Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 台酒 酒精 相關
    廣告
  1. 茅台酒 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/茅台酒
    • 製造
    • 歴史と現状
    • 関連項目

    地元産高梁と、長江支流である赤水河の水を用いる。高温多湿な気候を利用しつつ、原料の蒸しと発酵、蒸留を繰り返す「九蒸八酵七取酒」により造った酒を3年以上寝かせ、調整・配合を経て再び寝かせる。全工程は5年近くかかる。ワインなどのように古酒もある。

    こうした製法は400年以上続けられている。茅台酒の生産が始まったのは清代中頃からで、嘉慶・道光年間には20余家が茅台酒を造り、原料として2万石以上の高梁が使われるとの記録が残る(『遵義府史』)が、太平天国の乱によって古くからの酒蔵は破壊された。 この酒は1915年に開催されたサンフランシスコ万国博覧会で金賞を受賞。一部で国酒とも呼ばれているが、歴史的にみて洋河大曲が乾隆帝に称讃されたお酒なので茅台酒を国酒とするには疑問が残る。 そのため、商標を真似た類似酒や偽物が多数出回っており、実際の生産量の倍以上の偽物が流通していると言われている。メーカーでも、ホログラムや製造履歴が確認できるICタグなどの対策を打ち出している。 現行の主要商品ではアルコール度数は53%。かつては65%であったが、近年35〜47%に下げられている。飲み過ぎても二日酔いせず、むしろ適度の飲用は健康に良いとされる。周恩来は風邪を引いても薬は飲まず、茅台酒を飲んで治した。

    • Máotáijĭu
    • 茅台酒
    • ㄇㄠˊ ㄊㄞˊ ㄐ|ㄡˇ
    • 茅臺酒
  2. エタノール - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/酒精
    • 性質
    • 利用
    • 原料
    • 薬局方
    • 危険性
    • おもな誘導体
    • 法的規制
    • 歴史
    • 脚注
    • 参考文献

    一般的な第一級アルコールとしての性質を持つ。また、炭化水素鎖が2つと充分に短く、親水性のヒドロキシ基の影響が強く出るために、プロトン性の極性溶媒である水と自由な割合で混和することが可能。 そして2つとは言え、疎水性の炭化水素鎖を持っていることから、様々な有機溶媒とも比較的自由な割合で混和することが可能な場合がある。なお、エタノールそれ自体も、れっきとした有機溶媒の1種に数えられ、様々な物質を溶解させる能力を持つ。この他、金属組織を顕微鏡観察しやすくするための腐蝕液の溶媒として用いられる。

    様々な有機物質を溶解できるほか、1価アルコール類の中では比較的毒性が低いため、溶媒としては特に好んで使われ、溶剤(有機溶媒)、有機合成原料、消毒剤などとして広く使われている。用途別の使用量としては、飲用8%・工業用15%・燃料用77%である(2006年)。 工業用アルコールのうち、天然の原料から作った発酵アルコールは、食品の防腐用、みりんなどの調味料の原料などに使用され、化学合成された合成アルコールは、接着剤、インク、塗料、農薬などに使用される。 飲用(酒類)及び医薬品以外のエタノール(いわゆる工業用アルコール)は、ほとんどが変性アルコールと呼ばれるもので、エタノールにかなりの量あるいは少量のメタノールやイソプロパノールのアルコール類が混入されている[注釈 4]。したがって、酒として販売されているもの以外のアルコールを、「エタノール」と表示されているからといって、薄めて飲む行為は極めて危険である。 外用剤や化粧品に用いられている変性アルコールは、変性剤としてメタノールを使用しておらず、有害性はやや低い。酒税を回避するため、メタノールよりは誤飲時の毒性が低いイソプロパノールを数%添加するか[注釈 5]、苦味や匂いを付加して、飲用に適さないアルコールとしている。 なお、平成12年(2000年)からアルコール事業法が施行され、許可を取得すれば、酒税相当分の価格を上乗せしていない無変性アルコールを取り扱えるようになった(後述)。

    工業的に生産されるエタノールの原料は、主に糖質とデンプン質のものに大別される。糖質原料としてはサトウキビが使用されているが、テンサイが使用されることもある。これらからとれる廃糖蜜(モラセス)も重要な原料のひとつである。デンプン質の原料として最も使用されるものはトウモロコシであり、ほかにソルガム(スイートソルガム)やコムギなどの麦類などの穀物や、ジャガイモやサツマイモといったイモ類が使用される。 このほかにも、炭水化物か糖が含まれていれば、原理的にはエタノールを生成できるため、さまざまな原料が使用されている。酪農においてチーズを製造したのちの乳清(ホエー)にも糖分が含まれているため、ニュージーランドではエタノール原料となっており、また木材パルプ製造後の廃液にも糖分が含まれているため、カナダやロシアで原料として使用されている。このほか、原理的には木材に含まれるセルロースを分解してエタノールを製造することも可能であり、技術自体は確立しているものの、費用面で折り合わず、生産はごく小規模に留まっている。 21世紀に入ってから、特にアメリカ合衆国を中心としてエタノール燃料の需要が急拡大し、エタノール用のトウモロコシ需要は、1998年の1,300万tから2007年には8100万tにまで急拡大するなど、トウモロコシやサトウキビの生産の多くがエタノール生産へと投入されるようになったが、こうした作物ではこれまでの食用・飼料用の需要と食い合う形となったために価格が急騰し、特にトウモロコシを食用として使用していた国家を中心に食糧危機が発生して、2007年-2008年の世界食料価格危機を引き起こした原因のひとつとなったという説もある。

