Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 相關搜尋:

  1. 楊過 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 楊過

    楊過(よう か、簡体字: 杨过、拼音: Yáng Guò )は、金庸の武俠小説『神鵰剣俠』の主人公。 師父にして後に恋人、そして妻となった小龍女とのラブストーリーで有名。 金庸作品の中でも非常に人気が高く、金庸自身「私が好きなキャラクターを挙げるなら、楊過、令 ...

    • 楊過、字は改之
    • 古墓派
  2. 朝鮮人の姓の一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 朝鮮人の姓の一覧
    • 朝鮮の姓
    • 本表の解説・凡例
    • 一覧表
    • 関連項目
    • 外部リンク

    同じ姓の中でも、共通の始祖を持つとする氏族集団(門中、本貫)に分かれている。本貫とはもともと始祖に所縁の地を表示するもので、氏族を示す際には「金海金氏」「安東金氏」などと本貫を共に名乗るのが一般的である。

    ハングルと漢字

    同じハングル表記となるものは、異なる漢字で表されるものも合わせて掲載している(たとえば、신 と表記される申・辛・慎姓はひとまとめにされている)。

    南北の差異

    表中の (S) は大韓民国 (South Korea)、(N) は北朝鮮(North Korea) における表記を示す。大韓民国(韓国)と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)では語頭のr音に関する処理で異なるケース(たとえば李に対する이、리)もあるが、本表の項目は韓国におけるハングル表記を基本にしており、양 の項目には北で 양(楊など)、량(梁など) と分かれて表記されるものが含まれる。

    ラテン文字・英語表記

    朝鮮語人名のラテン文字表記は、多様な形で行われてきた。「李」は Lee、Li、Yi など多様な表記がなされており、たとえば李承晩は、自らの名を Syngman Rhee と記している。 北朝鮮ではラテン文字表記の規範としてマッキューン=ライシャワー式をベースにした転記法が用いられている。韓国では文化観光部2000年式が制定され、地名については規範化が行われたが、人名表記は規範化の例外とされている。このため、韓国では依然多様なラテン文字転記が用いられている。 独自研究範囲|国際的に知名度がある韓国人の英語表記は、欧米人にわかりやすい英単語に準じて用いられる傾向がある。朴正煕、朴槿恵両大統領やマンチェスター・ユナイテッドなどで活躍した朴智星、JYPエンターテイメントのパク・ジニョンの英語表記は、Park。また女子ゴルフメジャー大会で通算4勝した朴セリの登録名は、Pakである。文在寅大統領は、Moon。李明博大統領は、韓国語読みが「i」であるが、英語表記は、米国の英雄と同じく、Leeとされる。李承晩大統領はRheeと表記されていた。欧米風に姓名を名姓の順に読む場合、名がパッチムで終わる...

    (ロシア語) Degrees of Courtesy and Communication Styles in the Korean Language、by K. B. Kurotchenkо.
    (朝鮮語) List including vanished names、with clan profiles.
    (朝鮮語) List of living names、with clan profiles.
    (朝鮮語) List of names with Naver Encyclopedia entries.
  3. 人名 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 人名
    • 概説
    • 人名の構造、使用とその多様性
    • 人名と文化、社会
    • 日本人の名前
    • 漢字文化圏の名前
    • モンゴル人の名前
    • インドシナ半島の名前
    • マレー・ポリネシア系の名前
    • イスラム教圏の名前
    • キリスト教圏の名前

    名前と人間の関わりは古く、名の使用は有史以前に遡るとされる。姓などの氏族集団名や家族名の使用も西方ではすでに古代ギリシアなどにその形跡があるとされ、東方では周代から後世につながる姓や氏の制度が確立されていることが確認できる。 ある社会においては様々な理由で幼児に名前を付けない慣習が見られる地域もあるが、1989年に国連総会で採択された児童の権利に関する条約7条1項は、「児童は、出生の後直ちに登録される」「ただの出生児から1つの名となる権利を有すべきである (shall have the right from birth to a name)」と定めている。 日本の場合は民法により氏+名という体系をもつ。呼称される場合は、氏のみ・名のみやあだ名、敬称・職名などとの組み合わせ、同一の人名の世襲などがある。氏名は他に、姓名や名字(苗字)と名前ともいう。縦書きにしたとき、氏は上部、名は下部になるため、氏を上の名前、名を下の名前と呼ぶこともある。 後述するように、氏+名という構成は日本の文化に基づいた体系である。人名は、共同体の慣習により異なる名付けの体系を持ち、また、呼称する場合も慣習によって独特の方法を持つことが多い。漢字文化圏において姓と氏、さらには日本における苗字は本来は互いに異なる概念だが、今日では同一視されている。日本でも、明治維新以前は氏(ウヂ:本姓)と苗字に代表される家名は区別されていた。名は名前とも呼ばれる。 人名は、呼ぶ側と呼ばれる側が互いに相手を認識し、意思の疎通をとる際に使われる(記号論)。多くの場合、戸籍など公的機関に登録される名前を本名として持つ。呼び名としては、戸籍名のままや、「さん」、「君」、「ちゃん」等の敬称が付け加えられたり、名前を元にした呼び方、あだ名との組み合わせなどとなることが多い。 名前にはその主要な属性として、音と表記がある。例えば日本人の個人名が外国の文字で表記されることがあるが、これは1つの名前の別表記と考えることができる。逆に、漢字名の場合、複数の読み・音と訓の組み合わせによって読み方が変わることがある。こういった表記、発音の変化に対する呼ばれる側としての許容範囲は様々である[注釈 1]。 また、名は特定の個人を指し示す記号であることから、人名そのものが、自己、自我、アイデンティティ、自分というクオリアに大きく関係する...

