Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. lebron james 相關
    廣告
  1. レブロン・ジェームズ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/レブロン・ジェームズ

    レブロン・レイモン・ジェームズ・シニア(LeBron Raymone James Sr.(発音: [ləˈbrɒn] )、1984年 12月30日 - )は、アメリカ合衆国・オハイオ州 アクロン出身のプロバスケットボール選手。 NBAのロサンゼルス・レイカーズに所属。 愛称は「キング」。 背番号は憧 ...

    • 113.5 kg (250 lb)
    • 206cm (6 ft 9 in)
    • 23
    • SF/PF
  2. ブロニー・ジェームズ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ブロニー・ジェームズ
    • 経歴
    • 私生活
    • 外部リンク

    初期のキャリア

    ブロニーは2004年10月6日にオハイオ州アクロンにあるセント・ビンセント=セント・メアリー高校に在籍していた、19歳のレブロン・ジェームズと在籍中に交際していた現在の妻であるサバンナ・ブリンソンの長男として生まれた。ブロニーは双方の両親によって育てられた。父親のレブロンはNBAにおいて4回のNBAチャンピオン、4回のNBA最優秀選手賞など様々なタイトルを獲得しておりNBAの歴史において偉大な選手の1人として世界中に知られている。 ブロニーは幼少の頃、バスケットボールやサッカーなどのいくつかのスポーツをしたが、父親のレブロンは安全上の懸念からアメリカンフットボールやアイスホッケーをすることを許可しなかった。2014年までに、ブロニーは全国の優秀な選手が掲載されているハイライトの動画に登場し注目を浴びるようになった。2018年2月、オハイオ州サミット郡にあるオールド・トレイルスクール(英語版)の中学校に通い、学校の独立のリーグで優勝をした。

    高校

    2019年5月29日、よりハイレベルな環境を求めて父レブロンのヒート時代の盟友ドウェイン・ウェイドの息子であるザイアと一緒にカリフォルニア州ロサンゼルスにあるK-12に属する私立シエラ・キャニオン高校に転校した。シーズン開幕戦、ブロニーは1Qの残り3分を切った所でベンチから出場しデビューを果たす。2Q残り7分10秒にはワイドオープンの3PTを決め初得点を記録した。試合の合計は10得点を記録した。

    ブロニーには2007年に生まれた弟のブライスと2014年に生まれた妹のズリがいる。名付け親はNBAオールスターゲームに10回選出されている、クリス・ポール。 憧れのNBA選手はラッセル・ウェストブルックであり、その影響から背番号0番を着用していた。8年生に入ると父レブロンの数々の功績、名誉に称え23番のジャージに切り替えた。

    ブロニー・ジェームズ (bronny) - Instagram
    • 80kg (176 lb)
    • 188cm (6 ft 2 in)
    • PG/SG
  3. LBJ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/LBJ

    レブロン・ジェームズ (LeBron James, 1984 - ) - アメリカのバスケットボール選手 作品 LBJ ケネディの意志を継いだ男 - ロブ・ライナー監督の映画(2017年)。リンドン・ベインズ・ジョンソン を描く。 LBJ: The Early Years (英語版) - テレビ映画(1987年) ...

  4. 2020年のNBAファイナル - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/2020年のNBAファイナル
    • 背景
    • 試合結果
    • 関連項目

    ロサンゼルス・レイカーズ

    ウェスタン・カンファレンスのレイカーズは52勝19敗 (勝率.732)でレギュラーシーズンを1位で終えた。プレーオフでは、1回戦で第8シードのポートランド・トレイルブレイザーズに4勝1敗、カンファレンスセミファイナルで第4シードのヒューストン・ロケッツに4勝1敗、カンファレンスファイナルで第3シードのデンバー・ナゲッツに4勝1敗でNBAファイナルに進出した (10年ぶり32回目)。

    マイアミ・ヒート

    イースタン・カンファレンスのヒートは44勝29敗 (勝率.603)でレギュラーシーズンを5位で終えた。プレーオフでは、1回戦で第4シードのインディアナ・ペイサーズに4勝0敗、カンファレンスセミファイナルで第1シードのミルウォーキー・バックスに4勝1敗、カンファレンスファイナルで第3シードのボストン・セルティックスに4勝2敗でNBAファイナルに進出した (6年ぶり6回目)。

    レギュラーシーズンでの対戦

    レギュラーシーズンではレイカーズがヒートに対して2勝0敗を記録した。

    第1戦

    チーム成績 1. ヒートのゴラン・ドラギッチは第2Qに左足を痛めて負傷退場し、第6戦で復帰した。 2. ヒートのバム・アデバヨは第3Qに左肩を痛めて負傷退場し、第4戦で復帰した。

    第2戦

    チーム成績

    第3戦

    チーム成績 1. ヒートのジミー・バトラーがファイナルでは史上3人目となる40得点以上でのトリプルダブルを達成 (ジェリー・ウェスト、レブロン・ジェームズ以来)

