Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 雙北疫情重災區 相關
    廣告
  1. 台湾における2019年コロナウイルス感染症の流行状況 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/台湾における2019年コロナ...

    台湾における2019年コロナウイルス感染症の流行状況では、台湾(ここでは中華民国が実効支配する台澎金馬を指す)における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行状況について述べる。

  2. 双極性障害 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/双極性障害
    • 症状と診断
    • 他の障害の併存と鑑別
    • 原因
    • 疫学
    • 治療
    • 子供の双極性障害
    • 支援
    • 歴史
    • 芸術的才能との関連
    • 研究

    双極性障害は、躁病を伴う双極I型障害(英: bipolar I disorder)と、軽躁病を伴う双極II型障害(英: bipolar II disorder)に区分される。躁病、または混合状態が1回認められれば、双極I型障害と診断される。抑うつと躁病と、これらの症状のない寛解期とをはさみながら循環することが多い。躁病あるいは抑うつから次のエピソードまでの間隔は平均して数年間である。また、躁病と抑うつの症状が混ざって出現する混合状態(混合性エピソード)が生じる場合もある。 一方で、双極II型障害では、抑うつと軽躁病のエピソードのみが認められる。軽躁病は、患者や家族には病気とは認識されにくいため、自覚的には反復性のうつ病であると考えている場合も多い。症例によっては特定の季節に再発を繰り返すこともある。抑うつから急に躁状態になること(躁転)はまれでなく、一晩のうちに躁転することもある。また1年のうちに4回以上の抑うつエピソード、躁病エピソードを繰り返すものを急速交代型(英: Rapid Cycler)と呼ぶ。 双極性障害の診断は専門家であってもしばしば困難である。とくに、純粋な単極性うつ病から、双極性障害を原因とした抑うつを鑑別することは困難である。若年発症では、最初のいくつかのエピソードは抑うつである可能性が高い。双極性障害の診断は躁病または軽躁病エピソードを必要とするため、多くの患者は最初の診断および治療ではうつ病とされていた。 双極性障害の患者には、なんらかのパーソナリティ障害が伴っているケースが高いことが、統計的に確立している。その中でも、境界性パーソナリティ障害を疾患にもつ患者の双極性障害の確率が高いとされている。双極性障害の研究の第一人者であるハゴップ・アキスカルは、はじめ抑うつ神経症、境界性パーソナリティ障害と気分障害に関する研究を行っていたが、双極性障害を限定的に定義する診断基準に疑問を持っていた。「三環系抗うつ薬で躁転を示す気分失調症は双極型とすべきである」「思春期前にも躁・軽躁エピソードが見られる」「双極性障害は社会的適応、対人関係、薬物乱用に影響する」など指摘。多くの症例を双極スペクトラム概念としてとらえる必要性があると説いた。それ以前にもクレペリンが双極性障害の様々な経過類型について記述しており、双極性障害を一元的にとらえていたとされる。

    正常な気分の変動では、悲しみや高揚はあるが著しい苦痛や機能障害はない。特に35歳以上で初めて発症した場合には、身体疾患や抗うつ薬、薬物の影響の可能性が念頭に入れられる。 躁病エピソードは素人でもわかるくらい分かりやすい。軽躁病エピソードしかない場合には双極II型障害であり、また軽躁病の期間が短いとか治療薬や薬物の影響があるとか、長く抑うつを呈していた人が正常な気分であるときに高揚とか変な感じを訴えたりもするため鑑別が難しく、家族歴が参考となることもある。 双極性障害では合併も多い。 双極II型の場合、50から60%の確率で並存が認められ[要出典]、2つ以上であることもまれではないという。並存として多いものには、アルコールや薬物依存症が約30%、過食症やむちゃ食い障害が13から25%、パーソナリティ障害(特に境界性パーソナリティ障害)が30から40%、パニック障害などの不安障害、などがある。その他としては、ブリケ症候群、月経前緊張症候群、注意欠陥・多動性障害 (ADHD) などもある。なお、双極性障害との鑑別がつきにくい疾患もある。 境界性パーソナリティ障害 (BPD) 1. 自殺未遂や対人関係の問題、気分の波や衝動性など、表面上の症状は似た点も多い。BPDは元来精神分析的な観点から定義されているが、診断基準上は行動面の特徴で診断するほかないため、判断を誤る可能性がある。見逃されやすい軽躁を確実に見極めることも重要である。アキスカルらは双極スペクトラムの患者がしばしばBPDと誤診されていると指摘した。士気低下 (Demoralization) による行動化によりBPDと診断されている可能性もある。また双極性障害の患者の約30%がBPDを合併しているとされ、パーソナリティ障害の合併率としては最も多く、次いで演技性、反社会性、自己愛性パーソナリティ障害と続く。双極II型などの双極素因者に安易に抗うつ薬や抗不安薬を投与し、“薬害性BPD”患者を作らないように注意する必要があるだろう。 自己愛性パーソナリティ障害 (NPD) 1. 自己愛性パーソナリティ障害は境界性パーソナリティ障害と同様に分裂(スプリッティング)が生じており、誇大的自己とそれを反転させた無価値な自己とを抱えている。現実が思う通りにならない事態に直面すると無価値な自己へと「転落」して深刻な抑うつを呈し、...

