Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 頂樓隔熱 相關
    廣告
  1. 日独戦争 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/日独戦争

    青島での戦闘の詳細については青島戦いを参照。 ドイツ海軍の太平洋での戦いについては東洋艦隊 (ドイツ)を参照。 参考文献 斎藤聖二『日独青島戦争』(ゆまに書房、2001年) ISBN 4-87802-058-X 関連項目 膠州湾租借地 第一次世界大戦下の日本 ...

  2. 伊土戦争 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/イタリア・トルコ戦争
    • 背景
    • 勃発
    • 講和
    • 波長と世界大戦の予兆
    • 脚注

    北アフリカに対するイタリア王国とオスマン帝国の係争は、露土戦争終結後に開催された1878年のベルリン会議での議論に遡る事ができる。バルカン諸国のオスマン帝国からの解放が決定された同会議で、フランス共和国はイギリス帝国のキプロス占領を認める代わりに、モロッコ地方とチュニジア占領を認めさせた。これについてチュニジアに権益を持っていたイタリアが反対すると、フランスは「代わりに隣のトリポリタニアを占領すればよい」と誘いをかけた。1902年までイタリアとフランスはアフリカにおける協力と中立の保障に関する協定を交わした(仏伊協商)。 また、同年にイギリスもトリポリタニアの地位変更に関係なく、現地でイタリアの理解関係に従うことを保証してくれた。このような外交的措置は、三国同盟に対するイタリアの連帯感を緩めて英国とフランスがアフリカで主要競争国と見なしていたドイツを牽制するための意図だった。さらに1909年、ロシアとのラコニギ協定を通じて、イタリアはボスポラス海峡に対するロシアの政策を支持する条件でトリポリやキレナイカでの権益を認められ、三国協商諸国の支持を確保することに成功した。ただし内政に重点を置いた事情から、しばらく同地域への進出は宙に浮いたままになっていた。 1905年と1911年の2度にわたるモロッコ危機が発生すると、これに刺激されたイタリア国内の世論もトリポリタニアを征服すべきだという膨張主義に傾倒した。すでに1908年にイタリアの植民庁が中央植民省に格上げされたのは、政府もアフリカ問題を次第に重視するという信号だった。それでもイタリア政府は「オスマン帝国の解体を助長してはならない」という原則を守ろうとした。ジョヴァンニ・ジョリッティ首相はアルバニアと関連した様々な争点でオスマン帝国に強硬な立場を取るよう要求を拒否してきたが、1911年春にアガディール事件が触発されたことをきっかけに状況が一変した。 同じ時期にイタリアの報道機関は盛んにトリポリタニアが豊かな土地であるという報道を行った。トリポリタニアは鉱物が豊富でよく灌漑されており、オスマン帝国軍は数千人しか駐屯していないと喧伝された。また現地の住民はトルコ人に敵対的であり、侵攻は「散歩にすぎない」と宣伝された。移住民を定着させる肥沃な新しい領土と商品市場が必要だという風説が流行し、経済的不況の中で民衆は植民地の...

    沿岸部占領

    開戦当日よりイオニア海域に出動したイタリア王立海軍はプレヴェザ沖でオスマン海軍の水雷艇を迎撃して機先を制し、敵の輸送路を遮断させた。主な戦場となるアフリカに視線を向けたイタリア軍は上陸準備を完了するまでの間、まずトリポリ港の封鎖を実施、10月3日午後に攻略に着手した。この時に先遣隊として揚陸された海兵部隊はたちまち駐屯していたオスマン軍を撃退し、48時間ぶりにトリポリを占領した。 戦前の喧伝通り、オスマン軍の正規軍は数千名しか展開していなかった。加えて援軍を送るためのルートは海路しかなかったが、優勢なイタリア海軍を恐れてオスマン海軍は消極的な行動に終始した。従ってオスマン軍は新しい司令官や将校などを派遣する時ですら、欧州の中立国を通じて移動するという手段をとった。現地司令官はどうにか戦力を増加させるべく、異教徒への敵愾心を持つ現地兵を軍に加わらせた。 対するイタリア軍も10月10日に2万名の第一次遠征軍をトリポリタニア・キレナイカの主要拠点に揚陸させた。戦闘でトリポリ・トブルク・デルナ・ベンガジなど両地域の沿岸部を占領した。イタリア陸軍は先進的な装備で敵を圧倒したが、その中には空...

    内陸部での塹壕戦

    沿岸部を征服して残る内陸部フェザーンに迫るイタリア陸軍に対し、オスマン軍は強固な防衛線と遅延戦術によって戦局を膠着化させようとした。この戦いでは後のトルコ革命の英雄となるムスタファ・ケマルが途中で参加しており、総司令官エンヴェルと対立しながらも、1911年にトブルクでの破壊工作を指揮して功績を挙げている。 既にオスマン軍が2万8000名にまで膨れ上がっていた事もあり、膠着を嫌ったイタリアは第二次遠征軍を派遣して兵員を一挙に10万名へ拡大した。しかし遅延戦術を根本的に打開する手段にはならず、両軍の戦いは砂漠地帯での塹壕戦に移行していった。トリポリタニア現地の都市らはインフラが不備で小さすぎるため、イタリア遠征軍の全体をまともに収容することさえできなかった。しかも西欧式に武装・訓練されたイタリア兵士が砂漠のゲリラに慣れていない難点もあった。この点を意識したイタリア軍の指揮部は沿岸部を要塞化し、持続的な普及と整備をもとに持久戦に臨む方針を立てた。 1912年3月3日、停滞した塹壕戦でエンヴェル将軍は主用拠点の一つデルナに対して1500名の兵士を派遣したが、より少ないイタリア陸軍の守備隊...

