Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 台湾高速鉄道 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/台湾高鐵

    途中停車駅の増加で現在4時間強から5時間弱かかっている高雄間は3時間40分前後で、直通が強みとなる屏東・潮州へは4時間強で結ばれる。. 台北 - 高雄間ではかつての EMU300型 での最速記録3時間47分(台南のみ停車)を更新し、停車駅は、松山・台北・板橋・台中・ ...

  2. ブラスレイター - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/BLASSREITER
    • 概要
    • あらすじ
    • 登場人物
    • デモニアックとブラスレイター
    • メカニック
    • 用語
    • 映像ソフト化
    • コミック
    • 小説
    • 外部リンク

    アニメ制作会社のGONZOと、当時はアダルトゲームを中心とした制作活動をしていたニトロプラスによる初のコラボレーション作品。テレビアニメ、漫画などメディアミックスで展開されている。特設サイトでは2007年11月下旬よりPVが視聴可能となっている。2008年4月より同年9月まで、テレビアニメが放送された。また、2008年7月には小説版が出版され、同年9月にはメガハウスのACTION WORKSからフィギュアシリーズの発売が開始された。 栄光からの転落と人間不信による葛藤、いじめ・貧困・移民への差別など社会的弱者の苦悩を初め、ハードなストーリーが展開される。 「BLASSREITER」とはドイツ語。英語に直すと「PALERIDERS」で、「青ざめた騎手(騎士)」となる。

    近未来のドイツ市街。その街では死体が突如蘇り、異形の融合体「デモニアック」となって生者を襲う謎の事件が勃発していた。そんな中、生者のままデモニアックへ自由自在に変化する者たちが現れる。 彼らはその力を得たために人々から非難と好奇の眼差しで見られながらも、それぞれの思いを胸に悪魔の力を使用していた。しかし、彼らの思いも虚しく刻々と迫って来る残酷な運命、それはデモニアックとなった者たち同士による、命を賭けたバトルロイヤルであった。

    主要人物

    ジョセフ・ジョブスン 1. 声 - 松風雅也、三瓶由布子(幼少期) 2. デモニアックを狩り続けるハンター。 3. 寡黙で無愛想だが情に篤く信仰心も強い。ブラスレイターとなり堕ちる恐怖と戦いながら、自らと同じように悪魔の力を宿した者たちのために奔走する。 4. 育ての親であるミュラー神父の影響で、手彫りの聖母子像をよく作っている。 5. 元は異民。親は雪の日に孤児院の前で赤ん坊のジョセフを抱きながら死んだ。孤児たちの年長者として、虐げられても気丈に暮らしながら育ての親であるミュラーや恩人であるザーギンを尊敬していた。自らの信念である「どんな過酷な世界でも、命は生きるに値する」とはミュラーの遺した言葉でもある。変わり果てたザーギンを止めることが自らの旅の目的である。 6. XATからは「ブルー」と通称される。 7. エンドクレジットには最初に名前が出ているが、厳密には「唯一の主人公」ではなく、数多くの「主要人物の一人」である。 アマンダ・ウェルナー 1. 声 - 伊藤静 2. XAT第2班に所属する女性。前所属はヘルマンと同じく交通機動隊で、同期であるがXAT着任はヘルマンに先を越...

    民間人

    XAT、ツヴェルフなど、組織に関わらない重要人物たち。 ゲルト・フレンツェン 1. 声 - 石塚運昇 2. 常勝無敗のオートバイレーサーだったが、ジョセフとデモニアックの戦いに巻き込まれて負傷し、下半身不随となって引退した。その後、身体機能を回復する新薬としてベアトリスから与えられた薬を飲み、デモニアックと化す。XATに協力して他のデモニアックを倒したことで一度は英雄として返り咲くが、社会との軋轢やデモニアック化に伴う幻覚症状によって暴走してしまう。ヘルマンの「チャンプ!」という呼びかけに人としての意識を呼び起こされ、マレクからの手紙を受け取ったが、襲い来る幻覚との戦いに限界を覚え、ジョセフに最期を託した。 3. レーサー時代のゼッケンはNo.46、渾名は「白い風」「不敗のチャンピオン」。チーム「Phoenix(フェニックス)」に所属していた。 マレク・ウェルナー 1. 声 - 皆川純子 2. アマンダの義弟。14歳。前姓はユルドゥルム。ゲルトの熱烈なファンで、彼がデモニアックになっても崇拝していた。異民であることから同級生によるいじめの対象となり、登校拒否児になる。「悪魔憑き」...

    XAT

    Xenogenesis Assault Team(異種発生突撃隊)。 デモニアックから市民を守り、一連のデモニアック事件の実態を調査するために設立された組織。軍の特殊部隊と警察の交通機動隊から選出された人材で構成される。部隊単位は「班」であり、ひとつの班は6名の人員からなる。1班と2班が存在しているが、2班の方が少数精鋭であり、指揮系統は2班の方が上位にある模様。第10話より新たにパラディン部隊の3班が編成された。主な個人武装はFN P90。 支給されるスーツやバイクは、職務内容によりカラーが異なる。携行火器や特殊バイクを用いて狙撃ポイントまで誘導するアタッカーは赤、遠距離から耐甲50ミリ弾などで射撃するスナイパーは緑、全体の指揮を執る隊長やオペレーターは黄。 真の存在理由はツヴェルフの稼動準備が整うまでの時間稼ぎと、陰の存在であったツヴェルフを表舞台に出すため「通常の手段では融合体に対抗できず、サイボーグなどの非人道的テクノロジーの使用もやむなし」と印象付けることである。このことを知る者は、XAT長官でありツヴェルフの管区長でもあるヴィクター以外にはほとんど居ない。 隊長である...

    「悪魔」「悪魔憑き」とも呼ばれ、忌み嫌われる謎の異形をデモニアックと呼ぶ。さらに、その中でも、特徴的且つ強大な力を持つ者をブラスレイターと呼ぶ。 醜悪な外見と強靭な身体能力、機械や金属と融合して操る能力を持ち、その能力から、XATや政府公式には「融合体」と呼ばれる。従来は死体がデモナイズするものとされていたが、その後に生者がデモナイズする事例が出てきた。デモニアックに遭遇し感染の疑いがある者はXATにより研究所へ運ばれ、隔離先の個室で48時間、発症の過程を観察される。 原因はサーシャが開発したナノマシン「ペイルホース」。デモニアックの血液中のペイルホースは、空気に触れると1分以内に蛋白質が分解消失するために通常の血液検査では検出されないが、デモニアックの血液の直接接触や空気中のペイルホースが分解前に傷口(かすり傷程度でも)を通して人体に入ると急激に増殖し、特定の蛋白質に作用した結果、その身体を融合体に作り変えてしまう。デモナイズ後も元の人格は残るが、変化する際に発熱や咳などの体調不良を伴い、「見るもの全てがデモニアックに見える」などの幻覚に常時苛まれる。 ベアトリスはこれを、金属の肉体を持つ「人類の最終進化形」と称した。ベアトリスの説では、進化の過程であらゆる衝撃や高熱に耐え得る皮膚、宇宙にさえ行ける鋼の身体を得た「選ばれし者」の中から無限の進化と淘汰の果てに、ブラスレイターが生まれるという。 ペイルホースが感染者の遺伝子に干渉し、合計72種の変異パターンのうちどれか1つでも適合する素体は、通常のデモニアックを超える力を我がものとすることが可能なブラスレイターとなる。その72パターンは発見された順に、ゴエティアの悪魔の第1位からの名前を冠し、その暗示である印を後付で組み込んだ。 ペイルホースを死者に注入し72パターンのいずれかに適合した場合、事実上の蘇生が起こる。また、融合能力に加え、明確に思い描いた「ヴィジョン」そのままのものを体から具現化させることが可能(ジョセフの剣などは、その能力の産物である)。ブラスレイターは人間とデモニアックの姿を自由に使い分けられるが、その力を強く行使すればするほど、通常のデモニアックと同じ幻覚衝動や殺人衝動に苦しめられる。 コンピュータなどの電子機器には直接接触での一時融合により、ネットワーク情報を読み取ることが可能。 最初に見...

    XATアタッカーバイク

    1. アタッカー専用の赤色に塗装されたバイク。車体後部の側面に取り付けられた箱(サイドボックス)に装備されているミサイルが主武器。

    XATスナイパーバイク

    1. スナイパー専用の緑色に塗装されたバイク。サイドカーにはライフルやミサイルランチャー・ユニットなどが装備されている。

    XAT指揮車

    1. 作戦現場の司令塔。全方位を監視できるボール型のカメラや装甲車並みの耐久度を有し、あらゆる攻撃を事前に察知して防ぐ事ができる。

    作中のデモニアックや用語・地名の多くは、聖書や悪魔の名前からの引用が多い。 イシス 1. ペイルホースに対してサーシャがツヴェルフのコンピューターに残されていたデーターを元に急遽作り上げた抗体(アンチ・ナノマシン)で、効果が発症した時はデモニアックを塵化する効果を持つが、効果が現れるまでに時間がかかる。ザーギンとの最終決戦に赴く前にジョセフに投入し、効果が現れたときにジョセフとザーギンや周囲のデモニアックを塵化した。 異民 1. 20数年前、恐慌によって国外から職や衣食住を求め流れ着き、差別を受ける人々。身分証などが無いため、公的支援が一切受けられない。廃墟などに住み着き、スラムを形成している。学習や就労の機会も無く、劣悪な環境の下、慢性的な栄養失調から病に倒れる者も多い。また、家族を養うために犯罪を犯したり、自ら進んで搾取の対象となる者もいる。 2. 作中においては、差別や欲望の捌け口の対象として悲劇的に描かれる傾向が顕著である。現実の難民と状況は変わらない。

