Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 重神機パンドーラ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 重神機パンドーラ

    重神機パンドーラ』(じゅうしんきパンドーラ、英題: LAST HOPE、中: 重神機潘多拉 )は、河森正治原作、サテライト制作によるテレビアニメ作品。2018年4月から9月にかけてTOKYO MX、毎日放送ほかにて放送された [2]。 機械と生物の融合進化が始まった近未来を舞 ...

  2. 超重神グラヴィオン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 超重神グラヴィオン
    • ストーリー
    • 登場人物
    • 登場メカ
    • ゼラバイア
    • スタッフ
    • 小説
    • 関連作品

    西暦2041年。突如現れた、正体不明の敵「ゼラバイア」が地球に迫っていた。ゼラバイアの地球侵攻を予見し、密かに対準備を進めていた謎の大富豪、クライン・サンドマンは武装戦隊「アース・ガルツ」を率いて、ゼラバイアに立ち向かう。アースガルツが所有する人型メカ「グランカイザー」に4台の戦闘機「グランディーヴァ」が合体することで巨大ロボット「ゴッドグラヴィオン」が誕生する。ゴッドグラヴィオンは、その強大な力でゼラバイアを撃退する。

    グランナイツ

    天空侍 斗牙(てんくうじ とうが) 1. 声 - 福山潤、千葉紗子(少年期) 2. 17歳。グランカイザーのパイロット。身長173cm。 3. 本作の主人公。赤ん坊の頃、両親を事故でなくしサンドマンの管理下にあった孤児院に預けられていた(後述するフェイとは同じ孤児院で育った幼馴染)。G因子が先天的に極めて強い。ゴッドグラヴィオン、アルティメットグラヴィオンは彼の「エルゴフォーム」の掛け声により合神を果たす。 4. 幼い頃、サンドマンに孤児院から引き取られ、グランカイザーのパイロットとなるべく訓練に明け暮れていた。以降、城から出たことがなかったため大変な世間知らず。多数のメイドたちにお世話されるサンジェルマン城の生活を当たり前と考えており、羞恥心に乏しい。女性ばかりに囲まれて育ったため、エイジと出会うまでは同年代の少年とは会ったことすらなかった。かなりの天然ボケで、悪気なく地雷を踏んだり、冗談を鵜呑みにしてしまうことなども多い。エイジとは一緒に城を抜け出して遊ぶなどしてよく行動を共にし、篤い友情を築いていった。エピローグでは結婚の意味をよく判らないが故にエイジに「結婚しよう」と申し...

    サンジェルマン城の住人

    クライン・サンドマン 1. 声 - 速水奨 2. 年齢不詳(外見は設定上30代後半)。メイドの居る城「サンジェルマン城」に住んでいる謎の大富豪。188cm。 3. 独特の美学を持ち、キザで持って回ったセリフ回しが特徴。独特のポーズと共に「グランナイツの諸君、合神せよ!」と指示を出す。緑色の宝石がはまったステッキを所持しており、この宝石が超重剣の起動キーとなっている。 4. 本名ジーク・エリクマイヤー。武装戦隊アースガルツの司令官である。司令官としては非常に優秀で、戦闘時にはグランナイツに冷静かつ適切な指示を出し、戦況に応じて新装備を提供している。また、何事もそつなく優雅にこなし、暴漢相手にも華麗に一蹴してしまう完璧振りを見せており、メイド達からは全面的な好意と信頼を受けている。一方、エイジの友人達を快く城に招き入れたり、海水浴や温泉旅行などのレクリエーションを企画すると言った気さくな一面も持つ。更には「一度言ってみたかった」と言ってグラヴィオンの合体にあわせて叫んだり、応援と称してメイド達に『合神! ゴッドグラヴィオン』を合唱させたり、スリッパで卓球をして様々な技を披露したりとか...

    EFA関連

    フェイ・シンルー 1. 声 - 千葉紗子 2. 漢字で書くと「飛 心露」となる。地球統合政府EFA所属。ゼラバイアに対抗するために組織された量産型グラヴィオン・Gトルーパー(グラントルーパー)搭乗チーム「Gソルジャー隊」のリーダーにしてエースパイロット。階級は大尉だがミヅキの方が先輩のためか彼女を「お姉さま」と呼ぶ。 3. その戦闘技術は斗牙にも引けを取らず、兵士としての優れた運動能力と頭脳を持ち合わせている。故に琉菜が感情を剥き出しにして激怒した時は「見るに堪えない」と見下していたが、実際は自身も感情的になりやすい面があり、ゼラバイアに押されて離脱命令が出されても意固地になって戦い続けた所為で窮地に立たされる、と言った場面が見受けられた。 4. 幼少期を斗牙と共に孤児院で過ごしており、当時は彼の姉貴分であった。しかし、信頼し敬愛していたサンドマンが斗牙を選び連れて行ったことがきっかけで、両者が自分を裏切ったものと認識していた。その為、二人には愛憎入り交じった対抗心を抱いている。 5. 失意に沈んでいた斗牙をグラントルーパー隊にスカウトするものの、エイジの登場により失敗。その後の...

    グランナイツ(登場メカ)

    グランカイザー 1. 全グラヴィオンの中核となる人型ロボット。 2. かつてサンドマンが開発したグランシグマを元に造られているが、戦闘用であるため「創星機」としての機能はない。サンドマンの承認により、斗牙の掛け声に寄る「エルゴフォーム」と呼ばれる重力フィールド展開を行う。これによりグランカイザーの持つ武装の攻撃性能をアップさせることができる。グランカイザー単体での「エルゴフォーム」の展開に機体そのものによる時間制限は存在しないものの、搭乗するパイロットへの負荷が高いため、「エルゴフォーム」を発動できる時間は限られている。武装はグラヴィトンアークのみであるため、単独での戦闘時はパンチやキックといった格闘術を用いることが多かった。また、エルゴフォームの展開時に一瞬の隙が存在し、そこを突かれて窮地に陥ったこともある。開発・製造には250年の時間を要した。 3. グラヴィオンのパワーはグランカイザーによってもたらされていると言っても過言ではない。 4. 基本的には斗牙の専用機だが、一度だけエイジが操縦した。また、酔っぱらったロロットが斗牙と一緒に乗り込んだこともある。 グランディーヴァ...

    EFA(イーファ)

    トライザム 1. ゼラバイアのデータを元に、対ゼラバイア用兵器としてEFA技術部が独自に開発した人型機動兵器。シミュレーション映像ではかなりの活躍を見せていたが、肝心の実戦では迂闊にも無人の状態でゼラバイアが強襲して来たために、反撃も出来ずに破壊されてしまった。「Zwei」では後継機であるトライザム02が登場しているが、パワーアップしたゼラバイアの前では完全に無力であり、登場して数秒で破壊された。 グラントルーパー 1. 「Zwei」にてEFAが製造に成功した、量産型グラヴィオンと言うべき機体。戦闘機から変形する。フェイ機のみメインカラーが白で残りはグレーで、さらにそれぞれパーソナルカラーがある。武器はそれぞれのパイロットが得意とする1種類(もしくは2種類)のみが装備されている。また、5機全てのジェネレーター出力を結集することにより、グラヴィトンアークの1.5倍の威力をもつ重力光線「ライトニング・デトネイター」が使用可能。 フェイ機 1.1. パーソナルカラーはレッド。隊長機であるためか、他の4体とは頭部の形状が大きく異なっている。 1.2. 搭載武器は弓矢型の銃「グラヴィティア...

