Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 相關搜尋:

  1. 雙人代步車 相關
    廣告
  1. 双竜自動車 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/双龍自動車
    • 沿革
    • 事業
    • 画像
    • 外部リンク

    1954年 河東煥(ハ・ドンファン、하동환、1930年7月29日 - )が、ソウル市麻浦区で『河東煥自動車製作所』(하동환자동차제작소、トラック・バス架装工場)を創立。朝鮮戦争停戦後の復興で盛業になる。 1963年 東方自動車工業(동방자동차공업)を吸収合併し、河東煥自動車工業株式会社として改組。UDトラックス(旧:日産ディーゼル)製リアエンジンバスのノックダウン生産を手掛け、1966年頃からブルネイ、南ベトナム等へ輸出開始。 1967年 新進自動車(신진자동차、後のGM大宇)と業務提携し、乗用車市場にも参入。 1974年 AMCと提携し、在韓米軍・韓国軍向けジープのライセンス生産に着手。 1976年 消防車など特殊車両の生産を開始。 1977年 東亞自動車(동아자동차)に社名変更。 1979年 主生産工場を京畿道平澤市に移転。 1983年 KH-7, CJ-7 型ジープや、乗用車コランド(코란도)を生産していた釜山市の巨和(거화)を吸収合併し、業務を拡大した。 1986年 雙龍グループに買収され、現社名に変更。 1993年 『イノベーション宣言』の下、ムッソー(무쏘、1993年)、イスタナ(이스타나、1995年)、新型コランド(1996年)、チェアマン (체어맨、1997年)と、矢継ぎ早に新車を投入したが、過剰投資とグループ内部の対立から、経営状態が急速に悪化した。 1997年 乗用車部門と大型車両部門を分離。前者は大宇グループ(대우그룹)に経営権が譲渡され、大宇自動車の一部門になった結果、2000年に大宇グループが経営破綻するまで、一時的に雙龍ブランドが消滅する。労働争議も多発し、1999年にはロックアウトも敢行された。 その後しばらくメインバンクの管理下に置かれていたが、2004年に中国の上海汽車 (SAIC) が株式の49%を取得し、傘下に収めた。しかし主力の北米向けSUV輸出の急激な縮小から、経営が再び悪化。 2009年1月9日 自主再建を断念し、ソウル中央地裁に法定管理を申請。民主労働党、進歩新党の支援を受けた労組側約500名は、政府に対して直接交渉と従業員の地位保全等を求め5月29日から平澤工場に立てこもったが、8月4日に機動隊が突入し強制排除された。 2010年11月23日 インドの自動車メーカーマヒンドラ&マヒンドラ社が、5225億ウォンで雙...

    米AMC、後に独メルセデスからエンジン等の技術供与を受け、SUVを中心に製造・販売していた。 1990年には英パンサーを買収してスポーツカーにも進出したが、ごく少数に留まった。 韓国国内では他の旧大宇系自動車メーカー同様、大宇自動車販売が流通を担当した。日本では2007年頃までGM大宇・マティスの代理店オートレックス(本社:福岡市)が輸入していたが、ほどなく中止された模様。

    ムッソー
    レクストン
    チェアマン(初期型)
    ロディウス
    • 雙龍、雙龍自、サンヨン
    • 有限会社
  2. おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE! - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/おぎやはぎの愛車遍歴_NO_CAR...
    • 概要
    • 出演者
    • DVD
    • スタッフ
    • 外部リンク

    毎回、1人のゲストを迎え、ゲストのこれまで人生で乗ってきた自動車を紹介しながら、その人の人生を振り返るトークバラエティ番組である。キャッチコピーは「愛車遍歴を辿ればその人の人生が見えてくる!」。 開始から2013年3月27日までは毎週水曜日22:00 - 22:54、同年4月6日から2018年3月31日[注 1]までは毎週土曜日22:00 - 22:54に放送されていた。 毎週(レギュラー放送)の番組ではあるが、実際は希少車を用意する必要も多い番組の特性上、しばしばアンコール放送と銘打たれた再放送を挟んでいる[要出典]。番組開始当初は、新作とアンコール放送の隔週放送となっていたが、2012年4月以降は、新作を3回放送した後アンコール放送を1回放送するという形になり、以前より新作の割合が増えた。番組の前身は、2011年6月11日に俳優の細川茂樹をゲストに迎え放送された単発スペシャル番組である。2016年4月よりネット配信を開始した。

    司会

    1. おぎやはぎ(小木博明・矢作兼)

    進行

    1. 竹岡圭(自動車評論家)