    イタリア海軍の活躍と戦争終結

    イタリア軍は海軍優位を生かし、内陸部遠征への援護としてオスマン帝国本土に対する攻撃を多方面で敢行した。1912年1月7日、紅海沿岸を巡察していたイタリア海軍はアラビア半島の港町クンフダーを攻撃し、7隻の古いオスマン軍船を撃沈させた。続いて2月24日にはジュゼッペ・ガリバルディ級装甲巡洋艦「フランチェスコ・フェルッキオ」と「ジュゼッペ・ガリバルディ」がレバノンのベイルート港に突入、応戦したオスマン海軍の装甲艦「アヴニッラー」と水雷艇「アンカラ」を撃沈する一方的な勝利を収めた(ベイルート海戦)。オスマン海軍を殲滅した後、損害のなかったイタリア海軍はベイルート市街地を砲撃で徹底的に破壊して帰還した。 敗戦はオスマン海軍の弱体さを示すと共に、東地中海の制海権が完全に失われた事を示した。イタリアはエリトリア駐屯軍を増強して東西からオスマンの北アフリカ領を圧迫することができるようになった。また4月以来、イタリア海軍はエーゲ海にまで足を伸ばしてダーダネルス海峡の封鎖により首都イスタンブールを砲撃したり、ドデカネス諸島とロドス島を占領するなど本土周辺を自国近海のように自由に行動した。7月にイタリ...

    1912年10月18日、オスマン帝国はローザンヌで開かれた講和会議でイタリア側の要求の大部分を認める条約に署名した。これにより約1年間に亘って続いた同戦争は、オスマン帝国のイタリア王国に対する敗北という形で終結を見た。講和案は以下の通りとなった。 1. オスマン皇帝はトリポリタニア・フェザーン・キレナイカの宗主権をイタリア国王に譲渡する 2. トブルクとベンガジの太守制度については形式的に維持されるが、太守任命はイタリア国王の裁可を必要とする 3. また太守の給与はオスマン帝国が全額負担する 4. ドデカネス諸島とロドス島は条約履行後に返却する 第一次世界大戦で再び両国は敵対した為、ドデカネス諸島はイタリアの軍事占領下に置かれた。1920年、中央同盟に加わっていたオスマン帝国が敗戦により解体されると、イタリアは戦勝国としてイギリス・フランス及びギリシャ王国と共にアナトリアを分割占領(イタリアが担当した領域は北西部であった)を行った。その後、セーヴル条約でアナトリアの植民化と東ローマ帝国を継承しようとしたギリシャの旧領回復が決定する。アナトリア北西部の植民化と引き換えにイタリアはドデカネス諸島をギリシャに渡す予定になっていた。 しかしセーヴル条約に反対する大規模な反乱が起こり、ギリシャの大遠征軍がムスタファ・ケマルに組織された革命軍に大敗を喫する事件が起きる(希土戦争)。イタリアは他の戦勝国同様にギリシャに見切りをつけ、新たにケマルの革命政府に対するアナトリア返還を決める。1923年、第二次ローザンヌ会議でイタリア王国はトルコ共和国を承認、トルコ共和国は返礼としてドデカネス諸島を割譲した。

    1924年、セルビアの外交官ミロスラフ・スパライコビッチはバルカン紛争と第一次世界大戦に帰結された過程を振り返りながら、大戦前に国際体制の危機をもたらした最初の事件として伊土戦争を挙げた。イギリスの影響圏に入ったエジプトやフランスの保護領になったモロッコとは違って、トリポリタニアはバルカン半島と同様、オスマン帝国の核心領土だった。クリミア戦争以来、オスマン帝国の主権と領土を保全してきた列強の暗黙的な協力は伊土戦争が勃発した時点で、無用の長物に転落したことが明らかになった。 1907年に英露協商が締結された後も、イギリスはボスポラス海峡を経由して地中海へ進出しようとするロシアの試みを牽制した。でもロシアとともにオスマン帝国の崩壊を促すようなイタリアのトリポリ侵攻を支持したことは、それだけで欧州の勢力均衡に重大な転換が起きた事実を意味した。イタリアがトリポリタニアと東地中海でオスマン軍を敗退させた事態の推移を見守ったバルカン諸国はオスマン帝国と戦うに値するという勇気を得た。第一次バルカン戦争によってオスマン勢力が欧州大陸から放逐された結果、巨大な地政学的空白が伴った。奪取した旧オスマン領土の分配をめぐって起こったバルカン同盟内の紛糾は第二次バルカン戦争に飛び火され、ここで敗北して威信が傷つけられたブルガリアの代わりにセルビアがバルカン諸国の盟主として浮上、ロシアの庇護を受け始めた。 セルビアとロシアの連帯は大セルビア主義を煽ることと相まって、東方問題に関するオーストリア=ハンガリーの外交政策に取り返しのつかない衝撃を与えた。こんな構図は東方問題において主導権競争のためにまいど対立してきたオーストリア=ハンガリーとロシアの関係を一層悪化させ、大変動の中でバルカン情勢の不確実性が極度に増幅した。これほど高まった緊張は、1914年サラエボ事件と7月危機の局面でバルカン紛争を越え、従来の三国協商及び三国同盟にそれぞれ連動した列強の連鎖反応を引き起こし、これによって国際体制が瓦解され、ついに世界大戦へ突き進んだのだ。スパライコビッチによると、第一次世界大戦にまでつながったすべての事件は、イタリアのトリポリタニア侵攻から進展したものに過ぎなかった。

    • オスマン帝国軍, 兵員4800名~8000名, サヌーシー教団, 民兵2万名, 合計: 2万8000名
    • オスマン帝国, サヌーシー教団
    • 死傷者2万名, 装甲艦1隻撃沈, 水雷艇2隻撃沈
  3. 岳陽楼 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/岳陽楼

    元代 の 夏永 ( 英語版 ) が描いた岳陽楼. 岳陽楼 (がくようろう、 簡体字中国語: 岳阳楼 、 繁体字中国語: 岳陽樓 、 拼音: Yuèyáng Lóu )は 中国 湖南省 岳陽市 にある 楼閣 。. 洞庭湖 の東北岸に建つ、高さ20.35メートルの 三層の 木造建築 であり、眼下に ...

