

    中国文化のヨーロッパへの紹介が進む中で、『詩経』は聖典であると同時に民衆詩であるとみなされて受容された。初期の言及例は、中国語の辞書の編纂を試みていたニコラ・フレレ(英語版)によるもので、彼は1714年の論文で『詩経』を解説している。19世紀後半になると、啓蒙主義を脱して東洋文化の理解を深めようとする機運の中で、宣教師のジェームズ・レッグが1871年に『詩経』の英語訳を完成させた。この訳をアーサー・ウェイリーは高く評価している。 その後は、1880年にヴィクター・フォン・シュトラウス(英語版)がドイツ語訳を作り、さらに1896年にクヴルール(英語版)がフランス語訳を作った。その後も、アーサー・ウェイリーやベルンハルド・カールグレンによって翻訳が作られている。

    伝統的解釈から離れた新しい『詩経』研究は、フランスの社会学者のマルセル・グラネ、中国の文人の聞一多、日本の中国文学者の松本雅明・白川静・目加田誠らによって推し進められた。 マルセル・グラネは、社会学的アプローチから『詩経』の研究を進め、『中国古代の祭祀と歌謡』を著した。グラネーは『詩経』を古代の祭礼や舞踏において即興的に歌われた文学として捉え、『詩経』の詩を田園的主題を持つもの、村落の恋愛詩、山川の歌謡に分けて論じた。聞一多は、民俗学的なアプローチを取って『詩経新義』『詩経通義』を著した。これらは『詩経』全体の研究には及んでいないが、『詩経』を民謡として捉え、その表現法を鋭く分析した。 松本雅明の『詩経諸篇の成立に関する研究』は、「興」に着目して『詩経』の詩の成立年代を考察し、国風の古いものは西周後期、雅・頌の大部分は東周の詩であり、そこに村落の舞踏詩から貴族の饗宴歌への移行を見て取った。同時期に発表された白川静の『稿本詩経研究』は、古代歌謡は呪術行為から誕生したものであるとし、『万葉集』との比較を通して民俗学的なアプローチから『詩経』の研究を進めた。また、目加田誠は、自身の研究が中国古代歌謡集として『詩経』を読み、儒教から離れた純粋な歌謡文学として『詩経』を扱う最初のものであると述べている。 ただし、こうした新たな観点から『詩経』の原義に迫る研究は、伝統的な『詩経』解釈を踏まえて作られている古人の詩を読解する場合には参考にできない点というには注意が必要である。また、二松学舎大学教授の家井真は、過去の研究が『詩経』に先行する(または同時代の)資料である金文資料があまり活用されていないことを批判し、ときおり韻文が見られる周代青銅器の銘文との比較を通して『詩経』の研究に当たった。

    注釈

    1. ^ 江戸時代の詩経名物学書は以下に網羅されている。: 陳捷 「経学註釈と博物学の間―江戸時代の『詩経』名物学について」、陳捷編 『医学・科学・博物 東アジア古典籍の世界』 勉誠出版、2020年。ISBN 978-4-585-20072-7。

    翻訳

    1. 石川忠久 『詩経 〈上・中・下〉』 明治書院〈新釈漢文大系〉、1997年。 NCID BA32403270。 2. 清原宣賢(講述) ; 倉石武四郎・小川環樹(校訂)『毛詩抄 : 詩経』 2.1. 木田章義 「解説」 『『毛詩抄 : 詩経』』 岩波書店、1996年。ISBN 4000022970。 2.2. 倉石武四郎「緒言」 『『毛詩抄 : 詩経』』、1940年。 3. 高田眞治 『詩經 上』、青木正兒 ほか編集委員 集英社〈漢詩大系〉、1966年。ISBN 408156101X。 4. 高田眞治 『詩經 下』、青木正兒 ほか編集委員 集英社〈漢詩大系〉、1968年。ISBN 4081561028。 5. 目加田誠 『詩経・楚辞』 平凡社〈中国古典文学大系〉、1969年。ISBN 4582312152。 6. 吉川幸次郎 『論語 上』 朝日新聞社〈中国古典選〉、1978a。ISBN 4022601035。 6.1. 吉川幸次郎 『論語 中』 朝日新聞社、1978b。ISBN 4022601043。 6.2. 吉川幸次郎 『論語 下』 朝日新聞社、1978c。ISBN 40...

