Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 集塵罩 相關
    廣告
  1. 集塵装置 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 集塵装置

    集塵装置(しゅうじんそうち、英: Dust collector )は、大気汚染の防止や有価物の回収 [1] を目的として、排気中の煤や粉塵などの粒子を気体から分離する装置である。 集塵機とも称する。

  2. HEPA - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › HEPA
    • 機構
    • Hepaフィルタの主な用途
    • 日本のhepaフィルタメーカー(五十音順)

    粒子の捕集機構は以下の原理からなる。 1. フィルタを構成する繊維による粒子流線のさえぎり 2. 粒子が慣性によって流線からはずれ、繊維に接触 3. 重力による粒子の沈降 4. 粒子のブラウン運動 5. 粒子が静電気力を受けて繊維に引かれる この内さえぎり、慣性、重力効果は粒子が大きいほど強く、ブラウン運動、静電気効果は小さいほど強くなる。したがってこれらの総和であるフィルタの粒子捕集効率は粒径によって異なり、HEPAフィルタの場合は0.1-0.2 µmで捕集効率の極小値をとる。

    クリーンルーム用フィルタ

    クリーンルームやクリーンブース用の精密空調機器、製造装置の組込み用にHEPAフィルタを採用したファンユニットが使われる。クリーン度クラス100~10,000までに対応し、高いクリーン度を要求されるような半導体や液晶、医薬品や食品などに適している。

    空気清浄機フィルタ

    現在の主流となっているファン式空気清浄機のハイエンド機種にはHEPAフィルタを使ったものが多い。より高性能なULPAフィルタを採用したものも発売されたが、過剰性能のため、採用する機種は少なくなっている。

    家庭用掃除機フィルタ

    家庭用掃除機の中でもハイエンド機種にはHEPAフィルタを使ったものが多い。これはハウスダストによるアレルギーへの関心の高まりによる。

    日本エアーフィルター株式会社
    日本ケンブリッジフィルター株式会社
  3. 塵袋 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 塵袋
    • 著者
    • 記述の特徴
    • 後世に与えた影響

    菅原大江中原などの博士たち(黒川春村説)、観勝寺の真言僧良胤(岡田希雄説)、江家の正嫡筋(木村紀子説)など諸説ある。このうち、良胤説は良胤を『壒嚢鈔』の著者とし、塵袋は壒嚢鈔の読みかえによる別名という解釈であるが、壒嚢鈔は文安2年から3年(1445年-1446年)に同じ観勝寺の僧行誉によって書かれたことが奥書の自記によって明らかであることから、信憑性には疑問が持たれる(木村紀子の考証による。)

    「モロモロノヒガ事ハ一隅ヲマボルニアリ」という一説が本文中に見えるように、語源随筆を書くにあたり現代的な民俗学的態度を重んじており、宮中人が笑う田舎の訛った物言いなどにも関心を払った。また、平易で口語的(「ツネノココチ」)な日常言語、特に素朴な実感の伴う和語について、なぜそのように言われるのかついて考察した。この点において、「ちりぶくろ」という和語の題名を持つことは象徴的であるといえる。また子どもに対する想定問答にも似た卑近な説きおこし方は、幼童教育を意図したものとも考えられる。

    文安3年(1446年)までに成立の『壒嚢鈔』(観勝寺の行誉著)、ならびに天文元年(1532年)までに成立の『塵添壒嚢鈔』(著者未詳)に転載されるなど影響を与えた。特に江戸期に入ってからは『塵添壒嚢鈔』が開版され、文人や学者などに教養書として珍重された。近現代では柳田国男が塵袋を参照したことが知られている。

  4. 粉塵 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 粉塵
    • 粉塵の種類
    • 粉塵の測定
    • 粉塵の影響
    • 脚注
    • 関連項目

    安全衛生上問題となる粉塵には次のようなものがある。 1. 金属粉塵 1.1. 金属の切断・研磨・溶接作業などの際に飛散する粉塵。 2. 鉱物粉塵 2.1. 鉱山からの鉱石の採取や鉱石の加工の際に飛散する粉塵。 3. 動物・植物性粉塵 3.1. 毛皮の加工や木材の加工の際に飛散する粉塵。

    クリーンルーム内の粉塵の測定法についてはISO 14644-1で規定されている。クリーンルームでは浮遊微粒子濃度と呼ばれる単位を用い、粒径範囲内の粒子の個数濃度である(個/m3)(個/L)(個/ft3)などで表される。 一般家庭やオフィスビルなどの建築物内は質量濃度(mg/m3)を用いる。「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」で室内環境基準において浮遊粉塵の量が0.15mg/m3以下と規定されている。