    ナレーター

    1. 池田秀一(第1回 - 第203回) 2. 針谷桂樹(第204回 - 第225回) 3. 森川智之(第226回 - )

    全発売 - BS日本/ポニーキャニオン販売 - ポニーキャニオン。いずれもレンタル版あり(特典映像は未収録)。 おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE! DVD-BOX 1. 2012年11月2日発売 2. 収録時間:本編441分+特典90分 1. 収録内容 1.1. #01 第1回 パンツェッタ・ジローラモ(2011年10月5日放送)第2回 北原照久(2011年10月12日放送) 1.2. #02 第3回 石田純一(2011年10月19日放送)第4回 藤波辰爾(2011年11月2日放送) 1.3. #03 第5回 ドン小西(2011年11月16日放送)スペシャル 細川茂樹(2011年6月11日放送) 1.4. #04 第6回 田中要次(2011年11月30日放送) 1.5. #05 第9回 東儀秀樹(前編)(2012年1月4日放送)第10回 東儀秀樹(後編)(2012年1月11日放送) 2. 特典映像 2.1. 矢作兼の愛車自慢「ポルシェ911 カレラ4」 2.2. 小木博明の愛車自慢「ランドローバー レンジローバー イヴォーク」 2.3. 竹岡圭の愛車自慢「ホンダ ビート(レーシング仕様)」 2.4. 「おぎやはぎサイコロ疑惑」 2.5. 「おぎやはぎ&竹岡圭が選ぶゲストの愛車で1番欲しい車選手権」 2.6. 収録後のこぼれ話トーク「収録遍歴」 3. 封入特典 3.1. 初回生産限定オリジナルステッカー おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE! DVD-BOX2 1. 2013年4月26日発売 2. 収録時間:本編432分+特典120分 1. 収録内容 1.1. #06 第7回 京本政樹(2012年12月7日放送)第21回 春風亭昇太(2012年5月16日放送) 1.2. #07 第20回 山下真司(2012年5月9日放送)第19回 大八木淳史(2012年5月2日放送) 1.3. #08 第16回 渡部陽一(2012年4月4日放送)第22回 ブラザー・トム(2012年5月30日放送) 1.4. #09 第11回 北澤豪(2012年2月8日放送)第14回 高橋ひとみ(2012年3月7日放送) 1.5. #10 第26回 横山剣(前編)(2012年7月4日放送)第27回 横山剣(後編)(2012年7月11日放送) 2. 特典映像 2.1...

    ナレーター:森川智之
    構成:村田秀勝
    カメラ:田中豊(テレユース)
    音声:田口豊(テレユース)
    BS日テレ【おぎやはぎの愛車遍歴】PR (@Aisya_Henreki) - Twitter
    おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE! - YouTubeプレイリスト
  3. 双渓駅 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/双渓駅

    双渓駅 各種表記 繁体字: 雙溪車站 簡体字: 双溪车站 拼音: Shuāngxī Chēzhàn 通用拼音: Shuāngsī Chējhàn 注音符号: ㄕㄨㄤ ㄒㄧ ㄔㄜ ㄓㄢˋ 発音: シュアンシー チャーヂャン 台湾語 白話字: Siang-khe Chhia-thâu 日本語 漢音読み: そうけいえき

  4. 若草恵 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/若草恵

    若草 恵 出生名 斉藤 徹(さいとう とおる) 生誕 1949年 2月10日(72歳)出身地 日本 山形県 ジャンル ポピュラーソング 、演歌、映画音楽 若草 恵(わかくさ けい、1949年 2月10日 - )は、日本の作曲家、編曲家。 山形県出身。男性。本名は斉藤 徹(さいとう と ...

  5. 双和 (新北市) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/双和_(新北市)
    • 教育
    • 行政
    • 交通

    秀朗国民小学(中国語版)はかつて1985年に生徒数1万2,470人、クラス数も225の超マンモス校と化し、ギネスブックに「学生数世界最多の小学校」掲載されたり[注釈 4]、日本のTBSテレビが取材に来るほどだった。 永和国民中学(中国語版)も学生数と教職員数の合計が1980年に全国最多となる6,600人を記録したため分校として隣に福和女子中学(現在の福和国民中学(中国語版))を設立した。2000年代も福和国民中学とともに4,000人台で上位5校以内に、少子化により減少が止まらないものの、2016年時点でも行政院教育部の統計では8年連続で全国最多の約3,000人を記録している(p2)。 なお、永亨路を挟んで隣り合う永和国中と福和国中は男子校、女子校として創立され、後に共学校となったが、学生身分証の末尾の番号が奇数か偶数かで一律に進学先を割り振られるようになった。しかし同じ校区の兄弟姉妹で所属校が別々になるなどの弊害があり救済措置が検討されている。 また、永和区内の一部地域では中和区にある漳和国民中学(中国語版)への越境通学が認められている。

