Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. Pe袋 相關
    廣告
  1. ポリ袋 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ポリ袋
    • 定義
    • 素材
    • 歴史
    • 問題点
    • 関連項目

    「ポリ袋」とは、字義通りに解釈すれば「ポリマー」でできた袋である。しかし、現在のポリ袋はほとんどがポリエチレン製であり、稀にポリプロピレン製がある程度なので、大辞林では「ポリエチレン製の薄膜の袋」、大辞泉では「ポリエチレンまたはポリプロピレン製の袋」と定義されている。

    ポリエチレンフィルム

    ポリ袋はポリエチレンフィルムなどを素材とする袋である。現在、日本で一般に「ビニール袋」と呼ばれているもののほとんどはポリエチレン製のポリ袋であり、通常スーパーマーケットなどで使用される包装用の袋に塩ビ製のものはなく、塩化ビニル樹脂製のビニール袋を身の回りで見かけることはほとんどない。

    ポリエチレン製以外の素材

    ほとんどのポリ袋がポリエチレン製であるが、特殊な用途のためにポリエチレン以外の素材が使われることもある。 真空包装には、通気性が低いナイロンが使われる。ただしナイロンはヒートシールが難しいため、リニアポリエチレンと張り合わせた2重フィルムにしてから袋にされることが多い。 血液バッグ(英語版)には、血液を凝固させず、柔軟で摩耗しにくいことから、ポリ塩化ビニル(塩ビ)が使用される。

    耐久性と費用対効果の高さから、高度経済成長期には急速に普及した。スーパーマーケットで用いられるポリエチレン製のいわゆるレジ袋(手提げ袋)は、日本では昭和50年代に関西のスーパーマーケットで導入され、全国へと普及した。 ポリ袋の普及は食品衛生の点にも大きく貢献しており、例えばパンがスーパーマーケットに並ぶことを可能にしたのも、ポリ袋の普及があったからであるといわれる。 原料が100%輸入に頼っていることと円高や円安による影響で、いくつかのスーパーマーケットや日本におけるマクドナルドでは、ポリ袋による提供を廃止または有料化する動きが出ている。ポリ袋不要であることを伝えれば、ポイントをつけたり数円引いてくれるサービスを提供するところが多い。

    ポリ袋については次のような点が問題となっている。 1. 燃焼時に高熱を発するために焼却炉を傷めることがある(ただし、近年は焼却炉の改良も進んでいる)。なお、ポリ袋に炭酸カルシウムを混ぜると炉を傷めないともいわれるが、ごみの組成は一様ではなく燃え方も異なり、また、ごみ袋に炭酸カルシウムを入れると強度が落ちポリエチレンをより多く必要とするために1枚あたりの総発熱量は増加するともいわれている。 2. 基本的にポリ袋は自然に分解しない。そのため、ウミガメやセグロカモメといった動物が誤って飲み込んでしまうといった問題も起きている。近年、生分解性ポリ袋や光分解性ポリ袋の研究が進んでいる。生分解性プラスチックも参照。 なお、かつては印刷部分にカドミウム、クロム等の重金属を含む顔料を使ったインクが使われることがあったが、現在では有機顔料を用いたインクなどが使われるようになっている。

  2. フレキシブルコンテナバッグ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/フレキシブルコンテナバッグ
    • 概要
    • 歴史
    • 構造と特徴
    • 形状・容量
    • コンテナの種類

    ポリエチレン (PE) やポリプロピレン (PP) などの丈夫な化学繊維により、製造された袋。穀物や飼料、土砂などの粉状物質の梱包・輸送に適している。バッグ全体を支える丈夫な吊りベルトの長いループ部が上部に付いており、フォークリフトやクレーンなどで吊って持ち上げることができる。 バッグは軽量であるうえ、使用後は折りたたみが容易であり、省スペースとなっている。また、耐荷重1トン程度の強度を持ち、価格も安価であることから、幅広い分野で使用される。

    正確な使用年代は明らかになっていないが、少なくとも1940年代に登場した。最初期はポリ塩化ビニル (PVC) とゴムから作られ、カーボンブラックの輸送に使用されていた。しかし、非常に重量が大きいうえに高価だったため、1960年代から1970年代にかけてはPPを使用して縫製した、後世において一般的に使われる原型のものが作られた。 1970年代半ばに起こった石油危機による中東での大規模建設事業でセメント需要が高まり、ヨーロッパ地方から大量のセメントを運ぶ際にフレコンバッグを使って出荷された。この時、フレコンでの流通が確立したと言われる。 現在では幅広い産業でフレコンバッグが使われており、毎年40億トン以上の製品を輸送している。

    製品・用途によって異なるが、大別して本体、投入口、排出口、吊り部などによって構成されているものが多い。 本体 1. PEやPPなどの丈夫な化学繊維で織られており、継ぎ目のないものと、複数の素材をつなぎ合わせたものがあるほか、バッグ内にビニール状の袋が存在するものもある。 投入口 1. 上部の開口部。充填はここで行い、マチ部分によって開口部を閉じることが可能である。 排出口 1. 底部が開くタイプの開閉可能な開口部。 吊り部 1. ロープやベルトなどをつなげ、コンテナを吊り上げる支点となる部分。本体側面および本体下面に取り付けられる。

    日本産業規格(JIS規格)Z1651:2017により、定められている。 1. コンテナの形状は円筒形または方形。 2. コンテナの寸法は受け渡し当事者間の協定による(一般的容量は1立方メートル)。 3. コンテナ容積は3,000リットル以下とし、最大充填質量は3,000キログラムとする。