    日本では日本薬局方により、純度が規定されている。 無水エタノール(別名:無水アルコール) 1. 15℃でエタノールを99.5vol%以上含む。消毒効果は消毒用エタノールに比べて小さいが、肝癌治療に応用されている。 2. また空気中で容易に蒸発するため、水拭きが出来ない電気器具の掃除用として使用されている。 エタノール(別名:アルコール) 1. 15℃でエタノールを95.1〜96.9vol%含む。 消毒用エタノール(別名:消毒用アルコール) 1. 15℃でエタノールを76.9〜81.4vol%含む。一般的な医療用消毒剤。 一般用医薬品(日本薬局方)のエタノール(第三類医薬品)は、アルコール事業法により酒税相当額の国庫納付金が課されている。節税のため、イソプロパノールを添加したものや変性アルコールを用いたものもあり、塩化ベンザルコニウムを添加して消毒の効力を高めた物もある。

    致死量

    ヒトがエタノールを摂取すると、中枢神経系を抑制する効果により酔いという急性症状が現れる。また、その量が多くなると、中枢神経を抑制するため、呼吸が停止して死亡する。ヒトにおける致死量には個体差が見られるものの、1,400 (mg/kg) 程度、アルコール度数100%溶液で、大人は6~10 (mL/kg)、小児では3.6 (mL/kg) が、ヒトのLDLo(最小致死量)。液量に換算すると、30分以内にアルコール度数100%を、大人で 250mL、幼小児だと 6~30mL、消毒用アルコールであれば、500mL を飲み干した場合、急性アルコール中毒による死亡に至ってしまう。

    傷病

    飲酒習慣のある人間は、エタノールを繰り返し摂取することになるわけだが、エタノールを長期にわたって摂取し続けると、大脳萎縮が発生する。その他にエタノールには発癌性も指摘されており、IARC発がん性リスク一覧では「グループ1:発がん性がある」と分類されている。そして肝臓にダメージを与え、脂肪肝やアルコール性肝炎、さらには肝硬変やアルコール依存症の原因にもなる。なお妊婦が飲酒した場合は、胎児に影響を及ぼし、例えば胎児性アルコール症候群(FAS)の原因となる。 殺菌・消毒といった外用薬を手指に用いた場合では、人体への影響は無視できるものの、酒税を回避するため、メタノールやイソプロパノールが混入されているが、これらを含む物を飲用すると、失明や胃に穴が空くなど、重篤な症状を引き起こす。 また傷口や粘膜に使用した場合は刺激が強く、痛みを感ずるために、基本的には正常な皮膚にしか使用しない。しかし、エタノールには有機溶剤としての作用があり、皮膚へ塗布した際には皮脂や水分を奪い、蓄積すれば皮膚炎が起きるため、過度な使用は控えること。特にイソプロパノールは、エタノール以上に皮脂を溶出しやすいため、これ...

    危険物

    日本では消防法により、危険物第4類(アルコール類 危険等級II)に指定されている。航空法においては引火性液体に指定される。 炎が青白色で、日中の太陽光のもとでは見えにくい。2013年8月4日、滋賀県で消火訓練準備中に消防団員が火が消えたことを確認し、エタノールを注ぎ足したところ爆発、女児が火だるまになる事故が起きた。滋賀県警察では、火が消えたことの確認が不充分だったと見ている。

    飲用アルコール(酒類)

    容積比率で1%以上のエタノールを含む飲料は、酒税法により酒類と呼ばれ、この製造や販売には所轄税務署長の免許(製造免許や販売業免許)が必要である。酒税法では、酒類を製造所から移出するとき、または保税地域から引き取る際に酒税を納めることを義務付けている。同法ではさらに、さまざまな種類の酒類を規定し、種類に応じた税率を定める。20歳未満の飲酒は、未成年者飲酒禁止法によって禁止され、違反者には罰則がある。

    工業用アルコール

    工業用に作られたエタノールが酒税法で定める酒類に転用されるのを防ぐために、昭和12年(1937年)に制定された旧アルコール専売法や平成12年(2000年)に制定されたアルコール事業法では、容積比で90%のエタノールを含むアルコールの製造・使用・流通を制限ないし管理している。 旧アルコール専売法の下では公示価格が設定され、酒類に転用するには高すぎる価格(酒税相当分が加算された価格)で販売された。工業用に使用するアルコールにはこの公示価格は適用されなかったが、その場合は添加物を加えて飲用不可の状態とすること(変性アルコール)が義務づけられていた。 アルコール事業法が施行され、専売制が廃止された後は、変性アルコールでないアルコール(一般アルコール、無変性アルコール、事業法アルコールなどと呼ばれる。)も自由に取引できるようになった。ただし、製造・輸入・使用・販売には、経済産業大臣の許可が必要である。なお、製造業者や輸入業者は省令で定められた加算額を含む価格で工業用アルコールを販売することができ、これを特定アルコールという。特定アルコールは許可を受けずに誰でも購入して自由に使用することがで...