    研究書・概説書

    1. 青木正児 『中華名物考』 平凡社〈東洋文庫〉、1988年。ISBN 4582804799。 2. 阿部隆一 『阿部隆一遺稿集』、慶応義塾大学附属研究所 斯道文庫編 汲古書院、1985年。ISBN 4762911224。 3. 家井眞 『『詩經』の原義的研究』 研文出版、2004年。ISBN 4876362297。 4. 加賀榮治 『中國古典定立史』、加賀榮治先生・同 編集委員會 編 汲古書院、2016年。ISBN 9784762965708。 5. 加納喜光 『詩経 2 古代歌謡における愛の表現技法』 汲古書院、2006年。ISBN 4762927635。 6. 白川静 『詩経 : 中国の古代歌謡』 中央公論新社〈中公文庫〉、2002年。初版は中公新書、1970年 7. 野間文史 『五経入門 : 中国古典の世界』 研文出版〈研文選書〉、2014年。ISBN 9784876363742。 8. 村山吉廣 『詩経の鑑賞』 二玄社、2005年。ISBN 4544011558。 9. 目加田誠 『詩経』 講談社〈講談社学術文庫〉、1991年。ISBN 4061589539。

    論文・記事

    1. 小沢正夫 「古今集序の六義についての研究」 『日本學士院紀要』 14巻1号 日本学士院、27-63頁、1956年。doi:10.2183/tja1948.14.27。ISSN 0388-0036。 NAID 130003422260。https://dor.org/10.2183/tja1948.14.27。 2. 門田真知子 「ヨーロッパ文化圏への中国詩の移入 : I. その小史」 『鳥取大学教育学部研究報告 人文・社会科学』 47巻1号 鳥取大学教育学部、121-131頁、1996年8月。ISSN 02878003。 NAID 110000288839。https://repository.lib.tottori-u.ac.jp/1952。 3. 田中和夫 「『古今集』六義の原拠について : 中国詩論の六義説を通して」 『文藝論叢』 12巻 立正女子大学短期大学部文芸科、38-43頁、1976年。ISSN 0288-7193。 NAID 120006422188。http://id.nii.ac.jp/1351/00006609/。 4. 藤堂明保 「上古漢語の音韻」、...

    中国文学、漢詩
    儒教、経学、朱子学、考証学
    毛詩並毛詩正義〈大雅残巻/(紙背)〉 - 国指定文化財等データベース(文化庁)
    宋版毛詩正義〈紹興九年刊/(金沢文庫本)〉 - 国指定文化財等データベース(文化庁)
    清家文庫『毛詩抄 20巻』 - 京都大学貴重資料デジタルアーカイブ
    毛詩註疏 - 早稲田大学図書館古典籍総合データベース
  6. 食戟のソーマ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/食戟のソーマ

    『食戟のソーマ』(しょくげきのソーマ)は、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2012年52号から2019年29号まで連載された [1]。名門料理学校「遠月学園」を舞台に、下町の定食屋の息子である料理人の少年・幸 ...

  7. 河図洛書 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/河図

    河図と先天図 伏羲が卦を創案した時の原理を表しているとする図を先天図という。 伏羲が河図をヒントに卦を創案したとされる以上、河図と先天図には何らかの接点がなければならない。そこで清の江永は、『河洛精蘊』において河図洛書と先天図の数を一致させる法則 ...

  8. 巫蠱の禍 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/巫蠱の禍
    • 経過
    • 結果
    • 後日
    • 参考文献

