Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. ケツギョ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ケツギョ
    • 分布
    • 形態
    • 人間との関係
    • 脚注
    • 参考文献
    • 外部リンク

    中国大陸東部沿岸の黒竜江省(アムール川)から広東省にかけての各水系に分布するが、華南よりも華北に多い。本来、海南島などの島嶼部や雲南省などの内陸部には分布しない。現在は、養殖のために台湾にも移植されている。また、広東省を中心に大規模な養殖が行われている。

    成魚は全長30cm程度、最大で65cmとなる。体は側扁する。体長は体高の約2.8倍程度。吻は前に突き出ていて、口が大きい。尾鰭(おびれ)はうちわのような円形をしている。背鰭(せびれ)は前後で形態が異なり、前部には硬い刺がある。体色は黄緑色で、腹部は淡灰色。体側には中央付近に太く黒い筋模様が1本あり、不規則の暗褐色の斑点がいくつかあり、周辺環境に紛れる保護色となる。吻から目を通って背鰭の下まで、黒い竪筋模様がある。腹鰭・背鰭の後部・尾鰭の各軟条部には暗褐色の黒点が並び、全体で軟条を横切る帯模様に見える。

    中国語の標準名は「鱖」または「鱖魚」であるが、この「鱖魚」を音読みしたものを和名としている。旧満州において、日本人はヨロシと称した。中国語では同音の当て字で「桂魚」、また、これから類推した「桂花魚」と呼ばれたり、その当て字で「季花魚」と書かれることもある。「桂花」はギンモクセイを意味するが、鱖魚とは無関係である。他に地方名に「翹嘴鱖」、「胖鱖」(湖北省)、「母猪殻」(四川省、重慶市)、「花鯽魚」、「鰲花魚」(東北)などがある。 属名Sinipercaは、「中国(Sini)のパーチ(Perca)」を意味する。 白身で癖がなく、食感もぷりっとしていて良く、小骨がないため、中国では高級食材として扱われている。ネギ、ショウガまたは豆豉と共に蒸し魚にしたり、唐揚げにすることが多い。 中国では活魚としてホテルや料理店などに販売されているが、日本においては外来生物法の特定外来生物(第二次指定種)として、活魚での輸送や保管は禁止されている。 古来、美味なる魚として漢詩にもたびたび現れる。例えば、唐の張志和の『漁歌子』には「西塞山前白鷺飛,桃花流水鱖魚肥。」の一節がある。また、絵画や陶器などの題材にもされることがある。

    ^ 李思忠,『中国淡水魚的分布区画』,pp230-231,1981,科学出版社,北京
    ^ a b 南満洲鉄道株式会社哈爾浜事務所 編、『北満洲概観』p190、1933年、満洲文化協会
    王鴻媛,『北京魚類志』pp91-92,北京出版社,1984,北京
    中国水産科学研究院珠江水産研究所 他編,『広東淡水魚類志』,広東科技出版社,1991,広州
    "Siniperca chuatsi" (英語). Integrated Taxonomic Information System. 2006年1月24日閲覧。
  2. ウツボ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ウツボ?uselang=zh-tw

    ウツボ(鱓(「魚偏」に「單」、本来はタウナギを意味する漢字))は、ウナギ目ウツボ科 (Muraenidae) に分類される魚類の総称。 日本ではその中の一種 Gymnothorax kidako (Temminck et Schlegel, 1846) の標準和名としても使われる。

  3. 魚釣島 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/釣魚島
    • 概要
    • 島名
    • 地理
    • 自然
    • 歴史
    • 参考文献
    • 関連項目

    尖閣諸島の西端、北緯25度44.8分、東経123度28.8分に位置する無人島。沖縄本島から約410キロメートル、石垣島から北西約170キロメートル、台湾島から約170キロメートル、中国大陸からは約330キロメートル離れている。 1895年から日本が領有し実効支配し、明治時代に古賀辰四郎が開拓して島の西岸に鰹節工場が作られ、サンゴ礁を砕いて船着き場も作られた。船着き場は空中写真でも確認でき、魚釣島灯台の建設や保守にも使われた。最盛期は248名、99戸が生活する古賀村が形成されていたが、1940年に事業中止に伴って無人島となった。 1970年代から埼玉県さいたま市在住の日本人が私有し、日本国政府は2002年から年2112万円で賃借していたが、2012年9月11日に北小島、南小島とともに3島を20億5千万円で購入し、日本国へ所有権移転登記を完了した。 上陸は許可を要する。島への定期船は無く、上陸や見学には漁船をチャーターする必要がある。 日本の行政区分では沖縄県石垣市字登野城尖閣2392番地にあたる。1895年から日本が領有し実効支配しているが、1970年頃から中華民国と中華人民共和国も同島の領有権を主張している。中国側は同島について釣魚島(ちょうぎょとう、ディァオユーダオ, Diàoyúdǎo) という名称を使用している。

