Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 相關搜尋:

  1. 昭和天皇 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/昭和天皇

    昭和天皇(しょうわてんのう、1901年〈明治34年〉4月29日 - 1989年〈昭和64年〉1月7日)は、日本の第124代天皇 [注釈 3] (在位:1926年〈大正15年/昭和元年〉12月25日 - 1989年〈昭和64年〉1月7日)。 諱は裕仁(ひろひと)、御称号は迪宮(みちのみや) [2]。

  2. 中央流行疫情指揮中心 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/中央流行疫情指揮中心...
    • 歴史
    • 厳重特殊感染性肺炎中央流行疫情指揮中心の構成人員
    • 関連項目

    2005年1月18日、行政院衛生署(衛生福利部の前身)によりそれまでの「生物病原災害中央災害応変中心(対感染性病原体)」、「反生物恐怖攻撃指揮中心(対バイオテロ)」、「中央流行疫情指揮中心」などを束ねる国家衛生指揮中心が設置され、その中核組織として指揮中心が機能を果たすことになる。

    組はチームに相当。 1. 指揮官 - 陳時中(衛生福利部(衛福部)部長) 1.1. 副指揮官 - 陳宗彥(内政部次長) 1.2. 専門家会議招集人 - 張上淳(中国語版、英語版)(国立台湾大学副学長、医学部教授) 2. (前進指揮所) - 2021年1月に院内感染が発生した衛生福利部桃園医院(中国語版)内に設置された臨時支部で、院内感染制圧を直接指揮する。その指揮官には医療応変組の副組長を務める王必勝が任命された。 1. 左から蔡英文(総統)、陳時中、陳宗彦 2. 張上淳 3. 荘人祥 4. 周志浩 5. 羅一鈞 6. 李伯璋

  3. なつかしい風来坊 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/なつかしい風来坊
    • ストーリー
    • スタッフ
    • キャスト
    • その他

    茅ヶ崎の一戸建てで家族と暮らしている衛生局の課長・良吉は東京からの電車通勤の帰り、茅ヶ崎駅前のタクシー乗り場でふとした事から日雇い労務者の源五郎と意気投合し、一晩家に泊める。それ以来、源五郎は気味悪がる良吉の妻や娘にお構いなしに頻繁に良吉の家を訪れるようになる。粗野でガサツだが頼りになる面を持つ源五郎に、当初から気に入っていた良吉や小学生の息子だけでなく、妻や娘も次第に一目置くようになる。そんなある日、自殺を図った愛子という娘を源五郎が担ぎ込んでくる。優しくよく気がつく愛子は良吉の家族にも好かれ、お手伝いとして働くこととなる。そんな愛子を好きになった源五郎は、良吉の手配で愛子と映画を見に行く。その帰り、公園で思わず手を握ろうとした源五郎に驚いた愛子は、誤って公園内の小さな穴に転げ落ち、助け起こそうとして源五郎が手を差し伸べると洋服が破けてしまい、まるで乱暴されたかのような様相となってしまった。良吉や愛子をかばった源五郎は、他に余罪があったこともあり警察に逮捕されてしまう。しばらくして愛子も家を出て行ってしまうが……。

    監督:山田洋次
    製作:脇田茂
    脚本:山田洋次 森崎東
    撮影:高羽哲夫
    伴源五郎:ハナ肇
    風見愛子:倍賞千恵子
    早乙女良吉:有島一郎(東宝)
    妻・早乙女絹子:中北千枝子
    伴源五郎(演:ハナ肇)と早乙女良吉(演:有島一郎)が劇中何度か歌っている歌は、灰田勝彦「燦めく星座」(昭和15年)。
    源五郎と良吉が茅ヶ崎の海岸で釣りをするシーンで、本作制作・公開の前年である1965年に開業したばかりのパシフィックホテル茅ヶ崎が、二人の背後に小さく映り込んでいる。
  4. リングフィット アドベンチャー - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/リングフィット...
    • システム
    • 開発
    • 広報
    • 反響
    • 評価
    • 関連項目
    • 外部リンク

    輪状の機器「リングコン」を両手で持ち、太ももに「レッグバンド」を巻いた状態でプレイし、プレイヤーの動きが画面上の主人公と連動する形式で、アクションゲームやRPGのような冒険を進めていく。 Nintendo Switchの標準コントローラであるJoy-Conのうち、リングコンにはJoy-Con(R)、レッグバンドにはJoy-Con(L)を装着する。リングコンの内部には、内側に押し込んだり外側に引っ張ったりするとばねのように反発する素材である繊維強化プラスチックが用いられており、Joy-Con(R)接続部には力の掛かり具合を感知するセンサーを搭載している。また、Joy-Con(R)に搭載されている「モーションIRカメラ」に指先を当てることで、おおよその脈拍を測る機能も備えている。このシステム上、携帯モードには対応していない。 Nintendo Switch Liteでの使用については、パッケージにはJoy-Con(L)/Joy-Con(R)が必要である(=プレイできる)旨が記載されているのに対して、公式サイトや広告冊子ではプレイできないとされており、記述内容が別れている。実際には、本体が単独で自立できない事を除けば、Joy-Conを使用してNintendo Switchのテーブルモードと同等程度の環境でプレイすることは可能である。なお、Nintendo Switch LiteではJoy-Conが充電できないため、現実的にはその充電器も必要となる。 本作では主なゲームとなる「アドベンチャーモード」、短時間で運動を行える「お手軽モード」、フィットネスメニューを任意に作成して運動を行う「カスタムモード」に大別される。また、プレイ開始前にリングコンの押し引きを行い、それに応じたリングコン押し引き操作の判定強度を最大100まで設定することができる。

