Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 2,180,000,000 項搜尋結果

  1. 株式会社産業革新投資機構 (さんぎょうかくしんとうしきこう)は、旧 産業活力の再生及び産業活動の革新に関する特別措置法 (産業再生法)・現在の産業競争力強化法に基づき設立された官民出資の 投資ファンド [2] [3] [4] である。 2018年 (平成30年) 9月25日 に産業革新機構から改組、設立された [5] 。 概要[ 編集] 根拠法である産業競争力強化法の改正法の施行に伴い、 2009年 (平成11年)に設立された 株式会社産業革新機構 から改組され、 2018年 (平成30年) 9月 に設立された企業である。 前身である産業革新機構が出資決定した案件は、産業革新投資機構の子会社である株式会社INCJが支援を行っている。

  2. 一般社団法人日本経済団体連合会 (にっぽんけいざいだんたいれんごうかい、 英語: Japan Business Federation )は、 日本 の大手 企業 を中心に構成された 経済団体 ( 利益団体 )である。 略称は「 経団連 」。 日本商工会議所 、 経済同友会 と並ぶ「経済団体」の一つで、その中でも影響力は際立って大きく、会長は「財界総理」と称される [2] 。 かつては 経済産業省 所管の 社団法人 であったが、 公益法人制度改革 に伴い 内閣府 所管の 一般社団法人 へ移行した。 組織概要 [ 編集] 経団連は、 2002年 5月28日 、経済団体連合会( 1946年 8月16日 発足)が、日本経営者団体連盟(以下「日経連」。

    • 経済団体連合会、日本経営者団体連盟
    • 一般社団法人
  3. 東日本旅客鉄道株式会社 (ひがしにほんりょかくてつどう、 英: East Japan Railway Company [3] ) [注 1] は、 東日本 を中心として 旅客 鉄道等を運営する 日本 の 鉄道事業者 。 1987年 4月1日 に、 国鉄分割民営化 に伴い 日本国有鉄道 (国鉄)から 長野鉄道管理局 、 新潟鉄道管理局 及び 東北 ・ 関東地方 の各 鉄道管理局 [注 2] が管理していた 鉄道 事業を引き継いで発足した JRグループ の旅客鉄道会社の一つ。 通称は JR東日本 (ジェイアールひがしにほん)、 英語 略称は JR East 。 コーポレートカラー は 緑 色。 切符の地紋には「E」と記されている。 本社 は 東京都 渋谷区 。

    • 概要
    • 業務提携から統合まで
    • 沿革
    • 企業スポーツ活動及び各賞について
    • 不祥事

    石油精製・販売大手の新日本石油株式会社(現・ENEOS株式会社)と新日鉱ホールディングス株式会社(現・JX金属株式会社)が、経営統合を目的として共同で株式移転[注釈 1]を実施し、設立された。経営統合の背景には、金融危機による景気後退や環境問題に端を発する石油製品の需要減といった当時の状況があり、規模拡大による生産力・販売力の強化が不可欠と判断されたためである。国内石油卸1位の新日本石油と同6位の新日鉱ホールディングスとの経営統合は、業界内では1999年に日本石油と三菱石油の合併以来約10年ぶりの大型再編であった。両社合わせたガソリンスタンド数は1万3千で2位のエクソンモービル(当時)の2倍以上、燃料油販売量の国内占有率も約34%という圧倒的シェアとなった。また統合後の売上高約12兆円は、国...

    2006年 - 新日本石油とジャパンエナジーが開発・精製・物流・燃料電池・技術開発の分野における業務提携を締結。
    2008年12月4日 - 新日本石油と新日鉱ホールディングスの間で、経営統合の覚書を締結。
    2009年
    2010年
    2010年
    2015年12月3日 - 東燃ゼネラル石油との経営統合に関する基本合意書を締結。
    2016年
    2017年4月1日 - JXホールディングスが東燃ゼネラル石油を株式交換により完全子会社化した上で、同時にJXエネルギーが東燃ゼネラル石油を吸収合併。JXホールディングスは「JXTGホールディングス株式会社」に、JXエネルギーは「JXTGエネルギー株式会社」に商号変更。

    旧新日本石油には社会人野球チームである「新日本石油ENEOS野球部」が、一方の旧ジャパンエナジーには社会人女子バスケットチームの「JOMOサンフラワーズ」があったが、グループ内の組織再編に伴い、社会人野球チームの名称を「JX-ENEOS野球部」に、女子バスケットチームの名称を「JXサンフラワーズ」(2013年4月より「ENEOS」を冠して「JX-ENEOSサンフラワーズ」にそれぞれ改称された。 また、旧ジャパンエナジーが主催してきた創作童話賞「JOMO童話賞」も同様に「JX童話賞」に改称した(2013年3月に「ENEOS」を冠して「JX-ENEOS童話賞」に再改称され、2017年に「JXTG童話賞」へ再々改称)。 さらに、旧ジャパンエナジーが協賛してきた「JOMOウインターカップ」も「JX-...