    上記の無秩序な都市開発は公共事業入札および行政に黒社会(四海幇や、中和幇を前身とする竹聯幇などの外省掛マフィア)を呼び込む一因ともなっていた。 下記の交通網の混乱はかつて「花園城市(ガーデンシティ)」の計画があった中永和地区の戦後の都市計画の混乱が一因ともなっている。国立中山大学社会学教授の葉高華は都市計画の失敗と断じている。

    鉄道

    台北捷運中和線(中和新蘆線)が永和区中心部と中和区南東部を経由している。中和区中心部では戦後長らく旅客鉄道網がなかったが、2020年には台北捷運環状線が開業し区内に6駅が設置された。また、中永和を貫く台北捷運万大中和樹林線も整備中。永和区の頂渓駅と永安市場駅は新北市内の台北捷運34駅中で2018年12月の乗車人員が板橋区各駅および淡水区の淡水駅に次ぐ上位4位と6位となっている。

    バス

    中和区は長年南東部の捷運中和線しか駅がなく、板橋、台北両都心への公共交通機関による通勤通学はバスが主流。板橋区から中和区を経由し台北駅に至る台北市市区公車307路(中国語版)(首都客運と台北客運の共同運航)は長年営業収入が全国トップのドル箱路線となっている。

    永和区の中和路、中和区の永和路

    新北市の永和地区と中和地区は戦後1958年まで同じ台北県中和郷に属しており、分裂し新北市永和区と中和区となっているが、新北市には市轄区を跨ぐ街路が201ヶ所あり、このうち中山路が19ヶ所を占め、中永和も例外ではない。台湾全土にある中正路と中山路は両区内にも例外なく存在し、かつ中和路と永和路が双方に存在しているため、地元住民以外の混乱を招いている。 市道111号は捷運永安市場駅北側の永貞路との交差点を境に北が永和路、南が中和路となり、さらにこの道路が両区の境界となっているため短い区間で永和区永和路と永和区中和路、中和区中和路が混在する。加えて台北捷運の環状線と万大中和樹林線の開業後は中和駅と永和駅は中和線ではなくそれら2線の駅として存在することになる。 中和区の郷道北92線(中国語版)は永和路となっている。このうち環中路と中原街に挟まれた約325メートルは2016年に中板路へ、華中橋付近の中和区永和路約560メートルは2017年に立業路へ改名された、その後も中板路から分岐する路地は中板路〇巷と永和路〇巷が混在している。両市は2010年末に直轄市となった新北市の市轄区となり、中和区の...

  6. ホールドアップダウン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ホールドアップダウン
    • キャスト
    • スタッフ
    • テーマソング
    • 外部リンク
    木場正巳 - 坂本昌行
    星野勇介 - 長野博
    木俣兆次 - 井ノ原快彦
    佐川豊 - 三宅健
    監督・脚本:SABU
    製作総指揮:藤島ジュリーK.
    撮影:中堀正夫
    美術:竹内公一
    主題歌:V6「Orange」
    挿入歌:岡田准一「ユメニアイニ」
    ホールドアップダウン - allcinema
    ホールドアップダウン - KINENOTE
    Hold Up Down - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  7. 萩本欽一 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/萩本欽一
    • 概要
    • 来歴
    • 受賞
    • 略年譜
    • 影響
    • 人物
    • 出演作品
    • 著作
    • ディスコグラフィ
    • パジャマ党

    大衆からはもとより、芸能界でも先輩・後輩問わず「欽ちゃん」の愛称で呼ばれる。その他の愛称は「萩モー」「萩」「欽坊」「欽様」など。 また、彼の番組や舞台から育った欽ちゃんファミリー等からは、「師匠」などとは呼ばせず「大将」と呼ばれている。ビートたけしが、弟子たちに「師匠」ではなく「殿」と呼ばせているのは、萩本と周囲のこうした関係性への憧憬や敬意によるところが大きい。また、ゴールデンゴールズの選手には「欽督(きんとく)」と呼ばせた。 1970年代〜1980年代に、「なんでそーなるの!」などのギャグや、「欽ちゃん走り」と言われる独特の走り方(原点は師匠の東八郎)など体を使った笑い、さらに素人および素人っぽさを残す才能を開花させたり番組でユニットを作り曲を出すなど、現在のバラエティの基本を開発した人物で、お笑い界の革命児として一世を風靡した。本人によると「演技のボケは難しいから、素人を連れてくる方が簡単」。 「どっちらけ」「バンザーイなしよ」など、語り継がれるギャグも多い。後に普通に使われるようになった「ウケる」(ややウケ、バカウケなど)という言葉も、最初は『欽ちゃんのドンといってみよう!!』から広まったとされ、芸人言葉を一般に広めた。また、「天然ボケ」「天然」を初めて使ったのも萩本であるとされている。