    開発は任天堂企画制作本部が行い、ディレクターは松永浩志、シナリオは白川真理が担当している。また、本作の監修は、パーソナルトレーナーの松井薫とヨガインストラクターの斉木美佳が担当している。なお、松井は任天堂が以前に発売したフィットネスソフト『Wii Fit』『Wii Fit Plus』でも監修を行っている。 本作のプロデューサーである河本浩一は、2020年のCEDECの中で、本作を開発したきっかけとして運動嫌いな自分でも楽しく運動できるゲームを作りたいという考えを挙げている。ゲームと運動の融合は『Wii Fit』シリーズですでに実現しており、ツール寄りだった同作との差異を付けるため、河本はRPGを取り入れ、キャラクターの操作を運動に置き換えることを思いつく。最初期のプロトタイプはファンタジーRPGらしい内容であり、ジョギングによるフィールド移動とパンチによる攻撃以外は、Joy-Conによる操作が中心だった。これだけでは単調になってしまうことから様々な運動が取り入れられたが、今度はJoy-Conの両手持ちでは認識できない動きが出てきた。片方のJoy-Conを太ももに固定する方式に変更して脚の動きを認識できるようになった結果、運動にバリエーションを持たせられた。よりゲーム性を強化するために、フィールド移動中の動作をさらに増やし、そこからさらにステルスアクションやリズムアクションといった別ジャンルの要素や、サブクエストとしてのミニゲームを追加した。これによりゲーム全体の構成が変化したが、『Wii Fit』のような明快さがないことに加え、同作にもあった「上半身への負荷がかけにくい」という課題が残っており、面白さにも欠けていた。Nintendo Switchのハード開発チームよりリングコンという輪状のコントローラを提案され、採用に至った。これにより運動の幅が広がり、運動に特化した「たんれん村」というモードも導入された。 この時点のプロトタイプは製品版に近い内容だったが、メインモードに軽い運動が集中し、きつい運動は「たんれん村」に集中していたため、テスターから「運動になっていない」という指摘が寄せられたほか、松永から提出されたプロトタイプを遊んだ河本も同様の違和感を感じていた。河本は違和感の原因を分析した末にコンセプトが実現できていないのではないかという考えに至り、「ゲーム...

    2019年9月6日に、任天堂はタイトル等を伏せた状態で本作の紹介映像を初公開し、翌週の9月12日に公開された第2弾の動画の中で内容の詳細やタイトル・発売日を発表した。 テレビCMには新垣結衣が出演し、リングコンとレッグバンドを準備する様子を収めたバージョンと本作を実際にプレイする様子を収めた2つのバージョンの合計3バージョンが放映された。2020年6月には新たな3バージョンが放映され、2021年6月には「おうち時間篇」が放映された。

    本作は発売から間もなく完売となり、発売から2か月後の12月25日の時点においても品薄が続いた。さらに、2019年末に発生した新型コロナウイルスの流行によって生産に遅れが生じたことや、この流行によって外出自粛を命じられた人々から手軽な運動手段として注目を集めたことも、全世界的な品薄の一因となり、高額転売が行われたケースや、抽選販売が行われたケースもあった。そして、2020年6月17日、ファミ通は日本国内における累計販売本数が100万本を突破したことを報じた。

    IGNの渡邉卓也は、ゲームという形で面倒くさくなりやすい運動に楽しさを取り入れた点を評価し、本作を映画『メリー・ポピンズ』の劇中歌である「お砂糖ひとさじで(英語版)」にたとえ、アドベンチャーモードを「筋肉RPG」と呼んでいる。また、渡邉はアドベンチャーパートのストーリーの大味さや要素の使いまわしにふれつつも、楽しすぎるとプレイヤーが効率的なプレイを求めて運動負荷を下げたり、のめりこみすぎて身体を壊してしまうおそれがあるから、このくらいがちょうどよいとしている。さらに、渡邉は本作の音楽の切り替わり方が自然であり、負荷をうまく変えられることにも役立っていると評価している。 ゲームライターの多根清史は、Engadgetに寄せた記事の中で、パートナーのリングが何をしてもほめてくれるのでモチベーションの向上につながっていると評価している。 Game*Sparkのすししは、リズムゲームモードはクリアの概念がないので気楽にプレイできとした一方、「おなか+あし」モードを選択した場合は修行かと思うくらい難しかったと述べている。