    日本名の「魚釣島」について日本政府は地元で呼ばれている名称を地方公共団体が調査し使用しているとしている。「1885年、日本の公図を作る際、沖縄県職員石澤兵吾は、琉球国元官僚の大城永保から聴き取りを行ったが、大城は魚釣島に関し『釣魚島』と示しました。(趣意)」(島嶼研究ジャーナル第5巻第2号91ページ) 琉球ではゆくん(よこん)といった。石垣島出身の国語学・民俗学者の宮良当壮は、「よこん」の「よ」(ゆ)は「いを」(魚の古語)の琉球方言、「こん」(くん)は「くに」(國)の琉球方言であり、「よこん」は「魚國」(いをくに)、つまり魚が多いところという意味であるとする。漁民からは方言でイーグンジマと呼ばれてきた。イーグン(イグン)とは与那国方言で銛のことで、島の地形が銛のように聳えることに因む。なお、鳩間島方言では銛のことをユクンという。 『向姓具志川家家譜 十二世諱鴻基』には、1819年に公務で薩摩に向かった琉球王族尚鴻基の船が、暴風雨で南西に漂流し「魚根久場島」に到達し、さらに漂流して3日後に与那国島に到達したとの記録がある。 國吉まこもは「魚根久場島」は尖閣の琉球名ユクンクバジマであるとし、長崎純心大学の石井望は尖閣諸島の魚釣島か久場島を指すと指摘している。 魚釣島という名は、久場島とこの島との関係が、『おもろさうし』において「こはしま」(くば島)と歌われた久高島と「つれしま」(つれ島、つりしま)と歌われた津堅島の関係に相似することに由来する。 ただし、『おもろさうし』の「こはしま」は、前後の歌との関係等から見て慶良間諸島の久場島のことであるともされる。 沖縄本島と中国福州の航路上にあり、琉球王府時代には航海の標識として重要であったため、冊封使によって航行中にこの島を見たことが記録されており、陳侃の『使琉球録』では「釣魚嶼」と、徐葆光の『中山伝信録』では「釣魚台」とされている。

    面積は3.641983平方キロメートル(石垣市土地台帳の数値)で、これはモナコ公国の国土面積(1.95平方キロメートル)の約2倍、富山県舟橋村の面積(3.47平方キロメートル)とほぼ同面積に相当し、尖閣諸島の中では最大の島である。最高標高362メートル。 東西3.5キロメートル、南北1.3キロメートル。島の北側は比較的緩やかだが南側は急峻な崖となっている。島内には最高峰の奈良原岳(標高 362メートル)や屏風岳(標高 320メートル)といった山がある。

    センカクモグラ、ウオツリナガキマワリ、センカクサワガニ、タカラノミギセル、センカクアオイ、センカクオトギリ等の固有種が生息する。 1978年に、与那国島の島民から右翼団体日本青年社の上陸決死隊へ、1つがいのヤギ(パサン)が緊急時の食料として贈られて島に持ち込まれた。 のちに野生化して繁殖し、1991年に南斜面だけで300頭が確認された。2000年に13.59%であった島の裸地は、ヤギによる食害で2006年は3割を超えて、固有種をはじめとする生態系への影響が懸念されている。 石垣市議会はヤギ捕獲の要請を決議して日本政府に要請しているが対策されていない。海上保安庁水路誌に拠れば大蛇が生息する。

    1895年1月14日 - 日本領に編入される。
    1896年 - 古賀辰四郎が政府から魚釣島、久場島、北小島、南小島の30年間無償貸与を受け、無償貸与期間終了後も有償で貸与が続けられた。
    1919年 - 遭難し魚釣島に漂着した中国漁船の乗員を島民が救助し、中華民国駐長崎領事から石垣村長らに「日本帝國沖縄縣八重山郡石垣村長」等と記された感謝状が贈られる。
    1932年5月20日 - 魚釣島、久場島が辰四郎の子の古賀善次に有償で払い下げられ、同年、北小島、南小島も有償で払い下げられる。
    角川地名大百科辞典編纂委員会『角川地名大辞典47沖縄県』、角川書店、1986年
    日外アソシエーツ『島嶼大事典』、日外アソシエーツ、1991年
    『日本歴史地名体系(第48巻)沖縄県の地名』、平凡社、2002年
  4. アナゴ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/アナゴ?uselang=zh-tw

    アナゴ(穴子 [1]、海鰻、海鰻鱺 [2] )は、ウナギ目アナゴ科に属する魚類の総称 [3]。 ウナギによく似た細長い体型の海水魚で、食用や観賞用で利用される種類を多く含む。 30以上の属と150以上の種類が知られる。好みの環境や水深は種類によって異なり、砂泥底、 ...