    エタノールを含有する飲料は、有史以前から世界各地で醸造されてきた。これらの醸造酒から誰が最初にエタノールを単離したのかは、よく分かっていない。一説には、サレルノのサレルヌス(Magister Salernus, 1167年没)がエタノール蒸留の発案者とされる。(偽書との疑いがあるが)フィレンツェのタッデオ・アルデロッティ(英語版)(1295年没)が著したとされる『生命の水の効用について』De virtutibus aquae vitae には、エタノールの蒸留法とその薬用価値が記されている。「生命の水」(aqua vitae) は、中世ヨーロッパにおけるエタノールの呼称である(なお、aqua vitaeの現用フランス語訳であるeau-de-vieは「ブランデー」の意)。火を着ければ燃えることから、「燃える水」(aqua ardens) とも呼ばれた。 タッデオの水冷式蒸留器により得られるエタノールの純度は、90パーセントと推定されている。無水エタノール、すなわち水をほとんど含まない純粋なエタノールは、1796年にペテルブルクのヨーハン・トビアス・ローヴィッツ(ドイツ語版)が初めてつくった。

    注釈

    融点・沸点 摂氏と華氏とケルビンが小数点以下で一致していません。摂氏温度が正しいのは確認済 融点-114.14 ℃:HSDB(2013)、沸点は引用先で異なる 沸点78.29℃ :HSDB(2013)、 沸点78.5℃ :Merck (14th, 2006)

    『化学辞典』吉村壽次 編、森北出版、2009年、第2版。ISBN 978-4-627-24012-4。
    『化学史事典』化学史学会 編、化学同人、2017年。ISBN 978-4-7598-1839-0。
    E.J.ホームヤード『錬金術の歴史―近代化学の起源』大沼正則監訳、朝倉書店〈科学史ライブラリー〉、1996年。ISBN 978-4254105711。
    アーロン・J. アイド『現代化学史』1 (基礎理論の時代)、鎌谷親善、藤井清久、藤田千枝 訳、みすず書房、1972年。ISBN 4622024217。NCID BN00690017。
    • KQ6300000
    • C₂H₆O
  3. アルコール - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/アルコール
    • 概要
    • 構造による分類
    • 命名法
    • 語源
    • 利用法
    • 製造
    • 物理的性質
    • 化学的性質
    • 合成
    • 反応

    アルコール類は、生体内での主要代謝物の1つであり、生体内に多種多様なアルコールが広く見いだされる。蝋はセタノールなど高級アルコールであり、脂肪(中性脂肪)は、グリセリンと脂肪酸とのエステルである。そして、糖類もアルコールである。ケトースやアルドースのカルボニル基が還元されたエリトリトールやキシリトール、ソルビトールなどは、糖アルコールと呼ばれる。

    ヒドロキシ基が結合している炭素原子に結合している炭化水素基の数で第一級アルコール、第二級アルコール、第三級アルコールという区別がある。ヒドロキシ基を酸化すると第一級アルコールはアルデヒドとなり、第二級アルコールはケトンとなる。第三級アルコールは酸化されにくい。なお、メタノールは炭素原子どうしの結合を持たないが、酸化してホルムアルデヒドとなるので、一般に第一級アルコールに含まれる。 それとは別に、炭素数が少ないアルコールを低級アルコール、炭素数が多いアルコールを高級アルコールと呼ぶ。低級アルコールは無色の液体であり、高級アルコールは蝋状の固体である。 さらに、結合しているヒドロキシ基の数がn個であるアルコールを、n価アルコール という。二価アルコールは特にグリコールとも呼ばれ、エチレングリコール、プロピレングリコールなどの例がある。グリコールは一般に粘性や沸点が高い。三価アルコールでは、代表的なものにグリセリンがある。

    一般名では普通、対応するアルキル基の名称に "alcohol" の語を続けて命名する(例: methyl alcohol, ethyl alcohol)。プロパノールの場合、ヒドロキシ基がプロパンの末端(1位)炭素に置換した一級アルコール (CH3CH2CH2OH) は、n-プロピル基 (CH3CH2CH2−) にヒドロキシ基が結合した構造から、n-propyl alcohol (n-プロピルアルコール)と呼ばれる。一方、プロパンの中心(2位)の炭素に置換した第二級アルコール ((CH3)2CHOH) は、イソプロピル基 ((CH3)2CH-) とヒドロキシ基が結びついた構造から、isopropyl alcohol(イソプロパノール)と呼ばれる。また、イソプロパノールは第二級であることから、sec-propyl alcohol とも呼ばれる。"tert-" の接頭語は第三級アルコールを示す(例: tert-butyl alcohol)。2つのヒドロキシ基を持つ二価アルコールの場合は、2価の置換基名(ethylene, propyleneなど)に、"glycol" の語を続ける(例: HOCH2CH2CH2OH, propylene glycol)。 IUPAC命名法によると上記の一般名も維持されるが、IUPACの推奨する組織名では対応するアルカン鎖の名称の末尾の "-e" を "-ol" に変えて命名する(例: methanol, ethanol)。ヒドロキシ基の位置については、結合している炭素が末端から何番目かを表す数字を "-ol" の前につける(例: propan-1-ol, propan-2-ol)。他にも置換基があり、ヒドロキシ基が主基にならない場合 "hydroxy" の語を前につけて表す(例: 2-hydroxypropanoic acid)。また多価アルコールの場合は "-ol" を "-diol"(二価アルコールの場合)、"-triol"(三価アルコールの場合)のように ol の前に数詞をつけて命名する。位置番号のつけ方は同様である。