    征和元年(紀元前92年)夏、武帝が建章宮にいた際、一人の男が帯剣して中竜華門に入るのを見た。武帝は男を異人ではないかと疑ってこれを捕えるよう命じたが、男は剣を捨てて逃げ、捕えることができなかった。武帝は怒って門候(城門の役人)を処刑した。冬11月、三輔の騎士を動員して上林苑を捜索した。捜索のために長安の城門も閉じられ、11日後にようやく解かれた。この頃、巫蠱の禍が始まった。 公孫賀は夫人が皇后・衛子夫の姉であったために重用され、太僕を経て丞相に引き立てられていた。子の公孫敬声は父に代わって太僕となったが、皇后の甥であることを笠に着て驕奢の振る舞いが多く、北軍の軍費を横領したことが発覚して投獄された。公孫賀は、陽陵の大侠客として知られた朱安世という者を捕え、それと引き換えに公孫敬声の罪を除こうとした。ところが捕えられた朱安世は「丞相の災いは皇族にまで及ぶぞ。南山の竹を全て使っても俺の自白を書き留めるのに足らず、斜谷の木を全て使っても俺の手かせ足かせを作るのに足らないだろうよ」と笑った。そして獄中から、公孫敬声が陽石公主(武帝の娘)と密通していること、甘泉宮(離宮)への道に偶人を埋めて武帝を呪っていることを告発したのである。 征和2年春正月、公孫賀も投獄されて公孫敬声とともに獄死、一族はみな誅せられた。代わって中山靖王の子で涿郡太守の劉屈氂が丞相を拝命した。夏閏4月には武帝の娘である諸邑公主と陽石公主、衛皇后の甥で衛青の子である長平侯衛伉が誅せられた。その頃、武帝は甘泉宮へ行幸した。武帝が甘泉宮で病床に臥せっていることを知った江充は、衛皇后や衛皇后の子・劉拠(衛太子)に憎まれていたことから老齢の武帝が崩御した後に誅せられるのを恐れ、皇帝の病は巫蠱によるものと奏上し、巫蠱の摘発を命ぜられる。江充は胡巫を率い、地面を掘り返して偶人を捜索し、呪い師の類いを捕えては証拠をでっちあげ、拷問にかけて自白させた。人々はお互いに巫蠱の罪で誣告しあい、連座して死ぬ者は数万人に及んだという。 年老いた武帝は左右の臣下がみな巫蠱により自分を呪っているのではないかと疑い、その事実の有無にかかわらずあえて冤罪を訴えようとする者もいなかった。江充はこれに付け入り、宮中の蠱気を除かねば武帝の快癒はないと胡巫の檀何という者に言上させ、按道侯韓説、御史の章贛、黄門侍郎の蘇文らとともに宮中を捜索した...

    劉拠が敗退した後、衛皇后のもとへ宗正の劉長楽と執金吾の劉敢が遣わされ、衛皇后は自殺した。遺体は小さな棺に納めて長安の南の桐柏に葬られた。衛氏もまたことごとく誅せられた。劉拠には3男1女があったが、この事件でみな死んだ。太子良娣(妃に次ぐ地位にある妻)の史氏は衛皇后とともに桐柏に葬られた。劉拠と史氏の子・劉進(史皇孫)はその夫人王氏や娘とともに広明に葬られ、劉進の弟2人は劉拠とともに湖県に葬られた。劉進と王氏の子である劉病已(後の宣帝)のみは生後間もなかったため殺されずに済んだ。 賓客として太子宮に出入りしていた者は誅せられ、劉拠とともに戦った者は族誅、劉拠に心ならずも従った者は敦煌郡に移された。劉屈氂は太子を見逃した田仁を処刑しようとしたが、御史大夫の暴勝之は武帝の裁可を得ないうちに田仁を処刑することへ反対した。武帝はこれを知って「田仁は司直でありながら謀反人を見逃したのだから、丞相がこれを斬ろうとするのは法に則っている。なぜ御史大夫は勝手に止めたのか」と激怒し、暴勝之は恐れて自殺した。田仁、そして劉拠の節を拝受しながら動かなかったため二心を抱くものとされた任安は、ともに腰斬となった。馬通が如侯を捕えた功により重合侯に、景建が石徳を捕えた功により徳侯に、商丘成が張光を捕えた功により秺侯にそれぞれ列侯された。また、劉拠を追捕した功により李寿が邘侯に、張富昌が題侯に列侯された。