    突如地球に飛来した謎の金属生命体。ほとんどが異形の姿を持っており、一度特定の攻撃で破壊されても、その攻撃に対して強い特性を持つ「学習型」と、出現した地域の特徴に合わせて進化する「対応型」(こちらは「Zwei」にて登場)の2種類のタイプがある。その正体はヒューギ・ゼラバイアによって開発された自立行動型殺戮兵器「ジェノサイドロン」が暴走したもののなれの果てである。本来は惑星セリアスと惑星ランビアスの間で起こった戦争を終結させるために開発されたものであり、セリアスを一方的に滅ぼす事でランビアスを救おうとしていたが、制御装置を失った事で暴走し、セリアスもランビアスも滅ぼしてしまった。リィルを守ろうとしたヒューギにより、リィルを感知すると機能を停止するプログラムが施されており、純粋な破壊兵器と化した現在でもそれは健在である。 名称は学習型は不明、対応型は○○ゼラバイア(ともに公式HPにおいて)だったが、『スーパーロボット大戦Z』に登場したゼラバイアは全て監督の大張により正式な名称が付けられた。 ゼラヴィオン 1. 正式名称は「業魔神 ゼラヴィオン」。ヒューギ・ゼラバイアが創星機を制御するために作った最強のゼラバイア(ジェノサイドロン)。最終決戦に際し、ゴーマ内部にてソルグラヴィオンと対峙する。滅亡した惑星セリアスと惑星ランビアスのエネルギーはこのゼラヴィオンに内包されており、その圧倒的な力でソルグラヴィオンすら圧倒した。青い炎に金色のグランディーヴァが合体したような姿をしており、赤い炎であるソルグラヴィオンと対をなす姿を誇る。他のジェノサイドロンの例に漏れず、ヒューギの姪であるリィルを感知すると機能が停止することが唯一の弱点であり、リィルが決死の覚悟でその身を晒した際には容赦なく剣を振り下ろそうとしたが寸前で止まり、その隙にソルグラヴィオンの超重剣エルゴストームを受けて完全に破壊された。必殺技は、非実体剣のゼラヴィトンソードと、口から放つゼラヴィトンアーク。 2. ZweiのOPではゴッドグラヴィオンやアルティメットグラヴィオンと戦っているシーンがあるが、本編ではソルグラヴィオンとしか戦っていない。また、大張はDVD特典のブックレットにおいて、「ゼラヴィオンにグランΣを合体させたら最強になる」と語っている。 3. 原作では無人運用だったが『スーパーロボット大戦Z』ではヒ...

    ( )括弧内に説明が無いスタッフは第1期・第2期共通。 1. 原作 - 大張正己、赤松和光、GONZO 2. 監督 - 大張正己 3. シリーズ構成 - 志茂文彦 4. キャラクターデザイン - うのまこと、高岡淳一(第1期)→江端里沙(第2期) 5. グラヴィオンデザイン - 大河原邦男 6. プロダクションデザイン - 小林誠 7. メカニックデザイン - 福地仁、森木靖泰、椛島洋介・大張正己(第1期) 8. 美術監督 - 吉原俊一郎(第1期)→長尾仁(第2期) 9. 色彩設定 - 中山久美子(第1期) 10. 色彩設計 - 伊藤由紀子・花尻和子(第2期) 11. 撮影監督 - 山田和弘(第1期)→北村直樹(第2期) 12. 編集 - 重村建吾・肥田文(第1期)→後藤争司(第2期) 13. 音響監督 - 鶴岡陽太 14. 音楽 - 七瀬光 15. プロデューサー - 吉沼忍、菊池貞和、畑中利雄、村濱章司・松崎容子(第1期)→川原陽子・松本整(第2期) 16. アニメーション制作 - GONZO 17. 製作 17.1. 第1期 - グラヴィオン製作委員会、フジテレビ 17.2. 第2期 - グラヴィオンツヴァイ製作委員会

    「超重神グラヴィオン 1」志茂文彦、メディアファクトリー、2002年、ISBN 978-4840106542
    「超重神グラヴィオン 2」志茂文彦、メディアファクトリー、2002年、ISBN 978-4840106887
    「超重神グラヴィオンツヴァイ 1」志茂文彦、メディアファクトリー、2004年、ISBN 978-4840110372
    「超重神グラヴィオンツヴァイ 2」志茂文彦、メディアファクトリー、2004年、ISBN 978-4840110488

    1. シミュレーションRPGシリーズ。本作のキャラクターやロボットが登場し、シナリオには本作の物語要素もいくつか組み込まれている。 2. 2008年9月25日発売の『スーパーロボット大戦Z』(PlayStation 2)とその続編である『第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇/再世篇』(PlayStation Portable前編『破界篇』2011年4月14日発売、後編『再世篇』2012年4月5日発売)に登場。 3. 『スーパーロボット大戦X-Ω』(iOS / Android)では2020年2月にコラボイベントが開催され、大張がモーション制作用に絵コンテを書き下ろしている。 4. スパロボオリジナルの敵メカ「グラビリオン」が企画された際、本作と名前が似ているという理由で登場が見送られたことがある。後にテレビアニメ『スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター』制作に際し本作の監督である大張が監督を担当することとなり、日の目を見たというエピソードがある。また、同作に登場した「ソルグラビリオン」は、ソルグラヴィオンから名前を取っており、斗牙やエイジにそっくりなパイロットが搭乗した。

    パチスロ 超重神グラヴィオン

    1. 2011年1月にロデオよりリリースされたパチスロ5号機。 2. パチスロ公式サイトの大張正己インタビューで、パチスロのために映像の新規描き下ろし(全体の4分の3)および新曲の作成を行ったことを語っている。

  3. アルキメデス - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › アルキメデス
    • 生涯
    • 発見と発明
    • 数学
    • 発明家としての評価
    • その他
    • 著作
    • アルキメデスを描いた作品
    • 関連項目

    アルキメデスの人生の記録は、彼が没してから長い時間が過ぎた後に古代ローマの歴史家たちによって記録されたため、全容を掴めていない。アルキメデスの友人のヘラクレイデスも伝記を書き残したといわれるが、失われてしまい細部は伝わっていない。しかし、没年については例外的に、正確にわかっている。これは、彼がローマ軍のシラクサ攻囲戦の中で死んだことが、彼の死に関する故事の記述からわかっているからである。彼の生年は、死んだときの年齢から逆算して求められたものである。 シラクサ攻囲を記したポリュビオスの『Universal History 』(普遍史)には70年前のアルキメデスの死が記されており、これはプルタルコスやティトゥス・リウィウスが出典に利用している。この書ではアルキメデス個人にも若干触れ、また街を防衛するために彼が武器を製作したことも言及している。 アルキメデスは紀元前287年、マグナ・グラエキアの自治植民都市であるシケリア島のシラクサで生まれた。この生年は、ビサンチン時代のギリシア(en)の歴史家イオニアス・セツィス(en)が主張した、アルキメデスは満75歳で没したという意見から導かれている。『砂の計算』の中でアルキメデスは、父親を無名の天文学者「ペイディアス (Phidias)」と告げている。プルタルコスは著書『対比列伝』にて、シラクサを統治していたヒエロン2世の縁者だったと記している。アルキメデスは、サモスのコノンやエラトステネスがいたエジプトのアレクサンドリアで学問を修めた可能性がある。アルキメデスはサモスのコノンを友人と呼び、『幾何学理論』(アルキメデスの無限小)(en)や『牛の問題』にはエラトステネスに宛てた序文がある[注釈 1]。