    アルコール (alcohol) の語源については正確な起源が判明しているわけではないものの、"al-" がアラビア語の定冠詞であることから、アラビア語に由来すると考えられている。そもそも、12世紀にイスラム社会の錬金術の発見を大衆向けに翻訳した数々のヨーロッパの翻訳者によって、アルコールは蒸留技法とともにその蒸留物のこととしてヨーロッパに紹介された。 多くの辞書では الكحل("al-kuḥl")から来たとする説を紹介している。al-kuḥl は、アラビア語の原義では殺菌剤と眉墨に利用されたアンチモン硫化物 Sb2S3の非常に微細な粉体のことである。すなわち「さらさらしている」という意味であり、エタノールが水に比べてさらさらしているところから来ていると考えられる。 Oxford English Dictionary によると、1672年以来イギリスで流通している説では、アンチモン硫化物は天然鉱石の輝安鉱を閉じた容器の中で昇華し精製する。このことから他の精製技法も含め、蒸留一般のことを指していうようになり、その後、蒸留物であるエタノールを示す語に転化したものと考えられている。 ただし、この説にも異論があり、コーランにある الغول("al-ghūl")が由来であるという説がある。グールの原義は、精霊 (spirit) や魔人 (demon) で「ワインの性質を与えるもの」という意味である。蛇足になるが天体の"Algol"も起源をالغولに持つ。"spirits" や "spirits of wine" がアルコールの意味として同義なので、西側社会言語では広く受け入れられている。語源「アルコール」=「悪魔」は、1930年代のアメリカ禁酒運動のときに宣伝の目的で使われた。 日本には江戸時代にオランダ語 "alcohol" が取り入れられ、オランダ語の発音のまま日本語でも「アルコホル」(ローマ字:arukohoru)と表記・発音した。ただし、歴史的仮名遣いでは文節のはじめ以外の「ほ」は「お」と発音するので、「アルコオル」(ローマ字:arukooru)と発音する者もいたと考えられる。昭和初期頃になると "alcohol" に該当する物質は「アルコホル」「酒精」「エチル・アルコール」「エタノール」「木酸化エダン」「メチルカビビノール」などと呼称が多数になっていたので...

    科学や産業の領域で、アルコール類は試薬、化合物の合成原料、洗浄剤、工業用溶剤、有機溶媒、燃料、消毒液などとして広く使用されている。最先端技術の領域では、ガソリン、あるいは有害な排気ガスを発生させる炭化水素の代換品として、よりクリーンに燃焼するエタノールやメタノールを使用する技術が確立された。 またアルコール類の中でもエタノールは、生体にとって毒性が比較的低く、飲用まで可能なことと、水と比べて非極性物質を溶解させやすい性質を持っていることにより、医薬品、香水、バニラのような植物エッセンスの溶媒としてしばしば使用される。

    多くのアルコールが、酵母を使って果実や穀物を発酵させて得ることができる。これらのうち、飲用も可能なエタノールだけが発酵法で商業的に生産され、燃料や飲料の用途向けに用いられている。また、燃料用であれば例えばエチレンを原料に工業的に生産する場合もある。 他のアルコールは、天然ガス、石油あるいは石炭の副産物から工業的に生産されている。直鎖で炭素が偶数個の高級アルコールは、油脂を加水分解して得られる脂肪酸を還元することで製造される。最も単純なアルコールであるメタノールは、触媒の存在下に一酸化炭素を水素で還元すると得られる。 1. CO + 2 H 2 + {\\displaystyle {\\ce {{CO}+ {2H2}+}}} 触媒 ⟶ CH 3 OH {\\displaystyle {\\ce {-> CH3OH}}}

    アルコールはヒドロキシ基を持つことがその特徴である。ヒドロキシ基のためにアルコールは他の分子と水素結合を形成したり、極性分子としての性質を示したりする。そのため、同じ程度の分子量のエーテルに比べ、沸点や融点が高い。 アルコールのヒドロキシ基が親水性を持つ一方で、アルコールのアルキル基は疎水性を持つ。エタノール、メタノール、プロパノールなどの分子量の小さいアルコールでは、ヒドロキシ基が支配的であるため水に対して無制限に溶ける。一方で、ブタノールでは水にほどほど溶解し、ペンタノールでは水から遊離するようになる。

    アルコールは非常に弱いながら酸としての性質を示す。それゆえプロトン性溶媒 (protic solvents) と呼ばれる。メタノール以外は水よりも弱く、アンモニアあるいはアセチレンよりは強い酸で、ヒドロキシ基からプロトンを放出する弱い酸である。共役塩基 (RO-) はアルコキシドアニオンと呼ばれる。弱い酸の共役塩基であることから明らかなように、アルコキシドは強力な塩基として知られる。 なお、同じくヒドロキシ基を持つフェノール類が、アルコールと区別される理由の1つは、一般的なアルコールよりもフェノールの酸性度が強いためである。これは、フェノールのヒドロキシ基がプロトンを放出した後に酸素原子上に残る負電荷が、芳香環へと非局在化できることが主な理由である。

    アルコールはアルデヒドやケトン、エステルなどを水素化リチウムアルミニウムなどで還元することで得られる。アルデヒド、ケトンやエポキシド、トリオキサンはグリニャール試薬などの有機金属を付加後に加水分解するとアルコールを与える。エステルを加水分解するとアルコールとカルボン酸に分かれる。有機ホウ素化合物や有機ケイ素化合物は酸化的に分解するとアルコールに変わる。前者の分解はヒドロホウ素化と合わせ、アルケンからアルコールに変換する合成経路となっている。 アルケンにヒドロキシ基を2個付加して 1,2-ジオールとすることができる。四酸化オスミウム、シャープレス不斉ジヒドロキシ化が用いられる。特に後者はアルケンに対して面選択的に酸化を行うことができる。

