Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. Template:光緒十二年丙戌科殿試金榜 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/Template:光緒十二年丙戌科...

    最終更新 2020年8月23日 (日) 08:30 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。 テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。 追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。 ...

  2. 陳叔宝 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/陳叔宝
    • 生涯
    • 人物
    • 妻子
    • 参考文献

    即位前

    承聖2年(553年)、陳頊(後の第4代皇帝宣帝)の長男として江陵に生まれた。承聖3年(554年)に江陵が西魏の侵攻により陥落すると、陳頊は関中に連行され、陳叔宝は穣城に抑留された。天嘉3年(562年)、帰国して建康に入り、安成王世子に立てられた。天康元年(566年)、寧遠将軍の位を受けた。光大2年(568年)には太子中庶子となり、まもなく侍中の位を受けた。翌太建元年(569年)1月に宣帝が即位すると、皇太子に立てられた。太建14年(582年)1月に宣帝が崩御すると、異母弟の始興王陳叔陵が兄の陳叔宝を殺害しようとした。陳叔宝は母の柳敬言や乳母の呉氏に急場を救われ、蕭摩訶が陳叔陵を討ったため、即位することができた。

    皇帝として

    施文慶、沈客卿ら奸臣を用い、尚書令の江総や陳暄・孔範ら「狎客」と呼ばれた文人たちと日夜宴飲と歌舞音曲にふけり、国政を顧みなかった。また、禎明2年(588年)には、腹心の吏部尚書蔡徴らの讒言によって、長男で皇太子の陳胤を廃嫡して呉興王に降格し、寵姫の張麗華が生んだ揚州刺史・始安王の陳深を新たな皇太子とするなど、乱脈な国政によって陳の国力は大きく衰えた。

    亡国

    禎明2年(588年)10月、大陸の統一を目指した隋の文帝は、次男の晋王楊広を総大将とする総勢51万8000の軍を侵攻させた。翌禎明3年(589年)の元日には隋軍が大挙して長江を渡り国都建康に迫った。後主は「犬羊のごとき者ども(隋軍を指す)が我が国に勝手に侵入し、京師(国都の周辺地域を指す)の近郊を盗み取っている。蜂や蠍のごとき毒のある者は、時機を選んで(隋軍を)掃討・平定するがよい。内外ともに厳重に警戒するように」と詔したが、迎撃に出た将の紀瑱が撃破され、隋軍の前線司令官賀若弼が陳の捕虜を寛大に扱ったこともあり、形勢不利を悟った陳軍からは投降者が相次いだ。首都の建康が陥落するに及び、大臣の1人である尚書僕射の袁憲は「隋軍の兵士達が宮廷に侵入してきても、決して乱暴なことはしないでしょう。しかも今は陳国にとって最も重大な時でございます。陛下におかれましては、服装を正して正殿に着座し、梁の武帝が侯景を引見した時の例にお倣い下さいますように」と後主に進言したが、後主は従わず「剣の刃の下では当たっていくことはできない。私には私の考えがあるのだ」と言って、宮中の奥にある空井戸に隠れようとした...

    後主は君主としては無能であったが、詩人としては優れていた。特に楽府を多く作り、その内容は艶麗で技巧的な詩風を特徴とする「宮体詩」が大多数を占める。後主の代表作であり、壮麗な後宮と宮女のあでやかな美しさを詠じた「玉樹後庭花」は、後世において亡国の詩とされ、六朝文学批判の槍玉に挙げられるほか、南朝滅亡を主題とする詩にしばしば詠われている。
    無位無官であることを恥じて、文帝に位を授けるように頼み呆れさせた。酒浸りだったため文帝から控えるよう忠告されたが聞き入れなかったため放置された。