    人の名前は多くの文化で、2つかそれ以上の種類の部分からなる。 多くの場合、「所属を示す名前」と「個人を指す名前」の組合わせが用いられる(ここでは便宜上仮にそれを"個人名"と呼ぶことで説明する)。あるいはそのどちらか1種類だけの場合もある。その数や扱いについては様々な習慣・制度が見られる(詳細は後述)。 分かりやすい例としては、その個人が属する「家(家族)の名前」と「個人の名前」の組み合わせである。英語圏では、個人名(与えられた名 = given name)+ 家族名(family name)の順に表記されることが多い(配置に着目し、ファーストネーム = first name、ラストネーム = last name とも呼ばれるが、文脈に応じ逆順で表記されることや文化混合による混乱を避けるために、given nameという呼称を用いる流れがある)。現代の日本の一例を挙げれば「山田 + 太郎」であり、この場合は「家族名 + 個人名」の並びとなる。家族名、個人名はそれぞれ、姓(せい)、名(めい)などと呼ばれる。家族名はまた苗字、名字とも呼ばれる。"個人名"の部分は「名(な)」と呼んだり、なんら明確には呼ばずに済ませたりする。 1. (注)日本語の人名では、英語の given name にあたる概念を、他の概念と明確に区別し、かつ肯定的に指し示す名称が成立していない。明治以前の今日より複合的で複雑な人名要素における「いみな(諱)(=忌み名)」などという名称には既に否定的な概念が含まれており(ただしそれ自体を忌避して否定的にとらえているのではなく、霊的人格との一体性という概念ゆえの神聖視により、みだりに用いるのを忌避しているのであるが)、その裏返しとして成立している「字(あざな)」では正式の本名ではないという含意からのズレがあり、どちらも現代的な使用には向かない。また「名(な、めい)」では、フルネームを指す可能性があり、明確な指示が困難になる。明治期に、法令によって人名の近代化を迅速に行った影響が今日も後を引いているとも、今日の日本人の人名構成様式が、まだ非常に浅い歴史しか持たないものだとも言える。そのため「下の名前」または「ファーストネーム」が使われる。以下の説明では「名」(な)という言葉で"個人名"を指している箇所があるので注意されたい。

    人名をめぐる習慣や制度は一般的に、次のような文化的・社会的事象と結び付いている傾向にある。 1. 個人・家族・帰属についての考え方(とりわけ姓をめぐる習慣や制度) 2. 価値観。人にとって何がよい性質であるか(とりわけ名をめぐる習慣や制度) また、こうした姓名についての知識は次のような場面で活用される。 1. 歴史研究や家系図の作成などに際しての資料の解釈、記録された名前と個人の対応付け 2. 戸籍・名簿などの管理・作成。それに関連したコンピュータ・データベースの構築

    近世以前

    明治維新以前の日本の成人男性は、とりわけ社会の上層に位置する者は、「家名(名字)カメイ(ミョウジ)」と「氏(姓)ウヂ(セイ)」の2つの一族名、「仮名(通称)ケミョウ(ツウショウ)」と「実名(諱)ジツメイ(イミナ)」の2つの個人名を持っていた。人名としての実際の配列は、先に「家名(名字)と仮名(通称)」、後に「氏(姓)と実名(諱)」の順になる。 例えば、忠臣蔵で知られる大石内蔵助のフルネームは「大石内蔵助藤原良雄」(おおいしくらのすけふじわらのよしたか)」である。家名(名字)が「大石」、仮名(通称)が律令官名で内蔵寮の次官を意味する「内蔵助」、氏(姓)が「藤原」、実名(諱)が「良雄」となる。 この4つの組み合わせ方は決まっていた。「大石内蔵助」のように「家名(名字)と仮名(通称)」、「藤原良雄」のように「氏(姓)と実名(諱)」が組み合わされた。「家名(名字)と実名(諱)」を組にすることはなかった。 同じように、「織田弾正忠平朝臣信長」(おだだんじょうのちゅうたいらのあそんのぶなが)は、現在は織田信長と呼ばれるが、当時は織田弾正忠あるいは織田弾正忠信長と呼ばれ、朝廷の公文書には平朝臣...

    近現代

    明治維新によって新政府が近代国家として国民を直接把握する体制となると、新たに戸籍を編纂し、旧来の氏(姓)と家名(苗字)の別、および諱と通称の別を廃して、全ての人が国民としての姓名を公式に名乗るようになった。この際、今まで自由だった改名の習慣が禁止された。明治以降の日本人の戸籍人名は、氏は家名の系譜を、名は諱と通称の双方の系譜を引いている要素が大きい。例えば夏目漱石の戸籍名である夏目金之助は通称系、野口英世は諱系の名である。 日本人の名前は、法律上、原則として「氏」(うじ)と「名」(な)との組み合わせから成る「氏名」(しめい)で呼称され[注釈 6]、戸籍上「氏」「名」で記録される。「氏」は民法の規定によって定まり(民法750条、810条等)、「名」は戸籍法に定める出生届に際して定められる(戸籍法29条柱書、50条、57条2項等)。「氏」は現代においては姓(せい)または苗字・名字(みょうじ)とも呼ばれ、古くは一定の身分関係にある一団の、近代以降は家族の人間の共通の呼称として、個人がその集団に属することを示す。「名」はさらにその集団の中の個人を示す役割を果たしている。 日本人の氏名を含...

    戒名

    日本人の多くは、死亡すると、仏教式の葬儀を行い、戒名(法名[注釈 8])を付ける。戒名とは、仏門に帰依して授戒した出家・在家の者に与えられる名で、多くは僧侶が与える。戒名の形式はそれぞれの宗派によって異なる(例:○○大居士、○○居士(大姉)、○○信士(信女)、釈○○など)。

    中国人の名前

    中国人の名前は漢字一字(まれに二字)の漢姓と、一字か二字の名からなり、「父方の姓」「その父系血族の同世代に共通の漢字(輩行字)」「子に特有の漢字」という順に表記される(現在では輩行字に従わない命名もある)。例えば毛沢東には2人の弟がおり、それぞれ毛沢民、毛沢覃という名であったが、この3人に共有されている「沢」が輩行字である。まれに輩行字と特有の漢字は逆になる場合もある(例えば蔣経国と蔣緯国)。漢字一文字名には輩行字がないことになるが、その場合でも同世代で共通の部首を持つ字のみを名付けることがある。たとえば「紅楼夢」の主人公賈宝玉の父の名は賈政であるが伯父の名は賈赦、賈政と同世代の親族の一人は賈敬である。元来姓は父系の血統を示すので原則としては夫婦別姓であるが、現代の中国や台湾では、男女平等の観点から、女性は結婚に伴って、夫の姓を名乗ることも選択可能なことが法律で保証されている。夫の姓に続けて自分の姓を書く(従って漢字四文字になる)場合もある。二文字の姓(複姓)もあり、諸葛・上官・欧陽・公孫・司馬などが有名である。 また、歴史を遡れば姓と氏は別のものであった。周の代には王「「周」の...

