Yahoo奇摩 網頁搜尋

搜尋結果

  1. 例えば、血清K 6.0→5.5 mEq/Lに減少させたい場合は、約10gのカリウムを多く排泄する必要があります。. 1日の尿中カリウム排泄量を2000mgと推定し、摂取量を1500mgに制限した場合、1日0.5gしか減少させられないので、10g溜まっているとすると約20日間かかることに ...

  2. (1)尿濃縮力障害. (2)高窒素血症. (3)水・電解質異常(体液過剰、高カリウム血症) (4)代謝性アシドーシス. (5)腎性貧血. (6)二次性副甲状腺機能亢進症. など、さまざまな合併症が出現します。 合併症の出現は、機能低下に伴って、徐々に出現してきますが、その時期については個々の患者でさまざまです。 1.尿濃縮力障害 ~夜トイレに起きますか? 尿は薄くなったり、濃くなったりします。 これは、体内の水分量(体液量)に応じて、腎臓が調節しているからです。 朝起きたときや運動などでたくさんの汗をかいた後は、体から余計な水分が失われないように、尿を濃くします。 しかし、腎臓の働きが低下してくると、その力(尿濃縮力)の障害が認められるようになります。

  3. 原因 と分類. 前性・腎性・後性に大別されます。. A)前性:全身疾患のために腎臓への血流が低下する場合. 脱水症,ショック,熱傷,大量出血,うっ血性心不全,肝硬変,動脈狭窄症など。. B)腎性:腎臓自体に原因がある場合. 腎臓での血流障害 ...

  4. 電解質異常. ナトリウム、塩素、カリウムやカルシウムなどは電解質といわれます。. 腎臓はこれらの電解質の濃度を一定に保つように調整する役割を持っています。. 腎臓の機能が低下した場合、これらの電解質濃度の異常をきたすことになります ...

  5. 膠原病. 全身性エリテマトーデス(SLE)は多彩な病変を合併することが多く、ネフローゼ症候群を呈する場合はSLEの活動性が上がっていることが多く、生検で病型診断を行い、適切な治療を行うことが大切です。. ループス腎炎の項目へ. 関節リウマチ ...

  6. 東京女子医科大学病院 腎臓内科では「患者さんを中心に考える」を診療のポリシーとしています。. 腎臓病は短期決戦ではなく、長期に病気と戦う患者さんと寄り添っていくことになります。. 病気だけをみて診療することなく、患者さんの気持ちや社会 ...

  7. 慢性拒絶反応について. 移植後3カ月以降におこる拒絶反応のことで、月単位から年単位のゆっくりとした速さで機能が悪化します。. なるべく早い時期に治療しなければ効果がなく、機能が悪化してからの治療ではあまり効果はありません。.