    后妃

    1. 沈婺華(沈皇后) 2. 張麗華(張貴妃) 3. 孫姫 4. 高昭儀 5. 呂淑媛 6. 龔貴嬪 7. 張淑華 8. 徐淑儀 9. 孔貴人

    男子

    1. 呉興王 陳胤(承業)- 母は孫姫 2. 南平王 陳嶷(承岳)- 母は高昭儀 3. 永嘉王 陳彦(承懿)- 母は呂淑媛 4. 皇太子 陳深(承源)- 母は張麗華 5. 南海王 陳虔(承恪)- 母は龔貴嬪 6. 信義王 陳祗(承敬)- 母は張淑華 7. 邵陵王 陳兢(承検)- 母は呂淑媛 8. 会稽王 陳荘(承粛)- 母は張麗華 9. 東陽王 陳恮(承厚)- 母は徐淑儀 10. 呉郡王 陳蕃(承広)- 母は孔貴人 11. 銭塘王 陳恬(承惔)- 母は龔貴嬪 12. 陳総 13. 陳観 14. 陳明 15. 陳綱 16. 陳統 17. 陳沖 18. 陳洽 19. 陳縚 20. 陳綽 21. 陳威 22. 陳辯

    女子

    1. 陳婤(六女、隋の煬帝の陳貴人)

    『資治通鑑選』:広常人世 新田大作 石川忠久 頼勤惟 山井勇訳 平凡社 1970年
    『世界史大系 中国史2 三国〜唐』(山川出版社 1996年)
    • 陳叔宝
  3. 洪明甫 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ホン・ミョンボ

    洪 明甫(ホン・ミョンボ、홍명보、1969年 2月12日 - )は、韓国・ソウル出身の元サッカー選手、サッカー指導者。2016シーズンより中国サッカー・スーパーリーグの杭州緑城の監督を務めていた。 元韓国代表。現役時代のポジションはセンターバック、ディフェンシヴ ...

  4. 金皓 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/金皓

    金 皓(キム・ホ、김호、1944年 11月24日 - )は、韓国・慶尚南道 統営市出身の元同国代表サッカー選手、指導者。 来歴 現役時代はセミプロ選手として第一毛織FCや韓国商業銀行FCに所属。 1965年に韓国代表デビュー。 1970年代の日韓戦ではメキシコオリンピック得 ...

  5. 蘇智傑 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/蘇智傑
    • 経歴
    • 詳細情報
    • 関連項目

    2016年6月のドラフト会議で統一ライオンズから1位指名を受け、入団が決まった。7月29日の義大ライノズ戦に7番・二塁手で起用され、プロ初出場・初先発出場を果たした。8月3日の中信兄弟戦では鄭凱文からプロ初安打をマークした。同月11日の義大ライノズ戦ではプロ初本塁打となる3点本塁打を放った。最終的には44試合に出場し打率.333、9本塁打、33打点を記録した。 2017年は右肩を負傷し開幕に出遅れるも、4月19日に一軍へ復帰した。その後92試合に出場し自己最高の打率.351をマーク。そして17本塁打77打点を挙げた。また王柏融に次ぐOPS1.015を記録した。オフには2017 アジア プロ野球チャンピオンシップ チャイニーズタイペイ代表に選出された。 2018年は6月の月間成績打率.320、6本塁打、16打点をマークし月間MVPを受賞した。7月7日のオールスターゲームでは決勝打を含む2打点を挙げ、オールスターゲームの最優秀選手に選出された。しかし同月18日のLamigoモンキーズとの試合前の練習で、誤ってボールを踏んで右足を捻挫し、翌日に二軍へ降格した。8月7日の一軍へ復帰するも同月9日の中信兄弟戦でファールを打った際に、右手首を骨折し翌日に再び登録抹消となった。その後はシーズン中に復帰することは出来ず、僅か65試合の出場に留まった。10月の台湾シリーズでは復帰を果たし、打率.350、2本塁打、6打点を記録するなどシリーズの優秀選手に輝いた。 2019年は全試合に出場しリーグ最多の30二塁打、打率.282、27本塁打、83打点をマークした。また9月18日のLamigoモンキーズ戦で球団史上初となるシーズン20本塁打、20盗塁を達成した。その結果、自身初となるベストナインとゴールデングラブ賞を獲得した。オフには2019 WBSCプレミア12 チャイニーズタイペイ代表に選出されるも、16打席無安打10三振に終わった。 2020年は6月に打率.417、9本塁打、26打点をマークし月間MVPを獲得した。最終的には118試合に出場し打率.313、28本塁打、98打点、リーグ最多の104得点を記録するなど、2年連続となるベストナインとゴールデングラブ賞を獲得した。チームメイトの林安可、陳傑憲も外野手部門のベストナインを受賞し、CPBL史上初となる同一チームで外野を独占する...

