Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. Batted Ball - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/Batted_Ball
    • 概要
    • 主なデータ
    • 選手のタイプ
    • Dipsへの応用
    • 関連項目

    打球を調べることで、ゴロを打たせる投球や角度をつける、または転がす打撃など公式記録だけではわからない選手の特徴を知ることができる。全ての打球を一つ一つ計測するため膨大なデータ量となり、また一般的に打球データは公式記録として公開されておらず個人で収集するのは難しい。日本ではデータスタジアム社、DELTA社等が計測し一部公開している。

    打球割合

    1. GB%:打球に占めるゴロの比率 2. FB%:打球に占めるフライの比率 3. LD%:打球に占めるライナーの比率 4. IFFB%:フライに占める内野フライの比率 5. GB/FB:ゴロとフライの比率 ここで言う打球とは、フェアとなった打球が対象である。

    HR/FB

    HR/FBは本塁打とフライの比率である。打者のHR/FBは選手ごとの傾向がよく表れ、数シーズンに渡って安定しやすい。そのため、大きく低下した場合は怪我や年齢的衰えの影響である可能性が高い。 一方で投手のHR/FBはシーズンごとの変動が大きく安定しない。投手の被本塁打は制御することが難しいとされており、投球回が多ければHR/FBは平均に近い値に収束する傾向がある。そのため、フライが多い投手は被本塁打が増えてしまう傾向がある。また、打者や投手どちらの場合においても使用するボールや球場の影響を受ける。

    投手

    投手のGB%やFB%はシーズンによって変動が小さく、投手は打球の割合をある程度コントロールする事ができる。したがってBatted Ball Dataは投手の投球タイプを知る手段のひとつであり、奪三振率や与四球率と組み合わせる事で大まかな投球スタイルを分類推定する事が出来る。前項の通りフライが多い投手は被本塁打が増えやすいが被安打が少なくなる傾向にある。一方、ゴロが多い投手は本塁打を含む長打を打たれにくいが被安打が増えやすい傾向にある。ただし、GB%が非常に高い投手はゴロのBABIPが低くなるとされている。

    打者

    打者のHR/FBは選手ごとの特徴が表れるため、パワーを表す指標として用いられる。一般的にパワーヒッターはFB%が高く、コンタクトヒッターはGB%が高い傾向にある。ゴロが多い打者は打率やBABIPが高くなりやすい傾向にあるものの、長打になりにくいため得点力は限られている。実際にMLBにおける各打球の得点価値はゴロ:0.05点、フライ:0.13点、ライナー:1.26点となっているため、ゴロは得点へのインパクトが小さい。

    前述の通り、ゴロやフライの割合は投手がコントロールできる割合が大きい。そのため、「投手自身でコントロールできる部門」で評価するDIPSの思想と相性が良く、Batted Ballを組み込んだ指標が開発されている。

  2. Facebook 熱門排行

    39 分鐘前更新
    • 蔡英文 Tsai Ing-wen
      11.6萬個讚
      1
    • 鄭怡靜 CHENG I-Ching
      10.9萬個讚
      2
    • 蔡英文 Tsai Ing-wen
      9.5萬個讚
      3
    • 爵爵&貓叔
      4.6萬個讚
      4
    • 爵爵&貓叔
      4.5萬個讚
      5
    • 飆捍
      4.4萬個讚
      6
    • 曾莞婷更新了大頭貼照。
      曾莞婷
      3.8萬個讚
      7
    • 郭婞淳 KUO, Hsing-Chun
      3.7萬個讚
      8
    • 3Qi.tw 陳柏惟
      3.5萬個讚
      9
    • 曾莞婷
      3.3萬個讚
      10
  3. ファインブランキングプレス - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ファインブランキングプレス

    FB プレス」ともいう。JISに本加工に用いる機械プレスとして定義されている。 概要 ファインブランキングは、被加工材(おもに薄板の金属板)に高精度な打ち抜きせん断(や副次的に曲げ加工、絞り加工といった複合加工)を ...

