Yahoo奇摩 網頁搜尋

搜尋結果

  1. 通常の胸部撮影のX線撮影装置で、胸部や椎体、顎関節、四肢部などのさまざまな部位に対して撮影することができ、低侵襲・低コストで簡便にX線動画像を得ることができます。. 胸部の動態撮影では、深呼吸や息を止めている状態のときの肺野内の様子を ...

  2. 2024年03月29日 本学関係者の皆様へ 2024年02月09日 ロールモデル動画「東京女子医科大学 私たちのSTORY」の完成・一般公開のお知・・・ 2024年02月06日 【プレスリリース】難病「巣状分節性糸球体硬化症(FSGS)」の腎移植後再発の病・・・ 2024年01月30日 【プレスリリース】新型コロナウイルス感染 ...

  3. 心拡大と心肥大. ―発見のはじまりは、胸部レントゲンや心電図から―. 2012.06.01. 循環器科内科 准講師 渡邉 絵里. 健康診断や人間ドックの検査結果で、胸部レントゲンや心電図の所見で“心拡大”、“心肥大の疑い”、“精密検査が必要です。. 循環器内科 ...

  4. 東京女子医科大学病院 腎臓内科では「患者さんを中心に考える」を診療のポリシーとしています。腎臓病は短期決戦ではなく、長期に病気と戦う患者さんと寄り添っていくことになります。病気だけをみて診療することなく、患者さんの気持ちや社会生活などを尊重して治療することを ...

  5. 東京の中心に位置する東京女子医科大学病院の皮膚科では、1日約110名の外来患者、約8名の入院患者の診療を行っています。. 外来には、湿疹・皮膚炎、蕁麻疹、皮膚感染症、痤瘡、膠原病、血管炎、皮膚良性・悪性腫瘍など皮膚科全領域にわたる皮膚病を ...

  6. 閉塞性脳血管障害の検査として、①頚動脈エコー、②MRI・MRアンギオグラフィー、③三次元CTアンギオグラフィー、④脳血管撮影等を適宜使用し、脳血流検査として⑤SPECTやゼノンCTを行います。当院では、極力侵襲的な検査を控えており、術前の診断としてはMRIと三次元CTアンギオグラフィーを ...

  7. 体の状態を一定に保つ(恒常性維持)ためにホルモン分泌は巧妙にコントロールされています。. ホルモンが分泌されて効果を発揮すると、この変化はホルモン分泌を抑制する方向に作用します。. これがネガティブフィードバック機構といいます。. 甲状腺 ...

  1. 其他人也搜尋了