    大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - 任天堂の対戦アクションゲーム。ゲーム内の要素「スピリッツ」の一種として、男女主人公(名前は「リングフィット トレイニー」となっている)、リング、ドラゴの3体が2020年3月13日開始のイベントより追加された。
    ファミリートレーナー - バンダイナムコエンターテインメントの体感型アクションゲーム。Nintendo Switch版が本作のレッグバンドに対応している。
    リングフィット アドベンチャー - YouTubeチャンネル
    リングフィット アドベンチャー - YouTubeプレイリスト
    『リングフィットアドベンチャー』 - コトバンク
  5. はなかっぱ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/花河童

    緑豊かな「やまびこ村」のかっぱ池で暮らす、頭に皿ではなく花が咲く河童のような家族「はなかっぱ一家」やその仲間たちの日常を描いた物語である。 テレビアニメは、2006年4月から放送された『ぜんまいざむらい』の後継番組として放送される。

  6. 鳳神ヤツルギ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/忍者特捜_ジャスティー...

    『鳳神ヤツルギ』(ほうじんヤツルギ)は、千葉テレビ放送(チバテレ)で放送されている、千葉県 木更津市を舞台とした特撮テレビドラマ作品であり(チバテレは制作協力で参加)、木更津市のご当地ヒーローでもある。

  7. ウルトラマン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ハヤタ・シン

    『ウルトラマン』は、1966年 7月17日から1967年 4月9日まで、TBS系列で毎週日曜19:00 - 19:30(JST)に全39話が放送された、TBS・円谷プロダクション制作の特撮テレビドラマ、およびその作中に登場する巨大変身ヒーローの名称である。

  8. モンチッチ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ふたごのモンチッチ
    • 来歴
    • キャラクター
    • その他
    • 売り上げデータ
    • 映像化作品
    • パペット人形劇
    • 楽曲
    • 関連項目
    • 外部リンク

    1972年(昭和47年)にセキグチが発売した「くたくたモンキー」の改良版として1974年(昭和49年)1月26日に発売された。発売日の1月26日は株式会社セキグチ社長(現会長)の関口晃市の誕生日である。そしてテスト販売の翌年にはマドマゼルジェジェのデザインをしていた人形デザイナーのミドリデザイン室に完全完成版と大型版のデザインを正式に依頼し、当時社内デザイナーだった遠藤隆氏が第二デザインを施す。この第二デザインが世界初のコピー防止デザインとなった。尚、生産ラインが軌道に乗ると三笠宮崇仁親王の視察の栄誉を賜り更に買いあげとなられた。 関口晃市がニュルンベルク国際玩具見本市で見たぬいぐるみに触発されたことで、開発が開始された。同見本市に出展された当初、「人間」と「動物」を掛け合わせたこのキャラクターは業界関係者の度肝を抜いた。 「モンチッチ」の名前の由来は、フランス語の「モン」(私の)と「プチ」(小さく可愛いもの)を合わせた「私の可愛いもの」と、日本語の「ちっちゃい」という音、モンキーのモンとおしゃぶりをチューチューと吸っていることなどから。この人形の特徴である、おしゃぶりをするポーズは、セキグチが製造・販売していた少女の人形「マドモアゼル・ジェジェ」のポーズを踏襲した。 胴はぬいぐるみ、顔手足はソフトビニールで作られ、柔らかくてクタクタしている独特の触感があり日本のおもちゃ界に衝撃を与えた。社会現象となるようなヒット商品となりシリーズ商品が生まれ、テレビアニメも放映された。 1975年(昭和50年)よりオーストリアを筆頭に、ドイツ語圏を中心に輸出事業を展開した。1970年代後半以降、フランスなどヨーロッパ全域、アメリカに進出し、1980年代には世界的な人気キャラクターとなった。流行は、南米、南アフリカにまで至った。東欧では日本からの貿易品販売が始まる以前に東欧製や中国製のコピー商品が販売されるという付録までついた。 その後国内のブームは次第に収束してゆき、1986年(昭和61年)を最後に日本での発売は一旦終了したが、海外での人気は続きフランスでは販売を続けた。 1996年(平成8年)には約10年ぶりに日本での人形の発売を再開した。当時日本ではハローキティ等の1970年代キャラクターのリバイバルブームがあり、その流れに乗った形での復活となった。70年代のブームと異...

    モンチッチは、男の子のモンチッチくんと、女の子のモンチッチちゃんの2人から成る。後者はモンチッチくんと同じ目開きの笑顔のタイプと、涙を流している泣き顔のタイプの2つあり。年齢は元々は“おしゃぶりをくわえる赤ちゃん”ということから1〜3歳の設定だった。アニメ『モンチッチ』(キッズステーション他で放送)では人間でいう幼稚園〜小学校低学年の5〜9歳の設定となっていた。 現在は特に年齢設定はしていない。 2人の関係は元々は双子だったが、誕生30周年・結婚式のイベントを実施するにあたって恋人・夫婦へと変更された。 2004年(平成16年)には結婚式が執り行われた。 様々な服装や着ぐるみ姿が存在するが、基本的にはスタイ(よだれかけ)を付けただけのものがモンチッチの正装である。 モンチッチくん、モンチッチちゃんともにセキグチの社員であり、モンチッチくんが社長室長、モンチッチちゃんが社長秘書の肩書きを持つ。