    ランニングI形

    1. 繰り返し充填・排出が行えるように設計され、修理の際に母材強度と同等の引っ張り強さを満足させるコンテナ。

    ランニングJ形

    1. 繰り返し充填・排出が行えるように設計され、耐候性および防水性に優れた修理可能なコンテナ。修理した場合、それらの性能を保持するように設計したコンテナ。

    クロススタンダード形

    1. 充填・排出回数を数回または1年を限度として使用するように設計したコンテナ。この形式のものは修理することができない。

  3. ペットボトル - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ペットボトル
    • 歴史
    • 容器の形態
    • 容器の特性
    • 容器の利用
    • 容器の製造
    • 容器の廃棄と再利用
    • ペットボトルに関する事件・事故
    • ペットボトルの蓋
    • 関連項目
    • 外部リンク

    1967年、デュポンのアメリカ人科学者ナサニエル・ワイエス(英: Nathaniel Wyeth)が炭酸飲料向けプラスチック容器の開発を始め、1973年にペットボトルの特許を取得した。デュポン社のペットボトルは1974年にペプシコーラの飲料容器に採用され、世界初のペットボトルの応用例となった。 日本では当初は食品衛生法にPET樹脂の記載がなかったため清涼飲料用には使用できなかった。1977年にキッコーマンと吉野工業所がしょうゆの容器を開発し、その後1982年に飲料用に使用することが認められ、同年より日本コカ・コーラ(1983年から全国展開)、1985年からはキリンビバレッジ(当時麒麟麦酒)が1.5リットルペットボトル入り飲料を発売。以来、多くのメーカーで使われるようになり、それまでガラス瓶入りが主流であった1リットル以上の大型清涼飲料の容器はペットボトルに取って代わられた。1996年には自主規制の緩和で500ミリリットル以下の小型サイズも解禁された。

    素材

    ポリエチレンテレフタレート(PET:Polyethyleneterephthalate)を主原料にしている。ポリエチレンテレフタレートは石油由来のテレフタル酸とエチレングリコールを高温・高真空下で化学反応させた樹脂である。 2016年、アサヒ飲料は、三ツ矢サイダーの一部製品(1.5Lボトル4万箱分)に植物由来の原料を使用したオールバイオペットボトルの採用を開始した。 なお、ペットボトルのキャップにはポリオレフィン系のポリプロピレンやポリエチレンでできている。また、ラベルはポリスチレンやポリオレフィン系のポリプロピレンやポリエチレンでできている。リサイクルしやすさや使用する資源量削減といった環境配慮から、ラベルのないペットボトル入り飲料も発売されている。 ペットボトルと他のプラスチック製のボトルは外観だけでは見分けることが困難な場合がある。そのため、日本では指定表示品目(清涼飲料水、しょうゆ、酒類)の指定ペットボトルには三角形の識別表示マークが付けられている。

    色を付けるのは容易であり、世界では着色ペットボトルも珍しくない。しかし、日本で生産されるボトルについては、2001年のPETボトルリサイクル推進協議会の自主設計ガイドラインの改定に伴って、着色ボトルを全面禁止し、全て無色透明化された。無色のペットボトルから作られた白い繊維は、衣類の原料として使用可能であるが、着色ペットボトルから作られた着色の繊維の需要は限られ、このルールが定められた。着色ボトルが流通している国家では、無色と着色を選別する工程が必要になる。 なお、日本のペットボトルには口部が白いものがある。着色ではなく結晶化を用いて白くしている。 無色透明なものに色を付けたように見せる手法として、中身の液体の色を利用する方法、色付きラベルをペットボトル周囲に貼り付ける方法がある。

    形状

    正式に定められたものではないが、大きく分けて以下のように分類することができる。 耐圧ペットボトル:凸半球型ペットボトル(従来型・炭酸飲料用) 1. 1982年に登場した初期の炭酸飲料用ペットボトル。現在のような底面をペタロイド形状(後述)に加工する技術がなく凸半球に膨れていたので、樹脂製のベースカップを底面に接着して立たせていた。容量は1.5Lボトルのみであった。 1.1. 前期型では、それまでのガラス瓶との流用でキャップの口径が広く金属製のキャップで閉められていて、ラベルもシールが貼られていた。 1.2. 後期型では、キャップの口径が小さくなって樹脂製のキャップで閉められるようになり、ラベルもフィルムが巻かれるようになった。 耐圧ペットボトル:ペタロイド形状ペットボトル(炭酸飲料用) 1. コーラやサイダーなどの炭酸飲料に用いられている。ペタロイドとは花弁のことであり、5本足のペタロイドによって自立する形状になっている。口部は透明である。従来の凸半球型ペットボトルの底面をペタロイド形状に形成してベースカップなしに立たせている。この加工技術の発達と1996年の規制緩和で500ml...

    包装容器であり、品質保全性、安全性、衛生性、便利性、商品性、経済性、作業性、環境対応性などが要求される。また、飲料・液体食品包装であるため、特にガスバリア性、透明性、自立性などが要求される。ペットボトルは軽くて丈夫で柔軟性があり、軽度のへこみであれば自ら元に戻る性質を持つ。ペットボトルには耐熱用、耐圧用、耐熱圧用、無菌充填用など特性をもたせたものがある。

    ペットボトルは飲料容器の主要な形態になっている。特に小型のペットボトルは自動販売機やコンビニエンスストアでの販売に適しており、リキャップできることや携帯に便利なことから広く普及している。 1. 飲料(ソフトドリンク) 1.1. 茶系飲料 1.2. 乳飲料 1.3. ミネラルウォーター 1.4. 炭酸飲料 1.5. 果実系飲料 2. 調味料 2.1. 醤油 2.2. みりん 2.3. オリーブオイル 2.4. 料理酒 2.5. ソース 3. 酒類 3.1. 日本酒- 主に香典返し用の200〜300mlのものが多い。 3.2. 焼酎・ウイスキー - 1.8〜4Lの大型ボトルが多い。 3.3. 酎ハイ 3.4. ワイン - 酸素透過性があり不向きとされていたが、海外では以前から安価なテーブルワインでペットボトル入りが存在しており、日本でもアサヒビールが2.7Lの大型ボトルで販売されている。また、景気低迷での低価格化競争のあおりを受けて、2009年11月19日に解禁したボジョレーヌーボーでも、短期間で飲み切ってしまうため、一時的にペットボトル入りワインが販売された。