    DVD

    1. 2008年8月8日から2009年7月21日にかけて発売された。全12巻で各巻2話収録。

    BD

    1. 2016年1月6日に発売される予定。単品ではなく全24話収録のBOX仕様(BD4枚組+ボーナスDVD1枚組)。 2. これを記念し、2015年9月7日1:30(9月6日深夜)からアニマックスで放送開始。HD画質での放送はこれが初となる。

    チャンピオンREDの2008年1月号から2009年4月号まで『BLASSREITER -genetic-』(ブラスレイター -ジェネティック-)のタイトルで連載。 脚本 1. キムラノボル 作画 1. 廣瀬周 1. BLASSREITER -genetic- 1(発売日:2008年5月20日) ISBN 978-4-253-23351-4 2. BLASSREITER -genetic- 2(発売日:2008年10月20日) ISBN 978-4-253-23352-1 3. BLASSREITER -genetic- 3(発売日:2009年3月19日) ISBN 978-4-253-23353-8

    ブラスレイター ジャッジメント

    1. 角川スニーカー文庫 2. 著者:ゴンゾ、百瀬千代、ニトロプラス。

  3. 魚藤坪鉄橋 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/魚藤坪鉄橋
    • 構造
    • 沿革
    • 関連項目

    旧山線3号トンネルの北側に位置する。初代の橋は1908年に総工費122,514円を投じて建設された(p280)(p174)。1935年の新竹・台中地震により崩壊、台中線復興事務所は80メートル下流側に2代目の魚藤坪鉄橋を再建することになった。1938年(昭和13年)4月に竣工し、旧煉瓦橋は引退、中央のトラスも撤去された。 上路式ボルチモアトラス橋と煉瓦橋の組み合わせだった初代から、25.4メートルの6連続桁による上路式桁橋(ガーダー橋)に生まれ変わった。設計は台湾総督府交通局鉄道部の技師だった渡邊悟が担った。桁には川崎車輌の製造銘板(昭和十二年(1937年))が確認できる。P3橋脚は高さ35.4メートルで、落成当時は台湾で最高度だった。 1998年の「新山線」開通後は廃止され、自転車による侵入者が後を絶たないため封鎖されていた。 内社川鉄橋とともに戦前の復旧時点で耐震化が進んでいたことで、戦後に桁が国産鋼材に置き換えられた大安渓鉄橋や大甲渓鉄橋と異なり重軌道化や電化工事の際も小幅な改修にとどまった。このため戦前の姿をほぼ残しており、先んじて文化資産に指定されたそれらに比しても、価値が見劣りすることはないという意見から2019年に県定古蹟に指定された。 2018年に旧山線レールバイクの終点として経路に組み込まれたが、その際に鉄橋下部に転落防止の防護網が増設されている。

    戦前

    1. 1935年(昭和10年)4月21日 - 新竹・台中地震で全線が被害。初代当鉄橋も橋脚と橋桁が損傷し全面再建が決まる(p300)。 2. 1936年(昭和11年)見新組による施工で復旧工事開始。 3. 1938年(昭和13年) 3.1. 4月 - 当鉄橋竣工(p322)。 3.2. 7月15日 - 旧山線全線復旧(p300)。

    戦後

    1. 1978年10月 - 本鉄橋を含む台中線電化(p292)。 2. 1998年 2.1. 9月23日 - 最終列車が運行される。 2.2. 9月24日 - 新山線(台中線の新ルート)が開業に伴い廃止。

    廃止後

    県の観光再生計画の一環で龍騰断橋の観光地化および当鉄橋上流側、断橋との間に遊歩道橋が設置されている(p107)。2010年の鉄路節で蒸気機関車がリバイバル運転されたのを皮切りに2016年ごろまでは臨時特別列車が運行されていた[注釈 1]。 1. 2018年7月 - 当鉄橋がコースに組み込まれたレールバイクの試験営業開始。 2. 2019年 2.1. 3月 - 苗栗県政府が指定古蹟に登録を決定。 2.2. 5月9日 - 文化部、古蹟登録を公告。 3. 7月1日 - レールバイク正式営業開始。

  4. アラド戦記 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/アラド:逆転の輪
    • 概要
    • あらすじ
    • ゲームシステム
    • 他pcとの交流関連
    • 育成システム
    • キャラクター
    • マスタリー
    • 運営上の問題
    • 運営の移管
    • テレビアニメ

    ジャンルは「スタイリッシュアクションRPG」。2005年8月に韓国でサービスを開始し、2007年11月に中国、2009年7月16日に台湾、2010年6月9日に北米地域にサービスが拡大された。日本でのサービス開始は2006年11月。 全世界で2億のIDがあり、中国で220万、韓国で28万の最高同時接続者記録を持っている。 基本プレイは無料、特定のアイテムに対して課金制。プレイヤーキャラクター同士が戦う「対人戦闘」が用意されている。勿論、他のMORPGと同じく他のプレイヤーとパーティを組むことができる。 1つのハンゲームIDまたはネクソンIDで、1つのサーバにつき16体までキャラクターを作成できる。

    アップデード毎にストーリーが大きく変化する。 第1期 「転移」と呼ばれる次元移動現象によって、これまで見たことのない新しい生命体を目にすることになった人類は、新しい生命体に対する好奇心を抱いた。しかし、それも束の間、生命体が次第に悪化し、民間人への被害が相次いだ。 更に、かつてエルフの森・グランプロリスに棲息していた動植物に異変が起きた。その最中に大火災が突如発生。これを機に、グランプロリスで暮らしていたエルフは姿を消し、代わりに暴悪と化した動植物と転移によって現れた生命体で溢れ返った。人々はそれらをモンスターと呼び、警戒し、恐れていた。ちょうどその時からモンスターたちを討伐する冒険者が現れる。 第2期『大転移』 世界の終わりに"偉大な意思"によって多くの神が生まれる。彼らは一つであり、無限である。無限であり一つとなると、その意思と権能が達し得ないことなどなかった。 1期と違い、大火災において大転移が発生しエルブンガードとヘンドンマイア周辺が飲み込まれ、死の土地と化した。さらにアンダーフットが大転移の影響が浮遊都市となり冒険の中心部になる。そんな中、冒険者は大転移に耐えきった聖なる樹木、『シルバークラウン』にたどり着く。 第3期『オリジン』 舞台は大転移から巻き戻って、1期をベースに第2期『大転移』の要素を取り入れたもの。

    操作

    二次元のベルトフロアクションであり、『ファイナルファイト』シリーズなどに代表されるベルトスクロールアクションゲームに近い。そのため、操作はキーボードとマウスで行うのが基本だが、ジョイパッドを使用することも可能。

    前述したファイナルファイトやくにおくんシリーズに近く、買い物や他PCと触れ合う街と、戦闘ステージであるダンジョンとがつながっている。しかし、各街ごとに進入可能なダンジョンが決められている。 ダンジョンはn×m(n, mは任意の数)の複数の部屋で構成され、入るたびにスタート位置、ボス位置がランダムに変わる(固定されていることもある)。なお、そのダンジョンのボスを倒せばクリアとなる。ボスを倒さずに街に戻るとスタミナが減ってしまう。(スタミナについては後述参照のこと)mobがいる部屋に行くと後述する疲労度が1つ減る。 街とダンジョン、mobの系統リスト エルブンガード 1. 木々が生い茂る深い森の中にたたずむ街。アラドにおける冒険の始まりの地でもある。mobは人間型のゴブリン系、牛型のタウ系が出現。 ヘンドンマイア 1. エルブンガードのあるダンジョンをクリアすると通行可能になる。インド風の建築物が軒を連ねる街。序盤の冒険のメインと言っていいぐらいの街。ここからグランプロリスエリアに行ける。そのmobはゴブリン系、タウ系、ルガル系、など多数の種類のmobが登場する。また、日本でAct4...

    mob

    mobとは、敵キャラクターのこと。これらはほとんどが見える状態で存在しており、部屋内のmobを全て倒さないとその部屋から出ることができない。mobを倒すと経験値が得られ、資金(ゲーム内通貨の単位は「ゴールド」 通称 G)やアイテムを落とすこともある。mobと戦闘は接近しての攻撃が基本だが、職業によって遠方から飛び道具、魔法を用いて攻撃することも可能。mobに触れただけではダメージを受けず(一部の敵を除く)、打撃や魔法などを受けたときに初めてダメージを被る。 各ダンジョンに存在するボスは普通のmobよりもHPが高く、ほとんどのボスはHPを自動回復する。防御力アップなどの効果があるバリアを展開するmobもいれば、攻撃を受けてものけぞらないハイパーアーマーを搭載している特殊なmobも存在する。また、各ダンジョンには「チャンピオンモンスター」という特殊なmobが複数出現し、一般のmobの名前の前に「ひんやりした」などの形容詞が付きオーラ状のエフェクトを纏っている。通常のmobよりもやや強いが、倒すとクリア時の報酬が良くなる。固有名詞(名前が黄緑色)を持つmobも出現することがあり、通常の...

