Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 286,000,000 項搜尋結果

  1. ja.wikipedia.org › wiki › 阿里山阿里山 - Wikipedia

    阿里山は、景勝地として有名な地名であるが、特定の一つのを指す名称ではなく、阿里山山脈一帯を指す言葉として古くより使われてきた。 最高峰は大塔の2,663m。面積は約32700ヘクタールで、その内1400ヘクタールが「阿里山国家森林遊楽区」に指定されており、日の出・夕霞・雲海・鉄道 ...

  2. 阿里山山脈(ありさん-さんみゃく)は台湾の山脈。 台湾島を南北に走る五大山脈の一つ。 玉山山脈の西側に位置し、両山脈は楠梓仙渓を間に挟んで並行している。 南投県 集集鎮の濁水渓南岸を北端とし、高雄市 燕巣区にある鶏冠山を南端とする。

    • 250 km
  3. 阿里山森林鉄路(ありさんしんりんてつろ、中国語 繁体字:阿里山森林鐵路)は、台湾 嘉義市・嘉義県・南投県 に現存する森林鉄道である。 阿里山や玉山観光の足としても利用されている。 阿里山登山鉄道とも呼ばれる。路線全体が文化景観(各国の文化的景観に相当)に指定されている。

    • 地質
    • 地形
    • 河川・湖沼
    • 島嶼
    • 気候
    • 海岸
    • 各地勢
    • 湖沼

    ユーラシアプレートとフィリピン海プレートの境界上にあり、複雑な地質構造を示す。台湾島の地殻上部は地質時代のいくつかの島弧が両プレートの衝突により合体したもので、フィリピン海プレートの下に潜ったユーラシアプレートが剥がれた結果、隆起したと推定されている。台湾の地震帯はこれら合体した地質構造の境界に対応しており、大きな地震を引き起こしてきた。1999年9月21日にはマグニチュード7.3の集集(チチ)大地震が発生した。

    台湾島は白亜紀から暁新世にかけて形成され、その中央部に5つの山脈を有しており、海岸山脈、雪山山脈、中央山脈、玉山山脈、阿里山山脈とそれぞれ称されている。台湾の山地は険峻であり、標高3,000mを越える高山も数多く存在している。その中で蘇澳より鵝鑾鼻を貫く中央山脈は台湾の背骨と称され、東西を流れる河川の分水嶺となっている。玉山山脈の玉山(日本統治時代の名称は新高山)は標高3,952mであり、台湾の最高峰となっている。 丘陵地は山地と平原の中間に位置し、桃竹苗及び恒春半島に多くが分布している。平野は西南海岸及び東部山脈谷地に位置し、これらの地形が占める割合は約30%となっている。西南部に位置する嘉南平野は台湾最大の平野であり、これ以外に彰化平野、蘭陽平野、屏東平野、台東(花東)縦谷(ユーラシアプ...

    台湾には大小あわせて129本の河川が存在し、100kmを越える河川も濁水渓、高屏渓、淡水河、大甲渓、曽文渓、大肚渓の6本が存在している。中部に位置する濁水渓は台湾最長の河川であり、南部の高屏渓は台湾最大の流域面積となっている。その他の主要河川に基隆河、鳳山渓、大安渓、八掌渓、秀姑巒渓、蘭陽渓などを挙げることができる。 台湾の平均年間降水量は2,500mmと豊かな降水量に恵まれた反面その降水は夏季に集中するため、夏季には河川は増水、冬季には河床が露出する情況であり河川の交通が発展しない原因となっている。例外として台北市周辺の淡水河、大漢渓、基隆河などは年間を通して水量が安定している河川では清朝統治時代の重要な輸送手段として使用されていた。 台湾の天然の湖沼は多くはない。最大なものには日月潭であ...

    台湾の付属島嶼としては蘭嶼、小蘭嶼、綠島、小琉球、亀山島、亀卵嶼、七星岩及び基隆東北方の棉花嶼、彭佳嶼、花瓶嶼、基隆嶼、和平島、中山仔嶼、桶盤嶼の14個存在している。 本島付属以外の島嶼としては澎湖群島に90、金門群島に12、馬祖列島に36の島嶼が存在し、それ以外に領有権係争中の東沙諸島及び南沙諸島なども存在している。

    台湾の気候は中南部の嘉義を通過する北回帰線を境界として、北は亜熱帯気候、南は熱帯モンスーン気候に分類することができる。最南端の恒春は最寒月(北半球中緯度では1月または2月)の平均気温が20度を上回る。山岳部をのぞいて高雄から台東の南部がケッペンの気候区分で熱帯モンスーンの地域となる。北部地域の冬の降水量に比べて、南部地域は遙かに少ない。そのため、石垣島や西表島などの熱帯雨林気候と違った特徴がある。

    西部海岸(砂岸) : 砂灘、砂洲、潟湖は多く、遠浅の単調な海岸線である。
    東部海岸(岩岸) : 切り立った地勢であり平地が少ない。
    北部海岸(岩岸) : 彎曲した海岸線で構成される。
    南部海岸(岩岸) : 珊瑚礁により形成された海岸線である。

    山脈

    1. 中央山脈:台湾最長の山脈。北部蘇澳から南部鵝鑾鼻までの330kmを縦貫している。最高峰は秀姑巒山(海抜3,825 m)。 2. 雪山山脈:台湾西北部に位置し、北部三貂角から南部濁水渓までの180kmを東北より西南方向に縦貫している。最高峰は雪山(海抜3,886m)。 3. 玉山山脈:中央山脈西側に位置し濁水渓と雪山山脈の境界から高雄市旗山までを縦貫している。最高峰は玉山(海抜3,952m)。 4. 阿里山山脈:玉山山脈西側に位置し濁水渓上流から曾文渓上流までの135kmを縦貫している。台湾の山脈の中では緩平な山脈であり標高3,000m以上の山は存在していない。最高峰は大塔山(標高2,663m)。 5. 海岸山脈:花蓮渓河口部より台東北部までの148kmを縦貫している。北から南にかけて急峻な地勢に変化している。

    丘陵

    1. 桃竹苗丘陵 2. 恒春丘陵

    盆地

    1. 台北盆地 2. 台中盆地 3. 埔里盆地 4. 泰源盆地

  4. 宏都阿里山公司(こうとありさん-こうし)は台湾 嘉義市に位置する運輸業及び観光、レジャー、ホテル、飲食店等のサービス業を営む企業である。 嘉義市のデベロッパーである宏都建設股 份 有限公司によって設立された。 歴史 1984年 4月30日 宏都建設股 份 有限公司が設立された。

  5. ja.wikipedia.org › wiki › 阿里山号阿里山号 - Wikipedia

    阿里山号(ありさんごう)は中華民国(台湾)の阿里山森林鉄路で運行される客車。 同鉄道で初めて冷房を装備した主力車両である。 また、同車両を使用して 阿里山線 を 嘉義 〜沼平間を結ぶ列車の名前も阿里山号の名所が使用されている。

  6. ja.wikipedia.org › wiki › 神木駅神木駅 - Wikipedia

    神木駅(しんぼくえき)は、台湾 嘉義県 阿里山郷にある阿里山森林鉄路 阿里山線の駅。標高は2,138メートル。 スイッチバック構造となっている。かつては付近に樹齢3,000年のタイワンベニヒノキの大木があったが、落雷により衰弱し、その後の倒木により運行上の危険があるため切除された。

  1. 其他人也搜尋了