  4. 第一次アルトワ会戦 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/第一次アルトワ会戦

    第一次アルトワ会戦(英語: First Battle of Artois )は第一次世界大戦中の1914年 12月17日から1915年 1月13日にかけて、フランスとドイツ軍が西部戦線で行った戦闘。 戦闘は1914年11月の 第一次イーペル会戦 (英語版) の後、西部戦線におけるはじめての攻勢で ...

  5. 青島要塞爆撃命令 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/青島要塞爆撃命令
    • 解説
    • あらすじ
    • スタッフ
    • 出演者
    • 外部リンク

    日本映画としては珍しく、第一次世界大戦を扱った作品。青島の戦いを題材に、日本初の海軍航空隊としてドイツ軍に立ち向かった若者たちを描く。従来の戦争映画のような悲劇性は抑えられ、スパイ活劇として描かれている。 劇中のドイツ兵のセリフは、画面の隅に並ぶ通常の日本語字幕に加え、画面いっぱいに「敵は勇敢だ!」「底抜けに勇敢だ!」といった手書きの字幕が広がるなど、他の作品には見られない演出がなされている。

    今から49年前、バルカン半島に端を発した第一次世界大戦の影響は、遠く極東にも及ぶこととなった。ドイツが中国の膠州湾一帯を租借地にしており、青島をアジア侵出への拠点としたからだ。日本は日英同盟から連合国として参戦を要求され、青島攻略の主力として立ち向かう。だがビスマルク要塞には巨大砲台が設置され、日本海軍が誇る連合艦隊ですらも接近は難しく、攻略は困難を極める。そんな折、連合艦隊・加藤定吉長官によって急遽白羽の矢が立てられたのは、「追浜海軍航空術研究所」に駐屯する、まだ黎明期の飛行隊だった。その部隊も、編成は2機のファルマン水上機と大杉少佐以下、飛行機に乗ったことのない庄司を含むパイロットが計5名のみ。だが部隊の存続を掛け、大杉は出撃を決意する。大正3年9月下旬、甲板に複葉機を積載した輸送艦・若宮丸は世界初の航空母艦となり、一路青島を目指した。 そしてついに要塞に対する初の出撃のときが来た。大杉・国井が乗るモ式水上機は爆弾が間に合わず、煉瓦や五寸釘を搭載しながらも、若宮丸乗組員の熱烈な送別を背に発進した。エアポケットに嵌り、国井が切れたワイヤを翼上で繋ぎながら、何とか敵の頭上から煉瓦や五寸釘を投下し、要塞の偵察を行なう。しかしそこへ敵のタウベが飛来。機関銃で武装するタウベに対し、モ式は拳銃しか自衛武装が無く、曲技飛行で挑発するタウベを尻目に退散を余儀なくされる。その後、出撃のたびに湾内に進入する危険を防ぐために、飛行隊は湾内に近い霊山島に拠点を設置した。真木が窮地を救った娘・楊白麗ら島民の「祭がしたい」との要望に大杉は応える。が、瓶入りの手紙から島民にスパイがいることが判明する。そして祭りの夜、白麗の兄である趙英俊はジャンクに火を放ち、若宮丸を撃沈しようと企んだ。火だるまのジャンクが若宮丸に迫る中、庄司は海に飛び込んでジャンクの舳先を変えようとしたままジャンクの爆発に巻き込まれて戦死。英俊も二宮の手によって射殺された。司令部は白麗の処分を島の部隊に要求したが、大杉たちは架空の海軍刑法123条に基づいて白麗を大陸追放とした。 大杉は、機関銃手が乗った2号機がタウベをおびき寄せた間に、1号機に吊った爆弾を投下する戦法を考案。出撃して作戦を実行するが、投下した爆弾は1発も命中せず失敗。しかも、二宮・真木を乗せた2号機はタウベの機関銃手を射殺したが、エンジンに被弾して墜落...

    製作:田中友幸
    脚本:須崎勝弥
    撮影:小泉福造
    美術:北猛夫
    国井中尉:加山雄三
    真木中尉:佐藤允
    二宮中尉:夏木陽介
    大杉少佐:池部良
    青島要塞爆撃命令 - allcinema
    青島要塞爆撃命令 - KINENOTE
  6. 新羅 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/新羅

    大韓民国指定国宝. 中国朝鮮関係史. Portal:朝鮮. 新羅 (しらぎ/しんら、 朝鮮語: 신라 、 前57年 - 935年 )は、 古代 の 朝鮮半島 南東部にあった国家。. 当初は「 斯蘆 」(しろ、サロ)と称していたが、 503年 に「新羅」を正式な 国号 とした 。. 朝鮮半島北 ...

  7. 青島の戦い - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/青島戦い
    • 停戦後
    • 参加兵力
    • 両軍の損害
    • 参考文献
    • 関連項目

    11月8日にヴァルデック総督は、日本軍の便宜を受けて、膠州湾青島守備軍の降伏を本国に報告する。これに対して、ドイツ皇帝よりヴァルデック総督に1級鉄十字勲章を授与したほか、守備軍の善戦を嘉する勅を発した。 青島入城時、ドイツ兵は日本兵には正対したがイギリス兵には背中を見せたという。 多くのドイツ軍捕虜(日独戦ドイツ兵捕虜)は日本各地に設けられた12箇所の捕虜収容所に移送され、のち整理統合により最終的に6箇所の収容所で1919年(大正8年)ヴェルサイユ条約締結・発効まで長期にわたって収容された。トラブルも生じたが、徳島県の板東俘虜収容所をはじめとした複数の収容所では地元住民との交流があり、ドイツパン、ドイツ菓子、楽器演奏、鉄棒体操等が広められ、日本に残留する俘虜も現れた。 大戦終結後の1920年(大正9年)11月1日に青島要塞攻略の功によって、神尾光臣大将に功一級金鵄勲章が授与される。 1. Qingdao 31.October 1914–7. November 1914 2. 若宮に搭載されて運用された2機のモーリス・ファルマン式水上機 3. 重機関銃が配置されたドイツ軍の塹壕陣地 4. 海上を移動する日本軍 5. 戦後、ヴィルヘルムスハーフェン港に到着した俘虜送還船