    パーティ

    街でパーティを募集できる。勿論、加わることも可能。パーティは最大4人で構成され、リーダーのみ行き先を決定できる権限を持つ。パーティタイトルにより、行き先が決められているものもあれば、レベルアップや特定のクエストを手伝って欲しいなどの旨が書かれているときもあるため、自PCの目的と合わない場合は加入しないほうがよい。 パーティプレイは当然だが対人関係なので、他人への礼儀として挨拶や言葉遣いに気を付ける必要がある。

    チャット関連

    他PCとの会話に欠かせないのがチャット。通常はPCの上に吹き出しが出現するが、特定の相手PC(ささやき)、パーティメンバーになっているPCのみ、などの会話も可能。また、遮断登録をすることができ、遮断された相手PCは、遮断をしたPCとチャットができなくなる。中にはストーカー的な性質のプレイヤーも存在し、遮断された相手に対し、別のPCで文句を言うなどのトラブルも発生している。 1つのアカウントが別アカウントから遮断登録された数が増えると、特殊な不名誉称号が強制的に着用される。「町の不良」「町の厄介者」「屈辱の冒険者」と段階的に存在し、これらの称号が着用されるとささやきなど特定の行動ができなくなる。これらの称号は対象のアカウントでは確認できず、他のアカウントからのみ確認できる。

    ギルド

    ギルドに加入していないキャラクターであれば何レベルであってもギルドを創設することができる。ギルドの創設には、ゲーム内でヘンドンマイアにいる、NPC(バケン)に30万ゴールドを支払えばギルドの創設が可能になる。ギルドを創設した(創設にゴールドを支払った)キャラクターがギルドマスターとなり、ギルド専用のホームページと、その管理・運営が任される。ギルドホームページでは、掲示板によって加入したギルドメンバーとの交流が可能であり、ギルドマスターのみが掲示板を作成・削除ができる。ギルドによっては他ギルドのキャラクター及びギルド未加入のキャラクター向けの掲示板もある。ギルドホームページ上でギルドの運営方針などが書かれていることが多いため、それを見て加入するか否か決めるとよい。ギルドによっては掲示板で質問したり、加入前の挨拶もできるようなところもある。 ギルドに加入できる人数は、最大で1000名である。ギルドに加入するにはコミュニティのギルドタブから加入したいギルド名を入力するか、加入権限を持つ既存ギルド員(ギルドマスター、副ギルドマスター、優秀ギルド員)から招待される必要がある。ギルドタブによ...

    ステータスについて

    PCの強さを表すのがステータス。レベルが上昇する毎にスキルポイント(後述)が獲得できる。

    ステータスの種類

    各種ステータスは装備、スキルなどにより値が変化する。 レベル 1. 強さを総合したもの。一定の経験値を取得すれば次のレベルにアップできる。 HP(ヒットポイント) 1. PCの耐久度。これが0になると戦闘不能になる。自動的に回復していき、アイテムなどで回復可能。 MP(マナポイント) 1. 魔力。スキルを使用するのに消費するポイント。自動的に回復していき、アイテムなどで回復可能。 物理攻撃 1. 武器で攻撃する際の基礎攻撃力 魔法攻撃 1. 魔法などのスキルを使用する際の基礎攻撃力 独立攻撃力 1. 固定ダメージスキルを使用する際の基礎攻撃力。上記二つと違い、武器を強化しても上がらず、精錬をする必要がある。 力 1. 上記の物理攻撃力や、物理攻撃スキルに影響を与える 知能 1. 上記の魔法攻撃力や、魔法攻撃スキルに影響を与える 体力 1. 物理ダメージを軽減する。 精神力 1. 魔法ダメージを軽減する。 物理防御 1. 物理攻撃に対する防御力。 魔法防御 1. 魔法攻撃に対する防御力。 火・水・光・闇属性抵抗 1. 値が大きければ大きいほど、その属性の攻撃に対してのダメージを軽減...

    スキル、スキルポイントについて

    スキルポイント(以下SP)はレベルが上昇することで入手できるポイント。自分の職業NPCからスキルを購入することが出来る。要求分のSP、自分のレベルがないとそのスキルは取得できない。スキルにはレベルが存在し、スキルレベルが上がれば上がるほど効果が大きくなる。転職および覚醒時にリセットされる。また「先行スキル」があるスキルも存在し、そのスキル取得に必要なスキルを習得していないとそのスキルは取得できない。スキルには「クールタイム」が存在し、1度スキルを使うと、次に使えるようになる時間が経つまで間、そのスキルを使用することができない。強力なスキルでは、「無色キューブのかけら」というアイテムを消費して使用する、一部のスキルはゲーム内通貨を消費する。 スキルの習得を間違えた、別のスキルビルドにしたい場合などに課金アイテムを購入してSPをリセットすることができる。 また、後述するTPも同時にリセットされる。 スキルは基本的に2種類存在し、アクティブスキルとパッシブスキルに分類される。 アクティブスキル 1. コマンド入力やショートカットボタンで発動させるスキル。 2. 右クリックでコマンドを封...

    選択できるキャラクターは2019年5月現在、16種類である。2次職にはレベル15以上で転職できる。2次職まで含めるとキャラクターのバリエーションは59種類に上る。また覚醒システムがあり、レベル50以上で覚醒、レベル75以上で覚醒の上位である2次覚醒が可能。レベルキャップは現在では95から100に伸びた。新しい職業やキャラクターが今後のアップデートで追加されていく予定である。

    各キャラクターにはパッシブスキルである「マスタリー」が持たせられている。そのマスタリーにある種類の武具を装備することでマスタリーの効果が得られるもの、あるいは関連するスキルの効果を上昇させるなどがある。基本的にはマスタリーと同じ種類の防具を装備するのが基本である。職業によっては、マスタリーと違う種類の防具を装着することでその職業にとって良い効果を得られる場合もある。マスタリーには次のような種類がある。 武器マスタリー 1. 1.1. そのマスタリーにある種類の武器を装備していると、そのマスタリーの効果を得られる。 1.2. 例 - 小剣マスタリー、大剣マスタリーなど 1.3. なお、武器マスタリーを会得出来るのは鬼剣士と一部の二次職業だけである。 防具マスタリー 1.1. そのマスタリーにある種類の防具を装備していると、そのマスタリーの効果を得られる。装備部位が多いほど効果が大きくなる。 1.2. キャラクターや職業により防具マスタリーが違う。よって、防具の種類もマスタリーに合わせて選択する必要がある。 1.3. 例 - クロースマスタリー、軽甲マスタリー等 スキルマスタリー 1.1. そのマスタリーに関連するスキルの効果を上昇させる。 1.2. 例 - 重火器マスタリー、グラブマスタリーなど

    アラド戦記では、RMT業者の営利目的による、BOT・チート行為がほとんど野放し状態となっている。2009年末から2010年1月を見ても、BOTキャラクターが蔓延し、一般ユーザーがログインしにくくなる現象が起こるなどしている。2012年現在、ログインが困難な現象は発生していない。
    2019年5月現在、BOTキャラクターを見かけることは少なくなりログイン状態、アイテム価格の安定が保たれている。

    2008年7月10日、韓国NEXONにアラド戦記の開発元であるネオプル(英表記:Neople)が買収され子会社化し、運営は韓国ハンゲームから韓国NEXONに移管した。Neopleは日本はハンゲームによる運営形態は維持していくと発表したが、日本もネクソンに移管することとなり、ハンゲームによる運営・サポートは2009年2月28日に終了されることとなった。運営は移管されるものの、ハンゲームとのマーケティング提携契約が締結されているため、ネクソン・ハンゲーム共々サービスが行われることになる。なお、3月4日にネクソンによる正式なサービス開始となった。

    『アラド戦記〜スラップアップパーティー〜』

    『アラド戦記〜スラップアップパーティー〜』は2009年4月から9月までテレビ東京ほかにて放送されたテレビアニメ。 メディアミックスとして、同年7月から11月までコミックバーズにて漫画化もされた。舞台や登場人物はアニメに準拠しているが、ストーリーは大きく異なっている。著者は上田キク。単行本は全1巻。

    『アラド:逆転の輪』

    『アラド:逆転の輪』(アラド ぎゃくてんのギア)はTencent Games企画、ライデンフィルム制作によるテレビアニメ。日本では2020年7月4日から9月26日までテレビ東京にて毎週土曜1:53 - 2:23(金曜深夜)に放送された。中国では先行してWeb配信された。

  5. 台湾鉄路管理局 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/台湾鉄路管理局
    • 概説
    • 歴史
    • 運行形態
    • 路線一覧
    • 使用車両
    • 運賃
    • 駅区分
    • 技術協力
    • 関連事業
    • 関連商品

    日本の降伏を受け、中華民国政府が接収した台湾島内の鉄道路線を運営する目的で設立された台湾鉄路管理委員会を直接の前身とする鉄道事業体で、1948年3月1日に発足した。設立当初は地方政府である台湾省政府の管轄下であったが、台湾省の機能が凍結された1999年に中央政府の管轄下となって現在に至る。台北駅ビルに本部を構え、2018年11月現在の局長は張政源。 日本統治時代に建設された多く路線を引き続き運営している他に、東部を中心に存在した鉄道空白地帯を結ぶ東部幹線・南廻線および一部の支線を建設、あわせて1,100キロメートルを超える路線を運営している。また、管理局発足後も恒常的に設備の近代化が行われており、現在では主要幹線の殆どが電化・複線化されている。年間利用者はおよそ1億7千万人。 長らく西部幹線の長距離輸送を経営の柱としてきたが、台湾高速鉄道の開業後は高速鉄道を補完する短中距離輸送の利便性を高めるため、高頻度・等間隔の都市型ダイヤへの移行を進めている(台鉄捷運化)。また、高速バスとの競合が激化している東部幹線の長距離輸送の改善にも力を入れており、台東線の電化・重軌条化や日本製振り子電車の投入を進めている。 公社化を経た後に民営化する計画もある。なお台湾の国鉄には台鉄のほかに、林業用に由来し日本の農林水産省に相当する林務局が運営[注 1] する阿里山森林鉄路がある。