    健康被害

    無機粉塵を吸い込むと塵肺、有機粉塵では過敏性肺炎という病気の原因となる。このため、一定以上の粉塵が漂う場所での作業には防塵マスクの着用が必要である。 炭鉱を含む鉱山労働者(主に坑夫)は、かつては作業中の防塵マスク着用が義務付けられていなかったため、鉱石や石炭の粉塵による塵肺での死亡が非常に多かった。

    塵肺の種類

    有機粉塵 1. 過敏性肺炎や間質性肺炎(綿肺、コルク肺、農夫肺、砂糖きび肺、線香肺、合成樹脂肺) 無機粉塵 1. 珪肺、石綿肺、蝋石肺、滑石肺、珪藻土肺、アルミニウム肺(金属粉)、酸化鉄肺(溶接工肺)、黒鉛肺、炭鉱夫じん肺、炭素肺(活性炭粉) 特定粉塵 1. 石綿(アスベスト)

    粉塵の規制

    日本の大気汚染防止法では、「物の破砕、選別その他の機械的処理又はたい積に伴い発生し、又は飛散する物質」のこととし、煤煙や自動車排出ガスと共に規制している。同法では、人の健康に被害を生じるおそれのある物質を「特定粉じん」、その他を「一般粉じん」と定めている。現在、特定粉じんは、石綿のみである。これは、石綿(アスベスト)が発癌性物質であるためだが、石綿以外の粉塵でも、塵肺を起こす可能性があるため、充分に注意が必要である。 また、労働安全衛生法では、粉塵を業務に危険性または有害性をもたらすもののひとつに挙げている。このため、粉塵の要因となる原料のメーカーや取り扱い業者には化学物質安全性データシート(MSDS)などの資料により、現場の作業員に危険性、有害性、対処方法の周知をさせることが定められており、また関係行政機関も粉塵の発散を防止するために、必要に応じて注水するなどの措置を行なうよう呼びかけている。

    ^ a b 増本清、増本直樹『職場の安全衛生Q&A 100選』労働調査会、2007年、174頁
  5. 壒嚢鈔 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › あい嚢鈔

    『壒嚢鈔』(あいのうしょう、「あい」は土偏に蓋)は、室町時代中期に編纂された辞典である。全7巻。勧勝寺の僧行誉の著で文安2年(1445年)または同3年(1446年)成立。 鎌倉時代中後期に成立した『塵袋』(一説には同じ勧勝寺の僧である良胤の編纂といわれる) ...

  6. 檜垣嫗 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 檜垣嫗

    檜垣嫗(桧垣媼、ひがきのおうな)は生没年不詳、平安時代中期(10世紀)の女性歌人。 様々な伝説に包まれ、その正体は詳らかでない。『檜垣嫗集』は、歌物語風に仕立てられた家集である。ただし、檜垣の歌と認められているものは3首のみであり、同書は後人による ...

  7. 矢野峰人 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 矢野禾積

    矢野 峰人(やの ほうじん、1893年3月11日 - 1988年5月21日)は、日本の詩人、英文学者。

  8. 富尾似船 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 富尾似船
    • 経歴
    • 編著
    • 発句
    • 門人
    • 同時代の評価
    • 親族
    • 参考文献

    寛永6年(1629年)生まれ。早くは明暦2年(1656年)2月鶏冠井令徳編『崑山土塵集』に発句が入集する。明暦3年(1657年)頃荻野安静に入門し、貞門派に属した。寛文5年(1665年)剃髪し、同年歳旦から似船と号した。寛文9年(1669年)安静が死去し、延宝2年(1674年)遺集『如意宝珠』を刊行した。 延宝3年(1675年)江戸から談林派誹諧が伝わると、同年菅野谷高政編『誹諧絵合』に百韻を入集させて関心を示し、延宝5年(1677年)『誹諧猿蓑』に至って完全に談林派に移行し、貞門派に留まった中島随流等による激しい批判に晒された。延宝7年(1679年)車屋町通、元禄4年(1692年)五条通東洞院東入ル朝妻町、次いで堀川通七条南(醒ヶ井通七条下ル)鎌屋町に転居した。月に何度も法楽の会を催し、門弟以外からも歳旦発句を集めて板行料を徴収した。 宝永2年(1705年)7月16日77歳で死去し、大谷本廟に葬られた。