    容器の成形

    射出成形機で、試験管状のプリフォーム(パリソン)を成形し、プリフォームを延伸ブロー成形機でボトル状に成形する。口部分が白いボトルは、プリフォーム成形後に口部分のみ熱をかけ、PETを結晶化させている。射出成形機ではカナダのハスキー社や、延伸ブロー成形機ではフランスのシデル社等、日本国内のペットボトル製造でも海外メーカーのシェアが高い。口部分を結晶化させる理由は、内容物充填時の殺菌時に高温になり、形状が変化しないようにするため。口部分が透明な物は無菌充填用。 プリフォーム成形とブロー成形を同一設備で一連の工程で行う方法を「ホットパリソン方式(1ステージ方式)」、別設備で行う方法を「コールドパリソン方式(2ステージ方式)」という。コールドパリソン方式は、あらかじめプリフォームを製造しておき、ボトルを使用する場所の近くでブロー成形を行う方法で、大量生産に向いている。

    飲料の充填方式

    非炭酸系の飲料の充填方式には、耐熱用ボトルに高温の内容物を充填・密封して殺菌するホット充填と、無菌充填用ボトルにクリーンルームで常温充填する無菌充填がある。

    廃棄(排出)方法

    廃棄(排出)方法については、各地方自治体によって異なるものの、 1. 中身を全て使用(飲用)する。 2. 中を水で軽くすすぐ。 3. キャップを外す。 4. 自治体の方法に従って排出するか、スーパーやコンビニエンスストアのペットボトル回収ボックスに入れる。 という点は共通している。 ラベルについては、外してから出す地域と外さずに出す地域とで分かれており、又、手や足などで潰してから出す地域と潰さないで出す地域とで分かれている。 汚れが残っていたり、タバコの吸殻が入れられると、リサイクルできない場合がある。キャップとラベルについては、それぞれ指定された廃棄(排出)方法をとる。

    3Rとの関係

    ペットボトルなどのプラスチック包装材料では3R(リデュース、リユース、リサイクル)を基本とする包装設計が行われている。

    ペットボトルに水を入れ、玄関先などに置いておくと野良猫避けになるとの情報が流布した時期がある。その後、各地でそのような光景がみられるが、これを行ったことにより、ペットボトル中の水が太陽光を収束させ火事になった事故(収れん火災)がある。なお、今日ではこれら水入りペットボトルの風説については、消費者団体やテレビ番組上での実地テストにより、効果が全く無い事が知られている。
    ペット飲料に、カビなどの異物が混入・発生し、メーカー回収されることは度々発生するが、中身の沈殿物などを異物と混同するケースも多い。缶飲料や瓶飲料が流通の主流だった時代に比べ発生件数が多いのは、消費者意識の向上のほか、ペットボトルが透明な為発見しやすいという点がある。その一方でペット飲料をストローを用いて吸う際にストローの吸入が不慣れな幼児では口腔中の食べカスがストローを通じてボトル内に逆流し...
    飲み残しのペット飲料を放置することで、中身の飲料が発酵を起こして破裂し、打撲や骨折などのけがを負ったり、吹き飛んだキャップにより天井の照明器具が破損するなどの事例が数件報告されている。これは環境中の出芽酵母や乳酸菌などが容器内に進入し、飲料中の糖分がアルコール発酵を起こして二酸化炭素が発生するためである。飲みかけの飲料は早めに飲みきるか冷蔵庫などで保管するよう注意が必要である。このため、20...
    小さな穴をあけたペットボトルに水とドライアイスを入れソーダ水を作る実験があるが、穴をあけずにペットボトルに水とドライアイスを入れ、フタをしめた結果ペットボトルが膨張し破裂した事故がある。消防庁や国民生活センターなどではドライアイスの扱いも含めてこのような実験を行わないよう注意を呼びかけている。ドライアイスの文章も参照のこと。

    1990年代初期までのペットボトルの蓋は現在のものより一周り大きく作られていた(いわゆる「広口キャップ」)。しかし、飲み口が大きいことで隙間が生じ、そこから飲み溢してしまう事例が相次いでいたことから、隙間からの飲み溢しを防ぐために飲み口の範囲を狭くする方法が採られ、それに伴って現在のような小型の蓋(以下、小キャップ)となった。また、広口キャップは無駄に製造コストがかかるという事情もあった。近年では、サントリーの「Bikkle」「ゲータレード」、ダイドードリンコの「葉の茶」、キリンビバレッジの「ボルヴィック レモン」、コカ・コーラの「グラソー」シリーズ、伊藤園の「お〜いお茶 取っ手付き2ℓ」などが広口キャップを採用していたが、「Bikkle」「ゲータレード」「葉の茶」は小キャップに移行し、「ボルヴィック レモン」「お〜いお茶 取っ手付き2ℓ」は廃番となったため、ペットボトルのソフトドリンク飲料におけるレギュラー製品で現在も広口キャップを採用している製品はコカ・コーラの「グラソー」シリーズのみである。ただし、各飲料メーカーが企画製品(期間限定、数量限定、地域限定など)として広口キャップを採用した製品を発売することもある。 ペットボトルの蓋はPETではなく密封性を高めるため、柔らかく変形しやすいポリエチレンやポリプロピレンが一般的に利用される。ペットボトルの蓋はリサイクルの工程で比重分離される。

  4. 袋 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ビニール袋
    • 概要
    • 歴史
    • 袋の材質
    • 袋の形式
    • 器官の袋
    • 比喩としての袋
    • 関連項目