    黄金の王冠

    最も広く知られたアルキメデスのエピソードは、「アルキメデスの原理」を思いついた経緯である。ヒエロン2世は金細工職人に金塊を渡して、神殿に奉納するための誓いの王冠(en)を作らせることにした。しかし王冠が納品された後、ヒエロン王は金細工師が金を盗み、その重量分の銀[注釈 2]を混ぜてごまかしたのではないかと疑いだした。 もし金細工師が金を盗み、金より軽い銀で混ぜ物をしていれば、王冠の重さは同じでも、体積はもとの金地金より大きい。しかし体積を再確認するには王冠をいったん溶かし、体積を計算できる単純な立方体にしなくてはならなかった。困った王はアルキメデスを呼んで、王冠を壊さずに体積を測る方法を訊いた。アルキメデスもすぐには答えられず、いったん家に帰って考えることにした。 何日か悩んでいたアルキメデスはある日、風呂に入ることにした。浴槽に入ると水面が高くなり、水が縁からあふれ出した。これを見たアルキメデスは、王冠を水槽に沈めれば、同じ体積分だけ水面が上昇することに気がついた。王冠の体積と等しい、増えた水の体積を測れば、つまり王冠の体積を測ることができる。ここに気がついたアルキメデスは、服...

    アルキメディアン・スクリュー

    工学分野におけるアルキメデスの業績には、彼の生誕地であるシラクサに関連する。ギリシア人著述家のアテナイオスが残した記録によると、ヒエロン2世はアルキメデスに観光、運輸、そして海戦用の巨大な船「シュラコシア号」 (en)の設計を依頼したという。シュラコシア号は古代ギリシア・ローマ時代を通じて建造された最大の船で、アテナイオスによれば搭乗員数600、船内に庭園やギュムナシオン、さらには女神アプロディーテーの神殿まで備えていた。この規模の船になると浸水も無視できなくなるため、アルキメデスはアルキメディアン・スクリューと名づけられた装置を考案し、溜まった水を掻き出す工夫を施した。これは、円筒の内部にらせん状の板を設けた構造で、これを回転させると低い位置にある水を汲み上げ、上に持ち上げることができる。アルキメディアン・スクリューは、ねじ構造を初めて機械に使用した例として知られている。。ウィトルウィウスは、この機構はバビロンの空中庭園を灌漑するためにも使われたと伝える。現代では、このスクリューは液体だけでなく石炭の粒など固体を搬送する手段にも応用されている。

    アルキメデスの鉤爪

    アルキメデスの鉤爪(英語版)とは、シラクサ防衛のために設計された兵器の一種である。「シップ・シェイカー」(the ship shaker) とも呼ばれるこの装置は、クレーン状の腕部の先に吊るされた金属製の鉤爪を持つ構造で、この鉤爪を近づいた敵船に引っ掛けて腕部を持ち上げることで船を傾けて転覆させるものである。2005年、ドキュメント番組『Superweapons of the Ancient World』でこれが製作され、実際に役に立つか検証してみたところ、クレーンは見事に機能した。

    アルキメデスはまた数学の分野にも大きな貢献を残した。級数を放物線の面積、円周率計アルキ代数螺旋の定義、回転面の体積の求め方や、大数の記数法も考案している。彼が物理学にもたらした革新は流体静力学の基礎となり、静力学の考察はてこの本質を説明した。 アルキメデスは、現代で言う積分法と同じ手法で無限小を利用していた。背理法を用いる彼の証明では、解が存在するある範囲を限定することで任意の精度で解を得ることができた。これは取り尽くし法の名で知られ、円周率π(パイ)の近似値を求める際に用いられた。アルキメデスは、ひとつの円に対し外接する多角形と、円に内接する多角形を想定した。この2つの多角形は辺の数を増やせば増やす程、円そのものに近似してゆく。アルキメデスは96角形を用いて円周率を試算し、ふたつの多角形からこれは31⁄7(約3.1429)と310⁄71(約3.1408)の間にあるという結果を得た。また彼は、円の面積は半径でつくる正方形に円周率を乗じた値に等しいことを証明した。『球と円柱について』では、任意の2つの実数について、一方の実数を何度か足し合わせる(ある自然数を掛ける)と、必ずもうひとつの実数を上回ることを示し、これは実数におけるアルキメデスの性質と呼ばれる。 『円周の測定』にてアルキメデスは3の平方根を265⁄153(約1.7320261)と1351⁄780(約1.7320512)の間と導いた。実際の3の平方根は約1.7320508であり、これは非常に正確な見積もりだったが、アルキメデスはこの結果を導く方法を記していない。ジョン・ウォリスは、アルキメデスは結論だけを示し、後世に対して方法をそこから引き出させようとしたのではと考察している。 球の体積は無限小・積分を用いることで公式を発見した。また球の表面積は無限小・積分・カヴァリエリの原理を用いることで公式を同じ高さの円柱の側面の表面積と等しいことを示した。 『放物線の求積法』でアルキメデスは、放物線が直線で切られた部分の面積が、放物線と直線の交点(英語版)と直線と平行な接線が接触する3点を頂点とする三角形の面積の4⁄3倍になることを証明した。これは、無限級数と公比(en)を用いる。最初の三角形の面積を1とし、この三角形の2辺を割線とし、放物線の隙間に同様な手段で2つの新しい三角形を想定すると、この面積の和は1/4...

    彼は革新的な機械設計にも秀で、攻城兵器や彼の名を冠したアルキメディアン・スクリューなどでも知られる。また、数々の武器を考案したことでも知られ、シラクサの戦いにおいて、てこを利用した投石機を用いて敵の海軍を打ち破った。 ギリシア的学問は純粋に論理を展開することに美しさを見出して重視し、実利的・営利的な技術などの知識はむしろ軽蔑された。プルタルコスは『対比列伝』(「英雄伝」)にて、「彼(アルキメデス)は純粋なる思索にすべての愛情と大望を注ぎ、俗な実用的応用を論及したことは皆無だと言い切れる」[注釈 3]と記したと書いた。(ただしソクラテスのように実利性があれば必要だとしても実利性ない学問は意味がないとする哲学者もいた。) この2つの側面を併せ持つアルキメデスは、数学に限らずこの時代の学者としては異例な存在だった。しかし、この矛盾する2つの側面をアルキメデスは共存させながら、ピタゴラス的な数の概念とは大きく異なる「天文学的数字」を『砂の計算』で想定したり、現代の積分法に繋がる方法で面積を求めつつエウドクソスの方法で証明しなおしたりと、自己内に相克を見せた。だが、このような論理と技術の鬩ぎ合いは特に近代ヨーロッパ以降で表面化した数学の現象であり、それが数学を進歩させた原動力となった。アルキメデスが生きた時代にはこのような矛盾を孕んだ発展は望むべくも無く、彼以後のギリシア数学は形骸化した権威に沈んだ。