    日英連合軍

    1. 日本軍 1.1. 陸軍青島要塞攻囲軍(司令官:神尾光臣中将(久留米第18師団長)、参謀長:山梨半造少将) 1.1.1. 参加部隊:第18師団 1.1.1.1. 歩兵第23旅団:堀内文次郎少将 1.1.1.1.1. 歩兵第46連隊 1.1.1.1.2. 歩兵第55連隊 1.1.1.2. 歩兵第24旅団:山田良水少将 1.1.1.2.1. 歩兵第48連隊 1.1.1.2.2. 歩兵第56連隊 1.1.1.3. 歩兵第29旅団:浄法寺五郎少将 1.1.1.3.1. 歩兵第34連隊 1.1.1.3.2. 歩兵第67連隊 1.1.1.4. 臨時攻城砲司令部:渡辺岩之助少将 1.1.1.4.1. 野戦重砲兵第3連隊 1.1.1.4.2. 独立攻城重砲兵第1大隊 1.1.1.4.3. 独立攻城重砲兵第2大隊 1.1.1.4.4. 独立攻城重砲兵第3大隊 1.1.1.4.5. 独立工兵第4大隊 1.1.1.4.6. 独立歩兵第1大隊 1.1.1.4.7. 独立歩兵第2大隊 1.1.1.4.8. 臨時鉄道第3大隊 1.1.1.5. 騎兵第22連隊 1.1.1.6. 野砲兵第24連隊 四五式二...

    同盟国軍

    1. ドイツ軍(総指揮官:アルフレート・マイヤー=ヴァルデック海軍大佐(青島総督)) 2. オーストリア軍

    連合国軍

    1. 日本陸軍 1. 戦死216、負傷67 1. 日本海軍 1. 沈没 - 防護巡洋艦「高千穂」 2. 大破 - 水上機母艦「若宮」 3. 戦死54、負傷46 1. イギリス軍 1. 戦死160、負傷23

    同盟国軍

    1. 青島要塞の陥落 2. 戦死183、負傷150、捕虜4,715

    片山杜秀『未完のファシズム 「持たざる国」日本の運命』新潮社〈新潮選書〉、2012年5月。ISBN 978-4-10-603705-4。
    斎藤聖二『日独青島戦争』ゆまに書房(出版) 紀伊國屋書店(発売)〈Kinokuniya on demand series 秘大正三年日独戦史 別巻 2〉、2001年3月。ISBN 4-87802-058-X。
    外山操『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
    中山雅洋『中国的天空 沈黙の航空戦史』(上)、大日本絵画、2007年11月。ISBN 978-4-499-22944-9。
  8. ブルース・リー - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ブルース・リー
    • 経歴
    • 人物
    • 交友
    • 門下生
    • 映像作品
    • 著作
    • パロディ・オマージュ映画、リーに影響された映画など
    • ソックリさん
    • 漫画、ゲーム、アニメへの影響
    • 伝記

    出生・幼少時代

    父親の中国系で広東演劇の役者の李海泉と、コーカソイド・中国人のハーフの母親何愛瑜(香港の実業家何甘棠(中国語版) の娘)が家族を連れて長期アメリカ巡業中、辰年の1940年11月27日、辰の刻(午前8時)にサンフランシスコの中華街の病院で生まれた。5人兄弟の次男、兄弟には、姉フィービー・リー(李秋圓)、アグネス・リー(李秋鳳)、兄・ピーター・リー(李忠琛(中国語版))がいた。弟・ロバート・リー(李振輝)は、8歳下である。映画には芸名の李小龍で出演している。生後3ヶ月あまりでサンフランシスコで製作された映画『金門女』(中国)に出演した。 その後イギリスの植民地下の香港に帰国した。1941年12月から日本とイギリスが開戦し、香港が日本軍の占領下におかれ映画の製作が止まったために出演作はないが、1945年8月に第二次世界大戦が終了後、製作が再開された8歳頃から子役として数多くの映画に出演。また中華民国の上海精武体育会香港分会にて北派少林拳の邵漢生に指導を受け、節拳(弾腿門)などを学んだ。 また1953年には13歳のブルース・リーが5年間、詠春拳の使い手である葉問のもとで修業している、その...

    渡米・結婚

    しかし、何不自由なく育ち、日々喧嘩に明け暮れ、「俳優の不良息子」として悪名を知られたブルース・リーの将来を心配した父は、香港から渡米を命じる。18歳のリーは、わずか100ドルの所持金で単身渡米し、シアトルに移り住む。 新聞配達のアルバイトをして職業訓練学校のシアトル・セントラル・カレッジに通い高校卒業資格を得て、ワシントン大学哲学科に進学。勉学に励むかたわら、「振藩國術館」を開いて中国武術の指導を始める。 集まる生徒は日本人や中国人、それに黒人や白人にラテン系もいた。高校で哲学の講師もしていた。その頃、同じ大学の医学生で、道場の生徒だったスウェーデン系イギリス人リンダ・エメリーと結婚。その後、大学を中退し、道場経営に専念。截拳道(Jeet Kune Do/JKD/ジークンドー)を創始する。

    武道家からアクションスターへ

    1966年に、アメリカの「ロングビーチ国際空手選手権大会」で詠春拳の演武をしたフィルムが、TVプロデューサーの目に止まり、TVシリーズ『グリーン・ホーネット』の準主役に抜擢される。正義のヒーロー「グリーン・ホーネット」の助手兼運転手として、目の周辺だけを隠すマスク をつけた日系アメリカ人のカトー役を演じ、派手なアクションで人気を博す。 これをきっかけに、ロサンゼルスでハリウッドの俳優やプロデューサーを顧客に武術の個人指導をするようになり、TVや映画などのゲスト出演を重ねる。『グリーン・ホーネット』の後、アメリカの連続テレビドラマ『燃えよ!カンフー』を企画し、自ら主演を願ったが、東洋人であることなどを理由に叶わなかった。 1970年に、香港の大手映画会社のショウ・ブラザーズ(邵氏兄弟有限公司)から独立したレイモンド・チョウ(鄒文懐)が設立したばかりのゴールデン・ハーベスト(嘉禾娯楽事業有限公司)と1本1万香港ドルで2本の映画出演の契約をする。翌1971年に、成人後の初主演映画『ドラゴン危機一発』が公開され、香港の歴代興行記録を塗り替える大ヒットになった。リーは、一躍、香港のトップス...