    近年のモンチッチは数多くのコラボレーションモデルが発売され、井上文太やカトウシンジといったワシの以外のデザイナーが手掛けたモデルを発売する等、多岐に渡るバリエーションを放っている。 1. 格闘家・桜庭和志がモデルの「サクモン」 2. ゴルゴ13がモデルの「ゴルチッチ」 3. 銀河鉄道999モデル 4. ど根性ガエルモデル 5. 宇宙戦艦ヤマトモデル 6. どこでもいっしょモデル 7. ガチャピン・ムックモデル 8. ウルトラシリーズモデル 9. 文太モンチッチ 10. Shinzi Katohモデル 11. 中野風女シスターズ・風男塾モデル 12. よきゅーん・紫集院曜介(いずれも乾曜子)モデル 等。 2008年(平成20年)に、モンチッチが他の著名なキャラクターのコスプレをしたシリーズ「変わるモン」の商品展開を開始した。また、ご当地グッズとしてモンチッチが各都道府県別に様々な格好をした「旅のみやげモンチッチ」シリーズも存在する。一例として宮城県「ずんだモンチッチ」、秋田県「なまはげモンチッチ」、長崎県「カステラモンチッチ」、熊本県「くまモンだモン!モンチッチ」、沖縄県「ゴーヤモンチッチ」などがある。

    日本では1978年(昭和53年)・1979年(昭和54年)には年間30億円を売り上げた。
    日本では1974年(昭和49年) - 1986年(昭和61年)までに約1000万個、1997年(平成9年)の復活以後2002年(平成14年)現在までに約350万個の関連商品を売り上げた。
    1974年(昭和49年) - 2004年(平成16年)現在までに全世界で4500万個の人形を売り上げた。

    CM

    1979年~1982年頃まで明治製菓から明治チョコレート『モンチッチ』が発売された。モンチッチを模ったチョコレートにシンプルなチョコレートとミルクチョコレートとホワイトチョコレートの二層に別れたチョコレートがあった。1982年頃にはアイドルの真鍋ちえみが出演するなどしていた。

    アニメ

    ふた子のモンチッチ(1980年(昭和55年)2月4日 - 8月1日) テレビアニメ。東京12チャンネル(現:テレビ東京)で毎週月曜から金曜の朝6:55〜7:00(JST)に放映。葦プロダクション製作。関西テレビでは、朝7:15 - 7:20に遅れて放送。2009年(平成21年)2月2日から2012年(平成24年)1月3日までTOKYO MXで再放送された。 1984年頃に東芝映像ソフトからVHSとベータのビデオソフトが発売された。9話分を収録。ビデオはその後一切再発売されておらず、BD・DVD化も行われていない。有料動画では現在dアニメストアで2012年6月27日から配信されている、過去にはU-NEXTで配信されていた。 1. 声の出演 1.1. モンチッチくん:白石冬美 1.2. モンチッチちゃん:潘恵子 1.3. ナレーション:はせさん治 2. 主題歌 1. 「ふた子のモンチッチのうた」 1.1. 作詞 - 伊藤アキラ / 作曲 - 高田弘 / 歌 - いとうのりこ 1. スタッフ 1.1. 製作:佐藤俊彦、壷田重夫 1.2. 監督:秦泉寺博 1.3. 構成:酒井あきよし 1...

    『はんそくモンチッチーズ』(2015年、YouTubeモンチッチチャンネル)

    1. モンチッチの誕生から世界展開、現在に至るまでの歴史を「ごうちっち」(モンチッチくん)、「らんちっち」(モンチッチちゃん)、「れいちっち」(メガネをかけたモンチッチくん)が販売促進(販促=はんそく)のPR形式により人形劇風で紹介するもの。ごうちっち以外の2人の声と操演を務めたのは、いずれもモンチッチが誕生した1974年生まれの声優である。全7話。

    8時だョ!ふた子のモンチッチ(作詞:伊藤アキラ、作曲:小林亜星、編曲:高田弘、歌:朝倉理恵)シングルレコード。B面は「ふた子のモンチッチ天使」(1979年6月21日、CBS・ソニー、品番:05SH-538)
    ふた子のモンチッチ 楽しい夏休み(1979年、CBS・ソニー、品番:20AH-762)LPレコード。21世紀現在でも童謡の定番として歌われている「ヤッホッホ!夏休み」はこのLPが初出。
    ふた子のモンチッチのうた(作詞:伊藤アキラ、作・編曲:高田弘、歌:いとうのりこ(現:日髙のり子))シングルレコード。「ふたごのモンチッチ」主題歌。B面は「どこかのだれかとモンチッチ」(1980年1月、CBS・ソニー、品番:05SH-696)
    僕はモンチッチ(作詞:円城寺真、作・編曲:与那城恵、歌:モンチッチ(戸部松雄))シングルレコード。B面はカラオケ(1980年9月、パイレーツレコード(ワールドレコード)、品番:WR-7026)
    Monchhichi Express - モンチッチを扱っているフリーペーパー
    マテル - 過去にアメリカ向けにモンチッチ人形を販売していた
    中野風女シスターズ - 同グループの男装ユニット「風男塾」とのコラボレーションによるモンチッチを販売。
  9. スーパー特撮大戦2001 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/スーパー特撮大戦2001
    • 概要
    • あらすじ
    • システム
    • オリジナルキャラクター
    • ウルトラ怪獣
    • ショッカー
    • ゲルショッカー
    • ダーク
    • 世界大犯罪組織シャドウ
    • 主題歌