    朝鮮半島の名前

    朝鮮半島の人名は中国の影響を受けて、典型的には漢字一字(まれに二字)の漢姓と、一字か二字の名からなる。特に、金・李・朴・崔・鄭の姓を持つ人は非常に多く、この5つの姓だけで、国民の約54%を占める。同じ姓でもいくつかの氏族に別れており、金海金氏が最も多い。 統一新羅の時代以前は今とまったく違う名前を用いていた。『日本書紀』や『古事記』に見られる朝鮮半島系の渡来人の名は中国式の名(当時の百済・高句麗などの非朝鮮系の人々は現在の中国人名とは異なる名前であったため)ではなかったことからもわかる。 例えば、高句麗王朝末期の貴族、淵蓋蘇文は今日の韓国では漢語発音で「ヨン・ゲソムン」と呼ばれているが、『日本書紀』の「伊梨柯須弥」という表記から当時の高句麗では「イリ・カスミ」と発音したことが知られている。「イリ」は高句麗語で淵を意味すると言われており、日本語の訓読みに類似した表記方法、「カスミ」を「蓋蘇文」とするのは漢語の発音を用いて高句麗語を表現した、日本の万葉仮名に類似した表記方法と考えられる。 現在の姓名体系は統一新羅の時代に中国式を真似たものである。姓は基本的には漢字一文字であるが、皇甫...

    ベトナムの人名

    ベトナム(越南)は漢字文化圏に属しており、人名も主要民族であるキン族(京族)を中心に、漢民族の人名に類似する。典型的な人名は、Nguyễn Văn Huệ(グエン・ヴァン・フエ、阮文恵)のように、漢姓である一音節のHọ(姓)と、一音節のTên đệm(間の名、直訳すると「苫の名」)、一音節のtên chính(称する名)からなる構造である。 相手が地位の高い人間であっても、人の呼称として使うのは姓ではなく「称する名」である。例えば「ゴ・ディン・ジエム大統領」は、姓が「ゴ(呉)」、間の名が「ディン(廷)」、称する名が「ジエム(琰)」であるため、「ゴ大統領」ではなく「ジエム大統領」と呼称する。姓を呼称に使うのはきわめて例外的な高い敬意を表すときに限られ、これはHồ Chí Minh(ホー・チ・ミン、胡志明)を「ホーおじさん(Bác Hồ、伯胡)」と呼ぶような場合である。

    モンゴル人は縁起の良い言葉や仏教的な言葉を選んで子供を名付ける。姓にあたるものはないが、氏族(オボク)の名称が姓に近い役割を持ち、中国の内モンゴル自治区では氏族名を姓として中国式に姓名で表記することがある。例えば、チンギス・ハーン家のオボクはボルジギン氏族(孛児只斤氏)であるため、内モンゴル出身のチンギス・ハーンの子孫はボルジギン・某(孛児只斤某)と称する。 これに対し、モンゴル国ではロシアの影響で父の名を姓の代わりに使い、本人の名の前に置く(父称)。例えば、朝青龍明徳の本名ドルゴルスレン・ダグワドルジは、ダグワドルジが本人の名、ドルゴルスレンが父の名である。また、夫婦別姓である。

    漢字文化圏に属したベトナムを除いて、伝統的にこの地域では姓はない。しかし、ラオス、カンボジアでも旧宗主国フランスの影響で父の名などを姓として名のうしろに付加するようになった。 ミャンマーには家系に共通の姓はなく、必要な時には両親いずれかの名と自分の名が併用される。戸籍名を付ける際には、その子が生まれた曜日によって頭文字を決め、ビルマの七曜制や月の名前、土地の名前等から名付けられることが多い。また成長につれ、隣近所で通用する幼名、学校内で通用する通称、大人になってからの自称など、複数の名をもつことが多い。外国との交渉(旅券等の発行や移住時に姓や氏の記入を求められる情況)では、便宜的に敬称や尊称や謙称(社会的地位のある男性であれば「ウ」、若い男性であれば「マウン」、成人女性なら「ドー」など)を使って、苗字とする場合もある。例えば、元国連の事務総長ウ・タントの「ウ」は敬称である(しかし、本人は謙遜故か「マウン・タント」と署名することが多かった)。 タイに関しては、タイの人名を参照。

    インドネシア・マレーシアの名前

    この両国でも姓は義務づける法はなく、例えばスハルトやスカルノは姓を持たないが1つのファーストネームのみで正式なフルネームである。スマトラ島のバタク人や、マルク諸島(モルッカ諸島)、フロレス島などでは氏族名を姓のように用いる。ジャワ島のジャワ人とスンダ人の多くは名しか持たないが、貴族の家系は姓を持っていて名の後ろにつける。イスラム教徒のマレー人、アチェ人、ジャワ人、スンダ人はアラブ式に父の名による呼び名を持ち、名の後ろにつけて姓のように使う場合もある。

    フィリピンの名前

    フィリピンのキリスト教社会では、名前は西洋式に「名、ミドルネーム、姓」の3つの部分からなる。その場合、未婚者および男性は母親の旧姓を、結婚して夫の姓となった女性は自分の旧姓をミドルネームとしていることが多い。ミドルネームはイニシャルのみを記す場合と、そのまま書き表す場合がある(例:グロリア・マカパガル・アロヨ)。姓は植民地時代にスペイン人の姓から選んで名乗ったため、スペイン語姓が主流であるが、華人系の姓も多い。名は旧来のスペイン語の名前に加えて、英語その他主にヨーロッパ系の名前が自由につけられている。 婚姻の際には、従来の法律では、結婚時に女性側は、自分の姓を用い続け相手の姓をミドルネームとして加えるか、相手の姓を用いるか、相手のフルネームにMrs.をつけるか、を選ぶことが可能、とされていたが、2010年に、裁判所は、女性の権利を守る観点から、これらに加えて、相手の姓を用いず自分の姓のみを用い続けることも可能、との判断を下した。

