Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 2,670 項搜尋結果

  1. ja.wikipedia.org › wiki › 劉敬宣劉敬宣 - Wikipedia

    敬宣(りゅう けいせん、太和6年(371年) - 義熙11年4月3日(415年 5月26日))は、東晋の軍人。 字は万寿。 本貫は彭城郡彭城県(現在の江蘇省 徐州市)。 経歴 劉牢之の子として生まれた。はじめ王恭の下で前軍参軍となった。 後に会稽世子司馬元顕の下で征虜参軍事をつとめた。

  2. ja.wikipedia.org › wiki › 陳羣陳羣 - Wikipedia

    父の紀の友人である名士 孔融 が、年少の陳羣の才能を認め紀を慶賀したことから、陳羣の名は世間に知られるようになった。. 同郷の 辛毗 ・ 杜襲 ・ 趙儼 と並んで名声を集め、「辛杜趙」とも称された [2] 。. 興平 元年( 194年 )、豫州 刺史 となっ ...

  3. ja.wikipedia.org › wiki › 陳矯陳矯 - Wikipedia

    矯(ちん きょう、? - 237年 [1] )は、中国 後漢末期から三国時代の政治家。 魏に仕えた。 字は季弼。 徐州 広陵郡 東陽県の人。 子は本・騫・稚。 『魏氏春秋』によると、元々は劉姓であったが、母方の姓に改めたとある。『三国志』に独立した伝がある。

  4. ja.wikipedia.org › wiki › 宣帝_(陳)宣帝 (陳) - Wikipedia

    生涯 道談の次男として生まれた。 承聖元年(552年)に叔父の霸先が侯景の乱を平定して京口に駐屯すると、南朝梁の元帝が霸先の子弟の出仕を求めたため、頊は江陵に赴いて、直閤将軍・中書侍郎となった。 承聖3年(554年)に江陵が西魏の侵攻により陥落すると、頊は関中に連行 ...

  5. ja.wikipedia.org › wiki › 謝朓謝朓 - Wikipedia

    • 生涯
    • 詩風
    • 参考文献

    出自

    謝朓は東晋・南朝を代表する名門貴族の陳郡謝氏の出身であるが、傍系の血筋であり、先祖はさして政界でめざましい活躍をしていない。また彼の父の謝緯(謝述の子)は、謝朓が生まれる前の445年、兄たちが南朝宋の文帝の弟の彭城王劉義康の謀反に荷担したことに連座するも、文帝の第五女の長城公主を妻としていたことでかろうじて死罪を免れ、広州へ流されたという経歴を持つ人物であった。このように彼の出自は必ずしも官途に有利なものではなかった。

    略歴

    謝朓は若い頃から学問を好み、詩文に巧みで名声が高かった。南朝斉の武帝の永明年間に出仕し、皇族である豫章王蕭嶷・隨郡王蕭子隆・重臣の王倹らの属官を歴任した。 493年、武帝が死去し、蕭鸞(後の明帝)が実権を握ると、その幕下に招かれ、驃騎諮議参軍・記室参軍となって文書の起草をつかさどり、さらには中書省の文書をも管轄することになった。明帝が即位すると、謝朓は明帝の封地であった宣城郡太守に赴任するなど、明帝に大いに信任された。 498年、謝朓の妻の父の王敬則が反乱を起こした。王敬則は南朝斉の武将としてしばしば武勲を重ね、高帝・武帝の二代にわたり重臣として非常に信頼されていた。しかし、傍系の明帝が即位すると、先代の重臣だったことを逆に皇帝に警戒され、大司馬・会稽郡太守として朝廷の外に出されてしまった。明帝は病気で重態に陥ると、王敬則に対する警戒をさらに強めた。これに身の危険を感じた王敬則も反乱を決断し、娘婿の謝朓に協力を呼びかけたのである。しかし謝朓は王敬則からの使者を捕らえ、逆に朝廷に王敬則の反乱を告発した。明帝は謝朓を賞賛し、彼を尚書吏部郎に抜擢した。岳父を告発したという行為は、謝朓自...

    現存する詩は200首余り、その内容は代表作とされる山水詩のほか、花鳥風月や器物を詠じた詠物詩、友人・同僚との唱和・離別の詩、楽府詩などが大半を占める。 山水詩の分野において、謝朓は同族の謝霊運が開拓した山水描写を継承するとともに、それをより一層精緻なものへと洗練させていった。さらに謝霊運の山水詩が、前代の「玄言詩」の影響を受け、自然の中から哲理や人生の教訓を引き出そうとすることによって、しばしば晦渋さや生硬さを免れないのに対し、謝朓の山水詩は、山水描写と自らの情感とを巧みに融合させた、より抒情性豊かなものとなっている。このような精巧で清澄な描写と抒情性に富んだ風格は、山水詩以外の分野でも発揮されており、謝朓の詩の基調となっている。 謝朓の詩は同時代から高く評価され、「二百年来、此の詩無し」(...

    『南斉書』巻47「謝朓伝」、中華書局。
    『南史』巻19「謝朓伝」、中華書局。
    『謝宣城集校注』曹融南、上海古籍出版社〈中国古典文学叢書〉、1991年。
    『謝宣城全集』陳冠球、大連出版社、1998年。
  6. ja.wikipedia.org › wiki › 南史南史 - Wikipedia

    『南史』(なんし)は、中国の南朝について書かれた歴史書。李大師により編纂が開始され、その子の李延寿によって完成された。 二十四史の一つ。 全80巻で、本紀10巻・列伝70巻の構成となっている。南北朝時代(439年 - 589年)の南朝にあたる国家、宋・斉・梁・の歴史を記している。

  7. ja.wikipedia.org › wiki › 滋野井家滋野井家 - Wikipedia

    家の歴史 封建時代 平安時代末期、藤原公教(三条公教)の次男の滋野井実国から始まる [1]。 文和元年(1352年)に当主の滋野井実勝が八幡の戦いで横死して断絶するが、15世紀の中頃に阿野家の庶流 実益が再興した。 永禄8年(1565年)滋野井公古が死去して再度断絶するが、17世紀に入って ...

  1. 其他人也搜尋了