  5. 韓国瑜 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/韓國瑜

    韓国瑜 出身地: 中華民国 (台湾)台北県中和市(現・新北市 中和区)籍貫地: 河南省 商丘 (中国語版) 各種表記 各種表記(本名) 繁体字: 韓國瑜 簡体字: 韩国瑜 拼音: Hán Guóyú 台湾語: Hân Kok-jû 和名表記: かん こくゆ 発音転記: ハン グォユィ ...

  6. 鮭の乱 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/鮭魚之乱
    • 発端
    • 拡散
    • 批判
    • 反響
    • 波紋
    • 結果
    • 類似事件
    • 関連項目
    • 外部リンク

    台湾で20店舗(2021年3月時点)を展開する日本の回転寿司チェーン店スシロー現地法人が2021年3月16日から3月21日の6日間に開催したプロモーション「愛の迴鮭祭」に端を発する。 同社は「鮭魚」(鮭の中国語表記)の同音(鮭(注音: ㄍㄨㄟ)は「圭」、魚(注音: ㄩˊ)は「瑜、妤、於、盂」など)あるいは同字が姓名に含まれている顧客に対し、 1. 2文字が同音同字であれば無料 2. 2文字が同音であれば半額 3. 1文字が同音であれば1割引 という割引を謳った。宅配は対象外で店内飲食に限定、割引対象の顧客1人につき同行者5人までの最大1グループ6人を上限とし、姓名は中国語表記に限られ、サーモンなどの外国語は対象外となる。

    このプロモーションが知れ渡ると、ネット上で「鮭魚」に改名後の身分証(中国語版)をアップロードする者が続出し、3人同時の「鮭魚」への改名事例が報道されると、バンドワゴン効果により同調者が相次いだ。台湾メディアはプロモーション目当ての改名行為を「鮭魚の乱」と称した。プロモーションが終了すると改名した市民の多くは元の名前に戻す手続きを済ませており、無料特典を受けるためだけに改名制度を2度行使したことになる。 中華民国《姓名条例》および司法院大法官(中国語版)の規定では特殊要因による三度の改名機会が保障されているため、元に戻すこともできる。ただし、元の名前に戻しても戸籍上には生涯その改名履歴は残されるため、戸籍情報を管轄する戸政事務所(中国語版)では注意を促している。未成年時の改名は本人ではなく親権者が可能。

    プロモーションを展開したスシロー側に「実際にはほぼ人名としてありえない鮭魚を話題づくりや宣伝行為として使うのはいかがなものか」という批判が起きた。 ただしこのプロモーションとは関係なく「鮭魚」を実名とする人物が10名存在していたことが判明している。

    2021年3月19日、立法委員の李徳維(中国語版)は安易な改名に対するクールダウン期間が必要として短期間での再改名を禁ずるように法改正するべきと表明した。これに対し内政部の陳宗彦はこのプロモーションで実際に改名したのは少数であり、現時点では法改正は考慮しないとしつつも、市民に対し安易な改名には慎重であるべきとコメントした。 故宮博物院は公式Facebookで乾隆帝を「愛新覚羅弘暦鮭魚」と紹介した。 高雄市長の陳其邁は地元漁港の名産ハタ(中国語表記は石班魚)をアピールするFacebook上の投稿で「陳石班」と自称し、台南市長の黄偉哲にも虱目魚(サバヒー)への改名を勧めた。 YouTuber兼格闘家兼実業家の「館長」こと陳之漢も配信中にコラージュした身分証を提示し「陳鮭頭[注 1]」を名乗った。 日本のほか、ガーディアン、テレグラフ、BBC、NBCニュースなどの欧米メディアも「サーモン・カオス」などと報道した。記事をシェアしたガーディアンのFacebookでは「ガーディアンによる今年最高のニュース」「アレックス・サモンド(Alex Salmond、元スコットランド首相)も鮭だ」などのコメントが寄せられた。

    インターネット・ミーム

    「天下帰心[注 2]→天下鮭心」など既存の成語を改変するインターネット・ミームが相次いだ。

    他社

    3月17日、改名後にスシローではなく同業他社の「くら寿司」で飲食し、精算時に全額請求された者がいた。

    改名回数上限によるトラブル

    3月17日、自身の名を「星光連流撃鮭魚[注 3]」へ改名しようと試みた男性は、母親から幼少時に既に2度改名していることを告げられ改名を断念した。 3月18日、台中市の男子大学生は「鮭魚之夢(サーモンドリーム)」に改名したが、幼少時に両親が二度改名しており、三度目の改名となるため生涯鮭と名乗らなければならないと判明したものの、台中市政府民生局は「実際の改名記録は今回が2度目であり。戻すことは可能」と発表したことで決着した