    アラブ人の伝統的な名前はクンヤ(「某の親」)、イスム(本人の名)、ナサブ(「某の子」)、ニスバ(出自由来名)、ラカブ(尊称・あだな)の要素から成り立っている。 クンヤ 1. クンヤは「アブー・某」(某の父)、「ウンム・某」(某の母)という形を取る。アラブ圏では兄弟姉妹といった近親の名前が某部分に来るものもクンヤと呼ぶ。 2. 初代正統カリフのアブー・バクルは本名がアブドゥッラー(改宗前はアブドゥルカアバ)だったが、ラクダが好きだったことからついたあだ名アブー・バクル(若ラクダの父)の方が後世まで定着。さらには彼への崇敬から一般的な男児名として使われるようにもなりイスムに転じた。 3. エジプト女性歌手のウンム・クルスームという名前は預言者ムハンマドの娘の名前として元々有名だが、こちらはアブー・バクルの例と違い本名としてつけられたものでほほがふっくらしている愛らしさから「クルスーム(ほほがむちむちの男の子)の母」という複合名で呼ばれるに至ったケースである。(なお第三代正統カリフであるウスマーンの姉妹もウンム・クルスームという名だった。) 4. このクンヤは職業名としても使われることがあり、アブーの後に品名を添えて「~屋」を意味するなどした。息子の名前を添えた基本的なクンヤも含め家名に転じたケースが多く、現代アラブ世界ではファミリーネーム、ラストネームとして用いられていることも少なくない。 5. またクンヤは既婚未婚・子の有無に関係なくニックネームに使われる用法があり、本人のファーストネームから想起させる人名と結びつけて青年等を「アブー・某」と呼ぶ慣例が見られる。さらにはゲリラ名として用いられてきた経緯があり、実子の名前とは関係が無い「アブー・アンマール」(パレスチナのアラファト議長のあだ名)等が有名である。 イスム 1. イスムは本人の名である。男性には預言者ムハンマドの本名やその別名(アフマド、マフムード、ムスタファー等)、ウマル、ウスマーン、アリーなど正統カリフ、イブラーヒーム(アブラハム)、ムーサー(モーゼ)、イーサー(イエス)といった預言者たち、アッラーの持つ99の美名・属性名に「しもべ」を意味する「アブド」を繋げたアブドゥッラー(神の僕)、アブドゥッラフマーン(慈悲深き者のしもべ)などの名も好まれる。預言者ムハンマドと正統カリフアリーの子孫であるハサン...

    キリスト教圏では、姓についての慣習は各国語圏で異なるが、名については聖人・天使に由来する名前が好んで付けられる。例えば、「マイケル」(英語)・「ミヒャエル」(ドイツ語)・「ミシェル」(フランス語)・「ミケーレ」(イタリア語)・「ミゲル」(スペイン語)・「ミハイル」(ロシア語)・「ミカ」(フィンランド語)は、すべて大天使ミカエルに由来する名である。その他、聖書に登場する人物や、キリスト教の聖人に由来する名が多い。ポール・パウル・パオロ・パブロ・パヴェル(聖パウロ)、ジョン・ハンス・ヨハン・ヨハネス・ジャン・ジョヴァンニ・フアン・ジョアン・イヴァン・ヨアニス・ヤン・ショーン(使徒ヨハネ)、ルイス・ルートヴィヒ・ロドヴィコ・ルイージ・ルドヴィクス(聖ルイ)など。 また、古代ローマ人の名を由来とすることも多い(例:ジュリアス←ガイウス・ユリウス・カエサルの「ユリウス」の英語読み)。女性については、花などの名前を付けることも多い(例:ローズ←バラ)。 また、修道士は基本的に本名は呼ばれず、日本の僧侶などと同じく、修道名でのみで知られる事例が多い。 Counterparts of given namesの項(英語)も参照のこと。 1. ギリシャ人は長男に父方の祖父の名をつける、などの習慣がある。(例:ゲオルギオス・アンドレアス・パパンドレウ)また「〜の息子」を意味する「〜プーロス」という姓が用いられることも多い(例:「ステファノプーロス」=「ステファノスの息子」→ギリシャ系アメリカ人で米TVコメンテーターのジョージ・ステファノポロス等が有名)。また古代ギリシャ人では姓は形跡があったものの、一般化しておらず、このため古代ギリシャの人物は「ハリカルナッソスのヘロドトス」のように地名を冠して呼ばれることが多い。ギリシャ人に姓が普及したのは、有力貴族が成長してきた9世紀の東ローマ帝国時代以降のことである。 2. ハンガリーについては、ハンガリー人の姓名を参照。

  4. 趙敏 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 趙敏
    • 性格
    • 略歴
    • 武功
    • モデルとなった人物

    初期はモンゴル側に立ち張無忌らと対立し、悪辣、冷酷な手段を取り、張無忌らを苦しめた。各流派の使い手の指を一本ずつ切り落とすなど、様々な方法で武林に被害を加えた。特に少林寺は、壊滅の危機にまで追いやられた。そのため武林ではかなりの恨みを買っており、張無忌との関係は歓迎されていなかった。 張無忌に敵対していたころは、その知略で無忌らをさんざんに苦しめたが、張無忌と心を通わせた後は、どこか頼りなく決断力に欠ける無忌のブレーンとして活躍。一度は無忌の従妹、殷離を殺害したとの濡れ衣を着せられるが、感情的に反論するのでなく、冷静に対処していた。 また、漢人の女性と異なり、思ったことは口に出すタイプ。憚ることなく張無忌への好意を口にする趙敏に対し、張無忌は困惑するが、まんざらでもなかった。最終的には、父のチャガンテムールと決別し、張無忌とともに生きていくことを宣言。以後は張無忌のよき仲間となる。

    チャガンテムールの娘として誕生。兄のココテムールが軍を率いて父と戦場で戦うのに対し、趙敏は武林の弱体化を担当。峨嵋派から倚天剣を奪い、また少林寺を壊滅寸前に追い込むなどの功績を立てる。 張無忌に出会い、徐々に彼に惹かれ始める。しかし、相変わらずモンゴルのために武林に災厄をまき散らし続け、張無忌の師叔である武当派の殷梨亭も両手両足の複雑骨折を負い、再起不能に陥りかけた。このとき、殷梨亭の体を元通りにする「黒玉断続膏」と引き換えに3つの願いを聞き入れさせる約束を取り付けた。 のち、趙敏は1つ目の願いで屠龍刀を見ること、2つめで張無忌と周芷若の結婚を取りやめることを願った。最後の願いについては、作中では使うことがなく、たびたび無忌に対して切り札としてちらつかせて楽しんでいた。

