Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 相關搜尋:

  1. 七年級生 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 七年級生

    七年級生 各種表記 繁体字: 七年級生 簡体字: 七年级生 拼音: Qīniánjíshēng 注音符号: ㄑㄧ ㄋㄧㄢˊ ㄐㄧˊ ㄕㄥ 発音: チーニェンジーシェン 日本語読み: ななねんきゅうせい 英文: Seventh Grade テンプレートを表示 『七年級生』(ななねんきゅうせい) ...

    • Qīniánjíshēng
    • 七年级生
    • ㄑㄧ ㄋㄧㄢˊ ㄐㄧˊ ㄕㄥ
    • 七年級生
  2. 五味康祐 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 五味康祐
    • 経歴
    • 没後のできごと
    • 著書
    • 参考文献
    • 関連項目

    大阪市難波生まれ。早くに父親を亡くし、育ったのは母方の祖父の家で、大阪・千日前一帯に多くの芝居小屋や映画館を有する大興行師の家だった。 大阪府立八尾中学校(現・大阪府立八尾高等学校)を卒業し、第二早稲田高等学院(旧制早稲田大学の大学予科)に進むも中退。中退したのは1942年(昭和17年)とされる。既に徴兵年齢の20歳を超えており、徴兵を逃れるために1943年(昭和18年)4月に明治大学専門部文芸科本科に入学するも、終戦直前の1945年(昭和20年)5月に除名されている。この頃日本浪漫派の影響を受ける。 学徒出陣で陸軍に入り、一兵卒として中国大陸を転戦し、1945年の終戦を迎える。南京で捕虜として過ごした後、1946年に復員し、保田與重郎に師事する。同年、邦光史郎とともに『文学地帯』を刊行。編集長を務める。『文学地帯』に、日本浪漫派の影響がみられる短編小説『天の宴』『問いし君はも』を寄稿。 1947年に亀井勝一郎を頼り上京、東京都三鷹市に住み、太宰治・男女ノ川登三と共に「三鷹の三奇人」と呼ばれる。この頃、関西の出版社の社員として岡本太郎の前衛芸術運動「夜の会」に接近、多くの影響を受ける。1948年11月、亀井勝一郎から絶縁される。1949年、歌人前川佐美雄の妻の妹と結婚。1950年には神戸で放浪生活を送り、覚醒剤中毒で入院。 さまざまな職を経て、1952年に再び上京、音楽を通じて知り合った新潮社の編集者・斎藤十一の紹介で新潮社の社外校正をしながら小説を書くが、没ばかりであった。その後、ドビュッシー「西風の見たもの」を聴いて着想・執筆した『喪神』が、斎藤十一の推薦で『新潮』1952年12月号の「同人雑誌推薦新人特集」に掲載され、1953年、第28回芥川賞を受賞。『喪神』はその年に大映で『魔剣』の題名で映画化される。 その後は『柳生連也斎』など独特の時代小説を発表し1956年、『週刊新潮』創刊から『柳生武芸帳』を連載して人気を博した。主人公の集団性、禁欲的な剣豪でなく、本能のままに生きる剣豪というとらえ方、そして日本浪曼派の影響の濃い、剣の達人の持つ精神性の表現と、格調高い文体で高く評価されている。 手相や観相学に通じており『五味手相教室』や『五味人相教室』などの著作を残した。五味は1974年に発表した文章で「私は多分、五十八歳まで寿命があるはずと、自分の観相学で判...

    五味は、幼少期から終生にわたって友としたクラシック音楽やオーディオの世界では評論家として高名であり、『西方の音』、『オーディオ巡礼』などの著書を残した。クラシック音楽愛好家、オーディオ愛好家の間では、死去から約40年を経てもファンが多い(2018年現在)。 五味の死から約25年後、五味の相続人が全て死去する事態となった。この場合、法律の定めにより遺産(不動産・金融資産・動産)は国庫に収納される。遺族が保存していた五味の遺品(オーディオ機器やLPレコードのコレクションなど。「動産」にあたる)は国庫収納後に競売されて散逸する運命であった。しかし東京都練馬区(五味は昭和27年から死去する昭和55年まで練馬区内に居住)は五味の遺品の文化的価値を重く見た。2008年(平成20年)に全ての動産(五味の遺品)が練馬区に一括無償譲渡された。練馬区が所有・管理する五味の遺品は約2万点に及ぶ。 五味の没後30年となる2010年9月 - 10月には、練馬区立石神井公園ふるさと文化館で、回顧展「没後30年 五味康祐の世界 - 作家の遺品が語るもの」が開催された。 2014年(平成26年)には練馬区立石神井公園ふるさと文化館分室の2階に「五味康祐資料展示室」が開設された。同じく2014年から、修復された五味のオーディオ機器一式で、五味のLPレコードコレクションから選んだレコードを演奏する「レコードコンサート」が毎月1回(7月・8月を除く)開催されている。