    スシローによると、この2日間でプロモーション利用者は約1,000人に達した。これにより無料および割引で消費された寿司は500万ニュー台湾ドル相当とされている また、2日間で身分証を割引対象になるように改名したのは135人に達した。地域別では当初は高雄市が最多だったが、最終的には人口に比例して74人の新北市が最多事例となった(基隆市3人、台北市52人、桃園市21人、新竹市7人。新竹県3人、台中市46人、彰化県5人、雲林県4人、嘉義市1人、嘉義県2人、台南市30人、高雄市56人、屏東県2人)。これについて新北市長の侯友宜は呆れ顔で「何も言えない(無言啦!)」とだけ吐き捨てた。台北市長の柯文哲は「社会の奇跡」と評した。 世代別では「民国87-92年生」(1998年 - 2003年生まれ)の若年層が目立っており、この年齢層を指して「鮭魚世代」と呼ばれるようになった。彰化市の戸政事務所は、若年層が多いことについて「妻子のいない独身男性は、その影響が家族に及びにくく改名手続の煩わしさが軽減されるからではないか」とコメントしている。 台湾国内ではこのプロモーションはコストパフォーマンス上は成功事例とみられており、スシロー側でも社内で鮪や鰻による同様の展開を企画しているとの声がある。

    zh:499吃到飽之亂(通称「499之亂」。通信最大手中華電信による月額499ニュー台湾ドルのデータ定額プラン発表後、各社で値下げ合戦となり店頭で発生した騒動)
    ドミノ・ピザのタトゥー・プロモーション - 2018年にドミノ・ピザがロシアで同社のロゴのタトゥーを入れた顧客を対象に年間100枚、100年間無料のキャンペーンを展開した。
    台湾スシロー 台灣壽司郎 - Facebook
  7. Reflections - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/Reflections
    • 解説
    • 収録曲
    • クレジット
    • 出典
    東芝EMIからリリースした初めてのオリジナル・アルバムで、作曲はすべて寺尾自身による。「ルビーの指環」(1981年の年間第1位)、「SHADOW CITY」(同19位)、「出航 SASURAI」(同47位)のヒット・シングルが収録されている。
    オリコンLPチャート(1989年廃止)において、史上初の週間推定売上枚数の10万枚超えを達成した。さらに3週連続で週間推定売上枚数が10万枚を超えた(1981年5月11日付〜25日付)。同チャートにおいて、2週以上連続で週間推定売上枚数が10万枚を超えた作品は本作が唯一である。
    1982年にCDが発売される前のミリオンセールスアルバム(オリコン集計)4作品のうちの一つである(そのほかは、『氷の世界』(井上陽水)・『起承転結』(松山千春)・『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』(イエロー・マジック・オーケストラ)である)。
    ジャケットの写真は寺尾が『西部警察』の撮影で多忙を極めていたため、撮影所の廊下で撮影された。煙草の火の明かりによる「LOVE」の文字が印象的だが、これは暗闇の状態でシャッターを開いてLOVEのEの文字から書いていき、Lの部分が書けたところで明かりを点けてシャッターを閉じるという技法で撮影されている。

    SIDE A

    1. HABANA EXPRESS(4分13秒) 1.1. 作詞:有川正沙子/作曲:寺尾聰/編曲:井上鑑 2. 渚のカンパリ・ソーダ(4分29秒) 2.1. 作詞:松本隆/作曲:寺尾聰/編曲:井上鑑 3. 喜望峰(4分10秒) 3.1. 作詞:松本隆/作曲:寺尾聰/編曲:井上鑑 4. 二季物語(8分04秒) 4.1. 作詞:有川正沙子/作曲:寺尾聰/編曲:井上鑑 5. ルビーの指環(4分18秒) 5.1. 作詞:松本隆/作曲:寺尾聰/編曲:井上鑑

    SIDE B

    1. SHADOW CITY(4分24秒) 1.1. 作詞:有川正沙子/作曲:寺尾聰/編曲:井上鑑 2. 予期せぬ出来事(4分12秒) 2.1. 作詞:有川正沙子/作曲:寺尾聰/編曲:井上鑑 3. ダイヤルM(3分46秒) 3.1. 作詞:有川正沙子/作曲:寺尾聰/編曲:井上鑑 4. 北ウィング(4分54秒) 4.1. 作詞:有川正沙子/作曲:寺尾聰/編曲:井上鑑 5. 出航 SASURAI(4分05秒) 5.1. 作詞:有川正沙子/作曲:寺尾聰/編曲:井上鑑

    ボーナストラック

    1. ほんとに久しぶりだね(2分55秒) 1.1. 作詞・作曲:ケン村田/編曲:ミッキー吉野 2. 何処かへ(3分12秒) 2.1. 作詞・作曲:寺尾聰/編曲:ミッキー吉野 3. 16の夏(4分20秒) 3.1. 作詞・作曲:寺尾聰,田辺靖雄/編曲:ミッキー吉野 4. 坂道を登ると(4分14秒) 4.1. 作詞・作曲:寺尾聰,田辺靖雄/編曲:鈴木茂 ボーナストラックは『Reflections+4』にのみ収録。