    同社から発売されている、ロボットアニメのクロスオーバー作品である『スーパーロボット大戦シリーズ』同様に、シミュレーションRPGとして開発された特撮ヒーローのクロスオーバー作品。同シリーズの演出・システムを継承しつつも、実写に近い劇画調のグラフィックなどリアリティーを追求して独自色を打ち出している。キャラクターボイスはないが、中江真司によるナレーションが吹き込まれている。

    冥王星の遥か先に10番目の惑星が発見された。人類は、この突如出現した謎の惑星を仮に「ナンバーテン」と呼称。地球上からはあらゆる調査が開始されたが、この謎の惑星に関する詳しいデータは得ることができなかった。「ナンバーテン」の調査を続ける地球だったが、そんな地球に宇宙に漂う幾千の星から恐るべき侵略の魔の手が伸びようとしていた…。その事実を知った人類は国連決議により、ふたつの組織を編成し外敵に対抗しようとする。「Terrestrial Defence Force」すなわち地球防衛軍、通称“TDF”そして「Space Investigation and Defence Organization」宇宙調査防衛機構、通称“SIDO”主に地球圏をTDF、火星から太陽系外周をSIDOが分担し、地球防衛の任に当たった。宇宙からの侵略に備える一方で、SIDOは秘密裏にナンバーテンを調査するため、最新鋭宇宙要塞艦ナガーを宇宙に向けて発進させていた。しかし、ナガーとの連絡が途絶え、その行方を調査するも、ついにナガーを発見することができなかった。それから3年後、ナンバーテンは何の痕跡を残すことなく突如として消失。地球の科学者たちがナンバーテンの正体に関してあらゆる議論を重ねたが、決定的な答えを見出だせないままに時は流れるのだった。外宇宙からの侵略が激化しはじめていた地球では、指揮系統の統一という目的でTDFとSIDOを統合、新生TDFを頂点に地球上には様々な防衛調査機構が編成された。しかし、地球そのものにも悪の萌芽が芽生え始めていることを人類は、まだ、気がついていなかった。そして12年の歳月が流れようとしていた…

    スーパーロボット大戦シリーズのシステムがベースとなっているが、「精神コマンド」は存在せず、拠点の制圧や資材の概念などより本格的なウォーシミュレーションゲームのシステムを搭載している。 等身大ユニットと巨大ユニット間での戦闘の制限 1. ユニットには、等身大のSサイズユニットと、巨大なLサイズユニットの2種類が存在する。サイズの異なるユニットが戦闘を行う場合は、それぞれ専用の武器を用いなければ攻撃が不可能となっている。 変身 1. ヒーローは気力が上がることで変身が可能になるが、変身すると一部のキャラクターを除きENが各ターンごとに減少する。 特殊な地形 1. 魔空空間、幻夢界、不思議時空が発生した際にその範囲内にいると、宇宙刑事とその関係者、ウルトラマン、カプセル怪獣、メタル系主人公とパートナー以外は行動不能になる。 防衛隊員のユニット化 1. 本作では、味方ユニットは青色と緑色でマップ上に表記される。 2. 青色で表記されるのは、主役級のヒーロー(例:仮面ライダー1号)やそのパートナー(例:アニー、荒井誠)が対象となる。 3. 緑色で表記されるのは「支援部隊」と呼ばれる、科学特捜隊隊員(『ウルトラマン』)、ウルトラ警備隊隊員(『ウルトラセブン』)、MAT隊員(『帰ってきたウルトラマン』)、松原真理(『レッドバロン』)といった、特殊な身体能力を有していない防衛隊員。なお、ハヤタをはじめとする変身前のウルトラ戦士も緑色で表記される。 4. 支援部隊は身体(ユニット)能力や武器攻撃力ではマップ上で青色で表記されるヒーロー達に劣るが、用いる武器の多くが気力を低下させる効果がある。また、射程距離の長いものが多く、戦闘員クラスの相手や、射程の短い怪人クラスの相手の気力を下げることもある。 5. また、拠点征圧は、支援部隊のみが可能である。 拠点制圧による資金・資材の確保 1. マップ上には「ランドマーク」と総称される拠点があり、シナリオが開始された段階では敵に占領されていることもある。「支援部隊」を拠点内に移動させると、「拠点征圧」したことになり、シナリオクリア後に入手する資金・資材が割り増しされる。 残弾の持ち越し 1. 本作では、MAPをクリアしても武器の残弾数が補充されず、そのまま次のMAPへ持ち越される。そのため補充には、特定の場所で補給を受けるか、残弾数を回復...