    月の北緯25.3°西経4.6°には、アルキメデスの名を冠したクレーター「アルキメデス(en)」があり、小惑星「アルキメデス(en)」も彼の名に由来する。 フィールズ・メダルはアルキメデスの横顔を意匠とし、その周囲にはラテン語で彼の言葉「羅: Transire suum pectus mundoque potiri」(Rise above oneself and grasp the world)が刻銘に使われている。そして裏面には、彼がその関係を発見した球と円柱が描かれている。アルキメデスの肖像は切手にも用いられ、スペイン(1963年)、ニカラグア(1971年)、ドイツ民主共和国(1973年)、サンマリノ(1982年)、ギリシア(1983年)、イタリア(1983年)と多くの国で使われた。

    アルキメデスの数学に関する記述は古代においてほとんど知られていなかった。アルキメデスの著述は古代シラクサで使われたギリシア語の方言ドーリス語(en)であった。ただし彼の著作はエウクレイデスのもの同様に原典は伝わっておらず、7つの論文は他者の参照などから判明しているに止まる。アルキメデスは存命中アレクサンドリアの数学者たちと交流を持っていた事も手伝い、この地ではアルキメデスの論説を引用した例があり、パップスは多面体の考察を通じてアルキメデスの失われた著作『On Sphere-Making』や他の思索に触れ、アレクサンドリアのテオンは屈折に関する言及の中でやはり失われた『Catoptrica』(反射光学)を参考にしている[注釈 4]。 東ローマ帝国の建築家ミレトスのイシドロス(530年頃)はアルキメデスの著作を蒐集し、6世紀にアスカロンのエウトキオス(en)が注釈を加えて世に知らしめた。その後、アルキメデスの仕事はサービト・イブン・クッラ(836年 – 901年)がアラブ語へ、クレモナのジェラルド(1114年 – 1187年)がラテン語へ翻訳した。ルネサンス期には1544年にヨハン・ヘルヴァーゲンが、ギリシア語とラテン語でアルキメデスの仕事を含む「最初の校訂版 (Editio Princeps)」をバーゼルで発刊した。多くの科学者にインスピレーションを提供する役目を持ち、1586年頃ガリレオ・ガリレイは、アルキメデスの仕事にヒントを得て空気と水で金属の重量を計測する天秤を開発した。

    『ヘウレーカ』岩明均
    『哲学者サッカー』 - ギリシア哲学者チームと、ドイツ近代哲学者チームが、サッカーの試合をするというコメディ。哲学者たちは思索にふけって全く試合にならないのだが、突然アルキメデスが「Eureka」と叫んで走り出し、ソクラテスとともに得点をあげるという筋立て。
  4. 魔法戦隊マジレンジャーの登場人物 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 小津魁

    魔法戦隊マジレンジャー!. 」。. 小津 魁 ( おづ かい ). 演 - 橋本淳 / 10年前 - 鈴木敦也 (Stage.27、36)/ 15年前 - 松本昴徳 (Stage.33) 小津家三男、末っ子の17歳 。. 一人称は「俺」で、蒔人を「蒔人兄ちゃん」、芳香を「芳香姉ちゃん」と呼ぶが、麗と翼は ...

  5. ストライクウィッチーズ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ノーブルウィッチーズ

    ストライクウィッチーズ 白銀の翼( サイバーフロント 、 Xbox 360 、 シューティングゲーム 、2010年 7月29日 発売). TV第1期の最終回からエピローグの間の2週間の空白部分が描かれる。. 501JFWの解散後、その機材を504JFWに引き渡すために 空母天城 に乗り込ん ...

  6. 地球防衛企業ダイ・ガード - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ダイ・ガード
    • 概要
    • あらすじ
    • 登場人物
    • 登場メカ
    • ヘテロダイン
    • その他登場兵器
    • スタッフ
    • 挿入歌
    • ドラマCD

    ビクターエンタテインメントのアニメ製作所部門(現:フライングドッグ)が『エクセル・サーガ』『人形草紙あやつり左近』と共に実製作(出資)した最初期のゴールデンタイム帯のテレビアニメであり[注 1]、XEBEC作品としてもデジタル彩色で制作された初の30分アニメである。 お台場に本社を構える株式会社21世紀警備保障が所有する「ダイ・ガード」を同社社員が操縦し、元所有者である国連安全保障軍(安保軍)キャリアとの対立や協力を経て、「サラリーマンがロボットで人類の平和を守る」ことが作品のテーマとなっている。会社生活や人物描写は同じ東京臨海副都心が舞台の「機動警察パトレイバー」や「踊る大捜査線」、制作スタッフが一部共通する「機動戦艦ナデシコ」「ジェネレイターガウル」など既存の作品から影響を受けていることが伺える。また、「―ナデシコ」「―ガウル」のキャストが複数登用されたり、志茂文彦ときむらひでふみのコンビが前クールの「宇宙海賊ミトの大冒険」に続いてシリーズ構成やSFコンセプトを担当した。 月刊エースネクストでのコミカライズ(菅野博之・田丸浩史 )、放送終了後にサイドストーリーを描いたノベライズ(青木智彦作 角川スニーカー文庫全2巻))の刊行、セルビデオDVD全巻購入特典のドラマCD「21世紀警備保障会社案内」の贈呈など、中高生(T層)やアニメファンをターゲットとしたメディアミックスが本放送終了後の2001年2月までビクター(現:フライングドッグ)と角川書店によって展開された。 2006年7月よりバンダイチャンネルにてビデオ・オン・デマンド配信が開始され、2018年現在は同社のプラットフォームからdアニメストア・ビデオパス・U-NEXT・GYAO!・YouTubeなどで公式有料配信を実施している。

    2018年2月24日、犬吠埼沖に突如出現した謎の破壊物体「ヘテロダイン」。国連安全保障軍(安保軍)による掃討戦も意味を成さず、東京上陸を阻止すべくOE兵器による大規模な破壊攻撃によってヘテロダインは消滅した。安保軍は再来に備えて2023年にスーパーロボット「ダイ・ガード」を建造。しかしヘテロダインの再来はなく、「界震災害関連法」に基づき、株式会社21世紀警備保障に移管されるも、無用の長物と化し社のマスコットとして活用されていた。 2030年10月、東伊豆・熱海の海岸で21世紀警備保障のPRイベントの会場に「ヘテロダイン」が12年ぶりに出現。現場に居合わせた企画開発部広報2課社員の赤木・青山・桃井の3人は上司の制止を振り切り、ダイ・ガードでヘテロダインに立ち向かう。

    パイロット

    赤木 駿介(あかぎ しゅんすけ) 1. 声 - 伊藤健太郎 2. 本作の主人公。25歳。企画開発部広報2課に勤務するサラリーマンで、ダイ・ガードのパイロット(操縦担当)。住居は練馬にあり、本編ではゆりかもめで通勤している。 3. 幼少時からロボットアニメ好きが嵩じて正義感が強く、ダイ・ガードのパイロットを夢見て国連安全保障軍極東司令部付属国際防衛大学を卒業。しかしダイ・ガードを手放した安保軍には入らず就職浪人となる。神村の紹介で21世紀警備保障広報2課への内定を得て2030年4月に入社。大学での成績はお世辞にも良かったとは言えないが、実技応用は大変優れて先生からは一目置かれていた。理詰めよりも直感と感情で行動するタイプで、作戦中は他のパイロットの意表を突くような行動や一見非効率そうな行動をあっさりと選択する。しかし、彼のそういった行動がチームの危機を幾度となく救うこととなる。また、その性格と行動力から2課の雰囲気を盛り上げている。決して「熱血馬鹿」ではなく、部署転属を告げられた際も一社会人として会社の事を考えた決断をすることも出来る。子供っぽいところもあり、対極的な立場にいる城田...