    参加ミュージシャン

    1. Keyboards:Akira Inoue 2. E.Guitars:Masaki Matsubara, Tsuyoshi Con 3. A.Guitars:Ted M.Gibson, Toshiaki Usui, Koichi Tani 4. E.Bass:Michael Bassman, Akihiro Tanaka 5. Drums:Tatsuo Hayashi, Yukari Uehara 6. Percussion:Nobu Saitoh, Masahito Hashida, Motoya Hamaguchi 7. Vibe:Isao Kanayama 8. Alto Sax:Hidehumi Toki 9. Trombone:Shigeharu Mukai 10. Flute:Yukio Etoh, Mitsuru Soma 11. Strings:Joe Ensemble, Tomato Strings 12. Chorus:EVE

    スタッフ

    1. Produced by Toshifumi Mutoh & Akira Terao 2. Recording Managemant by Susumu Nakamura 3. Directed by Masahiko Ina 4. Engineered & Remixed by Ryoji Hachiya 5. A.Engineered by Susumu Mera & Kazuya Yoshida 6. Graphic Conception & Art Direction by Hidemi Fujita 7. Graphic Design by Kunihiko Watanabe 8. Photography by Yukio Suminoe 9. Driver by Toryo 10. Recorded from June 12th '80 to Feb 25th '81 11. Special Thanks to IBANEZ Guitars

    ^ 寺尾聰、新レーベルであの名盤を...HMV 2006年12月18日
    ^ 『週刊朝日』1981年12月18日号、23頁。(「忘年会で恥をかかないための'81歌謡情報 『ギンギラギン』に『ひとり旅』熟年泣かせの『ルビーの指環』」22-25頁)
    ^ “寺尾聰、「ルビーの指環」を含んだ『Reflections』をリマスター再発!ボートラ付”. CD Journalニュース. 音楽出版社. (2007年3月26日). http://www.cdjournal.com/main/news/terao-akira/14606 2016年6月5日閲覧。
  8. 近畿方言 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/関西弁
    • 概要
    • 方言区画
    • 歴史
    • イメージ
    • アクセント
    • 表現
    • 語彙
    • 参考文献
    • 外部リンク

    古代より近畿地方は中央部の低地帯(奈良盆地・大阪平野・京都盆地)を中心に発展した。中世以降は京都、近世以降は大阪が最大都市となって文化圏を形成し、言語面でも京阪を中心に比較的まとまった方言圏が形成された。京阪の方言を合わせて上方語(上方言葉・上方弁)や京阪語とも言う。 近畿地方周辺では、四国方言と北陸方言に近畿方言的性格がよく認められ、特に近畿地方との交流が活発な徳島県は言語面でも影響が強く、また兵庫県淡路島との対岸同士では方言差がほとんどない(阿波弁も参照)。岐阜県西濃の方言もアクセントなどに近畿方言との関係が見られる(美濃弁も参照)。近畿・四国・北陸の方言に共通点が多い背景には、かつては陸路よりも海路による交通の方が容易であり、瀬戸内海や日本海に沿って言葉がよく伝播したためと考えられる。 近畿方言の主な特徴としては、5母音をはっきりと発音すること、京阪式アクセント、「よおゆうた(良く言った)」のようなウ音便、「はよしい(早くしなさい)」のような連用形による命令、断定「や」、否定「ん」と「へん」の併用、「はる」に代表される敬語体系などが挙げられるが、文法や語彙に関しては近畿地方に留まらず西日本で広く共通しあうものが多い。ただし、京阪などでは「いる」の使用やサ行イ音便の消失など、東日本と共通する要素もある。