    誕生から東洋劇場入団まで

    1941年(昭和16年)、父・萩本団治、母・トミの三男として東京都台東区に生まれる。両親は香川県小豆島出身。父の実家は饅頭屋で、母はお嬢様で嫁ぎ先で洗濯をする発想が無く洗濯物を貯めこむ有様だった。稲荷町で幼少期を過ごすも、父親が稲荷町の長屋で営んでいたカメラ製造販売(戦時中に借金をして買い込んだ故障品を戦後ニコイチで粗製し、進駐軍に売りさばいた)が成功し埼玉県浦和市に家を建てたため、稲荷町から一家で浦和に転居、裕福な少年時代を送る。 父は都内に妾を囲っており、浦和へは週末しか帰宅しなかったが、母はそれを甲斐性として是認して子供達には立派な父だと教え、萩本に妾宅へ遊びに行く事を勧めたりしたという。父と愛人と萩本少年とで浅草へよく出かけ、それが芸能へ興味を持つ原点になっている。地元の市立高砂小学校では級長をしたが、強い生徒の後ろに隠れたり、女の子と遊ぶような少年だった。遊びに行った家の親御さんにおべっかを使うのが上手で可愛がられたという。 1952年、萩本が小学5年の時に父の会社が倒産(低価格カメラを発売するも販売不振。ボルタフィルムを参照)し、家には借金取りが連日押し寄せる。かなり...

    修行時代から劇団立ち上げまで

    東洋劇場では、先輩芸人である池信一[注 1]や石田英二、そして東八郎から数多くの指導を受ける。また、彼らの大師匠筋である深見千三郎からも薫陶を受け、大いに可愛がられた。 入団当時、極度のあがり症などでうまくセリフが言えず、演出家の緑川士朗から「君は才能がないからやめたほうがいい」と言われて落ち込んだが、池が説得し、「大丈夫、演出の先生に言ってきた。ずっといていいよ」と萩本を引き止めた。その後、緑川から「萩本は才能がない。しかし、これほどいい返事をする若者はいない。あいつの“はい”は気持ちがいい。“はい”だけで置いてやってくれ」と池が説得したことを知らされ、「芸能界はどんなに才能がなくても、たった1人でも応援する人がいたら必ず成功する。もしかしたら、お前を止めさせないでくれという応援者がいる。お前は成功するから頑張れ」と言われ奮起し、誰も居ない劇場で早朝に大声を出す練習をしたり、先輩芸人の真似を何度も繰り返した。 父の家が火災になり、萩本は父親を助けるためにコメディアンを辞めようとしたこともあったが、それを聞いた池は、劇場の関係者からカンパを募り約60万円を萩本に渡した。これには、...

    コント55号結成

    熱海の営業で考案したコント「机」を売り込もうと帰京したところ、たまたま坂上二郎から電話が掛かってきて会うことになり、その際萩本が「机」のあらすじを語ったところ坂上から「そのコントは俺と欽ちゃんで演じた方がいいのでは」と提案されたのがきっかけとなり、一回の舞台契約だけで、1966年、「コント55号」を結成[注 3]。 なお萩本は帰京後すぐにそのまま劇場にコントを売り込むつもりでおり、帰京直後というタイミングで坂上からの電話がなければコント55号の結成はなかったと後年語っている。 前田武彦と組んだフジテレビの公開生放送『お昼のゴールデンショー』(1968年〜1971年)で人気に火がつき、『コント55号の世界は笑う』(フジテレビ)、『コント55号の裏番組をぶっとばせ!』『コント55号のなんでそうなるの?』(ともに日本テレビ)、『チータ55号』『みんなで出よう55号決定版!→55号決定版!』(TBS)、『ウォー!コント55号!!』『コント55号!!笑ってたまるか!?』(いずれもNETテレビ・現:テレビ朝日)など数多くのレギュラー番組を抱え、テレビを席巻した。 その後もコンビ活動は続いたが...