    アルコールの反応で最も重要なものは、ヒドロキシ基が他の基に置換される求核置換反応である。実際にアルコールをハロゲン化水素酸(たとえば濃塩酸)と強い条件で反応させると、ハロゲン化アルキルに変わる(ただし求核性の低いフッ素を除く)。実験室的手法としては、ハロゲン化リンやハロゲン化チオニルをアルコールと反応させてもハロゲン化アルキルが得られる。求核置換反応は、求核性の強いクロロ基(あるいはハロゲノ基)の方に平衡が傾く。しかし、条件を変えアルカリ性条件下にすると、ハロゲン化アルカンはアルコールのほうへ平衡が戻る。これが工業的に合成アルコールを製造する1つの方法になっている。 アルコールはそれ自身は求核性を持ち、硫酸を用い低温で脱水するとエーテルになる。また、カルボン酸などオキソ酸との脱水縮合(あるは酸ハロゲン化物との反応)ではエステルになる。硫酸存在下で高温で処理すると、アルコールは脱離反応により水とアルケンを生成する。逆に、アルケンは酸触媒存在下付加反応で水と反応させるとアルコールを生成するが、異性体が混合するので限られた局面以外には合成法としての価値はない。 第一級アルコールは PCC で酸化するとアルデヒド、過マンガン酸カリウムで酸化するとカルボン酸に変わる。第二級アルコールを PCC で酸化するとケトンが得られる。スワーン酸化、デス・マーチン酸化、ジョーンズ酸化はアルコールからカルボニル化合物を得る人名反応として用いられる。第三級アルコールは酸化されにくく、通常の酸化剤では酸化されない。

  4. アルコール度数 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/アルコール度数

    アルコール度数(アルコールどすう, Alcohol by volume, ABV)は、あるアルコール飲料に対するエタノールの体積濃度を百分率(パーセント、%)で表示した割合である。 アルコール分(アルコールぶん)ともいい、数多くの国で標準的に使われている。

  5. オエノンホールディングス - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/合同酒精
    • 概要
    • 沿革
    • グループ企業
    • 合同酒精の主要商品
    • Cm出演者
    • 提供番組
    • 外部リンク

    近年は福徳長酒類(旧森永製菓系列だった)や、秋田県の酒類メーカー・秋田県醗酵工業(旧独立系だったが森永醸造(現在の福徳長酒類)と資本提携した後に同じく買収された)、富久娘酒造(旧旭化成系列だった)など、多くの酒類メーカーを買収している。2003年頃からの本格焼酎ブームに乗り1992年に北海道の地焼酎として発売した紫蘇焼酎「鍛高譚」(たんたかたん)を全国的にヒットさせるなど地道な商品展開でも知られている。 「オエノン」の由来は、ギリシャ・ローマ神話に由来し、全てを酒に変える女神「オエノ」をバイオ技術の象徴とし、多角化「オン」を目指そうとする意味としている。ギリシャ神話に登場するオエノはデュオニソスによって大地からワインを得る力を与えられた女神である。 源流である北海道や、工場を置く青森県・静岡県などで地域限定商品を持つほか、九州大学農学研究院と芋焼酎『いも九』を共同開発し、製造している。

    1880年 - 創業者・神谷伝兵衛が東京府東京市浅草区浅草花川戸町(現・東京都台東区浅草)に「みかはや銘酒店」を開業(後の神谷バー)。
    1900年 - 北海道旭川市に日本酒類製造株式会社を設立(後の合同酒精旭川工場)。ジャガイモデンプン原料の低コストな焼酎生産を企図するも、当時の税制による規制で実現は遅れ、1919年の法改正でジャガイモ原料の焼酎生産が可能となった。

    現在

    1. 合同酒精株式会社 2. 福徳長酒類株式会社 3. 秋田県醗酵工業株式会社 4. オエノンプロダクトサポート株式会社 5. 株式会社ワコー 6. 株式会社サニーメイズ 7. 株式会社オエノンアセットコーポレーション 8. ゴーテック株式会社

    過去

    1. 北の誉酒造株式会社 2. 越の華酒造株式会社 3. 山信商事株式会社

    清酒
    合成清酒
    甲類焼酎
    乙類焼酎
    若さで行こう(日本テレビ系列、一社提供)
    爆笑ゴールデンショー(フジテレビ系列)
  6. 消毒用アルコール - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/消毒用アルコール
    • 機序
    • 製品
    • 新型コロナウイルス感染拡大時の対応
    • 関連項目

    炭素数の少ないアルコール(低級アルコール)は容易に生体膜を透過する一方、中程度の濃度以上では両親媒性を持つために、細胞膜など脂質膜やタンパク質を変性させる生理作用を有する。そのような物理化学的作用を持つアルコールのうち、エタノールや2-プロパノール(イソプロピルアルコール)など、ヒトへの毒性が相対的に低いものが消毒用に利用される。 中程度の濃度以上のエタノールや2-プロパノールでは、具体的には、原核生物である細菌などに作用すると、タンパク質の変性や溶菌などの殺菌作用をあらわす。また、ヒトなどの局所作用として収斂作用が現れる。つまり、ある程度水が存在する状況では、アルコールが膜を変性すると共に、透過したアルコールなどが菌の内圧を高め溶菌などの作用をあらわす一方、高濃度ではタンパク質の構造水などの脱水作用が生じるため、変性作用が強く現れる。 アルコール度数が高い物は、脱水作用により細胞膜など外膜に対して浸透圧による外圧が加わり、溶菌作用を減弱させるように作用する。 70wt%(76.9vol%に相当)のエタノールが最も殺菌作用が高い。そのため、日本薬局方の製品は76.9〜81.4vol%であるが、60〜95vol%の範囲でも殺菌能力に差はほぼ無いとされる。脂肪で構成されるエンベロープをもつウイルスに対しては、濃度が高いほど効果が高い。