    1945年(昭和20年) - 日本の台湾統治終了により、台湾島内の国営鉄道事業を台湾総督府交通局鉄道部から中華民国台湾省行政長官公署下の台湾鉄路管理委員会に移管。
    1947年(民国36年) - 行政長官公署の廃止に伴い台湾省政府管轄下に移管。
    1949年(民国38年) - 台北鉄路公司(旧台北鉄道株式会社)新店線を買収。

    2006年11月に一新され、2021年4月時点で運用されている列車種別は次の通りである。 1. 自強号(繁体字:自強號):日本の特急に相当する。 2. 莒光号(繁体字:莒光號):急行に相当する。 3. 復興号(繁体字:復興號):準急に相当する。 4. 区間快車:快速に相当する。/区間車:普通列車に相当する。 5. 観光列車(環島之星):ジョイフルトレインに相当する。 長らく台北市と高雄市を結ぶ長距離輸送に主軸が置かれてきたが、現在は台湾高速鉄道にその座を譲り、台北と高雄の2大都市圏と地方都市との連絡を中心とした運行ダイヤが組まれている。すなわち、台湾各地の地方都市と2大都市圏を長距離輸送の基幹となる自強号・莒光号の優等列車で結びつつ、区間車・区間快車でそれらの優等列車を補完するというダイヤである。また、前述の2大都市圏とその周辺では都市近郊鉄道として都市圏輸送も担っており、従来の汽車型ダイヤから高頻度運転の都市型ダイヤへの移行(台鉄捷運化)が進められている。 なお、2006年11月までに廃止された列車種別は次の通りである。 1. 観光号(中国語版):1961年~1978年に運行されていた優等列車。 2. 対号特快(中国語版):1949年~1988年に運行されていた優等列車。 3. 光華号:1966年~1979年に運行運行されていた優等列車。 4. 台東線光華号:1968年~1982年に台東線で運行されていた優等列車。 5. 莒興号(中国語版):1980年に運行開始した優等列車。1981年までに莒光号か復興号のいずれかに変更され消滅。 6. 通勤電(電聯)車:1990年に運行開始、2006年に区間快車/区間車へ改称。冷房付き列車だった。 7. 冷気柴客:1998年に運行開始、2006年に区間快車/区間車へ改称。冷房付き列車だった。 8. 平快車(中国語版):2006年に普快車へ統合された。 9. 普通車:2006年に普快車へ統合された。 2020年12月23日を持って普通列車に相当する種別である普快車が廃止となった。 1. EMU型自強号のネームプレート 2. 三貂嶺駅を通過する莒光号 3. 南港駅に入る復活運転の光華号 4. 台東線を走る「環島之星」

    計画線

    1. 北宜直線鉄道(南港 - 礁渓) 2. 甲后線(大甲 - 后里)大台中山手線 3. 田中線(田中 - 新田中)台湾高速鉄道に接続 4. 虎尾線(斗南 - 虎尾)台湾高速鉄道に接続 5. 東港線(鎮安 - 東港)廃線復活計画 6. 恒春線(内獅 - 恒春) 7. 海生館線(車城 - 海生館)恒春線の支線

    計画中断

    1. 中横鉄道(台中 - 花蓮)

    廃止線

    1. 淡水線(大稲埕/北門 - 台北 - 淡水) - 現・台北捷運淡水線 2. 新北投線(北投 - 新北投) - 現・台北捷運新北投支線 3. 松山飛機場線(松山 - 飛機場) 4. 新店線(万華 - 新店郡役所前) 5. 中和線(板橋 - 中和) 6. 林口線(桃園 - 林口) 7. 新竹機場線(新竹 - 新竹機場) 8. 旧山線(三義 - 后里) 9. 東勢線(豊原 - 東勢) 10. 神岡線(潭子 - 清泉岡) 11. 水上機場線(嘉義 - 水上空港) 12. 中油嘉義溶剤廠支線(北回帰線 - 嘉義中油煉製研究所) 13. 高雄臨港線(高雄港 - 前鎮 - 高雄) 14. 東港線(鎮安 - 東港) 15. 蘇澳臨港線(蘇澳 - 蘇澳港) 16. 花蓮臨港線(花蓮 - 花蓮港) 17. 台東海岸線(台東 - 台東海岸)

    詳細は台湾鉄路管理局の車両形式(中国語版)を参照のこと。
    EMU700型電車
    TEMU2000型電車
    E200型電気機関車

    列車の運賃については、日本と違い、列車ごとにそれぞれ別々の運賃体系(日本の「普通運賃」の上に特急料金、指定席料金を追加する方式とは異なる)が設定されており、たとえ同一種別の列車同士であっても、2列車以上を乗り継ぐ場合は運賃の通算を行わない。莒光号以上の優等列車は原則として全車指定席で、混雑区間の普通車に限って「自願無座」(日本の立席特急券に相当)が発売される場合がある。ちなみに、観光列車や一部の莒光号には日本のグリーン車に相当する「商務車」という特別席が設定されているが、前述の通り乗車券以外の料金券が存在しないため、この車両・座席には上位種別の料金(この場合自強号)が適用される。そのため、時刻表上は自強号として別列車扱いされており、乗車券も自強号で発券される。 種別ごとの運賃は以下の通り。(10kmまでは一律10kmの運賃が初乗りとして適用) なお、小児・65歳以上の老人・障害者は半額となるが、小児運賃の適用基準が年齢である日本とは異なり、身長(115cm以上150cm未満)となっている。また、莒光号において座席指定を受けずに(自願無座)81キロメートル以上を乗車した場合は上記運賃から2割引となる。 この他に、1ヶ月、3ヶ月有効の定期乗車券、団体乗車券、各種企画乗車券も存在する。かつては入場券(6元)も発売されていたが、2013年6月1日に廃止された(身分証との交換で通行証を貸与する形式に変更)。 1. 普悠瑪自強号の乗車券 2. 定期券 3. 入場券 4. TR PASS学生版 5. プリペイドカード 6. セブンイレブンi-bon端末発券の莒光号乗車券

    2018年11月現在。廃駅はCategory:台湾の廃駅を参照。 1. 特等站: 台北、台中、高雄、花蓮…計4駅 2. 一等站: 基隆、七堵、南港、松山、萬華、板橋、樹林、桃園、中壢、新竹、竹南、苗栗、豐原、彰化、員林、斗六、嘉義、新營、台南、岡山、新左營、屏東、潮州、瑞芳、宜蘭、蘇澳新、玉里、台東…計28駅 3. 二等站: 八堵、汐止、鶯歌、大甲、臺中港、沙鹿、新烏日、田中、二水、斗南、隆田、善化、永康、中洲、楠梓、鳳山、雙溪、羅東、冬山、蘇澳、東澳、和平、新城 (太魯閣)、竹東…計24駅 4. 三等站: 山佳、内壢、埔心、楊梅、富岡、湖口、新豐、竹北、後龍、白沙屯、通霄、苑裡、清水、龍井、大肚、追分、銅鑼、三義、后里、潭子、成功、社頭、林內、大林、民雄、新市、保安、大湖、路竹、橋頭、九曲堂、西勢、南州、林邊、枋寮、加祿、枋野、大武、金崙、太麻里、知本、四腳亭、猴硐、三貂嶺、福隆、頭城、礁溪、二結、永樂、南澳、漢本、和仁、崇德、北埔、吉安、志學、壽豐、鳳林、萬榮、光復、富源、瑞穗、東里、富里、池上、關山、瑞源、鹿野、花蓮港…計70駅 5. 簡易站: 三坑、百福、五堵、汐科、浮洲、南樹林、北新竹、三姓橋、豐富、泰安、大慶、烏日、嘉北、水上、柳營、南科、大橋、仁徳、左營(舊城)、內惟、美術館、鼓山、三塊厝、民族、科工館、正義、後庄、竹田、平溪、菁桐、林榮新光、豐田、千甲、新莊、集集、車埕、長榮大學…計34駅 6. 甲種簡易站: 北湖、香山、大山、新埔、日南、花壇、南靖、後壁、林鳳營、佳冬、大里、龜山、竹中…計14駅 7. 乙種簡易站: 栗林、頭家厝、松竹、太原、精武、五權、大慶、烏日、大村、瀧溪、康楽、三民、東竹、南平、貢寮、四城、景美、海端、山里、九讚頭、內灣、六家、水里、沙崙…計25駅 8. 丙種簡易站: 十分、濁水…計2駅 9. 招呼站 (無人駅): 新富、崎頂、談文、龍港、造橋、南勢、永靖、石榴、石龜、拔林、六塊厝、歸來、麟洛、崁頂、鎮安、東海、內獅、枋山、暖暖、牡丹、大溪、石城、外澳、頂埔、中里、新馬、武塔、平和、大富、瑞和、大華、望古、嶺腳、上員、榮華、橫山、合興、富貴、源泉、龍泉、海科館、八斗子…計42駅 10. 号誌站 (信号場): 談文南、大肚溪南、中央、古莊、…計4駅 11. 貨運站(貨物駅): 五堵(貨)、新竹(貨)…計2駅 1. 特等站の...