    1969年 ゴールデンアロー賞特別賞
    1983年 モービル児童文化賞

    2005年までのデータは『なんでそーなるの! - 萩本欽一自伝』(日本文芸社、2007年、pp.268-269)収録の「萩本欽一バイオグラフィ」を元に、自伝本文の内容を加えて作成。 1. 1941年:5月7日、父・萩本団治、母・トミの三男として東京都台東区に生まれる。 2. 1945年:埼玉県浦和市に転居。 3. 1948年:東京都台東区に転居。 4. 1955年:東京都文京区に転居。 5. 1956年:駒込高校に入学。 6. 1959年:駒込高校を卒業。浅草の東洋劇場に入りコメディアン修行をする。 7. 1962年:フランス座で坂上二郎と出会う。 8. 1963年:劇団浅草新喜劇を立ち上げ。初のテレビ出演。 9. 1965年:2ヶ月ほど熱海つるやホテル専属コメディアンとなる。 10. 1966年:10月、坂上二郎とコント55号を結成。浅草演芸場で初舞台。 11. 1967年:コント55号として「西田佐知子ショー」に出演、日劇ミュージックホールの舞台を踏む。「大正テレビ寄席」に出演。 12. 1968年:「お笑いヤマト魂」で初のテレビレギュラー。他に「お昼のゴールデンショー」「コント55号の世界は笑う!」。『コント55号・世紀の大弱点』で初の映画主演。 13. 1969年:ゴールデンアロー賞特別賞を受賞。「コント55号!裏番組をぶっとばせ!」「コント55号のなんでそうなるの?」「チーター55号」「みんなで出よう!55号決定版」「ウオー!コント55号!!」「コント55号!!笑ってたまるか!?」 14. 1970年:「コント55号の歌謡大行進」で初のラジオレギュラー。 15. 1971年:チャップリンと出会う。テレビ「スター誕生!」で初の司会を担当。 16. 1972年:「オールスター家族対抗歌合戦」「シークレット部隊」「日本一のおかあさん」「欽ちゃんのドンといってみよう!!」 17. 1973年:「シャボン玉ボンボン」 18. 1975年:「欽ちゃんのドンとやってみよう!」「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」。 19. 1976年:結婚する。ゴールデンアロー賞を受賞。テレビ「欽ちゃんのどこまでやるの!」。 20. 1978年:テレビ「24時間テレビ・愛は地球を救う」の司会を担当。 21. 1979年:年末に「全日本仮装大賞」の第1回が放映される。 22. 1...

    萩本の番組や舞台をきっかけに活動の域を広げた関根勤、小堺一機、はしのえみ、柳葉敏郎、勝俣州和らは、その後も各方面での芸能活動を続け、また「パジャマ党」「サラダ党」と称した鶴間政行、君塚良一、大岩賞介といった放送作家を育成するなど、芸能界、放送界における萩本の影響力は強い。 東京進出する前で、関西でも「4時ですよーだ」(毎日放送)で人気者になる前のダウンタウンを1986年、「欽ドン!ハッケヨーイ笑った!」(フジテレビ)に起用した。笑いの方向性では対極とも言えるダウンタウンの持ち味は全く生かされず、着ぐるみを着て相撲対決等を行っていたダウンタウンも内心嫌がっており、低視聴率が続き3ヶ月で打ち切りとなった。しかし萩本はダウンタウンに「この番組は終わるが、君達はこの番組以外の所から必ずブレイクするから、心配しなくていい」と直接伝え、実際にその直後に関西で人気が爆発し、3年後の東京への本格進出に繋がった。この件もあり、ダウンタウンは萩本に他の先輩芸人とは別格の念を持っており、ラジオ番組のネタで萩本を揶揄するネタが来たときも、浜田雅功が「萩本さんの悪口言わんといてくれ」と述べている。松本人志は著書で「あの時期のダウンタウンに好き勝手やらせて、他のタレントには細かくダメ出しをしていたのに、OKを出していた大将はやっぱりすごい」と評している。 ダウンタウンとの繋がりでは、1990年10月7日放送の「欽ちゃんの第31回全日本仮装大賞」にダウンタウンが出場し、浜田は萩本の物真似を行った。第30回出場分は予選敗退となっており、両回共にノーギャラ、楽屋も一般出場者と共同と、特別扱い無く出場している。 また、ダウンタウンと同じく「欽ドン!ハッケヨーイ笑った!」に起用していたジミー大西を見て、「あれが意図的な芸であれば、チャップリン以来の天才芸人だ」と大変評価し、2人きりで楽屋にて対話した。しかし楽屋から出てきた萩本は一言「天然だったんだね…」と言葉を残し落胆する。この言葉が「天然ボケ」の言葉を定着させることとなる。 1998年には長野オリンピック閉会式の司会に起用される。また、1990年代以降、前川清や自らが主催する欽ちゃん劇団の舞台などでは演出家としても活動している。 「欽ドン!」「良い子、悪い子、普通の子」「欽ちゃん劇団」などで披露した、萩本の発案による冗談やネタは多く、音曲に合わ...