    分子量がさほど変わらないエタノールと2-プロパノールとでは、消毒薬としての効力はさほど変わらず、いずれも容易に肝臓で代謝されるため、外用消毒薬としては両者の違いはほとんどない。幾分エタノールの方が急性毒性が低い。 日本では、消毒用アルコールの原料となる純粋なエタノールはアルコール事業法上の「特定アルコール」または酒税法上の「酒類」として扱われるため、原料の段階で酒税と同率の加算額または酒税が課される。したがって消毒用エタノール製品では、加算額が課されない「一般アルコール」となるように、2-プロパノールやユーカリ油が微量添加されたエタノールを利用したものや、2-プロパノールや塩化ベンザルコニウムとの合剤にしたものも存在する。 このような変性アルコール製品は、純粋な消毒用エタノール製品と比較した時、アレルギー感作や脱脂作用のリスクを考慮した場合、粘膜への接触や食器などへの消毒には不適当なものも存在する。なお、加算額が課せられている純粋なエタノール製品もある。 アルコール濃度が高い場合は、ゴムや樹脂を膨潤させ劣化させる性質を持つ。 日本では薬機法により「消毒用」のアルコールは『工業用アルコール』に分類され、経済産業省の製造許可が必要であるが、同じ濃度でも国税庁の酒類製造免許を持つ酒造会社が『酒類』として販売する場合には、経産省の許可は不要である。

    2020年1月、新型コロナウイルス感染症が拡大すると、日本全国の薬局、ドラッグストアの棚から、消毒用アルコールの欠品が続いた。これを受けて厚生労働省は、2020年(令和2年)3月23日付で「高濃度エタノール製品に関する通達」を出した。その内容は以下の通り。 1. 医療機関等において、やむを得ない場合に限り、高濃度エタノール製品を手指消毒用エタノールの代替品として用いることは差し支えない 2. 医療機関等において高濃度エタノール製品を手指消毒に用いる際は、使用者の責任において、「エタノール濃度が原則70 - 83vol%の範囲内(その後「60%台」に改定)であること」「含有成分に、メタノールが含まれないものであること」を確認する 3. 代替として用いられる高濃度エタノール製品は、医薬品医療機器等法に規定する医薬品または医薬部外品に該当せず、その製造、販売等について同法による規制を受けない この通達は、数次に渡り改定された。 上記の厚生労働省による特例措置により、医薬品製造業者以外の消毒用エタノールの製造・販売の道が拓かれたが、そのままでは飲用酒類と同じ製造上の規制や酒税が課されることとなるため、国税庁は特例として各種規制の緩和を行った。 国税庁の規制緩和により『飲用不可』と明示した場合、酒税法上の酒とはみなされない為酒税が課されず、小売の際に酒類販売業免許も不要となることが決定した為、全国各地の酒造会社で消毒用エタノールの製造・販売が始まった。

  7. 日本酒 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/日本酒

    日本酒学(Sakeology). 日本酒学 とは、醸造・発酵などの造りの領域から、流通流通・販売などの消費に関係する領域、さらには健康・酒税・地域性・歴史・文化・法律などのより広い観点の領域を内包した総合科学としての新しい学問分野である 。. 海外に ...

  8. 札幌酒精工業 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/サッポロソフト

    札幌酒精工業株式会社 SAPPORO SHUSEI CO., LTD. 種類 株式会社 本社所在地 日本 〒 063-0830 北海道 札幌市 西区発寒10条1丁目1-1 設立 1933年 10月27日 札幌酒精工業株式会社(さっぽろしゅせいこうぎょう)は、北海道 札幌市 西区発寒に本社を置く酒造メーカー ...

  9. ブランデー - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ブランデー
    • 語源
    • 歴史
    • 飲み方
    • 調理・加工品
    • 熟成年数を表す符号
    • 種類
    • 脚注
    • 関連項目

    ノルウェー語で brandeviin「焼いたワイン」の意)と呼ばれていたものが、オランダ語の brandewijn([brɑndəwɛin] ブランダウェイン)となり、これが英語 で brandy-wine になり、いつしか wine が取れ brandy([ˈbrændi]ブランディ)となって広まったものである。 なお現代のフランス語では、ブランデーを eau-de-vie([odvi]オドヴィ「オー・ド・ヴィー」)と呼ぶ。これは語義通りに解釈すれば「命の水」で、語源まで遡れば英語 whisky なども同様である。

    7,8世紀ころより、スペインでワインを蒸留していたと言われる。15世紀には、フランスのアルマニャック地方やコニャック地方で生産が始まり、この地方のブランデーは現代では世界的に知られている。1713年にはルイ14世がフランスのブランデーを保護する法律を作った。それ以後、ヨーロッパ各国の宮廷に取り入れられ、「王侯の酒」の地位を得ていった。 ワインの生産国はいずれもブランデーを生産しているが、中でもワイン製造の盛んなフランスはブランデー生産国としても有名である。特に「コニャック」や「アルマニャック」は、原産地呼称を保護するアペラシオン・ドリジーヌ・コントロレの認証を受けており、1909年以降は名称の使用が法律で厳しく制限されている。たとえフランス産であっても、認証のない物はコニャックやアルマニャックと称してはならず、「フレンチブランデー」とされる[注 1]。 世界的に殊に有名なブランドとしてレミーマルタン、ヘネシー、マーテル、クルボアジェがある。 日本においてブランデーの製造法が知られるようになったのは少なくとも19世紀末で、オランダ留学から帰国した榎本武揚が親族にその製造法を記述して伝えている。その後、本格的に造られ始めたのは1950年代からである。日本国内で製造している主要企業には、サントリー[注 2]やニッカウヰスキー[注 3]、麒麟麦酒(二代目、以下キリン)[注 4]などがある。

