Yahoo奇摩 網頁搜尋

搜尋結果

  1. 慢性腎臓病の食事療法. ここでは、慢性腎臓病、特にステージ3~5における食事療法について説明します。. 腎機能障害が進行してきた場合には、蛋白制限、塩分制限、カリウム制限などの食事療法を行うことにより、腎機能障害の進行を抑え、慢性腎臓病の ...

  2. 原因 と分類. 腎前性・腎性・腎後性に大別されます。. A)腎前性:全身疾患のために腎臓への血流が低下する場合. 脱水症,ショック,熱傷,大量出血,うっ血性心不全,肝硬変,腎動脈狭窄症など。. B)腎性:腎臓自体に原因がある場合. 腎臓での血流障害 ...

  3. 症状が出現することはほとんどなく、蛋白尿や機能異常(eGFRの測定)により診断されます。 (1)尿濃縮力障害 (2)高窒素血症

  4. 腎臓の働き. 腎臓は体液のバランスを一定にするために、尿という形で老廃物 (尿毒素)や水分の排泄をしています。. その他、ある種のホルモンやビタミンを産生しています。. 腎臓は、体の左右にひとつずつ合計2つあり、腰よりやや高い位置で背中側に存在 ...

  5. 1. 全身性アミロイドーシス(免疫グロブリン性アミロイドーシス(AL型)). アミロイドが免疫グロブリンのL鎖からなるものです。. 2. 反応性AAアミロイドーシス(AA型). 何らかの基礎疾患に続発して発症するものです。. 基礎疾患としては慢性関節リウマチ ...

  6. 糖尿病性腎症. 糖尿病を長く患うと、通常、神経症、網膜症、腎症の順に合併症が出てきます。. 腎症の出現には10~20年かかりますが、タンパク尿が増加してくると、ネフローゼ症候群になり、治療に難渋することが多いのが特徴です。. 腎機能も低下して ...

  7. 原因となる病気があれば、その治療を行います。. 原因が特定できない場合には、ステロイド薬 * を使用しますが、治療抵抗性のことが多く、免疫抑制薬 * を併用することも多くあります。. 比較的予後の悪い疾患です。. 頻度は少ないですが、 IgA腎症 IgA ...