    袋は柔軟な素材で作られた容器で、主に布や紙またはプラスチックのフィルム等や自然に存在する革で作られる。箱と並んで基本的な容器の形状であり、用途によって様々な素材・大きさ・形状のものが利用されており、また用途に応じて様々な機能が追加された袋もあり、例えば運搬(輸送)に使う袋では内容物が飛び出さないようにするための工夫や、手で持つための取っ手が付けられるものもある。 容器の中の物が出ないように口を締められる構造になっている物も多い。使い捨ての簡便な容器から繰り返し利用される鞄の一種まで様々である。 形状的な性質としては、箱も含む容器全般同様に細かい物を収めてひとまとめにすることに向く。加えて柔軟であることから、内容物が無いときには折り畳むなどして袋自体を他の袋にまとめて収めたり、あるいは紐で一まとめに縛っておくこともでき、こういった性質は一時的に大量の物資を扱い易い状態に小分けしておくことにも向く。 その一方で、袋は内容物が外圧の影響を受けやすく、これに入れた物品は箱に収めた物品と比べると、輸送中に同じようにぶつけたとしても、箱が硬質な素材で作られているために自体が破損しても内容物が守られるのに対し、袋では直接内部に衝撃が加わり内容物も破損しやすいという欠点がある。このため、輸送に際して袋を利用するのは、加工以前の原料など多少形が変化しても問題とならないものや、粉末ないし液体(共に流体という性質を持つ)などの、そもそも形が無い物品を扱う場合に限られる。ただし内容物に直接的に外圧が加わらないよう、柔らかくも厚みのある素材で作られた、あるいは二重構造としてその間に適度な緩衝材を詰め込んだ、幾らかでも内容物を外圧から守る機能を持つ袋もある。

    世界

    人類の歴史の上でも、袋はありとあらゆるところで使われてきた。しかし自然の内にある構造物の内にもいわゆる「袋状」のものが無数に存在し、例えば動物の胃袋や膀胱ないし魚の浮袋などといった器官は、これら動物を食料として利用するなどした残りとして取り出され利用されたほか、その皮を縫い合わせるなどして皮袋が作られ、利用されてきた。 基本的な容器の形質であるため、これの発展形に当たる道具も数多い。例えば巾着のように身の回りの物品を入れるために装飾された袋もあれば、ごみを廃棄するためにこれをまとめるためのごみ袋のように廃棄されることを前提として生産されるもの、簡便な鞄としてのリュックサック(ナップサック)など、枚挙に暇が無い。

    日本

    古代から中世に至るまで、大きな布袋を背負う姿は賎民のステータスシンボルであり、侮りや嘲笑の対象だった。貴人の荷物持ちである従者は「袋持」と呼ばれ、家人のヒエラルキーの最下層に位置した。また、大袋は家財の一切合切を持ち歩く乞食や非人の象徴的持ち物だった。その一方で、資料上最古の袋持である大国主命は、仏教の伝来とともに大黒天と習合し、武力や富をもたらす福の神として信仰された。 鎌倉時代に入ると、人さらいや地頭の郎党が人を拘禁・連行する道具として大袋を使うようになり、大きな布袋を背負う姿は恐怖や嫌悪の象徴ともなった。鎌倉末期に編纂された幕府の法書『沙汰未練書』には、刑事犯罪のひとつに「大袋」という罪がある。どのような犯罪なのかについて事例研究が行われているが、袋を使った犯罪には次のようなものが見受けられる。まず、袋を使った誘拐には子どもを人身売買する目的で誘拐するものと、大人を拉致した上で暴力によって金品を奪う目的のものがあり、後者の拘禁の様を「袋に入れられる」と表現した。また、拘禁後の暴力の様から「袋だたき」などの言葉が生まれたとも考えられる。別の事例として、白昼堂々と行われる集団強...

    袋の材質には、紙製の紙袋、セロファン製のセロファン袋、合成樹脂製の合成樹脂袋、綿製の綿袋、麻製の麻袋、合成繊維製の合成繊維袋などがある。 1. 綿袋 2. 麻袋 3. 紙袋 4. セロファン袋 5. 合成樹脂袋 6. 合成繊維袋 7. 革袋 - 遊牧民など、家畜をよく利用している民族は、動物の皮を使った袋も日常的に使用している。水を入れる容器、乳を入れて発酵させる容器などがある。 8. ゴム袋 - ゴムのシートを熔着して作る袋。特殊な工業用途で使われる。たとえば、中国の四川省瀘州市では、天然ガスをバスの屋根に装着したゴム袋に入れて、燃料として使用する例がある。

    形状や機能による袋の種類を挙げる。 1. チャック袋 - 再封可能なチャック付きの袋。海苔やふりかけなど湿気を嫌う食品類のパッケージを中心に見られる。 2. 巾着袋- 日本で古くから使用されている布製の袋。口を紐で締められるようになっている。布を合わせて縫い、口の部分に紐を通すだけというシンプルな構造のため個人でも容易に作ることが出来る。 3. 頭陀袋

    胃袋 - 胃のこと。胃は食べた物を一時的に溜め込むため、袋のような形状になっている。
    子袋 - 子宮のこと。
    玉袋・金玉袋 - 陰嚢のこと。
    有袋類の育児嚢。

    堪忍袋

    「堪忍袋」とは、人が怒りを我慢できる心の度量を袋にたとえた慣用表現。「堪忍する」とは、許したり、我慢したりすること。「堪忍袋の緒が切れる」ということわざも残る(「緒」とは、袋の口を締めるひものこと。「尾」ではない)。また、布袋が背負っている袋をそう呼ぶ慣習がある。 上記のことわざに基づいた落語『堪忍袋』がある。

    お袋

    母親のことを指す。古くから存在する語であり、室町時代の故実書『鎌倉年中行事』に「御袋様」の語が見られ、1603年に刊行された『日葡辞書』にも「おふくろ」の項目がある。語源は母親が金銭や貴重品を袋に入れて管理していたことに由来する説や胎盤や子宮を「ふくろ」と呼んでいたことに由来する説など諸説あるが不明。

    袋叩き

    “袋に入れて周囲から叩く”から、手も足も出ない独りの人間を、直接手を出した者が分からないよう大勢で攻撃すること。殴る・蹴るなどの物理的攻撃にも、発言・行動などを批判する(→吊し上げ)ときにも使われる。

