Yahoo奇摩 網頁搜尋

搜尋結果

  1. 慢性胃炎と胃癌の原因がピロリ菌の感染によることがわかってから慢性胃炎の位置づけや治療法が変わってきましたたとえば昔は健診のバリウム造影レントゲン検査で慢性胃炎と診断されると略正常に分類されていました。 しかし最近ではがんの発生を考慮して「要内視鏡検査」か、あるいは「要経過観察」とされます。 また治療に関しては、以前は慢性胃炎に対する対症療法として制酸剤・消化剤・粘膜保護剤などが処方されてきましたが、現在は根本治療としてピロリ菌をターゲットとした抗生物質内服投与を行います。 これを「除菌」と呼んでいます。 健康保険によるピロリ菌の除菌は2000年秋から「胃・十二指腸潰瘍」を対象として始まりました。 その後、保険適応の改定で「早期胃癌に対する内視鏡的粘膜切除術後胃」が追加されました。

  2. 2013年2月1日 · 2013.02.01. 健康管理科 講師 坂井理映子. 血液中のコレステロールが高く、「食事を見直しましょう」といわれたことはありませんか? 今回は、食事から摂る脂肪の基礎知識をご紹介いたします。 脂肪と健康. 脂肪は、炭水化物やたんぱく質よりも大きなエネルギーを持ち、1gあたり9kcalの熱を産生します。 つまり、脂肪の多い食品はエネルギーの摂りすぎになりやすいので注意が必要です。 とりすぎたエネルギーは体の脂肪として蓄積され、肥満やメタボリックシンドロームの原因となります。 また一方で、脂肪の摂取が少なすぎると、脂溶性ビタミンの吸収が悪くなったり、たんぱく質やエネルギーの不足がおこります。 このため「日本人の食事摂取基準」として目標量の上限と下限が定められています。

  3. 牛や羊などの反芻(はんすう)動物では、胃の中の微生物の働きによってトランス脂肪酸が作られるため、牛肉や羊肉、牛乳や乳製品の中には微量のトランス脂肪酸が含まれます。. ② 工業的に作られるもの. 常温で液体の植物油に水素添加して製造されたマーガリン、ファットスプレッド、ショートニングや、それらを原料につかったパン、ケーキ、ドーナッツなどの洋菓子・揚げ物などにトランス脂肪酸が含まれます。 また、植物油を精製する高温処理工程でシス型の不飽和脂肪酸からトランス脂肪酸ができるため、植物油にも微量のトランス脂肪酸が含まれています。 日本人のトランス脂肪酸摂取量と体への影響. 世界保健機構は一日当たりのトランス脂肪酸平均摂取量を最大でも総エネルギー摂取量の1%未満(2g相当)にするように勧告しています。

  4. 魚の脂には多価不飽和脂肪酸が豊富に含まれ、その中でもDHA・EPAなどは血液をサラサラにし、血栓予防、認知症予防効果があると言われています。 注目すべき栄養素は優れたたんぱく質です。 他にもビタミン・ミネラルが豊富に含まれ、胃腸の疲れや夏の疲労を回復させる働きもあります。 特に さんま は秋を代表する魚とも言えますね。 さんま のたんぱく質は牛肉やチーズに比べると質が優れているとも言われています。 おしゃれに創作された料理も良いですが、シンプルに塩焼きにして、たっぷりの大根おろしとすだちで丸ごと味わいたいものですね。 芋類: さつまいも ・ さといも など. 食物繊維が豊富に含まれ、胃腸の働きを助けてくれます。

  5. 2015.06.01. 管理栄養士 福永琴路. 現代の日本の食生活は豊かになったといわれています。 食べたいものを食べられる飽食の時代へと移り変わった一方で、食生活の欧米化・インスタント食品や加工食品の普及等の影響により、ビタミン・ミネラル・食物繊維などは不足しがちとなり生活習慣病やアレルギー体質の増加などが問題となってきています。 日本雑穀協会では、『雑穀』とは「日本人が主食以外に利用している穀物の総称」と定義しています。 現在の日本人の主食は白米であり、アワ・ヒエ・キビ・モロコシ・ハトムギ・オオムギなどのイネ科作物の他、イネ科以外のソバ・アマランサス・キノア・ゴマに加え、ダイズやアズキなどのマメ類、普段食される機会が少ない玄米や発芽玄米も広く雑穀に含めています。

  6. 概要. 教育内容. 研究内容. スタッフ紹介. 関連リンク. 概要. 内分泌内科学は、ホルモンを作る内分泌臓器の障害により、ホルモン分泌の異常が起こった状態か、そのホルモンが作用する標的臓器の異常により、ホルモン作用の異常が起こった疾患を対象としています。 主な疾患としては先端巨大症、クッシング病、プロラクチノーマ、下垂体機能低下症、尿崩症などの間脳下垂体疾患、バセドウ病、橋本病、甲状腺癌などの甲状腺疾患、原発性副甲状腺機能亢進症、骨粗鬆症などの副甲状腺・カルシウム代謝疾患、クッシング症候群、原発性アルドステロン症、褐色細胞腫、副腎癌、先天性副腎過形成などの副腎疾患、ターナー症候群などの性腺疾患、多発性内分泌腫瘍症などの遺伝疾患があります。

  7. 食物炭水化物脂肪たんぱく質繊維などという形で太陽のエネルギーを受け取り食物を食べて)、人は約60兆個の細胞の中にあるミトコンドリアというエネルギー産生工場で食物を燃焼酸素と結合すること酸化ともいいます。 )して、ATPというエネルギーの形に変えてはじめて、太陽のエネルギーを使うことができます。 また人は動物です。 動く物ということです。 ミトコンドリアという工場を動かして、食物、酸素よりエネルギー取りだし、そのエネルギーを使って動くのです。 生きていくということは、いかに食べるか、いかに呼吸するか、いかに動くか、ということになります。 呼吸リハビリテーションでは、患者さんとともにこのことについて考えていきます。

  1. 其他人也搜尋了