    広報2課のOL

    大山 紀子(おおやま のりこ) 1. 声 - 根谷美智子 2. 28歳。広島県出身で常盤台のアパートで一人暮らし。 3. 姉御肌な性格で、平時は赤木や青山にデスクワークを分担させている。課内のOLでは最年長の独身でいることを郷里の母親に心配され、勤め続ける意義を見失いかけていた。5話の時点で赤木に対して顔を赤らめ好意を寄せているが、年上であることを気にして自分から告白できずにいる。18話で遭難した赤木の無事を知った時は泣き崩れてしまった。広島市への原子爆弾投下がOE兵器と重なるという思いから11話で昏睡状態の赤木に代わりダイ・ガードに乗り込んで戦おうとするなど、桃井を除く広報2課のOLの中で平和に対する信念が一番強い。西島体制時は高知はりまや橋営業所へ異動。 4. 酒癖は悪く、新年会ドラマCDでは怒ったり泣いたり絡んだりと大騒ぎをし、桃井とのデュエットで「年下の男の子」を歌ったりと、非常にノリノリな性格の一端を見せる。 5. ノベライズ版では赤木との関係が進展したらしく、赤木がプロポーズすべきか悩んでいるのを察し心待ちにしている。 入江 静香(いりえ しずか) 1. 声 - 笠原...

    広報2課男性課員

    大杉 春男(おおすぎ はるお) 1. 声 - 広瀬正志 2. 広報2課課長。48歳。かつて安保軍の軍曹だったが21世紀警備保障設立時に転属。昼行灯な性格だが、対へテロダイン関連法の制定やダイ・ガードの21世紀警備保障への移管を大河内と共に推進した中心人物であり、裏で軍や会社上層部との駆け引きを演じている。ノベライズでは赤木や青山の採用面接に携わっている。 3. 西山体制時は木更津へ異動。茶色い犬を飼っている。 横沢 晋也(よこざわ しんや) 1. 声 - 小西克幸 2. 広報2課課長補佐。30歳。新宿周辺のタワーマンションに妻子と住んでいる。1話Aパートで赤木・いぶきの次に登場。広報企画、ダイ・ガードの運用指揮、整備班との連携、トレーラーやアホウドリ(ダイ・ガード遠距離移動用輸送機)の操縦、避難所での炊き出しなど多岐にわたる業務に精通しており、大杉から一回り以上歳が離れているが右腕として厚い信頼を寄せられている。元は航空自衛隊空尉だったが大杉が強引に引き抜いた。最終話では城田と行動を共にする。実家は京都市山間部で妹の武子と父親の克哉が営む温泉旅館であり、17話の広報二課解散の送別...

    ダイ・ガード

    1. 国連安全保障軍(通称・安保軍)が開発し、安保軍が出資する21世紀警備保障株式会社が運用する対巨大災厄ヘテロダイン用ロボット。正式名称は乙型直立型特殊車両。全高25.0m、重量156.0t。機体各部に内蔵された電池で動いている。モーターは電圧で動く高効率モーターを使用しており、昇圧装置も搭載している。コックピットは3個あり、上から胸部・腹部・腰部に設置されている。コックピット機能の起動にはそれぞれのコックピットで社員証をカードリーダーに通す必要がある(全員がカードキーを通さなくてもダイ・ガードの稼動自体は可能)。元々が3人で動かす事を前提としている為、3人以下でも動くことは動くが一人当たりの役割が増すため、一人でも欠けると極端に運動性能が落ちるなどの欠点を持つ。通常1回の出撃で赤木の給料の3か月分ぐらいの費用が掛るらしい。出撃時の建物や自動車などの損壊は損害保険と21世紀警備保障が補償することになり、その事故証明書などの資料作成も広報二課の業務となっている。 2. 運用の際には腕部、胴体、脚部に分解して搬送し、現地で後述の専用トレーラーで専用ハンガーを組み上げて各部パーツを組...

    コクボウガー

    1. 安保軍が運用する、もう一機の対巨大災厄ヘテロダイン用ロボット。正式名称は乙型直立型特殊車両改。外見はダイ・ガードに似ているが、質実剛健な軍隊らしく、カラーリングはオリーブドラブ一色である。 2. 安保軍に保管されていたダイ・ガードの試作フレームに城田が目をつけ、艤装を施して完成した。そして、「災害からの国防」という公共性の高い作業を民間企業に任せることを快く思わない安保軍内部勢力の圧力によって配備された。コックピットの位置や必要要員数はダイ・ガードとフレームが同型の為、同じである。 3. その構造から、ダイ・ガードと同じ武装を使用することができるのが大きな特徴で、登場時は武器はノットバスターだけだったが、最終決戦時には頭部バルカン、リボルバーアームなどが追加されていた。そして軍が保有するため、ダイ・ガードと違って火器が豊富なのが特徴(ノットバスターも炸薬カートリッジ式に改造されている)。物語中盤では、契約不備を利用して21世紀警備保障から接収したノットバスターで、見事にヘテロダインを消滅させることに成功している。元々が試作フレームであるためか換装機構以上の分離機能は付いてい...