    趙敏自身は内力を使うことができないので、戦闘能力はそれほど高くない。その代わり、各流派の使い手の剣術のうち、いい部分のみを習得するという方法で内力のなさを補っている。加えて趙敏は武林の至宝とまで呼ばれる「倚天剣」を使用していた期間が長く、一流の達人ほどではないが、優れた知略も加わって恐るべき敵であった。 また、部下として鹿杖客と鶴筆翁の玄冥ニ老、さらに西域少林寺の達人である阿ニ、阿三、もと丐幇の四大長老の筆頭だった「八臂神剣」の方東白という達人が揃っている。この玄冥ニ老などはかなりの達人であり、張無忌らはかなりの苦戦を強いられた。

    趙敏のモデルとなった人物は、元の将軍だったココ・テムル(王保保)の妹で、モンゴル名の漢字表記は観音奴、明では姓を兄と同じく王氏とされた。洪武4年(1371年)、明軍の捕虜となり、政治的な要因により朱樉(洪武帝の嫡出次男)と結婚した。夫婦仲は悪く、朱樉は次妃(妾妻)鄧氏を寵愛し、王氏は一時は幽閉されて食事も満足に与えられなかった。後、鄧氏は洪武帝の怒りを買って自ら縊死し、王氏は釈放された。朱樉の死後、王氏は洪武帝に命じられて1395年に殉死し、「烈」と諡された。

  5. 台湾の人物一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 台湾の人物一覧
    • あ行
    • か行
    • さ行
    • た行
    • な行
    • は行
    • ま行
    • や行
    • ら行
    • わ行
  6. 福岡県出身の人物一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 福岡県出身の人物一覧

    福岡県出身の人物一覧(ふくおかけんしゅっしんのじんぶついちらん)では、Wikipedia日本語版に記事が存在する福岡県出身の人物、ならびに他都道府県出身ながら福岡県に特に深い縁を持った人物を一覧表にしてまとめる。 ※出身市町村名は現在の呼称を優先。

  7. 人名用漢字一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 人名用漢字一覧

    この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。 人名用漢字一覧(じんめいようかんじいちらん) 本項では子の名に使える漢字(常用漢字 [1] および人名用漢字 [2] )について扱う。 子の名に使える漢字は2999字 [3]。

  8. 郁達夫 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 郁達夫
    • 経歴
    • 文学
    • 周囲からの批評
    • 家庭
    • その他の資料
    • 参考文献
    • 脚注
    • 外部リンク

    幼年・学生時代

    郁達夫は、本名を郁文といい、浙江省富陽県満洲街(現在の達夫街)のインテリの家庭に生まれた。3歳の時、父が亡くなり、家が貧しくなったが、7歳の時、塾に入り、九歳の時には賦詩を作るようになった。また、富陽県立高等小学に学び、之江大学予科に進学し、杭府中学に入学した(徐志と同学年である)。1913年長兄の郁華に従って、日本に留学した。ここまでの彼の生活は、自伝「わが夢わが青春」に詳しく描かれている。1919年11月東京帝国大学経済学部に入学し、1922年卒業し、帰国した。経済を学びながらも、文学活動を続け、留学期間中多くの外国の小説を読んだ。中でも、ロシアやドイツの小説を多く読んだ。1921年、日本に留学している、郭沫若、成仿吾、張資平、鄭伯奇と共に文学グループ「創造社」を組織した。この年から、小説を書き始めている。同年9月、帰国し『創造季刊』の出版準備を行う間に安慶法政専門学校英文科主任を担当した。同年10月15日、短編小説集『沈淪』を出版した。内容は、日本留学時に、日本の女性に恋したことが主題になっている。主人公の孤独、性の問題、中国の矛盾を描き出し、複雑な心理を描写し、内容は、複...

    帰国後の文芸と文教活動

    1. 1922年 - 帰国後、安慶法政専門学校で、英語を教えるが、翌年辞職。3月、『創造季刊』主編第1期を創刊。 2. 1923年 - 5月、『創造周報』を創刊。7月、小説『春風沈酔の夜』を発表。10月、 北京大学の講師になり、統計学を教える。 3. 1924年 - 国立武昌師範大学に赴き、教師になったが、同年11月に辞職。 4. 1925年- 雑誌『洪水』を立ち上げる。 5. 1926年 - 郭沫若達と広州中山大学文学院に就職するも、その年末に辞職している。 6. 1930年 - 左翼作家連盟が上海で結成され、創始会員となるが、しばらくして退会する。この年安徽大学中文系の教授になるが、四ヶ月で退職している。 7. 1933年 - 上海をへて、杭州に転居する。 8. 1934年 - 浙江省政府の参議になる。 9. 1935年 - 『中国新文学大系』散文2集の主編となる。 11月に中編小説『出奔』を発表。これが郁達夫最後の一篇小説となる。 10. 1936年 - 友人である福建省首席陳儀の要請に応えて、福建省政府参議兼公報室主任となる。同年11月13日、日本を訪問する。12月17日...

    日中戦争時代

    日中戦争時代初期、彼は、『福建民報』の副主編であった。1938年に家族を連れて、武漢に移り、政治部設計主任、中華全国文芸界抗敵協会常務理事に任命された。徐州に赴き、軍を慰労し、また、各地の前線に赴いている。同年末、家族と共に南洋(東南アジア)に移り、抗日を宣伝した。 1938年12月、シンガポールに移り、『星洲日報』の文芸副刊『晨星』、『星洲晩報』の文芸副刊『星光画報』の文芸版主編に任じられた。文化芸術活動に熱心であり、当時、シンガポールに足を泊めていた画家徐悲鴻、劉海粟、音楽家の任光経と常に親しくしていた。郁達夫は星洲日報に務めている三年ほどで、400編以上の抗日の論文を発表している。後に、台湾の学者秦賢次の手により『郁達夫南洋随筆』、『郁達夫抗戦文録』の二冊の本にまとめられた。(台北:洪範書店、1978) 1940年、郁達夫は「新加坡南洋学会」の創建人の一人となる。 1941年末、太平洋戦争が勃発すると、「星華文化界戦時工作団」の団長、「華僑抗敵動員委員会」の執行委員になり、「星洲華僑義勇軍」を組織する。しかし、シンガポール陥落後、スマトラに避難する。