    近畿地方では、地域ごとの方言意識が高く、特に京都と大阪の間には強い対抗意識が存在するが、京阪双方が周辺地域に及ぼす文化的影響力の強さと地理的障害の少なさから、近畿方言は他の方言区画よりは比較的均質である。 近畿方言内での方言区画には様々な案が提唱されているが、自然地理的・文化的条件を考慮しつつ、京阪からの距離を考えて区画されることが多い(方言周圏論的)。すなわち、京阪とそれを取り巻く近畿中央部(大よそ半径50km圏内)ほど一般に近畿方言的とされる特徴を多く備え、京阪から離れた周辺部(北近畿・紀伊半島など)ほど他の近畿方言との違いが大きくなる一方で古い言語状態を保っている。 兵庫県但馬(但馬弁)と京都府丹後西部(丹後弁)は、行政上は近畿地方であるが、方言においては東京式アクセントであるなど違いが大きく、中国方言に分類される。また紀伊半島で特に山岳が険しい奈良県奥吉野は言語島として有名で、近畿方言的な特徴がほとんど現われない。経済活動や広域放送などの面で中京圏に含まれる三重県に関しては、愛知県との県境付近の揖斐川にアクセントなどの言語境界が走り、奥吉野などよりも遥かに京阪方言に近く、近畿方言に含まれる。 近畿地方の主要都市である大阪、神戸、京都の方言をみると、音声上はアクセントが僅かに違う(大阪・神戸の「行きました」と京都の「行きました」など)程度で、問題とされやすいのは語法上の違いである。とりわけ「どす」と「だす」など京阪の違いがよく対比され、近畿中央部の方言を京言葉圏と大阪弁圏に二分する考え方もある(後述)。しかし、アスペクト(継続と完了の区別の有無)の点では神戸と京阪の間に著しい違いがある。 各方言の詳細は各項目を個別に、周辺の他方言との比較については日本語の方言の比較表を参照。

    上代から近世までは日本の文化・経済の中心は畿内だったため、上代は奈良盆地、平安時代以降は京都の方言が長らく中央語とされ、文語も平安時代の貴族の京都方言を基に成立した(中古日本語)。日本語のなかで古代から連続して文献資料が残る唯一の方言であり、また文芸活動の中心地であったことから、日本語史を語る上で最も重要な方言である。長らく都が置かれた京都では自らの方言を中央語と自負し、他地方の方言を卑しめる風潮が形成された。中世末にポルトガルなどから来日した宣教師も、公家の京都方言(御所言葉)を模範とすべき有力な日本語として扱っている(ジョアン・ロドリゲス『日本大文典』など)。 歴史が変わるのは江戸時代後期、江戸幕府政権の安定に伴って江戸の町人文化が成熟し、日本の文化・経済の中心が上方から江戸へ移行した時代である(化政文化も参照)。江戸では町人文化の発展とともに江戸言葉の地位が向上し、上方・江戸の二つの有力方言が併存・拮抗する日本語史上唯一の事態が生じた[注 1]。現代の関西と関東の方言対立意識はこうした歴史背景から形成されたものである。滑稽本『浮世風呂』(1808年)にも江戸女と上方女の言葉争いの描写がある(以下はその一部)。 1. 「そんなら言はうかへ。江戸詞のからを笑ひなはるが、百人一首(ひやくにんし)の歌に何とあるヱ。 2. 「ソレソレ。もう百人一首(ひやくにんし)じゃ。アレハ首(し)じゃない百人一首(ひやくにんしゆ)じゃはいな。まだまアしゃくにんしト言はいで頼母しいナ。 3. 「そりゃア、わたしが言損(いひぞこねへ)にもしろさ。 4. 「そこねへ、じゃない。言損(いひそこない)じゃ。ゑらふ聞づらいナ。芝居など見るに、今が最後(せへご)だ、観念(かんねん)何たら言ふたり、大願(でへがん)成就忝(かたじけ)ねへなんのかの言ふて、万歳(まんぜへ)の、才蔵(せへぞう)のと、ぎっぱな男が言ふてじゃが、ひかり人(て)のないさかい、よう済んである。 5. 「そりゃそりゃ。上方も悪い悪い。ひかり人ッサ。ひかるとは稲妻かへ。おつだネヱ。江戸では叱(しか)ると言ふのさ。アイそんな片言は申ません。 6. 「ぎっぱにひかる。なるほど。こりゃ私が誤た。 上方言葉が権威ある言葉とされた江戸中期まで、江戸の上級武士や教養層は上方言葉を真似て話していたとされる。その後江戸言葉の地位向上に伴って上...