    アセンブリ・トレーラー

    1. ダイ・ガードを輸送するトレーラー。ダイ・ガードを各部パーツごとに搭載し、ハンガー用のトレーラーを展開して現地で組み立てることができる。ハンガーとなる車両2輌、胴体を輸送する車両1輌、両腕・両脚を輸送する車両4輌の計7輌がセットで運用される。ハンガーはワイヤーが備え付けられており、トレーラーから直接引っ張り上げて組み上げる。パイロットの搭乗のためにエレベーターも備えられている。ダイ・ガードが分離・合体機構を搭載してからも、新パーツの輸送、バッテリーの充電など、活躍は多岐にわたった。 2. また、アセンブリ・トレーラー1輌やノットバスターなどを輸送できる専用のヘリコプターも存在する。

    強力な電磁波によって発生する自然現象「界震」により発生する災害(正確には生物のように振舞う物体)の総称。いわば「怪獣」とでも呼称するような、奇怪な外見と巨体を持った存在だが、明確な意思や知能、目的を持ったものは極めて少ない。また、触手状の部位を持つ個体が多いという特徴もある。 ダイ・ガードの敵ではあるが、その実彼らは作品内において、常に「自然災害」に近い描写をされており、いわば台風や地震のようなものとされている。また、界震の度合いも、「ブレス」「ヘクトブレス」と言った低気圧におけるパスカルに準ずる単位で表されている。 ヘテロダインは一種の量子力学的な存在で、界震によって三次元世界と共振した並行異世界(複素数次元)から流入したエネルギーが、フラクタルノットを核として生物のようなふるまいを見せている状態の事を言う。界震は地震等によって発生する膨大なエネルギーの放射や放電等によって引き起こされる場合が多いので、必然的に地震の多い日本でのヘテロダインの発生が顕著ではあるが、世界全体的に発生例が確認されている模様(漫画版ではダイ・ガードの各国仕様がある位には発生している)。 電磁波や磁場に対する指向性が強いらしく、それらが豊富な人間の経済活動拠点に向けて進行する癖を持っている。劇中ではそれを利用してある程度の進路誘導が可能なことが証明されている。その指向性から人類の文明圏に向けて侵攻するため、人類の手によって排除されるが、時には無害なものも存在する(結果的に生体が人類の害になっているか、存在が邪魔になっているだけで、「攻撃」を行う個体は極めて少なく、それも自衛目的である)。中にはそのまま放置されたものや、人類の攻撃により被害が拡大してしまったものもある。 たった1個の核からなる多積層型構造体でもあり、核に対する直接攻撃以外の大半は無効に近い。劇中の12年前では核兵器にも似た破壊力を持つOE兵器の使用により辛うじて倒すことに成功している。ただし、小説版によれば、そのOE兵器ですら外殻を破壊したのみで、消滅させるには至らなかったらしい。 核であるフラクタルノットが地球上の成分を取り込み巨大化する性質を持っている。構成は界震が発生した地点に存在したものが大半である。成分によって対処することができ、界震値の減少といった形で沈静化することも可能である。ただし、通常兵器による攻撃で...

    OE兵器

    1. 本作中で登場する戦略兵器。Over Explosionの略。核兵器に近い扱いをされており、強力な威力を誇るが使用すれば一帯を長期間汚染地域に変えてしまう。 2. 12年前のヘテロダインへの唯一の対抗策として使用され、甚大な被害をもたらした。 3. 最終戦において、増大し続ける超巨大ヘテロダインへの対抗手段として、使用準備が行われた。この際、専用の潜水艦に装備されている様子が確認できる。

    振動地雷

    1. 安保軍が保有する兵器。超振動で物体に干渉し、一定範囲を崩壊、大地であれば液状化することができる特殊な大型地雷。敷設には専用の車両が使用される。 2. ヘテロダインへの有用な対抗策が見つからない時期には手に持つなどしてダイ・ガードも使用したほか、度々ヘテロダインの足止めに使用されるなど、物語全編を通じて影で活躍していた。遠隔操作での振動方向の転換、修正が可能。アニメ最終話において、戦闘時に脱出用のパラシュートを使ってしまったために高度5000メートルから落下するダイガードを救うために、落下地点の地面を液状化させるためにも活躍する等、全編を通じて活躍した兵器であると言える。スーパーロボット大戦Zにおいて同作品が参戦した際には、ダイガードの使用武器の一つとして登場している。

    原作 - XEBEC
    企画 - 佐々木史朗(ビクターエンタテインメント)、佐藤徹(XEBEC)
    監督 - 水島精二
    シリーズ構成 - 志茂文彦

    「星の木馬」(6話)

    1. 作詞 - 一倉宏 / 作編曲 - 菅野よう子 / 歌 - 新居昭乃

    「この街」(25話)

    1. 作詞 - 谷亜ヒロコ / 作曲 - 中村裕介 / 編曲 - 飯塚昌明/ 歌 - 広報2課オールスターズ

    実録!(株)21世紀警備保障 新年度大宴会

    1. 2000年4月5日に発売されたオリジナルCDドラマ。収録時間は61分。最終話後、新本社ビル棟上げ間近に開催された21世紀警備保障の2032年新年会が前世紀のカラオケによる余興を含め実録されている。コメディタッチで物語が進行し、本編では見せなかった登場人物たちの意外な素顔などが描かれている。

    21世紀警備保障入社案内

    1. 2000年2月から2001年1月にかけてビクターエンターテインメントから発売されたセルビデオ・DVD全13巻に添付された応募券を全巻分集めて2001年2月末日までに応募することで贈呈された非売品扱いのCD EXTRAによるドラマCD。ジャケットデザインは23話の社員募集ポスターと同一である。収録時間は38分。 2. オーディオトラックには21世紀警備保障2032年度内定者向けに赤木・大山・青山・中原・入江・墨田・百目鬼らによる本社屋内の設備や会社の成り立ちの説明、谷川・桃井・城田・佐伯・横沢らダイ・ガード関係社員のインタビュー、ファットマンブラザーズによる第一印象講座で構成されている。 3. CD-EXTRA部分には入江のナレーション付きのオープニングのアイキャッチ部分が収録されている。

  7. ∀ガンダムの登場兵器 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › %E3%82%BD%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%A6
    • 概要
    • ミリシャ
    • ムーンレィスのモビルスーツ
    • ムーンレィスの艦艇
    • Tv・劇場版未登場の機体
    • 参考文献

    『∀ガンダム』の背景世界では、その舞台となる「正暦」以前に様々な宇宙戦争が起こり、結果としてターンタイプMSの「月光蝶」によって多数のナノマシンが拡散された結果、多くの機械類は分解されとりわけ地上では多くの人類が文明を失っている(ナノマシンハザード)。これによってそれ以前の歴史は「黒歴史」とされ、意図的な歴史と技術の封印により正歴の時代が始まった。 こうした背景から『∀ガンダム』作中の時代において、ミリシャは各種企業によって工業的下地を持っていた(ただし、その技術水準は黒歴史時代に劣る)ものの、運用するモビルスーツ(MS)は「マウンテン・サイクル」と呼ばれる古代遺跡から発掘されたものを使用している。マウンテン・サイクルには黒歴史以前のMSや艦艇がナノマシンによって保護・再構成された状態にあり、これによって僅かな整備で戦力化する事が可能だった。尚、作中ではMSは地球側において「機械人形」と呼称され、ムーンレィス側ではモビルスーツと呼称される。

    ウィルゲム

    キングスレーの谷で発掘された宇宙戦艦。単独で惑星へ再離床する能力を持つ。ディアナ・カウンターが用いるものとは異なる時代に作られた艦で、発掘者ウィル・ゲイムかの名から命名された。ブースターを装備する事で単独での軌道脱出も可能であるが、作中ではザックトレーガーが用いられている。損壊後は月との定期交流のための宇宙船「ローラ・ローラ号」へと改装される。これは三段ブースターを搭載したものとなる。 劇中での活躍 1. ウィル・ゲイムがキングスレーの谷で発掘し、ミリシャが掘り起こしてホレス・ニーベンらムーンレィスの手を借りて改修し、発掘者であるウィル・ゲイムの名を取り「ウィルゲム」と名づけられた。 2. グエン・サード・ラインフォードが月に向かい直接交渉のため、マニューピチのマスドライバーから宇宙へ飛び、月へと向かう。月で黒歴史を知ったグエンらがギム・ギンガナムと手を取ると、そのままグエン指揮の下地球へ帰還、ディアナらと戦った。だが、ディアナ・カウンター、地球連合軍とギンガナム隊が戦闘になると、反転し戦闘を傍観する立場を取ったためにギンガナムの怒りを買い、ターンXの砲撃を受け行動不能となり不時...