    双極性障害は遺伝要因の影響が強い。一卵性双生児の一致率は、サンプルサイズや診断基準によって多くの異なる報告があるが、40-80%程度である。双子研究から推定された遺伝率は、研究によって異なるが80%前後と高い値を示すものが多い(遺伝率は個体間の差異のうち遺伝によって説明できる割合のことで、親から子に遺伝する確率ではない)。 双極性障害は遺伝に関係するとされているが、I型からはI型が、II型からはII型が遺伝するため、I型とII型は別の遺伝子に起因するものであると言われている。 関連遺伝子を多数持ち、潜在的リスクのある人が、ストレスなどの外的要因にさらされた時に発生すると考えられ、統合失調症と同様に、ストレス脆弱モデルという概念で説明されうる。メンデルの法則に従わないこと、一卵性双生児であっても発症の有無は70%程度しか一致しないことなどから、遺伝病とはみなされない。遺伝要因があっても生活習慣で回避できる可能性はある。社会リズムを保つことや、薬物乱用、ストレスを避けることなどは意義があると考えられる。 双極性障害は、神経細胞の細胞内のカルシウムイオンの制御能が変調をきたしているとの説がある。リチウムイオンやバルプロ酸も、カルシウムシグナリングに影響し、作用する可能性も指摘されている。 しかし、はっきりとした原因や発病機構は分かっておらず、現在研究が進められている。 近年、グルタミン酸作動性神経伝達やミクログリアの異常が示唆されている。 2017年1月24日、藤田保健衛生大学や理化学研究所、東京大学、大阪大学など全国32の大学・施設・研究チームによる共同研究で、日本人の双極性障害に関連する遺伝子の存在を明らかにした。11番染色体にあるFADS遺伝子は血中脂質濃度に関わり、この遺伝子中の特定配列をもつ人は発症リスクが1.18倍にもなるという。また白色人種を対象とした研究では先の研究結果を分析し、発症に関わっているとみられる別の遺伝子などもみつかっている。海外では2016年末時点までに双極性障害のリスクとなる遺伝子配列は20種弱特定されているという。

    双極性障害は世界で6番目に増加しつつある疾患であり、生涯有病率は3%である。生涯有病率は、米国ではおよそ4%、英国ではI型が成人の1%、II型が0.4%ほどであった。日本では、生涯有病率は約0.2%とかなり低い。この生涯有病率の国別での違いは、人種の違いや環境要因などによる可能性のほか、研究方法の問題点(回収率など)、診断の困難さ、国家間による双極性障害の治療のレベルの差の関与も考えられ、未だ結論は得られていない。うつ病と違い、明確な男女差はみられない。 双極II型に関しては定義が曖昧であることもあり、データにはばらつきがある。これらの地域差は、面接の仕方や参加者の偏りなどによりバイアスがかかった結果である可能性もあるが、遺伝的要因、環境因である可能性も捨てきれず、今後の研究が待たれる。 自殺リスクが高く、20年後の自殺率は6%以上で生涯では10%以上、自傷は30%から40%のケースで起こっている。