    主人公・ヒロイン

    『スーパーロボット大戦シリーズ』では主人公を「スーパーロボット」、「リアルロボット」の2つに分類していたが、本作品では「バイオ系」(肉体を超能力などで変化させるタイプ)、「メタル系」(金属光沢のある強化服を身に纏うタイプ)の2つに分類している。バイオ系ではイナズマン、メタル系ではキカイダーのシナリオが展開される。 迫水 タクマ/融機鋼ルシファード(メタル系主人公) 1. シナリオ9「邪学者」あるいはシナリオ10「闘姫」においてグラビティファントムが使用可能になる。 サキ/ファディータ(メタル系パートナー) 1. タクマのパートナーで、タクマの姉、リョウコによって製作された有機ドロイド。変身前や移動した後の回復はできない。 叶 エイジ/ヴォルテックス(バイオ系主人公) 1. 高火力、長射程を持つヒーロー。 日向 ラン/ヴェルヴェット→ヴェルヴェット・フューリー→ヴェルヴェット・リバース(バイオ系パートナー) 1. 最初は変身できず、シナリオ16「EATER」から変身可能になる。変身前や移動した後の回復が可能。

    TDF

    キタクラ班長 サワ隊長 アマモト隊員 アンドウ隊員 ウシオ隊員 オオムラ隊員 カツベ隊員 ヒラタ隊員 マナカ隊員 ヤナギヤ隊員

    戦闘船団国家ナガー

    鋼帝ゼファス/迫水キイチ 1. ナガーの総帥。 邪学者アプファロン/迫水リョウマ 1. タクマの兄。 闘姫アテファリナ/迫水リョウコ 1. タクマの姉で自らが製作した有機ドロイドに母親の名にちなんで「サキ」と名付ける。 ヴォルフィード/日向サトル 1. ヴォル細胞を植え付けられたランの兄。 ヴァルキュリア/簑島カオリ、ヴォルハザード/藤堂タツヤ 1. ヴォル細胞を植え付けられたランやサトルの友人。 ギガント、ギガント2 1. ナガーの戦闘員。ギガント2はギガントの強化型。 ケルバーン、ケルバーン2 1. ナガーの無人戦闘機。ケルバーン2はケルバーンの強化型。

    宇宙怪獣ベムラー

    1. シナリオ22「ウルトラ作戦第一号」で初登場。ベムラーをスペシウム光線で倒すか否かで前者だと宇宙刑事ルート、後者だと仮面ライダールートに分岐する。

    宇宙忍者バルタン星人

    1. シナリオ28「侵略者を撃て」で初登場。このシナリオは宇宙刑事ルートでのみプレイ可能で、メタル系ルートのシナリオ77「セブン暗殺計画後編」にも登場する。

    どくろ怪獣レッドキング

    1. シナリオ34「怪獣総進撃」で初登場。帰ってきたウルトラマンルートのシナリオ46「不死鳥は翔んだ」にも登場。シナリオ72「さらばウルトラマン」にも登場する。

    秘密結社ショッカーの怪人。蜘蛛男、蝙蝠男、サソリ男、蜂女、ゲバコンドルが登場。何度死んでも蘇り、ヒーローたちの行く手を阻む。
    ショッカーの中東支部幹部。狼男に変身し、2号ライダーと対決する。
    ショッカーのヨーロッパ本部所属の幹部。イカデビルに変身する。
    ショッカーの東南アジア支部幹部。ガラガランダに変身する。一度は裏切ったふりをしてライダーたちに接近するも、見破られて倒される。

    ブラック将軍

    1. ゲルショッカーの幹部。ヒルカメレオンに変身する。

    ガニコウモル

    1. ゲルショッカー唯一の怪人。一度は倒され、ブラック将軍の手により数十倍に強化されてヒーローたちに再度挑戦するも、あっさり返り討ちにされる。

    グレイサイキング

    1. キカイダーと最初に戦ったダークロボット。

    カイメングリーン

    1. 良心回路の秘密を聞き出そうと、光明寺博士が造ったロボット、ジンベエを拷問にかける。

    プロフェッサー・ギル

    1. ダークを率いるロボット工学者。彼が悪魔の笛を吹いてジローを苦しめるシナリオが存在する。

    1. シナリオ58「剣豪ワルダー暁に死す」で「シャドウの罠かも…」を選択すると仲間にできる。ビジンダーより能力が高い。また、原作と違って専用マシンを持たないため、これによる移動はできない。

    君は閃光☆THUNDERBOLT~スーパー特撮大戦2001

    1. 作詞 - 工藤哲雄 / 作曲・編曲 - 高梨康治 / 歌 - 串田アキラ 2. 「スーパー特撮大戦2001 オリジナルサウンドトラック&アレンジ」(2001年9月19日発売)に収録されている。

  10. 椎名誠 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/黄金時代_(小説)
    • 経歴
    • 人物
    • 受賞リスト
    • 著書
    • 出演
    • 映画
    • ビデオ・Dvd
    • 関連作品
    • 外部リンク

