Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 16 項搜尋結果

  1. ja.wikipedia.org › wiki › 天宝_(唐)天宝 (唐) - Wikipedia

    元年:安禄山が平盧節度使となる。 3年:年次表記を「年」から「載」に改める。 3載:楊貴妃(当時の呼称は楊太真)が玄宗の後宮に入る。 安禄山が范陽節度使を兼任する。 4載:楊太真が貴妃の位を賜って楊貴妃となる。 10載:高仙芝率いる唐軍がタラス河畔の戦いで敗北。

  2. 開元天宝遺事. ウィキソースに 開元天宝遺事 の原文があります。. 『 開元天宝遺事 』(かいげんてんぽういじ)は、 五代十国時代 後周 の 王仁裕 ( 中国語版 ) が撰した 志怪小説 。.

  3. ja.wikipedia.org › wiki › 天保暦天保暦 - Wikipedia

    • 使用期間
    • 概要
    • 太陽暦への改暦
    • 改暦以後の旧暦
    • 関連項目

    天保15年[注 2]1月1日(1844年2月18日)に寛政暦から改暦され、明治5年12月2日(1872年12月31日)まで約29年間使用された。 明治6年(1873年)1月1日、グレゴリオ暦(太陽暦)に改暦されるも、明治42年(1909年)まで官暦(伊勢神宮から発行された本暦や略本暦)に記載されていた。

    渋川景佑らが西洋天文学の成果を取り入れて完成させた暦で、実施された太陰太陽暦としてはそれまでで最も精密なものである。天文学者の平山清次の計算によれば、平均太陽年が365.24219日・平均朔望月が29.530589日に対して、天保暦の太陽年は365.24223日・朔望月は29.530588日であり、グレゴリオ暦の太陽年の365.2425日よりも誤差が小さいことが確かめられている(『暦法及時法』)。 寛政暦までは、二十四節気を1年間を等分(時間分割)して計算する平気法が使用されていた。天保暦では太陽の位置を計算し、天球上の太陽の軌道を24等分(空間分割)して二十四節気を求める定気法を採用した。 しかし定気法の採用によって置閏法(閏月の置き方)がかえって複雑になったという批判もある。実際、定義通...

    明治5年11月9日(1872年12月9日)、突如として太陽暦への改暦の布告が明治天皇の詔書と太政官布告337号によって行われた。 そのため布告された翌月の12月が、わずか2日となり、その翌日が明治6年(1873年)1月1日(太陽暦)となることを知らされた当時の人々の間に、混乱が生じた。 改暦にともなう混乱の詳細は、グレゴリオ暦項にある「日本におけるグレゴリオ暦導入」の節を参照のこと。

    日本では、新暦への改暦以来現在まで「旧暦」という名前の太陰太陽暦が暦書やカレンダーなどに記載されている。これは現代天文学に基づいて観測された月と太陽の動きから朔と二十四節気を計算し、また観測の基準が京都の東経約135度46分であったものを日本標準時子午線の東経135度に変更して、置閏法のみ天保暦と同じにしたものであり、厳密には天保暦ではない。 この計算は、現在では国立天文台によって行われている。その計算結果は、毎年2月のはじめに、翌年分が「暦要項」というタイトルで「官報」上に告示される[注 3]。この「暦要項」の「二十四節気および雑節」および「朔弦望」の2節[注 4]に提示された情報と、天保暦に基づく置閏法により、「30日の大月、29日の小月」や「12の月および閏月の設定」など、旧暦の年月日...

  4. ja.wikipedia.org › wiki › 尖石郷尖石郷 - Wikipedia

    • 地理
    • 歴史
    • 経済
    • 観光
    • 関連項目

    尖石郷は新竹県で最も広大な郷であり、527.5795平方キロメートルの面積があり、新竹県の3分の1以上を占めている。郷の標高は約200〜2000メートルで、辺りを標高1500〜3,000メートルの山々に囲まれ、北部の山地鄉(中国語版)として有名である。五峰郷、横山郷、関西鎮と隣接している。

    日本統治時代、台湾総督の佐久間左馬太の五箇年理蕃計画のための武器没収に反発した台湾原住民によって各地で抗日運動が起きたが(霧社事件等)当時台湾行政区分の新竹州竹東郡と呼ばれた尖石郷でも霞喀羅事件(中国語版)が起き、闘争は1913年(大正2年)から1926年(大正15年)まで13年間続いた。

    主な経済は、観光と農業で、広大な山岳地帯での高原野菜(ヤーコン等)の生産が盛んである。他に、桂竹(中国語版)の筍、桃、白桃、ヤマナシ、柿、シイタケ、高山茶(中国茶)、等を生産している。 また、マス、鮎等の養殖業、竹炭加工品も行っている。