    躁・うつの再発を予防するための気分安定薬を中心とした薬物療法と、再発をコントロールしたり再発の兆候をモニターするなどの心理教育や、対人関係のストレスへの対処や社会リズムを一定に保つことを目指している対人関係社会リズム療法 (IPSRT) などの心理社会的治療が治療の両輪となる。定期的なフォローアップが必要とされる。再発率が高いため、生涯にわたっての予防とコントロールが必要である。

    初回の発病は15-19歳からであり、12歳以下は稀と言われている。小児期における双極性障害の発生率は1 - 5%程度とみられているが、数値の正確性も含め、様々な議論や研究が行われている。こうした症例は、突然に衝動性、攻撃性を示す一方、そのような状態を示す時以外は持続的に不快気分を示す時が多く、双極I型障害、双極II型障害の診断基準を満たさないことから、「特定不能の双極性障害」「非定型双極性障害」と診断される場合が多い。DSM-IVのアレン・フランセス編纂委員長は、DSM-IV発表以降、米国で小児双極性障害が40倍[注 1]に増加したことについて、「育児上の問題、子どもの発達の問題すべてが双極性障害の証拠として解釈されてしまいました」「多くの子どもが幼い年齢であっても高用量の薬を処方されていて、子どもたちには非常に有害です」と述べている。アメリカ精神医学会が定めるガイドラインであるDSM-5のドラフトでは、こうした問題に対応するため、新たに「重篤気分調節症」という診断基準が提案されている(なお、DSM-5ドラフトでは、当初「Temper Dysregulation Disorder with Dysphoria」(神経不安を伴う気分調節障害)という診断名が提案されたが、パブリックコメントの募集の後、上記のように変更された)。 DSM-5では、重篤気分調節症 (DMDD) は抑うつ障害群の章に記載されている。 アレン・フランセスは、重篤気分調節症の診断名を使用しないよう推奨する。子供の双極性障害の診断を受けた例では、ほとんどの場合が躁とうつの循環ではなくエピソードではないかんしゃくなどを起こしているのみであり、そのような見解を裏付ける検証はなされておらず、製薬会社から支援を受けた「指導的な研究者や医師」が型にとらわれないように診断するよう促したことがあるが、正常な範囲であることもあり、また従来からよく使われた診断に伴った治療法の方が合っている可能性がある。診断名がレッテルとなったり、何かを諦めることにつながったり、保険に入るのが難しくなったり、子供の人生を歪めることもあり、またとりわけ肥満や糖尿病のリスクを増加させる可能性のある不適切な抗精神病薬の使用は控えることを推奨している。

    障害の程度などに応じて、精神障害者保健福祉手帳2級ないし3級の取得が可能である。また、精神障害者自立支援による医療費負担の1割への低減、市町村による精神障害者医療費負担減免などの支援が受けられる。他に病院・診療所のデイケア(復職支援を行うリワークなど)がある。リワークについては、高齢者・障害者・求職者職業センターも実施している。なお、患者当事者達による自助会も各地で頻繁に行われている。