    文学・ドラマ・映画・漫画などのフィクションでは、ステレオタイプな大阪像を念頭に置かれた関西弁が強烈な役割語としてキャラクターの差別化の記号としてよく利用される。 「役割語」の提唱者である金水敏によると、フィクションにおける大阪弁・関西弁は「快楽・欲望の肯定と追求」(金銭への執着、好色、派手など)という性質を持ったトリックスターの役どころを表す記号であり、これは江戸時代における理想主義的な江戸文化と現実主義的な上方文化の対比に端を発するという。このイメージに関連して、高度経済成長期以降、菊田一夫の『がめつい奴』や花登筐の「根性もの」の流行から「ど根性」というイメージも定着している。 近代以降、大阪発の漫才や演芸番組がラジオやテレビを通じて日本全国で人気を博したことから、「関西弁=お笑い」のイメージが強く定着した。このことを井上章一が「関西語は、道化的な言い回しに、おとしめられている」と否定的に指摘している。また太平洋戦争後、近畿地方を舞台とする迫力ある作品(ヤクザ映画など)の流行や、現実の近畿地方における凶悪事件の多発とその過熱報道などにより、関西弁は「暴力」などの荒々しいイメージと結び付けられるようになった(戦前までは、上方出身者は江戸っ子に比べて気長・柔弱・女々しいなどとされていた)。 フィクションでの関西弁については、以上のようなステレオタイプに加えて、大袈裟な誇張や誤ったアクセント・表現によって不自然な「似非方言」となりやすく、近畿地方出身者にとって違和感や不快感の対象となることがしばしばある。関西大学の黒田勇副学長もスポーツ紙などマスメディアにおいて、報道内容に庶民性や現実味を付加するために関西弁が恣意的に使われることがあり、それは一方で関西弁を「東京的な価値観」からの「逸脱者」を表す安易な役割語となし、「関西の文化と人々を傷つけるもの」であると指摘している。 1980年代以降、従来のステレオタイプな大阪像とは異なるイメージも生まれてきている。山下好孝によると、若者を中心に「かろやか」「ファッショナブル」「都会的」「タレント的なおもしろさ」といったプラスイメージで受け入れられるようになったという。要因として、関西お笑いタレントの東京進出が活発化し、全国放送のバラエティ番組において、漫才やコントの作り物のセリフではなく、フリートークとしての関西弁を耳にす...

    近畿地方は京阪式アクセントの一大勢力圏である。京阪式は東京式アクセントと違いが大きく、近畿方言らしさを印象付ける大きな要素となっている。 一口に京阪式と言っても「地下鉄:ちかてつ/ちかてつ」や「東京:とおきょお(大阪)/とおきょお(京都)」のように個人差・地域差があり、変化も起こっている。変化が最も進んでいるのは京阪神であり、「京阪式」と言えども、京阪から離れた和歌山県田辺市付近や四国地方に近代以前の伝統的なアクセントが残る。 隣接する中国地方と東海地方は東京式であり、違いが明瞭である。近畿地方でも、中国地方に続く形で但馬・丹後に、孤立した形で奥吉野に東京式の領域があり、京阪式と東京式の接触地域には京阪式のやや変化したアクセント(垂井式アクセント)がある。また紀伊半島の尾鷲市・熊野市周辺には様々なアクセントが点在している。そうした地域では、1拍語の長音化が少なかったり、母音の無声化や連母音変化が盛んだったりと、音韻面でも他の近畿方言との共通性が薄い。これはアクセントと音韻の関連を匂わすものとして注目される。

    ウ音便

    ワ行五段動詞の連用形音便や、形容詞の連用形ではウ音便を用いる。ウ音便は、語幹末の母音によって、次のように異なる。 1. 語幹末 a - aをoに変えて長音化。(例)こおた(買った) あこおない(赤くない) 2. 語幹末 i - iをyuに変えて長音化。(例)ゆうとる(言っている) たのしゅうない(楽しくない) 3. 語幹末 u - そのまま長音化。(例)くうた(食った) うすうて(薄くて) 4. 語幹末 o - そのまま長音化。(例)おもおた(思った) おもおなる(重くなる) 歴史的には、これらの母音交替は次のような連母音融合により成立したものである。 1. au→oː (例)akaku→akau→akoː 2. iu→yuː (例)tanosiku→tanosiu→tanosyuː 3. uu→uː (例)usuku→usuu→usuː 4. ou→oː (例)omoku→omou→omoː 上記は山陰を除く西日本方言で共通するが、後述するように、近代以降の近畿方言ではこれらがさらに変化している。

    動詞

    東京方言で廃れた活用形が一部残っている。関東では近世に一段活用化した「飽く」「借る」「しゅむ(染む)」「足る」「垂る」などが、近畿方言の多くでは明治以降も五段活用のまま保たれた(例:図書館で本を借った←→図書館で本を借りた)。各地の高齢層に「死ぬる」「いぬる(去る)」のナ行変格活用が、紀伊半島に「落つる」「見ゆる」などの上二段活用・下二段活用が残っており、滋賀県には「蹴る」の下一段活用の名残がある。 一方で、「見らん(見ない)」「寝れ(寝ろ)」のような一段活用の五段活用化傾向が各地(特に紀伊半島)にあり、奥吉野などでは「見れる」「来れる」のようないわゆるら抜き言葉が東京よりも早くに定着していた。 前述のようにア・ワ行五段活用の連用形でウ音便が起こるが、3音節語と「食う」などでは「わろおた→わろた(笑った)」「くうて→くて(食って)」のように音便が脱落しやすい。ウ音便ではないが、「持つ」と「行く」でも「もてきた(持ってきた)」「いてまえ(行ってしまえ。やってしまえの意)」のように促音便が脱落することがある。サ行五段活用の連用形で「はないて(話して)」のようなイ音便が起こり、滋賀県な...