    飲み方として最も知られているのは、ストレートである。ブランデーグラス[注 5]に、室温のブランデーを少量入れて、香りとともに味わう。適度に温度が上がると香りが立つので、グラスの底を手のひらで包み込むようにして揺らし、手の体温で温めながら味わうのが良いとされる。ただし、体温で温めるのはブランデーの品質が低く、香りが弱かった時代の名残であり、現在のブランデーは温める必要がないとも言われる。 また、最初にごく少量のブランデーを注いでグラスの内側を薄く濡らすようにしてからマッチの火でアルコールを飛ばし、そこにあらためて少量のブランデーを注いで飲む方法があるが、これはあくまで目を楽しませる演出の一種と考えてよい。 オン・ザ・ロックなど、冷やして飲むのは香りが立たないため推奨されない。特に、上質のブランデーに氷を入れる行為は、味の分からない人がやることだと取られることがある。水割りは、アメリカでは一般的に行われ、特に、酒に弱い女性などが水割りで飲む傾向があり、ウイスキーの水割りよりも上品な飲み物とされる。フランスを始めとするヨーロッパやロシアなどでは、基本的に水で薄めて飲む習慣は無い。また、ヨーロッパでは、ブランデーに限らず、上質の蒸留酒をストレートで、安物の蒸留酒をソーダ割りもしくはカクテルに使うため、ブランデーのソーダ割りは一般的でない。これに対して、英国ではブランデーのソーダ割りが王侯貴族や知識人の嗜みとして好まれた。

    ブランデーはステーキなど肉料理のフランベにも使われるほか、洋菓子の香り付けに使われる。また、サラミの加工段階でブランデーを加え、風味づけや殺菌の他、乳酸発酵を促進させるために含有する糖類でpH値を下げる用途に使われることもある。香料としてブランデーを加えた洋菓子等の中には、アルコール成分が残るものもあるため、未成年や妊婦の食用、自動車運転の前などには注意した方が良い。また、コーヒーの飲み方カフェ・ロワイヤルでも用いられる。

    ブランデーでは、ブレンドした原酒中で最も古いものの熟成年数を表す符号が一般に用いられている。ただし、これは製造国や製造元、コニャック・アルマニャック等の特定名称によって異なる。 ※出典により熟成年数の表示は様々で、ブレンドした新しい酒の熟成年数にもよるため、参考として記述(小泉武夫 講談社現代新書『酒の話』p.72による)。 1つ星 1. 3 - 4年熟成させたブランデー。 2つ星 1. 5 - 6年熟成させたブランデー。 3つ星 1. 7 - 10年熟成させたブランデー。コニャック・アルマニャックの場合は、蒸留後最低でも3年を経た原酒を使用したものだけが表示可能。 VO 1. very old (とても古いブランデー)。11 - 15年熟成させたもの。 VSO 1. very superior old (とても優れた古いブランデー)。16 - 20年熟成させたもの。 VSOP 1. very superior old pale (とても優れた古い澄んだブランデー)。20 - 30年熟成させたもの。 2. コニャック・アルマニャックの場合は、蒸留後最低でも5年を経た原酒を使用したものだけが表示可能。 3. それ以上のグレードになると、通常は下記の称号が与えられており、等級別に価格がさらに上がっていく。 VVSOP 1. very very superior old pale (とてもとても優れた古い澄んだブランデー) ナポレオンクラス - XOクラス - エクストラクラス 1. 44 - 45年(XO)、70年(エクストラ)熟成させたブランデー。extra old(特別に古いブランデー)。 2. コニャック・アルマニャックの場合、蒸留後最低でも7年を経た原酒を使用したもののみ表示可能。 コニャックやアルマニャックの場合、これらの称号は原酒が一定時間熟成されていなければ名乗ることは出来ないよう全国コニャック事務局(BNIC)や全国アルマニャック事務局(BNIA)において厳しく規制されているが、それ以外のブランデーについてはラベル表示に関して何ら規制はないため、同じナポレオンと名乗っていてもメーカーによっては価格に10倍以上の開きがあり、品質も雲泥の差がある。たいてい無名のブランドのナポレオン等は2000円前後で箱無しや粗末な瓶に入って売られている場合が多いが、こ...

    葡萄を主原料とするもの

    1. コニャック 2. アルマニャック 3. ピスコ 4. マール: ワイン用ブドウの搾りかすが原料、フランス産。 5. グラッパ: 原料は上に同じ、イタリア産。樽熟成をしないのが多い。 6. オルーホ: スペイン産。樽熟をするものもある。 7. フィーヌ : AOCの基準を満たさなかったワインを蒸留して造ったブランデー。

    葡萄以外を主原料とするもの

    1. カルヴァドス: リンゴが原料。 2. キルシュヴァッサー: サクランボが原料 製菓用の風味付けにも良く使われる。 3. スリヴォヴィッツ: プラムが原料。 4. フランボワーズ: 木イチゴが原料。 5. オープストラー: 狭義にはリンゴと西洋ナシを原料とするブランデー。広義では果物ブランデーの総称で、オープストブラントとも呼ばれる。 6. ハニー・シュナップス : 蜂蜜が原料。(リトアニアのみ)

    注釈

    1. ^ ロシアでは「コニャック(КОНЯК)」がブランデー全てを指す単語であるが、フランスはロシアに「ブランデー(БРАНДИ)」を用いるよう求めている。 2. ^ サントリー製の製造はサントリースピリッツが、販売は酒類販売事業会社のサントリー酒類(二代目)が行っている。 3. ^ ニッカウヰスキー製の販売は、機能親会社のアサヒビールが行っている。 4. ^ キリン製の製造は機能子会社のキリンディスティラリーが行っている。 5. ^ チューリップ型のグラス。グラスの下の部分を手のひらに載せるようにして持つ様に作られている。これは、手のひらの温度でブランデーを温め、香りを立たせるためである。また、口がすぼまっているのは香りを中に閉じ込め、拡散するのを防ぐためである。足の付いた物が一般的だが、足のないものもある