    身長

    1. 書籍 『ブルース・リー大百科』(ケイブンシャ)、映画『実録ブルース・リー/ドラゴンと呼ばれた男』では171cm と記載 2. 『死亡遊戯』78年の公開前チラシには164cm と記載 3. 風間健は166cm と証言 4. 倉田保昭は167cm (自分よりリーのほうが少し低かったと証言) 5. 妻リンダ・エメリーは170cm と証言 6. 書籍『伝説のブルース・リー』(「BLACK BELT」誌/編、呉春美/訳、松宮康生/監修(フォレスト出版))には175cm と記載

    怪鳥音

    格闘の際に発する「アチョー」という独特の叫び声は「怪鳥音」(かいちょうおん)と呼ばれる。1970年代前半の香港映画界はリーの母国語でもある香港現地語の広東語ではなく北京語で製作される映画が主流であり、リーの成人後の映画は全て北京語声優によりセリフが北京語に吹き替えられた為、リー本人の声ではない(「燃えよドラゴン」ワーナー国際英語版を除く)(リーの死後80年代に作られた広東語版は当然ながら別人による更なる吹き替え音声である)が、怪鳥音だけはリー自身の声である。ただし北米版『ドラゴンへの道』と国際版『死亡遊戯』だけは、怪鳥音の掛け声も別人の吹き替えになっている。

    武道家

    リーが正式に門下に入ったのは詠春拳のみだが、北派の中国拳法も数多く研究していた。『グリーン・ホーネット』のオーディション映像などでさまざまな型を演ずるのを見ることができる。なおオーディションで演舞した虎の型、龍の型などは即興で行ったもので中国武術には存在しない。 アメリカ合衆国の空手家であるジョー・ルイスは1967年にリーと出会い、截拳道で導入されていたボクシンググローブとヘッドギアを身に纏ってのスパーリングや、格闘哲学を参考にした。それまでアメリカ国内の空手の試合は、対戦相手の体に直接打撃せずに寸止めでポイントを争う試合が一般的だった。1970年1月17日に開催された空手大会では、スペシャルマッチとしてロサンゼルスで初めて、ボクシンググローブを着用して直接打撃する試合が行われた。ルイスは対戦相手のGreg Bainesに2ラウンドKO勝ちし、1974年にはアメリカンキックボクシングの団体であるPKAを設立している。 以上の歴史的事実から、ジョー・ルイスはブルース・リーこそアメリカにおけるフルコンタクト空手、つまりアメリカのキックボクシングの父であり、上記の試合でリーから学んだダ...

    友人・後輩

    1. ユニコーン・チャン(中国語版) - リーの亡くなった14年後の1987年に交通事故にて死去した際、香港では「あの世で寂しくなった李小龍が、親友の小麒麟を連れて行った」と噂された。[要出典] 2. サモ・ハン・キンポー - 初対面の際、ブルース・リーは目にも止まらぬ速さのサイドキックを一瞬で顔ぎりぎりのところで止めて見せ、あまりにも強烈な挨拶に腰が引けたという。[要出典] 3. ジャッキー・チェン - 『ドラゴン怒りの鉄拳』で門下生役とスタントマン、『燃えよドラゴン』では擬斗の相手で出演。 4. チャック・ノリス - 『ドラゴンへの道』の敵役で共演。 5. ロマン・ポランスキー - 格闘技の師匠で自宅やスイスのグシュタートにある別荘に招くなど交流があった。

    縁のある日本人

    1. 千葉真一 - リーは千葉の大ファンで、リーから千葉に共演を申し入れたことがある。 2. 西本正 - 『ドラゴンへの道』『死亡遊戯』の撮影監督で、プライベートでも仲が良く、撮影終了後に「サイブン(ニックネーム、西本の広東語読み)さん、スキヤキ〜」と言って毎晩のように香港の日本食レストランに足を運んだという。『燃えよドラゴン』のクランクアップ後西本にブルース・リーから電話で「今度、『死亡遊戯』の撮影を再度行うので、空けておいてほしい」と連絡があったが叶わなかった。[要出典] 3. 勝新太郎 - リーは『座頭市』のファンで、自身が盲目の中国武術家を演じる写真も残っている。 4. 倉田保昭 - テレビドラマ『闘え!ドラゴン』や『Gメン'75』で演じた格闘シーンは、リーの影響を受けている。[要出典]。 5. 出村文男 – ブルース・リーにヌンチャクを紹介した。リーの死後も家族と深い親交が今でもある。[要出典]

    直弟子

    1. ダン・イノサント- イノサントアカデミー代表。 2. テッド・ウォン(英語版)- リーの弟子でスパーリングパートナー。リー滅後は截拳道の普及に努めた。 3. ターキー木村(英語版)- 日系二世の武道家。リーの弟子で「振藩國術館」の設立に関わり、シアトルの道場の責任者でもあった。 4. カリーム・アブドゥル=ジャバー 5. ジェームズ・コバーン - 親交が深く2人で脚本を手掛けた『サイレントフルート』という映画で共演する予定だった。インドでロケ・ハンまで行われたが、リーの死で中止となった。 6. スティーブ・マックイーン - チャック・ノリスにも師事している。 7. リチャード・バステロ 8. ロマン・ポランスキー