    躁状態とうつ状態が同一の患者に現れるという双極性障害の概念は、1850年代のフランスやドイツなどのヨーロッパで確立され、当時は循環精神病、気分循環症、重複精神病などと呼ばれた。1899年、エミール・クレペリンは、躁とうつという両極の症状が現れることよりもその周期性を重視し、単極性うつ病(うつ病)を双極性うつ病に含め、これらを躁うつ病 (manic-depressive illness) と命名した。しかしその後1960年代になると、AngstやCarlo Perrisらの臨床研究によって、うつ病と躁うつ病は異なる疾患であると考えられるようになり、さらに1970年代に、アメリカのDunnerらが双極性障害の中でもそれぞれ異なる経過をたどる患者がいるとして、双極I型障害、双極II型障害などを定義づけ、遺伝研究などから、II型はI型のたんなる軽症型ではなく異なるカテゴリーに属すると考えた。 一方、クレペリンの躁うつ一元論の影響を受けたアキスカルは、抑うつ神経症の20%の患者が双極性障害の経過をたどっていることを見出し、うつ病と思われている症例の中に、躁状態が軽微であるために見過ごされているケースがあることを指摘。双極性障害の概念を拡張し、1983年により広義の双極スペクトラムを提唱するに至った。2005年5月、文部科学省科学技術政策研究所の第8回デルファイ調査報告書によると2020年迄に双極性障害の原因が分子レベルで解明されると予測している。 DSM-IVのアレン・フランセス編纂委員長は、双極性障害に分類されれば副作用の危険性のある治療が行われ、うつ病と診断されれば抗うつ薬を投与され躁病を誘発しかねないという、その間に、DSM-IVに双極II型障害を設けた方が安全な治療が行われるだろうと判断した一方で、製薬会社はかすかな気分の高揚に双極性障害を疑うという積極的なキャンペーンを開始し、誤診され不要な薬を処方される事態も引き起こした。アレン・フランセスは「双極II型を診断基準に追加したのは、患者さんを抗うつ薬による医原性の弊害から守るためでした」と述べている。DSM-IV発表以降、アメリカ合衆国では双極性障害が2倍に増加している。急増は日本も同様である。

    多くの芸術家が双極性障害であったとされている。病跡学の観点から関心が持たれ、双極性障害と創造性についてたびたび議論されている。2005年に行われた調査では、双極性障害の親を持つ子供は、創造性のテストで他の群より高得点であったとの報告もある。2006年のスタンフォード大学の調査では、双極性障害の患者は創造性が高かったとの結果が出ている。しかしそうでない結果もあり、双極性障害と創造性の関係性を示す根拠にはならなかった。また、全米作家協会のメンバーに行った調査では、作家に有意に多かったとの報告もあるが、サンプル数が少なく根拠を示すには確実ではないとされる。イギリスでは、著名人が双極性障害を告白したことや、テレビの特集などを通じて双極性障害の認知度が高まっていることにより、安易に自己診断する人が増えているという。同国のダイアナ・チャン博士とレスター・シアリング博士は、BBCの番組に対し、「精神疾患の比較的穏やかな側面が描かれており、暴力などのリスクとの強い結びつきについてはほとんど言及されていない」と注意を促している。その他有名人の双極性障害では、画家ではミケランジェロ、ゴッホ、作家ではゲーテ、スウィフト、マルキ・ド・サド、バルザック、ディケンズ、トルストイ、メルヴィル、ジャン・ジュネ、ヴァージニア・ウルフ、ヘミングウェイ、ケルアック、哲学者ではキェルケゴール、ニーチェ、政治家ではニキータ・フルシチョフやウィンストン・チャーチル、音楽家ではベートーヴェン、シューマン、ブライアン・ウィルソン、ニルヴァーナのカート・コバーン、ガンズアンドローゼズのアクセル・ローズ、俳優ではヴィヴィアン・リー、ジャン=クロード・ヴァン・ダム、リンダ・ハミルトン、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、デミ・ロヴァートなどが知られている。日本人では作家の太宰治、宮沢賢治、夏目漱石(但し一般的には神経衰弱とされていて、他に統合失調症など諸説がある)、坂口安吾、遠藤周作、北杜夫、開高健、中島らも、絲山秋子、諏訪哲史が知られており、他にミュージシャンで俳優の玉置浩二、俳優の田宮二郎、タレントの泰葉、書誌学者の谷沢永一、現代美術家の大山結子、作家で建築家の坂口恭平もいる。なお近年になって双極性障害の当事者アーチスト達による創作活動も活発化している。ゲーテは、クレッチマーやメビウス(英語版)によって双極性障害だ...

    不安症状を伴う場合
    早期診断と治療
    鍼治療
  3. 文禄・慶長の役 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/文禄・慶長の役

    文禄の役 文禄の役『釜山鎮殉節図』 [注 1]。釜山鎮城攻略の様子で左に密集しているのは上陸した日本の軍船。 戦争:文禄の役 年月日:天正20年4月13日(1592年 5月24日)-文禄2年7月9日(1593年 8月5日) 場所:朝鮮半島全域、満州・豆満江一帯 ...