    郁達夫の文学は、日本文学の影響をすこぶる受けている。特に彼が当時の現代日本の小説家の中で最も崇拝している作家として佐藤春夫を挙げ、郁達夫の「沈淪」は佐藤春夫の「田園の憂鬱」から大きな示唆を得たという意見もある。それにより、日本の批評家も彼の作品に高い関心を持っている。大江健三郎は、郁達夫を「アジア現代主義の先駆」であるとしている。

    同年代からの批評

    茅盾は、「沈淪」の主人公の性格についての描写を評価する一方で、作者が自序で述べた霊と肉体の衝突の描写は失敗だったと批判。また周作人は、郁達夫の『沈淪』を語る前に「背徳の文学」の問題について語り、人は郁達夫の小説を「背徳の文学」と批判するが、道徳の名を借りて文芸を批判することはしてほしくない、と『沈淪』を擁護した。 この二人の批評から見ても、当時の中国では「背徳の文学」は忌避されてきたことが伺える。また、郁達夫が「背徳の文学」を執筆するにあたり、日本留学で得た知識や感性が少なからず反映されている。

    後世の批評

    佐藤一郎は郁達夫の作品について、郁達夫はきわめて特異で貴重な存在だった。彼は感傷と頽廃という作品の性格を活かし人間の弱さを追求して、世間の偽善家族達に突きつけたと語る一方、郁の文学は政治的世界に適応できなかった小市民文学であると述べる。また阿部幸夫は『沈淪』から『出奔』まで一貫して暗い中国社会への叛逆、祖国愛の限りなき熱情を秘めた叛逆を胸に抱いていた。惜しいことは、彼は問題を「人の善意」のみで解決しようとしたことだ。だから郁達夫は最後までこの暗い現実をどう吹き飛ばしたらいいのか見当もつかず、出口を求めて放浪を続けねばならなかったのであると述べた。 この二人の批評から見ることが出来るのは、「背徳の文学」が禁忌であるかどうかよりも左翼文学者としての郁達夫を彼の文学を通して批判していることだ。

    郁達夫は、三度結婚しており、十一人の子供がいる。 1917年8月28日、母の命により、孫荃と婚約する。孫荃(1897年10月16日―1978年3月29日)は、もともと、孫蘭坡といい、字は潜媞であり、浙江省富陽県の人である。1917年10月16日以後、名を孫荃と改め、字を蘭坡とした。郁達夫に「某の為に字を改めて蘭坡と曰い、名を改めて荃を曰う」と題する七言絶句がある。婚約後、郁達夫は先に日本に留学した。1920年、正式に結婚した。二男二女がいた:龍児(長子、夭折)、黎民(もとの名は、潔民、幼いときの名は文児、長女、1925年―)、天民(次男、既に死亡)、正民(次女、既に死亡)。 1927年1月14日、彼は、杭州の人、王映霞と知り合う。王映霞(1908年1月25日―2000年2月5日)は、もとの姓を金といい、幼いときの名前は金鎖といい、学名を金宝琴といった。大体13歳の時、母方の祖父の養女となり、名を王旭と改め、映霞と号した。後に、この映霞を名前とした。この年の、6月5日、郁と王の両人は婚約し、孫荃と別居した。翌年の3月中旬頃、二人は上海で結婚した。四男一女を育てた:飛(幼いときの名は陽春、1928年―)、静子(夭折、1929年11月―1931年?)、雲(幼いときの名は、殿春、1931年3月17日―)、亮(幼いときの名は耀春、夭折、1933年5月―1934年?)、荀(幼いときの名は、建春、1936年9月?―)。1938年7月4日、王映霞は、出奔した。郁達夫は、三通の恋文を見つけ、彼女が既に、浙江省の役人許紹棣と密通していたことを知った。翌年、二人は正式に離婚した。郁達夫は「毀家詩紀」の中で、この事件を詳細に記している。 郁達夫に「下堂妾王氏改嫁前之遺留品(離婚した王氏の結婚時の遺留品)」という一編の詩がある。 1. 鳳去臺空夜漸長、挑燈時展嫁衣裳、 2. 愁教曉日穿金縷、故鏽重幃護玉堂。 3. 碧落有星爛昂宿、殘宵無夢到横塘、 4. 武昌舊是傷心地、望阻侯門更斷腸。 また、「賀新郎」の一種がある。 1. 憂患餘生矣,縱齊傾錢塘潮水,奇羞難洗。欲返江東無面目,曳尾塗中當死。恥説與,衝門墻茨。親見桑中遺芍藥,假作痴聾耳。姑忍辱,毋多事。 2. 匈奴未滅家何恃?且由他,鶯鶯燕燕,私歡彌子。留取呉鉤拚大敵,寶劍豈能輕試?殲小醜,自然容易。別有戴天仇恨在,國倘亡,妻妾寧非妓?...

    畢華流(原名呉漢源,英文名:Christopher,1961年7月14日-)の小説に、同名の登場人物が居る。 現在、杭州に、郁達夫が住んでいた旧宅が保存されている。住所は、杭州大学路場官路63号である。ここは、1933年4月、郁達夫が国民党の政治的迫害を逃れて、上海から一家を挙げて杭州に移ってきた時に住んだ場所である。

    秦賢次:〈郁達夫其人其文〉
    郁達夫選集,香港文學研究社出版
    郁飛:《郁達夫的星洲三年》
    郁風:《一个真正的文人-三叔達夫》
    ^ 「わが夢わが青春」岡崎俊夫訳(1947年 宝雲舎)
    ^ 「自己的園地 「沈淪」」(1922年 『晨報副鐫』)
    ^ 莫邦富『中国人は落日の日本をどう見ているか』(1998年 草思社)
    ^ 王自立・陳子善, ed (2010). 中国文学史資料全編 現代巻 郁達夫研究資料. 知识产权出版社. p. 6. ISBN 9787802475908
  9. 蕭敬騰 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ジャム・シャオ
    • 基本データ
    • 略歴
    • 作品
    • 出演
    • 外部リンク