    『秘剣』新潮社1955年 「喪神」を含む
    「喪神」--『芥川賞全集 第5巻』(文藝春秋)、『秘剣・柳生連也斎』(新潮文庫)所収
    『柳生連也斎』新潮社 1955年 のち文庫
    『剣法奥儀』文藝春秋新社 1956年 のち文庫、徳間文庫
    五味康祐 『オーディオ巡礼』 ステレオサウンド、2009年。
    京都民報 2018年6月24日『文豪と異才たち』
    日本近代文学館 邦光史郎、田中阿里子関連資料
  3. 宇納佑 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 宇納佑

    宇納 佑(うのう たすく、1959年 4月23日 - )は、岐阜生まれの日本の俳優。 早稲田大学在学中より演劇活動を始める。卒業後、私立京華学園中学高等学校で国語科教員として教壇に立つ。1989年より劇団ラッパ屋所属。 別名は宇納侑玖。 映画・TVドラマ・声優・CMな ...

  4. 櫻坂46 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 鈴本美愉

    櫻坂46(さくらざかフォーティシックス、sakurazaka46 )は、日本の女性アイドルグループ。 2015年 8月21日に秋元康のプロデュースにより、欅坂46(けやきざかフォーティシックス)として結成 [3]、2020年 10月14日より櫻坂46に改名している [4] [5]

  5. 養老孟司 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 養老孟司
    • 経歴
    • 人物
    • 評価・批判
    • 著作
    • 論文
    • メディア出演
    • テレビCM
    • 外部リンク

    東京大学教授として

    1937年(昭和12年)、小児科医・養老静江(1899〜1995)の次男として鎌倉市で生まれる。4歳の時に父親を結核で亡くし、その後は鎌倉で小児科「大塚医院」を営む母、静江の腕一つで育てられる。 栄光学園中学校・高等学校、東京大学医学部を卒業後、東京大学医学部附属病院での1年間のインターン(研修医)を務める。しかし、そこで自分が医者に向いていないことを悟った。手術の際、患者の血液型を間違える医療事故を起こしかけ、このままでは注射の薬剤まで間違えるのではないか、自分のミスは自分でなく患者に死をもたらすことに気付き、「これは大変だ」と思い、完全に自信を失った。このような医療事故を3回経験したことから、患者と接する医者の道をあきらめた。その後、精神科医を目指そうとしたが抽選に外れ、結果的に解剖学の道を志した。「医学においては死んだ人間を扱う解剖学が最も確実なものだ」と考えたのが理由だとしている。1967年(昭和42年)に東京大学大学院基礎医学で解剖学を専攻し、博士課程を修了。同年、医学博士号を取得する。博士論文の題は「ウロコ形成におけるニワトリ胎児表皮の増殖と分化」。 東京大学助手・助...

    退官後

    1995年(平成7年)、東京大学を57歳で退官。以後は北里大学教授、大正大学客員教授を務めた。 現在は代々木ゼミナール顧問、日本ニュース時事能力検定協会名誉会長、ソニー教育財団理事、21世紀高野山医療フォーラム理事を務めている。また、2006年の開館時から2017年3月まで京都国際マンガミュージアム館長を務め、2017年4月からは名誉館長に就任。その他には2017年時点で、小林秀雄賞、毎日出版文化賞、山本七平賞選考委員を務めている。2018年時点で、NPO法人「日本に健全な森をつくり直す委員会」委員長。2020年9月から、ミチコーポレーション・ぞうさん出版事業部の顧問に就任。 政府関係では農林水産省食料・農業・農村政策審議会委員を務めた。福島県須賀川市のムシテックワールド館長、日本ゲーム大賞選考委員会委員長。NPO法人「ひとと動物のかかわり研究会」理事長。 2020年6月26日、体調不良のため病院で検査を受けたところ心筋梗塞と診断された。集中治療室で2日間の治療を行い、2週間の入院を余儀なくされた。主治医によるといつ死んでもおかしくない状態であった。