  4. 漢文教育用基礎漢字 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/漢文教育用基礎漢字

    漢文教育用基礎漢字(かんぶんきょういくようきそかんじ)は、朴正煕政権時代の大韓民国政府文教部が1972年に制定した漢字の集合。 日本の教育漢字(学習漢字)に相当 [要出典]。 漢文学習に用いる漢字として、中学校・高等学校でそれぞれ900字、計1800字を学習する。

  5. 岡山県指定文化財一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/岡山県指定文化財一覧...
    • 有形文化財
    • 無形文化財
    • 民俗文化財
    • 記念物

    建造物

    1. 今村宮本殿〔岡山市北区今〕 1955年3月18日指定 ※今村宮 2. 慈眼庵址宝篋印塔〔久米南町峠 〕 1955年3月18日指定 3. 大光院の康永四年法華題目石〔岡山市中区円山〕 1955年7月19日指定 ※大光院 4. 岩屋の皇の墓〔総社市奥坂〕 1955年7月19日指定 ※観音院 5. 清水寺平清盛供養塔〔吉備中央町湯山〕 1955年7月19日指定 ※清水寺 6. 安住院多宝塔〔岡山市中区国富〕 1956年4月1日指定 ※安住院 7. 安住院仁王門〔岡山市中区国富〕 1956年4月1日指定 ※安住院 8. 金山寺護摩堂〔岡山市北区金山寺〕 1956年4月1日指定 ※金山寺 9. 旧足守藩侍屋敷遺構 (三棟)〔岡山市北区足守〕 1956年4月1日指定 ※岡山市 10. 蓮台寺客殿 附 釣屋、御成門、浴室、手洗所〔倉敷市児島由加〕 1956年4月1日指定 ※蓮台寺 11. 蓮台寺多宝塔〔倉敷市児島由加〕 1956年4月1日指定 ※蓮台寺 12. 石造熊野道の延命地蔵坐像〔倉敷市福江〕 1956年4月1日指定 ※宝寿院 13. 満願寺宝篋印塔〔倉敷市真備町辻田〕 1956年...

    絵画

    1. 繍帳阿弥陀三尊来迎図〔久米南町里方〕 1955年3月18日指定 ※誕生寺 2. 絹本著色十三仏図〔岡山市北区後楽園〕 1959年3月27日指定 ※岡山県立博物館 3. 絹本著色開山別峰国師頂相〔岡山市北区庭瀬〕 1959年3月27日指定 ※松林寺 4. 絹本墨画不動明王二童子像〔玉野市田井〕 1960年4月26日指定 ※蓮華庵 5. 若宮八幡宮欧風絵馬〔瀬戸内市邑久町尻海〕 1960年4月26日指定 ※若宮八幡宮 6. 菊慈童図屏風(六曲一雙)〔倉敷市児島由加〕 1960年8月23日指定 ※蓮台寺 7. 絹本著色両界曼荼羅図(二幅)〔笠岡市走出〕 1962年4月3日指定 ※持宝院 8. 紙本淡彩世界図屏風(六曲一双)〔岡山市北区御津金川〕 1964年5月6日指定 ※妙覚寺 9. 紙本著色金陵山古本縁起(西大寺縁起)(二帖 附一帖)〔岡山市東区西大寺中〕 1971年6月18日指定 ※西大寺 10. 紙本墨画清明上河図巻〔岡山市北区御津金川〕 1972年4月21日指定 ※妙覚寺 11. 妙向尼画像 附 妙向尼消息〔津山市〕 1975年6月13日指定 12. 絹本著色普賢菩薩像...

