Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 1880年 - Wikipedia

    ja.m.wikipedia.org/wiki/1880年

    他の紀年法 干支:庚辰 日本(月日は一致) 明治13年 皇紀2540年 清:光緒5年11月19日 - 光緒6年12月1日 朝鮮 李氏朝鮮・高宗17年 檀紀4213年 阮朝(ベトナム) 嗣徳32年11月19日 - 嗣徳33年12月1日 仏滅紀元:2422年 - 2423年 イスラム暦:1297年1月18日 - 1298年 ...

  2. 1900年代 - Wikipedia

    ja.m.wikipedia.org/wiki/1900年代

    1900年代(せんきゅうひゃくねんだい)は、 西暦(グレゴリオ暦)1900年から1909年までの10年間を指す十年紀。 本項で詳述する。 西暦1900年から1999年までの100年間を指す。20世紀とほぼ同じ意味であるが、開始と終了の年が1年ずれている。

  3. 1873年 - Wikipedia

    ja.m.wikipedia.org/wiki/1873年

    できごと 1月 1月1日 - 日本の改暦ノ布告(明治5年旧12月3日を明治6年1月1日とする、「グレゴリオ暦#日本におけるグレゴリオ暦導入」も参照) 1月9日 - 仙台・東京・名古屋・大阪・広島・熊本の6管区鎮台制となる(1888年に師団制に改称)。 1月10日 - 徴兵令施行。

  4. 1950年代 - Wikipedia

    ja.m.wikipedia.org/wiki/1950年代

    できごと 1950年代は、冷戦構造の固定した時代として位置づけられる。旧枢軸国を含む西側諸国では、経済が急速に復興し、1920年代と同様の消費生活が行われるようになった。 都市近郊には郊外住宅が発達した。政治的・文化的にはやや保守化し、一部の人権拡大の要 ...

  5. 1885年 - Wikipedia

    ja.m.wikipedia.org/wiki/1885年

    Wikipedia:スタイルマニュアル (フィクション関連)」も参照してください。ガイドラインに沿っていない記述は除去されますのでご注意ください。( 2011年7月 )

  6. 1893年 - Wikipedia

    ja.m.wikipedia.org/wiki/1893年

    他の紀年法 干支:癸巳 日本(月日は一致) 明治26年 皇紀2553年 清:光緒18年11月14日 - 光緒19年11月24日 朝鮮 李氏朝鮮・高宗30年 開国502年 檀紀4226年 阮朝(ベトナム):成泰4年11月14日 - 成泰5年11月24日 仏滅紀元:2435年 - 2436年 イスラム暦:1310年6月 ...

  7. 1909年 - Wikipedia

    ja.m.wikipedia.org/wiki/1909年

    他の紀年法 干支:己酉 日本(月日は一致) 明治42年 皇紀2569年 中国 清:光緖34年12月10日 - 宣統元年11月19日 朝鮮(月日は一致) 大韓帝国:隆熙3年 檀紀4242年 ベトナム 阮朝:維新2年12月10日 - 維新3年11月19日 仏滅紀元:2451年10月10日 - 2452年閏9月4日 ...

  8. 1874年 - Wikipedia

    ja.m.wikipedia.org/wiki/1874年

    他の紀年法 干支:甲戌 日本(月日は一致) 明治7年 皇紀2534年 清:同治12年11月13日 - 同治13年11月23日 朝鮮 李氏朝鮮・高宗11年 檀紀4207年 阮朝(ベトナム):嗣徳26年11月13日 - 嗣徳27年11月23日 仏滅紀元:2416年 - 2417年 イスラム暦:1290年11月12日 - ...

  9. 1898年 - Wikipedia

    ja.m.wikipedia.org/wiki/1898年

    他の紀年法 干支 : 戊戌 日本(月日は一致) 明治31年 皇紀2558年 清 : 光緒23年12月9日 - 光緒24年11月19日 朝鮮(月日は一致) 大韓帝国 : 光武2年 檀紀4231年 阮朝(ベトナム) : 成泰9年12月9日 - 成泰10年11月19日 仏滅紀元 : 2440年 - 2441年 イスラム暦 : ...

  10. 19世紀 - Wikipedia

    ja.m.wikipedia.org/wiki/19世紀

    1890年代 ゴーギャンとタヒチ。フランスのポスト印象主義の画家ゴーギャンは新天地を求めタヒチへ旅立った。タヒチは必ずしも楽園とばかりは言えずゴーギャンは無理解と貧困に苦しめられたがその画業は深められた。画像は「三人のタヒチ人 ...