    小錦屏温泉(中国語版)
    秀巒温泉(中国語版)
    タイヤル族集落・司馬庫斯(中国語版)(スマグス)
    千百恵(中国語版)
    温嵐(中国語版)
    羅美玲(中国語版)
    • 駆魔司
    • 曜金宮
    • 唐朝
    • 妖族
    • その他
    駆魔司(くまし)は朝廷によって結成された妖怪退治専門の官職。主に、大理寺(裁判所)で扱う事案の中で、妖怪の関与が疑われるものが回されてくるが、内容は些末なものから血生臭いものまで多様でかつ量も多く、駆魔司メンバーを辟易させている。記念すべき最初の事案は、ペットの猫探しであった。
    長安の金城坊に拠点を構える。設司者である狄仁傑(てきじんけつ)の死後は後任がおらず、建物も長い間放置されたまま廃屋と化していた。長史となった李景瓏の手配によって改装され、職場兼駆魔司メンバーの住居となる。ホールには狄仁傑の肖像が掛けられ、不動明王像が置かれている。中庭には池があり趙子龍の居場所となっている。
    声 - 辺江(ビエン・ジャン)
    本作の主人公。20歳。龍武軍の校尉。駆魔司の長史に任命される。武器は剣。
    両親が他界した後、家財を注ぎ込んで古い剣を購入し、いつも持ち歩いている。封常清によって龍武軍に入れられた。
    知恵の剣で鴻俊に斬りかかった際に心灯のペンダントが割れ、心灯が体内に入って気絶した。心灯を取り返そうとした鴻俊に娼楼に運ばれ、その結果「勤務中に娼楼に行っていた」という濡れ衣を被ることになった。龍武軍校尉から駆魔司長史への転属という処分となり、(不名誉な)昇格となった。封常清からは仕置きを受け、更には長安中の百姓の笑いものになった。この鴻俊との出会い以降、不運の連続となる。
    鳳凰重明が率いる鳥類の一族が住み、太行山の険しい雪山の上に和田玉で築かれた宮殿がある。
    声 - 劉琮(リウ・ツォン)
    鴻俊の養父。鳳凰の化身。
    青雄、孔宣と兄弟のように育った。かつては妖王だったが、200年前の黒蛟・獬獄との闘いで重傷を負い、人間とは一切関わりを持たないと誓い、曜金宮で暮らしている。人間を嫌っており、初めは人間の血が流れる鴻俊を養育することも拒んだ。言葉や態度は辛辣だが、愛情は深く、鴻俊という名を与えて12年間育てた。自身の涅槃(死)が近づいており、鴻俊の将来を案じている。

    1. 声 - 孫金梁(スン・ジンリャン) 2. 李景瓏の表兄(いとこ)。唐の武将。杖をついている。 3. 娼楼での一件で駆魔司長史に転属となった際、李景瓏が妖怪を追っていたことを説明したが、妖怪の存在を信じていなかったため、聞く耳を持たず怒り狂った。しかしその後、駆魔司で鯉妖怪の趙子龍を見ることになる。

    1. 声 - 趙銘州(チャオ・ミンジョウ) 2. 唐の9代皇帝。中国史においては「玄宗」の名で知られる。昔、黒い龍を見たことがある。

    1. 声 - 白雪岑(パイシュエツァン) 2. 李龍基の正室。「楊貴妃」の名で知られる美女。

    烏綺雨(ウーチンユー)

    1. 九尾の妖狐。朝廷のある人物に成りすましている。科挙を利用し、唐を妖族の支配下に置こうとしている。

    獬獄(シェユー)

    1. 200年前に鎮龍塔から逃げ出した黒蛟。天魔を復活させ妖族を統治することを目論んでいる。

    玉藻雲(ユザオユン)

    1. 烏綺雨の姉妹狐。

    陳(チェン)家

    1. 陳子昂の死後、家系は衰退し、母子二人が残されている。心灯の継承者は赤ん坊である。

    秦伍(チン・ウー)

    1. 李景瓏の龍武軍時代の後輩。

  5. 『ゴールデンカムイ』(GOLDEN KAMUY) は、野田サトルによる日本の漫画。明治末期の北海道・樺太を舞台にした、金塊をめぐるサバイバル バトル漫画。 『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて、2014年38号から2022年22・23合併号まで連載された [7] [8]。2022年9月時点でコミックスはシリーズ累計2300万部 ...

  6. オルフェーヴル(欧字名: Orfevre、2008年 5月14日 - )は、日本の競走馬・種牡馬 [1]。 2011年に史上7頭目となるクラシック三冠を制し [11]、同年のJRA賞年度代表馬、JRA賞最優秀3歳牡馬に選出された [3] [12]。 主な勝ち鞍は2011年の皐月賞、東京優駿、菊花賞、2011年・2013年の有馬記念、2012年の宝塚記念 ...