    公式店舗の運営、各種グッズの企画・販売(「台鉄本舗(台鐵本舗)」や「台湾鉄道故事館(台灣鐵道故事館)」は民間経営)
    タカラトミー・プラレールシリーズ - 台湾国内で太魯閣号・普悠瑪号のセット商品が販売されている。
    鉄道模型 - 現地メーカーの鉄支路模型などから当局のNゲージ車両が製品化されている。
  6. 洪家拳 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/洪家拳
    • 概説
    • 歴史
    • 技術体系
    • 洪家三宝
    • 諸説
    • 創作における洪家拳
    • 脚注
    • 参考文献

    船の上で戦う事を想定したという低い姿勢(空手の騎馬立ちに近い)で闘う南派少林拳の伝統通り、腰を落とした姿勢からの力強い動作が特徴である。呼吸法に特徴があり笑い声の様な発声法(インドのラフタ・ヨガに似ている?)も存在する。また、即効性と実戦性が高いことから、清朝末期の反政府(反清復明)秘密結社・三合会の間で広まった。 陸亞采を創始者とする伝説が有名であり、武侠小説や映画にも度々取り上げられた。また洪家門の伝承者・林世栄は香港に移住後、武館を開き洪拳門の一派、虎鶴門を開き広く世に伝えた。 南派少林拳ルーツとされる福建少林寺伝来の拳として五形拳(五種の動物の型)があり、洪家拳はその中の虎と鶴の拳を基にして作られたとする説(いわゆる洪熙官伝説の一つ)がある。実際には現在各派で練習されている五形拳は近代に編まれたものである。 洪家拳は広東省五大名拳(南派五大名家、洪家拳、劉家拳、李家拳、蔡家拳、莫家拳)の首であるとされ、中国での洪家拳のイメージは、歴史上の正義の英雄が愛用した拳、革命闘士達の拳として、良いイメージで語られることが多い。 ショウ・ブラザーズの映画(大半が「劉家良」の武術指導、監督作品)の影響や、戦乱や政変を嫌い国外へ渡った武術家や華僑の護衛に洪家拳の修行者が多かったことから、世界各地の中華街には洪家拳の道場が多数存在しており、功夫修業や旧正月に行われる獅子舞の演舞等が中国文化に触れる窓口になっている。

    明の時代に、陝西で紅拳を元にその他の武術を組み入れ作られ、清朝には、反政府組織の洪門(三合会)が少林寺に学んだとされる。 また、台湾では、反政府運動家として知られる鄭成功が「金台山」を創立し、中国南方を中心に拡がって行った。 これらの「老洪拳」とは別に、伝説的武術家の黄飛鴻や、少林五林(方世玉や洪熙官など)と呼ばれる武術結社から誕生した門派は、「新派洪拳」と呼ばれている。

    洪家門の特徴としては、強く俊敏な馬(マー・足腰)、力強く精妙な橋手(キウサオ・前腕技術)で知られ虎爪(こそう)による禽拿を得意とする。高級套路に位置づけられている鐵線拳では内功の鍛錬をも行い筋骨のみならず内面をも鍛え、健身効果もあるとされている。伝承される武器術として棍法にも優れた特徴を持つことで知られる。技の根幹は鉄橋鉄馬、硬橋硬馬(力強い手足)であり、下半身の馬を鍛えることを礼馬と言い、橋とは前腕部のことで要訣としては「圏」、「沈」、「傍」、「架」、「載」、「穿」等がある。様々な橋手を駆使し重い橋手で敵の防御をこじ開け、正面突破の攻撃・戦法を得意とする。そのための前腕部(橋手)の鍛錬として木人椿相手の鍛錬や、重い鉄環を腕にはめて型を行い、両腕の鍛錬などをする。歩法も豊富で十二橋馬と言って12種類存在する。四平大馬、子午馬、伏虎馬、麒麟馬、吊馬、獨鶴馬、中字馬、三角馬、敗馬、二字鉗羊馬、跳馬、丁字馬以上の歩法がある。

    洪家三宝と呼ばれる三つの套路の内、虎鶴双形拳(こかくそうけいけん)は虎の力と形と虎爪、鶴の象(鶴の秀麗、飄逸)を併せ持ち、技は重厚敏捷、勇猛かつ精妙、剛柔相斎、長橋短橋を使い分ける。また三宝の一つ鉄線拳(てっせんけん)は内功を練るためにあり、外面的攻防技法とともに橋手を内面的に鍛えるためにもやり、また健康のためにやる養生の型でもある。気血を全身にめぐらせ全身を強壮にする効果もあり、清代末、広東十虎の内の一人、名人、鉄橋三(本名・梁坤)の絶技と言われている。五形拳の内の龍形拳もこれと似た技法である。 鐵線拳の元である鐵線技法は、五枚尼姑、方詠春より学んだ短橋狭馬の技を洪キ官がまとめたとされ、虎鶴双形拳は南少林寺の至善禅師より学んだ長橋大馬の技を洪がまとめたものとされている。 洪家拳の套路は、洪家三宝といわれる 1. 工字伏虎拳 2. 虎鶴双形拳 3. 鐵線拳

    洪家拳の四平大馬(馬立ち)は脚部の柔軟さ、強さ、気を強化し鍛える鍛錬法である。
    同様の南派武術詠春拳の木人椿に洪家拳の胡蝶掌に似た両掌打技法、包排手(ポウパイサオ)がある。歴史的に洪家拳は詠春拳と非常に関わりが深い拳である。
    周家拳(洪頭蔡尾拳)、黒虎門、蛇形刁手門(佛家拳)等も洪家拳の影響を受けているとされる。
    漫画『拳児』で香港にて香港映画界の武術監督、劉華英が洪家拳の達人として登場。劇中にて棍術を披露。同様に香港大学にて武術を教える召漢生が洪家拳の套路を演武。この二人は、モデルは実在するが架空の人物。また日本の横浜中華街、金龍菜館(中華レストラン)において店主であり拳児の八極拳の師でもある張仁忠が洪家拳の成り立ちと太平天国の乱との関わり、技術、鍛錬内容について語る。また拳児の宿敵・トニー譚もこの...
    映画『ドランクモンキー 酔拳』では主演のジャッキー・チェンが劇中で洪家拳の技(還魂飽鶴、鍛錬法の四平大馬のパロディー等)を演武。また『スネーキーモンキー 蛇拳』でも蛇拳の名で五形拳の内の蛇形拳を演武。
    映画『拳精』では同じく主演のジャッキー・チェンが劇中、少林寺において五獣拳の名で洪家拳や様々な拳術をミックスしたオリジナルの五形拳(龍、虎、豹、鶴、蛇の型)を演武。
    『仮面ライダースーパー1』(赤心少林拳)、漫画『ドラゴンボール』のかめはめ波などは胡蝶掌をおもわせる。ただし、赤心少林拳の元である「梅花の拳」は黄飛鴻によって発案され実在する。
    ^ 尊我齋主人『少林拳術秘訣』によると、五形拳の龍は神(精神)、虎は骨、豹は筋肉、鶴は精、蛇は気を鍛錬するものとされる。しかし、唐豪(『少林拳術秘訣考証』)は、五形拳について記した『少林拳術秘訣』は近代に書かれた書であり、登場する多くの僧侶や武術家は架空の人物であるとする。
    松田隆智 『図説中国武術誌』 新人物往来社
    松田隆智 『少林拳入門』 サンポウブックス
    松田隆智 『少林拳術 羅漢拳』土屋書店
    笠尾恭二 『中国拳法 少林拳入門』 日東書院
  7. 営団02系電車 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/営団02系電車
    • 車両概要
    • 車内内装
    • 走行機器など
    • 旅客への情報提供
    • ワンマン運転への対応
    • 改修工事
    • 受賞・ラッピング車両など
    • 置き換え
    • 参考文献
    • 外部リンク

    丸ノ内線で開業以来使用している300形・500形などの車両が車両更新時期の目安である30年が経過したことや、銀座線用2000形などの更新車両である01系が乗客に好評であったことから、丸ノ内線も新型車両に置き換えることとなり、本系列が導入されることとなった。 01系をベースに設計・製造したため、外観や機器などは01系に準拠したものとなっている 。これは検査業務を担当する中野検車区・中野工場での取り扱いを考慮したものである 。丸ノ内線においても本系列への統一後(本線は1995年2月、方南町支線は1996年7月に統一)の1998年(平成10年)3月には保安装置の新CS-ATC化が実施され、最高速度が従来の65 km/hから75 km/hに引き上げられた。 車体はアルミニウム合金製で、片側3扉構造である。車両の製作工法は01系と同様、アルミニウム合金の大型・中空の押出形材を組み合わせて連続溶接工法によって組み立てるというものである。銀座線に比べて丸ノ内線の方がトンネル断面を拡大している分車両限界も大きいため、01系の全長16 m・幅2,550 mmに対して本系列は全長18 m・幅2,780 mmと、一回り大きくなっている。

    車内内張りにはベージュ系の色を採用し、床材は01系よりも明るい色の茶色とクリーム色で2色フットライン入りのものとした。当初は床に主電動機点検蓋(トラップドア)があったが、第20編成よりメンテナンスが軽減された主電動機の三相交流化に伴い省略された。 側窓は車端部が2連窓、ドア間が3連窓で、いずれも開閉可能な下降窓である。車内側の窓枠は1・2次車がアルミ製であったが、3次車からはFRP製に変更された。なお、丸ノ内線には地上走行区間があるが、ロール式カーテンは設置していない。 2009年時点での座席モケットは全車両が赤系色で総柄プリント品のバケットシートである。1人分の掛け幅は5次車までが440 mm、6次車からは450 mmに拡大されたほか、袖仕切上部のパイプにモケットが巻かれたものとなった。優先席部は同柄で、青色の表地である。なお、当初の1 - 5次車は赤色の区分柄入りで非バケットタイプ(3次車からバケットタイプ)であったが、後年に前述した6次車以降と同じものへ交換された。 客用ドアは在来車両より100 mm広い1,400 mmに拡大し、ラッシュ時の乗降をスムーズにするようにしている。車内側も化粧板仕上げであり、ドアガラスは2次車までは単板ガラス、3次車以降では複層ガラスが採用された。連結面は各車に貫通扉が設置されており、妻面には窓が設置されている[注 4]。 座席端の袖仕切りは荷棚の端と一体になったもので、形状は01系のものに似ているがそれよりも丸みを帯びている。荷棚はステンレス線を格子状にスポット溶接したものである。つり革は白色の三角形であり、線路方向は全長に渡って、枕木方向はドア付近上部に設置している。2006年(平成18年)初頭頃からは優先席部分のつり革がオレンジ色のものに交換されている。 車椅子スペースは5次車から設置が開始され、車内に2か所ずつ設けた。さらに非常通報器は警報式から乗務員との相互通話可能な対話式のものへ変更された。のちにワンマン運転への対応のため、全車両が対話式へ交換されている。連結面間貫通路は6次車からは車椅子での通行を考慮して800 mm幅から870 mm幅に拡幅された。 2007年(平成19年)頃から、車内号車札・非常通報装置・非常用ドアコック・消火器の表記類を10000系と同じ蓄光性シールへの交換が実施されている。 1. 02系...