    少年期

    香港で少年期、青年期に出演した作品。いくつかは香港、アメリカなどでVCD、DVDがリリースされている。日本では2003年に"BRUCE LEE ULTIMATE COLLECTION -李小龍的追悼秘蔵収集- ブルース・リー アルティメット・コレクション"のタイトルで販売された。 1. 『金門女』(1941年)小李海泉名義 2. 『萬紫千紅』(1948年) 新李海泉名義 3. 『富貴浮雲』(1948年)李鑫/新李海泉名義 4. 『夢裡西施』(1949年)小李海泉名義 5. 『樊梨花』(1949年)新李海泉名義 6. 『花開蝶滿枝』(1950年)李敏/小李海泉名義 7. 『細路祥』(1950年)日本題名『ドラゴン スモール・ブラザー』李龍名義 8. 『凌霄孤雁』(1950年) 9. 『人之初』(1951年) 10. 『苦海明燈』(1953年)日本題名『ドラゴン スパーク・オブ・ホープ』 11. 『慈母涙』(1953年) 12. 『父之過』(1953年) 13. 『千萬人家』(1953年)日本題名『ドラゴン ミリアッド・ファミリー』 14. 『危樓春暁』(1953年) 15. 『愛(...

    渡米後

    TVシリーズ 1. 『グリーン・ホーネット』(1966年〜1967年、原題:The Green Hornet)全26話に出演。助手「カトー」を演じる。 1. 毎週金曜日の午後7時半から8時に米ABC系で放映。日本では1967年にテレビ放映。死後、4話ずつ繋ぎ合わせ『ブルース・リーのグリーン・ホーネット』(1974年、原題:The Green Hornet)、及び『ブルース・リー電光石火』(1976年、原題:Fury Of The Dragon / ビデオ邦題:ブルース・リー in グリーン・ホーネット2 電光石火)として劇場版が製作された。 1. 『バットマン』(1966年〜1967年、原題:Batman)3話にカトー役でゲスト出演。 2. 『鬼警部アイアンサイド』(1967年、原題:Ironside)空手道場範師レオン・スー役で出演。 3. 『Blondie』(1968年)カラテ道場範師Mr. Yoto役で出演。 4. 『略奪された百人の花嫁』(1968年、原題:Here Come The Brides) 1. "Marriage,Chinese Style"の回に中国人花婿役...

    香港帰国後

    映画 1. 『ドラゴン危機一発』(1971年、原題:唐山大兄 THE BIG BOSS)- 鄭潮安(チェン・チャオワン)※1971年10月31日〜11月22日 3,197,416香港ドル、香港では『サウンド・オブ・ミュージック』や『残酷ドラゴン 血斗竜門の宿』を破る最高記録。日本では1974年の洋画部門の配給収入第4位、6億円 2. 『ドラゴン怒りの鉄拳』(1972年、原題:精武門 FIST OF FURY)- 陳真(チェン・ジェン)※日本では1974年洋画部門の配給収入第4位(ドラゴン危機一髪と同額)、6億円 3. 『ドラゴンへの道』(1972年、原題:猛龍過江 THE WAY OF THE DRAGON)- 唐龍(タン・ロン)※日本では1975年の洋画部門の配給収入第6位、7億7200万円。 4. 『燃えよドラゴン』(1973年、原題:ENTER THE DRAGON 龍争虎闘)- 李振強(リー)※日本では1974年洋画部門の配給収入第2位、16億4200万円 5. 『死亡遊戯』(1978年、原題:死亡遊戯 GAME OF DEATH)- 呂比利(ビリー・ロー) ※この映画を...

    Chinese Gung-Fu: The Philosophical Art of Self Defense (ブルース・リーの処女作) – 1963
    Tao of Jeet Kune Do (死後出版) – 1973
    Bruce Lee's Fighting Method (死後出版) – 1978

    詳細はブルース・リーが主演・出演している映画・ドラマのそれぞれの項を参照。 1. 『ドラゴン水滸伝』 - 1975年。『封神演義』を題材としたアニメ映画。リーを思わせる風貌の楊戩が登場する。 2. 『燃えよデブゴン』 - 1978年。サモ・ハン・キンポーが、リーへのオマージュを込めて制作した映画。 3. 『ラスト・ドラゴン』 - 1985年。リーに憧れる黒人青年の物語。 4. 『シンデレラ・ボーイ』 - 1985年。亡くなったリーの霊が主人公を鍛える青春アクション映画。 5. 『ブッシュマン キョンシーアフリカへ行く』 - ニカウさんがブルース・リーの霊を憑依させて戦う。 6. 『レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳』 - 2010年。『ドラゴン怒りの鉄拳』にオマージュを捧げたドニー・イェンアクション監督兼主演の後日譚的映画。劇中では『グリーン・ホーネット』を彷彿とさせる仮面の男も登場する。

    リーの死後、香港や台湾では「ドラゴン映画」「リー映画」が数多く製作され、多くのソックリさんが登場した。いずれもヒット作品とはならなかったが、一部には「ソックリさん映画」のコレクターもいる。 1. ブルース・リィ(ホー・チョンドー) - 台湾の武道家・俳優。日本のTVドラマ『Gメン'75』にも出演した。 2. ドラゴン・リー - 韓国出身の俳優。 3. ブルース・リ- 香港の俳優。 4. タン・ロン - 韓国出身の俳優。『死亡の塔』に主演。 5. 石天龍(シー・テンロン、ドラゴン・セキ) - 中国の俳優。 6. 陳国坤(チャン・クォックァン) - 香港の俳優。周星馳(チャウ・シンチー)によって見出され、『少林サッカー』『カンフーハッスル』に出演。『ブルース・リー伝説』(連続テレビドラマ)や『イップ・マン 継承』では、リーを演じる。