    年度別打撃成績

    1. 2020年度シーズン終了時 2. 各年度の太字はリーグ最高

    年度別打撃成績所属リーグ内順位

    1. 「-」は10位未満(打率、出塁率、長打率、OPSは規定打席未到達の場合も「-」と表記)

    年度別守備成績

    1. 2020年度シーズン終了時 2. 太字年はゴールデングラブ賞受賞

  6. 時をかける愛 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/時をかける愛
    • あらすじ
    • 主題歌
    • 最終回映像流出事件
    • 撮影エピソードなど

    2019年の台北。IT企業で働くキャリアウーマンの黄雨萱(ホァン・ユーシュエン/アリス・クー)には、大切な恋人、王詮勝(ワン・チュエンション/グレッグ・ハン)がいた。しかし、彼は2年前の飛行機事故で行方不明になっていた。詮勝に会いたいと願い続ける雨萱は、ウエブサイト上で彼にそっくりな人物の写真を見つける。そしてその人物の隣には、自分にそっくりな少女と見知らぬ青年の3人が写っていた。雨萱は写真の人物たちを調べようとするが、古い写真であるため何もわからなかった。 その後、詮勝の故郷を訪れた雨萱は、台北に戻る長距離バスの中で不思議な夢を見る。その夢の世界は2019年の台北ではなく、1998年の台南で、その古い写真の人物たちがいた。自分に似た少女は陳韻如(チェン・ユンルー/アリス・クー)、王詮勝に似た青年は李子維(リー・ズーウェイ/グレッグ・ハン)、見知らぬ青年は莫俊傑(モー・ジュンジエ/パトリック・シー)といい、3人とも同じ高校に通う同級生だった。台北に着いて目を覚ました雨萱は、夢で見た情報を調べていくうちに、その内容が事実と一致していることに気づく。さらに思いがけない出来事から雨萱は、1998年の台南にタイムスリップしてしまい、当時発生した傷害事件に関わるが…。

    オープニング曲「Someday or One Day」 歌/スン・ションシー 孫盛希
    エンディング曲「想見你想見你想見你 Miss You 3000」 歌/八三夭 (831/バーサンヤオ)
    挿入歌「LAST DANCE」 歌/ウーバイ(伍佰)

    台湾での最終回の放送日(2020年2月16日)を直前に控えた2月10日、最終回のエンディングがインターネット上に流出していたことが判明した。 その翌日、製作スタッフは公式声明を発表し、流出したエンディングは最終版ではないとし、視聴者には視聴しないこと、海賊版リンクを配布しないことなどを呼びかけるともに、ドラマの公式SNSに特典映像「もう一つのエンディング」を最終回の放映終了直後にアップした。 また、さらなるファンサービスとして最終回放映の翌日に、このドラマの主題曲を歌った孫盛希と八三夭がオープニング曲とエンディング曲をクロスオーバーさせたミュージックビデオを発表している。