    走行機器は、第01 - 19編成は銀座線用の01系とほぼ同形の高周波分巻チョッパ制御が採用された。ただし、本系列では電機子チョッパ装置の素子はGTOサイリスタであるが、界磁チョッパ装置には高耐圧パワートランジスタに変更し、機器の小型・軽量化を図った。台車は01系と同じ住友金属工業(現・新日鐵住金)製の緩衝ゴム式軸箱支持方式のボルスタ付空気ばね台車(FS-520A・FS-020A形台車)を使用する。ただし、第07編成の02-107・02-207号車は日本車輌製造製の円錐ゴム式軸箱支持方式台車(ND-717・717T形台車)を使用し、従来の緩衝ゴム式との比較を行った。同様の例は東西線用の05系第07編成においても見られる。チョッパ制御装置は三菱電機製・日立製作所製がほとんどだが、第04編成のみ東芝製を搭載する。 その後の第20 - 53編成と方南町支線用の第81 - 86編成ではIGBT素子による3レベルVVVFインバータ制御に変更された。制御方式は前者が1C2M2群制御、後者が1C2M3群制御である。台車はモノリンク式軸箱支持方式のボルスタレス台車(SS-130・SS-030形台車)に変更した。基礎ブレーキはいずれも片押し式踏面ブレーキである。5次車からはシングルブレーキからユニットブレーキ方式として保守の向上を図った。VVVF制御装置は、第20 - 42編成と支線用が三菱製、第43 - 49編成が日立製、第50 - 53編成が東芝製である。 空気圧縮機 (CP) は、第19編成までのチョッパ車では直流駆動のC-2000LA形を、第20編成以降のVVVF車(方南町支線用車含む)では交流駆動で、容量増を図ったC-2500LB形を搭載する。補助電源装置は制御用としては両先頭車に搭載しており、チョッパ車では日立製作所製の15 kVA出力電動発電機 (MG) を搭載、VVVF車では東洋電機製造製のGTOサイリスタ素子を使用した40 kVA出力の静止形インバータ (SIV) を搭載する。さらに02-300形(T車)には冷房電源用として三菱または東芝製の110 kVA出力SIVを搭載する。方南町支線用では02-180形に東洋電機製造製のIGBT素子を使用した75 kVA出力SIVを1台搭載する。 ブレーキ装置は01系と同様の回生ブレーキ併用の全電気指令式だが、01系の均一ブ...

    車外向け

    1 - 4次車と方南町支線用は字幕式、5 - 7次車はLED式の行先表示器を先頭車前面に設置している。1編成あたり計2台で、側面表示器は設置していない。なお、1 - 4次車は後述の改修工事によりLED式に交換され、現在は存在しない。 方南町支線用編成は、側面の中央ドアの上部に中野坂上 - 方南町間の運行であることを示すステッカーを貼付している。 側面に車外案内用スピーカーが2台あり、乗降促進音(本線用、支線用共にオリジナルメロディ)を搭載している。

    車内向け

    全編成に自動放送装置を搭載している。製造当初の1次車と方南町支線用車両(後述)は搭載していなかったが、1次車は1994年度までに設置された。

    方南町支線用

    前述したが、方南町支線用の80番台編成は落成時よりワンマン運転を想定しており、運転台にはワンハンドル式マスコンを採用していた。 2004年夏のワンマン運転開始時には、先頭車は正面フロントガラスの右上と側面乗務員室扉の上部に、中間車は区間行先シールの右側にそれぞれ「ワンマン」ステッカーを貼り付けした。また、ホームドアの設置により車体側面下部の車両番号表記が見えなくなるため、車体側面上部にも車両番号が表記された。 運転台はメインハンドルにデッドマン装置を設置したほか、ドア開閉スイッチ[注 10]、2画面式車上CCTV(Closed Circuit Television、ホーム監視用モニター)とミリ波画像受信器、ホームドア表示灯や右端に運転士操作器(車内/車外放送用マイク)を新設した。 客室との仕切扉を電磁鎖錠付扉へ交換、前灯点滅制御器[注 11]の新設。このほか、車内案内表示装置や自動放送装置を設置したことは前述した。 機器面ではTASC装置の設置、誘導無線装置は防護発報機能付へ変更し、非常通報装置の運転指令所との対話機能の追加[注 12]などが実施された。 そのほか、方南町支線にホ...

    本線用

    本線用の編成は、ワンマン運転およびホームドア設置準備工事のため、2005年(平成17年)3月から順次ワンマン運転に対応した改造が進められ、2007年(平成19年)8月までに全編成の改造が完了した[注 14]。その後、同年11月からATO装置設置のための改造工事が開始され、2009年(平成21年)1月までに全編成の改造工事が完了した。

    02系においても初期車の落成から20年を迎え、大規模改修工事(B修工事)の施工時期に達した 。このため、2009年度よりチョッパ制御車(第01 - 19編成)を対象としたB修工事が実施された。 この改修工事は2009年(平成21年)9月より第02編成を最初として開始し、翌2010年(平成22年)1月28日に報道向け公開が行われた。なお、当初は53編成すべてを大規模改修する計画であったが、CBTC導入による計画変更でチョッパ制御車の19編成のみに大幅に縮小し、最初からVVVF制御車として落成した編成は更新対象外となり、後継の2000系に置き換えることとなった。なお、大規模改修工事施工車についても最終的には2000系に置き換える計画である。 その後、同年2月16日から営業運転を開始した 。報道向け公開の時点では年間3 - 4編成程度を施工する方針としており2013年度末までに対象の全19編成の改修工事を完了する予定としており 、2012年3月末時点では計9編成に施工が完了していた。 初期には中野工場において改修工事を施工したが、本系列の大規模改修工事に対応するために小石川CRは施設の改修工事が実施され、工事完成後の2010年9月以降の入場車両はすべて小石川CRにおいて施工されている。

    1989年(平成元年)12月20日、鉄道友の会の1989年グローリア賞を受賞した。これは営団地下鉄01系、02系、03系、05系の各新系列車両に対しての賞である。
    2003年(平成15年)末から、丸ノ内線池袋 - 御茶ノ水間開業50周年を記念して第50編成に開業当時の車両の塗装のラッピングが施された。この編成は2004年(平成16年)1月24日に臨時列車に充当された後、小石川検車区で構内イベントが開催された。その後、2月25日から3月31日まで通常ダイヤに組み込まれて運転された。なおこれは、ロッテのガーナチョコレートのプロモーションによるものである。

    東京メトロでは営団時代より、経年12年目でC修工事と称する簡易な改修工事(ゴム材や床関係の改修)、3回目の全般検査になる24年目でB修工事と称する大規模な改修工事(内装取り替えと電気品の更新)、36年目でC修工事、6回目の全般検査になる48年目で廃車となるライフサイクルを見込んでいるが、これはモデルケースであり、必ずしもこの時期に改修工事や廃車が実施されるとは限らない。実際に01系や一部の03系のようにB修工事を施工することなく置き換えられる車両はある。 本系列の一部車両に見劣りが目立ってきたことと、丸ノ内線に導入予定のCBTC(無線式列車制御システム)に対応できないため、東京メトロの中期経営計画で、2018年度から2022年度にかけて6両編成の新型車両が53編成投入されることが発表され、2018年3月に新型車両2000系の詳細が発表された。この本数は02系の本線用6両編成全編成と同じ本数となっており、2019年2月の2000系営業運転開始に先立ち、2018年10月15日付で第48編成が廃車されたことにより、本系列に廃車が発生している。2022年度までに本線用6両編成が全て置き換えられる予定である。また、2019年1月26日のダイヤ改正で方南町駅のホーム延伸工事が完成し、支線の6連入線が可能となったが、3連の運用は現時点では未定である。 東京メトロでは、国際協力機構発注の「フィリピン国フィリピン鉄道訓練センター設立・運営能力強化支援プロジェクト」に参加し、フィリピンでの鉄道人材育成に携わっており、FEATI大学(ファーッティ大学)ともプロジェクトを通し関係を築き、FEATI大学は同国の私立大学では初めて鉄道関係学科を新設することとなった。今回FEATI大学からの鉄道関係設備寄贈依頼に応え、02系2両(02-151,02-251)の無償譲渡を決定した。2020年2月に同大学へ設置され、教材として活用される。東京メトロは、引き続きフィリピンにおける鉄道人材の育成への支援を行い、フィリピンの都市交通機能向上、日比両国の友好関係の強化につながるよう努めるとしている。 2020年08月18日に第36編成の廃車により、路線図式の案内表示機を搭載した編成が消滅した。

    帝都高速度交通営団『60年のあゆみ - 営団地下鉄車両2000両突破記念 - 』
    交通新聞社『営団地下鉄車両写真集 - 4Sを支えてきた車両たち - 』
    交友社「鉄道ファン」」
  8. 国鉄485系電車 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/国鉄485系電車

    485系電車(485けいでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が設計・製造した交流直流両用 特急形 電車である。 本項では、交流60 Hz対応の481系・交流50 Hz対応の483系ならびに交流50/60 Hz対応の485系を基本に信越線の協調運転にも対応した489系についても解説を行う。

  9. 国鉄151系・161系・181系電車 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/国鉄181系電車

    国鉄151系・161系・181系電車(こくてつ151けい・161けい・181けいでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が設計・製造した直流用特急形電車である。 国鉄初の特急形電車として1958年 - 1963年に製造された151系電車(当初は20系電車 [1] )を基本に、山岳線区対応と ...