    台北のレストランの常駐歌手としてバイトをしていたが、2007年、台湾のオーディション番組「超級星光大道」に出場。暫定チャンピオンとのPK合戦で一躍注目を集める。 2008年6月、1stアルバム「蕭敬騰同名専輯」で正式デビュー。「G-MUSIC」や「五大金榜」などのランキングでトップセールスを得る。 2009年、台北アリーナでソロライブ開催。 2009年から2016年まで、「MR.ROCK洛克先生」、「有一種精神叫蕭敬騰」、「TRIPLE JAM」の3回の世界ツアーで、延べ50ヶ所のライブを行っている。 2011年、映画「殺手欧陽盆栽」に主演し、2012年香港電影金像奨の最優秀新人賞を受賞。 2013年、2014年、2015年には、3年連続で、中国の音楽番組「最美和声」の優勝者指導者となる。 2013年には、アルバム「以愛之名」により、第24回金曲賞で最優秀男性歌手賞を受賞。 2014年には自身の録音スタジオ「Jam Studio」を開設。 2015年、積極的な社会貢献活動により、台湾地区十大傑出青年奨を受賞。 2016年9月、ロックバンド「獅子合唱団(LION)」を編成。1stアルバム「LION」を発表。全楽曲の作詞・作曲を担当。ロックバンドのヴォーカルとして再デビューを果たす。 2017年、万能科技大学観光休間学部卒業 2017年、ジェイ・チョウ(周杰倫)監督の作品に出演予定。 2018年、ファッションリーダーとして様々なブランドの服を着る機会が増えるが、どんなデザインでも、彼の個性や音楽スタイル、前衛的で創造的な部分を活かす、見事な着こなしを見せている。 2018年、有名ブランド Calvin Klein がアジア初めてのイメージキャラクターにジャムを選ぶ。 2018年、ニューシングル「皮囊」のMVにて フランスの有名ブランド GUCCI から提供された今春デザインの衣装5セットを着こなし、彼のファッションモデルとしても魅力が発揮される素晴らしい映像となっている。 2018年、新しいワールドツアー 《娛樂先生世界巡迴演唱會》を発表。《TRIPLE JAM 世界巡迴演唱會》に続く、4度目のワールドツアーとなっている。 2018年、《娛樂先生世界巡迴演唱會》のツアー皮切りとなる台北2Daysのチケット発売開始直後、1分間でソールドアウトに。発売の瞬間、20万以...

    幼少期(1987年-2003年)

    1. ジャムは台湾人(漢民族)の父と台湾原住民である花蓮県のアミ族の母との間に生まれた(尚、祖籍は父のルーツがある福建省恵安県である。)。家庭環境は裕福とは言えなかった。両親とも敬虔なキリスト教徒であったため、ジャムは幼少の頃から教会の活動に参加し、教会内で詩歌を歌っていた。 少年の頃のジャムは非行に走り、授業をさぼったり、しょっちゅう喧嘩をしていたため、補導されてしまう。しかし、ある補導員が言った「喧嘩するパワーがあるなら、何故その力を音楽に使わないの?」という一言により、ジャムは人生の目標を見つけることが出来た。 1. ジャムが本当に音楽に目覚めたのは、小学校六年生のとき。たまたま家に置いてあったBon Joviの< >を聴き、もっと音楽を学びたいと強く思うようになった。15歳の時、ジャムの度重なるおねだりに母が根負けし、近くの音楽教室でドラムのレッスンに通わせ始める。しかし、経済的理由から三ヶ月で辞めることとなってしまった。しかし、ジャムのドラムをもっとうまくなりたいという気持ちは依然と衰えず、独学で練習を続ける。一日の練習時間は10時間を越えることもしばしば。...

    下積み時代(2004年-2007年)

    1. ドラムをマスターした後、今度は独学でピアノを学び始めた。今まで正式なレッスンも受けたことがなく、五線譜も読めなかったが、優れた音感により、耳から演奏を覚え、毎日数時間練習に没頭した。 1. ピアノに触れて数ヵ月後、ジャムは舞台にたって歌う機会を得るため、たくさんの店に自分を売り込んだ。 2. 17歲のとき、ジャムは民歌西餐廳「天秤座」というレストランで常駐歌手となり、このレストラン全店の中で最年少常駐歌手の記録を作った。 1. 二年ちょっとの常駐歌手で、ジャムは豊富な舞台経験を積んだ。また、たくさんの先輩たちと切磋琢磨する中、歌い方と舞台での風格に大きな変化があった。同時に現場でのリクエストに答えるため、ジャムはたくさんのチャイニーズポップに触れ、プロの歌手からさまざまな技術を学びとった。ジャムが好きな歌手は張信哲、張惠妹、曹格、張學友、那英、孫燕姿等で、よく彼らの曲を歌っていた。 1. このとき、ジャムはまだ学生だったため放課後しか活動できなかった。キーボードとたくさんの楽譜を背中に背負い、バイクに乗って台北市や桃園、新竹の間をあちこち掛け持ち出演し、深夜まで歌い続けた。...

    デビュー前(番組出場により世間の脚光を浴びる)(2007年)

    1. 2007年、ジャムは台湾の超人気番組「超級星光大道」という歌手オーディションの第二期に応募したが、製作サイドに第一期のPK対戦(道場やぶり)の挑戦者として参加を勧められた。初のPKはジャムが勝った。その次の挑戦にも勝利し、当時ジャムの出演により視聴率がアップ、4.06%にまで達した。(TV局が100近くある台湾でこの数字は驚異的)3回目のPKは負けてしまったが、そのすばらしい実力が視聴者を釘付けにし、非正式な参加者にもかかわらず大注目された。それにより、2007年「台湾Yahoo!奇摩十大ニュース人物」の第三位になった。また、同年の「Googleホット・キーワード・ランキング-芸能人ランキング」では第二位になった。

    映画

    1. The Killer Who Never Kills 殺手歐陽盆栽(2011年/台湾)-主演、主題歌提供 2. My Geeky Nerdy Buddies 大宅們(2014年/台湾)-主演 3. Crazy New Year's Eve 一路驚喜(2015年/中国)-主演

    書籍

    1. 《蕭敬騰的成年禮》(成人記念フォトブック)2007年 2. 《蕭敬騰.聆聽義大利》(イタリアを聴きながら フォトブック旅行記)2008年 3. 《洛克先生Mr. Rock 蕭敬騰演唱會寫真書》(Mr.Rockライブフォトブック)2010年 4. 《蕭敬騰.愛.在關島》(Love in Guam 写真集)2011年 5. 《殺手歐陽盆栽的第一次任務》(映画殺手歐陽盆栽 メイキング本)2011年 6. 《片刻/永恆》2013年12月

    司会

    1. 2008年10月 八大電視台「娛樂百分百」の代理司会者。

    CM/イメージキャラクター(非営利)