    月光蝶によるナノマシンハザード以後、科学技術のほとんどを喪失した地球とは異なり、ムーンレィス陣営では高い技術を保持した生活圏を持っていた。しかしながら、生活環境維持を優先していたことから軍事技術は大いに衰退・停滞しており、本編作中の時代でムーンレィスが運用する機体はほぼ黒歴史以前に開発されたものか、月面や地上のマウンテンサイクルで発掘されたものを使用している(独自開発した機体はマヒローとスモーのみとなる)。

    アルマイヤー

    ディアナ・カウンターの主力艦艇。海亀のようなフォルムを持ち、メガ粒子砲やビームカッターなどで武装している。強行突入任務を想定して開発されており、数機のMSを搭載することも可能である。地球降下作戦時に多数が降下し、主力となった。同型艦にホエールズがある。

    ソレイユ

    ディアナ・カウンターの旗艦であり、ディアナ・ソレルが直接指揮することもあった。 後にギム・ギンガナムと戦う者が集う艦となり、ディアナの指揮の元戦い抜いた。 見かけは白い城塞のようだが、優美な外見にそぐわず戦闘能力は非常に高く、一種のバリア(Iフィールドを発展させた物)も装備しており月光蝶を撒き散らすターンXを阻止すべく奮戦した。 小説『月に繭 地には果実』ではフィル・アッカマンの指揮の下、ミリシャの残存兵力が結集したルジャーナ領首都オールトンに侵攻をかけるが、ガス兵器を搭載した複葉機の特攻によって船体の三分の一を閉鎖、さらにカイラス・ギリから発射されたビームが直撃し、オールトンもろとも消滅した。

    ジャンダルム

    宇宙戦艦。所属はギンガナム隊で、艦長はミーム・ミドガルド。メガ粒子砲などで武装している。数百年前にディアナが地球に降下した時にも運用され、独特のフォルムである戦艦後部の羽衣が推進部となり、Iフィールドを成形し単独で大気圏を飛行が可能である。戦艦後部のフォルムを見た地球人から、「羽衣船」と呼ばれ伝説となった。 目次へ移動する

    ムーンバタフライ

    小説『月に繭地には果実』に登場。パイロットはディアナ・ソレル、キエル・ハイム。蝶型の大型MAで、サイコミュを搭載している。主な武装は蝶型のファンネル。 目次へ移動する

    月光蝶

    佐藤茂著の小説版に登場。ギム・ギンガナムの祖父が所有していた機械人形コレクションのひとつで、ミスルトゥに隠匿されていた。パイロットはディアナ・ソレル。巨大な「赤い蕾」とも「乙女の秘所」とも称される形態から「月光色に白く輝く蝶」に変形する。大きさはソレイユを覆えそうなほどもあり、核に女神像のような華奢な機械人形が佇んでいる。 目次へ移動する

    ブラックドール

    佐藤茂著の小説版に登場。ロスト・マウンテンから発掘された。その描写からサイコガンダムとみられる巨大な黒い機体。 目次へ移動する

    書籍
    雑誌
    プラモデルキット
  8. 2016年のテレビ特別番組一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 栄光なき天才たち〜名も無

    この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています (詳細)。 2016年のテレビ特別番組一覧(2016ねんのテレビとくべつばんぐみいちらん) 本項では、2016年に日本国内で放送されたテレビの特別番組をまとめる。

  9. ファイアーエムブレム ヒーローズ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ファイアーエムブレムヒー

    ファイアーエムブレム ヒーローズ ジャンル ロールプレイングシミュレーション 対応機種 iOS Android 開発元 インテリジェントシステムズ 発売元 任天堂 販売元 任天堂 ディレクター 松下慎吾 前田耕平 [1] 美術 #概要 #キャラクター参照 シリーズ

  10. 三菱重工業 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 三菱重工業
    • 概要
    • 沿革
    • 主な事業拠点
    • 主要製品
    • 関連会社
    • 関連施設
    • 出身著名人
    • 諸問題・不祥事
    • 関連項目
    • 外部リンク

    日本最大の機械メーカーであり、三菱UFJ銀行・三菱商事と並ぶ三菱グループ御三家の一角。その製品数は700を超え、「機械のデパート」とも呼ばれる。主力製品は、船舶・エネルギー関連機器・産業機械・航空機・ロケットなど。また、鉄道車両(リニア・電気機関車・懸垂型モノレール・新交通システム・LRVなど)の製造、さらにエアコンや事業所向け大型冷凍機、産業向け工作機械、ターボチャージャー、ETCシステムの製造でも知られ、過去には「シルバーピジョン」というスクーターも製造していた。川崎重工・IHIと共に三大重工業を成しており事業内容、規模共に三大中の首位である。 なお、エアコン・加湿器は三菱グループ内で三菱電機と競合している(単に「三菱パッケージエアコン」「三菱ルームエアコン」といった場合、通常は三菱電機の製品を指す)。ETCシステムは古野電気に譲渡し競合しなくなった。 コーポレートステートメントは『「この星に、たしかな未来を」(日本語 CI ステートメント) "Our Technologies, Your Tomorrow"(英語 CI ステートメント)』。社名は一般的に「三菱重工」又は「MHI」とも表記される。 三菱重工業は伝統的に「三菱は国家なり」という意識を持ち、お国への所期奉公を社是としている。三菱重工業の社長、会長を歴任した飯田庸太郎は「防衛産業で日本のお役に立てなければ、三菱が存在する意味はない。もうかるからやる、もうからないからやらないではなく、もって生まれた宿命と思っています」と語っている。 兵器製造の分野では旧防衛庁(現在の防衛省)への納入実績第一位の企業であり、世界では21位・日本ではトップの軍需企業とされ、戦闘機・ヘリコプター・イージス艦を含む護衛艦・潜水艦・戦車・ミサイルなどを製造している。事実上、日本の国防を担っている存在である。