  5. 日本製麻 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/日本製麻

    包装資材:製粉、精米、石油化学原料などの包装容器として、重包装用紙袋、肥料用PE袋、ダンボール、フレコン等の製造販売。 ボルカノ食品事業 スパゲッティの製造販売

  6. 真空包装 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/真空包装

    真空包装(しんくうほうそう)とは、密封したプラスチックなどの包装内の空気を吸引して脱気することで包装の内部を真空状態にするもの [1] [2]。包装内の酸素を排除することで内容物である食品の化学的な変質や微生物による変質を抑制することを目的とする [1] [2]。

  7. リニアポリエチレン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/リニアポリエチレン
    • 種類
    • 特徴
    • 改質
    • 用途
    • 出典

    L-LDPEのグレード設計は、密度や平均分子量のコントロールなどで行われる一方、α‐オレフィンの選択も重要な要素となる。 同じ直鎖構造を持つ高密度ポリエチレン(HDPE)コポリマーがエチレンモノマー1000に対し1~5の短い分岐(SCB)を持つのに対し、L-LDPEのSCB数は10~30程度であり、それに伴って密度は低下する。さらに、HDPEは共重合モノマーとして主に1-ブテンが用いられるのに対し、L-LDPEはより多様なα‐オレフィンを使用している。例として、 1. 1-ブテン:CH2=CH‐CH2‐CH3 2. 1-ヘキセン:CH2=CH‐CH2‐CH2‐CH2‐CH3 3. 4-メチルペンテン-1:CH2=CH‐CH2‐CH(‐CH3)‐CH3 4. 1-オクテン:CH2=CH‐CH2‐CH2‐CH2‐CH2‐CH2‐CH3 などがある。これらのR部が長い場合、密度は低くなる。 これらα‐オレフィンの選択は、SCB数と合いまってL-LDPEの物性にも様々な影響を与える。単純に密度が同じグレードでも、強度や加工適性、透明性や耐ストレスクラッキング性などが左右される場合があり、グレード選定には慎重さが求められる。

    比重0.910~0.925。
    乳白色半透明。フィルム成形するとほぼ透明になるが、透明度や外観は低密度ポリエチレン(LDPE)より若干劣る。耐ピンホール性には優れる。
    臭気が低く無毒性。

    コンパウンド

    1. 耐候性を高めるためには、紫外線劣化防止剤やカーボンブラック混練が施される。

    歴史

    L-LDPEは1950年代にアメリカ合衆国のデュポンの科学者フランク・グレシャムが発明し、彼はラボアジェ賞(en)を獲得した。量産は1960年代から開始された。

    使用例

    L-LDPEの75%はフィルムとして使用されている。食品包装やショッピングバッグなどから、米・砂糖・塩袋やセメント袋など比較的重量があるものを入れる重袋にも適用される。 ポリエチレンの中では高い耐環境応力亀裂性を生かし、中空成形品では軟質の小型プラスチック瓶やマヨネーズ容器、洗剤や化粧品容器などに用いられる。この中空成形や回転成形法によって、近年ではクロスリンクポリエチレンとともにカヤックの材料としても利用されている。射出成形品では食器や玩具などにも多用される。

    中村次雄・佐藤功 著 『初歩から学ぶプラスチック』 工業調査会、1995年。ISBN 4-7693-4094-X
    大井秀三郎・広田愃 著 『プラスチック活用ノート』 伊保内賢 編、工業調査会、1998年。ISBN 4-7693-4123-7
    『15107の化学商品』 化学工業日報社、2007年。ISBN 978-4-87326-499-8
    藤井光雄・垣内弘 著 『プラスチックの実際知識』 東洋経済新報社、1995年。ISBN 4-492-08339-1
  8. ホクショー商事 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ホクショー商事
    • 企業概要
    • 企業理念
    • 取り扱い製品
    • アクセス
    • 外部リンク

    1952年(昭和27年)、金沢市田丸町で北陸圏での機械器具、工業用品の販売を主として「北商株式会社」を設立。1955年(昭和30年)からは荷役運搬機械(コンベア)の製造にも取り組み、金沢市示野町に工場を建設。1967年(昭和42年)にはそこに本社を移転した。1994年(平成6年)、ホクショー株式会社商事部がグループ会社として分離独立され、資本金3000万円でホクショー商事が設立された。その後、機械要素部品や設備機械の販売で売り上げを伸ばし、1999年(平成11年)には資本金5000万円に増資された。2009年(平成21年)、福井県越前市に本社を置く「株式会社レパック」と業務提携を締結し、福井営業所を開設した。2014年(平成26年)、株式会社レパックを完全子会社化し、ホクショー商事グループに編入。従来の包装資材の販売に加え、機械器具の販売も開始した。2015年(平成27年)、北陸地方を越える遠方の企業、個人からのニーズにも応え「ホクショー商事 ヤフー機械要素店」でインターネット販売を開始した。

    企業使命に徹する
    自己能力の無限を信じ挑戦する
    敬愛と信頼に結ばれた人間関係を深める

    産業機器

    1. 軸受、直動関連機器 2. 制御、検出、計測機器、電材 3. 空圧、油圧関連機器 4. 伝導関連機器 5. ポンプ、流体制御機器 6. 配管資材 7. ロボット、FA機器 8. 樹脂、新素材、加工品 9. 減、変速機、動力関連機器 10. 伝達

    包装資材

    1. 包装、梱包(こんぽう)、資材 1. 化成品、PE袋

    環境機器

    1. 衛生、クリーン機器 2. 清掃、廃棄物関連

    車 金沢西インター下車→8号線を約5分→ホクショー商事
    電車、バス 金沢駅西口→北鉄バス「52番下安原行き」に乗車→示野ショッピングバスセンター(地図の四角形)下車→徒歩6分→ホクショー商事
    飛行機 小松空港→①・②バス乗り場「金沢駅西口行き」に乗車→金沢駅西口 以下省略
  9. フィルム - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/フィルム
    • 定義
    • 主な製造方法
    • 延伸
    • 多層加工法
    • 表面処理
    • コンパウンド
    • 二次加工
    • 素材別フィルム概要
    • 包装用フィルム
    • 写真フィルム