    彫刻

    1. 不動明王立像〔井原市芳井町吉井〕 1955年7月19日指定 ※成福寺 2. 木造薬師如来坐像〔総社市三須〕 1955年7月19日指定 ※明光寺 3. 木造地蔵菩薩立像〔総社市上林〕 1955年7月19日指定 ※備中国分寺 4. 清水寺仁王尊(二躯)〔真庭市関〕 1956年4月1日指定 ※清水寺 5. 銅造聖観音立像(新羅様式)〔真庭市美甘〕 1956年4月1日指定 ※竹元寺 6. 木造十一面観音立像〔倉敷市林〕 1956年7月3日指定 ※五流尊瀧院 7. 木造千手観音立像〔井原市門田町〕 1956年7月3日指定 ※金剛福寺 8. 木造十一面観音立像〔井原市高屋町〕 1956年7月3日指定 ※高山寺 9. 木造伝薬師如来坐像〔井原市西江原町〕 1956年7月3日指定 ※法泉寺 10. 木造十一面観音立像〔鏡野町中谷〕 1956年7月3日指定 ※弘秀寺 11. 木造阿弥陀如来立像〔岡山市北区川入〕 1959年3月27日指定 ※真如院 12. 木造聖観音立像〔倉敷市西阿知町〕 1959年3月27日指定 ※遍照院 13. 木造清涼寺様釈迦像〔久米南町里方〕 1959年3月27日指定...

    工芸技術

    1. 特殊花莚の製作技術 1959年3月27日指定 2. 備前焼製作技術 1980年4月8日指定 3. 金工(刀身彫刻) 1995年4月7日指定 4. 漆芸 1995年4月7日指定 5. 木工芸 1995年4月7日指定 6. 刀剣製作技術 1997年3月25日指定 7. 手漉和紙 2004年3月12日指定 8. 虫明焼制作技術 2011年3月4日指定

    有形民俗文化財

    1. 松神神社歌舞伎舞台〔奈義町中島東〕 1963年4月12日指定 ※松神神社 2. 津山だんじり(二十八基)〔津山市小田中・伏見町他〕 1968年4月19日指定 ※津山まつり 3. 絵馬・おかげ参りの図〔瀬戸内市牛窓町牛窓〕 1972年12月9日指定 ※牛窓神社 4. 八幡神社の歌舞伎舞台〔美咲町大垪和西〕 1976年3月27日指定 ※八幡神社 5. かしき網漁法コレクション(八十七点)〔岡山市北区後楽園〕 1978年4月14日指定 ※岡山県立博物館 6. 笠岡港の力石(十六個) 附 沖仲仕の法被・褌(各二点)〔笠岡市笠岡〕 1983年4月8日指定 ※笠岡市 7. 児島湾漁撈回漕図〔岡山市南区妹尾〕 1985年4月2日指定 ※御前神社 8. 牛窓だんじり(八基)〔瀬戸内市牛窓町鹿忍〕 1987年4月3日指定 9. 笠加熊野比丘尼関係資料(一括)〔瀬戸内市邑久町下笠加〕 1990年4月3日指定

    無形民俗文化財

    1. 誕生寺二十五菩薩練供養〔久米南町里方〕 1955年3月18日指定 2. 吉川八幡宮当番祭〔吉備中央町吉川〕 1955年3月18日指定 3. 川合神社夏祭のだし〔吉備中央町湯山〕 1955年7月19日指定 4. バンバ踊〔久米南町仏教寺〕 1956年4月17日指定 5. 志呂神社御供〔岡山市北区建部町下神目(御供調製:久米南町京尾)〕 1957年5月13日指定 6. 弘法寺練供養〔瀬戸内市牛窓町千手〕 1957年5月13日指定 7. 高田神社獅子舞〔津山市上横野〕 1957年5月21日指定 8. 西大寺の会陽(観音院)〔岡山市東区西大寺〕 1959年3月27日指定 9. 宮内踊〔岡山市北区吉備津〕 1959年3月27日指定 10. 加茂大祭(総社宮)〔吉備中央町加茂市場〕 1959年3月27日指定 11. 太刀踊(御霊神社)〔瀬戸内市牛窓町牛窓綾浦〕 1960年8月23日指定 12. 唐子踊(疫神社)〔瀬戸内市牛窓町牛窓紺浦〕 1960年8月23日指定 13. 吉念仏踊(法福寺)〔真庭市吉〕 1961年7月25日指定 14. 布施神社のお田植祭〔鏡野町富西谷〕 1962年4月...