    1998年の舞台となるレコード店は、台南市にある中国茶器店「小半樓」で撮影された。カセットテープを陳列している棚などに茶器店の名残が見られる。また、2019年の舞台となるコーヒーショップは、台北市内にあるコーヒーショップ「好物咖啡(グッディーズ・カフェ)」で撮影された。
    1998年台南のシーンでは、陳韻如(チェン・ユンルー)は鳳南高校の3年8組、李子維(リー・ズーウェイ)と莫俊傑(モー・ジュンジエ) の2人は3年2組に在学している。しかし、当初の脚本ではこのクラス設定が逆になっていた。これは高校のシーンの撮影開始時にスタッフがクラスを間違えて撮影を開始してしまったため、その後のシーンではそれに合わせて所属を逆にして撮影を続けた。
  7. 許丁茂 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ホ・ジョンム

    許 丁茂(ホ・ジョンム、허정무、 1955年 1月13日 - )は、韓国のサッカー選手・指導者。 元韓国代表監督。 大韓サッカー協会副会長も歴任している。 経歴 延世大学校を卒業後の1979年、実業団の韓国電力に入団。 徴兵期間終了後の1980年にオランダのPSVアイントホ ...

  8. 張文翰 (清) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/張文翰_(清)

    張文翰(ちょう ぶんかん)は、清朝の進士、官人。出身は山東省青州府安丘県。 光緒16年(1890年)の殿試にて、進士三甲141名で合格した。同年5月、吏部によって、省の知県に任命された[1]。

  9. ベトナム帝王一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ベトナム帝王一覧

    ベトナム帝王一覧(ベトナムていおういちらん)では、独立王朝に限らず、中国王朝から冊封を受けた人物、王号や中国王朝の官職等を僭称した人物を含め、ベトナムの歴史において政権を樹立したと思われる可能な限りの人物を暫定的に列記している。

  10. 警視庁 (内務省) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/東京警視庁
    • 概要
    • 東京警視本署
    • 警視総監の地位
    • 沿革
    • 組織
    • 参考文献
    • 関連項目

    1874年(明治7年)1月15日、鍛冶橋内旧津山藩江戸藩邸に設置され、旧薩摩藩士の川路利良が初代大警視(後の警視総監)に任じられた。 警視長 - 三等、以下、大警視 - 五等、権大警視 - 七等、少警視 - 八等、権少警視 - 九等、権大警部 - 十等、中警部 - 十一等、権中警部 - 十二等、少警部 - 十三等、権少警部 - 十四等、などの官等と職制、事務年程が制定された。 府内を6大区に、各大区を16小区に分け、大区に警視出張所を、小区に邏卒屯所を配置した。2月2日に邏卒を「巡査」と改称した。 東京以外の府県警察部は知事が管轄していたが、東京に関しては内務省が直接警視庁を置き統制下においた。当時の東京府は予算以外に警察に関する権限がなかった。 1948年(昭和23年)に内務省の地方官庁としての警視庁は廃止され、警視庁は国家地方警察東京都本部と東京23区を管轄する警視庁などの自治体警察に解体・廃止された。

    警視庁発足時から各地で士族反乱が発生し、地方の警察力では対処できなかった。政府は全国の警察を一元化するため、1877年(明治10年)1月11日に警視庁を廃止し、内務省直轄の東京警視本署へと改編した。(庁舎はそのまま使用された) 川路利良大警視は内務省に対し兵器の貯蔵を上申し、東京警視本署は陸軍省から7000挺の小銃を借用して、陸軍士官の派遣を受け、軍事訓練を行った。1877年(明治10年)、最大の士族反乱となった西南戦争に警視隊(9500名)を編成して従軍し、陸軍を支援した。 西南戦争終戦後、国内の治安が安定すると、武断的な警察に批判が高まり、1881年(明治14年)1月14日に警視庁が再設置され、本来の警察業務に戻った。