    才能を見抜く眼力

    萩本は一般の素人や、芸人以外の著名人などを積極的に番組に起用し、コメディーの才能を見抜いて引き出すことに長けていた。自身の経験から、その応用として素人にはプレッシャーをかけてわざと失敗するよう仕向けていた。これは「二郎さんのようにプロとして失敗する芸を身に着けるには、10年かかるから。若い人が出られなくなるから」として、素人にそのチャンスを与えたという考えからだという。またエキストラの活動をしていた時代の挫折の経験がこの下地になっていることもある。 志穂美悦子(女優)、前川清を始めとする内山田洋とクール・ファイブのメンバー、中原理恵(歌手)、真屋順子(舞台女優)、志賀勝(俳優)など、それまでお笑いに縁がなかった面々を自分の世界に引き込み、世間に新たな側面を見出させた。さらに「欽どこ」で若原一郎を、「オールスター家族対抗歌合戦」で近江俊郎を人気復活に導き、タレントとしての才能を発揮させ、歌手時代を知らない若い世代にも知名度を広げた。また萩本は「おしゃれカンケイ」に出演した際に、かつて司会を務めた「スター誕生!」の裏話として、「山口百恵が実は不合格だったが、他の出場者の出番の間、身動...

    アドリブについての見地

    萩本は大のアドリブ嫌いと言われることが多く、コント55号のコントでもアドリブを連発する坂上二郎に対し、舞台裏では「二郎さんが台本通りやってくれない」と毎回楽屋で泣いていたという逸話がある。しかし一方で、齋藤太朗(日本テレビディレクター)の「台本どおりのコントをやって欲しい」との要求に対し「演者には演者としてのプライドがある」と反発し、舞台ではアドリブを連発していたとのエピソードもあり、決してアドリブ否定派だったわけではない。 萩本は後にインタビューでアドリブの重要性について「なんで台本どおりやっちゃいけないかというと、台本には間がないんですよ」「どんなにいい台本でも、ひとたび間を入れると微妙にセリフが変わってくるものだから」と語り、舞台上で重要な間の取り方との関係から、アドリブはコントにおいて必要不可欠であるとしている。また、アドリブについて「台本をやらないんじゃないんだよ。台本どおりやって外すんで、急遽それをカットして取っ替えるんです。でも、取っ替えてでもお客さんに笑ってもらわないと、衣装も小道具もみんな無駄になるし、見てるお客さんもつまらないですから」と語っており、コント演者...

    チャップリンとの面会

    萩本が「尊敬するコメディアン」としてチャールズ・チャップリンの名を挙げていたことから、1971年1月にフジテレビの番組企画で、当時スイスに隠棲していたチャップリンに面会している。実のところ、萩本は「世界で一番有名な人だから」という程度の意識で彼の名を出していたに過ぎず、このときはチャップリン映画も2本しか見たことがなかったという。 当時のチャップリンは、誰にも面会しないと言われており、企画した側も実現するかどうか危ぶんでいたが、萩本は「むしろそういう相手だからこそ会ってくれるだろう」とスイスに出かけた。萩本に与えられたスケジュールは4日間で、初日は予想通り警護の人間から「チャップリンはいないから会えない」と謝絶を受ける。翌日は車で帰宅するチャップリンと窓越しの対面を果たすが、邸内にはやはり入れなかった。3日目には、かつてチャップリンと関わりのあった人物からの「日本人、特に女性が好きなので女性を連れて行けば会えるだろう」とのアドバイスに基づき、土産の博多人形を携えていくが、マネージャーから「預かりはするが、日本からの客人が置いていったとだけ伝える」という冷たい対応を受ける。そして最...

    テレビ(単独での出演番組)

    1. スター誕生!(1971〜1980、司会、日本テレビ) 2. 女・おとこ(1971年10月21日〜11月18日、NETテレビ) 3. シークレット部隊(1972年4月7日、TBSテレビ/第1回)[注 7] 4. 日本一のおかあさん(1972〜1976、司会、TBSテレビ) 5. オールスター家族対抗歌合戦(1972〜1984、司会、フジテレビ) 6. シャボン玉ボンボン(1973年、日本テレビ) 7. 欽ドン!(1975〜1980、1981〜1986、フジテレビ) 7.1. 欽ちゃんのドンとやってみよう! 7.2. 欽ドン!良い子悪い子普通の子(おまけの子) 7.3. マイルド欽ドン! 7.4. 欽ドン!お友達テレビ 7.5. 欽ドン!ハッケヨーイ笑った! 8. 欽ちゃんのどこまでやるの!(1976〜1986、テレビ朝日※番組開始当時はNET) 9. 欽ちゃんのドーンと24時間(1977、フジテレビ) 10. 欽ちゃんの向こう三軒両隣(1977年、TBSテレビ) 11. 24時間テレビ 「愛は地球を救う」(1978〜1980年は総合司会、1981年〜1984年はチャリティーパ...