    父の臨終に立ち会った際、周囲の大人たちに促されながら「さよなら」の一言を言えなかった経験が、中学生・高校生時代「人とあいさつするのが苦手」な性格に影響したと自己分析している[要出典]。その因果関係に気づいたのは40歳を過ぎてからの通勤途中の地下鉄のホーム上であり、その後、地下鉄の中で涙しながら「そのとき初めて自分の中で父が死んだ」と自著で告白している。

    評論家の後藤和智は『バカの壁』での青少年問題に関する養老の発言に根拠が示されていないことなどを挙げ、「単に自分が「理解できない」存在に対してわかったような「説明」をしているだけである。(中略)『バカの壁』は養老自身の「バカの壁」(=科学的な検証に基づかずに勝手に「線引き」を行うこと)の見本市として読むことができる。」等と述べた。

    単著

    1. 『ヒトの見方-形態学の目から』筑摩書房、1985年 <1991年 ちくま文庫> 2. 『脳の中の過程-解剖の眼』哲学書房、1986年 <1993年「脳の見方」ちくま文庫><2004年 哲学文庫> 3. 『形を読む-生物の形態をめぐって』培風館、1986年 <2020年 講談社学術文庫> 4. 『進化・人間はどこへ』ほるぷ出版、1987年 5. 『からだの見方』筑摩書房、1988年 <1994年 ちくま文庫> 6. 『解剖学(新版看護学全書2)』メジカルフレンド社1989 7. 『唯脳論』青土社、1989年 <1998年 ちくま学芸文庫> 8. 『涼しい脳味噌』文藝春秋、1991年 <1995年文春文庫> 9. 『脳という劇場-唯脳論・対話編』青土社、1991年 10. 『カミとヒトの解剖学』法藏館、1992年 <2002年 ちくま学芸文庫> 11. 『脳に映る現代』毎日新聞社、1993年 <2003年 「脳の冒険」三笠書房知的生きかた文庫> 12. 『解剖学教室へようこそ』筑摩書房、1993年 <2005年 ちくま文庫> 13. 『脳が読む 本の解剖学1』法藏館、1994年...

    編著

    1. 『解剖学第3巻』(原著:小川鼎三、共改訂:山田英智)金原出版 1982 2. 『日本の名随筆 別巻 44 記憶』作品社1994 3. (高階秀爾・武塙林太郎・芳賀徹)『江戸のなかの近代―秋田蘭画と『解体新書』』筑摩書房、1996年 4. 責任編集『キネ旬ムック|フィルムメーカーズ 宮崎駿』キネマ旬報社、1999年 5. 『養老先生と遊ぶ 養老孟司まるごと一冊』新潮社:新潮ムック、2005年

    共著

    1. 『わかりやすい動脈硬化の成因 血管壁代謝を中心に』須永俊明、岡元孝二ほか共著 メディカルトリビューン 1984 2. 『中枢は末梢の奴隷-解剖学講義』(共著:島田雅彦)朝日出版社・レクチャーブックス、1985 <2004年「ネコのヒゲは脳である」改訂版> 3. 『恐龍が飛んだ日-尺度不変性と自己相似』(共著:柴谷篤弘)哲学書房、1986<1995年ちくま文庫> 4. 『解剖の時間-瞬間と永遠の描画史』(共著:布施英利)哲学書房、1988 5. 『講座進化』(全7巻)(共編:柴谷篤弘・長野敬)東京大学出版会、1991-92 6. 『身体の冒険』大島清[要曖昧さ回避]、甲野善紀、布施英利、多田富雄、志賀隆生、小林昌廣、矢原一郎、加藤邦彦[要曖昧さ回避]、安西祐一郎、小町谷朝生共著 ユー・ピー・ユー 1992 7. 『脳と墓 1 ヒトはなぜ埋葬するのか』(共著:斉藤磐根)弘文堂・叢書死の文化、1992 8. 『古武術の発見-日本人にとって「身体」とは何か』(共著:甲野善紀)光文社カッパ・サイエンス、1993 <2003年知恵の森文庫> 9. 『人間・生と死のはざま-養老孟司VS....

