Yahoo奇摩 網頁搜尋

搜尋結果

  1. 2010.11.01. 消化器科 講師 足立 ヒトミ. 【はじめに】 皆さんは最近ピロリ菌という言葉をよく耳にされると思います。 このピロリ菌の発見は、消化器科の領域で、胃炎、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃がんなどの病因に対する考え方を大きく変える大発見となりました。 現在は、胃・十二指腸潰瘍の治療法を大きく変えたことは、云うまでもありませんが、慢性胃炎、その他胃以外の病変においてもピロリ菌の関与が明らかになってきており、ピロリ菌を退治することの必要性が提唱されてきています。 【ピロリ菌発見の歴史】 従来、胃内には胃酸が存在し、これが細菌の生息にふさわしくない環境であると考えられていました。

  2. 東京女子医科大学病院では、院内の標準化されたクリニカルパスの推進に力を入れ、院内のさまざまな職種から選ばれたメンバーから成るパス実行委員会を2004年1月より組織し、運用評価やより良い改訂に向けた検討の機会を設けています。. 2005年4月には ...

  3. 食物炭水化物脂肪たんぱく質繊維などという形で太陽のエネルギーを受け取り食物を食べて)、人は約60兆個の細胞の中にあるミトコンドリアというエネルギー産生工場で食物を燃焼酸素と結合すること酸化ともいいます。 )して、ATPというエネルギーの形に変えてはじめて、太陽のエネルギーを使うことができます。 また人は動物です。 動く物ということです。 ミトコンドリアという工場を動かして、食物、酸素よりエネルギー取りだし、そのエネルギーを使って動くのです。 生きていくということは、いかに食べるか、いかに呼吸するか、いかに動くか、ということになります。 呼吸リハビリテーションでは、患者さんとともにこのことについて考えていきます。

  4. 高血圧の治療目的は? 高血圧の最終的な治療目的は脳卒中や心不全などの二次的疾患を予防し、生命予後を改善することにあります。 降圧治療の基本は? 高血圧の発症には食生活や喫煙などの生活習慣が大きく関与することから、基本的にはこれらを改善することによる治療(非薬物療法)がまず試みられます。 目標値が達成不可能である場合には薬物治療が導入されます。 主な降圧薬と注意点. 1.アンジオテンシン受容体拮抗薬 (ARB) 血圧はさまざまな要因により調節されていますが、最も大きな影響を与えるのがレニン‐アンジオテンシン(RA)系のホルモンです。 その中でアンジオテンシンIIには強力に血圧を上昇させる作用があります。 ARBはアンジオテンシン受容体を遮断することにより、血圧を下げます。

  5. 内分泌の不思議 ホルモンは生命のメッセンジャー. ホルモンの種類 には蛋白質のもととなるアミノ酸が数個から100個以上つながった形の ペプチドホルモン (成長ホルモン、インスリンなど)、コレステロールを材料につくられるステロイドホルモン(副腎皮質ホルモン、エストロゲン、テストステロンなど)とアミノ酸のチロシンの誘導体であるアミン(甲状腺ホルモン、アドレナリン、ノルアドレナリン)があります。 体の状態を一定に保つ(ホメオスターシスの維持)ために神経系、内分泌系、免疫系がお互いに密接な関係を保ちながら働いていています。 内分泌系の情報伝達物質(メッセンジャー)がホルモン(hormone)です。 ホルモンは全身のいたるところでつくられています。

  6. 大豆・大豆製品. ビタミンDを多く含む食品; きのこ類、魚類(鮭・うなぎ・秋刀魚・ひらめ・かれい・・・) ビタミンKを多く含む食品; 納豆、緑色野菜(ほうれん草・小松菜・ブロッコリー・・・) 果物と野菜. たんぱく質;肉、魚、卵、豆、穀類など. 控えたほうがよい食品. リンを多く含む食品;加工食品、一部の清涼飲料水. 食塩. カフェインを多く含む食品;コーヒー、紅茶. アルコール. 治療に使われる薬剤. 現在使用されている薬剤は、次のようなものがあり、組み合わせて使われています。 カルシウム剤. ビタミンD剤. ビタミンK剤. ビスフォスフォネート製剤. カルシトニン剤. 副甲状腺ホルモン剤.

  7. ABMES. 東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 〒162-8666 東京都新宿区河田町8番1号TWIns. フリガナヨシダ アズミ氏名吉田 杏美所属先端生命医科学研究所職名助教所属大学院医学研究科 先端生命医科学系専攻 代用臓器学分野職名専門分野再生医療、組織工学 ...

  1. 其他人也搜尋了