    2022年8月、会長兼グループCEOの杉森務が一身上の都合で辞任した。この件に関して、週刊新潮が杉森が沖縄の高級クラブでホステスに対して性加害行為を働き、全治2週間の怪我を負わせていたと報じ、ENEOSホールディングスもこれを認めた。ENEOSホールディングスによると、被害者から被害の報告を受けた後、社長指揮の下で事実関係の調査を行った結果、杉森が不適切な言動に及んだと判断し、辞任を要求していた。こうした辞任の経緯について、ENEOSホールディングスは被害者のプライバシー保護を理由に公表を控えていた。

    • 支社所在地
    • 概要
    • 沿革
    • 管轄路線
    • 管理駅
    • 鉄道部
    • 乗務員区所
    • 設備保守区所
    • その他管轄施設
    • 自動改札機・Icカード乗車券
    広島支社
    広島支社山口エリア統括部(山口支社)

    かつての日本国有鉄道(国鉄)広島鉄道管理局を継承し発足した。広島駅を中心とした路線群を広島シティネットワークと命名し、都市間輸送網を構築している。 経営の立て直しを目的とした合理化の一環として、広島支社・岡山支社・米子支社の総務部門を広島に新たに設置する「中国統括本部(仮称)」に集約する(運行部門と窓口は各支社に残す)方針であることが報じられていた。 2022年8月1日のプレスリリースで、10月1日からの組織再編の概要が発表された。 1. 中国統括本部を新設し、岡山支社・広島支社・米子支社を下部組織化。米子支社は山陰支社に名称を変更 2. 岡山・広島・米子の指令所の上部組織として中国総合指令所を設置 3. 広島・米子支社管内の鉄道部を中国統括本部直轄化 4. 各支社は規模を大幅に縮小し、地域...

    1950年(昭和25年)8月1日:広島鉄道管理局が発足。
    1989年(平成元年)8月11日:山陽本線に中野東駅と阿品駅が開業。

    JR西日本が保有する在来線総延長の1/4を管轄しており、9つある支社の中でも管内営業キロ数は最長である。 管轄区域は広島県と山口県の全域であり、広島県内区間は広島支社の直轄、山口県内区間は広島支社山口エリア統括部(山口支社)の管轄としている。地域共生の観点から1つの県を1つの支社が管轄する体制とすることで、沿線自治体との連携を取りやすくしている。 なお現在の管轄区域は中国統括本部の発足に合わせて再編されたものである。 中国統括本部発足以前は、広島県のうち広島圏域[注 1]の全域、備北圏域[注 2]の大半ならびに三原市の一部と、山口県全域、および島根県益田地域[注 3]の一部を管轄していた。 JR西日本では旧広島支社が管轄していたエリアを「広島・山口エリア」と定義している。なお、支社再編後は運...

    JR西日本では、主要駅に駅長を配置してその駅を管理駅とし、さらにその傘下の主要駅にも地区駅として管理駅助役相当の駅長を配置して、管理業務を分担している(鉄道部の管理下にも地区駅あり)。管理駅は次の通り。 1. 広島駅 2. 呉駅 3. 三原駅 4. 海田市駅 5. 横川駅 6. 岩国駅 7. 徳山駅 8. 新山口駅 9. 宇部駅 10. 下関駅

    長門鉄道部(所在地:長門市駅)
    三次鉄道部(所在地:三次駅)

    運転士

    1. 岩国運転区 2. 広島運転所 3. 長門鉄道部 4. 三次鉄道部

    車掌

    1. 広島車掌区

    運転士・車掌

    1. 下関列車区 2. 山口列車区 3. 徳山列車区

    保線区

    1. 広島保線区 1.1. 西条管理室

    電気区

    1. 広島電気区

    建築区

    1. 広島建築区

    広島鉄道病院(2016年医療法人JR広島病院として独立)
    広島印刷事業所

    2007年9月1日に広島シティネットワークエリアの下記の駅でICカード乗車券「ICOCA」の利用が開始された(相互利用により、Suica・TOICA・PiTaPaにも対応)。2008年3月1日から広島県内のPASPYエリアの交通機関でも利用できるようになった(ICOCAのPASPYエリアでの使用のみ可能、逆は不可)。 なお、広島支社管内では、2003年12月1日に下関駅に自動改札機が初めて設置されたが、これは小倉・博多方面への利用客への利便性向上のためであり、当初はICOCAに対応していなかった。2011年3月5日から下関駅はJR九州のSUGOCA対応エリアになっているが、会社が異なるためSUGOCAは販売しておらず、ICOCAについても販売していない。2022年現在は駅構内の物販と九州方面...

  4. ja.wikipedia.org › wiki › KICK_BACKKICK BACK - Wikipedia

    「 KICK BACK 」(キック・バック)は、 日本 の ミュージシャン ・ 米津玄師 の13枚目のCDシングル。 デジタル配信限定シングルとして SME Records より2022年10月12日に各音楽配信サービスにてリリースされ、2022年11月23日には13枚目のCDシングルとして、ネックレス付きの「チェンソー盤」、DVDが付属する「映像盤」、CDのみの「通常盤」の3形態でリリースされた [1] [2] 。 背景とリリース [ 編集] 前作『 M八七 』より約半年ぶりのリリースとなる。 米津が1年に2枚のシングルをリリースするのは2018年ぶりである。

  5. ja.wikipedia.org › wiki › AppleApple - Wikipedia

    Apple Inc. (アップル)は、 アメリカ合衆国 の 多国籍 テクノロジー企業である。 カリフォルニア州 クパチーノ に本社を置く。 デジタル家庭電化製品 、 ソフトウェア 、オンラインサービスの開発・販売を行っている。 ハードウェア 製品としては、 iPhone 、 iPad 、 Mac 、 Apple Watch 、 iPod などの開発および販売を行なっている。 ソフトウェア 製品としては Apple Music 、 Apple TV+ 、 Apple Arcade 、 Apple Fitness+、Apple Podcast、 Apple Books 、 App Store 、 iTunes など広範囲の デジタルコンテンツ 販売などを行っている。

  1. 其他人也搜尋了