    国立情報学研究所収録論文 国立情報学研究所
    養老孟司 (1967), “ウロコ形成におけるニワトリ胎児表皮の増殖と分化〔博論要旨〕”, 東京医学雑誌 75 (3): 140-141, https://ci.nii.ac.jp/naid/40018117500/
    養老孟司; 神谷敏郎 (1973), “トガリネズミの放臭腺の構造〔英文〕”, 日本組織学記録 35 (5): 403-415, doi:10.1679/aohc1950.35.403, https://ci.nii.ac.jp/naid/130003880641/
    養老孟司 (1974), “外分泌腺の構造と機能 (細胞の構造と機能(特集))”, 東京医学 82 (4): 347-352, https://ci.nii.ac.jp/naid/40018117112/

    映画

    1. 『ガメラ2 レギオン襲来』(1996年・大映) - 北海道大学獣医学部の教授役

    テレビ

    1. TBS『いのちの響』 2. NHK 『NHKスペシャル 驚異の小宇宙 人体II 脳と心』 - 諮問委員会などで参加 3. フジテレビ『アウト×デラックス』 - 2014年5月1日出演 4. NHK 『NHKスペシャル明治神宮 不思議の森〜100年の大実験〜』 などゲスト出演多数。

    ラジオ

    1. 『FMフェスティバル 未来授業〜明日の日本人たちへ』 - 2012年12月24日 養老孟司 第1回 未来授業 Vol.306 2. TBSラジオ『たまむすび』 - 2013年8月28日放送ゲスト

    HITACHI - 企業CM
    ハウルの動く城 - DVD発売として美輪明宏、木村拓哉とともに共演。
    養老孟司先生のタケシくん虫日記(NB online)
    養老孟司×堀江貴文『希望とは自分が変わること』刊行記念対談 - 対談 - ウェイバックマシン(2011年3月5日アーカイブ分)
  6. 狭山事件 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 狭山事件

    狭山事件(さやまじけん)は、1963年(昭和38年)5月1日に埼玉県 狭山市で発生した、高校1年生の少女を被害者とする強盗 強姦 殺人事件、およびその裁判で無期懲役刑が確定した元被告人の石川一雄が東京高裁に再審請求を申し立てている事件。

  7. 桜井敏治 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 桜井敏治

    桜井 敏治(さくらい としはる、1964年7月3日[6] - )は、日本の男性声優。81プロデュース所属[3]。フェドー劇場の一員[2]。東京都出身[3]。

  8. 沼田真佑 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 沼田真佑
    • 人物
    • 受賞歴
    • 作品リスト

    北海道小樽市生まれ、福岡県福岡市育ち。岩手県盛岡市在住。福岡大学附属大濠高等学校、西南学院大学商学部卒業。塾講師。 2017年3月、投稿作「影裏」で第122回文學界新人賞受賞。同作で第157回(2017年上半期)芥川龍之介賞受賞。『影裏』に対して芥川賞選考委員の高樹のぶ子は、「(東日本大震災を題材としているが、)震災を前面に押し出した小説ではない。人間関係を書くことで、それを取り囲む自然の怖さに言及した」と評価している。