  10. 東京メトロ10000系電車 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/東京地下鉄10000系電車
    • 概要
    • 車体
    • 室内
    • 製造次車の違い
    • 搭載機器
    • 旅客への情報提供
    • 編成
    • 運行区間
    • これまでの歩み
    • 有楽町線における車両の転配について

    本系列は、2008年(平成20年)6月14日に開業した副都心線における運行本数増に対応するため、また有楽町線用の7000系を副都心線対応改造時の予備車を確保するため、さらに同系列の置き換え用(代替新造)として製造された。 車体は、2004年(平成16年)度に落成した東西線の05系13次車をベースにした日立製作所製のアルミ合金製オールダブルスキン構造車体 (A-train) で製造されたが、今までよりも軽量になっている。同系列同様に「快適性の向上」、「使いやすさの向上」、「リサイクル性の向上」、「火災対策の強化」、「車体強度の向上」、「コストダウンと省メンテナンス化」をコンセプトにしている。 本系列は東京メトロに移行後初の新形式車両であり、同社のイメージを印象付けることや新たに開業する副都心線用の車両でもあることから、「新生・変革」をメインテーマに設計した。

    車体構造は全ての構体(屋根・台枠・側構体など)をダブルスキンの中空押出形材で構成し、これらの部材を20m一括して摩擦攪拌接合 (FSW) により接合している。材質は廃車時のリサイクル性を考慮して単一の合金を使用する「モノアロイ化」を実施している(本系列ではアルミ合金)。 営団→東京メトロでは日比谷線脱線衝突事故以降に製造された車両において衝突事故対策を強化している。本系列では 1. 先頭車前面の側面部分と貫通路柱についてアルミ板材から三次元削り出し加工として部材自体を強化し、さらに屋根構体と台枠と強固に接合する構造を採用。 2. 側構体のダブルスキンと床上面の結合部をMIG溶接とFSW接合で強固に結合することで母材化を実施。 3. 車体端部の隅柱は厚みを付け、また三角形の断面構造とし、これを車体台枠から屋根構体まで貫通させ、さらに側構体に直接接合する構造を採用。 これらの構造により車体強度の向上を図り、万が一の衝突事故時にも車体の損壊を低減させる構造とした。車両間には転落防止幌を設置する。 大邱地下鉄放火事件を教訓に、不燃、難燃性の一層の強化や、樹脂部品の溶融滴下と有毒ガスの発生防止など、構造や材質の見直しが図られたほか、隣接する車両の状況を判断しやすい貫通路の大型ガラスや、消火器や非常コックの所在がわかりやすい車内見付けとなっている。 当初の報道では、2007年(平成19年)度までに10両編成20本(200両)が日立製作所で製造される予定だった。その後、一部専門誌の記事では11本(110両)を追加製造し、10両編成31本(310両)となることが発表されていた。その後発表された資料によれば計画変更が行われ、新たに50両を追加製造し、最終的には2009年(平成21年)度内に10両編成36本(360両)が出揃った。 落成時は有楽町線に先行投入して使用していたが、当初より副都心線での使用を考慮して自動列車運転装置 (ATO) やホームドアを使用したワンマン運転対応に対応するための各種機器を搭載している(1次車では一部機器は準備工事のみ)。 連結器は先頭部は廻り子式密着連結器、中間部は半永久連結器を使用している。副都心線は10両編成と8両編成で運転されており、本系列は10両編成より6号車および7号車の2両を抜き、8両編成での運用を可能としている。これは第01 - 05...

    運転台

    乗務員室は居住性確保のために線路方向に2,160mm確保されている。室内はアイボリー色、天井は客室よりも低い。運転台は黒色・灰色の配色で、有楽町線を定期運転する車両としては初めてワンハンドル式マスター・コントローラー[注 1]およびデッドマン装置を採用した。08系などと同様にノッチ位置表示灯が設置されており、ATCによる制動の場合もブレーキ位置表示となる。 速度計は近年の他系列と同様に白地で、電照可能な120km/h表示のものである。副都心線においては自動列車制御装置(ATO)によるワンマン運転を行うため、9000系と同じく運転士用のドア開閉ボタン・乗降促進スイッチやATO出発ボタン、ワンマン・ツーマン切り替えスイッチなどが設置されている。運転台の上部には車上CCTV(ホーム監視モニター)が設置されている。フロントガラス部に光線ヨケ(日差し避け)を設置しないことやCCTVの視認性を考慮して、フロントガラス上部には遮光フィルムを貼り付けしている。 計器盤右側には車両情報管理装置 (TIS) のモニター画面があり、機器の動作確認やサービス機器の操作に加え、各種メニュー放送・表示の設定...

    客室内装

    その後の変更点の詳細は次項目を参照のこと。 車内は「先進的な特徴で高品質」・「快適で使いやすい車内」をデザインコンセプトとした。 蛍光灯や空調ダクトの配置を工夫すること[注 3]で、本系列の天井の高さは07系より185mm高い2,415mmとなった。空調ダクトは側に寄せており、中央部のみ高い凸形となっている。このため、ラインデリア(補助送風機)は枕木方向の設置とし、先頭車7台・中間車8台設置されている。このラインデリア取り付け部の側面はステンレスの鏡面仕上げ材を使用し、天井部を貫通しているかのようなデザインとしている。 照明は特徴的な設置方法で、天井高さの変わる切り替え部の垂直面に蛍光灯を設置した(写真参照)。1次車は当初天井の凹みの中に埋まっているような形態で設置されていたが、照度分布の改善のため、2006年(平成18年)11月 - 12月に全編成がスペーサーを用い、現在の状態に変更された。 車内は従来にはない斬新なデザインとするため、アルミ合金の金属地肌を活かしたものとし、その一部には暖色系のカラー(オレンジ色など)を配置することで金属の冷たさを和らげるものとした。このため車...

    製造次ごとの大まかな違いは下記の通りである。 1次車(第01 - 04編成) 1. このグループは有楽町線で運用されていた07系が副都心線におけるホームドアに対応できないことから、その置き換え用として製造された。その後、07系は東西線に転出し、同線の5000系を置き換えた。 1.1. このグループでは2次車以降で搭載されるATO装置、戸閉力弱め制御機能、戸閉3/4締切回路、車内表示器2画面のうち左側の広告用画面を準備工事のみとしていたため、後にこれら機器の設置工事が実施された。 1.2. ただし、第04編成だけはATO装置のソフトウェアの開発のため、ATO装置を本搭載し、約1年かけてATO装置の各種試験を行った。 2次車(第05 - 20編成) 1. 1次車の設計時には先頭車のデザインに、有楽町線のラインカラーの金色帯を入れる案と、入れない2種類の案が提案された。1次車は前者のデザインを採用したが、2次車以降は後者のデザインを採用した。 1.1. 第13編成以降は貼り替えの作業の省力化やデザインの観点から試験的に先頭車前面のM(メトロ)マークを省略した。 1.2. 運転台に設置する西武用列車番号設定器を計器盤上部から計器盤内に収納した。 1.3. 輪重調整作業の保守作業に配慮して、10500形床下のフィルターリアクトルの設置位置を変更した。当初より保安装置にATO装置を搭載している。 1.4. 車内の照度向上のため、蛍光灯取り付け位置を変更した。車内案内表示器は左側の広告用画面の本搭載を実施した。ドアエンジンに戸閉力弱め機能を搭載、また戸閉3/4締切回路を搭載した。 1.5. 軽量化のため、天井部のラインデリア収納箱をステンレス製からアルミ製に変更した。 3次車(第21・22編成) 1. 1.1. 出入口クツズリ部に車内床面とコントラストのある「出入口識別表示板」を設置した。これは視覚障害者が車両とホームの段差を認識しやすいようにとの目的からである。識別表示板はアルミ形材に視認性や滑り止め効果のある特殊セラミックスを貼り付けた形材を、出入口部にあるクツズリ部に取り付けた構造である。 1.2. 車内7人掛け座席部の荷棚高さを18mm (1,813mm→1,795mm)、車端部は33mm (1,813mm→1,780mm) 低くしたものとした[注 4]。また、優先...