    漫画

    1. ブロース・ドラゴン - 石ノ森章太郎原作の『番長惑星』のキャラクター。 2. 雷音竜 - 風忍原作の『地上最強の男 竜』の主人公。なお本作ではブルース・リー本人が宮本武蔵とともに復活し竜と闘う展開となるが、至極あっさりと倒されてしまう。 3. ドラゴン撃ちの竜 - 『プロゴルファー猿』の敵キャラクター。 4. 『北斗の拳』 - 主人公ケンシロウの描写にはブルース・リーの影響が見られる。 5. ブルース・ソー - ぜんきよし作『あほ拳ジャッキー』に登場するリーのパロディキャラクター。 6. 怒裸権榎道 - 『ハイスクール!奇面組』のキャラクター。初登場時のイメージBGMは『燃えよドラゴン』のテーマ。 7. 烈海王 - 板垣恵介原作の『グラップラー刃牙』に登場するキャラクター。 8. 春巻龍 - 『浦安鉄筋家族』に登場するリーのパロディキャラクター、その他にもブルース・リーのパロディキャラクターが出てくる。 9. 『NARUTO -ナルト-』 - マイト・ガイとロック・リーの描写にはリーの影響が見られる。両者とも体術のスペシャリストとして描かれている。 10. 李白竜 - 『シ...

    アニメ

    1. 『破裏拳ポリマー』 - 主人公・鎧武士の外見や格闘アクションにリーの影響が見られる。 2. スパイク・スピーゲル - 『カウボーイビバップ』の主人公。截拳道の達人で、ブルース・リーを心の師と仰ぐ。 3. ギョーザ・リー - 『おでんくん』のアニメオリジナルキャラクター。

    ゲーム

    1. フェイロン - 格闘ゲーム『ストリートファイターIIシリーズ』。 2. Blues(ブルース) - 格闘ゲーム『イー・アル・カンフー』。 3. ジャッキー・ブライアント - 格闘ゲーム『バーチャファイターシリーズ』。 4. マーシャル・ロウ - 格闘ゲーム『鉄拳』。 5. フォレスト・ロウ - 格闘ゲーム『鉄拳』。 6. ドラゴン - 格闘ゲーム『ワールドヒーローズ』。 7. ジャン・リー - 格闘ゲーム『デッドオアアライブ』。 8. 王 - アクションゲーム『THE 功夫』。 9. ホワン・ヤンロン - 『スーパーロボット大戦シリーズに登場するバンプレストオリジナルの架空のロボットアニメ『魔装機神シリーズ』のキャラクター。 10. ダブルドラゴンシリーズ - テクノスジャパン制作の格闘ゲーム。 11. 『ペルソナ4』 - 登場人物の里中千枝が戦闘終了後にブルース・リーのセリフを喋ることがある。

    マシュー・ポリー『ブルース・リー伝』棚橋志行訳、亜紀書房、2019年
    『現代思想 総特集ブルース・リー 没後40年、蘇るドラゴン』青土社、2013年10月臨時増刊
    『ブルース・リー 生きつづける魂』河出書房新社<文藝別冊ムック>、2019年8月
  9. マルヌ会戦 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/第一次マルヌの戦い
    • 他方面の動き
    • シャルルロワの戦い
    • 前触れ
    • マルヌ会戦
    • その後
    • 関連項目

    ドイツ軍は大戦勃発とともにシュリーフェン計画を実行し、ベルギーに侵攻、ここを通過することで第1軍・第2軍・第3軍を北フランスへ侵入させることに成功した。一方、フランス軍も戦前に立案されたプラン17に従って第1軍・第2軍がアルザス=ロレーヌ地方に配置され、第3軍はアルデンヌの森を通ってドイツ領に侵攻していた。第5軍はベルギーを援護するため、フランスとベルギー・ルクセンブルクの国境近くに配置されていた。第4軍は戦略予備とされたが、実質的に第3軍を補佐する位置にあった。 ドイツ軍のベルギー侵攻に伴ってフランスの各軍は進撃を開始した。フランス第1軍・第2軍は、ドイツ第6軍(ループレヒト王太子)の防衛線に銃剣突撃を敢行したが、機関銃に薙ぎ倒される結果となった。ドイツ第6軍が防衛線から出て逆襲に転じると、第2軍は敗走した。第1軍は持ち堪えていたものの、8月20日にフランス参謀総長ジョフルから、第1軍・第2軍に対して撤退命令が出された。 アルデンヌに向かったフランス第3軍・第4軍はドイツ軍の中央部を突破して左右両翼の連絡を断つことを目的としていた。彼らが進撃を開始したのは8月21日であるが、相対するドイツ第4軍(ヴュルテンベルク公爵)、第5軍(ヴィルヘルム皇太子)はフランス軍に先立ち、8月19日に進撃を開始していた。その為、フランス軍は奇襲をかけるつもりのところを逆に奇襲され、撤退する結果となった。フランス第3軍、第4軍はフランス領内まで後退すると応急的な陣地を構築し、侵攻するドイツ軍に対して防御戦を行った。

