Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 210,000,000 項搜尋結果

  1. 飾品展示盒 相關

    廣告
  1. 日本における装身具の歴史(にほんにおけるそうしんぐのれきし)は、後期旧石器時代から1万年以上の歴史があると考えられている [1]。 装身具は、呪術的な意味を持つシンボルとして縄文時代から古墳時代にかけて広く普及し、指輪、耳、腕輪、首飾、足など、多種多様な装身具が各地の ...

  2. すみだ北斎美術館(すみだ ほくさい びじゅつかん、英語表記:The Sumida Hokusai Museum)は、日本の東京都 墨田区 亀沢にある公立 美術館 [3]。 2016年(平成28年)11月22日に開館した [4] [5]。 江戸時代後期の浮世絵師・葛飾北斎が本所界隈(現在の墨田区の一角)で生涯を送ったことや、彼が本所割 ...

    • 約1,800点(開館時点)
    • 墨田区
    • 菊田寛(初代)
    • 妹島和世建築設計事務所
    • 工芸品
    • 建造物
    • 黒田記念館保管
    • 参考文献
    • 関連項目

    金工

    1. 金銅蓮華文金剛盤 2. 金銅八仏種子五鈷鈴 3. 鰐口・蝶形磬 長野県松本市宮淵出土 4. 蓮池文磬 5. 金銅宝相華唐草文灌仏盤 6. 金銅応量器 7. 金銅聖観音像懸仏 建治元年(1275年)銘 8. 金銅火焔宝珠形舎利塔 9. 線刻十一面観音鏡像(萩蝶鳥文鏡)平治元年(1159年)銘 10. 松喰鶴長方鏡(線刻観音鏡像) 11. 鋳銅梅竹透釣燈籠 千葉市千葉寺出土 天文19年(1550年) 12. 瑞花双鳳八稜鏡 13. 芦屋浜松図真形釜 14. 巴透鐔 15. 雨下猛虎図鐔 奈良利寿作 16. 銅鷲置物 鈴木長吉作 1893年 17. 七宝富嶽図額 濤川惣助作 1893年

    漆工

    日本 1. ○片輪車螺鈿蒔絵手箱 2. 蒔絵扇散文手箱 3. 蒔絵檜扇散文手箱 4. 竜胆丸文蒔絵礼盤 5. 住吉蒔絵唐櫃 6. 沃懸地獅子螺鈿鞍 7. 萩螺鈿鞍 8. 菊螺鈿鞍 9. ○片輪車蒔絵螺鈿手箱 10. 男山蒔絵硯箱 11. 芦舟蒔絵硯箱 12. 花樹鳥獣蒔絵螺鈿聖龕 13. 初瀬山蒔絵硯箱 14. 子日蒔絵棚 15. 御所車蒔絵硯箱 16. 塩山蒔絵硯箱 17. 砧蒔絵硯箱 18. 柴垣蔦蒔絵硯箱 19. 蔦細道蒔絵文台硯箱 田付長兵衛作 20. 芦穂蒔絵鞍鐙 21. ○八橋蒔絵螺鈿硯箱 尾形光琳作 22. ○舟橋蒔絵硯箱 本阿弥光悦作 23. 舞楽螺鈿蒔絵硯箱 伝本阿弥光悦作 24. 比良山蒔絵硯箱 塩見政誠作 中国・朝鮮 1. 龍濤螺鈿稜花盆 2. 花鳥螺鈿文台及び硯箱・牡丹唐草螺鈿箱 3. 菊花文螺鈿経箱 4. 菊花唐草螺鈿経箱

    陶磁

    中国 1. 白磁鶏頭瓶(白磁鳳首瓶)唐 2. 唐三彩竜耳瓶 3. 白磁金彩雲鶴唐草文碗 定窯 4. 柿釉金彩蝶牡丹文碗 定窯 5. 柿釉金銀彩牡丹文碗 定窯 6. 青磁琮形水指 南宋官窯 7. 青磁輪花鉢 南宋官窯 8. 青磁茶碗(馬蝗絆)龍泉窯 9. 染付魚藻文壺 元 10. 金襴手花鳥文瓢形大瓶 明 11. 粉彩梅竹文皿 清 日本 1. 奈良三彩有蓋壺 伝大阪府茨木市安威大職官山出土 2. 灰釉長頸瓶 三重県鳥羽市蟹穴古墳出土 3. 黄釉牡丹唐草文壺 古瀬戸 4. 信楽一重口水指 柴庵 5. 鼠志野鶺鴒文鉢 6. 色絵竹叭々鳥文大皿 古九谷様式 7. 色絵花鳥文大深鉢 伊万里・柿右衛門様式 8. 銹絵観鴎図角皿 尾形乾山作・尾形光琳画 9. 染付龍濤文提重 青木木米 10. 色絵梅月図茶壺 仁清 11. 色絵牡丹文水指 仁清 12. 褐釉蟹貼付台付鉢 宮川香山1881年 13. 黄釉銹絵梅樹文大瓶 宮川香山 1893年 14. 白磁蝶牡丹浮文大瓶 三代清風與平作

    旧東京帝室博物館本館
    表慶館
    旧因州池田屋敷表門
    旧十輪院宝蔵
    舞妓図 麻布油彩 黒田清輝筆 1893年
    湖畔 麻布油彩 黒田清輝筆 1897年
    智・感・情 麻布油彩 黒田清輝筆 1899年
    『国宝・重要文化財大全』(別巻 所有者別総合目録・名称総索引・統計資料)、毎日新聞社、2000
    『東京国立博物館ニュース』東京国立博物館
  3. ja.wikipedia.org › wiki › 装身具装身具 - Wikipedia

    装身具(そうしんぐ、英: personal ornament あるいは小さなものはtrinket [1] )とは、装飾つまり「かざり」のために身体や衣服につける服飾付属品 [1]。より魅力的に見せるために使われる物で、通常は実用的な目的が無いもの [2]。 概要 歴史 装身具は、もともとは呪術的な意味合いを持っていた ...

  4. 栓状耳飾り(せんじょうみみかざり)は、日本の縄文時代中期(約5000年前)に隆盛したピアス式耳飾り(イヤリング)の一種である。 考古学界では「耳栓」(じせん)と呼ぶのがより一般的だが [4] [5]、いわゆる耳栓(みみせん)と字が同じのため、混同を避けるために本項では「栓状耳飾り ...

  5. N700S系(エヌ700エスけい)は、東海旅客鉄道(JR東海)・西日本旅客鉄道(JR西日本)および九州旅客鉄道(JR九州)に在籍する新幹線 電車である。 東海道新幹線向けの営業用新幹線車両としては第6世代となる車両 [4] [注釈 1] である。 報道資料等では「N700S系」ではなく単に「N700S」で呼ばれて ...

  6. 概要 本作品では、ストーリーとキャラクターを一新し、新シリーズ用に描き下ろされた3体のデジモン(ガンマモン、アンゴラモン、ジェリーモン)が初登場する完全オリジナルストーリーのテレビシリーズとして放送される [1]。 物語の舞台は「“ほんの少し未来の”世界」と設定され、父親 ...

  1. 飾品展示盒 相關
    廣告
  1. 其他人也搜尋了