    薄い膜状のものを指す用語として、「フィルム」(および「フイルム」)の他に「シート」「膜(メンブレン)」「箔」などがある。これらの区分は明確には定義されておらず、慣用的に使い分けられている。現実には、発明者や製造者または使用者が便宜的に名づけた呼称がそのまま広まるケースが多い。 素材による区分 1. 基本的に「フィルム」「シート」は人工物のうち高分子原料を主に使用したものを対象とした呼称に当たる。ただし、紙や布などファイバー状の原料を積層して製造されるものを指して「シート」と呼称することはあるが「フィルム」と呼ぶことは非常に稀である。「メンブレン」は自然物から概念的なものまでをも含む広い範囲を対象とした包括的な用語であり、逆に「箔」は金属原料を主に使用したものに限定する傾向がある。 2. 一方、ケイ酸成分を原料とした薄膜成型材料について「無機フィルム」、微生物が形成する薄膜について「バイオフィルム」、オブラートなどの薄膜状の食べ物について「フィルム食品」または「可食性フィルム」という語句が使用されているように、「フィルム」の呼称は必ずしも合成樹脂など有機系の工業材料に限定される用語ではなくなりつつある。 3. その他の用例では、化粧品成分が肌の表面で形成する膜成分を「フィルム」と呼称することから転じて、一部の液体状化粧品を「アイフィルム」などと名づけている。 厚みによる区分 1. 日本国内では一般に200µm以下の厚さを「フィルム」と称す 事が多い。それに対しJISの包装用語や欧米では10ミル=250µm以下を指す。ただし、ロール状に巻けるなどの柔軟性を保持するものはより厚いものでも「フィルム」と呼称することもしばしばあり、いずれにしろ明確に定義されてはいない。100~200µmの範囲を境界とし、薄いものを「フィルム」、厚いものを「シート」と慣例的に区別するケースが多い。 形状による区分 1. 「フィルム」は一般に、製造時に支持基盤を必要とするか否かに関わらず、成型後にそれ単体で薄膜状の構造を成り立たせているものを指す。成型した基板から単独では事実上分離できないものは「膜」や「層」などの用語を使用する場合が多い。また、「フィルム」は長い製造品を巻き取ったロール状で供出される場合が多く、同一の製造品ながらロール状のものを「フィルム」、適当な大きさに切り出したものを...

    溶融押出成型法(extrusion molding)

    熱可塑性樹脂をフィルム化する一般的な方法。合成樹脂の射出成型法と同じくシリンダー内で加熱しスクリューで加圧した溶融状態の樹脂を、押出金型の吐出口(リップ)から押し出し、冷却工程を経て成型する。金型の形状や冷却方法などにより細分類される。

    溶液流延法(solution casting)

    材料を溶媒に溶融させ流動性を持たせた溶液(ドープ)を、表面を平滑にしたドラム(キャスティングドラム)やステンレス製の平滑ベルト上に流し込んで付着させ、これを加熱する工程に通して溶媒を蒸発させ、フィルムを成型する。 フィルムに物理的な圧力を加えないため高分子の配向が起こらず、強度や光学特性などに方向性が生じない。厚み精度が極めて高い。溶融押出成型法に比べ樹脂にかける熱量が低く、熱安定剤などの添加量を低減できる。また、溶液をろ過する工程を設置できるため樹脂の塊(フィッシュアイ)が発生せず、キズもつきにくいため透明性の高いフィルムを成型できる。しかしながら脱溶媒が必要なため特に厚いフィルムの生産性には劣り、また溶剤回収工程などが必要なため設備が大きくなってしまう傾向にある。

    カレンダー法(calendaring)

    主に塩化ビニル樹脂をフィルム化する際に用いられる手法。複数のローラー(カレンダーロール)を使い、あらかじめ溶融状態に加熱した熱可塑性樹脂を挟んでフィルム状に圧延し成型する。通常は4~5本のローラーをL型やZ型など様々に設置し、加熱した最初の2本挟み込みながら圧延する。途中何本かのローラーを配して更なる加熱または冷却を行い、最後に冷却されたローラーの表面を沿わせて成型を終え巻き取られる。各カレンダーロールの径や温度、回転数などを調整することによってフィルムの厚さ精度を高めたり物性に特色を持たせたりするなどの工夫が施されている。 生産設備は大型化するが製造能力は極めて高い。ただし加工技術は複雑かつ熟練を要求され、条件設定が難しく精度の調整は難しい。

    合成樹脂の、ある程度の加熱をしながら一定方向に引き揃えると分子が変形方向に並び強度が増す性質を利用して、フィルムを一軸方向または二軸方向に引っ張る加工。更に耐薬品性や透明性の向上も図れる。ポリエステル・ポリプロピレン・ナイロンなどで特にその性質が顕著にあらわれる。この延伸加工を施すフィルムは、引き伸ばし後に薄くなることを計算して一次製造時に厚く成型する。 延伸する際にかけた温度を超える熱量がかかると、延伸フィルムは収縮する。この特性を利用し、緩やかに巻きつけたフィルムに熱を加えて縮ませ、梱包物を固定させるものは「シュリンクフィルム」と呼ばれる。一方、高熱下で延伸したものは熱寸法安定性に優れる性質を帯びる。これを熱固定と言う。

    近年、求められる機能が高度化するに伴い、フィルムは複数の層を重ねた形状に加工される場合が多くなっている。それらを接合・積層させる方法は多様にあり、素材それぞれの溶融温度や相溶性または厚みの構成や製造費用など、様々な要素が考慮されつつ選択される。

