Yahoo奇摩 網頁搜尋

搜尋結果

  1. 水疱症外来. 本来、細菌やウイルスの感染などから自分を守るための免疫が、皮膚や粘膜を構成する成分を傷害してしまい、水疱やびらんを生じる自己免疫性水疱症(天疱瘡・類天疱瘡など)の患者さんの診察を行う外来です。. 治療はステロイドの内服が ...

  2. 特徴. 医師や看護師から、患者様の感染症治療に関して色々な相談を受けてアドバイスをしています。. 外来は感染症科が診療科でないため、血液内科の外来で予約診療のみのHIV診療を 行っています。. 〇研究課題名:全自動遺伝子解析装置を用いた、グラム ...

    • 慢性拒絶反応とその原因
    • 慢性移植腎腎症
    • 慢性拒絶反応の治療と予防
    • 慢性移植腎腎症の治療と予防

    慢性拒絶反応は広い意味では、原因はなんであれ移植後3カ月以降にゆっくりと進行する腎機能の悪化する病態の総称でした。しかし、慢性腎不全の病態が解明するにつれて、移植後長期にわたる腎機能の悪化には様々な原因があることがわかってきました。

    数年以上移植腎が機能した後に徐々に移植腎機能が低下する場合がありますが、移植腎生検をしても前述の免疫細胞が腎臓を攻撃している様子がない場合があります。この場合は拒絶反応により移植腎機能が低下しているのではなく、腎臓に動脈硬化が進行していたり免疫抑制剤の毒性がおこっていたりするために機能が低下しているのです。 また、腎炎が再発していたり糖尿病がある方は糖尿病による腎症がおこっている場合があります。腎生検を行って組織を顕微鏡で見ても前述した原因が複数存在する場合がほとんどで一概にこれが原因で移植腎機能が低下しているとはいえない状態になっているのです。このような移植腎が低下した状態を総称して慢性移植腎症と呼んでいます。

    慢性拒絶反応は月単位から年単位にゆっくり進行するので、腎機能がある程度悪化してからの治療ではなかなか治療効果があがりません。そのため一番大事になってくるのは慢性拒絶反応の早期発見であり、移植腎機能が悪化する前の移植腎生検が重要になってきます。移植腎機能が低下する前に拒絶反応がわかれば、免疫抑制療法で拒絶反応が治療できます。

    慢性移植腎腎症は複雑に様々な要因が絡み合っているので、いったん発症すると良い治療法はなかなかないのが現状です。しかし、発症を予防したり進行を遅らせることができるので、重要になるのが早期発見になります。動脈硬化にならないように高血圧や高脂血症のコントロールをしっかり行い、できるかぎり免疫抑制剤の使用量を減らしていくことなどが予防や進行の防止になります。

  3. この研究計画には、トキシックショック症候、劇症型レンサ球菌感染症の発症機序や病原因子の解析が研究の対象となる。 (5) 細菌毒素の解析: スーパー抗原と呼ばれる細菌毒素による疾患の発症機序の解析、スーパー抗原の構造解析、および新しいスーパー抗原の探索をおこなう。

  4. 概要. 東京女子医科大学血液内科は他大学に先駆けて1973年から独立した血液内科として診療を開始しています。. 初代教授は宮﨑 保先生で、1991年に溝口秀昭先生を初代主任教授とする血液内科学講座が開設されました。. 2004年から第2代主任教授として泉二 ...

  5. 内分泌内科学分野では、どのような内分泌疾患に対しても診療を行うことができることを第一に考え、そのための症例分析、臨床研究、基礎研究を行うことのできるPhysician Scientistを育成することを教育方針とします。. これまでに大月が行ってきた症例分析 ...

  6. 巣状分節性糸球体硬化症. 巣状分節性糸球体硬化症. 微小変化型ネフローゼ症候とは異なり、一部( 巣状) の糸球体のうちの部分的( 分節性) に血管が硬くなる形態が認められます。. リンパ球の働きが原因のこともありますが、メタボリック症候など ...