    ラジオ

    1. どちら様も欽ちゃんです(1972年4月〜1972年9月、ニッポン放送) 2. 欽ちゃんのドンといってみよう(1972年10月〜1979年4月、ニッポン放送) 3. ラジオ・チャリティー・ミュージックソン(パーソナリティとしては1975〜1985年、2008年、ニッポン放送) 4. 欽ちゃんのここからトコトン(1979年10月〜1984年3月のうち、ナイターオフ期間(10月〜3月)のみ、ニッポン放送) 5. ニュースワイド 欽ちゃんのもっぱらの評判(1987年10月〜1988年3月、ニッポン放送) 6. 欽ちゃんのドンといってみよう!野球盤(2007年10月〜2008年3月、ニッポン放送) 7. ミュージックメモリー(NHK-FM2008年5月18日・25日放送分でゲスト出演。) 8. 欽ちゃんのドンといってGO!GO!(2008年10月〜2009年3月、土・21:00〜21:30) 9. はかま満緒の話しのタネ(2010年3月8日・15日、ラジオ日本ゲスト) 10. ラジオ深夜便「萩本欽一の人間塾」(2014年4月 - 、月1回第3月曜日、NHKラジオ第1放送・NHK-FM...

    アニメ

    1. ウォレスとグルミット(ウォレス役 声の出演) 2. ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!(声の出演 2006年)

    著書

    1. 『欽ちゃんつんのめり』読売新聞社、1980。のち光文社文庫。 2. 『欽ちゃんどこまで書くの』毎日新聞社、1984。 3. 『欽ちゃんの愛の世界45 一日一話で幸せづくり』小学館、1984。 4. 『欽ちゃんのはにかみ人間学 どうしてオレってばかなんだろう』主婦と生活社、1984。 5. 『テレビに恋して20年 泣いて笑って、笑って泣いて…』日刊スポーツ出版社、1988。 6. 『「笑」ほど素敵な商売はない』福武書店、1993。のち文庫。 7. 『まだ運はあるか』大和書房、1999。 8. 『快話術 誰とでも心が通う日本語のしゃべり方』飛鳥新社、2000。『人生が楽しくなる気持ちのいい日本語』飛鳥新社ゴマ文庫、2008。 9. 『欽ちゃんの人生コントだよ!!』実業之日本社、2004。 10. 『人生にはチャンスが三度ある 成功する人の演出力』ビジネス社、2005。 11. 『ユーモアで行こう!』ロングセラーズ・ロング新書 男のVシリーズ、2006。 12. 『欽言力』萩本欽一編著、日本文芸社、2007。 13. 『なんでそーなるの! 萩本欽一自伝』日本文芸社、2007。のち...

    共編著

    1. 『欽ドン いってみようやってみよう』1-4編、集英社、1975-76。 1.1. 番組「欽ちゃんのドンといってみよう!」で紹介されたネタを収録した本。 2. 『欽ドン いってみようやってみよう』part5-6、萩本欽一&パジャマ党編、集英社、1976-78。 3. 『欽ちゃんのゲーム大革命』萩本欽一&パジャマ党編、双葉社、1977。 4. 『欽ちゃんのドンといってみよう』パジャマ党共編、集英社、モンキー文庫、1977。 5. 『とっておき十話』森光子、手塚治虫、木下恵介、正司歌江、増井光子、辻久子、大鵬幸喜共著、新日本出版社、1985。 6. 『小林信彦萩本欽一ふたりの笑タイム 名喜劇人たちの横顔・素顔・舞台裏』小林信彦共著、集英社、2014。 7. 『運がよくなる仏教の教え』千葉公慈共著、集英社、2016。

    連載

    1. 芸道54年 笑いと涙のドラマがいっぱい! 萩本欽一の「人生ってめぐり愛だよね」(『週刊アサヒ芸能』2013年7月11日号より) 2. 芸道54年 笑いと涙のドラマがいっぱい! 萩本欽一の「人生ってめぐり愛だよね」(『週刊アサヒ芸能』2013年7月11日号より)