    史跡

    1. 撫川城跡(芝場城跡)〔岡山市北区撫川〕 1957年5月13日指定 ※岡山市他 2. 野田山遺跡〔新見市哲多町成松〕 1957年5月13日指定 ※新見市 3. 南方前池遺跡〔赤磐市南方〕 1957年5月13日指定 ※赤磐市 4. 徳倉城跡〔岡山市北区御津河内〕 1958年4月10日指定 ※岡山市 5. 備前国庁跡〔岡山市中区国府市場〕 1959年3月27日指定 ※岡山市 6. 浄土寺〔岡山市中区湯迫〕 1959年3月27日指定 ※浄土寺 7. 倉安川吉井水門〔岡山市東区吉井〕 1959年3月27日指定 ※岡山市 8. 伝賀陽氏館跡〔岡山市北区川入〕 1959年3月27日指定 9. 坂古田古墳〔岡山市北区平山〕 1959年3月27日指定 ※岡山県他 10. 緒方洪庵誕生地〔岡山市北区足守〕 1959年3月27日指定 ※岡山市 11. 木下利玄生家〔岡山市北区足守〕 1959年3月27日指定 ※岡山市 12. 松田元成及び大村盛恒墓所〔岡山市東区瀬戸町塩納〕 1959年3月27日指定 ※岡山市 13. 王墓山古墳〔倉敷市庄新町〕 1959年3月27日指定 ※倉敷市 14. 八高廃...

    名勝

    1. 道祖渓〔井原市西江原町〕 1955年7月19日指定 ※井原市 2. 天神峡〔井原市芳井町吉井〕 1956年4月1日指定 ※井原市 3. 弥高山〔高梁市川上町高山〕 1957年5月13日指定 ※高梁市 4. 近水園〔岡山市北区足守〕 1959年3月27日指定 ※岡山市 5. 円通寺公園〔倉敷市玉島柏島〕 1959年3月27日指定 ※円通寺 6. 大通寺庭園〔矢掛町小林〕 2001年3月23日指定 ※大通寺

    天然記念物

    1. 成羽の化石層〔高梁市成羽町成羽 井原市美星町明治〕 1955年7月19日指定 2. 枝の不整合〔高梁市成羽町成羽〕 1955年7月19日指定 3. 藍坪〔高梁市川上町上大竹〕 1955年7月19日指定 4. 栗原の四本柳〔真庭市栗原〕 1955年7月19日指定 ※真庭市 5. 宗堂の桜〔岡山市瀬戸町宗堂〕 1956年4月1日指定 6. 阿知の藤〔倉敷市本町〕 1956年4月1日指定 ※阿智神社 7. 浪形岩〔井原市野上町〕 1956年4月1日指定 ※千手院 8. 穴門山の社叢〔高梁市川上町高山市〕 1956年4月1日指定 ※穴門山神社 9. 黒岩の山桜〔真庭市蒜山東茅部〕 1956年4月1日指定 ※真庭市 10. 黄金杉〔真庭市蒜山下長田〕 1956年4月1日指定 ※真庭市 11. 枝垂栗自生地(二カ所)〔新庄村戸島〕 1956年4月1日指定 ※新庄村 12. 大野の整合〔鏡野町竹田〕 1956年4月1日指定 ※鏡野町 13. 八丁畷の準平原面〔吉備中央町吉川〕 1956年4月1日指定 ※吉備中央町 14. 真鍋大島のイヌグス〔笠岡市真鍋島前大島〕 1957年5月13日指定...

  6. JIS X 0213漢字一覧の1面 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/JIS_X_0213漢字一覧の1面

    JIS X 0213漢字一覧(ジス エックス 0213かんじいちらん)は、JIS X 0213:2004で規定された漢字の一覧(1面14区-2面94区)である。 該当文字および規格で示された面 区 点、Shift_JIS-2004、Unicodeのコード位置および規格に記載された日本語通用名称を示す。 ここ ...

  7. 常用漢字一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/常用漢字表

    常用漢字一覧(じょうようかんじいちらん) 常用漢字は2136字。下表の配列は常用漢字表(平成22年内閣告示第2号)に準じる。 学年の数字は、小学校学習指導要領(2017年3月告示)の学年別漢字配当表において配当されている学年を示す。 Sは中学校以降で習うことを ...

  1. 雙北疫情重災區 相關
    廣告