    巫蠱の密告を調べてみるとその多くは冤罪であったので、武帝は劉拠に謀反の意志がなかったことを悟った。征和3年(紀元前90年)秋頃、たまたま高寝郎(高祖劉邦の廟を管理する役)の田千秋という者が上書して劉拠の冤罪を訴えた。これに改めて心を動かされた武帝は召し出した田千秋を直ちに大鴻臚へ任命、数か月後には丞相へ昇格させた。江充の一族は誅せられ、蘇文は横門の橋上で焼き殺された。また、泉鳩里で劉拠に刃を向けた者も北地郡の太守となっていたが、一族みな誅せられた。武帝は無実の劉拠のために湖県に思子宮という宮殿を建て、帰来望思の台を設けた。人々はこれを聞いて涙した。 鎮定に功のあった者たちもほとんどが後元元年(紀元前88年)までになんらかの理由で地位を失った。征和3年には夫人が巫蠱を行ったとして丞相劉屈氂が腰斬、劉屈氂の事件を受けて弐師将軍李広利は匈奴へ降伏し、李広利と関係があった邘侯李寿も誅殺された。後元元年には重合侯馬通がその兄の馬何羅とともに謀反して腰斬となり、徳侯景建も馬通に連座して腰斬、秺侯商丘成は不敬があって自殺、題侯張富昌は何者かに殺害された。 後元2年(紀元前87年)春2月、武帝は病床に臥し、末子である劉弗陵が立太子された。武帝はまもなく病死し、劉弗陵が即位して昭帝となる。昭帝の在世中である始元5年(紀元前82年)、長安に劉拠を自称する男が現れた。男が今は亡き劉拠にあまりにも似ているため群臣は何も言い出せなかったが、京兆尹の雋不疑はすぐさま男を捕えさせた。調べてみると実際には夏陽県に生まれて湖県で占い師をしている張延年あるいは成方遂という者であり、男は腰斬となった。 その後曲折を経て、劉進の子つまり劉拠の孫である劉病已が即位して宣帝となったのは、実に巫蠱の禍から20年近くを経た元平元年(紀元前74年)のことである。宣帝は即位後、自らの祖父母や父母の汚名を雪ぎ、劉拠には戾、劉進には悼を諡して、みな改葬した。

    司馬遷『史記』
    班固『漢書』
    司馬光『資治通鑑』
    藤田忠 (2003), “巫蠱の事件について──「前漢の巫者」の補訂──”, 国士舘大学文学部人文学会紀要 (国士舘大学文学部人文学会) 36: 27-40, http://id.nii.ac.jp/1410/00006681/ 2019年8月21日閲覧。
  9. 愛甲猛 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/愛甲猛
    • 経歴
    • 人物・エピソード
    • プレースタイル
    • 薬物使用
    • 詳細情報
    • 関連情報
    • 関連項目
    • 外部リンク

    プロ入り前

    小学生から野球を始める。体が成長し始めた中学時代は身体能力の高さからバレーボールやバスケット、水泳などにも誘われるほどだった。 横浜高校では1年生から左のエースとなり、1978年の第60回全国高等学校野球選手権大会に出場。途中、1年生の時に同級生で副キャプテンの(二塁手;卒業後に読売ジャイアンツドラフト外入団)安西健二と一緒になって1か月にわたって野球部の合宿所を脱走して不良仲間の家を転々としていたが、警察に補導されて当時監督を務めていた渡辺元が身元を引き受ける形で野球部に戻った。3年時の1980年にはエースで3番打者を務め、第62回全国高等学校野球選手権大会決勝戦では、アイドル的な人気を得ていた早稲田実業のエース・荒木大輔に投げ勝ち優勝した。

    ロッテ時代

    本人は地元である横浜大洋ホエールズか西武ライオンズへの入団を希望していたが、同年のドラフト会議でロッテオリオンズから1位指名を受ける。ドラフト前に愛甲を最も熱心に誘ったのは大洋で、原辰徳の外れ1位と言われていた。大洋から指名されなかった場合は社会人のプリンスホテル硬式野球部を経由して西武に入団するという密約を西武と結んでいたため、ドラフト後の記者会見で「ロッテにはいきたくありません」と発言してしまい、露骨に嫌な表情を浮かべた写真や映像が知られることになった。しかし、他の指名選手に遅れて入団。入団発表での記者会見で「野球をやめたら吊るしの洋服屋がやりたい」というコメントを残す。入団後は高橋博士のものだった背番号1を与えられた(高橋は背番号を15に変更)。契約金4800万円、年俸450万円。また愛甲を目当てに多くのファン、とりわけ女性(後述)がキャンプや試合に訪れた。イベントにも女性が殺到し、バレンタインデーには280個のチョコレートが届いた。 1年目の1981年は開幕から一軍に上がり8試合に登板。6月25日に西武ライオンズを相手に先発するが、早々に打込まれ降板、敗戦投手となる。9月...