    レコード

    1. 何処かにお前が/手のテーマ(1970年2月)‐映画「手」サウンドトラックより 2. あーねむいなあー(深夜放送の為のボサ・ノバ/君は小さな恋人(1970年9月)‐映画「俺は眠たかった」より 3. 山に登れば/今がチャンス(1972年9月) 4. 拝啓おかあさん/あんちくしょうの唄(1975年7月) 5. 妻は夫をいたわりつ/欽一・順子の子守唄(1978年5月)共演真屋順子‐テレビ朝日「欽ちゃんのどこまでやるの」より 6. 「欽ちゃんの」渡り鳥だよ/同カラオケ(1978年11月)‐フジテレビ「欽ちゃんのドンとやってみよう」より

    CD

    1. コント55号黄金時代(キング、KICS2183)

    パジャマ党は、萩本欽一の番組に関わる構成作家集団で、「欽ドン!」などのヒットにも貢献したブレーンでもある。構成員のうち、鶴間・大倉・益子・君塚の4名は次世代の集団として「サラダ党」と称していたこともある。萩本自身も「秋 房子(あき ふさし)」の筆名で番組構成にも関わっていた。 1. 大岩賞介 2. 永井準 3. 詩村博史 4. 鈴木しゅんじ 5. 鶴間政行 6. 大倉利晴 7. 益子強 8. 君塚良一(後に『ずっとあなたが好きだった』『踊る大捜査線』などの脚本を手がける) 秋 房子(あき ふさし)というペンネームについて「番組を女性が書いているものと思わせたかった」とテレビ朝日の開局記念番組である『超大ヒット人気番組ぜ〜んぶ見せます!スペシャル』内で語っていた。実際に視聴者から届いたハガキは女性と思っていた人が多かった。

  8. ガールズ&パンツァー - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ガールズ&パンツァー_最終章

    『ガールズ&パンツァー』(ガールズ アンド パンツァー [1]、GIRLS und PANZER [注釈 1] )は、アクタス制作による日本のオリジナル テレビアニメ作品、および、これを原作としたメディアミックス作品。2012年10月から12月までと2013年3月に放送された [注釈 ...

  9. 噂の刑事トミーとマツ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/噂の刑事トミーとマツ

    噂の刑事トミーとマツ ジャンル テレビドラマ 出演者 国広富之 松崎しげる 志穂美悦子 石井めぐみ 井川比佐志 清水章吾 石立鉄男 林隆三 他 製作 プロデューサー 春日千春、千原博司 (大映テレビ) 樋口祐三、野村清(TBS) 制作 TBS、大映テレビ 放送

  10. TIM (お笑いコンビ) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/TIM_(お笑いコンビ)
    • メンバー
    • 略歴
    • 脚注
    レッド 吉田(レッド よしだ、吉田 永憲(よしだ ながのり)、1965年10月30日 - ) 京都府出身。東山高等学校、佛教大学文学部卒。既婚で子供もいる。
    ゴルゴ 松本(ゴルゴ まつもと、本名:松本 政彦(まつもと まさひこ)、1967年4月17日 - ) 埼玉県出身。埼玉県立熊谷商業高等学校卒。既婚。
    レッドは3年夏の甲子園、ゴルゴは3年春の選抜にてベンチ入りした経験を持つ。それぞれ役者を目指して上京後、たまたまアパートで隣同士になったのをきっかけに意気投合し、1994年にコンビ結成。
    ネタはコントと一発ギャグが中心でそれぞれ持ちネタを持っている。舞台でコントを披露する際は、コントに互いの一発ギャグをネタに用いるなどしている。なお、コントと一発ギャグで人気が出たため、漫才は基本的に行っていない。
    TIMは「Time Is Money(時は金なり)」を略して名付けた。芸人としてのデビューは遅いため、「時間を大切にしたい」という思いが込められているらしい。
    先輩にあたる、ネプチューンやキャイ〜ンや雨上がり決死隊などにはタメ口で接している。本来は、許されることではないが、彼らとおぎやはぎは特別であると土田晃之は言っている。しかし、さまぁ〜ずには共に同い年であるのに何故か敬語で接している。ちなみに当初のコンビ名の表記は「T・I・M」だったが後に現在の表記になる。自己紹介の「俺たちTIM!!」を始め、「命」「火(メラメラ…)→炎」「ネ(しめすへん)+...
    ^ 『黄金ボキャブラ天国』1997年12月2日放送分。チャレンジャー紹介のナレーションより
    ^ 2013年6月以降は、ゴルゴのみ単独出演。2013年夏(2013年6月30日放送)で、レッドが2013年正月の成績不振のため戦力外通告。以降はゴルゴのみ出演で、レッドは一度も出演していない。
  11. 其他人也搜尋了
  1. 雙人代步車 相關
    廣告