    延宝4年(1676年)3月記『石山寺入相鐘』
    延宝5年(1677年)9月序『誹諧隠蓑』

    和漢・仏教の故事に取材した衒学的な句が多い。 1. 『鄙諺集』「何を風の口ばしりてや夕時雨」 1.1. 風を擬人化し、夕時雨の原因を風が口走ったせいだとする。 2. 『崑山土塵集』「出て見よきもんつふす程比叡の雪」 2.1. 「肝を潰す」と比叡山の位置する「鬼門」との掛詞。 3. 『隠蓑』「むつごとや五十六億七夕まで」 3.1. 牛郎織女の睦言が56億7千年後の弥勒下生まで続くことを願う句。俗語と釈教語による非対称感を意図する。 4. 『安楽音』「粤(コヽニ)薬子嫦娥ツタヘテ五位六位」 4.1. 嫦娥の不老不死薬が正月の宮中行事伴御薬儀で薬子・五位蔵人・六位蔵人に試飲されることを空想する。 5. 『安楽音』「屏風峙テリ是レ雛の世界桃ノ林」 5.1. 雛壇の情景を漢詩文調で誇大に表現する。

    佐藤有扇 - 号は桂花庵。享保15年(1730年)11月3日70歳で没。弟子に山県攀高、その弟子に山中梅応。
    舟露 - 有扇の徒弟。

    延宝3年(1675年)菅野谷高政は『誹諧絵合』序文で似船を「法印都の図を模するが如し。さびしからずして双なし。」と評価する。 延宝7年(1679年)岡西惟中『近来俳諧風体抄』は談林派による漢語・釈教語の多用を批判し、似船の句「晴明やくろゝ砕て祈たり」「六賊のをしこみ不動なかする」「宋玉が一流うたふほとゝぎす」「評判の屈原からくりの月」「秋津洲の外にながれて灸の膿」「火々出見ノ尊銭湯にいる」を取り上げ、「たゞごとのみとりあつかふ俳諧は、一句力なく、たよ/\として、みるにたらず。」と酷評する。 中島随流は同年『誹諧破邪顕正』で、貞門時代の似船は「器用の口才」だったが、「天魔の入かはり」により「異風異形の島もの」になってしまったとし、「同腹中の狂者」と批判する。延宝8年(1680年)『誹諧猿黐』では似船の漢詩文調を「唐人かと見れば平仄韻字の鎧もなし。又日本侍かとおもへばかぴたんのひたゝれを着たり。」と揶揄している。元禄5年(1692年)『貞徳永代記』でも堀江林鴻『京羽二重』に掲載された似船の句を批判し、同年弄松閣只丸『あしぞろへ』、元禄6年(1693年)林鴻『あらむつかし』が似船擁護の論陣を張った。 延宝7年(1679年)松江重頼『誹諧熊坂』は、「扨又都の其内におほき雀のとび体は、三条の如泉、四条の似船、ちう/\さへづる五句付の銭」として、五句付興行により点料で儲けていることを批判する。 元禄15年(1702年)室賀轍士編『花見車』は似船について、仏学・書に通じ、毎年歳旦の興行で名を知られるが、会合に顔を見せずに執筆に専念しているとして、「老女郎の巧者」に喩える。

    父 - 貞享元年(1684年)8月12日没。似船は一周忌に「夢の父頃は芋うるむかしかな」と詠んだ。
    一族:富尾左兵衛嘯琴 - 版下筆工。似船の編著の多くも担当した。住所は新町通六条南。
    生川春明『誹家大系図』下巻、好間亭、1838年。
    中村俊定, 雲英末雄「誹諧隠蓑巻上(翻刻・解説)」『国文学研究』第35号、早稲田大学国文学会、1967年、 105-131頁、 ISSN 03898636、 NAID 120005480524。
    雲英末雄「富尾似船の俳風」『連歌俳諧研究』第1968巻第35号、俳文学会、1968年9月、 doi:10.11180/haibun1951.1968.35_15。
    雲英末雄「富尾似船年譜稿」『近世文藝』第16号、日本近世文学会、1969年6月、 doi:10.20815/kinseibungei.16.0_40。
  9. JIS X 0213漢字一覧の1面 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › JIS_X_0213漢字一覧の1面

    JIS X 0213漢字一覧(ジス エックス 0213かんじいちらん)は、JIS X 0213:2004で規定された漢字の一覧(1面14区-2面94区)である。 該当文字および規格で示された面 区 点、Shift_JIS-2004、Unicodeのコード位置および規格に記載された日本語通用名称を示す。 ここ ...