    出典

    1. ^ a b c d e f g h 小泉武夫『酒の話』講談社〈講談社現代新書〉、1991年5月17日。ISBN 4-06-145676-8。 2. ^ 日本の歴史研究班編 『大人の常識を鍛える!!日本「歴史力」検定』 リイド社、2007年、197-198頁。ISBN 978-4-8458-3230-9。 3. ^ 渡辺達也 (2018年2月19日). “時が醸す芳醇な香り” (日本語). 読売新聞(東京都): p. 15 4. ^ ハム・ソーセージのちょっと難しい話 - ほりほりのハム・ソーセージうんちく話(播州ハム工業所HP、アーカイブ) 2016年7月19日閲覧。

  10. 世界三大一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/世界三大一覧
    • 宗教・哲学
    • 社会
    • 自然科学
    • 工学・技術
    • 生活
    • 産業
    • 芸術・文化
    • スポーツ
    • 文学
    • 参考文献
    三聖人
    世界三大宗教空間
    世界三大聖地
    世界三大法典
    三大馬鹿事業
    世界三大奉仕団体
    三大学術誌
    三大数学者
    世界三大暴風圏
    三大発明
    世界の三大失敗 - 失敗について研究、その後の失敗予防に寄与
    世界三大デザイン賞
    近代建築の三大巨匠

    食生活

    1. 世界の三大食事方法(三大食作法) 1.1. 手食、箸食、ナイフ・フォーク・スプーン食 2. 世界三大料理 2.1. 中華料理、フランス料理、トルコ料理 3. 世界三大珍味 3.1. トリュフ、キャビア、フォアグラ 4. 世界三大スープ ※4種ある 4.1. ブイヤベース、ふかひれスープ(英語版)。3番目はボルシチまたはトムヤムクン - グルメたちの間で「甲乙つけがたい」とコンセンサスが得られていない。 5. 世界三大米料理 5.1. パエリア、ピラフ、リゾット 6. 世界三大ハム 6.1. 金華火腿、ハモン・セラーノ、プロシュット・ディ・パルマ 7. 世界三大ブルーチーズ 7.1. ゴルゴンゾーラ、スティルトン、ロックフォール 8. 世界三大嗜好飲料 8.1. 茶、コーヒー、ココア 9. 世界三大コーヒー 9.1. ブルーマウンテン(ジャマイカ)、キリマンジャロ(タンザニア)、コナ(ハワイ) 10. 世界三大銘茶 10.1. ウバ、祁門、ダージリン 11. 世界三大蒸留酒 - 主として中国での呼び方 11.1. 白酒、ブランデー、ウィスキー 12. 三大醸造酒 12.1....

    衣生活

    1. 世界三大ファッション都市 1.1. 1位:ニューヨーク、2位:パリ、3位:ロンドン - アメリカの調査会社による 2. 世界3大ファッションスクール 2.1. セントラル・セント・マーチンズ(ロンドン)、パーソンズ(ニューヨーク)、文化服装学院(東京)

    農林業

    1. 世界三大穀物 1.1. 小麦、米、トウモロコシ 1.2. トウモロコシ、大豆、小麦 - シカゴ商品取引所の取引対象として 2. 世界三大果実 2.1. ブドウ、リンゴ、柑橘類 3. 世界三大美果 3.1. チェリモヤ、マンゴー、マンゴスチン 4. 世界三大花木 4.1. バラ、ツバキ、シャクナゲ 4.2. カエンボク、ジャカランダ、ホウオウボク 5. 世界の3大造園美樹 5.1. アロウカリア、コウヤマキ、ヒマラヤスギ 6. 世界三大紅葉樹 6.1. スズランノキ、ニシキギ、ニッサ(ヌマミズキ) 7. 三大芳香木 7.1. キンモクセイ、ジンチョウゲ、クチナシ

    畜産業

    1. 三大家禽 1.1. ニワトリ、アヒル、ガチョウ 2. 毛皮の世界三大取引地 2.1. ライプツィヒ、ロンドン、ニジニ・ノヴゴロド

    水産業

    1. 世界三大漁場 1.1. 北西太平洋海域、北東大西洋海域、北西大西洋海域

    世界三大図書館
    世界三大国際映画祭
    世界三大ファンタスティック映画祭
    世界の三大演劇演技体系(世界戯劇三大表演体系)
    学生による世界三大競技
    世界の三大モータースポーツ
    世界三大レース
    世界三大24時間耐久レース
    世界三大文豪
    世界三大SF作家
    世界三大ファンタジー小説
    世界3大モンスター - ホラー作家スティーブン・キングの説
    朝日新聞社知恵蔵編集部『ことばの知恵蔵 とっさの日本語便利帳』朝日新聞社、2003年12月30日。ISBN 4-02-222052-X。
    南清彦『名数絵解き事典』叢文社、2000年1月1日。ISBN 4-7947-0320-1。
    雑学教養研究会『ザ教養 世界三大スープ言えますか?』新潮社、2002年。ISBN 978-4-10455200-9。
    世界の「ふしぎ雑学」研究会『《図解》世界の「三大」なんでも事典』三笠書房〈王様文庫〉、2007年。ISBN 978-4-8379-6379-0。
  11. 其他人也搜尋了
  1. 台酒 酒精 相關
    廣告