    三菱財閥二代目の岩崎弥之助が創業する。1884年(明治17年)に工部省長崎造船局の工場施設を「郵便汽船三菱会社」が借り受け、長崎造船所として事業継承。1887年(明治20年)に施設一切を買い受ける。1917年(大正6年)に三菱合資会社から独立して三菱造船株式会社(初代、以下省略)となった。 後に業務多角化に伴い三菱電機、三菱航空機(初代、以下省略)などを分社化するが、いずれも収支不振の連続から、経営合理化のために三菱財閥4代目岩崎小弥太が「造船」と「航空機」の合併を決断し、1934年(昭和9年)4月に三菱造船を三菱重工業(初代)と改名すると、6月には三菱航空機を吸収合併した。 「重工業」の語句は英文の「Heavy Industries」から小弥太が発案した造語であると語られている。日本の軍事力強化に伴い兵器(艦船、航空機)製造の中心として発展し、日本海軍超弩級戦艦武蔵の建造や零式艦上戦闘機(ゼロ戦)を設計、製造するなどして軍艦建造トン数は10倍以上、戦車の製造台数は200倍以上、資本金は20倍以上に成長する。 1945年(昭和20年)の第二次世界大戦終結後、GHQの財閥解体および過度経済力集中排除法の適用により、1950年(昭和25年)、東日本重工業(後の三菱日本重工業)、中日本重工業(後の新三菱重工業)、西日本重工業(後の三菱造船(2代目))の3社に分割される。当初は3社が製品で棲み分けるも、線引きが曖昧になり製品群の重複が多数発生した。高度成長にあたり、3社の再統合を計画に際し「財閥の再来」など非難も挙がるも、他の三菱グループと協力しながら1964年(昭和39年)に3社は再統合し(法手続上の存続会社は新三菱重工業)、社名を再び三菱重工業(2代目)にする。三菱グループは重化学工業関連企業が多く、高度経済成長期に大きく発展する中で戦後に中核を担い、日本最大規模の重工業メーカーとして復興する。

    本社(本社機能が以下に分散されている)
    総合研究所
    事業ドメイン・セグメント
    事業所・工場(括弧内は略称・太字は三大主力工場)

    社内には9つの事業本部、13の主な生産拠点が存在し、事業本部は受注品事業本部と中量産品事業本部に大別される。この受注品事業本部の所管する製品の生産は各事業所に振り分けられ生産を行われる。 例えば、船舶・海洋事業本部の製品は長崎造船所、神戸造船所、下関造船所(山口県下関市)、横浜製作所などで生産しているが、長崎造船所では原動機事業本部の製品である蒸気タービンや風力タービン、ボイラなどの生産も行っている。このように受注品事業では事業本部と事業所のマトリックス構造をなしている。 中量産品事業本部の生産はそれぞれの事業本部で生産を集約している。

    日本国内

    1. 三菱重工冷熱株式会社 - 本社:東京都品川区。空調機器・ヒートポンプ・冷凍機器等の製造販売。 2. 三菱マヒンドラ農機株式会社 - 本社:島根県松江市。農業機械・汎用機の製造販売。(旧:三菱農機株式会社 ← 佐藤造機株式会社)。 3. 新菱冷熱工業株式会社 - 本社:東京都新宿区。創業時より三菱グループと緊密な関係にあるが、創業者一族の加賀美家が経営権を持っている。創業事業である空調機器販売(三菱重工一次代理店)や空調設備工事を中心に各種設備工事を手がけており、高砂熱学工業、三機工業、ダイダンと並ぶ設備業界大手。 4. 三菱航空機株式会社 - 本社:愛知県西春日井郡豊山町。2008年(平成20年)4月1日設立。小型旅客機「Mitsubishi SpaceJet」の事業主体。 5. 三菱重工航空エンジン株式会社 - 本社:愛知県小牧市。2014年(平成26年)10月1日設立。民間航空機用エンジンに関する設計・製造・販売・修理を行う。 6. 中菱エンジニアリング株式会社 - 本社:愛知県名古屋市。1974年(昭和49年)10月1日に神菱エンジニアリング(現:MHIニュークリアシ...

    日本国外

    1. 米国三菱重工業株式会社(本社:アメリカ・ニューヨーク) 2. 欧州三菱重工業株式会社(本社:イギリス・ロンドン) 3. 三菱重工業(香港)有限公司(本社:香港) 4. 泰国三菱重工業株式会社(本社:タイ・バンコク) 5. 三菱重工業(上海)有限公司(本社:中国・上海) 6. 韓国三菱重工業株式会社(本社:韓国・ソウル) 7. 三菱ニュークリアーエナジーシステムズ(本社:アメリカ・ワシントンD.C.)米国向け最新型原子力プラントUS-APWR(改良型加圧水型軽水炉)の事業会社

    元関連会社

    1. U−MHIプラテック株式会社 - 本社:名古屋市、2005年4月1日設立、2017年1月に宇部興産との合弁会社となった後、2020年8月に宇部興産機械に吸収合併された。 2. キャタピラージャパン株式会社 - 本社:東京都世田谷区、建設機械の製造販売・リース。アメリカ、キャタピラー社との共同出資企業(戦後初のアメリカ側一部所有権保有における合弁)。2008年(平成20年)8月に「新キャタピラー三菱株式会社」から社名変更した。2012年に株式をすべてキャタピラー社に譲渡し、合弁は解消。販売協力などの協力関係は継続。 3. 三菱重工パーキング株式会社 - 本社:横浜市西区。立体駐車場全般の営業・開発・設計・製作・据付・メンテナンス・運営管理。2014年(平成26年)4月1日に三菱重工メカトロシステムズ・三菱重工鉄構エンジニアリングの鉄構装置事業部門と合併し新たな三菱重工メカトロシステムズ(現:三菱重工機械システム)が発足した。 4. 湘南モノレール株式会社- 本社:神奈川県鎌倉市。2015年(平成27年)6月にみちのりホールディングスへ株式譲渡。 5. 株式会社東洋製作所 -...

    三菱神戸病院(兵庫県神戸市)
    三菱三原病院(広島県三原市)

    ダイヤモンド・プリンセス火災事故

    1. 2002年(平成14年)10月1日、同社長崎造船所内にて、造船所2180番船として艤装工事中の、大型クルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」が火災を起こした。施主であるP&Oに対する納入期限が2003年(平成15年)7月に迫っていたため、同時に建造していた2番船(造船所2181番船・「サファイア・プリンセス」)を急遽、新「ダイヤモンド・プリンセス」として改修し、2004年(平成16年)2月に(「ダイヤモンド・プリンセス」としては)7ヶ月遅れながらも納入にこぎつけた。なお炎上した造船所2180番船は、同造船所の香焼工場に移されて焼損部分を完全に撤去し、新「サファイア・プリンセス」として改修され、2004年(平成16年)5月にデビューを果たした。

    内部告発と報復

    1. 2004年(平成16年)7月、同社神戸造船所に勤務していた54歳の男性が、同造船所の複数の社員による『監理技術者』の資格者証の不正取得があったとして、社内のコンプライアンス委員会にEメールで通報したところ、設計補助の担当を外されて閑職に回され、さらに2007年(平成19年)6月に関連会社へ出向(休職派遣)を命ぜられ、「報復人事を受けた」として、出向の取り消しと、慰謝料など110万円の支払いを求める労働審判を神戸地裁に起こした。

    偽装請負問題

    1. 同社高砂製作所で、約8年間に亘り請負・派遣双方で勤務してきた兵庫県加古川市在住の46歳の男性が、長年に亘り偽装請負状態で勤務させられたとして、2009年(平成21年)1月13日に、同社を相手取って、神戸地裁姫路支部に対し、正社員としての地位確認を求める訴訟を起こした。

    ウィキメディア・コモンズには、三菱重工業に関するカテゴリがあります。
  11. 其他人也搜尋了
  1. 重機女神 相關
    廣告