    基本的な性能・主電動機出力・歯車比は05系の第34編成以降と同様である。制御装置はIGBT素子を使用した三菱電機製IPM方式の2レベルVVVFインバータ制御(3300V/1200A)方式である。PGセンサレス方式のベクトル制御を採用し、純電気ブレーキに対応している。制御方式は1台のインバータで165kW出力の主電動機を4台制御する機器を2基または1基搭載する方式(1C4M1群/2群制御)を採用している[注 6]。 駆動装置は従来と同様のWN駆動方式だが、騒音・振動の低下やメンテナンス性の向上ため、新設計の駆動装置を採用した。歯車比は87:14 (1:6.21) とし、主電動機の回転数を抑えることで車外騒音の低減を図っている。 同社は、その前身である営団時代に8000系でボルスタレス台車の実用化に先鞭をつけたが、輪重の不均衡が主因と考えられる日比谷線事故以降、台車旋回剛性(抗力)の低さや輪重調整の容易さなどを理由に本系列よりボルスタ付き台車へと回帰した[注 7]。本系列では軸箱支持方式をモノリンクとしながら、ボルスタ付きの住友金属工業・FS777形[注 8]が採用された[注 9]。基礎ブレーキは保守性に優れたユニットブレーキ方式である。05系13次車同様に細かな床下機器類は「共通機器箱」と呼ばれる1つの箱に集約している。 パンタグラフはシングルアーム式で、編成での搭載数は5基とした。 電動空気圧縮機(CP) は三菱電機製で、東京メトロの車両で初のスクロール式が採用された。この装置は従来の露出形から起動装置やアフタクーラー、除湿装置などの周辺機器も含めて1台の箱に集約されており、低騒音化やメンテナンスの容易化が図れるものとなっている。 補助電源装置にはIGBT素子を使用した東芝製の240kVA容量静止形インバータ(SIV・出力電圧三相交流440V)を編成で2台搭載した。故障時における受給電[注 10]のため、10600形には受給電箱を搭載している。 冷房装置は集中式の稼働率制御方式(ON/OFF制御方式)で能力58.0kW (50,000kcal/h) 品が搭載されている。空調運転モードは「冷房」「暖房」「除湿」と「送風」のほか、マイコンによって最適な空調を選択する「全自動」モードがある。前述したが、1・2次車と3次車以降ではメーカーが異なる。 保安装置は東京メト...

    車外の旅客へ

    行先表示器と種別表示器は明朝体の3色表示LED式である。前面には行先表示器と運行番号表示・種別表示器が別々である。種別・運行表示器は一体化しているが、運行表示が左側に寄っているのは右側にローマ字併記の種別を表示するためである。側面表示器では東武50000系列と同様に号車表示も行っている。 2016年からフルカラーLED式への交換が開始された。 当初は各駅停車の場合には種別の表示はしなかった。その後、副都心線開業前日の2008年(平成20年)6月13日より各駅停車であっても種別表示「各停 (Local)」を行うようになった。東武東上線直通の各駅停車は、和光市で表示が「各停」から「普通」に切り替わる(東武車も同様)。同時に他社線への直通電車では、行先と号車表示の間に「◯◯線直通」、「渋谷・池袋方面」などのサインが表示されるようになった[注 11]ほか、その下には直通先線内の種別が分かるように「◯◯線内 種別」(上の直通表示よりは字が小さい)などの表示もされている。なお、東急ー西武・東武の系統では地下鉄分しか案内しない。なのでFライナーを除き、東急で西武や東武の種別は分からなく、逆も同...

    車内の旅客へ

    車内案内表示器は、従来のLED文字表示式から東京メトロの車両では初めての液晶式 (LCD・TVIS) を採用した。各客用ドア1か所あたりに2台搭載し、右側のLCD画面には行先・次の駅と乗り換え案内・所要時間(一部編成のみ)・運行情報などを表示するなど、東急5050系や横浜高速鉄道Y500系と同じ構造としている。左側のLCD画面には基本的にTokyo Metro ビジョンと呼ばれる動画広告用として用意され、乗り入れ先も含めて東京メトロの乗車券や公式サイトなどの広告が展開され、副都心線が開業した現在は一般企業からの広告も展開し始めている。 表示内容やレイアウト、デザインは他社で採用されているものとほぼ同一であるが、駅ナンバリング[注 12]の表示にも対応している。2次車からは広告用の画面本設と合わせて異常時における運行情報の配信機能や広告画面の配信機能に対応する設備が設置されている(TVIS機能)。また、第9編成は、三菱電機のセサミクロLCDに改造されたが、一般のセサミクロLCDとは違って、改造されたので、アニメーションの表示が異なっている。[要出典] 1. LCD車内案内モニター...

    和光検車区所属車両では7000系を第01編成 - と呼称しており、本系列は第41編成 - と呼称している。例えば、本系列の第01編成は和光検車区の第41編成に該当、第25編成は和光検車区の第65編成に該当する。下3桁の車両番号の付与法は千代田線用の6000系以降の他系列と同様に百位が連結位置(10号車は0)、十位と一位が製造順の番号となっている。 なお、号車番号は副都心線が開業した当初は新木場・渋谷寄りの10100形を1号車としていたが、駅構内の案内での号車番号変更に合わせ、後に和光市寄りの10000形を1号車とするよう変更された。

    2016年(平成28年)3月26日現在の運用範囲は次の通りである。運用は有楽町線・副都心線とも7000系と共用している。 1. 有楽町線- 10両編成のみ運用される。 2. 副都心線- 8両編成・10両編成ともに運用される。なお、8両編成は各駅停車のみの運用である。 3. 東武東上線 - 定期列車としては10両編成が森林公園(2019年3月16日以降の土休日は小川町)まで、8両編成が志木までれぞれ直通し[注 16]、2016年3月25日までは東上線内は全て各駅停車だったが、3月26日以降は東上線内は急行・快速急行となる列車もある。 4. 西武有楽町線・池袋線 - 10両編成・8両編成ともに飯能(回送で武蔵丘車両基地)まで[注 17]それぞれ直通し、池袋線内は準急・快速・快速急行となる列車もある。また、2007年(平成19年)3月6日の改正から副都心線開業まで西武の運用である「14M」の代替車両として7000系へ貸し出し運用を行う時があったが、2007年(平成19年)11月から本系列も貸し出し運用を行っていた。[要出典]航空自衛隊入間基地での入間航空祭開催に伴う臨時列車増発時には、通常は東京メトロ車が走行しない練馬 - 池袋線池袋間を運行している[信頼性要検証][注 18]。また、ダイヤが乱れて相互直通運転が中止された時も池袋線池袋発着の列車として運行されることがある[注 19]。[要出典] 5. 西武狭山線 - 西武ドームでの野球開催時のみの運用で、定期列車としての運用はない。野球開催時の直通運用の間合いで狭山線内の折り返し運用に使用されることもある。 6. 東急東横線・みなとみらい線 - 2013年3月16日からの相互直通運転にともない8両編成(各駅停車・急行)・10両編成(特急・通勤特急・急行)ともに運用されている。2012年9月より8両編成のみ直通に先立ち貸し出し運用された[信頼性要検証]。 2008年(平成20年)6月13日まで、現在の副都心線小竹向原 - 池袋間にあたる有楽町線新線でも運用されていたが、同区間は副都心線の開業によって同線に編入された。また、2013年3月16日には副都心線渋谷駅から東京急行電鉄東横線・横浜高速鉄道みなとみらい線元町・中華街まで相互乗り入れを実施している。それに先立ち、2012年4月29日の終電後に第03編成が8両編成化...

    2006年(平成18年)5月29日 - 31日に最初の編成である第1編成が日立製作所笠戸事業所から綾瀬検車区まで甲種車両輸送された。その後第2 - 4編成も同年8月4日までに同区まで甲種輸送された。同年9月1日に第01編成が有楽町線および東武東上線内限定運用で営業運転を開始した[信頼性要検証]。 このうち第1編成は茶色の記念ステッカー[信頼性要検証]を、第2編成は青色の記念ステッカーを先頭車の前面左側に貼り付けした[注 20]。この10000系導入を記念して同月30日に新木場車両基地で第1編成と07系第1編成、7000系第1編成を並べた撮影会が行われた。また、12月23日に森林公園検修区で開催された東武東上線クリスマスイベントにも第4編成が展示された。 西武線への乗り入れは、2006年夏より深夜に試運転が行われてきたが、その際に誘導障害が発生し、本系列の営業運転開始から当面は有楽町線・東武東上線に限定して運用されていた。その後、2007年1月中旬より西武線内での試運転が日中時間帯において再開され、同年2月23日より同線への乗り入れを開始している。 2007年(平成19年)は、2月23日 - 25日に第05編成が、3月9日 - 11日に第06編成がそれぞれ甲種車両輸送された。4月 - 11月(6月を除く)は2編成ずつ輸送された。その後16編成の追加製造をすることが決まり、2008年(平成20年)迄第22編成迄がそれぞれ甲種車両輸送された。ここまでが、副都心線開業時までの必要編成分である。 その後第23編成 - 第27編成も甲種車両輸送され、第27編成までが営業運転を開始している。2009年度内は第28 - 36編成が輸送され、2010年1月までに全36編成の増備が完了して営業運転に投入されている。第23編成以降は有楽町線の7000系(副都心線乗り入れ非対応編成)の置換え用である。 甲種車両輸送は下記のルートで搬入された。 1. 下松駅→小田原駅→西湘貨物駅→大船駅→横浜羽沢駅→府中本町駅→松戸駅→綾瀬駅[注 21]。 2007年度日本産業デザイン振興会グッドデザイン賞を受賞した。このため、同年10月31日までの時点で営業運転を行っている編成の先頭車前面にこれを記念したステッカーが貼り付けされていた。 2009年(平成21年)10月8日に第22編成が、東武東上線の...

    有楽町線では、2006年(平成18年)9月1日より順次本系列を4本(40両)投入して営業運転を開始した。それに伴い、小竹向原駅と副都心線の各駅で使用するホームドアに対応しない07系第03 - 第06編成を同年度内に東西線に転出させ、同線の5000系を翌2007年3月17日までに廃車を行った。2009年(平成21年)3月末までに全編成が東西線に転出している。

  11. 其他人也搜尋了