    極性の小さなポリエチレンやポリプロピレンなどはコーティングやラミネートまたは印刷などの接着力が弱い。そのため、フィルム表面を改質してこれらの欠点を改良する。手法は、物理的な処理と化学的な処理がある。 物理的処理 1. コロナ処理は、フィルム表面に放電処理を行い、極性を持つカルボキシル基や水酸基を生成させ、かつ荒面化する。 2. プラズマ処理は、フィルム表面でガスを電離させて生じた粒子の電荷を利用して、極性を持つ塩基を生成させる。 3. フレーム処理(火炎処理)は、プロパンガスなどの可燃性ガスに酸素を吹き込みながらフィルム表面上で燃焼させ、酸化反応を起こして極性を持つ塩基を精製させる。 化学的処理 1. フィルム表面を酸やアルカリなどで改質する。手法はJIS K 6843-3:1999で規定されている。 マット加工 1. フィルム表面に微細な凸凹をつけ、いわゆるシボ状態にする加工。一般的には表面積を増してコーティングやラミネートの強度向上を狙い、転写フィルム用途では転写層表面につや消し効果を与える。砂を吹き付けて物理的に加工する手法(サンドブラストまたはサンドマット)と、薬品で腐食させる化学的手法(エンボスまたはケミカルマット)がある。

    合成樹脂の原料そのものに特定の機能を持つ添加材料(マスター)を混ぜ込み、フィルムを製造することで機能を付加する手法。着色材料を混ぜ込みカラーフィルムを製造する際によく用いられる。着色剤の他にも、安定剤・紫外線吸収剤・導電材料などを配合する例があり、焼却時の発生熱量を抑える目的で炭酸カルシウムをフィルムに混入させる手法もコンパウンドによって行われている。 ただし、一般に合成樹脂はマスターをコンパウンドすることで脆くなる。また、添加物が時間経過とともにフィルム表面に凝集するブリードアウト現象などの問題もあり、コンパウンドを行うに当って使用するマスターの種類選定や配合処方の設計には充分な検討が求められる。

    切断加工(スリッティング)

    1. フィルムを、その使用目的に応じた幅に切る加工。ロール状のフィルムを巻き出しナイフまたは櫛状の刃を通して切り出す手法と、ロール状のままのフィルムを油圧プレス機の刃で輪切りにする方法がある。

    端部加工

    1. 袋状の包装フィルムの端部に切り欠きを設け、開封を容易にするための加工。切り欠きローラーにフィルムを通して加工する方法が一般的。近年、一辺のどこからでも開封できる袋があるが、これは「マジックカット」または「マジックオープン」と呼ばれ、フィルムの辺全体に微細な穴を無数に空けたものである。

    アイオノマーフィルム(IOフィルム)

    1. アメリカのデュポン社が開発したアイオノマー樹脂を素材とする。透明かつピンホールに耐えうる強靭性を持つため角があるものの包装に対応でき、スライスハムなどの深絞り包装にはこのフィルムが使用される。また、ヒートシール性にも優れ、ラミネーション材料として多層フィルムの中間層に使用されることも多い。

    ポリエチレンフィルム(PEフィルム)

    1. ポリオレフィンの一種ポリエチレン樹脂は、フィルムの素材としては最も多く利用されている。構造や密度の違いにより、高密度(HDPE)、中密度(MDPE)、低密度(LDPE)、リニア低密度(L-LPDE)、メタロセン触媒系リニア低密度(mL-LDPE)の5種類の樹脂に区分され、それぞれフィルム製品化されている。比較的安価な材料であり、ヒートシール性に優れるなど加工も容易なためコンビニなどのポリ袋に使われる一方、HDPEフィルムは耐熱性を有するため包装したままの高温殺菌も可能となり、食品包装用途で広く使用される。しかしながら引き裂きには弱く、Tダイ法で成型したフィルムは押し出し方向に裂けやすい。この性質を逆利用し、おしぼりや冷凍食品の袋など簡易に破くこと(イージーピール)ができる利点を生かした簡易包装用途にも使用されている。比較的近年に開発されたL-LDPEフィルムはLDPEとHDPEの中間的な物性を持ち、価格優位な点からも採用が増えつつある。

    ポリ塩化ビニルフィルム(PVCフィルム)

    1. ポリ塩化ビニル(PVC)フィルムは、可塑剤の添加量によって硬質・半硬質・軟質に区分され、また無延伸と延伸フィルムがある。耐水耐油性や透明性、難燃性、電気絶縁性など優れた物性を持ち、レインコートなどの衣料分野、軽包装、農業分野、遮水シートなどの土木建築分野で広く使用される。無可塑塩化ビニルが開発されてからは食品包装にも採用されてきた。しかし、環境問題などからソフトポリオレフォンフィルムへの切り替えが進行している。

    文字通りいろいろなものを包むためのフィルムを包括して定義する。ごみ袋に代表されるようにあらかじめ袋状に成型されたものが多いが、食品用ラップフィルムや梱包用フィルムなどロール状のまま提供されるものも含まれる。冷凍食品やレトルトの多様化など、食品包装分野などを中心に使用されるフィルムには複数の機能が同時に求められるケースが普通となり、それらに対応するために多層化されたものがほとんどとなっている。以下、包装材料の用途と多層構造の対比例を表に纏める。 注)AL:アルミラミネート、VM:アルミ蒸着

    映像記録用メディアとして静止画像を撮影し記録するためのフィルムの総称。開発当初はニトロセルロース(NC)を基材として製造されていたが、耐燃性向上のために酢酸セルロースの一種であるトリアセチルセルロース(TAC)に切り替わった。デジタルカメラの普及により生産量は激減しているが、医療用レントゲンなどの分野では依然として手堅い需要がある。

  10. 阪和興業 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/阪和興業
    • 概要
    • 事業所
    • 沿革
    • 社名の由来
    • 事業
    • 阪和育英会
    • 関連会社
    • 外部リンク