    1944年、東京都世田谷区三軒茶屋に5人兄弟の三男として生まれる。父親は公認会計士。1950年より千葉県印旛郡酒々井町と千葉市幕張に転居。千葉市立幕張小学校を卒業。 1956年、父が死去。翌年に千葉市立幕張中学校入学。「父親が死ぬとグレなければならないという奇妙な使命感」から不良を目指し始める。中学時代は喧嘩に明け暮れる。1960年、中学校を卒業し千葉市立千葉高等学校に入学。 1963年、千葉市立千葉高等学校卒業。同人誌『幕張じゃーなる』創刊。 1964年、東京写真大学(現・東京工芸大学)に入学。同人誌『斜めの世界』創刊。 1965年、友人の車に同乗中の事故により重傷を負う。東京写真大学を中途退学。代々木の演劇学校に脚本の勉強に通う。同人誌『フモリスト』創刊。 1966年、流通業界の専門誌『ストアーズレポート』を刊行しているデパートニューズ社(現・ストアーズ社)[注 1]に入社。デパート業界を対象とした業界誌『調査月報』の編集を任せられる。 1968年、渡辺一枝と結婚、東京都小平市に転居。ガリ版誌『月刊おれの足』創刊。 1969年、デパートニューズ社より『ストアーズレポート』を創刊。編集長に就任。 1974年、8ミリにてドキュメンタリー作品『神島でいかにしてめしを喰ったか…』を製作。小金井市の8ミリ同好会に参加し、8ミリ映画の製作にのめり込む。 1976年、『本の雑誌』創刊号発行。 1977年、『本の雑誌』5号の巻頭エッセイとして「さらば国分寺書店のオババ」を執筆。7月、同誌の編集権が目黒考二から椎名に移る。 1977年ごろ、『本の雑誌』の経費を稼ぐために、「エロ漫画の原作」のアルバイトを目黒と共同で行っていた。椎名がストーリーを考え、目黒が台本化する形式で、月4、5本は書いていたという。 1979年、『さらば国分寺書店のオババ』でエッセイストとしてデビューする。 1980年、7月に株式会社本の雑誌社を設立。12月、ストアーズ社を退職しフリーになる。その後は私小説、SF小説、エッセイ、ルポルタージュ、写真集などを多数発表。 1987年、株式会社椎名誠事務所設立。 1989年、『犬の系譜』で第10回吉川英治文学新人賞受賞。 1990年、『アド・バード』で第11回日本SF大賞受賞。映画『ガクの冒険』公開。 1991年、映画製作会社ホネ・フィルム設立。 1992年、...

    家族・交友関係

    妻の渡辺一枝はエッセイストで、チベットについての本など、多数の著書がある[注 2]。娘の渡辺葉は翻訳家でエッセイスト、米国の弁護士。息子の渡辺岳はプロボクサー。 弁護士の木村晋介は親友であり、妻の渡辺一枝は木村の高校時代の友人である。イラストレーターの沢野ひとしは高校時代の同級生。高校卒業後に、江戸川区小岩のアパート克美荘で、沢野・木村らと共同生活をした。

    写真

    中学生のとき、1枚の写真に出会った。兄が購読していた写真雑誌「アサヒカメラ」の1ページだった。陽のあたる農家の縁側で竹のような籠「いづめ」に入れられてゆったり眠っている赤ちゃんの写真に心が奪われた。このいづめに赤ちゃんを入れてあげた親の心の温かさがその1枚の写真から伝わってきた。ふいに今いる、がさつに閉塞した空間にそうそういつまでも付き合っていなくていいのだと気付き、気持ちを切り換えて、じわじわとその狭い世界から脱出していくように努力した。思いがけない「写真の力」を初めて感じ、写真との関係が密接になっていき、「いつしか将来は写真を仕事としたいと思うようになった」という。 写真と文章とを収録した著書は多数あり、写真雑誌『アサヒカメラ』の連載などを受け持っている。

    映画制作

    デビュー前から8ミリ、16ミリでの自主制作映画を撮っていた。「ガクの冒険」で映画監督としてデビューした後に映画製作会社「ホネ・フィルム」を設立した。

    『犬の系譜』
    『アド・バード』
    『あひるのうたが聞こえてくるよ。』
    『白い馬』

    絵本・童話・児童書

    1. 椎名誠・沢野ひとし 『なつのしっぽ』 講談社、1990.4 2. 椎名誠・たむらしげる 『ドス・アギラス号の冒険』 リブロポート、1991.11 のち偕成社より増訂版が刊行 3. 椎名誠・垂見健吾『3わのアヒル』 講談社、1994.10 4. 椎名誠・松岡達英『アメンボ号の冒険』 講談社 1999.7 のち講談社文庫、2006.7 5. 椎名誠・村上康成『めだかさんたろう』 講談社、2000.8 6. 椎名誠 『冒険にでよう』 岩波書店、岩波ジュニア新書、2005.6 7. 本田亮・椎名誠 『エコノザウルスカウントダウン』 小学館、2008.6 8. 及川賢治・椎名誠 『めしもり山のまねっこ木』 国書刊行会、2009.1 9. 椎名誠・和田誠 『みんな元氣だ : わたしが見てきた野生動物』 文化出版局、2010.2 10. 椎名誠・塚本やすし 『おっちゃん山』 新日本出版社、2018.5