    中日時代

    1996年は主に外野手として起用されるが、1997年からは大豊泰昭、山崎武司の控え一塁手として、また代打の切り札としても活躍した。同年は12試合に先発出場、打率.283を記録している。 1999年には規定打席不足ながら10年振りの3割となる打率.387と勝負強さを見せ星野仙一監督の期待に応え、リーグ優勝に貢献した。同年の福岡ソフトバンクホークスの前身ダイエーホークスとの日本シリーズでは2試合に代打として出場、第2戦では9回に自身のポストシーズン初安打を放つ。翌2000年限りで現役を引退した。

    高校時代は彫りの深い端正な顔立ちと野球の実力を兼ね備えたことから、特に女性の間で絶大な人気と知名度を誇った「甲子園のアイドル」だった一方、悪童としても知られた。中学時代から不良の道にも精を出し始め、タバコ・女・シンナー・万引き・暴走族など、悪いと言われることは全てやったという。愛甲に限らず不良は当時の愛甲の周囲において極めて多かったようであり、愛甲が中学1年生の頃、1学年で万引きをした生徒が170人も明らかになったと本人が語っている。横浜高校へは授業料免除の特待生で、寮生活の野球漬けのはずが、高校2年まではタバコ・女・シンナーをやっていた。しかし、3年の時に本気で甲子園での優勝を目指してタバコ以外は断った。高校時代のあだ名は「あんぱん」であったという。高校卒業間際には暴行事件が発覚。愛甲はチームメイトや関係者らに謝罪したが、横浜高校はこの一件が原因で対外試合禁止処分を受け、春の大会に出場できなかった。甲子園優勝投手の暴行事件として写真週刊誌に愛甲が謝罪中の場面が掲載されたため反響を呼んだ。 愛甲が在学していた時期の横浜高校は後の愛甲自身の証言によると偏差値が30台前半と推測されるほど勉学に力が入っていない高校であったと語り、愛甲自身も「名前をきちんと書いただけでテストで5点が加算された」と体験談を語っている。 下宿先である渡辺元智監督宅の電話を毎晩夜遅くまで使い、そのために渡辺家の電話代は通常の何倍にもなってしまったが、当の渡辺監督は「それで愛甲が立ち直ってくれるなら」と、黙認していた。 当時の横浜高校野球部内でのイジメ、シゴキについて「他の学校は知らないけど、自分の時代は、1年生はゴミ、2年生は人間、3年生は神様だから。周りには3年生から『コーラ買って来い』と言われ、平仮名で『せんえん』って書かれた紙キレを握りしめて買いに行ったヤツもいた。砂利の上に正座させられての説教なんて日常茶飯事。自分が入学する前の出来事だと、コーラの王冠を後輩の頭の上に乗せて、王冠目がけてシューズでパッカーンと殴る先輩もいた」と語る。当時の野球部のモットーは『根性とハッタリでは負けるな』。遠征試合の時は全員が“ドカン”っていう太いズボンをはいて行く。試合前の挨拶で両校が整列する時は『相手よりあとに集合して、相手が引き揚げるまで帰ってくるな。相手からは絶対に目を離すな』と言われていた。...

    打撃では勝負強いバッティングを武器に主軸を打っており、1988年から3年連続で2ケタ本塁打を放つなどしたが、21本を放った1990年は低打率だったため、それ以降は確実性重視のバッターに変わった。 守備は一塁手を中心に外野手もこなした。1989年にはゴールデングラブ賞を獲っている。股関節が柔らかく180度開脚して送球を受けることができた。 頑丈な選手としても知られる。1988年から1992年にかけての535試合連続フルイニング出場は、2018年に秋山翔吾に破られるまでパ・リーグ記録であった。しかし、「全試合DH導入されていて、自身は一切同起用されず」フルイニング出場は日本プロ野球最多記録である。