  10. 相撲用語一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 相撲用語一覧
    • あ行
    • か行
    • さ行
    • た行
    • は行
    • ま行
    • や行

    相星 - 合口 - 明荷(あけに) - あっぱ - 兄弟子勝ち - あまのさん - あんこ - あんま - 泉川 - 板番付 - 一代年寄 - 一番太鼓 - 一番出世 - 一門 - 痛み分け - いなす - 引退相撲 - うがい -打止め - 打ち出し - 腕相撲 - えびすこ - 押し相撲 - おっつけ - 大銀杏 - 大頭 - 大相撲 - 大関 - 親方 - 恩返し - 女相撲-

    腕(かいな) -腕をかえす - 型 - 搗ち上げ - 勝ち越し - 勝ちみ - がちんこ - 角界 - 角番 - 髪結 - かわいがり - がぶり - 神魂神社 - 閂(かんぬき) - 勧進相撲 - 敢闘賞 - 柝が入る(きがはいる) - 木戸 - 技能賞 - 決まり手 - 木村家(行司) - 木村庄之助 - 木村玉之助 - 給金相撲 - 行司 - 金星 - 禁じ手 - - 糞袋が重い - 蔵前国技館 - 軍配 - 稽古 - 化粧廻し - 懸賞 - 興行 - 公傷制度 - 国技- 国際相撲連盟 - ごっつあん - 小結 - 蒙御免(ごめんこうむる) - これより三役 - こんぱち-

    下がり - 三賞 - 三段構え - 三段目 - 三役 - 志賀清林 - 式守伊之助 - 式守家(行司) - 四股 - 四股名 - 師匠 - 支度部屋 - 死に体 - 蛇の目の砂 - 注連縄 - 十枚目 - 十両 - 十両土俵入り - 殊勲賞 - 手刀 - 巡業 - 準年寄 - 勝負審判 - 女子相撲 - 初切(しょっきり) - 序二段 - 序ノ口 - 新相撲 - 新弟子検査 - しんない - スカす -相撲 - 相撲教習所 - 相撲甚句 -相撲神社 - 相撲取り - 相撲博物館 - 相撲部屋 - 摺り足(すりあし) - 座り相撲 - 上覧相撲 - セキタン - 関取 - 関脇 - 世話人 - 千秋楽 - そっぷ - 蹲踞(そんきょ) -

    当麻蹴速 - 当麻町相撲館 - 柝(たく) - 大横綱 - 台覧相撲 - 立合い - 立行司 - 太刀持 - たにまち - 溜席 - 俵 - 力紙 - 力水 - ちゃんこ鍋 - ちゃんこ番 - ちゃんこ料理 - 注射 - ちょこれんぱん- 塵手水(ちりちょうず) - 突き相撲 - 付け人 - 露払 - 連相撲(つらずもう) - 手合(てあい) - 手刀(てがたな) - 手乞(てごい) - 手相撲 - 鉄砲 - 寺切り -天覧相撲 - 東西 - 東西角力協会 - 徳俵 - 床山 - 年寄 - 年寄名跡 - 飛び付き - 土俵 - 土俵入り - 土俵祭 - 止め名 - 巴戦 -取組 - 取り直し-

    端紙 - はっけよい - 八艘飛び - 八番相撲 - 花道 - 花相撲 - 花の○○組(花のニッパチ組、花のサンパチ組、花の六三組、花のゴーイチ組、花のロクイチ組) - 跳ね太鼓 - 張出 - 馬力 - 番付 - 番付表 - 半身(はんみ) - 東 - 一人相撲 - 鬢付油(びんつけあぶら) - 武家相撲 - 房 - 不浄負け - 不戦勝 - ぶちかまし - ぶつかり稽古 - 懐が深い - 触れ太鼓 - 部屋 - 星取表 - 褒賞金 - 星 -最手(ほて) - 本場所 - 本割-

    前頭 - 前相撲 - 前捌き - 前褌(まえみつ) - 幕内 - 幕下 - 幕下付出 - 髷(まげ) - 負け越し - 枡席 - 股割り - 待った‐廻し - 満員御礼 - 水入り - 褌(みつ) - 向正面 - 向給金 - 胸を出す - 虫眼鏡 - 物言い - 申し合い -もろ差し-

    矢柄投げ - 櫓 - 櫓太鼓 - 家賃が高い - 山稽古 - 弓取式 - 横綱 - 横綱大関 - 横綱審議委員会 - 横綱土俵入り - 横褌(よこみつ) - 吉田司家 - 寄せ太鼓 - 四つ相撲 - 四つ身 - 呼出 - 寄り

  11. 其他人也搜尋了
  1. 集塵罩 相關
    廣告