    フランス第5軍は、ドイツ軍と相対する前に「ナミュールまで前進してベルギー軍を援護せよ」、「アルデンヌ方面に進出してフランス第3軍の側面を援護せよ」との両立が難しい命令をジョフルから受けており、第5軍司令官のシャルル・ランレザック将軍はこの実現に苦慮していた。命令を実現するには、第5軍がそっくりもう一個必要だったからである。結局、ランレザック将軍はアルデンヌ方面の援護をほぼ諦め、第5軍をナミュールの西方20kmにあるシャルルロワに布陣させた。 ベルギー軍はナミュールに布陣した第4師団を除き、アルベール国王の命令によりアントワープまで後退していた。この為、軍のいなくなったブリュッセルは8月20日にドイツ軍に占領された。また、この日ナミュールで持ち堪えていたベルギー第4師団に対し、ドイツ軍はディッケ・ベルタとシュコダ30.5cm臼砲による砲撃を加え始めた。また、ドイツ第2軍はナミュールの攻防戦を無視する形で西に進撃し、8月22日、シャルルロワに布陣するフランス第5軍と衝突した。フランス軍とドイツ軍は、銃剣突撃を砲撃で粉砕するということを互いに繰り返す消耗戦に陥ったが、ドイツ軍には第3軍が応援に駆け付け、フランス第5軍は劣勢になった。8月23日になると、ランレザック将軍の元にベルギー第4師団は限界に達したためナミュールを放棄して撤退を開始した旨の報告が入った。また、アルデンヌ方面でフランス軍が撃退されたとの報告も入り、第5軍の側面が脅かされつつあることが分かった。この為、フランス第5軍はドイツ軍との正面戦闘を切り上げ、撤退に入る。

    フランス第5軍はシャルルロワから撤退を開始し、フランス領内にまで後退していた。これにはイギリス遠征軍も付き添う形となった。彼らの後ろには戦略級の予備部隊が無く、他方面からの即座の増援も難しかった。ジョフルは第5軍に対し、マルヌ川南方に布陣してドイツ軍を迎撃するように命令を出した。この為、フランス第5軍とイギリス遠征軍はマルヌ川を目指して南下を急いだ。 ドイツ第1軍・第2軍・第3軍はシュリーフェン計画に従ってフランス領内に侵攻したが、フランス第5軍は防御戦を行いつつ後退していたため、ほぼ目立った損害無く進撃を続けることができた。しかし、パリ近郊に至ると最右翼となるドイツ第1軍(フォン・クルック)は長距離の徒歩行軍で疲弊していた。その上、側面を援護する第2軍との間に30kmもの間隙が空いていた。この間隙を放置ないし拡大させ、フランス軍に付け込まれることになれば第1軍・第2軍ともに側面を突かれる危険性があった。この為、当初の計画ではパリの西側を通ってパリを包囲下に置くこととなっていたが、クルック将軍は間隙を埋め、かつマルヌ川南方に後退したフランス軍を捕捉することとした。

    9月4日、ジョフルはガリエニ将軍から全面攻撃へ移行するように進言を受けた。ジョフルは後退させた第5軍に増援を付ける形での反攻作戦を考えていたため、ガリエニ将軍の進言を実現不可能なものと考えていた。しかし、南下するドイツ軍に対し、待ち受ける連合国軍は東から第5軍・イギリス海外派遣軍(BEF)・第6軍(パリ防衛軍)の順で並んでおり、第5軍と第6軍でドイツ軍を挟撃、包囲しつつイギリス遠征軍がドイツ第1軍と第2軍の間隙を突けば、勝機はあると考えられた。この為、ジョフルはイギリス遠征軍のフレンチ将軍と調整のため会談の場を設け、重要な役割をフレンチ将軍に託した。反攻作戦開始は9月6日とされ、慌ただしく準備が進められていった。 ドイツ第1軍は前述の理由により、9月3日、これまでパリ方面に向けていた進撃方向を東に変え、パリの30kmほど東側を通ってマルヌ河畔に至った。9月5日、マルヌ川の渡河を考えていたクルック将軍に、参謀総長モルトケから現在の線で停止し、防御を固めるように命令が入る。クルック将軍は当初は渋ったものの、マルヌ川方面を守備する部隊からフランス軍出現との報を聞くに至り、渡河を諦めて防御を固める方針に切り替えた。 9月6日、反攻作戦に出たフランス軍とドイツ軍の間で激戦が展開され始めた(戦線はヴェルダン西方からパリ北方に至る約280km)。ドイツ第1軍は東から来るフランス第5軍と西から来る第6軍の双方に対処しなければならなかった。特に、クルック将軍はパリから防衛軍(フランス第6軍)が出てくるとは思わなかったため心理的奇襲を受けた。しかし、クルック将軍はすぐに西方へ部隊を集中してフランス第6軍に対して反撃を開始し、一時的に押し戻すことに成功した。だが、ガリエニ将軍の発案でパリ市のタクシー630台を兵員輸送の為に徴発し、フランス第6軍に予備部隊を送り込み続けた結果、フランス第6軍はドイツ軍の攻撃に耐え抜くことができた。実際にタクシーで輸送された兵士は約4,000人と多くなかったが大衆に与えた影響は大きく、フランス国家団結の象徴となった。 また、ドイツ第1軍が西方に部隊を寄せた隙を突き、ドイツ第1軍と第2軍の間隙にイギリス海外派遣軍が侵入した。この為、ドイツ第1軍はほぼ包囲されてしまう形となった。ドイツ第2軍もまたフランス第5軍により押され始め、ドイツ第1軍の救援はできない...

    ドイツ軍は損害を出しながらも9月11日にエーヌ川の線まで後退することに成功し、そこで塹壕陣地の構築を開始した。シュリーフェン計画は失敗に終わり、ドイツ軍の勝利という形での戦争終結は遠のいた。一方、ドイツ軍を撃退したフランス軍であったが、彼らの戦争計画であるプラン17もまた、シュリーフェン計画同様に失敗に終わっていた。 あらかじめ次善の策を用意していなかった両陣営は、泥沼の塹壕戦に突き進んでいくことになる。

    第二次マルヌ会戦(英語版)
    ラ・フェルテ=スー=ジュアール慰霊碑(英語版)
  10. 2003年台湾におけるSARSの流行 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/2003年台湾におけるSARSの流行

    2003年台湾におけるSARSの流行(2003ねんたいわんにおけるサーズのりゅうこう)は2003年に世界各国で感染が拡大(エピデミック)した重症急性呼吸器症候群(SARS)のうち、台湾(ここでは中華民国が実効支配する台澎金馬を指す)における流行状況について述べる。

  11. 其他人也搜尋了
  1. 頂樓隔熱 相關
    廣告