Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 1,800,000,000 項搜尋結果

  1. ja.wikipedia.org › wiki › 劉敬宣劉敬宣 - Wikipedia

    敬宣は建威将軍・ 江州 刺史に任じられた。 敬宣は江州に赴任して、軍糧の収集につとめた。 桓玄の兄の子の桓亮が江州刺史を自称して豫章に進攻し、苻宏が廬陵に進攻すると、敬宣はこれらを撃退した。 敬宣はかつて 劉毅 に対する陰口を叩いたことがあり、劉毅に憎まれていた。 劉毅は劉裕のもとに人を派遣して、敬宣が江州刺史の地位にあるのは過分であると吹き込んだ。 敬宣は不安を抱き、 安帝 が復位すると、自ら解職を願い出た。 劉裕はたびたび敬宣を遊宴に召し出し、さまざまな贈り物を与えて、かれへの信任を明らかにした。 まもなく敬宣は冠軍将軍・城国内史・ 襄城郡 太守に任じられた。 義熙3年( 407年 )、敬宣は仮節・監征蜀諸軍事となり、5000の兵を率いて 後蜀 の 譙縦 を攻撃した。

  2. 索靖 (さく せい、239年 - 303年) 西晋の政治家。 字は幼安。 敦煌郡 龍勒県 の人。 張芝 の姉の孫。 草書をよくし、 衛瓘 と並び称され、特に章草に優れた。 その書法は 韋誕 から出た。 書跡には『 月儀帖 』や『出師頌』(すいししょう)などがある [15] [16] 。 衛恒(えい こう、252年 - 291年) 字は巨山。 衛瓘 の子。 楷書に 飛白 の筆意を含む散隷という書を作った。 張芝 を学び、古文・章草・草書・隷書・楷書をよくし、書論『四体筆勢』を著した。 『四体筆勢』には、古文・篆書・隷書・草書の四書体について、その起源などを記している。 従妹に 衛鑠 がいる [17] [18] 。

  3. ja.wikipedia.org › wiki › 陳矯陳矯 - Wikipedia

    矯 (ちん きょう、? - 237年 [1] )は、 中国 後漢 末期から 三国時代 の政治家。 魏 に仕えた。 字 は 季弼 。 徐州 広陵郡 東陽県 の人。 子は 本 ・ 騫 ・稚。 『魏氏春秋』によると、元々は劉姓であったが、母方の姓に改めたとある。 『 三国志 』に独立した伝がある。 生涯[ 編集] 性格は誠実で実直。 政治手腕に優れ、主君に対しても、間違いがあれば諌めるほど、豪胆な一面があった。 戦乱を避けて一時 江東 に避難していた。 袁術 や 孫策 の招聘を受けたがこれを拒絶し故郷に帰り、 太守 登 の招聘に応じた( 徐 伝によると、徐と共に郡の綱紀になったとあるが、二人とも不仲であった)。

  4. 仙台藩家臣 (せんだいはんかしん) 本項では、 仙台藩 主 伊達家 の 江戸時代 における家臣団( 明治維新 に際して、 士族 戸数4262戸、 卒族 戸数3050戸があった)についての説明の一部として、重臣である 門閥 の一覧を示す(召出については家名のみ。 太刀上以上については知行高・居館・歴代当主を付記) [1] 。 各々が拝領した居城・居館等の詳細については 仙台藩の城砦 の項を参照のこと。 門閥の一覧 [ 編集] 一門 [ 編集] 角田 石川家 (21,380石、 伊具郡 角田要害 ) 石川昭光 - 義宗 - 宗敬 - 宗弘 = 宗恒 (岩出山 伊達宗敏 の六男)= 村弘 (宗弘長男)- 村満 - 村俊 - 村文 - 村任 - 光尚 = 宗光 (村任の三男)- 義光 - 邦光

  5. ja.wikipedia.org › wiki › 宣帝_(陳)宣帝 (陳) - Wikipedia

    宣帝 (せんてい)は、 南朝 の第4代 皇帝 。 姓は 、 諱 は 頊 。 生涯 [ 編集] 道談 の次男として生まれた。 承聖 元年( 552年 )に叔父の 霸先 が 侯景の乱 を平定して京口に駐屯すると、 南朝梁 の 元帝 が霸先の子弟の出仕を求めたため、頊は 江陵 に赴いて、直閤将軍・中書侍郎となった。 承聖3年( 554年 )に江陵が 西魏 の侵攻により陥落すると、頊は 関中 に連行された。 永定 元年( 557年 )にが建国されるが、頊の身柄は 北周 に置かれたまま、の始興郡王に封じられた。 永定3年( 559年 )に兄の 文帝 が即位すると、安成王に改封された。 天嘉 3年( 562年 )3月に北周から帰国し、 侍中 ・中書監・中衛将軍の位を受けた。

  6. ja.wikipedia.org › wiki › 文帝_(陳)文帝 (陳) - Wikipedia

    初代皇帝・武帝( 霸先 )の甥。 姓は 、 諱 は 蒨 。 側近の 韓子高 と男色関係にあったことで知られている。 生涯 [ 編集] 霸先の長兄の 道談 の長男として生まれた。 叔父に従って 侯景の乱 の討伐に従軍し、 呉興郡 太守 となった。 城郡 から 紀機 ・ 郝仲 らが侵入してくると、これを討って平定した。 承聖 2年( 553年 )、信武将軍の位を受け、監 南徐州 を務めた。 承聖3年( 554年 )、霸先が北伐して広陵を攻撃すると、先鋒として活躍した。 天成 元年( 555年 )、霸先が 王僧弁 を討つにあたって、王僧弁の娘婿の 杜龕 が呉興郡に拠っていたため、蒨は霸先の命を受けて郷里の 長城県 に帰り、杜龕の進攻に備えた。

  7. 壬午,入許。. 許荘公 奔 衛 。. 鄭荘公 奉許荘公之弟許叔居許東偏。. 許, 姜姓 ,与斉同祖, 周武王 封 文叔 于許,以奉太岳之祀。. 文叔之後曰 徳男 ;曰 伯封 ;曰 孝男 ;曰 靖男 ;曰 許男 ;曰 武公 ;曰 文公興父 ;曰 荘公茀 。. 荘公之後 桓公鄭 ,疑 ...

  1. 其他人也搜尋了