    鉄鋼を始めとして、非鉄金属・食品・石油・化成品・木材・機械などの分野を取り扱っている。「流通のプロ集団」を掲げて独立系である強みを生かした系列に縛られない自由な事業展開を進める。ユーザーへの直販比率が高く、商機のあるところにすぐ駆けつける営業スタイルは、商社業界では「阪和商法」と呼ばれる。[要出典] 2019年3月期の売上は1兆6697億円。また、日本製鉄の有力指定問屋から構成される親睦団体の十日会に加盟。 1. 鉄鋼分野では、ゼネコン向けの建材やメーカー向けの鋼板など幅広く鋼材並びに鉄鋼二次製品を取り扱っている。また、大型自社倉庫による鋼材の在庫販売や、インターネット上の鉄鋼取引サイトを立ち上げている。過去には、大阪ドームの鉄筋全量[要出典]を受注したことがあった。 1. 食品分野では、伝統的にエビ、アジ、サケ、カニなどの輸入水産物に強く、商社取扱いトップシェア[要出典]の商品も多い。水産物以外では鶏肉を取り扱っている。 2. 石油・化成品分野では、主に産業用燃料の輸入・国内販売と合成樹脂の三国間取引を行っている。千葉県船橋市に自社の燃料タンクを保有している。 3. 木材分野では、住宅建材向けの木材製材品・合板などの輸入・販売を行っている。 4. 機械分野では、産業機械だけでなく遊戯機械も取扱い、東京ドームシティ、EXPOCITY等への納入実績がある。高さ日本一の観覧車「レッドホース オオサカ ホイール」の設計・製作を手掛けた。 5. 資源ビジネスでは、南アフリカの金属鉱山会社に40億円を投資して鉱物の独占販売権を獲得した他、フェロクロムやクロム鉱石事業への参入を目的にフィンランドの現地企業に約120億円の大型投資を行った。また、他社に先駆けて[要出典]銅、アルミニウム、亜鉛、鉛、錫、貴金属等のリサイクル事業にも精力的に取り組んでいる。

    本社・支社所在地 1. 大阪本社(本店)大阪市中央区大阪市中央区伏見町4-3-9 HK淀屋橋ガーデンアベニュー 2. 東京本社 東京都中央区築地一丁目13番1号 銀座松竹スクエア 3. 名古屋支社 名古屋市中村区名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋35階 拠点 1. 国内16拠点 1.1. 大阪、東京、名古屋、北海道(札幌、釧路)、東北(仙台、八戸)、新潟、北関東(高崎)、水戸、いわき、厚木、静岡、岡山、中国(広島)、九州(福岡)、沖縄(那覇) 2. 海外23ヵ国49拠点 2.1. ニューヨーク、シカゴ、シアトル、ヒューストン、ロサンゼルス、バンクーバー、サンディエゴ、メキシコシティ、セラヤ、サンティアゴ、ボゴタ、ソウル、釜山、北京、天津、大連、青島、上海、重慶、福州、武漢、広州、東莞、中山、太倉、贛州、香港、台北、高雄、バンコク、クアラルンプール、シンガポール、ヤンゴン、ハノイ、ホーチミン、ジャカルタ、ムンバイ、ニューデリー、チェンナイ、ロンドン、ウィーン、アムステルダム、ドバイ、クウェート、リヤド、ジェッダ、ダンマン、イスタンブール、ヨハネスブルグ 2.2. ※支店・事務所、現地法人・子会社、駐在員事務所(その他事業会社は含まない)

    1946年 - 安宅産業を退職した北二郎によって阪和商会として設立。
    1953年 - 中国との貿易を開始。
    1963年 - 大阪証券取引所の第二部に上場。

    会社設立にあたり占領下にあって進駐軍関係や官庁納入の折衝が多かった関係で「産業」とするか「興業」とするか熟慮した結果、終戦後の混乱期であればこそ大いに業を興す決意を明らかにし、また将来関連の生産部門へ進出する際の都合も勘案して、まず「興業」を決定した。 次に、大阪で創業するので頭文字を「阪」にした。「和」の字は、毛利元就 の故事にちなむ三本の矢の強さと和を示すと共に、創業時の年号「昭和」と、創業者たちのゆかりの地「和歌山」にも通じている。 こうして、「大阪で誕生し社内強調融和団結で、大いに業を興す」という願いを込めて、1947年に社名を阪和興業株式会社と定めた。

    条鋼・建材

    1. 異形棒鋼、ネジ鉄筋、機械式継ぎ手、高張力フープ、エポキシ(塗装)鉄筋、ステンレス鉄筋、製鋼原料、鋼管杭、鋼管矢板、鋼矢板、セメント、生コン、加工切断、H形鋼、山形鋼、溝形鋼、軽量形鋼、鋼管、コラム、軌条、平鋼、覆工板、溶接H形鋼、スプライスプレート、四面BO、鉄骨工事、屋根工事、外壁工事、ALC工事、デッキ工事、内装工事、木工事他

    線材・特殊鋼

    1. 構造用合金鋼、ステンレス鋼、その他特殊用途鋼、磨棒鋼(丸/角/平)、普通線材製品、特殊線材製品、鋲螺製品、鍛造品、鋳造品、切削品、その他特殊鋼加工品

    鋼板

    1. 厚板、中板、熱延鋼板、冷延鋼板、表面処理鋼板、電磁鋼板、ステンレス鋼板、住宅資材、スチールハウス、鋼製パレット、鋼製地下室

    財団法人阪和育英会は、阪和興業の会社創立10周年記念事業として、1957年4月に設立された。阪和興業の創業者で初代理事長であった北二郎は、自身が進学に当たり苦学した経験があり、奨学金を出して経済的軽減を図り、「我が国社会に有為な人材を育成したい」との念願で、当時会社の資本金が1億円の時に1000万円を投じて阪和育英会を設立した。 その後、今日までに1000名近い奨学生に奨学支援を行ってきており、財団の正味財産も2009年度には5億4000万円にまで増加している。

    阪和流通センター東京
    阪和流通センター大阪
    阪和流通センター名古屋
    阪和スチールサービス
  11. 其他人也搜尋了
  1. Pe袋 相關
    廣告