    警視総監は東京府知事と同じ勅任官であったが、俸給は府知事よりも多く(内務次官、陸海軍中将と同額)、警視総監の方が格上とみなされていた。後に東京都制が施行され、親任官の東京都長官(俸給は国務大臣相当の待遇であり、また、1945年(昭和20年)8月23日の閣議了解で、必要に応じ閣議への参加も認められた)が置かれたことで逆転した。 また、警視総監は府県知事の「府県令」と同様の「警視庁令」という命令を発することができた。

    以下の略年表は、主に『警視庁百年の歩み』の「警視庁略年表」を参考にしている。 1. 1868年(明治元年) 1.1. 4月16日 - 東征大総督府が薩摩藩ほか11藩から藩兵を拠出させ、江戸市中取締りを命じる。 1.2. 7月17日 - 東京府庁内に捕亡方、断獄方を設置。 1.3. 12月5日 - 政府は東京府を47区に分け、田安藩など30藩に兵を出させ巡邏を命じる。 2. 1869年(明治2年) 2.1. 11月15日 - 藩兵を府兵に改称し、東京府に府兵掛を設置(東京府達)。 3. 1870年(明治3年) 3.1. 12月 - 東京府が政府に西洋ポリス制度採用を政府に上申 4. 1871年(明治4年) 4.1. 10月23日 - 府兵が廃止され、東京府が邏卒3,000人による取締組を編成(東京府達)。邏卒には薩摩藩、長州藩、会津藩、越前藩、旧幕臣出身の士族が採用されたが、その内訳は薩摩藩出身者が2,000人、他が1,000人であり、日本警察に薩摩閥が形成される契機となった。 4.2. 11月23日 - 取締組大体法則を制定。東京府を6大区に分け、大区ごとに取締出張所を設置し、屯所を96か所設置(東京府達)。 5. 1872年(明治5年) 5.1. 1月29日 - 大区取締出張所を大区役所と改称。 5.2. 5月13日 - 東京府に邏卒総長以下の官が置かれ、薩摩藩出身の川路利良が邏卒総長(第5大区)に任命される(太政官達)。 5.3. 5月19日 - 取締組を邏卒に改称し、正式官名とする(東京府達)。 5.4. 8月23日 - 全国の警察事務を中央が掌握することになり、東京府邏卒は司法省警保寮に移管。川路利良は司法省警保寮警保助兼大警視に任命される。 5.5. 8月29日 - 殺人犯人の写真撮影を開始。 5.6. 9月8日 - 欧州警察制度研究のため、川路大警視がフランスに出発 5.7. 10月28日 - 大区役所を大区警視出張所と改称(警保寮回達)。 6. 1873年(明治6年) 6.1. 1月25日- 東京府は市中取締りのために、番人を1180人採用。同年巡査制度が制定され、巡査は番人を監督した。 6.2. 9月 - 川路利良が政府に対し「警察制度改革の建議書」を提出。 6.3. 11月10日 - 内務省が設置される。 7. 1874年(明治7年) 7.1...

    1935年(昭和10年)時点 1. 総監官房 1.1. 情報課、会計課、文書課 2. 警務部 2.1. 警務課、警衛課、特別警備隊 3. 特別高等警察部 3.1. 外事課、労働課、特別高等課、内鮮課、検閲課、調停課 4. 刑事部 4.1. 捜査第一課、捜査第二課、庶務課、鑑識課、家出人収容所 5. 保安部 5.1. 健康保険課、工場課、交通課、保安課、建築課 6. 衛生部 6.1. 獣医課、防疫課、医務課、衛生検査所、衛生課 7. 消防部 7.1. 監察課、消防課

    『警視庁百年の歩み』警視庁創立100年記念行事運営委員会、1974年。ASIN B000J9K0CU。
    福地, 重孝『士族と士族意識―近代日本を興せるもの・亡ぼすもの』春秋社、1956年、333頁。ASIN B000JB01MW。
    警察政策学会, 編纂.『警察政策』第20号、立花書房、2018年、 274頁、 ISBN 978-4803700343。
    『警視庁史 明治編』、警視庁史編さん委員会