    2017年、「影裏」で第122回文學界新人賞受賞。
    2017年、「影裏」で第157回芥川龍之介賞受賞。

    単行本

    1. 『影裏』(文藝春秋、2017年7月/文春文庫、2019年9月) - 文庫化に際して、表題作および「廃屋の眺め」、「陶片」を新たに収録。

    雑誌掲載

    小説 1. 「影裏」(『文學界』2017年5月号) 2. 「廃屋の眺め」(『文學界』2017年9月号) 2.1. 『文学 2018』(日本文藝家協会編、講談社、2018年4月)に再録。 3. 「夭折の女子の顔」(『すばる』2018年1月号) 4. 「さくれぶる」(『すばる』2018年5月号) 5. 「陶片」(『文學界』2019年1月号) 6. 「早春」(『群像』2019年9月号) 7. 「茨の実」(『すばる』2020年5月号) 8. 「入船」(『群像』2020年8月号) 9. 「遡」(『群像』2021年2月号) 10. 「ブラスト」(『群像』2021年8月号) エッセイ 1. 「無職の二年間が精神修行になった」(『文藝春秋』2017年9月号) 2. 「馬」(『すばる』2017年9月号) 3. 「わたしの楽園」(『群像』2017年11月号) 4. 「読書日録」(『すばる』2019年4〜6月号) 5. 「アンケート特集 シネマ2019」(チャールズ・ウォルターズ/監督『イースター・パレード』)(『群像』2020年2月号) 6. 「映画撮「影裏」話」(『文學界』2020年3月号)

  9. ワタナベエンターテインメント - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ワタナベ
    • 概要
    • 沿革
    • 50周年イベント
    • ワタナベお笑いno.1決定戦
    • グループ会社
    • 関連項目
    • 外部リンク

    渡辺プロダクション(ナベプロ[注釈 1])時代は、有力タレントを多数抱え、番組も多数制作。1960年代から1970年代に掛けて渡辺プロが放送タレント業界の最大手であった。 ジャズミュージシャンであった渡邊晋と妻の渡邊美佐は、所属タレントに仕事を斡旋し出演料の一部を受け取るだけであった芸能プロの仕事を変革した。当時、邦盤の制作・流通はレコード会社が一手に引き受けていた中、自社の資金で植木等「スーダラ節」を制作。これは芸能プロが原盤を制作した第1号となり、その後のレコード業界の改革へと繋がり日本の知財ビジネスを発展させた。他にも、テレビ番組や映画を自社で制作し、レコードの原盤制作収入だけでなく、番組制作費、興行収入が入ってくるようにし、戦後の新しい芸能ビジネスのスタイルを作った。 井澤健、池田道彦、大里洋吉、諸岡義明、尾木徹らの著名芸能プロダクションの社長や、中井猛、木崎賢治もかつてナベプロやその系列のプロダクションの社員だった。

    2000年 1. 10月24日 株式会社渡辺プロダクション創業のベンチャースピリットを継承しながらも、メディアの多様化する21世紀のエンターテインメントに既成の枠を超えて臨むべく、渡辺プロダクションからマネージメント部門を分離させ株式会社ワタナベエンターテインメントを設立 2001年 1. 6月1日 ライブハウスFAB.をオープン 2. 10月20日 初の制作映画となる「Platonic Sex」を公開。原作は所属タレントであった飯島愛の同タイトルの自伝であり、社会現象を巻き起こしダブルミリオンセラーを記録した 2002年 1. 8月 音楽、笑い、ダンス、感動すべてが融合したライブエンターテインメントショー「OUT OF ORDER」を上演。横浜ランドマークホールを中心に、1年間合計78回というロングラン公演を行い、約37,000人の観客動員を記録した 2. 8月2日 ビスケット・エンターティメント、ワタナベ・デジタル・メディア・コミュニケーションズと会社統合(後者は後に再分社) 2004年 1. 4月1日 “100人いたら 100通りの「プロデュース」”をモットーとした、新人の発掘・育成機関「ワタナベエンターテイメントカレッジ」を設立[注釈 2]。その他、後記の育成部門をワタナベエデュケーショングループとして開校。卒業生としてハライチ、サンシャイン池崎、イモトアヤコ、ハナコ、平野ノラ、厚切りジェイソン、四千頭身、山田裕貴、志尊淳、Little Glee Monsterなどを輩出している 2. 7月27日 第1回D-BOYSオーディションを開催。当時、男性グループといえばジャニーズの勢力が強く、ジャンル違いの“俳優集団”とはいえ、所謂若いイケメンを一つの枠でくくって売り出す先駆けとなった。城田優、和田正人が初期メンバーとして所属、その後も定期的に様々なオーディションを開催し、瀬戸康史、堀井新太、山田裕貴らを発掘した。現在、若手俳優の登竜門となっているミュージカル「テニスの王子様」には、第一期の主人公越前リョーマ役、初代柳浩太郎、2代目遠藤雄弥を皮切りに、初期より多数のメンバーが出演。また、特撮番組などへの出演経験者も多い 3. 8月 ライブエンターテインメントショー「OUT OF ORDER 笑うな!」青山劇場にて上演 4. 10月1日 ワタナベコメディスクー...