    形容詞

    形容詞の連用形でもウ音便が起こるが、近畿方言ではしばしば「あこない」「おもなる」のようにウ音便が短音化する。京阪では語幹末がiのものは「たのしいない」や「たのしない」のように拗音を直音化させた形が優勢となり、本来の形は高齢層の語となっている。戦後にはさらに活用の簡略化が進み、「あこおない→あかない」「食べとうなる→食べたなる」のような語幹形との統一傾向や、「黒いない」「赤いかった」のような無活用化傾向も現われている。また「て(も)」に続く場合は、仮定表現「連用形+たら」の影響から「あこおて(も)」より「赤かって(も)」のような形が多くなっている。 近畿方言では「かとおになる(固くなる)」「よろしゅうに言うといて(宜しく言っておいて)」のように連用形に「に」を添えることがあり、特に大阪や神戸などで盛んである。また「冬寒く、夏暑い」のような連用中止法はほとんど用いず、「冬さむうて、夏暑い」のようにほぼ必ず「て」が伴う。

    ここでは近畿地方で広く用いる語彙を取り上げる。なお、近畿方言の語彙はかつて中央語として周辺地域に伝播することが多かったため、以下で取り上げる語彙も含めて、近畿地方以外にも分布するものが少なくない。例えば「おおきに」は近畿地方に限らず、西日本各地や東北地方の一部でも用いる地域がある。「関東煮」「レーコー」など飲食関係の語彙については近畿地方#食文化も参照。 1. あかん【明かん】 - 駄目だ。いけない。「埒があかぬ」の略。「あかへん」「あけへん」とも。 1.1. あかんたれ【明かん垂れ】 - 駄目な奴。弱虫。小心者。 2. あじない・あんない【味無い】 - 美味しくない。味が薄い。京都などの言い方。 3. あて - 酒の肴。お通しのことは「突き出し」と言う。またまったく別の意味だが、「私(わたし)」のこと。 4. あほう・あほ【阿呆・阿房】 - 愚かなこと。関東の「馬鹿」に対する。強めて言う場合「あっぽ(う)」などとも(主に子供)。 4.1. あほほど【阿呆程】 - (馬鹿みたいに)数量が甚だしい様子。 4.2. あほんだら【阿呆陀羅】 - 大馬鹿野郎。 5. あんじょう- 上手に。上手く。「味良く」の転。 (例)あんじょう頼んまっさ。 6. いかのぼり・いか - 凧。共通語「たこ」がタコに由来するのと同様、姿がイカに似ることに由来。 7. いがむ- かたむく、(向きが)ずれる。「ゆがむ」の転。 (例)柱がちょっといがんでへんか? 8. いきる【熱る・熅る】 - 熱くなる(原義)。転じて、息を荒らげて怒る。元気づく。調子に乗る。「息」を動詞化したものか。「調子に乗る」の用法は特に京都などで盛ん。 9. いけず - 意地悪。近世には「いかず」とも。元は「一筋縄では行かぬ」ことから、強情者・頑固者・ならず者などを指した。 10. いこる【熾る】 - 「おこる(熾る)」の転。炭火が安定して燃えている様子。 (例)炭がええ感じにいこっとるな。 11. いちば【市場】 - 日常的に近所の住民が買い物をする小規模な商店街。 12. いちびる - 調子に乗る。ふざける。名詞形「いちびり」でお調子者の意。 13. いと- 娘。嬢。「いとけない(=幼い)」あるいは「いとしげない(=愛しい)」の略か。「ぼん」の対義語。 (例)いとはん(=お嬢ちゃん) 14. いぬ【去ぬ・往ぬ】 -...

    楳垣実編『近畿方言の総合的研究』三省堂、1962年。
    前田勇『上方語源辞典』東京堂出版、1965年。
    日本放送協会『全国方言資料 第4巻 近畿編』日本放送出版協会、1966年。
    前田勇『大阪弁』朝日新聞社、1977年。
    日本のふるさとことば集成〜近畿〜(国立国語研究所)
    Kansai Dialect Self-study Site (英語)(マサチューセッツ工科大学の日本人教員ら)
  9. 宇敷赳夫 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/宇敷赳夫

    宇敷 赳夫(うしき たけお、1891年(明治24年)7月24日 [1] - 没年不明)は兵庫県出身の土木技術者。 台湾総督府の技師として [2]、日本統治時代の台湾で様々な公共建築物を手がけた。

  10. 一覧の一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/一覧の一覧

    はじめに 本一覧は、主要な一覧記事を分野別に整理し、一覧の総目次として機能するように作成されたものであり、ウィキペディア日本語版に存在する全ての一覧記事を網羅したもの(総索引)ではない。 なお、ウィキペディアにある全ての一覧記事は、Category:一覧以 ...

  11. 其他人也搜尋了
  1. 魚訊 相關
    廣告