Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 3 項搜尋結果

  1. 定位脳手術:凝固術と脳深部刺激療法 定位脳手術は、脳の中の特定の構造物をターゲットとして、そこへ電極を留置して治療を行う方法のことです。 細い電極の先端を、1mm単位で正確に特定の場所に留置する必要があることから、定位 (位置を定める)脳手術といいます。 このような定位脳手術には、電極を留置して熱凝固を行う凝固術と、持続的に電気刺激を行う脳深部刺激療法があります。 これらの治療は、パーキンソン病、ジストニア、本態性振戦などの不随意運動疾患に対する治療として用いられます。 脳深部に細い電極を留置し、視床や淡蒼球を熱凝固または電気刺激をすることで不随意運動が改善します。 凝固術の最大の利点は、1回の手術で治療を完結できることです。

  2. ジストニアの治療 身体が意思とは関係なしに動いてしまう状態のことを不随意運動といいます。 ジストニアという病気は、無意識に筋肉がこわばってしまう不随意運動の1種です。 全身のあらゆる筋肉にジストニアは発症します。 ジストニアは、ジストニアの症状の分布に基づいて、局所性ジストニア、全身性ジストニアなどに分類されます。 ジストニアの症状は、手や足、首や体幹など様々な箇所に発症しますが、その原因は脳からの指令の異常にあります。 つまり、ジストニアは脳の病気なのです。 局所性ジストニア 書痙、音楽家のジストニア (職業性ジストニア)など 局所ジストニアには、字を書くときに手がこわばる書痙、楽器を演奏するときに指や手首が曲がったり、伸びたり、こわばったりする音楽家ジストニアなどがあります。

  3. 本態性振戦とは、明らかな原因がない (本態性)のにふるえ (振戦)がある状態を指します。 パーキンソン病などでもふるえは出現しますが、このような原因が明らかなもの (パーキンソン病)は、本態性振戦といいません。 本態性振戦は、高齢者に多くみられ,40歳以上では4% 65歳以上では15%以上あるといわれています。 また10~30歳台にも見られ、長期的にふるえが悪化する可能性があります。 本態性振戦は、ふるえの症状の重症度により、治療が異なります。 軽度で、日常生活動作に及ぼす支障が軽微な場合には内服加療や経過観察が行われます。 一方、ふるえにより、書字や食事が困難になっている重症例では、視床の一部分を破壊することでふるえを止めることができます。

  1. 其他人也搜尋了