    2005年12月23日より2006年1月15日まで、東京都千代田区にある丸ビルで、「渡辺プロダクション創立50周年企画 「抱えきれない夢」 日本のエンターテインメントの50年」が開催された。会場では、過去のタレントを中心に、現在所属のタレントの資料も一部展示されていた。その後、2006年8月9日より9月4日まで長野県諏訪市のまるみつ百貨店で、また同年12月より2007年1月4日まで石川県金沢市のめいてつ・エムザでも開催された。同年8月16日より8月28日まで東京都渋谷区の東急百貨店本店で開催された。

    2016年からは、ワタナベ所属のお笑いタレントを対象とした大会『ワタナベお笑いNo.1決定戦』が行われている。「AbemaTV presents」として行われ、Abema TVで生中継も行われる。優勝者には賞金(100万円(2016年)→ 200万円(2017年)→ 300万円(2018年・2019年)→ 100万円(2020年) と変遷)とAbema TVの冠特番出演権が贈られる。審査は審査員票、客席票、インターネット票を総合して行われる。2021年大会ではフリーやアマチュアの学生芸人もエントリー可能となった。この大会の各回決勝戦の詳細は以下の通り。 2016年 1. 会場 - 渋谷区文化総合センター大和田伝承ホール 2. MC - ふかわりょう、中川翔子 3. 決勝進出者 - あばれる君、厚切りジェイソン、クマムシ、超新塾、いつもここから、夜ふかしの会、しんのすけとシャン、ブルーリバー、笑撃戦隊、ハナコ、アントワネット、ゴールデンエイジ、おほしんたろう、丸山礼、ロッチ(シード枠)、我が家(シード枠) 4. 最終決戦進出者 - あばれる君、ブルーリバー、笑撃戦隊、しんのすけとシャン 5. 優勝者 - 笑撃戦隊 2017年 1. 会場 - 新宿明治安田生命ホール 2. MC - FISHBOY、大家志津香(AKB48) 3. 決勝進出者 - 我が家、プリンセス金魚、サンシャイン池崎、Aマッソ、アンガールズ、笑撃戦隊、あばれる君、バッドナイス、ロッチ、ゴールデンエイジ、アントワネット、ブルゾンちえみ 4. 最終決戦進出者 - サンシャイン池崎、笑撃戦隊、ロッチ 5. 優勝者 - ロッチ 2018年 1. 会場 - 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール 2. MC - ふかわりょう、宮島咲良 3. 決勝進出者 - サンシャイン池崎、あばれる君、超新塾、まんぷくフーフー、ブルゾンちえみ with B、ロッチ、Aマッソ、土佐兄弟、平野ノラ、ハライチ、笑撃戦隊、四千頭身、アンガールズ、フォーリンラブ、ハナコ、九州DOGs 4. 最終決戦進出者 - サンシャイン池崎、土佐兄弟、四千頭身、ハナコ 5. 優勝者 - ハナコ 2019年 1. 会場 - 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール 2. MC - ふかわりょう、平野ノラ 3. 決勝進出者 - サンシャイン池...

    太田プロダクション - かつては、ネプチューンやビビるなども所属していた。
    ワタナベエンターテインメント (@WatanabeEnt) - Twitter
    ワタナベエンターテインメント公式チャンネル - YouTubeチャンネル
    ワタナベエンターテインメント - Facebook
  10. 鴨、京都へ行く。-老舗旅館の女将日記- - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 鴨、京都へ行く。-老舗旅館

    『鴨、京都へ行く。-老舗旅館の女将日記-』(かも、きょうとへいく。しにせりょかんのおかみにっき)は、フジテレビ火曜9時枠(毎週火曜日21:00 - 21:54、JST)で2013年4月9日から6月18日まで放送された日本の連続テレビドラマ。主演は松下奈緒。初回は10分 ...