    第54回スーパーボウル (NFL・2月)
    2020年のワールドシリーズ (MLB・10月)
    2020年のスタンレーカップファイナル(英語版) (NHL・9月)
  5. バスケットボールのニックネーム一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/バスケットボールの...
    • 選手
    • チーム
    • アリーナ
    "The Admiral" - デビッド・ロビンソン(David Robinson)(海軍(Navy)にいたため)
    "Agent Block" - ハッサン・ホワイトサイド(Hassan Whiteside)(ブロックショットが得意であることから)
    "A.I." - アレン・アイバーソン(Allen Iverson)(イニシャルから)
    "A.I. 2" - アンドレ・イグドラ(Andre Iguodala)(イニシャルでもあるし、同じチームに在籍したアイバーソンの次、の意味から)
    Baby Bulls - シカゴ・ブルズ
    Blazers - ポートランド・トレイルブレイザーズ
    Boomers - (オーストラリアのナショナルチーム)
    Cavs - クリーブランド・キャバリアーズ
    AAA - アメリカン・エアラインズ・アリーナ(American Airlines Arena)(ヒートの本拠地)
    AAC - アメリカン・エアラインズ・センター(American Airlines Center)(マブスの本拠地)
    ACC - エア・カナダ・センター(Air Canada Centre)(ラプターズの本拠地)
    MSA - マーケット・スクエア・アリーナ(Market Square Arena)(ペイサーズの旧本拠地)
  6. 2018-19シーズンのロサンゼルス・レイカーズ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/2018-19シーズンの...

    2018-19シーズンのロサンゼルス・レイカーズは、レイカーズのフランチャイズとしては71シーズン、NBAでは70シーズン、ロサンゼルス移転後59回目のシーズン(レイカーズはミネソタ州 ミネアポリスからロサンゼルスに移転した。 2018年7月1日、NBAチャンピオンに3回 ...

  7. スペース・プレイヤーズ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/スペース・ジャム_ア...

    『スペース・プレイヤーズ』(Space Jam: A New Legacy)は、2021年のアメリカの実写アニメーション スポーツ コメディ映画で、マルコム・D・リーが監督を務める。『スペース・ジャム』(1996年)の続編となる本作は、『ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクシ ...

  8. ジェームズ・ハーデン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ジェームズ・ハーデン
    • 学生時代
    • Nbaキャリア
    • プレースタイル
    • 外部リンク

    高校はカリフォルニア州レイクウッドのアルティシア高校に進学。3年生のシーズンには18.8得点7.7リバウンドまで成績を伸ばし、同校を33勝1敗の戦績と州タイトルに導いた。高校最後のシーズンも18.8得点7.9リバウンドと成績を維持し、2年連続の州タイトルを獲得。ハーデン自身はマクドナルドのオールアメリカンに選ばれている。 ハーデンは高校でプレイする傍らでアマチュア・アスレチック・ユニオンのチーム、『Pump-N-Run Elite』でもプレイしており、2006年のラスベガス・アディダス・スーパー64チャンピオンシップでは、準々決勝で33得点、準決勝で34得点を稼ぎ出し、決勝でケビン・ラブ擁する『南カリフォルニア・オールスターズ』を破り、優勝を果たした。同チームにはマイケル・ビーズリーらも所属した。

    オクラホマシティ・サンダー

    アリゾナ州立大では2年間だけプレイし、シーズン開幕前に2009年のNBAドラフトにアーリーエントリー。オクラホマシティ・サンダーから全体3位指名を受けてNBA入りを果たした。サンダーは前年2008年のNBAドラフト後に前身のシアトル・スーパーソニックスから現在のチーム名と本拠地に変更しており、ハーデンはサンダー史上初のドラフト指名者となった。

    ヒューストン・ロケッツ

    契約延長でMAX契約を望むハーデン側とサンダーとの溝が埋まらず、2012-13シーズン開幕前にヒューストン・ロケッツに放出された。

    ブルックリン・ネッツ

    2019-20シーズン終了後にロケッツのフロントに不満を漏らし、トレードを要求した。結果的にオフの間にトレードは行われなかったが、開幕後は自身のスタッツもチームの成績も不本意なものとなり、2021年1月12日のロサンゼルス・レイカーズに大敗した試合後の記者会見で「手の施しようがない」とチームを批判した翌日にロケッツとブルックリン・ネッツ、クリーブランド・キャバリアーズ、インディアナ・ペイサーズの4チームが絡む大型トレードでネッツに移籍した。ネッツでのデビュー戦で、NBA史上初となる移籍先のチームで30得点以上でのトリプルダブル(32得点12リバウンド14アシスト)を記録した。 2021年3月5日にロケッツ時代の多大な功績を評価され、ハーデンが着用していた背番号13がロケッツの永久欠番となることが発表された。