    専門書

    1. 『クレジットとキャッシュレス社会』 教育社、1979年2月 2. 『クレジットカードの実務知識』 日本実業出版社、1979年6月 3. 『大規模小売店と流通戦争』 教育社、1979年7月

    共編著

    1. 日本ペンクラブ編 椎名誠選 『素敵な活字中毒者』 集英社、集英社文庫、1983.1 2. 『男たちの真剣おもしろ話』 実業之日本社、1983.2 のち角川文庫 2.1. 対談:山下洋輔、東海林さだお、三遊亭円丈、山藤章二、村松友視、黒田征太郎、倉本聰、沢野ひとし、尾辻克彦、小林信彦、野田秀樹、砂川しげひさ、石川次郎、鶴見俊輔 3. 『いまこの人が好きだ!』 新潮社、1983.3 のち文庫 3.1. 撰者。鼎談解説:鏡明、目黒考二、椎名誠 4. 椎名誠・中村征夫 『ネックレス・アイランド』 駸々堂出版、1984.7 5. 『ホネのような話 : 対談集』 東京書籍、1989.8 のち角川文庫 5.1. 対談:東海林さだお、井上ひさし、沢野ひとし、木村晋介、島森路子、佐藤秀明、中村征夫、C・W・ニコル、野田知佑、藤門弘、湯川れい子、中沢正夫、竹下景子、干刈あがた 6. 椎名誠・中村征夫 『あやしい探検隊 海で笑う』 情報センター出版局、1988.9 のち角川文庫 6.1. 写真:中村征夫 巻末に両者による対談を収録 7. 椎名誠他 『発作的座談会』 本の雑誌社、1990.11 の...

    テレビ

    1. 椎名誠と怪しい探検隊 日本テレビ 2. 楼蘭 シルクロードに消えた幻の王国 テレビ朝日 1989 3. 椎名誠の感動2万マイル!「十五少年漂流記」の謎の島を行く 2005 4. 椎名誠が見た!シベリアの東北 ~極北の狩人を追う~ 東日本放送 2006 5. 椎名誠のでっかい旅!(フジテレビ) 5.1. 『椎名誠のでっかい旅! アマゾン謎の森を行く』(2002年11月22日) 5.2. 『椎名誠のでっかい旅! 謎の大河メコンを行く』(2003年9月19日) 5.3. 『椎名誠のでっかい旅! 生命の大河ラプラタと謎の湿原パンタナール』(2005年1月22日) 5.4. 『椎名誠のでっかい旅! 北極海の巨大角クジラ 幻のイッカクを追う!!』(2005年12月23日) 5.5. 『椎名誠のでっかい旅!FINAL 地球最大の火山島アイスランドの謎に迫る』(2014年6月27日) 他多数

    ラジオ

    1. ソニー デジタル サウンド FM東京 2. 椎名誠の拍手パチパチ人生 TBSラジオ 3. 椎名誠・株式会社のじゅねーラジオ FM沖縄 4. 椎名誠的 ラジオ地球の歩き方 ニッポン放送

    テレビCM

    1. EDWIN 2. サントリー生ビール

    監督作品

    すべて「ホネ・フィルム」作品。 1. ガクの冒険(1990) 出演:ガク、野田知佑 音楽:高橋幸宏 2. うみ・そら・さんごのいいつたえ(1991) 出演:余貴美子 本名陽子 仲本昌司 平良進 平良とみ 紺野美沙子音楽:高橋幸宏 3. あひるのうたがきこえてくるよ(1993) 出演:柄本明 小沢昭一 黒田福美 萩野純一音楽:高橋幸宏 4. 白い馬(1995) 5. しずかなあやしい午後に 遠野灘鮫原海岸(1997) 音楽:高橋幸宏 出演:林政明 猪熊寅次郎 鈴木一功 河原田ヤスケ

    企画・脚色・原作作品

    すべて「ホネ・フィルム」作品。 1. 『しずかなあやしい午後に スイカを買った 沢野ひとし』(1997) 監督:太田和彦椎名は「企画」担当 2. 『ツェツェルレグ モンゴル草原の花』(1997) 椎名は「脚色」担当 3. 『しずかなあやしい午後に ガクの絵本』(1997) 監督:和田誠椎名は「原作」 4. 『中国の鳥人』(1998) 監督:三池崇史椎名は「原作」

    ビデオ『椎名誠と怪しい探検隊映画を撮る メイキング・オブ「うみ・そら・さんごのいいつたえ」』 1992
    ビデオ『椎名誠とあやしい探検隊 おれ流outdoor術』1~8 1998
    DVD『椎名誠 焚き火を楽しもう』日本コロムビア、2007年4月
    『椎名誠を探せ』 北宋社、1983年4月
    『椎名誠 熱闘映画術 ドキュメント「うみ・そら・さんごのいいつたえ」』 マガジンハウス、1992年4月 編集:太田和彦 写真:垂見健吾
  11. 其他人也搜尋了