  4. ゴロ/フライ比率 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ゴロ/フライ比率
    • 概要
    • グラウンドボールピッチャー
    • フライボールピッチャー

    比較的ゴロの割合が高い投手はグラウンドボールピッチャーと呼ばれ、比較的フライの割合の高い投手はフライボールピッチャーと呼ばれている。MLBでは2005年頃から球数を節約してゴロで打たせて取る投球が出来るグラウンドボールピッチャーの評価が高まり、注目を浴びるようになった。 また、これと似た指標にGO/AOがあり、ゴロアウトの総数をフライアウトの総数で割って算出する。平均は1.08であり、この数値が高いほど全体のゴロアウトの比率が高い事が分かる。 飛球がフライとライナー(LD)の2種類に分類されており、内野フライ(IFFB)も集計されているFanGraphsによると、2002年から2013年までのフェアボールに占める各打球割合のMLB平均はLD約18~22%、GB約43~45%、FB約34~38%、IFFB約9~12%で推移している。

    2002年以降の通算ではブランドン・ウェブ(64.2%:GB/FB1.82、GO/AO2.91)、デレク・ロウ(62.3%:GB/FB1.66、GO/AO2.61)、ティム・ハドソン(58.5%:GB/FB1.42、GO/AO2.04)、ジェイク・ウエストブルック(58.7%:GB/FB1.45、GO/AO2.19)、王建民(59.1%:GB/FB1.45、GO/AO2.17)はフェアボールの60%前後がゴロで占められており、このタイプの代表的な投手と言える。シンカーのように速く沈む芯を外す投球を主体としており、DP%(Baseball-Reference.comに記載のデータ。ゴロアウトに占めるゴロ併殺の割合でMLB平均が11%)が全員15%以上と多くの併殺を打たせている点で共通している。 一般的に被本塁打率が低い一方で、内野手が打球を処理する機会が多く、その守備力の影響も受けやすいので失策絡みの失点割合も高くなる傾向にある。ビル・ジェームズは最高の投手として名を挙げられる中でもこのタイプの投手は2割しか存在せず、近年になって過大評価されていると主張している。 グレッグ・マダックスは1994年・1995年・1996年と3年連続でゴロの割合が60%を超えており、1988年以降の通算でも55.9%の高数値を残している。他にアメリカ野球殿堂入りが有力視されている投手では、通算セーブ数世界1位の記録を保持するマリアノ・リベラが通算のゴロの割合が50.2%とグラウンドボール寄りであった。リベラの通算被本塁打率0.50は1995年から2013年までの期間で1000投球回以上投げた投手の中で最も低い率である。 宇佐美徹也の著書によると、1981年の西本聖はゴロアウト406に対して飛球アウトは198で、GO/AOは2.05を記録している。1980年7月25日の試合では12安打をされながら、2失点の完投勝利を収めている。5併殺を打たせてピンチを乗り切った。飛球2つ、三振2つ以外は全てゴロによるアウトで、巨人の内野手は1試合22補殺の記録を作った。1981年の日本シリーズ第5戦でも13安打をされながら、完封勝利を収めた。飛球1つ、三振4つ、あとの22のアウトは4併殺を含み、全てゴロによるものだった。

    2002年以降の通算ではクリス・ヤング(27.3%:GB/FB0.38、GO/AO0.45)、テッド・リリー(34.1%:GB/FB0.53、GO/AO0.68)、ジェレッド・ウィーバー(33.2%:GB/FB0.51、GO/AO0.63)はフェアボールに占めるゴロの割合が30%前後にとどまっており、このタイプの代表的な投手と言える。回転数の多い空振りの取れるフォーシームを主体としている点で共通している。長期間活躍している投手は奪三振率が優秀である事が多い。 マリアノ・リベラに次ぐ通算セーブ数世界2位の記録を保持するトレバー・ホフマンは通算のゴロの割合が35.2%と完全にフライボール寄りであった。通算奪三振率は9.36と非常に優秀である。また、既にアメリカ野球殿堂入りを果たしているデニス・エカーズリーは実働24シーズンのうち、1988年から1998年までの11シーズンのゴロの割合は34.1%である。 xFIP算出の元になるHR/FB%(フライに占める本塁打の割合)はシーズン毎に数値の揺らぎが大きく、また投手の場合は長い年数をプレーした場合に通算9~10%に近い数値になる傾向が発見されている。USセルラー・フィールドのような本塁打のパークファクターが高い球場で多くプレーした場合には平均数値がこれよりも高くなる。そのためにこのタイプで奪三振率がそれほど高くない投手は一般的に被本塁打率が高くなり、パークファクターが高い球場との相性はあまり良くない。

  5. ルロア・クララ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ルロア・クララ

    ルロア・クララ(Leroy Clala、1992年11月30日 - )は、フランス出身の元AV女優。

  6. 其他人也搜尋了