    週刊誌などで自らの薬物使用を何度も告白している(週刊現代2001年4月発売号、SPA!2008年発売号、週刊新潮2009年7月23日号)。それらによると、中日時代の1990年代末に体力の衰えをカバーするため、ホルモン剤の「アンドロステンジオン」を服用したという。薬を使ったトレーニングの効果として、すべての力、体力・持久力・精力が異常に強くなった。副作用に関しては「引退(2000年)の2年前から、激しい動悸が起きるようになったため量を減らした」「引退から3カ月ほど経ったころ、足が異様にむくんだりして、病院で『静脈血栓』と診断され、即入院を言い渡された」など、薬物の危険性を語っている。結果的に薬物の使用による副作用で故障がちとなり、選手寿命を縮めることになったが、著書では「後悔はしていない」とも述べている。 なお、自身が「プロテインを使用したトレーニングなど様々な肉体改造を模索した末、医師と相談した上でマーク・マグワイアと同じアンドロステンジオンを服用した」と語るように、当時の野球界はドーピングに対する禁止規定は無く、批判も少なかった(アンドロステンジオンは当時サプリメントとしてアメリカ国内で合法的に販売されていた)、自身もアナボリックステロイドの副作用や、陸上競技のスター選手・フローレンス・グリフィス=ジョイナーの急死事件を考慮するなど、当時の時代背景で認められる範囲の使用であったことも語っている。後にバルコ・スキャンダルなどを発端としてドーピングに対する目が厳しくなる中、「昔は認められたが現在は認められない行為」として自身の体験を引き合いにドーピングの危険性について警鐘を鳴らす機会も増えている。

    年度別打撃成績

    1. 各年度の太字はリーグ最高

    表彰

    1. ゴールデングラブ賞:1回 (一塁手部門:1989年)

    記録

    初記録(投手記録) 1. 初登板:1981年4月6日、対西武ライオンズ前期3回戦(川崎球場)、8回表に3番手で救援登板・完了、2回4失点 2. 初奪三振:同上、8回表に大石友好から 3. 初先発:1981年6月25日、対西武ライオンズ前期13回戦(川崎球場)、1回1/3を6失点で敗戦投手 初記録(打撃記録) 1. 初打席:1984年9月25日、対日本ハムファイターズ26回戦(川崎球場)、6回裏に木村広の前に左飛 2. 野手での初先発出場:1984年9月28日、対南海ホークス26回戦(川崎球場)、7番・一塁手として先発出場 3. 初安打:1985年5月26日、対阪急ブレーブス7回戦(阪急西宮球場)、4回表に山田久志から左前安打 4. 初打点:1985年9月30日、対日本ハムファイターズ18回戦(後楽園球場)、4回表に柴田保光から2点適時打 5. 初本塁打:1985年10月3日、対日本ハムファイターズ21回戦(後楽園球場)、8回表に柴田保光から右越決勝ソロ 節目の記録 1. 1000試合出場:1993年5月19日、対オリックス・ブルーウェーブ5回戦(千葉マリンスタジアム)、7番・一塁...

    著書

    1. 『球界の野良犬』(宝島社:2009年8月) ISBN 9784796671903 2. 『愛甲猛のプロ野球ガチンコ観戦ノート』(オークラ出版:2010年9月) ISBN 9784775515921 3. 『球界のぶっちゃけ話』(宝島社:2012年1月) ISBN 9784796686709 4. 『球界への爆弾提言』(宝島社:2013年4月) ISBN 9784800207340

    DVD

    1. バッティング指導法DVD「少年野球バッティング 愛甲猛の上達指導法」を発売。

    愛甲 猛「野良犬」 (@norainu_0815) - Twitter
    【公式】ニコ生/愛甲猛の野良犬の穴 (@aikoh_nico) - Twitter
    愛甲猛 - Facebook
  10. 孟思誠 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/孟思誠

    孟 思誠(朝鮮語:맹사성、メン・サソン、至正20年7月17日(1360年 8月28日) - 正統3年10月4日(1438年 12月22日))は、李氏朝鮮初期の文臣・政治家・宰相である。 字は自明(자명)、号は古佛(고불)・東浦(동포)、諡号は文貞(문정)、本貫は新昌孟氏。