    ※これらの活動の他に、毎年、各方面に多額の寄付活動やチャリティオークション等行っており、熱心な社会貢献活動が認められて、2014年には「台湾十大好人」、2015年には台湾地区十大傑出青年奨を受賞。 ※また学習障害があるにも関わらず、熱心に学び、2013年には金曲賞を受賞した姿は、台湾の中学校の英語の教科書にも紹介されている。

  10. 月色光珠 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 月色光珠
    • あらすじ
    • 登場人物
    • 作中用語

    時は大唐帝国11代皇帝の御代。周家の再興を誓い、科挙合格を目指す双子の弟とともに7年ぶりに都・長安に戻ってきた16歳の少女・周琳琅。かつて暮らしていた屋敷とは比較にならないほど小さな、2階建ての一軒家で暮らし始めた彼女は近くの軽食屋で女給として日銭を稼ぐ傍ら、弟を科挙を目指す私塾に通わせていた。 そんなある夜、自宅で軽い夕食を終えて愛剣を磨いていた琳琅は、剣戟の音を聞き、「浪子(よたもの)が誰かを襲っているのか」と窓から外を見た。そこでは、道士風のいでたちの男達が数人がかりで黒衣の青年1人を襲っており、助けなければと思った琳琅は磨き終えた愛剣を手に家を飛び出し、男達を追いかけていった。 たどり着いた場所では、黒衣の青年が剣を握る道士もどきたちを叩きのめしていたが、肩に怪我をしたようだった。助けなければと飛び出した琳琅は、離れて呪文を唱えていた道士に気づかず、咄嗟に黒衣の青年に庇われ、事なきを得る。そして、強引に青年を自宅へ連れて行き、怪我の手当てをしながら話をした。青年は「巻き込みたくない」と言いつつも、「ある妓楼で待つ、白(はく)という人物に届け物をして欲しい」と坊門を通るための通牒と銅銭らしきものが入った布袋を琳琅に預けた。青年に睡眠作用のある薬湯を飲ませて家を出た琳琅が、役目を終えて翌朝自宅に戻ってくると、寝かせたはずの青年はおらず、机の上にいくらかの金子が残されていた。 「もう彼に会うことはないだろう」と思っていた琳琅。しかし、後日、青年は昼間に現れた。彼女にとっては思い入れのある白牡丹を携えて。青年は魏有と名乗り、琳琅は彼の仕事である隠密の手伝いをすることに決める。 剣術少女と隠密の不思議な出会いから始まった、奇縁と運命の物語。

    主要人物

    周琳琅(しゅうりんろう) 1. 主人公。活発で正義感の強い16歳の少女。長安生まれで、実家がある事情から没落したためもあり、9歳の頃に節度使となった父親や家族とともに都を離れ、回鶻に近い北の土地で7年間を過ごす。 2. 武官の父親・周之凱(しゅうしがい)が仕官の合間に開いている剣道場で、3歳の頃から剣を教わってきたため、そこらにいる浪子(よたもの)よりはよっぽど強い。幼い頃に見た舞人の演舞に憧れて、襦裾(じゅくん)姿で剣を取る。ただし、本人曰く「人を斬る覚悟がない」ので、立ち回りの際も鞘はつけたまま。相手が鞘を抜いていても、自分は鞘をつけた状態で立ち回るので、鞘には傷が付いている。また、父の教えである「剣はどんな感情も吸い取るから、憎しみの心で剣を取ってはならない」を守り通している。元の屋敷の現在の住人の許可を得て道場を再開した時、かつての門下生が恩返しも兼ねて集まってきたことから、道場と一家はかなり慕われていた様である。幼い頃から身体を動かす方が好きだったため、裁縫の練習や家の中の手伝いからずっと逃げており、それらは基本的に苦手。 3. 家宝である「双明珠(そうめいしゅ)」の片...

    その他

    白宗甫(はくそうほ) 1. 皇帝2代に仕えた前司空の老人。隠居した現在も、黒羽騎尉を管理するなど、裏で権力を持つ、通称「白老公」。魏家の取り潰しも、周家の没落も彼が裏で糸を引いていた。 2. 「天花茶館」の持ち主で、彼や黒羽たちの任務の結果、没落したり家族を失ったりした女達を女給として雇い、密かに監視していた。秀燕のお菓子を配達させる際に指名することが多い琳琅とは、顔をあわせるたびに嫌味の応酬をする仲。 3. 皇帝崩御後に、黒羽騎尉の素性と名前を記した巻物を李恒側に渡すが、それは魏有の部分だけを消した贋作であった(本物は贋作を渡した直後に焼却)。その前後から体調を崩しがちであり、巻物を手放した後に息を引き取る。生前、何を思ってかは不明だが、他者の手に渡っていた、かつて周家が暮らしていた屋敷を、最後の住人が任地に下って空き家になった後に魏有名義で買い取っておいたらしい。 秀燕(しゅうえん) 1. 「天花茶館」の女将。この店の売り物であるお菓子は彼女の手製。元々は李尚(李久皇子)やその母の侍女。その出自から、お金に関わることは苦手。彼女を含め、ここで働く女達は普段から名前で呼ばれてい...

    坊門(ぼうもん)

    1. 長安の町を碁盤の目のように区切った際の、各ブロックを仕切る門。夜明けの知らせとともに開き、日暮れの知らせとともに閉じられる。夜間は通牒がなければ他の坊へ出入りできない。例外として、新年の3日間だけ夜間も開放される。

    黒羽騎尉(こくうきい)

    1. 皇帝直属の隠密。幻の官とされ、その存在は伏せられている。例外として、皇太子は将来彼らを使う者となるため、時期をみて皇帝から直接知らされる。略称は「黒羽(こくう)」。様々な危険を伴う任務であるため、家族を人質に取られたような状態で任に就いている者がほとんど。琳琅の父・之凱も、琳琅が幼い頃にこれになってくれないかと請われたことがあるが、家族のために断り、自ら節度使として北に赴くことを選んだらしい。 2. 黒羽同士もほとんど面識はないが、遭遇すれば同業であることくらいは感じ取れるという。皇帝が崩御し代替わりすると、新たな皇帝に召喚され、忠誠を問われる。大抵は守るべき存在のためにも忠誠を誓うが、反意を示せば殺される運命にある。 3. 後に三娘の言葉を受けた李恒が全ての黒羽を解放した。

  1. 相關搜尋

    爆紅正妹