    210cmのウィングスパンと強靭なフィジカルを活かした、攻撃のバリエーションが豊富な左利きのスコアラー。ポジションはSGだが状況に応じてPGもこなすことができる。オフェンスでは様々な引き出しを持ち、ピック・アンド・ロールを使いオフェンスを組み立てるのを好む。ドライブから引き付けてのパスや、独特のリズムでのレイアップ、小刻みなドリブルからのステップバック3Pなどを非常に得意としている。パス能力にも長けている為、PGとしてゲームメイクすることもできる。 また、ファウルをもらう技術にも長けておりフリースローの成功率も高いため安定した得点を稼ぐことができ、1試合平均10本以上試投していることから2014-15シーズンよりFT成功数が連続でリーグ1位である。一方で明らかなフロッピング(en:Flop (basketball))を行うことがあり、罰則金を課されたこともある。 一方でディフェンスについては「熱心にディフェンスに取り組んでいない」と苦言を呈されることが多く、事実棒立ちして手を出すだけで横を素通りさせてしまうような状況も多い。その一方で非常に優秀なDFをする時も多くあり、またサンダー在籍時は真面目にDFをしていたため、これはOF面での負担が大きいことに寄るものだと推測される。本人の意識改革が望まれるところである。 ロケッツ移籍後、スターターとして出場時間が増えるに伴いフィールドゴール成功率が落ちる傾向にあり、プレイオフで更にプレー時間が増える場合は、更にその傾向が出ている。

    ジェームズ・ハーデンの通算成績と情報 NBA.com (英語)、NBA公式サイト、Basketball-Reference.com (英語)
    • 13
    • SG/PG
  9. ジェームズ・ハリソン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ジェームズ・ハリソン
    • 経歴
    • プレイスタイルと罰金
    • 外部リンク

    14人兄弟の末っ子として生まれた。ケント州立大学から2002年のドラフト外でピッツバーグ・スティーラーズに入団した。彼はラインバッカーとしては平均身長よりも低かったことがドラフトの際の低評価となった。ケント州立大学出身のラインバッカーがスティーラーズでプレーするのは、プロフットボール殿堂入りを果たしているジャック・ランバート以来であった。2002年は3回チームから解雇され、プラクティス・スクワッドで過ごし、レギュラーシーズンではスペシャルチームとして1試合にプレーしただけであった。 2003年、ボルチモア・レイブンズと契約、NFLヨーロッパのライン・ファイヤーに派遣されたが解雇された。 動物が好きだった彼は、獣医師になろうと思ったこともあったが、2004年7月末、クラーク・ハガンズが負傷したことから、スティーラーズのトレーニングキャンプに招待された。 2007年、スティーラーズがジョーイ・ポーターを解雇してから彼のキャリアは飛躍した。ボルチモア・レイブンズとのマンデーナイトフットボールで彼は3.5サック、3ファンブルフォースをあげた。 2008年のニューヨーク・ジャイアンツ戦でロングスナッパーを1回務めたがスナップミスで相手にセイフティを献上した。この年リーグ4位でチーム記録となる16サック(ラマー・ウッドリーとのコンビで合計27.5サック)をあげてNFL最優秀守備選手賞を受賞している。このシーズンチームは第43回スーパーボウルに進出、スーパーボウルでは第2Q終了直前、自陣1ヤードまで攻め込まれた場面でカート・ワーナーのパスを自陣エンドゾーンでインターセプト、スーパーボウル記録となる100ヤードのリターンタッチダウンをあげた。このプレーで本来ハリソンはパスラッシュする役割を与えられていたがとっさの判断でパスカバーに下がったことがインターセプトにつながった。 2009年4月にはチームと6年5,175万ドルの契約を結んだ。10月11日のデトロイト・ライオンズ戦では3サックをあげるなど10月の4試合で7サック、25タックル、2ファンブルフォースをあげて月間MVPに選ばれた。シーズン終了後のプロボウルに先発出場選手として選ばれた彼はインターセプトをあげている。 2010年、第2週のテネシー・タイタンズ戦で11タックル、2サック、2ファンブルフォースの活躍で週間MVPに...

    スティーラーズの強力ディフェンス、『スティールカーテン』の一員で、激しいプレイが持ち味の選手。ロジャー・グッデルNFLコミッショナーが主導して2010年シーズンからNFLが導入した危険なタックルへの厳罰化で、計4度の処罰を受けて12万5000ドル(約1000万円)の罰金を科されたが本人は、本当は誰も傷つけたくないとコメントしている。スティーラーズのアート・ルーニー2世オーナーは一連の処分に対して全面的にハリソンを擁護する発言をしている。またチームメートのハインズ・ウォードも4回の罰金のうち2回は試合中に反則のコールもなかったことについて憤りを表した。 この件でシーズン中の2010年11月2日、彼はロジャー・グッデルコミッショナーと会談を行っている。

  10. ポイントフォワード - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ポイントフォワード

    ポイントフォワード(Point forward)は、バスケットボールのポジションの呼称。フォワードの位置(インサイド)でポイントガードの仕事をするポジションのこと[1][2][3]。また、フォワードの選手でありながらポイントガードの仕事ができる選手の総称[4 ...

  11. 其他人也搜尋了
  1. lebron james 相關
    廣告